• ホーム
  • 話題
  • 霊の存在を否定する人に供養やお墓は必要か?

霊の存在を否定する人に供養やお墓は必要か?

レス76
(トピ主13
お気に入り38

生活・身近な話題

長女

明確な答えが出るようなトピではないので恐縮です。
ちょっと疑問に思う事があり、皆さんならどう思うか伺いたくトピをたてました。

最近のスピリチュアルブームもありますが、霊の存在を肯定する番組もそれを支持する方も増えていると思います。
逆に霊の存在を完全否定し、そういう事を言う人を蛇蝎のごとく嫌う人もいるかと思います。

私がここで皆さんに聞きたいのは、霊の存在を認めるかどうかではなく、霊の存在を完全否定をする人に、お葬式等の供養やお墓参りや法要が必要なのだろうか?と言うことです。
お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行いだと思うので、霊の存在を完全否定する人の考えとは全く反すると思うからです。

私の身内は霊の存在を完全否定しています。「霊が見える」と言う人をけなします。
私は霊の存在を否定はしていませんし、むしろ亡くなった人が空から見ているという考え方です。

もし、そういう身内が亡くなったらお葬式や法事はどうしたら良いのでしょう?
「散骨にしようか?」と聞いたら激怒しました。でもお墓は購入するつもりはないようです。
(続きます。)

ユーザーID:4462484375

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 必要な人には必要なんじゃない?

    トピ主さんは

    >お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行いだと思う

    と断言なさっていますけど、お葬式や法事やお墓というものは、亡くなった人の供養云々だけではなく、亡くした人が亡くなった人を偲ぶための、思い出のよすがとしての意義もあると思いますよ。
    形あるものをよすがとして自分をたまには思い出して欲しい、と思う人なら、たとえ霊の存在は否定していたとしても、お墓やお葬式は欲しいのではないでしょうか。

    ユーザーID:4880603810

  • 供養やお墓というのは

    自分(供養する側)に必要なものと思うので祭られる側の考え方には関係しない

    と私は思っています。

    >お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行いだと思うので

    トピ主さんはこのようにお考えのようですが、私は「してあげよう」ではなく、生きている人間が心の区切りをつけたり、心の整理をつけたりするために必要な儀式なのだと思っています。

    (死後の世界は知りませんので供養された人がどのように思っているか分かりませんが。実際安らかになっているといいのですね。)

    で、トピ主さんの身内の方についてはトピ主さんが好きな方であれば
    「あなたが嫌がっても私の好きなように供養してあげるから心配しないで」
    とでも言ってあげれば(バカにしながらも)喜ぶのではないでしょうか。

    どうせ先のことですし。

    ユーザーID:1441069229

  • 死後の話は必要ないのでは

    霊の存在を否定する人に死後の話をする必要は無いのでは?

    私は、お墓や供養は残された人の気持ちの整理のためにあると思っていますので、残された方が気の済むようにすれば良いだけだと思います。
    散骨で怒るってのは、あなたが死んだら10日後にはお見合いして次を探すって言うのと同じイメージで嫌な感じになったのかも知れませんね。

    ユーザーID:1210360829

  • 霊否定派です

    >>お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行いだ
    これは人それぞれでしょう。
    私は、ご遺族が故人に代わって生前のお礼を申し上げる場と捉えております。
    法事は、たまには親戚同士集まって仲良くやれよという場を故人が与えてくれているんだと思っています。霊云々じゃないですよ。

    >>そういう身内が亡くなったらお葬式や法事はどうしたら良いのでしょう?
    法律で決まってることでもないのに好きにしたらどうでしょう。
    それか今からでも本人の意思を確認しておくとかはどうでしょう。

    私は妻にしなくてもいいよといってありますし、するなら地味に家族だけで
    とも伝えてあります。そして悲しまないでとも。
    さっさと焼いてさっさと納骨してくれたらそれでいいです。

    ユーザーID:6456019036

  • 当然、必要

    まず、私は霊の(物理的な)存在など、一切信じていません。
    だから、私が死んだときに葬式や墓さえなくとも、子孫や知人にたたりなどよくないことが起こるとは一切考えませんが、それでも、葬式とか墓は人並みにやってほしいと思います。

    理由は、葬式とか墓は、残された人たちのためにあるものだから。
    葬儀あるいは墓は、残された人たちの心の慰めにもなるでしょうし、葬式とか墓をつくることで、気持ちの切り替えにもなるでしょう。さらに葬式や墓がないと、世間から曲解されたりして、遺族には非常に迷惑であろうことが容易に想像がつくから。

    私の親戚のある人は、葬儀は面倒だからするな、と言い残して死に、遺族はそれを「故人の意思だから」と、ほんとに葬儀しませんでした。しかし、その後、ひとのうわさを聞きつけて、「義理」で焼香あげにくる人が絶えず、かえってよほど手間がかあったようです。

    #私のような懐疑主義者の多くは死んだら終わりだと思っています。ですから、極論すれば、故人の意見など無視してあげるのが、故人の意思にかなっています。

    ユーザーID:0844647304

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 墓石や供養は・・

    自分自身は霊の存在を信じていません。だからといって
    信じている人を否定する気持ちもありません。

    若くして兄が亡くなったあと両親は仏壇や墓石を購入しました。
    父母は仏壇や墓石を心の拠り所にしています。
    そこに行けば兄の存在を感じるのでしょう。
    その姿を見て供養やお墓はのこされた人のためにあるのだなと考えます。
    法要もそうです。亡くなった兄のために親戚が集まってくれる行為を
    一番喜んでいるのは父母です。

    もし私が亡くなれば私自身は灰と骨になります。
    亡くなった人間には何も必要がないと思いますがのこった両親はそうは思わないでしょう。やはりお墓に入れて供養するでしょう。
    そうすることで自分達の気持ちが安らぐのだと思います。
    (つづきは読んでいませんのであしからず)

    ユーザーID:8900171520

  • 死んだらわからないです(笑)

    私も霊とかは信じていません。
    宗教もなし。
    ただし、人が信じていることを否定はしません。
    私が信じていることを否定されるのもイヤだし。

    だからかどうか、私はお葬式とお墓は不必要です。
    家族にも言ってあるし、するなら宇宙葬と散骨にして欲しいと言ってありますよ。

    でもそれは霊を信じないからとかではないです。
    現に、もし私の死後家族が葬式をしたければすれば言いと思っています。
    私が死んだ後は、生きている人が気の済むようにすれば良いのですから。
    「千の風になって」の歌詞のように、
    私が死んでも、その残りは地球へ還元されるでしょう。
    それでいいと思っているから。

    トピ主さんの身内の方は、霊を信じない、とかそれだけではないのでは?
    それ以上にいつも考え方が少し偏っているのではないですか?

    逆に色々信じている私の身内に、死後の事に煩い人がいます。
    死んでもこだわるなら、それっていい所へ行ってないんじゃないのー、
    と皆から言われてます。でもハイハイと聞いてあげてますよ。
    ハイハイと言って、残っている人間が気の済むようにすれば言いと思います。

    ユーザーID:2729573098

  • 否定も肯定もしない

    霊の存在を否定も肯定もしない私です。
    お葬式や法要、お墓など供養って亡くなった人の魂のためではなく
    生きてる人の心のもって行き方のためにするんじゃないかな〜〜〜
    最近身内で葬式があったけど、生きてる人の為だとおもったよ。
    私自身(40代女性、既婚で子ども有)自分が死んでも
    豪華な葬式にしてほしいとかお墓とか、どうでも良いです。
    残った人が満足いくように、大事なのは他人に迷惑にならないように
    処分(処置かな)すればOKです。

    ユーザーID:7214079471

  • 葬式や法事は生きている人のため

    私も霊の存在とかスピリチュアルなものは全く信じない方です。
    でも、もし両親が亡くなったらお葬式や法事はちゃんとやると思いますし、自分の死んだあとに家族がやってくれてかまいません(別にやってくれなくてもいいです)。
    >お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行い
    確かに建前はそうですが、実際はちょっと違うと思うんです。身もふたもないことを言えば、死んじゃった人はどうされようがわかりません。お葬式や法事は残された人、生きている人のためのものだと私は思っています。

    亡くなった事実を受け入れ、気持ちの整理をする、悲しみに区切りをつけ、今生きている現実の生活に戻るための儀式じゃないかな。
    宗教や霊やそういうものと関係なく、遺族にとって現実的な意味で必要な儀式。
    なので全くそういうのを信じない私も家族の葬式はすると思います。また、自分が死んだ後、家族がそれで気が済むのなら、どうぞ何でもやってくれて結構です。自分は死んじゃって何もわかりませんから。お墓についても、そこに納めたということで死をはっきりと見える形にして残された人の気持ちを整理するためと思います。

    ユーザーID:0649988107

  • 法事

    >霊の存在を完全否定をする人に、お葬式等の供養やお墓参りや法要が必要>なのだろうか?と言うことです。
     
    法事、葬式は霊魂に対して行っているのではなく、遺された者が仏に感謝する場であると考えます。あるいは大事な者を亡くした悲しみを遺された
    者達が癒し合う場になるのかもしれません。
    つまり霊魂の存在とは関係なく、生きている者達の為に行うのではないでしょうか。
    「散骨」に激怒されたというのは、貴方のその方に対する思いがとても軽いものに思われたのかもしれません。
    ただ「散骨」が故人の遺志によるものであったり遺族が心よりの供養として行うのであれば軽いわけではないでしょうが。

    ユーザーID:5123710539

  • 本人の希望で

    私も死んだ後は特にお葬式も法事もしてくれなくていいです。
    遺体をその辺にほったらかしにもしておけないでしょうから、焼いた後遺骨はお墓に入れて欲しいけど。
    トピ主さんの親戚の方の場合もどうして欲しいか聞けばいいだけじゃないですか?
    霊の存在は信じてなくてもお葬式や法事はちゃんとやって欲しいのかもしれないし。

    ユーザーID:1943747075

  • まだ途中ですけれども…。

    >お葬式や法事は亡くなった人の魂を安らかにしてあげようとする行いだと思うので

    では、それらは全部「遺された人の為」と言う意見は、どう想われますか?

    これだけでも、その両極端な例題の水掛論はある程度防げる…と言うか、
    既に私の中では結論が出ている印象でなのですが。

    故「人」には、確かに必要が無いかもしれません。
    それは各個「人」が死ぬ前にでも判断すれば良い話です。

    ですが、遺された「人」にソレは、必要なのモノなのかもしれません。

    ユーザーID:6629794808

  • 死んだ人は関係ない

    それらのものは、残された人に取って必要なのだと思っています。
    家族が死んだことを受け入れるための儀式であったり、悲しみに浸る時間であったり、関係者で思い出を語るきっかけであったり。

    ですから、トピ主さんが気の済むようにすればいいのでは?
    大切なのは、亡くなった人を弔う気持ちであり、あとに残った者が気持ちの整理をつけることだと思います。 

    仏教徒がキリスト教式のお葬式を出されたからと言って、
    化けて出るとも思えないし。(笑)

    霊の存在を信じない人だって、自分が死んだとたんに、すべてさっさと忘れ去られるのは寂しいでしょうね。

    ユーザーID:0425561118

  • 浄土真宗はそうなんだけど。。。

    浄土真宗は死んだらすぐ仏になると考えているから
    霊という存在は無いです。

    なので浄土真宗のお通夜お葬式の香典袋の表書きは
    御仏前です。

    ユーザーID:0239461428

  • 遺族に任せる

    > 私の身内は霊の存在を完全否定しています。「霊が見える」と言う人をけなします。

    私も霊の存在は完全否定派です。

    遺された人の好きにさせます。
    神仏を信じていない人が、結婚式をすることによって世間体を保つのと同じように、
    遺された人が供養することによって得られる心の平穏までは否定しません。

    ただ、
    私が死んだ後、私が会ったことが無かったり、それほど親しくも無かった人に
    ○○が悲しむから・・・。○○が喜ぶから・・・。
    と私を理由に供養を強制したりするのは、断固として反対です。

    ユーザーID:4335530361

  • トピ主です。続きです。

    まだ、次のレスが反映される前にこれだけの反響があった事を大変驚いております。レス下さった皆様どうもありがとうございます。
    私の話がまだ途中でしたので続きを書かせて頂きます。

    私が困っているのは、「霊とか魂とか言う人はバカな人間だ。」と他人を全く否定する、ある意味極端に偏った考えの身内に対してどうしたら良いのだろう?と言う事です。
    散骨のこともそうですが本人は「霊園」なる存在も嫌っており、霊園にお墓を建てた親戚に対しても「そういう考えは大っ嫌いだ。」と言い放ちました。
    私は、無神論無宗教であっても、仏事は祖先の霊を慰める行為だと理解しております。
    なので、ここまで霊の存在を完全否定、むしろ攻撃的な意見を持っている身内が納得する方法が分からないのです。
    本人は心臓を患っておりそれなりの高齢です。お墓等自分が死んだ時の事をそれなりに考えておいて欲しいのです。

    ここまで頑なな人の為に対しての仏事はとても喜ばれるとは思えず、本人にとって迷惑なだけだろうと思う次第です。

    霊の存在を完全否定される方に質問です。
    他家に嫁いだ者にお墓の準備や仏事まで期待しますか?

    ユーザーID:4462484375

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 続きを読んでも

    >霊の存在を完全否定される方に質問です。
    >他家に嫁いだ者にお墓の準備や仏事まで期待しますか?

    一行目と二行目の関係は?
    問題にしてるのは二行目だけでは?
    お身内同様貴女も物事を必要以上にややこしくしてませんか?

    ユーザーID:5123710539

  • トピ主です。確かにややこしいですね。

    壮快様
    確かに分かりにくい文章ですみません。

    身内と言うのは私の父です。
    私がどうしてこういったトピをたてたかと言うと、知人友人でお墓の事やお葬式で揉めたり困ったりするお宅が何件もあり、実際父の考えを聞いた所、父には何にも考えがなくただ激怒しただけだったからです。

    皆様の多くの方が仰るとおり、私も遺された者がやりやすい様にすれば良いと思っています。
    お葬式は最近では「音楽葬」「偲ぶ会」等宗教色の少ないスタイルもありますよね。密葬も多いですね。故人の意思を尊重したものもあれば、家族の都合を考えたお葬式もありますね。
    霊の存在を完全否定される方でも、お墓には入れて欲しいという意見もありますね。私はそれも否定しません。全く家族の問題だと思うからです。

    私の家にはお墓はありませんが、もし、父がお墓建てたとしても維持していける人間がいません。
    先祖の墓は父の実家が檀家総代になっているお寺さんにありますが、私の実家は本家ではないのでその墓には入れないです。
    墓守がいなければ永代供養を何百万もかけてお願いしなければならず、お墓自体要らないのでは?と思っています。
    続く

    ユーザーID:4462484375

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • 私の考えでは、、

    お葬式や、法事などは、亡くなった方のためにも必要であると思います。特に、生前、あの世のことに否定的な方の場合や、突然の事故等で、死んでしまったことに気づかない場合、すんなりと霊界に行くための儀式としての、お葬式の目的もあるようです。法事は、あの世での修行の節目として、「やっと3年たった」とか「7年たった」とか、
    はげみにされる方もいるようです。普通、死ぬと、肉体から魂が抜けて、霊体になり、葬儀のときなどは、誰が来ているとか、どんな話をしているとか
    故人は見ています。

    ユーザーID:4516304317

  • トピ主です。続きです。

    お葬式をやる事には抵抗はないですが、父の実家のお寺さんでお願いするのが筋だと思うので、お寺でのお葬式になればお墓の建立やその後の維持&供養がついて回ります。
    お寺のお坊さんは「読経は一分一万円」を譲らない人です。どこのお寺さんでもそうですが寄付もあります。
    では、お寺さんにお墓を建てなければ良いと思いますが、父は霊園を嫌っております。

    本家の法事の時は親族だけで50人以上集まります。祖母のお通夜の時だけでも弔問客が1000人を越えました。100人ではないです。
    そういった大変さを垣間見ているので、私は普通のサラリーマンと結婚した以上、夫に私の実家のお墓の面倒までかけさせたくないと思っています。

    しかも、父は霊の存在を完全否定しています。死んだら全くお終いと考える人に、お墓や読経をする法事は無意味だろうと思うのです。
    もちろん法事は感謝の場という考え方もありますね。
    お葬式はお別れ会としても考えられますので良いのですが、お墓や法事までは現状難しいです。

    霊の存在を完全否定する人に、お墓や仏事を他家に嫁いだ者に期待するかを質問したのは以上の経緯からです。

    ユーザーID:4462484375

  • トピ主のコメント(13件)全て見る
  • うーん。。。

    なんだかめんどくさい人ですね。

    どうしてそんなにややこしく考えようとするのか分かりませんが
    トピ主さんが手配しないといけない身内の方なのでしょうか。

    「散骨にしようか?」と聞ける位の間柄なのであれば(激怒されて当然だと思いますが)
    「じゃあどうしたらいいかな?」とは聞けませんか。

    私の主人も死後の世界や、霊等を一切信じておりませんが
    お墓参りにはきちんと行っております。
    別に矛盾してるとは思いませんし
    逆に「お墓参りも一切行かない」と言う人でなくて
    良かったと思います。

    物事をそんなに難しく考えて、疲れませんか。

    ユーザーID:5430629717

  • 葬式は当人のためなのか?

    私は、自分の葬式はどうでもいい派ですが、私自身がどうでもいいと思ってるので、残った人たちが盛大にやりたければ、盛大にやればいいし、そう思わなければ、それでいいと思っています。

    葬式というのは、故人に別れを告げるというのありますが、家としての社会との付き合いという面もありますので、残った人たちがそれから生活していくうえでの付き合いも考えて、いいようにしてもらうのが一番と思っています。

    霊を信じる、宗教を信じる立場だと、法事をきちんと行うことで成仏できるという意味合いもありますが、仮にそうだとしてもそれを残った人に頼むのもなとも思ってます。

    ユーザーID:6871485188

  • 2度目です

    続き読みました。
    霊の存在を信じない=霊園やお墓も否定するということは
    おそらく、お葬式や法事も否定されるのですよね。
    ある意味筋が通っていると思いますが、そういう人に対して
    なにかしなければならないと思いこんでいるトピ主さんの方が、良くわかりません。

    何もしなければいいじゃないですか。
    法律で火葬はしなければなりませんが、お骨は骨壺に入れてくれます。
    あとはどこかにそれを置いておくだけで、何もしなけりゃいいのに。
    それが個人の遺志ってことですよね?

    トピ主さんは霊の存在を信じるというなら、
    故人の意に反してお墓なんか作ったら、夢枕に立たれるかもしれませんよ。

    >他家に嫁いだ者にお墓の準備や仏事まで期待しますか?

    期待されてませんよね?
    この1行が、どこから出てくるのか理解不能です。

    ちなみに私は霊の存在を信じているかと聞かれたら
    いまだに証明されていない事が、たくさんあると思っていると答えます。

    ユーザーID:0425561118

  • トピ主さんの理論だと

    天照大神の存在を信じていない人は神前の結婚式を挙げられず、キリストの存在を信じていない人は教会で結婚式を挙げられず、また教会で結婚した人が初詣に行くのは変ですし、仏式のお葬式をしたりお墓参りや法要をする人は、結婚式も仏式で挙げないと変って事になっちゃいますが…。ちなみにトピ主さんは仏式の結婚式を挙げられたんですか?そこまでおっしゃるのに、まさか神前や神父さんの前で愛を誓ったりされてませんよね?

    日本人の宗教観は実に柔軟で、そのおかげで新興宗教やスピリチュアル何とかの存在が受け入れられているのです。「霊の存在」とおっしゃいますが、前世とか来世とか幽霊とか、所謂スピリチュアルな意味での「霊」と、法要等の仕来りをごっちゃにされるのはどうかと思います。

    私はスピリチュアルな意味での「霊」を信じてはいませんが、「亡くなった人が空の上から見ている」という考え方は受け入れます。それは何より今現在の自分が驕ったり、過ちを犯さないための知恵だと思っています。先人達に感謝して祈るために手を合わせます。

    その身内の方に関しては、亡くなってから生きている皆さんで判断されればよいと思います。

    ユーザーID:6909747087

  • 11日のレス拝見。

    私も最後の2行の意味が分かりません。

    で、思うんですけどね、
    神仏をムキになって、否定するそのお爺様、
    お亡くなりになったら、それこそもう、そのお爺様理論でいうと「すべてなくなる」わけです。
    それを大事にするかどうかは、まさに「あなたがた次第」です。
    何をしても、「あの世できっとお爺様が喜んでくださっているわ」と、あなたがたが思うとしたら、
    そもそも霊や魂はない、という彼の理論を根本からつぶしています。


    私たちは、きっと自分の魂も含めて、みんなの想いを慰めるために、
    冠婚葬祭というものを行うのでしょうね。

    葬儀というのは、
    遺された遺族の悲しみを癒すために行うものでもあるのですから、
    本人の生前の想い、
    遺族の想い、その間をとって、
    簡素でも「お見送り」をしたらいかがでしょうか。

    しかし、そのお爺さま、
    もしかしたら、
    ご自分のことを周りの人に気をつかわせないように、
    仰っているのかなとも感じましたよ。
    私は立派なかたと思います。

    ユーザーID:2646065592

  • お墓の問題

    霊とは関係なく、これはようはお墓の問題なのですかねぇ?

    私は、霊はあると思ってる肯定派ですが
    お墓は大嫌いです。
    なぜなら、私の父は跡取り息子でそこに生まれたのは娘のみ
    祖母(父の母)はまじないのように、私たちにお墓を守るのよと言い聞かせたので。まじないと言うより、執念というか呪いと言うか・・・
    なので私はお墓は大嫌いなのです。
    でも、墓参り行きますよ。
    嫌いなのは、その墓を守る人がいなければならない事であって。
    墓を否定してるわけではないので。

    霊を信じていても、いなくても。
    墓はめんどくさい問題だと思ってます。

    ユーザーID:5246979345

  • 他人に相談するのではなく

    >本人は心臓を患っておりそれなりの高齢です。お墓等自分が死んだ時の事をそれなりに考えておいて欲しいのです。

    これを本人にきちんと伝えて、それがないと何もできないと断言して差し上げれば良いだけの話では?

    >他家に嫁いだ者にお墓の準備や仏事まで期待しますか?

    嫁いだと言っても血縁関係に変化はありませんが。
    それとも結婚したら他人ですか?
    霊とか何とかを持ち出すまでもないことだと思いますが。

    ユーザーID:1012996855

  • 何がいいたいのか・・ややこしい

    つづきを読んで2回目です。
    前出していますが一体何が言いたいのやら・・

    霊の存在を否定する人を説得して葬儀仏事を行いたい?ではなくて・・

    本人がそれらを嫌っているのでやらない方向でいきたいがそれでいいか?または

    葬儀仏事を嫌っている身内のために、他家に嫁いだ者がわざわざ世話をしたり費用を捻出するのがいやだ?

    どれもこれも違う話ですよね。
    他の方も書いていますが葬儀仏事はのこされた人のためのセレモニー。
    トピさんがこんなに攻撃的な意見の人間にはそんな物必要ない!と思えばやらなければいいし、でも世間体があると思えばやればいいしご自分で判断するしかないのでは?
    何をしようが亡くなった人間にはわからないことです。

    ユーザーID:8900171520

  • 後はあなたの気持ちしだい

    ただ単に現在の軽薄なブームを嫌っているのではなく、そこまで言うのなら、あとは残されたものが勝手にすればよいのですよ。

    ところで、そのお身内は、ご自身の親や親族の葬儀・墓参り等々も全て否定してきた人なのでしょうか? お寺や神社、その他諸々の宗教も嫌うのでしょうか。

    私は、最近の売らんかな主義で出来ている霊園はあまり好きではありません。そうは言っても死んでも場所が必要なので仕方が無いとは思っています。しかしいかにも商売優先なにおいがして、どうも苦手です。

    現在お墓が無くても、代々の菩提寺などはありませんか? とりあえずそのような場所の共同墓地などにおいてもらい、供養は、あなたが空を見上げた時に思い出す、という形でよいのではないでしょうか?

    死んだら誰かがその始末をしなければいけないし、親族がいれば親族がするのが普通でしょう。
    死んだ人がどういう思想を持っていようと、関係ないでしょう。

    ユーザーID:8252557050

  • こういうのは?

    他家に嫁いだものに...ということは、ご実家のお父様とかおじさまで、親族構成上、もしもの時にはトピ主さんがこういうことを取り仕切らなければならないということなのでしょうか。

    本人が宗教を馬鹿にしているといっても、人ひとり亡くなったら、なかったことにはできないですよね。困っちゃいますね。

    宗教一切無しで、その方の生前の思い出を親族友人達で分かち合う「集まり」を開くことにしたらどうでしょう?
    遺影ぽくない、かっこよくとれてる写真でも飾って、皆で思い出を話すだけ。
    それなら、その方も自分の信念に反しないので、納得してくれるのでは?

    お骨は(散骨で激怒というのがよく理解できないのですが)、無宗派のしかるべきところに納骨するしかないですかねー。

    ちなみに、アメリカに、お骨を原料にダイヤモンドを作ってくれる会社があります。
    夫に先立たれたら、ペンダントになってもらう約束になってます。
    お骨をどうやってアメリカに送るかを現在考え中です(笑)。

    ユーザーID:9223070769

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧