現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

探しています:“つきのもり”というお店が出てくるマンガ

つきのもり
2007年12月12日 11:18

大好きだった知人が先日急逝しました。
共通の友人と彼女の写真を囲んで思い出話をしていた際、
彼女には思い出の漫画があるという話を聞きました。

分かっているのは“つきのもり”(字は不明)という
喫茶店のようなお店が出てきて、そこを訪れるお客さんが
心癒されて帰っていく、というストーリーだけ。
作者もタイトルも出版社も、仲間内は誰も知りません。

自分もいつかこんなお店がやりたい、こんな風に、
誰かの心を癒せるような温かいお店を…
それが彼女の夢でした。
有名店での厳しい修行を終え、これからという時に
逝ってしまった。誰もが悔しくて悲しくて。

しばらくして落ち着いたら、仲間達と彼女を偲ぶ会が
開かれる予定です。
それまでに彼女が思い描いた夢であるこの
“つきのもり”というお店が書かれた漫画を調べたいと
探してみたのですが、何も手がかりが得られませんでした。
どなたかご存知の方、記憶に残っている方は
いらっしゃらないでしょうか?

亡くなった方は30代後半、その方が中学生の頃?に
読んだ本のようです。
どうか、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:6007819076  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
めるへんめーかーさんの
おばちゃん
2007年12月12日 12:24

『月の森 紅茶店』のシリーズでしょうか?
http://item.rakuten.co.jp/book/426625/

残念ながら品切れですね。

持っていますが、とてもほんわかしたお話で、
ラストも秀逸です。

ユーザーID:5554470594
たぶん
めるさま大好き
2007年12月12日 12:44

今、手元にないので不確かですが、めるへんめーかーさんの「迷い子たちのティー・タイム」かと思います。
「つきのもり」は「月の森」紅茶館だったような。

ユーザーID:9536715090
迷い子たちのティータイム
Cria
2007年12月12日 13:54

めるへんめーかーの「迷い子たちのティータイム」ではないかと思うんですが。

ただ、この人、とても人気あるので、古本の入手困難かもしれません。

ユーザーID:1239264489
「月の森童話シリーズ」
おいおい
2007年12月12日 15:41

検索はしなかったんですか?
本当に調べて探したとは、信じられないですね。

私は何も知りませんが、「月の森 喫茶店 漫画」でGoogle検索したら
上からたった5番目のリンクが、お探しの答えだろうと、ひと目でわかりましたよ。


めるへんめーかーさんの「月の森童話シリーズ」だそうです。
コミックスは「迷い子たちのティー・タイム」というタイトルで2冊出ているそうです。
漫画文庫にでも収録されそうですが、あとはご自分で調べてくださいね。

ユーザーID:1679635335
めるへんめーかーさん携帯からの書き込み
青井るか
2007年12月12日 16:46

僕は一度も読んだことないのですがインターネットでキーワードを適当に打ち込んだらどうもそれらしいのが見つかりましたよ。漫画家さんの名は、めるへんめーかーという方で幻想的で素敵な漫画を描かれているようです。漫画家さんの生まれ年を考えたら御友人の好まれて読まれた年ともあいます!作品がかなりあるからこの本です!というのがイマイチしぼれませんでしたが月の森童話シリーズとかあるそうです。あと迷子のティーパーティーとかそんなタイトルの漫画もありました。綺麗な絵の漫画ばかりでしたよ。うん!絶対めるへんめーかーさんだ!1日中気になって調べたんだもの。めるへんめーかーさん作品の漫画ですよ!きっと!どなたかめるへんめーかーさんのファンの方、書き込んで下さい。
僕の力はここまでです。宜しくお願いします。早くお望みの漫画に辿り着けますよう祈っております。

ユーザーID:1585299667
ありがとうございます
つきのもり(トピ主)
2007年12月12日 18:11

皆さんありがとうございます。
正解を分かっている訳ではないので「これです!」と
お答えできないのがとても心苦しいですが、
めるへんめーかーさんの作風は確かに彼女の優しさを
思わせます。

Criaさんがおっしゃるように、古書の入手は難しそうですね。
近所の古本屋などにも足を運んでみます。

引き続き、何かお心当たりのある方はお願いいたします。

ユーザーID:6007819076
横気味ですが…
図書館さん
2007年12月12日 18:26

私はトピ主さんのおっしゃっている本に心あたりはないのですが、絶版で手に入りにくい本についての情報として一言。
ほかの方がおっしゃっている「迷い子たちのティータイム」という本は国立国会図書館などで所蔵しているようです。もよりの図書館で相互貸借(協力貸出)を申請してはいかがでしょうか。もし、国立からもよりの図書館に貸し出しされた場合、その図書館内閲覧が可能になるかもしれません。所有するのではなく、ただ読みたいというのであれば、この制度を利用してみては?
トピ主さんが図書館を使い倒している人であったならばこの情報は不要だと思うのですが、一応お知らせでした。

ユーザーID:2858704399
ああ、我慢できずに
KATA
2007年12月13日 11:56

迷い子たちのティータイム 1
めるへんめーかー (著)

amazonでは古本の扱いもありますので普通に手に入る可能性高いです。


検索しなかったの?、というレスについ、
「おいおい、お前だって調べたり無いじゃん・・・」と突っ込みたくなってしまいました大人気ない俺です

ユーザーID:0152375247
トピ主です
つきのもり(トピ主)
2007年12月13日 15:05

一日中気になって調べてくださった青井さん、
図書館の利用も考えてくださった図書館さんさんも
どうもありがとうございました。
他の情報が全く出てこないところをみると、恐らく
めるへんめーかーさんで間違いないのでしょう。
すぐには難しくてもいつか彼女の思い出の作品に
どこかで会えたらいいなと思っています。

時間を割いてくださった皆様の優しさに感謝します。
ありがとうございました。

ユーザーID:6007819076
ああっ、わざとそれを言わなかったのに!!
Cria
2007年12月16日 4:12

KATAさん、
現在Amazonにはたった1冊しか在庫ありません。
あと、超マイナーな古書店に1冊。
他のネット書店はほぼ全滅なので、これがトピ主さんの手に入ることを切に祈ります。
こういうネットって、トピに載ると、トピ主さんの気持ちも考えず買っちゃう読者がいますよね。
だから言わなかったのに(涙
小町の皆さんは、絶対やめてね!

トピ主さん、
もし入手できなかった場合、スーパー源氏では、登録古書店全体に捜索依頼できます。
読むだけなら、国会図書館は土曜も開いているので、直接行ければ、いちばん確実です。
小さな地方図書館だと、取り寄せられないこともあるので、要注意!
日曜しか休めないなら、マンガ喫茶という手もあります。
都内ではi-Cafe AKIBA PLACE店に第1巻があります。
マンガ喫茶はネットで蔵書検索できない所が多いので、大規模で女性専用席のあるようなところに直接電話してみるといいと思います。
読めたら、ぜひ教えてくださいね!

ユーザーID:3293319320
うー…遅かったか。
Cria
2007年12月17日 16:45

すいません、前回レス書いた時点では、Amazonに1・2巻ともに\1で1冊ずつ在庫があったのですが…。
美品と書いてあったので、出品者はもしかしてトピ主さんのために、こんな超安値?いい人だなーと思っていました。

私のレスが掲載されたので、もう一度チェックしたら、そのお店のは売れてしまい、別の出品者が2巻のみ1冊\2,000で出してました。

うう…(号泣)

消えた1・2巻1冊ずつの在庫、買ったのトピ主さんですよねっ。
そうあってほしいです。

実はめるへんめーかーさんのホムペにも、ここのリンク貼ってきたのですが、最近更新なさっていないようなので、お気づきになってないようです。

手に入るといいですね。

ユーザーID:3293319320
 
現在位置は
です