テレマーク/バックカントリー

レス27
(トピ主12
お気に入り3

趣味・教育・教養

STEER

こんにちは。
スキー経験はほぼゼロの30歳独身女性です(ボーゲンのみ可能)。
この冬から無謀にも?テレマークスキーを始めることにしました。
理由は、これまでやって来たスノーボードにマンネリを感じて来たこと。
そして何より山が好きなこと!
早く技術と知識をつけてバックカントリーデビューするのが目標です。

技術の壁にたくさんぶち当たることはもちろん覚悟の上でしたが(現に四苦八苦中…)、それ以外にもウェアから小物から必須道具からいろいろゲレンデ遊びとは違うことを知って驚いています。

そこでテレマーカーあるいはバックカントリー精通者の方々に教えて頂きたいのですが、服装/ウェア(ベース、ミドル、アウター等)はどのようなものを選べば良いのでしょうか?
信頼のおけるメーカー、ブランド名等も知りたいです。
具体的に「このメーカーのこれはおすすめ」という感じでお教え頂けると更に助かります。
その他にももしテレマーク技術やバックカントリーの極意等、この超ド素人の私に頂けるアドバイスがありましてたら何でも良いのでお聞かせ頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:8909030774

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 信頼できる先達に教わること

    こんにちは。バックカントリー好きでかれこれ20年経ちます。始めた当時は、今ほど道具や情報が流通していませんでしたので、華やかなゲレンデスキーブームの陰で、マニアックな趣味と言われました。同じ趣味の主人と結婚することになるとは思ってもいませんでしたが・・・。

    さて、テレマークでもアルペンでもバックカントリースキーの初心者さんがまず最初に探すべき物は、経験豊富な先達です(ネット上だけでなく、一緒にバックカントリーに出てくれる人)。整備されたゲレンデを飛び出して自然の雪原に出るのですから、初心者だけの行動は慎むべきです。最初に誘ってくれた人、ツアーガイドの人、ネットで検索したらお住まいの近くに趣味のクラブがあるかもしれません。

    トピ主さんの文章から、まだそのような人に出会ってないのかな?という印象を受けました。(違っていたらごめんなさいね)

    経験豊富な先達が見つかれば、たいていのことはイチから教えてくれますよ。そのうち、先輩の情報だけでは飽き足らなくなってきたら、初心者を脱した証拠。自分でネットも駆使して色々調べられると思います。

    ユーザーID:4565989183

  • いぬさるさん、ありがとうございます。

    アドバイス頂き、とても嬉しいです◎
    いぬさるさんは20年ものキャリアをお持ちなのですね。すごい!
    ゲレンデブーム真っ只中の当時に、自らこの道を選択して今も続けていらっしゃるなんて本当に尊敬いたします。
    確かに私も正直最初はマニアック・・・だと思っていました。
    しかし経験者の話を聞いたりDVDを見たりする内、夏山とはまた違った山の魅力に脱帽。淡い憧れの気持ちと共に今に至ります。
    でも一応ご安心ください。身近には10年〜20年程の経験者ばかりです。
    そして山や自然の恐ろしさについても、決して初心者がいきなり入って良い場所ではないことも承知の上で、これから経験者の人達について徐々に知識と経験をつんで行きたいと思っております。
    ただ、今はとにかく毎週ゲレンデでテレマーク滑りの練習をすることが先決で、なかなかバックカントリーに出た時の心得や服装、持ち物等の話までは深くできていません。
    焦るつもりはないのですが、今後どういう準備をしておけば良いのかな?と思い、このトピを立てました。
    私の知らないバックカントリー、テレマークの魅力をもっと知りたいです!
    よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:8909030774

  • お奨めは登山用品ブランド

    雪山登山の手段として、アルペンの山スキーを10年以上やってます。最近になって、ハードな「雪山登山」ではなく「のんびり雪中散策」として、テレマークやクロカンにも興味を持ち始めました。

    STEERさんがどんな目的なのかはわからないですが、「バックカントリー」という呼び方は「山スキー」よりも「雪山散策」に近いイメージですかね?

    いずれにしろ雪山で遊ぶのですから、ウエアに求められる性能は基本的に「雪山登山」に近く、その点歴史のある登山用品メーカーのブランドがお奨めです。雪山用品を扱ってる登山用具ショップに行くと、インナー・アウターともに色々あります。私は性能と価格のバランスで国産のモンベルあたりがお気に入りですが、ノースフェイスとか海外ブランドも強いですよね。

    同じブランドでタウン用ファッションも扱っていることも多いですが、あくまでも「雪山用」の性能を持ったウエアを選んでくださいね。雪山では天候が変わればあっというまに凍傷になったり、最悪の場合、ウエアの良し悪しで命にもかかわりますからね。デザインよりも機能優先ですよ。

    ユーザーID:8131812711

  • 必要なのは

     バックカントリー・スキーで必要なのは、スキーの技術は当たり前で、それ以上に大切なのは雪山登山、および登山一般の技術です。
     地形図とコンパスと周りの地形の手がかりだけで自分の位置を正確に割り出せる読図ができるのは当然ですし、天気図を付けて読めることも求められます。雪山登山に必須の雪崩の危険性を見る弱層検査の技術なども必要です。雪中でビバークする技術(雪洞を掘ったり、雪崩の起こりにくい地形を読みとるなど)も備えているべきです。
     雪崩ビーコンやゾンデ棒の使い方、アマチュア無線免許の取得などもした方が良いです。
     そして、山行の時は、山域を管轄する警察署に登山計画書を提出しておくことも忘れずに。

    ユーザーID:7982276320

  • 練習がんばって!

    トピ主さん、身近に経験豊富なリーダーがいらっしゃるということで安心しました。それなら、私もリラックスしてお話できます。

    上の方も書いている通り、アウトゲレンデの世界は雪山装備ですから、選択肢はありそうであまり無いです。行動範囲(標高、最低気温や行動時間)により必要な装備は変わりますが、先輩に相談して必要なものはケチらずに良いものを買ってください。アンダーウエアとか「え?」って思うほど値が張りますけど、それこそ命にかかわる「装備」ですのでケチっちゃダメですよ!

    それと、ゲレンデの練習をがんばってください。自然の雪山では、スピードや格好良さよりも、「どんな悪雪でもコケずに安定して滑れる」という技術が必要になります。未圧雪の深雪で転ぶと逆立ち状態でもがくので、かなり体力を消耗しちゃうんですよ。場所によってはここで転んだらかなり危険!という場面もありますし。ゲレンデ内では上級者コースでも転ばずに(ゆっくりでも可)鼻歌まじりで滑れるようになりましょう。
    がんばってね。ゲレンデや夏山では見られない、純白の世界が待ってますよ!

    ユーザーID:4371347811

  • 山スキーヤーさん、ありがとうございます。

    私も最初アルペンの山スキーとさんざん迷いましたが、周囲にテレマーカーの方が多かったという理由だけでテレマークに決めました。
    確かに何だか目的がよく分からない文章になっていますよね…
    そもそも始めた動機が、ボードマンネリ気味→スキーに転向するか?→登山好きだけど雪が降ると行けなくて寂しい(雪山の技術と知識がないため)→だったらウィンタースポーツが楽しめて且つ山にも会える山スキー/テレマーク?→運良く周りに経験者多々、という流れなので、目的はスキーを楽しみたいのと、雪中散策を含め冬山と少しでもお近づきになりたいのが半々と言ったところです。
    なるほど。もうこれは雪山登山の域なんですね〜。
    スキー用ブランド?じゃないと格好がつかないのではないかと思って困惑していたのですが(危うくご察しの通り見た目重視傾向)、では今持っている登山用の薄手のフリース等をアウターの下に着て使い回せるかもしれません!
    モンベルは機能面、価格面共に(デザインも…笑)頼れる味方ですよね。
    ちなみにアウターはどれぐらいの価格のものが良いのでしょうか?ゴア仕様のものでも薄かったり厚かったりいろいろありますよね…

    ユーザーID:8909030774

  • 山さん、ありがとうございます。

    そうですね。
    近年の登山ブームで相次ぐ遭難事故(夏、冬問わず)をニュースで見るたび、本当に身につまされる思いです。
    周りの経験者達の話を聞いていても山さんが教えて下さったようなことが多々出てきますが、こうして文章にして頂くと改めてその重要性や自然の恐ろしさを感じます。
    例え自分だけが助かったとしても、仲間の助け方が分からないようでは同じパーティに属する者として失格ですからね…
    私が本格的に冬山へ足を踏み入れる時は、ちゃんとその辺の覚悟ができるようになってからです(いつになるやら)。
    そしていつか念願叶ってバックカントリーデビューできたとしても、決して一時の好状況に甘んじることなく、いつでも危険と対峙していることを意識しながら楽しみたいと思っております。
    登山計画書の提出は登山の基本ですよね!この辺は(だけは)ばっちりです。

    それにしても危うく私の認識はかなり甘かったですね…
    バックカントリースキーは「スキー」の域だと思っていましたが、「雪山登山」の域だったなんて…
    ここで相談させて頂いて早くも命拾いした気分です。
    ご助言ありがとうございました!

    ユーザーID:8909030774

  • いぬさるさん、ありがとうございます2

    そうなんです。
    先日チラっとアウトドア専門店に行った時「バックカントリーに出る時の服装は?」なんてラインナップを見てみたのですが、あまり選択肢がなくて驚いたんです。
    それで皆さんはどのようなものを使っていらっしゃるのかと思ってこちらに相談させて頂いた次第です(私の周りが男性陣ばかりだからあまり見た目を気にしないだけだと思っていました…)。
    はい。インナーだけは!と思って良いもの(多分)を買いました。でもやっぱりアウターもミドルも重要ですよね…(当たり前)
    “顔から突っ込み逆立ちもがき”の洗礼も早速先週ゲレンデで受けて参りました。
    パウダーダイブは痛く無くて良いですが、本気で苦しいですね!あれはどうやればスマートに?脱出できるのでしょうか。やっぱりもがき/泳ぎ出てくるしかないのでしょうか。
    深雪からの脱出方法のみならず、あらゆる危機からの脱出方法等、もし良い方法をご存知であればお教え頂ければ幸いです。
    ちなみに上級者コースでは言わずもがな、見事なお尻シュプールを描くのみでした。情けない。あれを鼻歌まじりですか…
    そういえばテレマークはリズムだ!が先達の口癖です。なるほど。

    ユーザーID:8909030774

  • わたしも初心者ですが・・

    一昨年あたりからオフピテスを楽しむようになりました。
    まだ初心者なのでスキー板をかついで2時間のぼり
    滑りおりるくらいの感じですが・・。
    (テレマークは超初心者。ゲレンデが精一杯です)

    で、ウェアですがわたしはパタゴニアがおすすめです。
    R1からR4の組み合わせは汗をかいても
    速乾性があって冷えないし、山の気温に
    あわせて脱ぎ着できるのでとても便利です。

    普段着にも着たおしてます。

    ユーザーID:2029777041

  • コワイ話も

    アウトゲレンデの世界は楽しいですが、ちょっと怖い話もひとつ・・・。
    トピ主さんの先輩達は、雪崩ビーコンをお使いでしょうか?もしも雪山で雪崩に巻き込まれた場合に、救出率を高めるとても重要なアイテムなんですが、雪山愛好家の間でも、普及率がまだ低いように感じてます。先日北海道で雪崩遭難したパーティも、ベテラン集団なのにビーコン持ってなかったようです。値段も安くないですし、あれば「必ず」助かるという物でもないのがつらいところかな、とも思いますが。

    実は私は一昨年、ビーコンを使って仲間を掘り出すという怖い体験をしました・・・。幸い、無事に救出できましたが、もしあの時ビーコンが無かったら、と思うと背筋が凍ります。私の仲間が全員ビーコンを揃えたのは5年前でした。持ってて良かったと心底思いましたよ。あと、スコップも全員が持ってないと素早く掘れないことを実感しました。
    ぜひビーコン導入して、シーズン初めにはゲレンデで宝探しゲーム(捜索の練習)をお勧めします。(すでに導入済みでしたら余計なお世話ですみません)

    ユーザーID:4371347811

  • ウエアの話も

    コワイ話だけでは申し訳ないので、ウエアにまつわる昔話も・・・。

    今でも雪山ウエアの選択肢って少ないんですが、20年前はもう選択肢なんてほとんど無かったんですよ。商品の種類も少なかったですし、カラバリも国産品はほとんど「赤か青」しか無くって。海外ブランドの綺麗な色のウエア、欲しかったけど高かった・・・。学生でしたので予算も限られているし、仲間内で結構かぶってましたよ。彼氏でもない男の子とペアルックとか、よくありました(笑)

    あと、今はボーダー系ファッションで、ゲレンデでもみんなダボダボのアウター着てますよね。登山用とあまり変わらないシルエットの。でもスキーブームの頃はみんな体にピタッとフィットしたスキーウエアばかり。「私をスキーに連れてって」という映画の原田知世ちゃん、ご存知かしら?
    ですから、スキー場のゴンドラを使ってアプローチするような場合、そんな華やかな人ばかりの中で、重着でダボっとしたウエア着て、背中にスコップ付のリュック背負ってるのがめっちゃ恥ずかしかった思い出があります・・・。

    年寄りの愚痴みたいになっちゃってごめんなさいね(笑)。

    ユーザーID:1532891738

  • テレは機動力があっていいですよね〜

    ウェアは安くて機能がいいのでモンベルがオススメ。
    生地はゴアッテクスが主流ですが特に真冬の高山にでも行かない限りはオーバースペックだと思います。
    商品名は忘れましたが「ブリーズドライテック」という素材を使っているのが出ているのでゴアよりも透湿性がよくて快適ですよ。
    シェルジャケット(中綿がない)ものが温度調節しやすくていいと思います。
    その他細かい装備などは先輩に直接聞いたほうがいいですよ。
    バックカントリーに行かれるなら三種の神器(ビーコン、プローブ、シャベル)は必ず持っていって使い方を覚えてください。
    応急処置の方法も覚えると便利です。(特に捻挫と骨折)

    あと個人的にはヘルメットは被ってほしいですね。
    上から木の枝が落ちてきたりこけたり木にぶつかったりするので。
    オススメはGIROのG.9というモデル。
    とにかく軽くていいです。

    気になったのですがもしや乗っているスキーはヴェクターグライドのステアじゃないですか?
    ちなみに僕はグリード(一番太いの)とボールド(ステアよりひとつ太いの)に乗ってます(笑)

    ユーザーID:3767276793

  • 連投すいません・・・

    おしゃれなウェアという事だと価格は上がりますがSOSとホグロフスがオススメです。
    SOSは「バックカントリー対応」のスキーウェアなのでかなりおしゃれです。
    ホグロフスはアウトドアメーカーですが発色がきれいですよ。
    個人的に今年のモンベルはかなりカッコ良くなってオススメなんですけどね。

    透湿防水素材には3レイヤーと2レイヤーがあります。
    一般的に裏地の無い3レイヤーのほうが軽くて防水性が高く、2レイヤーは重いけれど暖かく(メッシュの裏地なのであまり差は出ませんが)透湿性に優れています。
    テント泊する激しいテレマークなら3レイヤーでしょうが普通は2レイヤーで十分です。
    はっきり言っちゃうと耐水圧は1万mmあれば十分です。
    あまり信用できないウェアなら夏用の雨具の上だけをもって行けばいい話ですしね。
    問題は縫い目の処理をきっちりしているか、という事とベンチレーションやポケットが使いやすいか、ということ。
    やっぱり登山用はリュックを背負っても使いやすいです。

    僕は一日だけの軽い飛んだりして遊ぶバックカントリーならパーク用のウェアで入りますよ。

    ユーザーID:3767276793

  • もこもこ子さん、ありがとうございます。

    貴重なウェア情報助かります◎
    やはりパタゴニアはお値段がするだけのことはあるのですね。
    私の周りにもパタゴニアを着ている人がいて、デザインも素敵だから「いいな〜」と思っていたのですが、ネットで調べてその値段に少々尻込みしていました。
    でも、いぬさるさんからもアドバイス頂きましたが、命に関わる装備をケチっちゃダメですよね…
    近場でパタゴニア商品の取扱店を探して実際いろいろ見て来ようと思います。
    ところでもこもこ子さんは「テレマークは超初心者」とのことですので、おそらく基本的にはアルペンスキーヤーということでしょうか?
    私はボード→テレマークなのでアルペン滑り(脚を揃えて滑ったり止まったり)が不得手です。
    脚を揃えると斜滑降すら続かない状態…
    という訳で、現在の私のテレマークはもっぱらプルークによるテレマーク?の形です(要するにずっと八の字)。
    でも一応この土日の練習中、いつの間にか脚を揃えて止まることを自然と覚えて来ました!
    ただ滑りとなると自分では揃えているつもりでも周りには「揃えろ!」と言われる始末で…
    どうやったら脚を揃えても安定して滑れるようになれますかね?

    ユーザーID:8909030774

  • いぬさるさん、ありがとうございます3

    とてもタイムリーです♪
    先日先達の方々とショップに出かけた時、ビーコンとゾンデとスコップを手渡され、「はい、これ三種の神器ね」と教えて頂きました。もちろん現在持っていないのは私だけ…
    当初の私のイメージは、青空の下、景色を楽しみながらハイクアップして開けた山の緩やかな坂を優雅にスキーで下りて来る、くらいのものした。
    ところが「これらを揃えないと山には行けないよ」と言われ、かなり先行きが不安になりました…
    でももし山に行ける日が来たらちゃんと揃えないといけませんね。先達も今度ビーコンを使った捜索練習をしようと言っていました。
    埋まった人を掘り起こすって、考えただけでも身の毛がよだちますが…捜索〜掘り起こし完了まで何分くらいかかりましたか?

    時に「わたしをスキーにつれてって」は当時小学生だった私はリアルタイムでは見ていないのですが、先日30代後半の人達と“ワタスキ鑑賞会”なるものをして当時の様子を垣間見ました!笑
    現在のゲレンデにはアースカラーが多い気がしますが、山の中では目立つ色の方が良いですよね。
    できれば高性能で且つ是非見た目も気に入るウェアを見つけたいものです◎

    ユーザーID:8909030774

  • がるさん、ありがとうございます。

    ご名答です◎分かって下さって嬉しいです!笑
    そうなんです。スキー自体が超ド素人のくせにいきなりVectorglideに手を出してしまいました。理由は見た目…(ごめんなさい)私の周りにはBold2名、Omnny1名おります。Vectorはみんなかっこいい♪

    ところで貴重なウェア情報助かります!ゴアの他にも適素材があるんですね。「絶対ゴア」「雪山でも寒くないもの」という点ばかりに囚われていたので意表をつかれました。
    そうそう。私も先日お店でホグロフスに一目惚れしたのですが、パタゴニアより高いじゃないですか…でも本当に素敵だった…

    そこで“3、2レイヤー”というのは何ぞや?と思っていたところです。私は絶対真冬の高山には行かないので2レイヤーで良さそうですね!SOS?初耳!チェックしてみます。
    耐水圧…縫い目処理…ベンチレーション(今意味を調べた)…そんな所気にしたこともありませんでした。いろいろ調べているつもりでも全然私は的を射ていない状態ですね…(反省)

    あとヘルメット。確かにそろそろ用意しておかないとテレ滑りができるようになるにつれて確実に頭から突っ込み率が高まっています…痛

    ユーザーID:8909030774

  • 先輩に合わせる

    こんにちは。何度もごめんなさいね。

    ウエアの軽重は、一緒に行動する先輩と合わせるのが良いと思うのです。「今日は調子いいね、がんばればもう1本行けるかな?でも帰りが遅くなると寒くなるかも」という状況のとき、リーダーはグループの中で一番軽装の人、一番体力の無い人を基準にして「やっぱ止めとこう」とか「よし、行こう」と判断します。体力は一朝一夕には手に入らないけど、ウエアなら、ね。購入するときは、先輩によーく相談してくださいね。

    それと、トピ主さんはまだそういう段階ではないかもしれませんが、スキー技術がレベルアップしてくると、ウエアなんかよりも靴と板が欲しくなるんですよ、次々と! 「幅広の板が欲しい」「軽いプラブーツが出た」「もっと硬い板が」等々、皆さん、欲求がそちらへシフトしていくものです。
    私も正直なところ、ウエアは性能を満たす物を購入したらボロボロになるまで着たおしまてますが、靴と板はちょくちょく買いなおすドツボにはまってます。年を取ったせいなのかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:4371347811

  • いぬさるさん、ありがとうございます4

    とんでもないです!たくさんアドバイス頂いて本当に嬉しいです◎
    この12月から突然飛び込んだ世界なので、とにかく誰かと話をしてもらうだけでワクワクです♪
    なるほど。グループのリーダー的な人はそんな所にまで気を配ってくれているのですね。
    ついて行く側もできるだけ周りに迷惑をかけないよう、適確な判断ができるようにならないといけませんね。
    現在最も苦労しているのは、斜面で板がはずれてしまった場合にその状態で板を再装着することです。
    平らな所でもまだ少々てこずってしまう私にとって、安定しない斜面でリーシュコードをはずして再装着する作業は本当に至難の業です。
    今は数人に取り囲まれて板と上体を支えられ、指導されながら何とかはいていますが、早く一人でも対処できるようにならないといけない課題です。

    板と靴はそうみたいですね…初めて私が板と靴を見に行った時、何故かただの付き添いだったはずの人達が続々と板や靴をお買い上げでびっくりしました。笑
    みんな毎回数種類のセットを持って来ていて、その時のコンディションによって使い分けていますね。
    私も早く乗り味の違いを楽しめるようになりたいな☆

    ユーザーID:8909030774

  • たびたび失礼します

    レイヤーについてですがhttp://webshop.montbell.jp/material/aboutmaterial/(モンベルのHPです)に詳しいです。
    ホグロフスが高いということでしたが2レイヤーの一番安いものなら上下ともに4万円以下だったと思います。

    パタゴニアの話が出ていたので少しお話しますが素材はゴアなどのように透湿防水素材(ハードシェルといいます)ではなく繊維一本一本に撥水加工をしているものです。(ソフトシェルといいます)
    透質性は抜群ですが防水性にはかなり劣ります。
    ただ豪雨などでない限りしみてくることはまずないので蒸れずに快適に温かく着たいと思うのならソフトシェルはかなりお勧めです。
    初心者なのでこけて心配、というのであればパンツをハードシェルにジャケットをソフトシェルにするのがいいと思います。

    ただソフトシェルはメーカーによって定義が様々でハードシェル並みのものから簡易防水に近いものまであります。
    もしソフトシェルを買われるのなら店員さんに詳しく聞いてくださいね。

    ユーザーID:4513902681

  • 続きです 長くてすいません^^;

    ウェアですが僕はアウターを軽い3レイヤー、ミッドウェアをフリース代わりにソフトシェルにしています。
    ハイクアップではアウターは脱いじゃうことが多いので風を通さずフリース並みに温かいソフトシェルは中間着に最適だと思います。
    この時はパタゴニアのような高性能のものではなくてコロンビアなどの安いものでも十分です。
    僕は稜線までハイクしたり長時間歩くことが多いので軽い3レイヤーにしていますがアウターは2レイヤーでも構わないですよ。

    ボードから転向だと脚力が不足気味じゃないでしょうか?
    特に太ももの内側はボードだと使わないので股にペットボトルを挟んだりしてトレーニングするといいですよ。
    それとイメトレ(?)になるのかな…暇があったらテレマークターンの練習でテレマーク姿勢で軽くスクワットするのもオススメです。

    スキーショップでバイトしているのでついしゃべりすぎてしまいますね^^;
    僕も一応店員さん(まだ学生のバイトですが)なので気になることがあれば分かる範囲でお答えしますよ。
    行きつけのお店ができたらそこの人に聞くのが一番ですのでぜひ行きつけの店を作ってくださいね。

    ユーザーID:4513902681

  • がるさん、ありがとうございます2

    すご〜い!本当に詳しい!がるさんのいらっしゃるお店を行きつけにしたいくらい◎
    しかしがるさん、学生さんですか?!お若いのに博識で驚きです。
    テレマークは何歳くらいから何をきっかけに始められたのですか?私の周りには私より若いテレマーカーは居ないのですが・・・笑
    先日初めてソフトシェルと呼ばれるウェアを見かけ、正直見た目だけだと『本当にこんなんで大丈夫?!』なんて思ってしまいました。
    でもソフトシェルをミッドウェアにするなんてさすがツウですね!?今後の参考にさせて頂きます(今は経済的に無理)。そしてまずは無難に?ハードシェルを手に入れるつもりです。
    現時点の感触だと、第一候補はホグロフス、SOS、パタゴニア辺りで、でも最終的にはモンベルに頼るかも?といった所です。
    脚力の問題かどうか分かりませんが、まだ一度も脚が痛くなったことはありません。いつも筋肉痛になるのは腕だけ…(転び過ぎ?)
    でも登山をやるせいか女性平均よりは脚力があるようです。これで太もも内側トレーニングも取り入れれば更にパワーアップできそうですね☆
    会社でコピー取りながらテレスクワットしちゃおうかな〜笑

    ユーザーID:8909030774

  • 初めてテレマークを履いたのは

    小5だったと思います。
    きっかけは実家が登山&スキー屋で父親がセミプロの山ヤなのでその影響でしょうか…
    中学までモーグルをやっていたので本格的に履き始めたのは父親と山に入るようになった高校からですね。
    今はスキー山岳部というひたすらバックカントリーばかりやるという汗臭いクラブに入っていますが半分近くはテレマークをやっています。
    最近は「テレマークターンかっこいい」という友達も数人います。
    僕は実はメインはアルペンで比較的ゆるい斜面や春スキーなど機動力が欲しい時にテレマークと使い分けています。
    テレマークだとどうしてもターンが難しく急斜面や硬い斜面は厳しいのでアルペンスキーに頼ってしまいがちです…

    きっと腕が痛くなるのはボードと違う筋肉を使うからじゃないでしょうか?
    僕の場合テレスクワットは傍から見たら変だけどやってる時は雪上気分でバイト中一人悦に入ってやっています。
    イメージだけでだいぶ違うので効果はあると思いますよ。

    テレマーク自体遊びの要素が強いのでウェアも型にとらわれず楽しく選んでくださいね。

    ユーザーID:4513902681

  • がるさん、なんて恵まれた環境!

    うひゃ〜。こりゃ参りました…笑
    もう育った環境というか流れている血から違いましたか。
    よく「アルペンからテレマークに転向するのは大変」なんて聞きますが、子供の頃からそれだけ恵まれた環境で山にスキーに(モーグルまで!)親しんでおられるがるさんには全く無関係のお話ですね。
    私なんかテレマークの存在を知ったこと自体がつい数年前の話です。
    ゲレンデで壊れた板を上手に乗りこなしている人がいるな〜、と思っていたらそれがテレマークでした。
    そして今年の秋、登山中に偶然出会った人に「テレマークしない?」と言われ、何となくフラ〜っと入り込んだ世界です…が!始めて本当に良かった◎
    テレターンはかっこいいですよ〜!とっても。DVDとかゲレンデで上手な人を見ると片っ端から惚れてしまいますもの^_^;
    でも結局アルペン滑りもできなくてはいけないんですよね…困った。早く脚を揃えて滑れるようにならなくては。
    今週末はプロの先生に教えて頂く予定なので、とりあえず八の字脚からの脱却を当面の目標に頑張って来ます☆先は長いけど楽しみ♪
    さっきルンルンでテレスクワットして来ました〜!(はい、仕事中です 笑)

    ユーザーID:8909030774

  • テレマークスキー

    私の妻は51歳。今までどのようなスキーもしたことがないのに、地元(金沢)の「バックカントリークラブ ソンドレ」のテレマークスキーにはまっています。今年で五年目かな。かなり上達したようです。メンバーは老若男女で、様々な職業の人たちで、メンバーのエリアも金沢富山上越飛騨と広範囲です。貴方さまのお住まいはどこか分かりませんが、北陸地方なら「ソンドレ」のホームページを見てください。なお、ウェアは少々高いですが、「パタゴニア」の製品をお勧めします。

    ユーザーID:5738815665

  • 体験してみました

     トピ主さん,貴重なトピを立ててくださいましてありがとうございます。私もテレマに興味をもって始めてみたいと思いつつ,「何から揃える?」と疑問でした。普通のスキーと登山用品は揃っているのですが…
     私は昨冬,とりあえず体験に行きました。トピ主さんは体験してみられましたか?普通のスキー場で,レンタルやスキー教室をやっているところで,普通のスキーの格好で行って体験してきました。靴や板,用具は全てレンタルです。また山小屋主催などの体験に参加して,その後で必要なものを揃えていきました。
     実際にやってみると,普通のスキーと違って難しいなぁ!と思いましたが,やはりゲレンデと違ってきれいでいいなぁとも思います。残念ながら,仕事の合間にとなると,シーズン中何回も行けないのが難点ですが,今年忘れてないといいなぁと思います。
     幸い,トピ主さんのまわりにベテランの方が多いとのこと,うらやましいです。是非,安全に楽しいスキーを楽しんでください。
     本当に,ためになるトピをありがとうございます。
     

    ユーザーID:8867798520

  • スキーはしない人さん、ありがとうございます。

    そんなこと言わずに一緒にテレマークしましょうよ 笑
    奥さんすごいですね。
    初めてのウィンタースポーツがテレマークですか?
    しかもバックカントリークラブなんて魅力的な響き!
    なるほど。クラブに所属すれば仲間層も広がりますもんね。
    それはさぞかし楽しんでいらっしゃることでしょう◎

    私はまだこの世界の空気?がよく読めていないので、もうしばし仲間内で訓練してから外の世界にも踏み出して行きたいと思います。
    (まだひよっこどころか生まれたてのヒナ状態ですから…)
    でも残念!“金沢富山上越飛騨と広範囲”なのに、何故に信州が入っていない?!
    という訳で私の住まいが判明ですね〜 笑
    (近隣のゲレンデで超低速のへっぽこテレマーカーを見かけたら温かい目で見守ってやって下さい…)
    でも逆に私は信州以外のエリアに行くことが無いので、いつか北陸や上越方面へも進出してみたいです☆
    「ソンドレ」のホームページにもお邪魔させて頂きま〜す♪

    ウェアはやはりパタゴニアが人気ですね。
    信頼のおけるメーカーを知ることができて心強いです。
    また奥様からの有力情報があればぜひお知らせください!

    ユーザーID:8909030774

  • おためしさん、ありがとうございます。

    このトピックに賛同頂いて嬉しいです◎
    私も小町は以前からよく見ているのですが、小町内の検索機能で「テレマーク」が一件もヒットしないことから、
    小町ユーザーの中にはテレマーカーはあまりいらっしゃらないのかな…と寂しく思っておりました。
    でも思い切ってトピックを立ててみて良かったです!
    自分で調べてみることも大事だけど、やはりその道をよくご存知の方々から得られる情報は極めて実用的です。
    私は今日初めてプロの先生にテレマークを教わって来ました。
    これまでは仲間内のみんながそれぞれ持っている持論から自分に合いそうなのを選んでやってみる、という併せ技?でした。
    それで何となくテレターンっぽいのができるようになっていたのですが…
    やはりプロの目はごまかせず、全然テレマークポジションがとれていないことが判明。
    今日はひたすら、上体はまっすぐ下に、前の膝が出ないよう後ろ足にしっかり乗る…みたいなことを意識するだけで1日があっという間でした。
    う〜ん!頭ではわかっていても難しい!明日は今日の復習に行って来ます♪
    おためしさんも今年からいよいよテレ本格参戦ですか?!
    楽しみですね☆

    ユーザーID:8909030774

レス求!トピ一覧