女性の内面を描いた映画のおすすめは?

レス24
(トピ主5
お気に入り23

生活・身近な話題

対岸の私

39歳の既婚、子供が一人います。年末年始にDVDを観る予定です。みなさんのおすすめを教えてください。

潔い女、悪女、生真面目な女、淫らな女、性格の悪い女、けなげな女、ズルい女など色んな女性を観てみたいです。

ちなみに私のおすすめは、「ふたりの5つの分かれ路」・「キルトに綴る愛」・「まぼろし」「ドライビング・ミス・デイジー」ですね。

エマニュエル・ベアールやモニカ・ベルッチ、カトリーヌ・ドヌーブに憧れてるんですけどね、肝っ玉母ちゃんに着地してしまいました。映画でしばし現実逃避したいのです。

ユーザーID:1362435147

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 恍惚

    『恍惚』はご覧になりました?

    奥さん役のファニー・アルダンの抑えた演技がなんとも言えず魅力的です。

    http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD35051/index.html

    ユーザーID:7723815490

  • 『ションヤンの酒家』

    中国映画です。
    『山の郵便配達』や『故郷の香り』などを撮った監督です。

    弟、その彼女、両親などを支えながら、
    強くしたたかな女性、ションヤンが主人公です。
    綺麗な女優さんですし、なるほど!と言いたくなるような台詞もたくさんあります。

    アジア映画に抵抗が無ければ、是非。

    ユーザーID:7176533538

  • ソフィア・コッポラの

    マリー・アントワネットを押します。(笑)

    本を読んでいました。
    この映画はよく出来ていました。
    長編を削ったわりにはアントワネットの心の中が見えます。

    ユーザーID:8443009690

  • 趣味が似てるようですので・・・

    トピ主さんがお書きになっている作品、全部好きです。

    良かったのは
    「トリコロール」の青
    「美しき運命の傷痕」
    「スイミングプール」
    「めぐりあう時間たち」
    「 愛すべき女・女(め・め)たち」
    「愛されるために、ここにいる」
    「恋愛小説家」
    「フレンチなしあわせのみつけ方」
    「愛に関する短いフィルム」
    「イザベル・アジャーニの 惑い」


    お子さんがいらっしゃるなら「ぼくの好きな先生」
    ドキュメントですが大変良い作品でした。


    書ききれません(笑)


    神経に障るものでもよければ、ミヒャエル・ハネケもとても面白いです。
    年末年始のまったりした中ではお勧めしませんが。

    ユーザーID:1017990785

  • 古い映画ですが

    「イヴの総て」をお勧めします。
    悪女というより、ピュアであり怖い女です。
    でも誰もが「こんな女性、確かに居る」と思うと思います。
    自分の近くに居て欲しくないけど。

    ユーザーID:8638592794

  • 『8人の女たち』・『彼女を見ればわかること』

    『8人の女たち』
    フランスを代表する8人の女優が歌って踊るミュージカル仕立ての映画です。

    『彼女を見ればわかること』
    グレン・クロース、ホリー・ハンター、キャシー・ベイカー、
    キャリスタ・フロックハート、キャメロン・ディアス出演の5話オムニバス映画です。
    それぞれが少しずつ交差し、じんわりしみこむ映画です。

    ユーザーID:2975237656

  • いい趣味ですね

    なるほど。ロマンティック・コメディではなく、という意味ですね。

    少し古いですが、ジェームス・アイヴォリー監督の『眺めのいい部屋』はいかがでしょう? ご覧になりましたか?
    あと、ちょっとご趣味とは違うかも知れませんが、シャーリーズ・セロンとクリスティーナ・リッチが出演した『モンスター』はどうでしょう? 衝撃的です。

    ユーザーID:5589001532

  • 「ベティーブルー」は観ましたか?

    86’J・J・ベネックス監督作品です。好みは分かれますがハートにずしんときます。
    他のオススメの女性映画は「テルマ&ルイーズ」、「フライドグリーントマト」「ピアノレッスン」「フラッシュダンス」等です。では、楽しい年末を。

    ユーザーID:6433750571

  • これ

    女性の内面と言ってもキレイなものではなく…
    これをお勧めしましょう。

    「ゆりかごを揺らす手」

    です。レベッカ・デ・モーネイさんきれいですよー

    ユーザーID:9937890329

  • アイ アム サム

    知的障害を持っている父親とその娘の物語なんですが、
    父親が娘を育てる資格があるかどうかを裁判で問うたり、その娘を養女(里子??)にした夫婦、特に奥さんの葛藤、
    裁判で父親側についた弁護士が女性なんですが、女性ならではの悩んでいく過程、
    娘が幼女から女の子へ 変わっていく過程などなど
    トピさんが求めておられるのとはちょっと毛色が違うとは思うのですが。私はお勧めしたいです。

    ユーザーID:4839897377

  • フライド・グリーン・トマト

    『フライド・グリーン・トマト』
    肝っ玉のすわった女の生き方を面白く、ほのぼのと、みせてくれます。
    見たあと、スカッととても気持ちよいです。おすすめです。

    ジェシカ・タンディが出てるから、もうご覧になってるかも。

    ユーザーID:0666329682

  • 一つ挙げます。

    【めぐりあう時間たち】ははずせません。
    3つの時代の3人の女性達の人生を描いた作品。
    自分の生きざまを問われます。

    豪華キャストであることも売りです。
    ジュリアン・ムーアの演じた人物には泣けました。

    ユーザーID:7946206660

  • 疑惑

    邦画でもいいですか?
    私のお薦めは、松本清張原作の「疑惑」です。
    原作よりも大物女優二人の対決という感じの映画の方がおもしろいです。

    桃井かおりが保険金めあてに夫を殺害した容疑をかけられた女性、岩下志麻が彼女の弁護士という配役で、桃井かおりが悪女だけれども自由奔放で魅力的な女性、岩下志麻が知的で理性的な女性弁護士というお互いにイメージにぴったりの役を演じてます。

    ユーザーID:8970324541

  • トピ主です。ありがとうございます。

    レスを下さいました皆さん、ありがとうございました。

    タイトルを見ただけでもうワクワクします。
    年末年始は、至福のときになりそうです。

    皆さんのおすすめの中で10代の頃に観た映画もあり、励まされたセリフを思い出しまして、再度観ようと思いました。

    また、観た当時は年が若すぎて理解できませんでしたが、今思うと、あれは穢れを知らないが故に壊れていってしまったのかもしれない。そう思うと哀れでもあり羨ましくもあり…。

    西洋の映画は、女性がたくましく生きている姿が眩しいですね。アジア映画は『花様年華』を観てせつなくなりました。

    日本の女優では、草笛光子や淡路恵子沢村貞子のような粋な感じの女性に好感が持てます。桃井かおりも素敵ですよね。

    皆さん、引き続きレスをいただけると嬉しいです。お待ちしています。

    ユーザーID:1362435147

  • トピ主です。最近観た映画の感想

    先週末に観たDVDは、1『輝ける女たち』、メル・ギブソン監督2『パッション』です。

    1はフランスらしい展開でした。不倫、離婚など暗くなりそうなテーマを明るく持っていくところは、田辺聖子の小説にちょっと似てるかもと思いました。

    2は、区切り区切りでイエスの母マリアの回想シーンが幸せなだけ、現実に自分の息子(=イエス)が苦しむ姿をただ見ているしかないはがゆさが悲しいです。子を持つ親としては目をそらしたくなりました。母は悲しい。

    余談になりますが、子供と『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を観ました。ケイト・ブランシェットの存在感といったら!

    ユーザーID:1362435147

  • 【トピ主1】ありがとうこざいます(再)

    おすすめDVDを教えてくださいました皆さん、お礼を申し上げます。14日に投稿したものが反映されていないようなので、再度、投稿いたします。

    今からもうわくわくして、地味になりそうなお正月が楽しみです。

    皆さんのおすすめの中に若い頃に観た映画が何本かありまして、とても懐かしく思いました。

    脇役の何気ないセリフに励まされたり、また、穢れのない女が故に破滅してしまうことが、当時は理解できずに、凶暴な女としか認識していませんでした。

    前者はアメリカ映画、後者はフランス映画の感想です。

    続きます。

    ユーザーID:1362435147

  • 【トピ主です2】最近観たDVD

    トピを投稿する前に観たDVDです。
    1『輝ける女たち』
    2『パッション』

    1は、フランスらしい流れでした。不倫、自殺、移り気、嘘などを湿っぽくなく描いていました。フランス語で歌われる「ローズ」はじーんときます。

    2は、賛否両論があったキリストの受難の映画です。フラッシュバックのように入るイエスの母マリアの幸福の光景の回想が悲しみを誘います。

    引き続き、皆さんのおすすめを教えてください。

    ユーザーID:1362435147

  • 風とともに去りぬ

    これに限ります。
    トピさんが言っている
    潔い女、悪女、生真面目な女、淫らな女、性格の悪い女、けなげな女、ズルい女
    全部出てきます。
    スカーレットとメラニィー、対照的です。

    ユーザーID:3873264141

  • こんなのはいかがですか?

    ちょっとトピ主さんの趣味とは違うかもしれませんが。。。

    「ルー・サロメ 善悪の彼岸」
    「エレンディラ」
    「愛の嵐」
    「冷たい月を抱く女」
    「乱れる」(邦画)

    ウォン・カーウァイ監督作品の「花様年華」良かったなら、この監督の他の作品もいかがですか?切ないですよ。
    「2046」
    「ブエノスアイレス」
    「恋する惑星」

    ユーザーID:7975780785

  • むかしのフランス映画

    『悲しみよこんにちは』
    何ともいえない余韻が残る映画です。
    主人公セシルの女の感情が理解できて応援してしまい、心に重く残ります。

    観たあとに幸せな気持ちになる『ワーキングガール』メラニーグリフィス主演もいいですよ。
    元気になれる映画です。スカッとします。

    ユーザーID:1557746365

  • 古い映画から・・

    まだ挙がっていない映画を幾つか紹介します。
    最近は見ていないので古いのばかりですが、大作ばかりです。

    「フォー・ザ・ボーイズ」「フォーエバーフレンズ」どちらもベッド・ミドラーが主演。泣けます。

    劇作家リリアン・ヘルマンの回顧録を通して、彼女が影響を受けた女性について描かれた「ジュリア」

    異なる人生を選択した二人の女性について描かれた「愛と喝采の日々」
    若かりしミハイル・バリシニコフのバレエシーンも出てきます。

    アフリカの生活を書き綴ったデンマーク人女性の回顧録「愛と哀しみの果て」。こちらはアカデミー作品賞を取った大作ですが、原作「アフリカの日々」も是非読んでみて下さい。

    「愛と哀しみの果て」に出ていたロバート・レッドフォードが若かりし頃に主演していた「追憶」もお奨めです。学生闘争の頃の男女を描いた映画で、主演女優バーブラ・ストライサンドの歌う主題歌はあまりにも有名です。


    とことでカトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」はご覧になりましたよね?

    ユーザーID:1671605090

  • ジェーン・エア

    トピ主さんのお好みに合うかどうか分からないのですが(トピ主さんが挙げていらっしゃるものはどれも見たことがないのですが)イギリス文学の名作より「ジェーン・エア」はいかがですか?

    有名なのでもうご覧になっているかもしれませんが、何度も映画化されていて最近のものではシャルロット・ゲンズブール主演のものがあります。(といっても1996年なのでもう10年以上前の作品になりますが)

    ジェーンは一言で言うと「強くてたくましい」女性でしょうか。(特に精神面でですが)
    孤児で美人でないという設定なのですが、その設定だけでも私なんかは非常に勇気付けられる作品です。(笑)
    「美人でなくてもこういう生き方もいいな」と私は思いました。

    本当は内面を知るには小説の方がよいのかもしれませんが、映画は映画で私はシャルロット・ゲンズブールが好きなので楽しめましたよ。(シャルロットは十分美人に見えるんですけどね。笑)よかったら是非ご覧になって下さい。

    ユーザーID:7158788118

  • 【トピ主です3】マリー・アントワネット

    レスをくださった皆さん、今日は大晦日ですね。

    ようやく大掃除も終わり、娘とDVDを観ました。

    マリア・テレジアの天真爛漫な娘への親心と国を背負う重さ、若すぎた結婚でのアントワネットの不安、フェルゼンへの恋心や母親の死後、フランスを担う者としての責任にようやく気がついたのに時はすでに遅すぎました。あの日、彼女は何を思って処刑されていったのか…。

    彼女は、波乱万丈の生涯でしたね。(もちろん、衣装や内装の豪華絢爛なことは言うまでもありません。)

    フランス史を学びたいと思わせる映画でした。
    同時に、フランスへ行ってみたいと思わせるほど、美しい映像でした。

    オススメいただきましてありがとうございました。

    余談ですが、『ハゲタカ』の再放送を観まして、大森南朋にはまってしまいました!トピずれでごめんなさい!

    ユーザーID:1362435147

  • えっと

    キャメロン・ディアスの、in her shoes (イン・ハー・シューズ)
    姉妹のいる方は是非。

    ユーザーID:5075795411

レス求!トピ一覧