海外での生活どうされてますか?

レス10
(トピ主2
お気に入り22

家族・友人・人間関係

あおぞら

現在海外で主人(外国人)7歳、1歳の子供たちと生活してます。

毎日子供の送り迎え、家事、そしてまだ夜中に何回も起きる1歳の子の育児などであっという間に一日が過ぎていってしまいます。はじめは日本人だけではなく現地のお友達を作ろうと頑張ってましたが結局人種の壁(私は気にしないのですが相手がわざわざアジア人と友達になる気がない)を感じてそれも疲れてしまいました。今もめげずにいろんな機会を探してはいますが。現地の言葉はそれなりに話せる方なので言葉の問題ではないと思ってます。これからももっと流暢に話せるよう努力はするつもりです。

この街に日本人学校はあるのですが、子供たちが入った時には親同士もすでにお友達の仲間が出来上がっているような感じで疎外感を感じてます。みなさんいい人ではあるのですが毎日孤独感にさいなまれてます。日本にいたときにはフルタイムで働いていたのでまだそのギャップに慣れていないのかもしれません。

海外で小さい子を抱えて生活されてる方、あるいはその経験をされた方、私のような気持ちを経験された方いらっしゃいますか?もしそうだとしたらどのようにその状況から抜け出されましたか?

ユーザーID:3832651999

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も友達いません

    今現在、国際結婚でオーストラリアに在住、そして7ヶ月と、2歳の男の子の母親をしています。オーストラリアに来て数ヵ月後、そして上の子が1歳くらいになるまでは私もあおぞらさんと同じようにいつも友達がいないということに孤独を感じ、友達を作ろうとしたり日本人で同じ境遇の人をよく探していたりしました。でもやっぱり、英語圏の人々とはやはりどこかで壁があり、また日本人の人であってもなにかが違う感じで(いい人達なのですが)疲れてしまって結局今現在もこちらでは本当の友人と呼べる友達は一人もいません。

    でも最近では子供がもう一人産まれ、忙しくなってきて毎日公園やプレイグループにたまに参加したりするときにいろんな人としゃべる会話くらいで満足できるようになりました。今現在は主人が大親友です。まったくアドバイスになっていませんが、私は子供2人が保育園に入り出したらカルチャースクールなどに通ったりして友達探してみようかなーと思っています。日本でだって歳をとれば気の合う友達を作ることは難しいのだから今は友達がいないことを気にしてません。あおぞらさんもがんばってください。。。

    ユーザーID:3261702809

  • 似たような経験あり

    海外に住んでいます。
    子供が小さいときは、子供中心の生活なので、それ関係で友人を作るしかないかもしれませんね。

    私の最初の友人(外国人)は、ベビーシッターをしてあげた子のお母さん。
    何も知らず、どこへ行ったらいいのか分からない私をバーに連れて行ってくれたのも彼女。

    次が、子供の学校のお母さん達。
    キャンプファイヤー(ボーイスカウトや、ガールスカウトのような物)に参加したり、PTA関係に参加すると知人が出来、さらに仲良くなれる人が現れる。しかも学校でボランティアをすると、友人の輪も広がる。

    習い事やサークルに参加する。同じ趣味の人が集まるから、その中で友人を作れるかもしれない。

    でなければ、仕事を始める。嫌でも人に会える。ただし、仕事をすることで育児に集中できなるかも?学校の行事にはなかなか参加できなくなる。私は子供の成長をこの目で見て、学校に関わっていたかったのでフルタイムの仕事を辞めました。

    でも、本当に仲良くなれる友人作りは難しいですよ。
    素敵な友人が出来るといいですね。

    ユーザーID:8385669055

  • 孤独感について

    私は、駐在員の夫、日本人学校に通う子供と暮す主婦です。アジア圏なので、トピさんがお感じの「人種の壁」は薄いかと思います。現地の言語での苦労もあまり感じません。が、しかし、「孤独感」はあります。どんなに仲良くしていてもいずれは離れてしまうことがわかっている寂寞の感情とでもいいましょうか。孤独とは、人と一緒にいるから感じないというものでもないようです。

    私の場合は、頭の中で「いつも誠実でいよう、どんな人ともちゃんと向き合っていこう」と繰り返し考えています。この「繰り返し」がポイントで、いずれ来る別れに対処する呪文でもあり、また、少々のショック(人間関係での)から身を守る対策術でもあります。

    親同士のお仲間の中に入っていきにくい感覚は、私もわかります。
    トピさんから情報を発信してみては如何でしょうか。「こういう場所に行く機会があったら誰かご一緒しませんか」「こういう事に興味があるのだけれどどこかで習えないかしら」等など。
    すぐにではなくても例えばメンバーが足りないなどの時に声をかけてもらいやすいように、です。徐々にお知り合いが増えて、その中からお友達ができるといいですね。

    ユーザーID:7649736539

  • 海外で友人って、難しいよ。

    私は在英16年、夫は英国人。
    トピ主さんと同じように感じた時期もありましたが、
    今は諦めました。

    人と知り合うきっかけは、子供がらみがほとんど。子供の学校の同級生の母親とか、日本人学校補習校の母親たちとか。
    それでも、「親友」といえるような友達は、はっきり言って、夫以外はいません。
    で、今は開き直って、親友兼同僚兼同士、みたいな夫と出歩いたりすることを楽しみにしています。

    こちらの人って、相手の「階級」とか金持ち度とかで付き合う相手を決める傾向が強いので、(うちはごく普通のサラリーマン家庭なので)私たちは「重要」でないと、判断されていて、お付き合いの声がかからないような気がします。

    トピ主さんも、まずはご主人との良好な関係を作りましょう。
    愚痴や悩みや、あなたの全てをさらけ出しても、なおかつあなたを嫌いにならない、信頼できる人は、夫だけですよ。(というのはうちの場合ですが、あなたもそうであって欲しい。。。)

    ユーザーID:7813445830

  • トピ主です。みなさん返信ありがとうございます!

     みなさんのお話を伺って少し気持ちが楽になりました。私だけこんな気持ちなのかと思っていたので・・・。一日が子供や主人との会話だけで終わってしまうといくら大事な家族がいるといってもやはり孤独感がぬぐえないんですよね。また今日も心から笑って話せる友人との会話がなかったなあ・・・と。
     主人にとっても私にとっても今の滞在国は、生まれ育った国ではありません。主人はこの国で一生を終えてもいい覚悟でいるようです。私自身はまだその決心がついてません。子供の将来にとっては今の国が教育の面でも生活の質の面でも日本より幸せに暮らせるかもしれないとは思います。ただ、今のように友人がいない状況でもしも主人になにかあったとしても子供を抱えてこの国に残って頑張っていけるかなど考えると自信がないんです。私自身姉妹がいないので余計両親亡き後のことを考えると不安で。。。

    同じような状況の方、あるいは経験をされた方、今後もみなさんのご意見を宜しくお願いします。

    ユーザーID:3832651999

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • そうなんですか

     あおぞらさんやその他のレスとても参考になります。わたしは彼と2年間スペインで暮らしてます。最近結婚の話がでて、ここでの未来が不安です。そこでここを発見しました。

     知り合いはいますが仲良くなれません。理由はアジア人というのと、わたしが彼等を受け入れられない時があるからです。わたしの前で平気で、日本の食事や生活等を馬鹿にします。スペイン人はスペイン(人)が基準でクオリティーと考えているからです。
     わたしには彼しかいないのに、彼は最初わたしの心境を理解できず、日本へ帰りたいと言うと「狂ってる」とか「こんないい国はない」と怒りました。彼は毎日友達や家族に長電話したり、毎週実家に帰りたがって、わたしの家族への思いや孤独さを分かってくれませんでした。飛虫症がひどくなり27歳で網膜剥離、足や顔の皮膚が爛れ、訳も無く毎日涙を流していました。みなさんも多かれ少なかれ、ストレスや大きな問題を抱えたことがあると思います。

     高校留学でオーストラリアにいたとき、差別が凄くありました。国によっても住み易さは違いますよね。お互いがんばりましょう。

    ユーザーID:1570165781

  • 子育て中は特に

    米国永住ですが、昔中西部に住み、現在は西海岸です。
    昔はやはり孤独を感じて(主婦、田舎)夫婦関係にも響きました。
    今はフルタイムで働いているので毎日忙しく、
    嫌でも人と接するので、プライベートではむしろ一人になりたいです。
    自分だけの時間、或いは夫、子供との時間を大切にしています。

    子育て中の母親は特に隔離されやすいかも知れませんね・・
    でもそれは一生続かないから大丈夫です。
    「友達」ですが、私は夫の他には親友が一人で充分です。
    それ以外は広く、浅く、での知り合いだと思っています。

    焦らず、時間を掛けてみましょう。
    それに孤独は自分を見つけるよい機会です。
    今の試練が数年後にきっと役立つと思います。
    お子さんの為にも明るく強い母親になって下さいね。
    応援してます。

    ユーザーID:6232187285

  • 二人のお子様がちょうど谷間の時期なのだと思います

    私自身の子育てを振り返ってみると、母親として知り合った人達で交流が続いている人達は、幼稚園までが多いような。小学校に入学すると勉強も始まり、母親同士も幼稚園までとはおつきあいがちょっと違ってくるような気がします。

    トピ主様の場合、上のお子様は小学校一年(でしょうか?)で地元からあがって来た人達はそれなりに知り合いグループが出来てしまっている。そして下のお子様はまだ社会生活をするには小さすぎる。あと二年、三歳になると、子供を通じてトピ主様の活動範囲も広がります。それまでの辛抱です。

    また、子供を離れて御自分の外出も試されてはいかがでしょうか。多分御主人様の仕事のスケジュールも日本の会社より夕方も早く、土曜日曜にもお休みがあるのではありませんか?その時子供達を任せて、たとえば趣味の集まりや運動など一人で出られてはいかがでしょう。ベビーシッターさんもさがせばきっとあるはずです。

    私もそうやって外にでました。一番最初に出たのは、織物教室で数ヶ月の子を抱えて子供の小さい毛布を織りに行きました!周りを見ましてみて下さい。きっと何かあります。今の状況が早く改善されますよう!

    ユーザーID:3799733616

  • どこの国も同じ

    海外生活の方が日本より長く、現在メルボルン在住。社会の一員として違和感無く暮らし、自分が外国人であるとは全く感じられません。世界中に友達が散らばっていますが、心から話し合えたり、困った時頼りになる友達は現地の人(英国系オーストラリア人)です。波長が合う、価値観や人生観が共通しているのが理由ですが、多分私は誰とでも話をする性格で、英語が現地の人に負けないレベルである事も手伝っています。ボランティア活動もしているので、近所の人はほとんど知っています。

    買い物に出かけてもスーパの従業員、銀行の人等良く話ができるほどの中です。商店街で、共通する話題、子供の学校の話し、趣味のテニス、庭弄りについてべちゃくちゃ話す事が多いです。でも、テニスや学校を通じて経験した事ですが、英語が良くできない人が間違った言い方、ぶしつけな言い方をした時など平気で嘲り笑ったり、批判する人が結構いて、英語を母国語にする人は英語を話せない人を馬鹿にする傾向が頻繁にあるように痛感します。反対に、言葉ができなくても趣味やスポーツを通じで、波長の合う人に巡り合う事もあります。人柄や性格が良ければ友達も徐々にできてくると思いますよ。

    ユーザーID:7152956316

  • ありがとうございます!

    12月も下旬になって、みなさんお忙しい時でしょうにアドバイスしてくださって本当にありがとうございます。少し元気がでてきました。新しい年は気分よく迎えられそうです。投稿するのをためらっていたのですが、思い切って投稿してよかったです。いろんな国の方とこうやって励ましあうことができることって素敵ですね。みなさんにお目にかかったことがないのにとても身近に感じられて不思議な気がします。みなさんにとって来年がよい年でありますように!これからもいろんなアドバイス等宜しくお願いします。私も頑張ります。

    ユーザーID:3832651999

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧