• ホーム
  • 学ぶ
  • 何故米大学院の単位は日本の大学院に移行できないのでしょうか?

何故米大学院の単位は日本の大学院に移行できないのでしょうか?

レス19
(トピ主0
お気に入り6

趣味・教育・教養

CA子

皆様、始めまして。
私は現在、カリフォルニア州の某大学院の修士課程にいます。(言語学系)
今まで20単位ほど取得しましたが、ここで家庭の事情で日本へ帰らなければならなくなりました。今いる大学では卒業には30単位必要ですので、あと10単位足りません。

そこで、日本に帰ってから日本の大学院で再び勉強しようと思い、色々調べましたが、日本の大学院では、たとえ同じ領域でも、アメリカの大学院の単位を全く認めないそうです。

これにはショックを受けています。何故なら、1から授業をとらなければならないということですから。

しかし、アメリカでは、全部ではありませんが、大学院の間でもある程度は移行できるのが常識です。

どうして日本ではできないのでしょうか?それだけ日本の大学院制度は遅れているのでしょうか?

もしご存知の方がいたらお教えください。また、もしアメリカの大学院の単位を移行できる大学院をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

ちなみに私は大阪に帰ります。よろしくお願いします。

ユーザーID:2749251377

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 提携大学院であれば

    学校と分野によると思いますが、私の通っていた大学院(私立文系)では、提携大学院という制度があり、Stanford等の単位が互換だったと思います。
    その他の大学でも、実績等を見て、柔軟に対応できたはずです。
    まずは、行きたい大学院を決めてから、個別に問い合わせて交渉してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4863541384

  • どこも同じ?

    友達が、イギリスでマスター1年生を終了して、2年目に夫の都合でフランスに行ったら、やっぱり認められずに1年生からやり直しになりました(全く同じ学問です)。いわく「学位じゃないからダメ」ということですって。イギリスで修士をとっていれば、フランスでも博士からはじめられるそうです。ちなみにその子は、フランス政府お墨付きのフランス語試験に受かっており、語学の点では問題ありません。
    ヨーロッパ連合内の国同士でもこうです。
    提携大学なら違うのかもしれませんね。
    別に日本が特別なんじゃなくて、どこの国でも同じじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3947547037

  • 単位互換制度

    アメリカの単位互換制度の歴史(http://rihe.hiroshima-u.ac.jp/viewer.php?i=125)から見ると、今の日本は 1980 年代くらいで、個別の大学間でのアーティキュレーション・アグリーメント(単位互換協定)によるものがほとんどです。

    また、あくまでどこかの大学に籍を置いた上で他大学に滞在して得た単位をいくらか算入するものであって、大学自体を転学したりする場合にはほとんど対応していません。遅れていると言えばその通りですが、そもそも大学を転々と変わる学生が稀な現状から言って、制度として整備するほどのニーズがないというのも確かでしょう。一応「教授会で認めれば他大学の単位を認定できる」という規定のある大学も多いので理論的には可能ですが、前例もないでしょうし、よほど力のある教授の後押しが必要でしょう。

    しかしアメリカの制度がそんなに優れているなら、日本の大学院であと10単位取得して、それを今までのアメリカの大学院で単位として認定してもらい、あとは修士論文を書いてアメリカの学位を取ればいいのでは?アメリカの院の場合、学位取得の年限などもありませんし。

    ユーザーID:1384070337

  • 逆も無理

    日本で取った単位も外国では認められません。
    CAの私立大学にいましたが、本国で修士をとったのに、
    大学院の1年生からやり直していた外国人もたくさんいました。
    そもそも、提携校以外は同じ国でもなかなか認められないでしょう。

    ユーザーID:1646565037

  • 米国も同じですが・・・

    ご指摘の点では、日本の大学院制度が遅れている、という訳ではありません。

    米国の一流大学では、米国以外の大学の修士(マスター)は基本的に認めません。
    大学院1年から、全ての単位を取り直して大学院課程をスタートです。
    (選考にあたって、より知識がある等の考慮をすることはあります)

    私は理系ですので参考にならないかも知れませんが・・・。
    ○研究以外の単位はテストで免除になる制度がある(かなり難関ですが)
    ○担当教官と学部責任者との話合いで必要単位を減らすのは可能

    もしかしたら、後者の道があるかも知れませんので、担当教官になる教授が決まっているのでしたら、直接相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:9982088920

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ヨコですが、イギリスのマスターは本来一年です

    イギリスの修士課程のお話がありましたが、修士は普通フルタイムなら一年のはずです。ただし、学士と修士の専攻が同じなら、の話しですが。

    学士とは違う分野で修士を取ろうとした場合、修士の前に一年間かけて「ディプロマ」というのをとる必要があります。これは日本の修士課程の一年目と同じように言われますが、実際は、ディプロマの学生はほとんど学士課程の最終学年クラスに出ています。ですので、これを修士の一年目ととらえることに私は違和感を感じます。

    ユーザーID:0508085655

  • その逆はありですか?

    私も北米で大学院を卒業し、そのままこちらの大学で教鞭をとっています。

    「アメリカでは大学院間の単位移行はある程度常識」
    「日本の大学院制度は遅れているのか」

    とありますが、アメリカでも日本の大学院からの単位の移行
    という話は聞いたことがありません。

    日本でも国内の大学院同士なら話は別なのではないでしょうか。

    経験上、もし日本で大学院に復学されるのであれば、
    「アメリカではこうなのに」という態度には気をつけたほうがいいですよ。
    違う国で違う制度にのっとって物事は行われているのですから。

    ユーザーID:3290071299

  • 講座ごと個々に問い合わせてみてください。

    日本の大学院間でも、同等レベルの大学院・講座間でなければ、
    あっさり交換にはできないと思います。
    他国の大学院であれば、尚更、比較が難しいため、
    単純な交換は難しいでしょう。


    ただし、日本国内での例ですが、
    大学院でない「研究施設」での在籍・研修も、
    修士認定を下す教授と、出先の指導者がOKであれば、
    単位として認めてくれるケースはあります。

    書類合わせなどに非常に手間がかかるうえ、
    公式に募集するものではありませんが、
    アメリカの大学院でも、
    日本の「知り合いの講座」であれば、
    修士として受け入れてもらえる可能性はあります。

    ユーザーID:3818185770

  • アメリカでも・・・

    アメリカでも大学院レベルの単位互換ができるのは、提携校の間だけです。修士レベルのコースは大学院や教授ごとに内容やレベルも結構違うので、お互い簡単には認めたくないといった所があります。テストに受かったらコースはスキップできるという学校もあります。またA校からB校へ移行できても、逆は駄目といったこともあります。

    また単位を移行できたとしても、修士取得には Residential Credit Requirementがあって、「最低○単位はうちの大学院で取らないと卒業させません」といった決まりもあります。大抵は不足分だけお金を払えばOKしてもらえるますけどね。

    「それだけ日本の大学院制度は遅れているのでしょうか?」

    アメリカほどオープンでない部分もあるでしょうね。「遅れている」といった表現を使うと気を悪くする人もいるので、気をつけた方が良いと思います。

    ユーザーID:4254069113

  • 総長補佐

    まず、日本国内の大学院間でも、単位の移行はある程度はできます。
    アメリカ国内の大学院間と同様です。

    米→日の単位の移行ができないから「日本は遅れている」という
    あなたの発想が理解できません。では日→米では単位の移行はできる
    のですか?

    そもそも大学間の取り決めは基本的に相互主義であって、一方だけが
    他方の単位を認めるというような話ではありません。貴女のアメリカの
    A大学が日本のB大学からの単位の移行を認めていない限り、B大学が
    A大学の単位を認めることはありえないのです。

    アメリカが常に先進的で日本が「遅れている」というような話では
    ないのですよ。

    ユーザーID:1097790456

  • アメリカも同じ

    アメリカの大学院でも単位を移すのは簡単にできるとは限りません。
    だから、このことで日本の大学院の制度が遅れているというような
    ことは当てはまりません。私はアメリカの大学院を途中で移りましたが、
    前の大学院での単位を認めてくれる学校は多くはありませんでした。
    分野が経営ということもあったかもしれませんが、入学をし直して
    一からやり直すようにというのが大半の大学院の回答でした。
    かなり強引に売り込み・交渉をして、受け入れ先の大学院を見つけました。
    逆を考えた場合でも、日本の大学院の単位をアメリカの大学院で
    そのままクレジットとして加算されるとは限らないと思います。
    結局は、学位が欲しいならば、やり直しをするしかないと思います。

    ユーザーID:8004886878

  • 協定がなければ・・・

    大学同士が二大学間協定や他大学間協定を結んでいない場合は、日米の大学でも単位移行は難しいと思います。

    言語学系と一言で言っても、その内容や歴史は大学によってまちまちですし、仮に「音声論」というクラスが両方の大学にあったとしても、授業名だけが同じで、必ずしも同じ授業内容であるとは限りません。(課された課題や、1単位における学習時間も違うと思います。)

    二大学間協定を結んでいる大学間でも、単位移行に関しては相当なresearchと話し合いをし、1単位に対して学生が取り組む時間を同じにしたりという作業が繰り返されるようです。この点アメリカの大学は1単位=同じ学習時間によるものが多いので、単位移行しやすいのだと思います。またシラバス等も英語で書かれているため、授業内容の比較がしやすく、単位移行しやすいという理由もあると思います。

    日米の大学制度の違いもあり、卒業に必要な単位数や授業時間も大幅に違うためなかなか単位移行ができないのだと思います。日本の大学院制度が遅れているのではなく、日本は日本の、アメリカはアメリカの教育制度、教育内容に沿っているため、難しいのが現状です。

    ユーザーID:0934638127

  • 近くても

    私の知っている例を挙げますと、バークレーと UCLA とは同じ大学に属していて
    両方とも言語学が専攻でき、その中でも音声学は言語学の他の分野と違い
    大した相違はなさそうに見えますが、内容はかなり違います。ましてアメリカの他の大学
    との交換は、難しいし、他の国となると移行は無理ですね。復習のつもりで取り直せば
    いいと思います。

    ユーザーID:9005007407

  • 単位互換協定の存在が前提

    取得済み単位を移行させるためには、大学(院)間で、単位互換に関する協定を結んでおく必要があります。国によって教育制度の成り立ちが違うのだから、当然の措置と思います。「アメリカ国内では常識・日本の大学院制度は『遅れている』」という言い方は、「米ドルは国際通貨なのに、なぜ日本の店でそのまま使えないのか」というのと同レベルの傲慢に聞こえます。

    あと10単位で卒業できるなら、そのまま残って修士の学位取得をめざすという可能性はないのでしょうか。外国の大学院の修士号でも、日本の大学の博士課程の受験資格としては立派に認められます。

    なお、私の所属するところ(関東地方です)では、「10単位を限度として、入学前に他の大学院で取得した単位を修了要件として認定できる」という規定になっています。「日本国内の他の大学院」と限定的には書かれていないので、きちんと成績証明ができれば、外国の大学院の単位も認定される可能性はあると思います。(過去に実例があったかどうかは不明です。)

    ユーザーID:9467476160

  • 単位認定してもらいました

    アメリカの別々の大学院で、文化人類学とアジア研究で修士を取り、現在日本の某大学院博士後期課程で第二言語習得の研究をしています。専門分野を変えたので、修士からやり直したのですが、この大学院では他大学院で修得した単位を10単位まで(卒業必要単位30単位)認めてくれるので、修士の時このシステムを利用しました。単位認定は、単位を認めてほしい授業の担当教授が認めれば、認定されましたので、教授会の承認は形式だけのようでした。

    10単位ではなく、6単位しか認められませんでしたが、修士が2年かかるところを半年短縮でき、大変助かりました。講義科目だけでしたら、1年で終えられたのですが修論があったので、無理に1年にせずに、論文に集中できる状況を作りました。
    言語学でしたら、日本で専攻できる大学院は少ないでしょうが、単位認定をしている学校でしたら、アメリカの大学院の単位はトランスファーされるのではないでしょうか。もちろん、学校によって状況が違うので一概には言えませんが。。。

    ユーザーID:9280198190

  • 違いますよ


    >アメリカでは、全部ではありませんが、大学院の間でもある程度は移行できるのが常識です。

    常識じゃないです。個々別の例によって違います。


    >それだけ日本の大学院制度は遅れているのでしょうか?

     どうして「遅れている」という言い方をされるのかが分かりません。自分への不都合は、すべて他人のせいにするかような印象を受けてしまいます。


    >アメリカの大学院の単位を移行できる大学院をご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

     互換できる大学だったらどこでも同じという発想でしたら、リスクが大きいので気をつけたほうがいいです。後で学歴詐称などとなじられるとしたら、こういうところで不注意に信用のない学校に行ったりしたことが原因です。

     そもそも10単位という数字も、私の知るアメリカのシステム内では何を指しているのか分かりません。アメリカ内でもバラバラな単位換算のシステムが日本に組み込まれるには、それこそ当該両大学の緻密な打ち合わせが必要です。アメリカの大学の出店(東京校みたいな)ならいざ知らず。

    ユーザーID:3930523919

  • 場合によっては可能でしょう

    大学で教鞭をとっております。

    私の大学には言語学専攻がありますが、場合によっては一定数の単位を認める可能性はあるかと思います。ただし、すべての単位を認めることは難しいでしょう。他の方のアドバイスどおり、行きたい大学院を探してから、個別に問い合わせをしてください。

    なお、私のアメリカの大学院を修了いたしましたが、その前に日本の国立大学で修士をとっていました。多くの同級生も、母国でマスターを取得済みでした。しかし、それらの単位が認められることは一切無く、大学院1年生からのスタートでした。ちなみに、文系です。

    教育の質を確保するためには、その中身の確認の難しい海外の大学院の単位を安易に認定することの難しさを、理解してください。

    ユーザーID:7723300916

  • アメリカの大学院制度は遅れているのですね。

    制度が違うのに、そんな事も気づいていないトピ主さんにびっくりですが。

    私も、なぜ、アメリカの大学院で日本の大学院の単位が認められないのか不思議です。

    >どうして日本ではできないのでしょうか?それだけ日本の大学院制度は遅れているのでしょうか?

    というトピ主さんの言葉を借りるならば、

    どうして、アメリカではできないのでしょうか?それだけアメリカの大学院制度は遅れているのでしょうか?

    ということですね。
    アメリカ至上主義丸出しの投稿を日本で出すことの違和感をまるでわかっていないのは、なぜですか?
    こういう考え方は、日本ではナルシストといわれてしまい、反感を買うだけですよ。

    ユーザーID:9858205089

  • アメリカかぶれですか?

    今、EUの大学にいます。
    EUでは単位互換がかなり出来ます。

    でも、基本的にアメリカも日本もそれぞれの国の管轄官庁がカリキュラムを決めているのに、どうしてアメリカの官庁が決めたカリキュラムを日本が受け入れなくてはいけない、と無条件で憤るのですか?

    アメリカ内
    日本内
    ではかなり単位互換が可能なのは、それぞれ管轄官庁が同じだからカリキュラムが同じであり、

    アメリカー日本で互換できる大学は協定があるから。

    それだけのことです。日本の大学院制度が遅れていると一方的に決め付けるのには、「またアメリカかぶれか」、と憤りを感じました。

    ユーザーID:4532772686

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧