フルタイムで働くことについて

レス13
(トピ主2
お気に入り8

妊娠・出産・育児

バンドウイルカ

長い目で家計を考えた場合、どうも今のままでは厳しいので
パートからフルタイムへ変わる予定です。

知人を頼って運よく仕事を見つけることが出来、いろいろ準備を
進めています。
・・・が、ここへ来て主人が小5と小3の子供(来年6年、4年)を6時半まで留守番させることが不安だといい始めました。(残業は決算時ぐらいでほとんどありません)
特に下の子は甘えんぼうで怖がりなので私に家にいてほしいようです。

仕事を決めるまでは、自分でも何度も考えて結論を出したし、主人にも何度か確認して事を進めてきたのに・・。なんだか自分がすごい悪い母親のように思えてしまって。

始まってしまえば慣れ(時間)が解決してくれると信じたいのですが・・。
同じくらいの年頃のお子さんをお持ちで、フルタイムで働く方に
ウチはこんな状況だよ!というお話を聞かせていただけるとうれしいです。

ユーザーID:7377421188

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですね〜

    私の母は離婚してから1人で私と姉を育ててくれました。
    学校から帰ると誰もいない寂しさはなんとも言えず虚しく寂しいものでした。
    今でも電話したいときに母が出かけてると寂しくなんとも言えない気持ちになります。
    お留守番は慣れると思いますがその分お子さんは主さんが想像している以上に寂しい思いしているのでフルタイムで働く場合は今以上に愛情をそそいであげてください。
    休日も家事以前に子供との時間を大切にしてください。
    間違えても家事の邪魔したからって怒らないであげましょうね。
    はぁ〜。学校から帰ってお母さんがいないなんてかわいそうだなぁ〜。冬の6時半なんて真っ暗だし。

    ユーザーID:6671850398

  • 参考になるかなぁ・・・・

    私は4姉妹、上3人は年子で一番下の妹が生まれたころは
    母は家に居ましたが、しばらくしたら働き始めそれ以来フルタイムです。
    一番下との年の差は、8歳で(私は小学校3年?くらい)で妹の夜鳴きの世話もしてました。母は夜もレストランの皿洗いをしてました。
    夫婦ともに働かなきゃ、さすがに4人は育てられませんでしたしね。

    で、寂しかったかと言うと、そうでもなかった。
    姉妹が居てくれたので、帰ってくるとおやつがあって(無い場合は近所に駄菓子を買いに出かけた)、子供たちの好きなように出来る時間でした。
    友達と遊んだり、TVをだらだら見たりマンガを読んだり書いたり・・・
    高学年になると、姉を筆頭にケーキやクッキーを作ったりしました。
    今でもいい思い出です。
    確かにおなかがすいたときもあったけど、インスタントラーメンを作ってみんなで食べたり・・・今思うと結構危ない?

    一番寂しかったのは、一番下の妹だと思います。
    8時ころまで帰ってこない日もありました。
    でも、姉妹がいたので寂しくはなかったですよ。

    ユーザーID:4739219589

  • 頑張って!

    小学生のうちは留守番は虚しく寂しいので携帯に何度も電話がありましたねぇ。私は子供が0才からフルで働いていますがチャンスがあったら仕事をするべきと思います。そういうチャンスは本当にないですよ。ご主人は優しい人かもしれませんが、女性だって同じように仕事がしたくても我慢してることを理解すべきです。私は仕事のあとに、夜間大学にも通いました。主人の協力なくしてはできません。寂しがっていた子供は中学生高校生となり、今は親はいない方が気楽らしいです。休日にはしっかりスキンシップをしてあげましょうよ。
    仕事も家事も頑張ってやっていたら子供たちは将来共働きがいいと言ってくれるようになりました。仕事をあきらめずに両立頑張って下さいね。

    ユーザーID:9919415968

  • うちの場合は

    少し前の話で申し訳ありませんが、今、高1の息子が、小3の2月頃から小5の秋くらいまで、フルタイムで働いていました。もともと、就学前も保育園に預けて働いていましたので、息子にとって、母親とは働いているものだったようで、夫(父親)の海外駐在に伴う3年のブランクのあと、帰国後すぐに、新聞の求人広告の中からこれはと思うものを選んでは、母親(私)に勧める様な子どもでした。

    その頃の私の帰宅は6時から6時半、たまにでしたが7時半くらいになることもありましたが、特に不満やつらさを打ち明けられたことはありません。
    週二回、テニス教室に通い始め、その日は、練習が終わる頃にちょうど、私が迎えに行くことができました。

    その後、引越しにともなって、また仕事を辞めてしまいましたが、それと同時にPTA活動に熱心になった母親に、また仕事すればいいのに、と言う息子でした。少しは強がりもあったかもしれませんが。

    ユーザーID:0262155016

  • 学童保育は無いのですか?

    トピ主さんの学区には学童保育の施設は無いのでしょうか?

    下手すると近所の子供が勝手に遊ぶ「たまり場」にされたりしかねませんよね。親の居ない時に勝手にあがりこまれて 事故でも起こされたらどうしようと思います。我が家でも一度、学童保育を休んだ日に 近所の子に勝手に入り込まれた事があったので、以後気をつけています。

    トピ主さんのところは上のお子さんがおられるので 二人でしっかり頑張ってくれれば大丈夫でしょうが(そういう理由で一年生から学童に入らないお子さんも居ますので)充分話し合って気をつけてください。

    ユーザーID:4307746240

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 私の友達の場合

    同じく小学生の兄妹がいて共働きですが、
    学童保育に預けてました。
    学校が終わったらそこに移動して、勉強や遊びやおやつを食べたりするそうです。
    同じような小学生がいますから、友達もできたりします。

    お母さんが仕事を終えるまで、自宅で留守番するよりは、安心するのではないでしょうか。
    お近くにそういう所があるかどうか調べてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:2876656155

  • だいじょうぶですよ

    私は高3の娘、中2の息子を持つ者です。子供が中1、小3の時にフルタイムの勤務に変わりました。
    高学年になると、小学校でも放課後に部活や専門委員会が始まりませんか?
    私の子供達は、バスケットや陸上などをやっており、その部活のある期間は5・6年では週の何回かは
    帰宅が6時頃でした。部活、委員会で結構忙しそうです。
    特に下の子はそれらが無い日でも、学校から帰ってくると、すぐに友人と遊びに出かけてしまい、
    寂しいと思うヒマもなさそうでした。
    中学校になれば、毎日活動の部活に入るれば帰りは毎日6時から7時です。
    お子さんが6年生と4年生とのことでしたので、そんな生活をしているうちにすぐに中学生になっちゃうと思いますよ。
    私にとっては、子供に働いている母親の良い所や悪い所を見せられたことは良かったと思います。
    また、今、子供が、大学・高校受験が近い年頃になってきたので、学費の心配もより具体的になってきました。
    フルタイムになっておいて良かったです。
    不安も多いかと思いますが、是非トライしてみてください!
    応援しています。

    ユーザーID:9613321571

  • 子どもはもう成人に近いフルタイムワーカーです

    今回のフルタイム勤務の実施時期遅延や中止は視野になく、その決断に揺らぎはないですか?それなら、下手に罪悪感を抱えないで、毅然としていることが大事だと思います。こういう漠然とした不安は、意外に子どもに伝わるからです。旦那様も漠然とした不安を、今になって伝えてくるって、トピ主さんがかわいそう。トピ主さんの勝手で決めたことではないのにね。トピ主さんだって困惑しますよね。でも、トピ主さんの「時間や慣れが解決してくれる」というのも希望的観測でしかない。そうかもしれないし、そうでないかもしれません。一番のお勧めは、子どもに力をつけてやることだと思います。私の時代は、「子どもの放課後110番」という本で、多くの働く母親たちの実施策を読み、良い案を積極的に取り入れ、子どもに伝えたり約束したりして乗り越えました。寂しさを補うのは、実際的な力です。

    今なら、たとえばアマゾンで「危険回避」と検索したら、たくさん本が出てきます。子どもと一緒に学べるようなものも多いです。子どもの危険回避研究所の本はお勧め。きちんと準備し、びくびくせずに過ごせる力をつけてやることが大切では?目指せ、安全な留守番力のアップ!

    ユーザーID:2077235628

  • やることを無理やり作る。

    私は子供なしなので実体験で参考にはならないと思いますが、私の職場の課の女性はほとんど皆既婚で子供もいて働いていますので、その状況をお話します。

    小学生の親の人は、皆子供を学童に入れています。場所によっても違うみたいですけど、18時くらいまで預かってくれるみたいです。 
    学童入れないで放課後ずっとお子様2人きりというのは大変危険な気が・・

    あと、プラス習い事をしています。水泳、書道、公文、英語、そろばんなどです。学校が終わってからやることがあれば寂しいと思ったりはしないのではないかな。

    ユーザーID:6437625803

  • 我が家の場合ですが・・・

    私は小6と小3の子供を持つ母です。
    私も、フルタイムで現在働いています。
    正直、毎日心配です。
    うちの下の子も、時々『よそのお母さんみたいに毎日お家にいてくれたらいいのに・・・』と言ってきます。そんな時は本当に胸が締め付けられる思いです。
    でも、すごく最近は二人ともしっかりしてきたな〜と思う事もあります。
    突然雨が降ってきた時などは、洗濯物を取り込んでおいてくれたり、夕飯のご飯を炊いておいてくれたり・・・・涙が出るほどうれしかったです。
    上の子には『淋しいときもあるけど、毎日家にいたらちょっとなぁ〜』なんて最近は言われてしまいましたが・・・・

    子供さんのタイプにもよるでしょうが、私が休みを取って家にいても二人とも学校から帰るとランドセルを置いて遊びに行ってしまいます。
    でも、『おかえり』の一言がうれしいみたいですね。

    バンドウイルカさんのご主人は帰宅時間は遅いのですか?
    お子さんも5年生と3年生との事なので、家族みんなでよく話し合ってみたらいかがでしょうか?

    ユーザーID:7729665521

  • 悪い母親なんてことありません。

    30歳、既婚女性です。
    子持ちでないのにレスをしてごめんなさい。

    家計のためにフルタイム勤務へ変更。
    悪い母親なんてことないですよ。
    立派な選択だと思います。

    私の母もずっとフルタイム勤務でしたが、
    忙しく働く母を誇りに思っていました。
    小学校高学年までは一人っ子だったので、
    寂しいと思う時期も多少ありましたが、
    仕事も家事もこなす母はとても格好良く見えたものです。
    (身内を誉めすぎですね。ごめんなさい。)

    下のお子様は小学校3年生ですよね。
    しかも、お留守番は18:30まで。
    ご兄弟もいらっしゃることですし、
    私には全く問題ないと思えます。

    余談ですが、専業主婦の義母に育てられた夫は、
    32歳にして少し寂しがり屋なところがあります。
    おかげで、私の唯一の趣味である一人旅が
    なかなか出来ず、たまにイラッとしています。

    ユーザーID:0440850969

  • ありがとうございました。

    シロナガスクジラさん、今はパートママさん、お返事ありがとうございました。

    私自身は3人兄弟の末っ子で、母はフルタイムでしたが帰りもそんなに遅くなかったせいなのか、寂しかったという記憶はないのです。
    それよりも、高学年からは夏休みなどの休みは家事が私一人に課せられて(上が兄で男だったから・・・)それが不満でした。でもそれも今となっては役に立っていることなので感謝すべきことだと思っています。

    先日友人たちと話をしていて、「今の子は私たちの子供時代よりも甘える(高学年、中学生でも抱っこをせがんだり、添い寝をしてほしがったり)気持ちが強いのでは?」という話題がでました。

    それから、周りでは「子供中心でなきゃ」とか「将来グレるかもよ」とかいろいろ言う人もいてその声に振り回されそうになっています。
    でも今さら仕事を断ることもできないので頑張るしかないのですが、子供の様子にしっかり心くばりしながらやっていこうと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:7377421188

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ありがとうございます!!

    レスをくださったみなさん、ありがとうございます。

    心強い励ましもありうれしかったです。
    やはり親がグラグラとした気持ちではいけないですね。私は長い目で見てこの選択は間違っていないと思うので、主人にも理解してもらうよう話をしていきます。

    ユーザーID:7377421188

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧