理解されないお金の使い方。

レス55
(トピ主3
お気に入り41

趣味・教育・教養

くまこ

私にはあまり人に言えない趣味があります。
決して後ろめたい類のものではないのですが、まず理解されません。

それは『テディベアの収集』。
本格的なベアって高くて、一体数万は当たり前。
それなりの大きさや、アーティストものになると一体数十万もザラです。
自作も好きなんですが、材料のモヘアも結構高価なんですよね…。
可愛らしい趣味と言ってくれた親も、値段を聞くとひきつりました。
知らない人に言うとドン引き必須なので、値段はずっと隠しています。

ところが昨日のイブに彼氏に知られてしまい、案の定引かれてしまいました。
こんなものにお金をかける神経が信じられない、金銭感覚がおかしい、と。
遠まわしに、この趣味を続けるなら私との結婚は考えられない、とも言われました。

確かに変わった趣味であることは自覚していますが、
自分の生活の負担になるほどお金をかけているわけではありません。
しっかり毎月の貯金だって出来ています。
趣味の領域は大目に見てよと言い返したらケンカになってしまいました。

趣味にお金を使うというのは、そんなに悪いことなのでしょうか。

ユーザーID:9132851690

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 悪い事ではないと思います

    ですが、不安感はあると思います。

    高額な費用が必要な趣味を持っている人に対して、他の人は
    ・一人、あるいは結婚して生活が立ち行く範囲内での金遣いに留める事ができるか。
    (収入減の場合は、またそれに合わせた金の使い方を考慮しなくてはなりません)
    ・入院や手術、妊娠出産等の物入りの時期に、万一「どうしても欲しいテディ」を見つけてしまった場合、トピ主さんはそのテディをあきらめて生活にお金を使う事ができるか。
    という不安を持つと思います。

    自分の経験談になりますが、私の配偶者や友人を見ていると、コレクターというものには、「自分と収集物とは一期一会」の考えがあるような気がします。

    この時を逃すと、二度と手に入らないかもしれない。
    それが生活を脅かす事になっても、誰かと別れる事になっても、自分はこれを手に入れて見せる。

    でもその考えは、趣味人としては正解でも、生活を営む為には失格なのです。
    ですから、絶対にそのような事はしない、という確約がとれれば全く問題ないと思います。

    ユーザーID:1097290982

  • 素晴らしい

    素敵な趣味ですね。
    私は収集はしていませんが、ドイツのテディベア博物館に行った時に購入しました。
    普通のキャラクターグッズとは違うなんとも言えない魅力を感じました。
    夫も会社の先輩(ぬいぐるみ好きの女性)にお土産として購入しました。
    生活に支障をきたさない趣味なら、良いと思います。
    人それぞれお気に入りの物があるのは当然。全然普通だと思います。

    ユーザーID:3626840417

  • 個人的には良いと思う

    テディベアが高価な事、存じております。手作りを趣味にしていた友達も居ます。彼女は子供が出来たら、そんな時間もお金も無くなったので止めましたが、今でも大きな食器戸棚に綺麗に並べて飾ってあります。
    自分で稼いでお小遣いの範囲内で買うのだから、いいと思います。ただね、テディベアの収集って(それに限らず高価なフランス人形とかもなんだけど)お金持ちの趣味なんですよ、本来。お金が余っている人がする事なので、庶民には理解できないかも知れません。
    今は充分な収入があって貯金も出来て、余裕の部分での趣味かもしれませんが、他人からしたその分もっと貯金出来るはずと思うのも仕方が無い。
    結婚を意識している相手なら尚の事。更に結婚後の生活を考えると、今後趣味の為に生活費を切り詰めようと考えるのでは?と懸念されるのも理解出来ます。

    大切なパートナーに趣味を理解して貰いたかったら、「大目に見てよ」ではなく、「迷惑は絶対にかけないから、お願い」と下手に出た方が得策だと思います。卑屈になるとかじゃなくて、そこは駆け引きでしょう。

    ユーザーID:9104861449

  • しかたないんじゃない?

    普通、いい年の男性が、女の子の水着のフィギュアを集めていたら、普通の女性はひきませんかね。或いは、鉄道模型に入れ込んで、部屋中ミニチュアの電車だらけとか。同じでしょう。

    趣味は好きずきなので、別にいいと思いますが、趣味の合う人とお付き合いするのが釣り合いが取れていいと思います。

    ユーザーID:3217678634

  • ぜんぜん悪くない。好きなことがあっていいじゃない!

    私は、あなたがしっかり生活しながらやっていることならいいと思います。ちっとも悪くありません。

    男性の場合割に多いもので、知人では骨董、絵画、盆栽、虫などなど。私の主人は古書マニア。主人の友も同好の士が多くどこの家庭でも半端ない金額と収納場所を使うので奥様に嫌がられています。しかしそれで離婚ってありませんよ。奥様に逃げられた人が一人いますが、生活費を家に入れないで骨董を買ってました。家庭よりコレクション優先という方は結婚してません。

    女性でキルトにはまっている人もいますが、関連のお仕事につき、コレクションに金銭的価値もあるためご主人は理解しています。ちゃんとしたテディベアもそうですよね。宝石やブランド品より価値が落ちないはずです。くまこさんが売るつもりはなくても、人はそういうことだと納得しやすいので、一度彼に説明しては?

    ご両親や彼氏の反応はたぶん世の中大多数の反応で、結婚相手の選択肢が狭まる可能性もあります。でも本当に大切な趣味なら、無理解な人と一緒になるより、理解する人とのほうがはるかに幸せです。...私は主人が亡くなったら葬儀屋の次に古本屋に電話するかもしれませんが(笑)

    ユーザーID:5400209691

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 理解はされなくて当然

    具体的にどの程度趣味にお金をかけているんですか?月の収入に対して何割が趣味のお金なのか、どの程度貯金出来ているのか分からないので何とも言えませんが。

    ただこれが結婚後も一体数十万もするものを買う気なら、誰でも反対するでしょうね。実際男性なんて結婚したら趣味のお金もほとんどもらえてないのが現状では?
    結婚後あなたも働き、あなたの収入の中から趣味にかける金額の割合を算出して、それと同じ割合の額を彼の収入から自由に使って良いと出来るなら、対等だと思います。

    ただ、結婚後は将来のことを考えて貯金に回すのが普通の人の考えだと思います。趣味にそれだけのお金をかけること自体が「結婚に対する意識の低さ」。経済観念は甘いと思います。

    結婚までの趣味として割り切るのが一番でしょう。

    ユーザーID:3100677956

  • 彼氏、口出し無用!

    だって、誰でも自分だけの世界ってありますよね。
    男の人が車や釣りやガンダムとかにお金をかけるのと同様、
    テディベア収集家の主さんも誰にも文句言われる筋合いはない
    わけです。
    かくいう私はコレクションも一段落ついて、今は主さんのように
    夢中になっているものがないです。主さんのように「私はこれ!」
    って言える趣味があるってすごくステキだと思います。

    ただ、結婚する時は理解してくれなくてもせめて黙認してくれる相手
    じゃないと厳しいかなあ。自分の中で趣味がどれくらいの領域を
    占めているかにもよりますが、このまま結婚しても妻が趣味に対する
    気持ちを抑えるか・夫が理解できない出費にもやもやし続けるか、
    になりますよね。お互い辛いと思うんです。
    彼と結婚までお考えでしたら、結婚したら変わると主張するか、
    「そんなに好きなのか〜?」と呆れ半分に認めてくれるくらい
    テディへの気持ちを表し続けるか、ですかねえ。

    私だったら、自分が何してもぜ〜んぶ認めてくれる相手が
    いいですけど。

    ユーザーID:1863171343

  • コレクション癖

    コレクターの気持ちは、同じ「血」を持った人にしか、理解できません。
    私もベアは好きなので、価格は知っています。経済的にもスペース的にもコレクションには走りませんでした。作る方が好きだったし。

    私はコレクション癖はないのだけど、周りに多いので、トピ主さんの趣味を特殊だとは思いません。

    お人形コレクターの友人は、夫が「バイクを買いたい!」と言った時に、人形を2体差し出して、「オークションで売りなさい」と言った強者です。750ccの新車が買える価格で落札されたそうな。

    男性でもゴルフクラブ1本20万とか、鉄道マニアとか、カメラとか、お金のかかる趣味なんていくらでもありますよ〜〜
    経済状況が許す中で趣味として楽しめばOKです。
    同じタイプのパートナーじゃないと難しいですが。
    私は元夫が、収入を遙かに超えた金額を趣味につぎ込み続けたので、離婚しました。当然です。

    ユーザーID:1090074742

  • 程度問題

    趣味にお金を使うのが悪いとは言いませんが、そこは程度問題。
    彼が引くのはわかります。

    私は、何かをひたすら集め続ける人に引くのかもしれません。
    「物」に執着する精神に引いてしまうのかもしれません。

    そういう人がいるから、儲かる会社もあるのだけれど、
    もしも、私の彼が異常なほどの収集家なら、私も結婚はかなり考えます。

    そういう人がいやなのです。

    ユーザーID:9838306887

  • 昔の彼氏が

    趣味の車に散財していました。

    ほんと、何十万って飛んでいくのを見て
    「結婚は無いな」って思いました。
    付き合っている分にはいいですけど
    結婚となると考えちゃいますよね・・。

    結婚するとなると、テディベア貯金として
    毎月二万円くらいを積み立てて
    本当に欲しいときに買うとか。

    月二万くらいの趣味だったら
    全然OKだと思うんですけど。
    (もちろん自分で働いた分の小遣いで!)

    ユーザーID:2209255989

  • わたしはヨーロピアンアンティーク

    テディベアかわいいですよね。わたしもヨーロピアンアンティークにはまった時期がありました。版画やジュエリー、時計を集めて、結構お金を払ってました。イタリアに1カ月滞在したときは、買いたいものだらけで本当に苦しかった(笑)。その後、物欲が落ち着き、今はそれほど買っていません。

    敢えて自分から値段は言いませんが、「素敵な指輪ね」「ありがとう。これアンティークなんだ」「へぇ、高そう」「うん。ちょっと高いよ(笑)」などという会話はよくあります。具体的な値段を聞かれたら答えることもありますが、引かれた経験はありません。だって趣味ですもん。「ヨットが趣味」という人がいても、別に引きませんよね?

    ただ一言。わたし的には、その彼はちょっと。「趣味を続けるなら結婚を考えられない」ってひどくないですか? 別にガンガン買っているわけじゃないんですよね? 目標のテディベアを見つけて、貯金して、買う、ということであれば、全然問題なしだと思います。そこらへんをちゃんとわかってもらえそうですか?

    ユーザーID:5385056851

  • 悪いことなわけがない

    彼氏さん、「そんなもの」だなんてひどいですね。
    まさに価値観の相違ですね。
    趣味にお金をかける、何が悪いんでしょう?節度を持って楽しめばいい話。トピ主さんは貯金もあるということだし、一体数万もしても、頻繁に購入しているわけではないんですよね?


    車が趣味で車にお金かけたり、スノボが趣味で板にこだわったり滑りに行くのにお金かけたり、ブランドもののバッグ買ったり・・・何が悪くて何が良いのかなんて他人が判断することじゃないと思います。
    ようするにその彼氏は狭量で自分の価値観しか認めない人間ってことでしょう。
    トピ主さんのほうこそ結婚を考え直したほうが良いのでは?

    ユーザーID:3572184299

  • 論点は2つ

    趣味を持つこと自体は悪くないです。重要なのは、トピ主さんが結婚後に趣味のあり方をどうしたいと考えているかです。少なくとも「結婚前と全く同じ」では無理でしょう。

    論点は2つあると思います。

    1つは、彼との価値観・考え方の違い。

    趣味にどれだけお金を掛けるかについての普遍的な正解はありません。結婚前からこのようなやりとりがあるようだと、結婚後は趣味のことで喧嘩が絶えなくなる可能性大です。

    2つめは程度と優先順位。

    結婚すると、趣味より大切なことができます。家庭を守っていくことです。家庭と趣味を天秤に掛けたとき、迷わず趣味を諦められるかと言うことです。(迷わず、というところが大事です)

    具体例を挙げます。生活がどうにも苦しくなったとき、これまで集めたテディベアを売って生活の足しにできますか?あるいは子供ができたとして、その子供にトピ主さんが最も大切にしているテディベアを壊されても「仕方がない」と思えますか?

    上記の答えがNoなら、結婚はやめておいた方が良いかもしれません。

    ユーザーID:0378808739

  • 私にもある

    私にもあります。
    私の年、立場の者はこういうのに興味がないはずだ、というものに興味があって手に入れます。

    それは数万単位や数千円のこともあります。
    主婦である私がそれを好き放題買っていたらいろいろ家人から文句が出るでしょう。
    でも、他のものと天秤にかけるとどうなるのかや、我慢ができるのか、など、そういうバランスがいいので、それについて家人から文句は出ません。

    つまり良識の元、家計の割合などから鑑みて許容できる範囲だからでしょう。

    貯金ができるできない、の問題ではなく周りからして「このくらいなら」と思えるような雰囲気を作っておくことも大事です。

    「私の中では大丈夫だもの」ではなく「他人の良識の範疇」でやっていくことが一番なのです。
    「可愛い趣味だね」ではなく「固執している」と思われるとだめです。

    一人暮らしをずっとするならいいですけど、いずれ家族を持つならそこのところを考えるといいですね。

    ユーザーID:0405435197

  • 悪くはないよ

    シュタイフのクマ!気持ちイイよね〜☆
    私は32才になった今でもミッフィー(うさこちゃん)とタオルが大好きです。
    結婚前に数量限定で発売されたモヘアミッフィー…どうしても我慢できずに我が家へ迎えました。
    どなたかおっしゃってますが、結婚した今なら買ってないかもしれません。

    生き甲斐ではなく趣味の領域なら問題ないと思います。

    ユーザーID:7954126590

  • 限度を決めて

    借金までしてでも買う、買いたいでは困りますけど、基本的にどこにお金を掛けるかは人それぞれなので、決して悪いことだとは思いません。

    ですが、やはりお金のかかる趣味のある人は、先にも書いたように、借金してでもみたいな歯止めがかからなくなるのでは?という感じはあります。
    ですから、もし自分のパートナーとなる人がそういう趣味にお金を掛ける人だと、ちょっと心配というか不安にはなりますね。
    本当にお金が必要なときに、我慢ができるのかなど。

    トピ主さんも「大目に見てよ」ではなく、「お小遣いの範囲内だけにする(際限ないお小遣いはだめですよ)」「いくらまでにするから」とか一線をちゃんと引いているという姿勢を見せなければ、納得させることは難しいと思いますよ。

    ユーザーID:3434832961

  • 価値観はそれぞれ

    価値観はそれぞれですから、悪いとは言えませんね。
    問題は、どれくらいのペースで買うか、貯金、家計とのバランスだと思います。値段だけしかわからないから、
    それを買うために、あなたがどういう努力してるかわからないからというのがあると思います。例えばボーナスの一部で、あるいは毎月5000円とか少しづつ、そのテディベア買うための貯金して、年1回買ってるのか、
    クレジットカードの分割やリボでバンバン買いまくってるのか?
    あなたがそれを買うために、他のものを節約してるとか、
    まわりはわかりません。
    私にもそういう趣味があるけど、自分でルール決めて買ってるし、
    趣味に金かける分、服とか化粧品とか多くの女性に比べてそういうものには使いません。幸い夫は化粧が嫌いだし・・・
    不安に思われないように家計や貯金はちゃんと情報開示してます。

    ユーザーID:2678444690

  • 私も私も〜

    木彫りの熊や、焼き物の置物なんかが好きなんです。
    1体のお値段が結構してしまうので、頻繁に買えるようなものではないです。
    だからこそ、自分で稼いで、稼いだお金を貯めて買うのだと思っているんですが・・・

    私自身は無理のない範囲内なら趣味のお金は大事だと思っています。
    じゃなきゃ潤いのない生活ですよね。

    身の程にあった金額であればなんら問題ないと思います。
    年収2000万の人が車の趣味に100万つぎこんじゃった〜って言ってるのと
    年収300万の人が車の趣味に100万つぎこんじゃった〜では意味も変わってきますしね。

    自分の金銭感覚で、その人の金銭感覚までけなしていいのかどうか。
    背景もわからずにただ非難するだけは意味がないと思います。

    とはいえ、正直なところ、ケチな人 or 想像力不足な人には理解されませんね。
    金は貯めれるだけ貯めるもんだって人の価値観とは一生合わないとおもってます。
    こういうタイプは下手にでても一切理解してくれませんよ。
    私の夫や親族がそうです(泣)

    ユーザーID:2342111606

  • 結婚しても

    悪い事ではないが、収集続けるのだったら、もし彼も新たにそういう趣味に金をかける事に文句を言わないし言えない事を自覚する事は当然必要だろう。
    正直、結婚して以後妻から金のかかる趣味をことごとく「禁止」させられた大多数の男はトピ主のような人と結婚したかったと思うに違いない。

    ユーザーID:7700179292

  • 結婚するまでの趣味と諦めるか、それとも結婚諦める?

    お金の使い方なんて人に理解されなくても良いんじゃない?海外旅行が趣味の人だって何かモノが残るわけでもないし。・・・と思ったのですが・・・

    ただ、結婚するとなると別ですよね。

    うちの夫も結婚前はゴルフや飲み事で全然貯金がなかったけど今は月3万の小遣いでやってくれてます。不満もあるだろうけど子供が産まれ妻も一時的に専業主婦になったり教育費や家の購入をプライオリティの上位に考えざるをえなくなります。結婚するとはそういう事ではないかと。(家族に対する出費が第一で自分の趣味は最後尾に・・・老後資金も要るし)

    やはり、自分の言い分だけではダメなんですよ。相手との協調が必要になります、何事においても。逆に相手も「俺の趣味にも文句を言うなよ」と言い出したらお金なんて全く貯まりません。

    「結婚したら新しいベアの購入は一切しないから一緒に嫁に行かせて。お願い!」といってみてはいかがでしょう。それも嫌なら数十万なんて千円の感覚しかないようなお金持ちを見つけるしかないですね。

    数十万の積み重ねが数百万になるわけですから、しっかりした彼氏さんだなあと思いますよ。お幸せに。

    ユーザーID:2764731438

  • そんなことで結婚できないって言う男性と幸せになれる??

    ゴルフやオーディオ、カメラやヴァイオリンなど趣味はお金かかります。

    ではなぜテディベアなら悪いか?それは男性に理解されないからでしょう。
    自分はトピ主さんの趣味はすごく面白いと思います。

    そんなことくらいで結婚できないって言う男性と結婚しても幸せになれるのかしら??

    わたしの主人は趣味でかなりお金をかけているものが一つあります。
    結婚前からそうでした。わたしはうすうす気づいていました。
    彼は結婚前にカミングアウトしてくれました笑 お金がかかっていることを教えてくれたのです。

    確かに目の玉飛び出るほどの金額でしたが、楽しそうなのでいいかぁ、と思いました。

    一生懸命働いて稼いできてくれたお金を彼が好きなものに使う、
    家計に負担はかけないなら、わたしは良しとしています。

    子供がいないから出来ることなので、それはそれで楽しんでもらおうと好きにしてもらっています。

    テディベア、いいんじゃないですか?作るのなんてすごく楽しそう!

    ユーザーID:1865696432

  • 目利きが大事では

    一つはあなたの趣味にかけるお金と収入とのバランスが悪いんだと思います。もっと稼げるようにならないと。

    それから例えば一体50万円で買ったベアが、あなたが売ったらいくらで売れるのかも大事なことです。70万円で売れるのか、10万円で売れるのか、そこが大事な分かれ目ですね。

    掘り出し物を安く買って高く売る、あるいは自分でデザインして作って、高く売る、ぼろぼろのアンティークを修復して売る、なんてことができると、立派な趣味ですよ。そういう意味では、店頭にあるものではなく、どこかの家にしまってある掘り出し物を見つけるのも楽しいかもしれません。買い揃えるのはなく、本当の自分のお気に入りだけを買うということかもしれません。

    趣味への視野の幅を広げてみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:6402594039

  • 浪費だけの趣味は道楽です。

    私の趣味はウィンドーショッピング(?)
    その最大のポイントは『一番安い店探し』
    彼の趣味は鉄道(オタク)
    その最大のポイントは『安く便利な移動手段の新規開拓』
    二人の共通の趣味はお酒
    その最大のポイントは『リーズナブルで接客の良い顔なじみの店を増やす事』

    『趣味が高じて結果プラスになる』でなければ単なる道楽です。
    『ギャンブルが趣味』なんていう人のほとんどが道楽、という感じですね、
    テディベアは保存状態によって値上がりもありえますよね?
    それを狙っての収集と(嘘でも)言えば
    株に同じぐらいの同意を得られるのでは無いですかね…

    ユーザーID:3628971347

  • 結婚後、自制できるかどうか

    結婚相手の収入にもよりますが、結婚後も主婦が、お金の掛かる趣味を
    続けるということは、なかなか困難なものだと思いますよ。
    要は結婚後は、家計に見合っただけの域に収集の回数等を自分で自制できる
    かどうかだと思います。
    たとえ自分自身の収入があろうと現在のように趣味にお金をつぎ込むことは
    できなくなることは覚悟する必要はありますよ。

    魅力的なテディベアを見つけると手に入れずにはいられなくなるという
    状態なのでしたら、結婚を境にキッパリ止めた方が良いのではないかと
    思います。
    ところで収集の趣味って、それを購入して手に入れることに喜びを見いだして
    いるわけですよね?テディベアに限らず、収集するものの価値を他人に理解
    させることは難しいことですし、ちょっと不健康な趣味であることは自覚された
    方が良いと感じます。
    男性がモデルガンの収集にお金をつぎ込んでいると聞いたら、引きませんか?
    購入して飾っておくだけの趣味って、そこから発展することがないわけですし、
    個人的には、あまり賛成は出来ない趣味かな。

    ユーザーID:2035761200

  • 悪いことじゃないと思う。

    趣味にお金を使うことはいいことだと思います。
    自分も給料の半分以上は趣味に消えていると思うし、
    そのおかげで仕事もがんばれます。
    こころ豊かな生活が送れてると思います。
    それに収集する趣味って悪くないと思いますよ。
    物に価値を見出せる人なんだと思いますし、それって素敵です。
    私はトピ主さんに賛成です。
    生活を削ってまでやられたら、正直引きますけど
    バランスとれてれば静観します。
    私はパートナーになる人にそういう趣味があってもよいと思います。
    静観してくれる人と結婚した方が幸せになれるかもしれませんね・・・

    ユーザーID:7493019957

  • 理解は得られにくいと思う。

    骨董品、レトロおもちゃ、フィギュア、鉄道模型、切手、絵画、宝石、ブランド品・・・

    世の中には星の数ほど”コレクター”の方がいらっしゃいますが、
    同じ分野のコレクター以外からは理解は得られにくいものだと思います。
    興味のない人から見れば「そんなものに○○万円?!」って感覚ですよ。

    コレクションというのは、費用対効果の薄い趣味だという事を理解しておくべきだと思います。

    でもせっかくだから、トピ主さんご自慢のテディベアの写真や作り方や歴史をわかりやすくまとめて、ネットに公開してみてはどうかな?
    資料的価値が高まれば書籍の執筆依頼がくるかも!

    ユーザーID:5685420611

  • 柔軟性と節度を持って

    別に悪いことではないと思うんですけど、配偶者の理解が簡単に得られないケースもあるでしょう。

    逆に考えて夫が無類の車好きだとします。お金のかかる趣味だし女性である妻にとっては理解しがたく、そんな金あったら生活や貯金にまわしてくれーと不満に思う・・・という話はよくあって想像しやすいです。趣味の対象と金額は違いますが、多分彼氏はそんな気分なのでしょう。

    解決策はやはり事前にしっかりしたルールを話し合うことでは。例えば趣味は自分のお小遣いでできる範囲でとか、自分のパート収入の範囲でとか。生活を脅かさない安心とけじめを約束してあげてはいかが。そして趣味にお金を使うことは何が何でも譲らないという強行な態度は、相手に不安を与えるでしょうから、子供の教育費や家のローンなどで大変な時などは、もちろん控えるか場合によってはやめると、歩み寄る柔軟さも見せてあげては。

    だってもし結婚前に、車好きな彼が何があっても絶対に趣味は譲らない!って強行に主張されたらいささか不安になりません?決めた範囲で楽しむし、家計が大変な時にはきちんと控える、この節度があれば反対できる理由もないと思うのですが。

    ユーザーID:5927415471

  • 趣味は家計に持ち込まない

    どんな趣味でも、理解できない人からしたらお金を捨てているように見えるでしょう。
    相手の趣味にひくのもついていけないと思うのもしかたないと思います。

    私も独身時代は夫とは合わないとある趣味で一財産使いました。
    けどそれを夫に理解してもらおうと思いませんし、もちろん結婚してからの家計を使ったりもしていません。

    毎月のこづかいの中からちょびちょび、あるいは月いくらかずつ貯めて、使う額は減りましたが今も続けています。
    当然、口出しされることもありません。

    トピ主さんは家計から出そうと思っているのですか?
    そうでないなら何の問題もないと思います。

    ユーザーID:0137403936

  • バランスの問題では・・・

    他の多くの皆さんもおっしゃっている通り、趣味にお金を使うことは、全く悪いことではないと思います。むしろ、豊かに人生を楽しむことにつながるので、すばらしいことだと思います。

    でも、親も引きつったり、友人に言ってもドン引きされるほどのお金のかかる趣味ということは、「趣味の領域なんだから多めにみてよ〜」だけだと、難しいでしょうね。

    もちろん、月々の貯金もできている、生活に負担を掛けるほどではないとおっしゃっていますが、独身時代と結婚後はかなりかかるお金が違います。今は貯金もできるし自分ひとりの生活はまかなえていても、それとはまた随分状況が違ってくるわけですから、結婚後の生活に負担がかからないような趣味の範囲に抑えることができるかどうかをはっきり伝えることができるかどうかだと思うのです。

    要するに、月々の収入と、それに対する必要経費(化粧品や服など)そして趣味にいくら使っているのかの、全体のバランスの問題だと思います。収入次第ですが、通常のお小遣いの範囲でやっている趣味ならば、全然OKですから、全体の収支を見せながら彼氏さんを説得してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:7750583600

  • 悪くないですよ。よく話合ってくださいね

    趣味を持つことは素晴らしいと思います。テディベア可愛いですよね。変わった趣味だなんて思いません!でも興味がない人は「テディベアに数万円もの価値があると思えない=無駄遣い」と感じてしまうのかもしれません。彼もそう感じているのかも・・・

    理解しようともせずトピ主さんの趣味を完全否定し、結婚できないなんて脅し文句を言う彼は良くないです。彼との結婚を考えているのでしたら、毎月貯金していることや きちんとやりくりしている事を伝えてトピ主さんの金銭感覚を理解してもらうしかないですね。頑張って下さい!

    ユーザーID:6238402713

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧