• ホーム
  • おしゃれでなくちゃ女としては駄目なのかな?

おしゃれでなくちゃ女としては駄目なのかな?

レス67
(トピ主3
お気に入り67

美容・ファッション・ダイエット

アスナ

レス

レス数67

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 超おしやれではありませんが・・・

    30歳派遣OLです。
    おしゃれ嫌いではありませんが、正直めんどくさい・・と思う自分もいます。

    でも仕事に行くときや休日外出するときは、ある程度きれいな服を着て、化粧もします。

    そのほうが、いろいろな方が親切にしてくれるからです。

    特に男性に親切にしていただける気がします。

    一時期、あまり女性らしい格好をしない時期がありましたが、
    なんだか男性が冷たいな〜と感じたので、結局女性らしい格好に戻りました。

    女性らしい格好に戻ったとたん、面白いくらい男性の対応が変わりましたよ。

    やっぱり手間だけど、多少はおしゃれしたほうが、自分に返ってくるものが大きいと思います。

    ユーザーID:3629972695

  • 私も八重さんと同じ環境でした。

    やっぱり私も八重さんと同じ様に太っているコンプレックスの裏返しで人間は内面が大切と強く思っていて(勿論内面も大切です。)外見を磨く努力をしていませんでした。

    自分を変えるきっかけは太っている私でも写真より実物のほうが可愛いと言ってくれた人がいました(奇跡かと思いましたよ)心なのか頭なのか体のどこかに埋もれていた「もっと綺麗になりたい」という女心が目覚めたのです。

    それからは食事管理をしっかりとしてジムに通い1年間で14kg減に成功。健康だし、体は軽い、ファッションも楽しめるし何よりも一つの事を成し遂げることができた自分に自信がつきました。
    友達からも生き生きとして輝いているととっても嬉しい言葉も頂き努力すれば報われると身をもって体験しました。
    今では彼氏もでき楽しい毎日です。

    男女関係無く自分磨き(内面、外見)って大切なんだと思います。

    ユーザーID:6812285779

  • 自分を磨く女性

    化粧やファッションに気を遣っている女性というのはすごく魅力的です。
    ただ単にルックスが魅力的になるというばかりでなく
    その人の考え方もポジティブな印象を受けます。
    自分自身を表現する一つの手段として、その人の個性にも繋がると思います。
    そういう女性って男から見たらすごく素敵ですよねー

    トピ主さんは今のところお洒落に特別感心を持たれていないようですが
    もしかしたらある時突然お洒落に感心を持つようになるかもしれません。
    自分が身につけているあるものを褒められて急に感心を持つようになったとか、
    そういうケースはままあると思われます。

    だから今の時点で無理にお洒落をしなくてもいいと思います。
    ただ何かの拍子にお洒落に気を遣うようになったら
    その時からすごくポジティブで輝いてみえるようになるかもしれませんね。
    個人的な意見ですが。

    ユーザーID:6820216126

  • 必要なのかな?

    結婚されていて、ご主人から何か言われているわけではないのですよね。。
    だったら、別に無理してお洒落しなくってよいのでは?
    男性ってお洒落に疎くて、女性の美への執念を理解できない人が多いですよ。
    見かけ重視で伴侶を選んだ人ならともかくとして、一緒に生活する相手なら、ダイエットでイライラされるのは嫌とかお洒落にかける費用や時間がもったいないって思う男性のほうが多いような気がします。

    ユーザーID:6947810873

  • おしゃれ は楽しい けど 面倒

    私は20後半ですが、おしゃれをする事が苦手です。学生時代はお化粧をはじめるのも遅かったくらいで…。
    分かってはいるんだけど、出来なくて 困ったものです。
    嘆異鈔 きちんとよんで下さいね。

    ユーザーID:5101806071

  • 美容・ファッション・ダイエットランキング

    一覧
  • それでも

    綺麗と言われるのは嬉しいものです。その言葉でまた頑張れるみたい。もちろん外見だけでなく内面も大事ですけどね。
    美しくなるのにお金をかけるかけないは各々違うと思います。ただ、おしゃれって楽しむものではないでしょうか。知識を身につけ、ステキな色や服を選んだり、毎日お手入れして綺麗になっていく過程を面倒とかもったいないという考えは私にはないです。習慣なんです。だからこれが私の自然体。
    無理をしたって美しくなんかないです。トピ主さんはその必要性を感じてないならきっかけを無理に探さなくても良いと思います。それがトピ主さんの自然体だと思うので。

    ユーザーID:6869244121

  • わかります… 3

    最後です。長々すみません。

    1年も経つころには周囲の評価(男性の、ですが)が
    がらっと変わり、いきなりちやほやされるようになりました。

    以前の私なら
    「男なんて所詮女の外見しか見ていないのね」
    くらい思ったかもしれませんが、

    今は
    「外面は、内面を映すもの。
     外面も含めて、私自身なんだ」
    と思うようになりました。

    内面が変わったから、男性の評価が変わったのだと。
    (ちなみに、女性の変化はありません)

    そんなわけで、トピ主さんの「努力してもしょうがない」という
    考えも理解できます。
    けれど今は、自分自身が納得して気持ちよくいられるために、
    おしゃれすることは必要だし、楽しいと思っています。


    ちなみに、その、好きになってしまった男性とは、
    いま、とても仲良くおつきあいさせていただいております。

    ユーザーID:0851473500

  • わかります… 2

    そんな私が変わるきっかけになったのは、
    ありがちですが、恋でした。

    太っていて、見た目は悪かったのですが、
    変わり者の私を面白いとつきあう男性は
    何人かいました。
    しかし、なんというか、

    ああ、この人は私のありのままを好きでいてくれるんだ

    という幻想(というか、努力放棄の怠慢なのですが)を抱ける
    お気軽な恋だったように思います。

    好きになってしまった人は
    当初私のことは
    好きでも嫌いでもない状態だったと思います。

    この人のことが本当に好き。
    この人に振り向いてもらうためだったら何でもする。

    と、勝手に恋に落ちてしまった私は、
    今思っても本当に涙ぐましい努力を重ねました。

    努力をし出した当初は、周りの男性に揶揄もされました。
    けれど、「あなたに何を言われようが関係ない。
    好きな人に認められればそれでいい」と思うことができ、

    結果、1年で10kg近く痩せ、

    痩せるごとに着られる洋服の幅も広がり、
    おしゃれが楽しくなり、
    メイクも勉強するようになり、
    好循環が生まれました。

    続きます。

    ユーザーID:0851473500

  • わかります… 1

    私も30代です。
    分かります。

    私の場合、30歳までおしゃれに全く興味がありませんでした。

    えぇと、なんというか、
    「人間は本質が大事。
     擬態(わぁ)することで本質を隠し
     周囲を欺くことはよくないことだ」

    という価値観をずーっともっていまして…(青かった…)。

    ありがちなことですが、マザー・テレサを尊敬していたりもしてました。
    (…恥ずかしい…。…いや、マザーが偉大なのは当然ですが、
     マザーに憧れていた自分が恥ずかしい…)

    要は、周囲を見下していたのですよね…。
    いやもう、思い出すと本当に恥ずかしいです…。

    さらに、太っていました。
    太っているコンプレックスの裏返しの思想だったような気もします。
    センスも悪かったし。
    当然もてませんでした。

    そこまでコンプレックスの固まりだと、
    きれいになるための努力も、できないんですよね。
    「私なんかが努力しても、あいつが努力するなんてかっこわるい」
    と周囲に思われたらどうしようって、恥ずかしくて。

    続きます。

    ユーザーID:0851473500

  • 私はしたいけど…

    私はどちらかというとおしゃれしたい派です。
    いい歳なのに、ついつい若作りになってしまいそうになるので、気をつけています。

    でも、人柄に、外見は関係ないと思います。
    価値観の問題もあると思う。
    私の場合、自分が身なりに気をつけたいからそうしているんです。
    おしゃれじゃない人を見ても、それだけで敬遠することはありません。
    それに、おしゃれでも人柄のいい人もいれば、そうじゃない人も。

    私は身なりに気をつけたいほうですが、夫はそんな私を見て「着るものなんてなんでもいいんじゃない?」と思っているようです。

    トピ主さんもご主人も、身なりを気にしないのなら、別に構わないと思いますよ。

    もちろん、TPOは大事だと思います。
    ただ、「主婦仲間なら」、人柄さえ良ければ、身なりはあまり気にならないです。

    ユーザーID:3059083744

  • あなた次第で

     いいんじゃないですか?私はむしろ昔から小じゃれた格好をするのが大嫌いだったので、子供を産んだ今「子供がいるとなかなかおしゃれできなくて〜」とかむしろ言い訳できるのでホクホクしています。おしゃれじゃないからってなんの引け目も感じません。そんなことで相手を低く見るような人なんてどうでもいいし。

    夫も、私がこういう正確なのは百も承知で結婚したはずなので、私におしゃれすることを少しでも強要しようものなら、ぶん殴ってやります(いや、本当に殴りませんが。っていうかそんな薄っぺらい言動をする人ではありませんが(きゃっ))それで浮気なんて論外ですね。勿論清潔感だけには気をつけていますけどね。あと髪型と。それと、仕事や冠婚葬祭などのときはおしゃれというか、必要最低限着飾っては行きますが。

     トピ主さんはおしゃれしたいんですか?したくないのでしょうか?タイトルを見ると後者で、中身を読むと前者、って感じですが。もっと肩の力を抜いて、おしゃれしたいなら少しずつ努力すればいいし、したくないならしたくないで、もっと「おしゃれしない自分」をたのしめばいいのになあ、と思ってしまいました。

    ユーザーID:5244462524

  • やはり仕事を始めてから

    仕事始めてからおしゃれに気を遣うようになりましたね。
    といっても、人からおしゃれと言われることなどない程度ですが。
    マナーとしての最低限のおしゃれって感じでしょうか。

    女はおしゃれじゃないと駄目とは思いませんよ。
    何を女らしさと思うかはそれこそ人それぞれで、赤の他人が決めることではないと思います。
    優しさ、母性、おしゃれ、気の強さ、性的色気等、女らしさの要素はそれこそ沢山あります。その人が自然に大事にしたいと思うものを大事にしていけばその人にとっての”いい女”なのだと思います。
    男の人も同じで、必ずしも女の保護者的な要素が一番とも思えません。社会的地位や経済力も二の次の男性もありでしょう。

    より良き人間になる為に努力は必要だと思いますが、無理は必要ないのでは?

    世の中の男性すべてがおしゃれな妻を望んでいる訳ではないです。
    無駄遣いをせず、地味でも多少のおしゃれのおしゃれを心掛け、いつも清潔な服を着ている妻を大事に思う夫もいます。
    心配なら、一度旦那さまに「もう少しおしゃれにした方がいい?」と聞いてみてはどうですか?

    ユーザーID:9483484137

  • 立場・TPOによる

    私もトピ主さんのように思っていました。
    男性に「選んでもらう」ため、「私の方が・・・」みたいな女性同士の醜い比較対象になるために、こんなことをしなくてはならないなんてと考えていました。
    でも、オフィスにスッピンにTシャツのような立場とTPOに合わないことをするのはマナー違反なのかなと最近思うようになりました。
    マザー・テレサのような修道女たちやは化粧をしないことが一般的ですが、誰もそれを悪く言う人はいませんよね。
    おしゃれにかけるお金がないということもあるかもしれませんが、だからといって不幸そうにも見えません。
    だから、「女だから絶対に美しさを誇示しなくてはならない」という強迫観念に駆られることもないとは思いません。

    ユーザーID:9552937359

  • そして娘の立場より

    私の母はもうすぐ60歳です。
    おしゃれには無頓着というか、スキンケアにのみ力をそそぎ、お化粧を滅多なことではしません。
    美容院にも行かないし、白髪のままのボサボサ髪。
    とんでもない格好で買い物に行きます。
    「もうちょっと気をつけたらいいのに・・・」と思います。

    先日、彼のお母様(60代半ば)がスポーツの試合に出るというので応援に行ったところ、
    髪はきれいに整えられていて、お化粧もされていて、おしゃれジャージに身を包み、
    どう見ても50代半ばなので驚きました。

    無頓着な母を、こんな理由で嫌ったりはしませんが、
    正直もったいな〜い!と思います。

    ユーザーID:8997589118

  • プロのメイク

    私は昔、おしゃれは悪いこと、くだらないこと、時間とお金の無駄だと思っていました。
    そのように育てられたからです。

    ですが気付いたら私も社会人。お化粧をするようになりました。
    数年後に転職した先は銀座のある会社。おしゃれに気を遣わざるをえなくなり、遅まきながら興味を持ち始めました。
    そしてある時、プロの方にメイクをしていただく機会があったのですが、
    「これが私?!お姫様みたい!!」と言うほど激変していたのです!!
    その頃にはおしゃれが大好きになっていたので、メイクレッスン講座(1日コース)に行ってみました。
    効果覿面、私も「きれいになるって嬉しいし楽しい!」と大喜びです。
    彼も、外見にも気を遣っていた方がいいという考えで、大喜びしてくれました。

    それに、私も念入りにおしゃれして外出したら余分にサービスを受けた経験が何度もあります。
    ダイエットもしていないし高い化粧品も使っていませんが、
    モチベーションが上がる、サービスを受ける、何より彼が大喜び…という効果を期待して
    外見を磨くのもいいな、と思っています。

    ユーザーID:8997589118

  • 鏡の中の自分が綺麗に見えると元気がでます!

    おしゃれでなければ女性としてダメか、と聞かれると、野性的な女性の方が好きな人もいるので、一概に言えないと思います。
    私も、すっぴんでノーメイクの頬がつやつやな女性って、すご〜く可愛いと思います。(本気でそう思っているので、自分も口紅以外はノーメイクです。)

    おしゃれの基準がどこにあるのかも人それぞれと思いますが、私は鏡の中の自分が綺麗に見えると元気がでます!

    仕事がうまくいかないときも、鏡を見て「がんばれ!買ったばかりのブラウスにふさわしくないぞ!」と自分を励ましています。
    会社でいじわるされて泣きそうなときも、「笑った顔の方がイケてるじゃないの。泣くんじゃない!」と自分に言い聞かせているくらい(笑)
    毎日、無事に働き続けるためにも、精神衛生上おしゃれは必要です。

    だから、私にとっておしゃれは、自分のためにする感じです。
    彼のためにきれいになろうと思う日もあるけれど、彼と別れて次の人を探す日のためにも、きれいでいなくては、な〜んて思ったりしてます(笑)

    蛇足ですが、仕事が厳しいので胃がどんよりすることが多く、自然に体型は維持されております。

    ユーザーID:9444546936

  • ものすごく昔のことですが…

    天然パーマにニキビだらけの顔、中学時代はこんな自分なのでおしゃれだの外観磨きだのってどうでもよかったです。
    でも、やっぱりどこかで自分にとって納得のいく見た目になりたいなと思っていました。

    今は化粧も服を選ぶのも大好きですね。
    苦痛とも面倒と思ったことは一度もありません。
    「こうすればこうなるのか!」と、やっただけの結果がついてくるのにただただおどろいて、おもしろくて今に至ります。
    そして、自然と生活習慣になりました。

    こうなるまでは1つ1つが積み重ねだった気がします。
    縮毛矯正してみたら「あれ?なかなかいいじゃない?」
    年頃が終って吹き出物が治まったら「なんかみれる顔になった。」
    日焼けが気になってきたのでベージュ色日焼け止めを使ってみたら「あ!なんだかいいな!」
    つぎは口紅、次はアイシャドー、次はマスカラ…と、階段を上るような感じだったと思います。
    ちなみに洋服もおんなじでした。
    努力とも思っていませんね。

    トピ主さんにとっては面倒な事なのでしたら今のままでもよいのではないでしょうか。
    こういったものはおそらく個人差があるのかなとおもうので…。

    ユーザーID:9380298655

  • 外見はその人の価値観

    おしゃれはその人の価値観だと思います。私の場合、自分に似合う服、好きな靴に囲まれていると心が和むんです。おしゃれが生活の一部になっている人には、おしゃれをしないことがむしろ苦痛なのではないかと思います。

    ユーザーID:2383846427

  • 「50代」さんの「あとで取り戻すのも新鮮で効果的」に一票!

    私は47歳で事情あって化粧品一式を揃えたことをきっかけに、
    「とりあえず高くついたから使い切らないともったいない」と
    お化粧を開始。
    するとデパートへ行っても、おしゃれなシャツに目が行く。
    そのシャツに似合う靴を買う。
    今やすっかり周囲から「マダム」と呼ばれています。

    こんな私も若かりし頃から、ついこの間までは
    「化粧とはひとえに男性に媚を売るための仕掛けである!」と反発し、
    よほどのイベント以外は、ほぼノーメイクで通してきました。
    服もジーンズとTシャツにジャケット。
    飾らないことが一つの信条でした。
    仕事を続けてきたこともあり、
    「私の中身を見てほしい」と、必要以上に突っ張っていたのでしょう。

    ただ40代後半になると白髪や肌のくすみも目立ってきます。
    自分自身、それでは楽しくない。
    おしゃれをすると自分の気持ちが浮き立ちますし、
    この年齢でも、やはり男性の反応は明らかに変化します。

    ふとしたきっかけで自分自身が楽しくなるし、周囲の雰囲気も明るくなる。
    そう思うと、女性の身だしなみって自分と周囲への「思いやり」なのかもね。
    頑張れ〜。

    ユーザーID:7742232414

  • 分かるなぁ…(今年、出産しました)

    >独身でも結婚して子供を産んでもダイエットしたり綺麗な人が多いし
    努力をする事があたりまえって感じです

    そうそう!私は子供生まれる直前まで働いていて、私服の会社だったのでお洒落にも気を使い、無言の女性同僚のファッションチェックにも疲れ、もう子供産んだら服もカジュアル満開で行こう!ユ○クロで十分だし、赤ちゃんもいるし許されるよね?と思っていました。

    しかし、近所のママさんの綺麗な事! スリムでお洒落!
    30代には見えないし、焦りました。

    ダボダボな格好や育児に疲れた格好してると、その時点で「なんか負け!」的な感じとなり人によっては、ぞんざいな扱いを受ける場合も…。OL仲間よりもチェック厳しいし、下手するとOLの人よりお洒落!

    正直、子供がいてもダメなんだ、楽できないんだ、見当違い。
    もう嫌だな〜と思いましたよ。私も心の底ではトピ主さんと似てる
    考えなんで。

    今は夫の為とかでなく自分の為にママ雑誌とかみて研究してます。
    内心、嫌々です。けど、育児に疲れてる?とか冴えない人って思われたくないですからね。
    もう、解き放たれたい!と思いますけどね…。

    ユーザーID:2747229139

  • 年齢と共に必要になってくるものかも。

     こんにちは。 私も30代でトピ主さんと同じで全くメーク・おしゃれに無頓着な人でした。

    でもここ最近・・ですか。30代も半ばになって20代のように何着ても若さでカバーできる時代は終わったなっていうのはほんと、実感してますよ。

    もう肌の質感から違う。10〜20代の人の肌の状態を見てその後自分も見た時のショックはもう怪談物語ですよ。

    その頃からですかね、「ああ、すっぴんが見苦しくなる年齢になりつつあるんだなぁ」と。 いや、すでになってるかも(笑)

    さらに私の友人が「どうしてあなた達、友達同士なの?」っていうくらいおしゃれな子でメークもプロ並みにうまいんです。

    メークを自分で常に研究している彼女にとって私は格好のターゲットでたまに彼女の実験台にされます。

    ああしたら、こうしたら?と彼女からはアドバイスをもらい、メークしてもらった自分を鏡で見るたびに

    「・・メークってけっこういいもんだな。」と。 特に眉、目元は格段に洗練されて見えるものですよね。

    彼女には感謝してます。 そういうお友達がいると良い刺激になると思いますよ。

    ユーザーID:1454263239

  • 必然です

    三十路に仲間入りしたてのゆうこです。

    私、大学出るまで清潔で質のいいものは着ていたけどおしゃれしてませんでした。
    変わったのは仕事をするようになってからです。
    だってすっぴんはマナー違反。営業なんて見た目の印象で成績まで変わってきます。今は職場のPC/ネットワーク関連の仕事でよく手を見られるので、荒れた手を見せて不快感を与えないよう指先のケアがかかせません。
    よその会社からの出向も多い職場なので、仕事を円滑に進める為に見た目はいいに越した事ありません。
    私にとっては全て「必然」です。職場で沢山の人と接するわけですから、マナーの範囲です。
    周りの反応が変われば、自分が変わります。そうやって変わってきて今ではおしゃれ大好き人間です。

    あとダイエットですが、ジャストサイズの服を着ているだけで体型維持程度のダイエットなんてあとからついてきます。
    因みに痩せていなくてもおしゃれや化粧はできますよ。

    ユーザーID:0274064780

  • 中身も外見も磨きたい

    私の場合は、オシャレやお化粧が手抜きの時は、気分が冴えません。知ってる人とバッタリ会ったらイヤだな、と伏し目がちに。
    というか、気分が凹みがちの時は、オシャレする気力も萎えるのかも?

    トピ主さんは、オシャレせずとも、明るい気持ちと表情で日々過ごせていますか?それならそれで良いのかもしれませんが・・・。

    私は、服もお化粧も髪も、年齢と共に手をかけないと、見苦しくなりがち、と焦りを感じつつも、ここのところ、半分捨て鉢状態。凹みがちな内面が外見に繁栄されているようで、マズイと感じていました。
    体重も、落とさないと。(汗)

    私には、夫以外にも、年齢性別問わず、不特定多数の人に褒められたいという下心?があります。若いとか、可愛いとか、素敵とか、もっと言って〜!なんて。(笑)

    丁度、来年の抱負を何にしようかと考えていたところでした。
    自分自身が元気で生き生きしていられるように、「来年は、オシャレをして、中身も外見も磨く!」を掲げようと思います。
    トピ主さんも、ご一緒にいかがでしょうか?

    ユーザーID:1930942452

  • ちょっとだけ気をつけてみる

    最初から大きな目標立てて全力疾走したら継続しません。「おしゃれでなくちゃ女として駄目」と思うのではなく、まずは「新しいヘアスタイルに挑戦」とか簡単にできるイメージチェンジをしてみてはいかがでしょう。それで旦那様や周囲のうけがいいと、次は...と、考えるのが楽しくなりますよ。

    見た目だけが全てとはいいませんが、見た目を軽視するのも変だと思います。 例えば、いつもの料理をお子様ランチ風に旗を立ててだしたら、子どもさん喜んで食べませんか? 食器や盛り付けを変えただけでいつもよりおいしく感じるってことがあるでしょう。 

    いつもストレートな髪を今日は巻いてみよう、アップにしてみよう、とかいつもと違うあなたになってみる、そんな小さなことでいいと思います。

    ユーザーID:7333787671

  • わかります〜(共感と言う意味ではなく)

    私は身なりをかまうのが最大の趣味。
    幼い頃から洋服やメイクに異常に興味があり、
    ええ年になった今でも、
    人を観察したり自分をかまったりしまくってます。
    その経験から言えるのは「オシャレって本当に面倒くさい!!」

    例えば今日カラータイツを買いに行ったのですが
    「ブルーのタイツ」とひとことで言っても
    色のトーンから質感、厚さ(何デニールか?)、透け感、
    つま先の処理の仕方、手洗いしなきゃいけないかどうか……
    山のようにチェック項目が。気に入っても高すぎたら買えないし。

    こんな事を、すべての女性がやるべきだなんて、言えないよ!!
    って、いっつも思いますよ。
    時間の無駄だぁー!この時間と金を使って、
    ボランティアでも温暖化防止運動でも何でもしろよっと思いつつも、
    オジサンの釣りとかと同じ、嗜好つうか趣味なんでやめられず。
    モテたいとかそーゆーのは通り越してます。
    男性は、得てしてオシャレしすぎてない人の方が好きなもんだし。

    長くなりましたが一つだけアドバイス「髪型、清潔感(服にしわが寄ってないか、毛玉や汚れがないか)、姿勢」で充分なはずです。

    ユーザーID:6054558471

  • 二回目です

    主さーん!レスうれしいですが、私は太り気味です!(笑)小学校の時太っていて、中学高校と痩せていました(自然に痩せました)けど結婚したらぷくぷくと大変なことに(泣)
    スキンケアと服でごまかしています(笑)お肌はスキンケアと日焼け対策で自分で言うのもなんですが、きれいってよく褒められますが、ダイエットはどうしても三日坊主なんです。

    痩せて綺麗になりたいなあ(苦笑)

    綺麗ってようするに自分を好きになる!ための行為の一つだと思うんですよ。
    自分の体や顔を丸ごと受け入れるっていうか。

    心は人間関係や本や勉強で磨けますよね?外見もそれと同じなんじゃないかなと思います。

    偉そうにすいません。もし綺麗になる作業が苦痛なら、今は無理はしないほうがいいですよね。
    やりたくなったらやればいいのですよ。やりたくないときはやらなくていいです。リラックス♪ね!

    ユーザーID:8735598021

  • 更年期前から励むのもいいと思う

    洋服や靴その他、ある程度はお金がかかるし、お洒落に興味がない奥さんって
    ダンナさんにとっては悪くないと思うんですよ。何より金がかからない!
    それに化粧は肌を痛めますし・・・しないで済むならなるべくしない方がいい。
    日焼け止めも最低限にして、クレンジングも最低限にして・・・お肌に年を取らせない!
    他の人が使う化粧の時間を、素肌の手入れに使えばいいんじゃないかしら。(パッティングとか)
    それで、40代半ばぐらいからお化粧も含めたオシャレを頑張ればいいんじゃないでしょうか?

    私は50過ぎてからマスカラ等を使うようになり、何だか楽しい。
    ファンデーションもリキッドに変えて研究中。髪の手入れも大好きで髪型も研究中。
    30代で目一杯おしゃれするのもいいけれど、あとで取り戻すのも新鮮で効果的ですよ。

    70代後半の母が言うには、私が顔を出すと色んなところで扱いが違うと(良くなるらしい)。
    男性だけではなく女性のスタッフからも丁重に扱われると言います。
    社会的地位がなくても若くなくても、さほどおしゃれでなくてもキレイにしておくことは
    お得だと思います。

    ユーザーID:3203821093

  • もっと気楽に

    お洒落というか、清潔感を出すようにはしています。

    ダイエットも、痩せて綺麗に、というよりは、健康の為にします。

    化粧も、自分に似合う色や、顔の印象を良くする物なら、つけます。身だしなみ程度ですね。アクセサリーも同様です。あまりに高い物は、買いません。

    服も、体型に合っていて、デザインや色が似合う物なら、いいんじゃないでしょうか。

    あまり気負わず、ご主人に似合う物を探してもらうとよいのでは?

    ユーザーID:3759868740

  • 決定的な理由

    努力するかしないかなんて、本人の問題なんで、好きじゃないのに無理に努力することもないと思うし、興味が無いことはできないと思います。

    個人的に「決定的な理由」と思っているのは、「サボるのは簡単。でも元に戻すのは難しい」からかな。

    太るのは簡単、でもやせるのは難しい。
    太るのは簡単、でも着れなくなる服が増えるのはいや。
    肌の手入れをサボるのは簡単、でも荒れた肌を元に戻すのは時間もお金もかかる。
    あとからの手間を考えると、日々の些細な努力の方が楽だと思うから。

    ちなみに、私、お菓子は結構食べます。
    甘いものが無い生活は考えられません・・・。

    ユーザーID:5219817331

  • 善人なおもて往生す・・・?(笑)

    27日のトピ主さんのレスを見て、しつこくてすみませんが、再レス入れさせていただきます。

    >綺麗な人たちの中に入って行ったら気をつけられるようになった

    ええと、前の私のレスが説明不足でいけなかったのですが、
    美しい人たちに揉まれて「鍛えられた」という意味ではないのです。

    親鸞の「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」
    (善人でさえ往生できるのだから、悪人はいうに及ばない=往生できる)
    みたいな感じで(笑)、
    「モトからすでに美人な人たちが、美容やファッションに努力をしているのだから、
    ブスな私が努力しないのは、おこがましいのではないか(=努力して当然)」
    と思ったということです。(笑)

    ユーザーID:3226647346

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧