母親を好きになれない自分も嫌い

レス7
(トピ主1
お気に入り15

心や体の悩み

みどり

子供の頃から母から過保護に育てられ、また母はずいぶん過干渉だったように思います。
母は感情的になりやすい性格で、ヒステリックな声をあげたり泣いたりします。子供に対して、ここまで育ててあげたのだからと見返りを求めるような事も言います。
とても負けず嫌いで頑固な人で、私が学校でいじめにあった時は、「学校は勉強するところだから友達はいらない」と言ったり、失恋して泣いてる私を「そんなことくらいで泣くな」と叱ったりするような人でした。父と不仲で父と口もきこうとせずに、私は父の悪口を聞かされるのも辛かったです。
私は進学のため家を出て別々に暮らしているのですが、母親なのでやはり寂しい思いはさせたくないし、時々は実家に帰り親孝行もしたいとは思うのですが、10代の頃のいろいろな出来事は忘れられないし、今でもそういう思いをさせられることも度々あるのでなかなかうまく母親と付き合えません。そして何より、大人になり私が母と全く同じ性格になってきたのです。反面教師にしてきたはずなのに。こうなるのがよくないと知りながらこんな風になってしまう自分の弱さも、母のせいにしてしまう自分が嫌いです。

ユーザーID:8749223886

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 嫌いな所は数えない!

    みどりさんは幼い頃の事を聞いた事は有りませんか?例えば、高熱を出して意識が朦朧として居る時が有ったかも知れませんよね?そんな時にお母様はどうされたのでしょうね。きっと、我が子を前に「自分は死んでも良いのでこの子の命はお助け下さい!」と祈ったのでは有りませんか。それは今でも同じで、いつも貴女の為に何かを考えて呉れていると思いますよ。
    お父様との確執や仲たがいも有るでしょうが、貴女に愚痴をこぼす事で解決して来たのかも知れません。夫婦と言えども人間ですから、いつも仲良くと言う訳には行きませんし、まして生まれも育ちも違った二人が一緒に居れば大なり小なりこんな家庭にはなって当たり前では無いでしょうか?それでも、たまに気の合った時に何かを一緒にするだけで落ち着くのは夫婦だけの特権かも知れませんね。
    貴女が嫌う母親の性格って、それは誰もが持って居る「好き嫌い」と言う人情や感情であって、決して遺伝した物では無いと思いますよ。
    世の中には似た者同士と言うカップルは居ますが、だからと言って仲が良いとは限りません。人それぞれ良い所と嫌な所が有って当たり前。いかに嫌な所を見ないようにするかが鍵です。

    ユーザーID:4810113163

  • うちと似てるなあ

    みどりさんは嫌いなところを数え上げて、受け入れようとしていないという訳ではないですよね。受け入れたいのだけれど、受け付けない自分が悲しいのですよね。

    私の母も似てますよ。いじめられれば叱られる。怪我をすれば叱られる。失敗すれば叱られる。まるで、なぐさめることは悪いことだとでも思っているような態度でした。それなのに、私には母をなぐさめる言葉を期待します。矛盾してます。

    親の自己矛盾がおっきかったせいで、価値観に混乱が起きているのですよね。すぐにすっきり解決ってわけにはいかないかと思います。時間をかけるしかないと思います。

    実家を出て7年は、母からの連絡に心臓が止まりそうになる日々でした。だんだん、電話に出られるようになり、嫌みを聞き流せるようになり、結婚も経て、今、10年目。去年あたりから、母を家に上げることができるようになりました。今年の目標は母とお出かけ(!)することです。老い先短いと思えばこそ、優しくしてあげたいし、孝行したいですよねえ。ほんと、戦いですよ。自分との戦いです。

    ユーザーID:1039252996

  • 同じです

    ・・・・トピ主さまの文章は私が書いたのかと思うくらい似ています。

    私はすでに結婚して家を出ていますが 未だに苦しめられています。夫を紹介したときは「あの男には他に女がいてお前はもてあそばれている分からないバカな女だ、お前は」と言われ続け←デマでした
    結婚してからも子育てに逐一口を出され テレビでこういってからこうしろ!と自分勝手に電話 訪問 大変でした。
    そして最近は お金の無心までしてきます。断れば「お前を育てるのにいくらか買ったと思ってるんだ」と。

    栃餅さまがおっしゃられている意味も分かります。でもそれは親なら子供を思うのは当然の感情です。病気の時面倒見て命に替えてもと思うのは当たり前の母性です。それを子供に恩を着せようなんて私は夢にも思いません。
    結果私は母と距離を置いた付き合いしか出来ません。正月だというのに先月お金の無心を断った母は私に一切連絡してきません。私は何度も心を砕き母の為にやってきたことは無駄だったと最近思ってます。親だからと言いながらも子供の心が通じない人もいるのです。

    ユーザーID:5215622408

  • そのままで…

    そのままでいいんじゃないですか?

    私もみどりさんと似たような状況です。
    今でも、母親の事が好きになれません。
    昔は、私もそれで悩みました。
    (ちなみに今、37歳です。)

    実家で一緒に暮らしていた時は、
    自分勝手で感情的、負けず嫌いで頑固な母親の相手をするのは、
    大変でしたが、
    一人暮らしを始めて、少し距離を置き、
    「私は、母親とは、距離を置いた方がうまくいく」
    と気づいてからは、随分、ラクになりましたよ。

    みどりさんも「母親なので寂しい思いをさせたくない」って思えてるじゃないですか。
    それで充分だと思いますよ。

    あまり考えすぎて、自分を責めないで下さいね。

    ユーザーID:9402476302

  • 今、あなたが成長してるんですよ。

    私も20代後半位から同じ様に悩みました。
    私の母はそんなにひどい人間ではないけれど、感情の波が激しくて負けず嫌いで言葉がきつい人。
    「なんで母親なのにそんなひどい言葉を言うんだろう」
    「なんで母親なのに辛いとき温かく包み込んでくれないんだろう」
    会うたびにストレスで夜に言葉を思い出しては眠れなくなっていました。

    でも、今思えば遅い反抗期・親離れのようなものかなと思いますよ。私が母親に甘える気持ちが大きくて親離れできてなかったんです。
    きっとみどりさんは今、人間的に成長してきているんです。
    お母さんとの距離を少し置いて自分の人生・世界を充実させるようにしてはどうでしょう。そういう時期なのです。

    そして『母親=好き』では決してありません。心配しないで下さい。
    お母さんの悪い部分も自分の母親に似ている部分も十分知っているみどりさんですから、うまく距離を置いて上手に付き合えるようになると思います。距離を置く事はとても大事です。

    〜すべき(母親を好きになるべき・親孝行すべきetc)と自分を縛らずに、出来る事を無理しないようにしてうまく距離をとれるといいですね。

    ユーザーID:9785382745

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ありがとうございます

    暖かいレス本当にありがとうございます。
    とても救われたような気持ちになったし、反省もしました。
    私も、母なのだからこうあるべき、私のためにしてくれることはあたり前のことと、甘え過ぎていたのかもしれません。確かに、幼い頃だけではなく、私の為にとしてくれた事もたくさんあったのに、嫌な思い出ばかり覚えていて、感謝の気持ちをすっかり忘れていました。
    みなさんのレスを読んで、いろんなことに気がつきました。私こそ母に依存し過ぎていたかもしれません。
    このトピを立てた後に、母が初期のガンだと診断され手術することになりました。やはり、母は大事な存在です。大人として、精神的な距離はある程度おくつもりではいますが、これを機に母にできる限りのことをしようと思っています。
    私が子供すぎていました。ここに投稿して本当によかったです。他人の私にこんなに大切な事を教えてくれてありがとうございました。

    ユーザーID:8749223886

  • こちらこそ!感動しました。

    みどりさんの心のこもった優しいレスに一安心しました。
    こちらこそ皆さんの暖かい励ましで、逆に元気を貰った気分です。
    私の勝手な思い込みで申し訳有りませんが、私はマザーテレサの生き様が大好きで、彼女の記録映画を観るまではこの世にこんな事の出来る人が居るなんて思いもしませんでした。彼女は道端で行き倒れ、死に向かう人々を連れ帰り、自分の手の中で厚く看護をした上で、安らかに看取って行く事を生業にして居ました。どんな不遇に有っても人の最後は安らかでないといけない・・・彼女のこの思いがインドを動かし『死に行く人の家』を造り、後継者を育て世界中を感動させ続けているのです。
    みどりさんが今回このトピで気付かれたのは『人』としての成長です。やっと親離れかも知れませんが、この世の中で生きているのは家族ばかりでは有りません。一人の人間として親を見ましょう。同じように一人の人間として周りの他人も見なければならないとも思います。
    子供、親と言う立場を超えて一人の人間として見れば、憎しみや悲しみからは逃げられるのです。逆を言えば、家族だから、親子だからこそ遠慮なく言ってしまう事が有るのでしょうね。

    ユーザーID:4810113163

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧