父から相続したかった

レス34
(トピ主5
お気に入り23

生活・身近な話題

むすめ

私の大好きだった父が、他界しました。

兄が1人いますが、小さい頃から高校まで暴力を振るわれ、大嫌いでしたから、大人になっても1年に1度会話するかしないかの仲です。

金融資産などの相続手続きが始まりましたが、
生後3か月の赤ん坊がいるのに書類の取り寄せや各金融機関回りは負担だろうと、手続き代表者は兄になりました。

現金の殆どは年老いた母が今後困らぬ為に、賃貸から分譲のマンションへ移る為の費用に使い、
父の事務所は兄がそのまま相続し、独身なのでそこで暮らします。
私にはわずかながら振り込まれる現金だけが父からの遺産なのですが、
銀行から振り込まれた記帳が、振込人名義が父ではなく兄になっているのです。

愕然として兄に連絡すると、銀行が遺族に振り分ける分配を記入したのを無視して一括して兄に振込み、あとは兄から遺族に振り分けて下さい状態で、「相続税がかからない額だから問題ないですよ」と鼻で笑われたそうです。

相続手続きの書類を無視して勝手に兄に一括送金する銀行にも、
丸めこまれる兄にも憤りました。

争続せずにせめて父からの遺産を記したかったのに。

ユーザーID:6728981832

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 父親がきちんと遺言書を作っていなかったのでは?

     相続の際は、自分の思うとおりにいかないケースが多いです。
     だったら、生前贈与を受けておくとか、お父様が生きている間になぜお願いしておかなかったのですか?
     結局、家では長男の立場が強くなってしまうし、銀行も手続きなど面倒や事や嫌がりますから、こういう結果になってしまったのですね。
     これは推測ですが、お父様が生前に遺言書を作っていなかったのではないでしょうか?死人に口なし、です。
     今回のことは仕方がありませんから潔く諦めて、お父さんの遺産は大切に貯金するなり、有効に使うことで供養の代わりにしてください。

    ユーザーID:6126900393

  • 相続内容が不満なのではなく

    通行人βさんのおっしゃる通り、遺言書はありませんでしたが
    配分の仕方に不満があるのではなく、
    ‘兄からの振込’になってしまった点が悔しいやら残念でならないのです。

    少額だろうと、父から譲られたものとして残せる物が通帳の記録しかないからです。

    仮に遺言書があったとしても、配分方法を書く事はあっても
    「振込人名義は飽くまでも自分からになるように」とまで書く必要があると
    思う人は稀でしょうね。
    そこにこだわる遺族も稀なのかもしれませんが;

    もちろん物質的には、‘兄から振込されたお金’=父からの遺産
    同じお金には変わりありませんが、精神的な気持ちの問題なのです。

    ユーザーID:6728981832

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ここよりも・・・

    専門家である弁護士に相談されるべきかと。
    内容から言って、結構悪質のようですが・・・

    ユーザーID:1667772245

  • 形見をもらいましょう

    お父さんの愛用品やお父さんの写真など、お母さんかお兄さんのところに残っていませんか?形見分けしてもらいましょう。

    ユーザーID:7377689651

  • それは残念なことですね。

    精神的なことですし、済んでしまったことですから、しょうがないと諦めるしかないですね。

    でも、銀行からお兄様を介さずに直接トピ主様へお父様の遺産が送金される場合は、お父様名義で振込みをしてくれるのですか??
    口座のご本人が亡くなっている場合は、その銀行名義での振り込みになるのかと思っていました(だってご本人はもう亡くなっているのだし…)。

    経験者の方に聞いてみたいなぁ。

    ユーザーID:4253206120

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • だいぶ前なので、うろ覚えですが

    存在しない(亡くなった)人の名義では、振込出来なかったのでは

    ユーザーID:1385509570

  • 私もトピ主さんと同じ気持ちになるでしょう。

    そうか…分配方法に納得しても、振込み人が父でなく兄からのように記載される恐れがあるのですね・・・

    私も、それは嫌だと感じるでしょう。

    トピ主さん、お父さんからの最後の贈り物を見える形で欲しかったでしょうね。

    もう、やり直してはもらえないでしょうからさぞかし無念だと思います。

    でも、トピ主さんのおかげで私は助かりました。
    いつかその時がきたら、このトピを参考に私は自分の希望を通したいと思います。

    父の遺品は男物ばかりなので、すべて兄が受け継ぐから。
    女の私が使える物はないため、品物はきっと手元に来ないでしょう。

    お金はいつか無くなるから、記録だけでもとっておきたいです。

    ユーザーID:0602084485

  • そういうものです。ごめんなさい。

    法律関係の仕事をしています。今回のこと、悲しい気持ちがいっぱいでしょうね。
    >兄からの振込
    仮に「お父様より」という名義で振り込まれたとしますが、それが「詐欺」だったら?(振り込んでおいて、「お金を受け取っただろ」と言いがかりをつけて倍を返済させる詐欺もオレオレ詐欺と同じ頃はやりました)の危険があるのです(第三者から見ると)。あと、仕事の関係振り込む時は、「被相続人」の名義ではしません。いつ誰が何故振り込んだか分からないと何かあった時に大変なので、「遺言執行者××より遺産の件」といった感じで振り込みます(字数制限もありますし)。
    あと、これは銀行にもよるかも知れませんが、遺産の管理のために振り込んでもらうと、通帳にはほぼ銀行名義で振り込まれました(仕事上、このくらいまでの情報でご勘弁ください)。あと、経験上、銀行員はトラブルに巻き込まれないよう、分配は遺族にさせる傾向にあるかと思います。

    小町は詳しくとも素人です。法テラス等を利用し一度法律相談を受けたほうがすっきりしませんか。

    「モノより思い出」。お父様があなたにくれた優しい気持ち・思い出こそが最高の贈り物です。

    ユーザーID:0529969800

  • ・・・

    きちんと貴方に父の物が渡ったのにも関わらず
    たったそれだけのことを拘っているのですね。
    精神的なものだと判っているなら
    納得するしかないことも判っていますよね。

    それよりも問題は、貴方がそれほどまでに兄を嫌い、
    大人になってからもそれを改善できなかったことでしょう。
    暴力を振るわれながら、家族は何もしなかったのか。
    何故いい大人になってからも歩み寄りができなかったのか。
    自分や、父を含めた家族に全く非が無いと言い切れますか?

    ユーザーID:5523108477

  • 被相続人から直接が普通のハズ

    すでに亡くなっている被相続人の口座は凍結されますが、
    相続手続きはその限りではなく。
    現に、父の口座から兄の口座へ振り込み作業が行われたのですから。

    各金融機関毎に手続き用紙があり、
    いずれも相続人全員の実印捺印・‘被相続人から振込みを受ける者の氏名・金額(もしくは割合)’
    を記入する欄がある形式に大きな違いはありません。



    私からの連絡を受けて兄がM銀行へ行きなおした際は、当初担当した女子行員は嘘か本当か出張で不在との事で別の女子行員が応対したそうです。

    この時点で兄も銀行に舐められていたのでしょうが、
    第三者に対しては気が弱くて腰の低い事の兄の事、
    手続き書類に記入した内容が無意味になっている矛盾点をつく事もせず、
    担当女子行員のいい加減な仕事ぶりを代わって上司に説明してもらうでもなく(私にとっては「支店長呼んで下さい」と言いたい程の事なのに)
    すごすごと帰って来たのが目に浮かぶようで・・・。

    こんな事なら、赤ん坊を抱えてでも手続きは私がすればよかった、と悔やんでいて。

    mimiさんのおっしゃる様に、父の笑顔の写真を貰います。

    ユーザーID:6728981832

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 元行員です。

    20年勤務し現在は独立した者です。
    多分、M銀行は私の元勤務先でしたので

    死亡日で預金の凍結のオペをします。
    その後、除籍謄本、戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書等の提出を願います。
    銀行から協議書の書類を頂き、相続人であるご母堂、お兄様、貴女が記名、実印の捺印をなさったと思います。
    その際、相続人の代表をお兄様になさったのですよね?
    その書類には銀行内での被相続人の預金種類、残高が記載されてあったと思います。
    銀行側は「当行には被相続人様の預金、貸金残高をこちらです」と開示し納得なさった上で書類に記入頂き預金を代表者のみに支払う事が業務です。
    仮に「遺言書」がありましても他行取引、不動産、絵画、貴金属、家具等も相続の対象の顧客も存在します。銀行で関与可能なのは自行の取引のみなのです。
    なので協議書に記載された代表者に全額支払うのは仕方が無いのです。
    大変きつい表現ですが被相続人全員の個人的感情迄、汲めないのです。
    銀行はあくまでも法律に添い事務処理を行うのです。
    勿論、顔見知りのお客様が亡くなった事は悲しい事で個人的に弔問に伺った事もあります。
    舐める、そういう事ではありません

    ユーザーID:2453916567

  • わがままなのでは?

    法律や銀行の手続きについて丁寧に説明されている方が何人もいますがその通りだと思います。
    上記の手続きをお兄様がなされたとのことですが、かなり大変だったと思います。
    遺産分割の内容が不適切なら問題ですが、そうでないのならいい大人なのにただのわがままだと感じます。
    お兄様の処置も銀行の対応も全く落ち度がなく普通の対応ですよ。
    失礼ですがかなり世間知らずな印象を受けました。
    まず手続きの労をとってくれた方への感謝が先なのではないでしょうか?

    ユーザーID:9828994627

  • 口座は一旦解約

    名義人が他界した口座は凍結され、印鑑証明と実印により相続手続きが完了すると、その口座は一旦「解約」されます。口座が解約されると「現金」が発生しますが、それが便宜上「代表相続人」の口座に一旦入金されます。相続の分配は、その口座から振り分ける形になります。

    トピ主さんのケースも同じことで、「お父様の口座が凍結」→「実印・印鑑証明による相続手続き」→「お父様の口座は解約」→「解約により現金が発生」→「発生した現金は一時的に代表相続人の口座へ一括入金」→「代表相続人の口座からトピ主さんに送金」という流れになったはずです。

    ここで注意していただきたいのは、お父様を振込人としてお金を受け取った人は誰もいないということです。既に他界している人間は振込はできません。お兄様は、お父様の口座解約に伴い発生した現金を代表相続人として銀行から受け取っただけです。

    相続関連の手続きはあれこれ大変です。トピ主さんに赤ちゃんがいるからと、手続きをしてくださったお兄様を、これ以上煩わす必要はないのではと思います。こんなことで兄妹間がぎくしゃくすることを、お父様はお望みではないと思いますよ。

    ユーザーID:2432607665

  • yukiさんにお伺いしてもよいですか?

    では、なぜ書類の左上に相続人全員の氏名・捺印欄、

    右下にその銀行内の資金を相続する者の氏名・金額(割合)記入欄があるのですか?

    金融機関側もトラブル防止のために
    ‘遺産分割協議書’の提示を求める場合があると思います。

    今回、提示は求められませんでしたが、
    その代りに右下の記入欄が存在し、
    それを承知する旨の捺印なんだと理解していましたが?

    ちなみに、銀行が用意した手続き書類には
    預金の種類も残高も記入されていませんでした。(富裕層客でないから??)
    銀行へ死亡届をする前にATMで記帳した残高を元に
    家族で話しました。


    仮に、兄が父の遺産を独り占めしたとしましょう。(そこまで悪ではないケド)
    私の取り分を記入してあるにもかかわらず、
    兄がそれっきり私への振り込みを拒否してしまったら
    「なぜ勝手に全額兄に振り込んでしまったのですか?」と
    銀行が訴えられませんか?

    ユーザーID:6728981832

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • じゃあ次からそういう事がないように自分でしましょう

    トピ主さん、今更何を言おうが悪あがきですよ、それは。
    やって貰った事に文句や悪口を言ってはいけません。
    そんなに重要な事だったと指摘するのなら、まずトピ主さんが示せば良い。
    それを怠ったのは紛れも無くトピ主さん。
    兄の事に対して難色を出す事は見苦しいですよ。

    何事も、思い通りに事を運ばそうと思うなら、自ら行動する事です。
    相手任せにトラブルは付き物です。大目に見れませんかね?

    ユーザーID:9737213590

  • んー

    >現に、父の口座から兄の口座へ振り込み作業が行われたのですから。
    とのことですが、お兄様の口座へ送金されている際の振込み名義人はお父様名だったのですか?
    ・お父様の口座からお兄様への口座へ振り込み作業が行われたこと と、
    ・お父様の口座からお兄様の口座への振込み名義人がお父様名義であったこと、
    は一緒ではありません。お兄様口座へ送金された際の名義が「○○銀行」であれば、そういうものなのであると納得出来そうですか?お兄様に通帳を見せて頂いたら解決しそう〜。 


    ちなみに、りんりん様がおっしゃってるように、銀行に舐められているから振込み人名義がお父様名義ではなかった、ぞんざいに扱われたということは考えづらいな〜と思ってトピを読んでます。

    ユーザーID:4253206120

  • 現金ではなくて

    お気持ちはお察しますが、済んでしまったことは仕方がありませんね。
    イライラは治まらないと思いますが、どんなものでも『形見』を分けてもらって、それを大切にされてはいかがでしょうか。
    愛用品だとぬくもりというか思いがこもっている気がしていいですよ。

    ユーザーID:7336818045

  • それは仕方ない

    今年(2007年)主人の父が亡くなり、相続の経験しました。
    我が家が長男なので、あなたのお兄さんの立場です。
    代表人として分配の手続きを行いました。
    あなたとお兄さんは確執はわかりませんが、
    お兄さんは、特に不誠実な相続はされていません。
    真っ当だと思います。
    代表人が相続人全ての代表として、手続きをするのは当たり前です。
    各々の相続人の相手をしていたら非効率この上ないのでは・・
    うちの場合も我が家が代表して全額受け取り、相続人に分配して、
    うちから送金しました。

    ユーザーID:2023167444

  • yukiさんのお書きになったことが真実でしょう。

    yukiさんのお書きになったように銀行や保険会社は処理をします。
    なぜなら相続争いに巻き込まれたく無いからです。

    法定相続人云々とはレベルが違う話です。

    ユーザーID:3234347875

  • 気持ちの問題なら

    法律の事、銀行の手続きの事、お兄さまへの不満の事。これらはちょっと置いといて。

    通帳のお兄さまの名前の上に、鉛筆でお父さまの名前を書かれてはいかがですか?
    ペン書きしたりお兄さまの名前を消したりすると、後で何かの時に困るかもしれないので、鉛筆で。

    お金に色はついてないのだし、それだけの金額をお父さまがあなた様にお残しになった事を示すために、お名前を書きましょう。

    そして、早めに他の形にしたり、別口座に貯えられては?お父さまのご遺徳に感謝して。

    ちなみに、うちの父は呑み助の江戸っ子で人に奢りたがる見得っ張り。で、急死したので、サラ金の借用書しか残してくれませんでした!
    少額だったので、それも笑い話ですけどね。

    ユーザーID:7230110846

  • 決まり事みたいです。

    私も昨年父を亡くしました。
    淋しいですよね・・・

    「銀行が遺族に振り分ける分配を記入したのを無視して」と書かれていますが、銀行の手続きとしては全額を相続代表人に振り込むのが決まり事のようです。
    その後に相続代表人が、各相続人に分配するのが通常の流れです。

    通帳にお父様のお名前が記載されなかったことは残念ですけれど、お父様が遺してくれた事には変わりないですものね。
    あまり悲しまれないようになさってくださいね。

    ユーザーID:6116318518

  • yukiさんの説明に補足します

    >なぜ書類の左上に・・・記入欄があるのですか?
    公正証書遺言であれば相続人の捺印は省略されることがあります。なぜなら法的に効力が強いからです。しかし、今回は遺言がなかったということで、相続人全員の同意があった(そしてトピ主さんのお兄様が代表となった)という証明です。

    >金融機関側もトラブル防止のため・・・がある
    というよりは、「被相続人が本当に亡くなっている」ことと、「相続人全員が揃っている」という証明であって、誰にいくら分割するかということを提示するためではないのです。

    >銀行が用意した手続き書類には・・・(富裕層客でないから??)
    違います。解約した日によって利息が変わってくるのと、銀行に代表者が通帳等を持っていって直に手続きしなければならない(でなければ銀行の不正ともみえる怖れが)ので記入されていないのです。

    >兄がそれっきり・・・銀行が訴えられませんか?
    「相続人全員の同意により、お兄様が代表となりました」ということになっているので、銀行はトピ主さんのお兄様に振り込んだだけですから、訴えられるとすればこの場合トピ主さんのお兄さんです。

    ユーザーID:1304908152

  • 続きです。残念ですが・・・

    トピ主さん、気持ちは分かりますが、この場合専門家に頼んだとしても、「お父様名義での振り込みはできない」のです。
    銀行は、私も全国の銀行の手続きをしたわけではありませんから、どこかの銀行であれば−1つくらいは被相続人名義で振り込んでくれるかも知れませんけれど(最近は銀行も審査・本人確認等厳しいです)も、そんなことを言っても遅いですよね?
    もし、してもらうとすればお兄様に「お父さん名義でおねがい」と頼む方法でした。これなら万一のことがあっても、お兄様が振込用紙の控えを持っていたでしょうから、間違いなくお兄様が振り込んだものであると証明できたでしょう。

    トピ主さん、あなたの怒りは銀行に対して向けているものでしょうか?私には、
    >小さい頃から高校まで暴力を振るわれ、大嫌いでしたから、大人になっても1年に1度会話するかしないかの仲
    であるお兄様に直接怒りをぶつけることができないのを、ここで銀行にぶつけているように思えるのですが・・・。

    ユーザーID:1691449895

  • 代表者か…

    代表者からの分配表記にしかならないのなら、手続き関係の説明の時にそこまで教えて欲しい。

    幸いにも、私はこのトピで知ることが出来ましたが…。

    妹に迷惑かけるだけかけ、親の世話は姉妹におしつけっぱなしの兄が代表なんて、納得できない私です。

    誰か一人しか親の名前で直接相続できないなら、長兄以外でないと気持ちの整理がつかないです。

    感情論は重々承知ですが、担当者様には事務的に処理してくださっても結構ですけど、説明だけは細かくして欲しいです。

    遺族がもめると時間がかかって面倒だから、余計な説明はしたくないというのが本音でしょうか?

    それとも、実際は遺族がぼーっとしてただけで、細かく説明しているのかしら。

    ユーザーID:0602084485

  • むすめ様へ

    お返事が遅くなり申し訳ございません。

    私が勤務してた頃と若干違うかもしれませんが銀行は銀行法にのっとり金融庁や日本銀行の管理の中銀行業務を行ってます。

    相続の際に説明はします。
    金融商品をお客様に売る時同様です。
    ただ、最近の窓口は派遣の方も多く知識量の差を私も感じる時はあります。
    私が相続業務をしてた時は説明を判り易く窓口で代表してきた相続人に説明してましたが理解されず帰り別の相続人の方が再度足を運ぶケースもありました。

    右下にその銀行内の資金を相続する者の氏名・金額(割合)記入欄があるのですか?

    お父様の戸籍謄本、付表、除籍謄本の提出があったと思いますが、理由は現在名乗り出てる以外に相続人がいないかの確認の為です。
    世の中には再婚の方や前の結婚相手との間に子供がいる場合もあるからです。
    銀行は、全ての相続人の同意の上、代表者に支払いました。相続人が協議の上、この金額で分けました。という書類上の証明が必要だからです。
    三文印では無く実印を押すのも、この理由です。
    仮に貴女が代表者として手続きをしても相続の払い出しは現金扱いです。
    続きます

    ユーザーID:2453916567

  • むすめ様へ 2

    一度、現金扱いで相続金額全額が払い出され代表者の口座へ現金扱いで入金します。
    ご希望の「相続人の名前」で入金される事はありません。
    お兄様が振込手数料を支払って貴女の口座へ振り込んで下さったのです。
    解約、入金後、払い出し伝票をお兄様に書いて頂きます。
    振込もこの相続の事務の一つなので伝票も記入して貰い、書いてる金額、振込口座名義が協議書と一致してるか確認してます。
    お兄様が独り占めは出来ないシステムです。

    預金種類、金額は明記されてなかったのは多分、取引口座が一つだったからだと思います。

    申し訳ないですがご理解下さい。

    ユーザーID:2453916567

  • 手段と目的

    ヨコになって申し訳ございませんが、
    今回は匿名さん、そこまで文書を記載させた上で、
    代表者のみに振込みをする理由がトラブル回避と申し上げたのですが、
    理解されてますでしょうか。
    手段と目的を逆に認識されてませんでしょうか。

    ユーザーID:3234347875

  • 毎日かあさんへ

    うちの場合、銀行の方からは相続に関する詳しい説明をいただきました。代表相続人を選ぶにあたり、その役割についてもきちんと説明がありました。

    もちろんその説明は、相続にあたってきちんと銀行に足を運んだ人しか聞くことはできません。相続手続き自体を他の兄弟等に全部まかせてしまうと、それがわからないままトピ主さんのようなケースになるんだと思います。

    手続き上のことをきちんと知っておきたいのでしたら、ご自分で率先して代表相続人になられてはいかがでしょうか。もちろん責任と義務、さらに多大な雑務を伴う役割ですが、相続の全容を自分で把握したいのであれば、それが一番だと思います。

    そしてお兄様との確執を、銀行への不満へすりかえることは、誰の利益にもならないんだということは、肝に銘じておかれるといいと思います。

    ユーザーID:2432607665

  • 遺言

    相続に関して日本では遺言が原則で法定相続(分)に関する規定は遺言がない場合の特則にすぎません。
    いろいろ心配があるのなら遺言や遺言執行者を利用することを検討してみてはいかがでしょう。
    特に第3者の執行者がいれば今回みたいなケースで煩わしさはずいぶん減るのではないかと思います。

    ユーザーID:9828994627

  • 詳しくありがとうございました!

    専門的に解説して下さった方々、有難うございます。

    用紙右下の記入欄の存在意味が分からなかったので、
    後日M銀行最寄の支店へ聞きに行こうと思っていました。

    ちなみに、助言にもありましたように
    兄に入金された際の名義について聞いてみました。

    当のM銀行は「ソウゾクブントシテ」
    M2銀行は「クリコシ」
    M3銀行は「兄の氏名そのもの」
    だったそうです。

    私は証券会社に勤続13年ですが、
    そこでは必要書類は銀行での場合と同じですが、
    代表相続人に一括して渡す事はありえません。

    MRF(現金)投資信託・債券・株券等は各商品、銘柄毎に
    各相続人(或いは一人[この場合、別に手続き代表者という意味ではありません])
    名義の口座に【移管】されます。
    各相続人口座の取引経過の記録としては【故○○ ○○から移管】となります。
    手続きの間に管財人等が入る場合はこの限りではありませんが

    他証券勤務経験はありませんが
    一応大手なのでスタンダードなやり方だと思います。
    今回、相続人になって初めて銀行との違いを知る事ができ
    兄と銀行への誤解も解けました

    ユーザーID:6728981832

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 良かったです。1

    ご理解頂けた様で安心しました。
    相続って非日常の出来事なので説明を受けても平常心で聞き理解なさる方はまずいません。
    疑問は遠慮せず聞くべきです。
    お父様を亡くされ辛い思いも私はよく判ります。
    私事ですが既に両親は他界してます。
    役所への届け出、葬式の手配と疲労は並ではありません。
    私も下が1歳の時経験しました。
    そんな中の相続は神経質になって当然です。

    子供さんの育児、大変でしょうがきっとお父様は見守って下さると思います。
    無理せず平穏な日々を送って下さい。

    他の方もご覧になってますし、相続の補足です。
    被相続人の口座は一旦凍結されますが、家庭の主たる口座の場合もあります。
    公共料金等、生活に関わる引き落としは届け出を出せば、都度個別に引き落とし処理をします。
    又、葬儀費用も他に資金が無い場合は葬儀社の請求書、見積書、実印を持参し手続きをすれば、その請求金額のみ引き出しできます。
    残された遺族が困らない様になってます。

    普通預金、個人の当座預金は解約ですが定期預金、国債はこの限りではありません。
    中途解約の選択肢もりますが「相続による名義変更」が可能です。

    ユーザーID:2453916567

  • 良かったです 2

    被相続人のマル優、マル特は適用されません。
    相続者が適用者で限度額内、届け出済みならOKです。
    外貨預金、投信、保険は商品、銘柄によって又違います。
    なので、行員さんに確認して下さい。
    相続人の中には行方不明者、海外在住と様々なケースがあり事務も変わります。

    店頭には大変ですが相続者全員もしくは信頼の置ける冷静な親類の同伴をお薦めします。
    こういったケースだと個別ブースや簡易応接で時間を掛け話すケースが多いです。
    また、銀行によっては事前予約もできます。
    お取り引きのある銀行に電話で相談後、来店が良いと思います。
    揉める遺族でも、毎日かあさん、いいのです。
    命の次位に大事な物を預かってる立場からすると納得のいく代表者、相続内容であって欲しいのです。
    私が担当してたケースでは裁判になり5年経っても終わってないのもあります。

    長くなりましたが、最後迄読んで下さり有り難うございました。

    ユーザーID:2453916567

  • yukiさんありがとうございました!

    毎日かあさんを始め、これから相続を経験される方にとって
    参考にしていただけたと思います。

    仲良きことは美しき事かな。
    兄弟で助け合えたら尚更でしょうが、
    兄弟とはいえ、個々の性格や相性というものがあります。
    兄弟の不仲を父や第三者のましてや自分のせいだなんて、考えた事もありません。
    両親からは、たった二人きりの兄弟だからと何度も言い聞かされましたが
    歩み寄るより距離をおいた方がお互い精神的にいいのです。
    残念ながら、世の中、仲の良い兄弟ばかりではないのです。
    私にとっては
    ‘クラスに暴力的な留年生がいて、
    先生には「クラスメイトなんだから仲良くしろ」と言われ
    本人からは「俺は年上だ!」風を吹かされ
    毎日先生の見ていない所で暴力を振るわれていた’
    ようなものであり、
    なのに第三者に「同級生だったんだから仲良くしろよ〜」なんて言われてるようなものです。
    暴力を振るった方は忘れたとしても、私の記憶からは一生消せません。

    今回の誤解が解けた事で、兄に恨みを一つ積らせずにはすみました。
    トピ立ててよかったです〜。
    本当に感謝しています!

    ユーザーID:6728981832

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 本題と関係ないとしていたのですが

    お兄様の「暴力」について。トピ主様は文面から垣間見れるのですが「勝ち気」で「口が立つ」な妹ではありませんか?お兄様にとっては「ちゃくな(小生意気な)妹」像が浮かんできます。

    男の子が口では負ける時よく手が出ることがあります。年の差があれば自制心も働くのですが。
    トピ主さんは「暴力」と表現されていますが、口で負けた兄の手が出たケースかなとも思います。最近故松田優作家の兄弟喧嘩も兄の手が出て110番騒ぎでしたね。

    忙しそうな妹さんに代わり手続きをし、また銀行まで再度足を運んでくれたのは「意地の悪い」兄とは思えないのです。

    我が家にも男男女の子がいまして末娘の「減らず口」に次男の手が出ることはしばしばありました。(が、それに負けない倍の手と口が出るのが末娘でしたが)。

    そろそろ一つずつ恨みを減らして行ってもいいかなとも思います。
    結婚したら異性の兄弟はだんだん疎遠になりがちなので忘れていくというほうがぴったりなのですが。
    お子さんが兄弟喧嘩をされると少しお兄さまの気持ちがわかるのではと思いました。
    2番目って1番目に比べて気が強いのです。

    ユーザーID:3046687063

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧