妬まれ上手になりたい

レス18
(トピ主5
お気に入り23

家族・友人・人間関係

さやこ

小さなころからDV家庭で育ち、思春期を慢性的な抑鬱状態で過ごし、
20代初めには2年ほど大病を患い床に伏しました。

それでも希望を失わずに生きてきたら、意中の男性と結婚し、
子供も授かり、つつましくも心穏やかに生活できるようになりました。

ところが、結婚したころから、謂れのない批難、職場での嫌がらせ、
かねてからの友人の一部から突然の無視などが始まりました。

信頼できる友人たちに相談すると、誰もが口を揃えるのは「妬み」です。
今までの人生、妬まれるどころか哀れまれるばかりだったので、驚きました。

おそらく私の環境自体は、月並みな、どこにでもある家庭の景色でしょうが、
私が満たされた様子でいることが原因だと言われます。
今までが今までだけに、ごく平凡な暮らしでも、すごく幸せなんです。

だから、何かに秀でているとか、自慢しているわけでもないのに、
妬まれてしまうという変な状態になってしまったようです。
慣れていないので、嫌な目に遭うたびに、ひどく落ち込んでしまいます。

妬みを避ける方法や、妬まれても挫けないコツがあれば教えてください。

ユーザーID:6183594049

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通に接する

    まず最初に・・幸せな生活、何よりよかったですね!

    今まで病気をされていたりで、あまりその渦中にいたことがなかったのかもしれないですが、世の中は、妬みやひがみで一杯です。
    そんなに特別なことではないので、スルーするのが一番です。

    妬まれてるなぁと思っても、普通に接する方が、妬む人に対しても親切です。「どうして妬むの(泣)」という態度をとったりすると、余計、彼女たちの感情に火をつけます。別に嫉妬したくて嫉妬するわけではないのです。だから、嫉妬に気づかず、普通に、を心がけてください。

    それから、あなたはもう人からうらやまれるような存在になったのですから、(過去どんな苦労があったかは、他の人にはわからないことなのです)その場にいる人がちょっとでも気になるような話題は、避ける方が無難です。

    渡辺淳一の本にもありましたが「妬む方が、妬まれるよりもつらい」ということを心に留めておけば、少し気が楽になるのではないでしょうか?

    ユーザーID:3310475002

  • 月並みですが、気にしないことですね〜

    不幸な人は嫉妬するのが定番ですから、「ねたみを避ける方法」はお気の毒ですが「ない」ですね。
    あえて言うなら、「不幸そうにすること」くらいでしょうか?
    愚痴を言ったり、人を羨ましがったりなど、本心でなくてもいいから、不幸な姿を演出することかなあ?…でも、面倒ですよ。

    「気にしない」というのがいちばん簡単です。
    この世の中は、自分が見たり聞いたり感じたりするから、あなたの中に入ってくるのです。だから、どんなことがあっても、あなたが気にしないと決めてしまえば、すべてが些細なことになるんです。

    「我思うゆえに我あり」っていうじゃありませんか。

    妬まれたら、「あら、雨が降ってきたのね」とか「泥がはねちゃったみたい」とでも思って気にしない、という「心の訓練」をされることをお薦めします。

    ユーザーID:1131569464

  • 大丈夫

    幸せなんですよね。だったら大丈夫。あなたは優しいし、人の悪い面、良い面を見てきて知っているはず。嫉妬をする人にも理由があるのです。だからそこを理解してあげてください。そして、あなたは幸せな気持ちをつらぬけばいいと思います。

    ユーザーID:3380772033

  • 職場を変えるのは無理ですか?

    私も似たような人生だったので、お気持ちは分かります。幸せでない時も無理に明るく振舞っていたら妬まれてしまいました。
    「不孝な人」が好きな人っています。みんなも不孝だということに安心する人や、もっと下の人を見て安心する人達。残念ながら、トピ主さんの周りの人はそういう人達だったんじゃないかと思います。それで人間関係のバランスを取っていたのに崩れちゃったんですね。

    何事もないように振舞ったり、不孝なふりをするのもいいですが、出来るなら今までの人とは無理に付き合わずに環境を変えた方がいいと思います。せっかくの幸せな日々が妬みでだいなしになってはもったいないですよ。
    次の職場では最初から「幸せなさやこさん」だから、同じように幸せな人や幸せを喜んでくれる人と友達になれると思います。

    私の経験では、嫉妬している人も一時的な感情なら時間がくれば元の友達に戻れます。30歳を過ぎた独身友達の中で私は1人結婚しました。人づてに妬み話を聞き、しばらく疎遠になりましたが、今は元の友人関係に戻っています。友人はあの時はごめんと言ってくれました。

    ユーザーID:3934959054

  • 歴史の言葉にいい言葉があります

    ずばり、「君子危うきに近寄らず」と「兵法36計、逃げるに如かず」です。

    トピ主さんの今までのご苦労を思うと…すいません、言葉が出てきません。

    妬む方は、トピ主さんを職場を円滑にするためのスケープゴートにしているんでしょうね。

    だから相手をするとより、「またネタが出来た!」と喜ぶでしょうから、

    過剰に反応するのは避けた方がよろしいと思います。

    つまらない事で、今の大切な時間を取られる事がないように願ってますね。

    ユーザーID:8787044442

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • お気持ちわかります

    私も人に同情されて生きてきました。(父親がアルコール依存症、家が火事、貧乏、勉強できない、引っ込み思案、ブス、デブ、もてた事ナシ、バツイチ、子供ナシ・・・)
    だから馬鹿にされこそすれ妬まれる存在には一生なれないと思っておりました。
    以前友人の妬まれた話を聞いて
    「いいな。私も一度でいいから妬まれてみたい・・・」と言ってたぐらいです。
    でも今思えば私が気がつかなかっただけなんです。
    人はどんなことでも妬むものなんです。
    それがトピ主さんも私も自分のことに必死で気がつかなかっただけです。
    思い返してみると「あれは妬み?」という小さなものがボロボロ出てきますよ。
    今とぴ主さんは生まれて初めて妬みを直接受けてショックが大きいと思いますが慣れるしかありません!
    私も本人に直接言い返すこともしましたし友達先輩後輩上司にも相談しましたが妬みには無視が一番だと悟りました。

    苦しい時には小町で吐き出しましょう!
    小町で「妬み」や「嫉妬」で検索してみるのもおすすめです。

    ユーザーID:6543900736

  • 地味になるor不幸エピソード

     女性からの嫉妬は「化粧薄」「いつもズボンと質素なセーター」「さばさばした女っぽくない態度」「自分の不幸強調」ですごーく回避できます。
     幸せな表情は仕方ないとして、ちょっとした不幸な悩みなどそれとなく表面化してみることなどで「あの人も辛い部分があるのねー、かわいそう。でも頑張ってるんだ。」みたいに受け取られて、攻撃がなくなります。
     でも相手によるので、嫉妬が薄い昔なじみの友達とご飯食べるときとかはやっぱりおしゃれな格好で化粧していきます。
     あと自分は悪くはないということをいつも心に置いておきましょう。
     嫉妬は本当に手ごわいです。土居健居の「嫉妬の構造」読んでみてください。

    ユーザーID:6240171889

  • 妬まれる=他人が羨むものを持ってる

    当たり前の生活が幸せだと思えるのはとても良いことだと思いますよ!些細なことでも素直に喜びを表せる方だと推察いたします。

    どこにでもある家庭の景色がトピ主さんにとってはずっと望んでいたもの。満たされた気持ちになるのは当然だと思います。その気持ちが人よりも大きいから、一部の方々には鼻につくのかもしれません。

    とはいえ、人は自分の心が満たされていないと、素直に他人の幸せを喜べないこともあります。ご自身がお辛い時、自分と誰かを比較していいな〜とか思いませんでしたか?それを羨望から向上心につなげられる人もいますが、妬みが昂じて態度にまで表してしまう人もいます。

    ですが、妬みの感情は本当は妬まれた人よりも妬んだ人によくないのです。表情にも表れてしまいますし、周囲はそれを悟ります。妬んでくる人は不快かもしれませんが、こちらは態度を変えず普段どおりに接してください。良識のある人なら自分の態度を反省するはずです。

    トピ主さんは妬まれたことで自分は他人が羨むものをもっているんだと思うようにしてはどうでしょう?そうすれば今の幸せにも気づけますし、大切にしようと思うこともできます。

    ユーザーID:4361914032

  • ありがとうございます

    うさぎさん

    レスありがとうございます。

    妬みは、特別なことではないのですね。
    それを、あたかも特別な問題のように書き立ててしまって恥ずかしいです。


    >「どうして妬むの(泣)」という態度をとったりすると、余計、彼女たちの感情に火をつけます。

    私が相手の感情に気づくたびに、ビックリしたり、悲しんだりした表情は、
    きっと相手に伝わっていたと思います。
    通りでエスカレートしていくわけです。
    今度から、なにごともないように振舞うよう努めます。

    >その場にいる人がちょっとでも気になるような話題は、避ける方が無難です

    そうですね。途中から、それを気にするようになりましたが、
    怖い目に遭いたくないという一心から、
    相手によっては何も話せなくなってしまったり、
    軽い神経症のような状態になっているのが現状です。

    >「妬む方が、妬まれるよりもつらい」

    妬まれる側は、相手を無視することができますが、
    妬む側は、無視できずに妬んでしまうわけですからね。納得です。
    心に留めておきます。いろいろご親切にありがとうございました。

    ユーザーID:6183594049

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 私も小さい幸せ好き

    母には「そんな事で幸せなんて、おめでたいわね〜普通よ」って笑われてます
    でも、この心から幸せそうなのは妬みを呼びますよね。。。
    でも、これを貫いて、妬んでいる人は放置して気づかない不利
    すると、小さなことで喜んでる私を微笑ましく見てくれる人しか残らないので
    親しくせずに済むし、そんなに全員と親しくしたら忙しいし(笑)
    あまりにシツコイ時は
    「そんな当たり前のことなのに、おめでたいわね〜って言われるんです」とか
    「○○さんみたいに○○な良い事は起こってないですよ〜」とか
    (貴方の方こそって言い合いたい人がいるんです)
    だいたい、自分以外の人の話題へ持って行った方が無難です。
    自分の話は短めに、自分の話はドジ話。
    天然系で行く方が良いですよ。気づいても、気づいてない。

    ユーザーID:6174701991

  • 職場で嫌がらせしてくる人って

    そういう人達って独身でしょうか?そうだったら、結婚していることが妬ましく感じているのだろうなと思います。

    他の人が書いているように、そういう人達って「ああ言えばこう言う」状態になりやすいです。何しても嫌なことばかり言ってきます。

    社会人になった今も、子供の頃にも私に嫌がらせしてくる人がいて、母親や私を知っている人達(同世代や母親世代辺りでも)は「妬みだよ。」と言われることがあります。私としては「私より美人やナイスバディ、勉強ができる人など優秀な人、あっちにもこっちにもとたくさんいるのになぜ私?」と思います。

    中高生辺りの時は、そういう人達に何か言われるのを避けるのに地味な色の服装をしていたのだが、それはそれで「黒や白のものばかりだね。なぜそういうのしか使わないの?ねえ?なぜ?」としつこく言われました。それ以外の色を使うと「なぜ黒や白でないの?」となりましたし。

    今では、逆に「そういう人達をもっとキーキー言わして自滅しちゃえ!」という気でいます。怒ってばかりだと血圧上がるということもありますし。生きていくためには少し傲慢になってもいい場合もあると思います。

    ユーザーID:0244981904

  • トピ主です

    2度目のレスです。
    みなさんありがとうございます。
    時間がかかってしまうとは思いますが、ひとりずつにレスするつもりです。
    よろしくお願いします。


    >チェリーパイさんへ

    >>「泥がはねちゃったみたい」とでも思って

    この言葉は、ものすごく格好いいですね。凛としているというか。
    心の訓練、頑張ります。



    >ぴよこさんへ

    そうですね、理由はあるだろうなと思いつつも、
    それが想像できなくて苦しい思いをしてきました。
    でも、ここでいろんな方のレスを読んで、勉強になりました。
    理解しつつ、自分を守るようにします。



    >曇りのち晴れさん

    職場については、結局女性の上司に嫌われて退職に追い込まれました。
    今は専業主婦ですが、次の職場ではできるだけ上手に振舞います。

    疎遠になった友達とは、またやり直したいと思っていて、
    気持ちを温めながら、少しずつメールを交わしていましたが、
    そのうち1人からは先日、着信拒否にされてしまいました。
    悪意に対して、ずっと善意で返していたのが、裏目に出たようです。

    ユーザーID:6183594049

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です(その2)

    >あきさんへ

    兵法〜の言葉は、恥ずかしながら初めて知りましたが、
    古い時代から名言として残るだけあって、真実なのでしょうね。
    「つまらない事」と軽く考えられるように、気持ちを切り替えます。



    >ありんこさんへ

    すごく私の状態を理解していただいているような気持ちになりました。

    >>自分のことに必死で気がつかなかっただけです

    それは当たっているような気がします。
    今やっと落ち着いて周りを見渡せるような生活になったところですが、
    それまでは他人が自分をどう見ているかなんて、
    よほどあからさまにしてもらわなければ考える暇がありませんでしたから。
    先程、小町で「妬み」を検索してみたら、とても勉強になるレスが
    いくつも出てきて冷静になれました。もっと早く調べていれば良かったです。

    ユーザーID:6183594049

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です(その3)

    >soyoさんへ

    不幸を強調するのは、とても効果がありそうですね。
    でも、過去のこともあり、たとえ嘘でも今の自分が不幸であると
    アピールするのは辛いところです。きっとそこが私の弱点なのでしょう。
    気持ちを切り替えて、割切れるようにします。
    それと、「嫉妬の構造」探してみますね。



    >みことさんへ

    自分が辛いときは、たしかに他人を羨みました。
    でも、憧れのほうが強いし、もし妬みで意地悪なんかしたら、
    自分の運がもっと悪くなってしまうような気がして、
    少しでも妬みの気持ちが湧くと、早く打ち消そうという強迫観念がありました。

    不快な気持ちになっても態度を変えないというのは、社会的な態度の基本でしたね。
    妬みに限って驚いた態度を見せていた私は、すごく幼稚だったと思います。
    その他の不快なことと同様に受け流せるように努めます。

    ユーザーID:6183594049

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • トピ主です(その4)

    >千鳥さんへ

    >>そんなに全員と親しくしたら忙しいし(笑)

    本当、そうですね。笑っちゃいました。
    あなたの方こそ〜みたいな会話をする人たち、いますね。
    ふざけているのかと思ったら、意外とまじめな雰囲気で。
    あまり理解できない会話だったのですが、その技術(?)を取り入れて
    うまく話題を他へ持っていくのを意識してみます。



    >美里さんへ

    職場でトラブルになった人は、みんな独身でした。
    「結婚なんて価値がない」なんて発言をしていた人もいて、
    察しがいい人(というか普通の人)は、負け惜しみだと気づいてたそうですが、
    結婚しなくても充実した人生を送る例は山ほどありますから、
    私は言葉どおりに受け止めて、最初は妬まれてるとは気づきませんでした。
    あとから同僚と話をして自分の鈍さに愕然としました。私の悪いところです。

    >「そういう人達をもっとキーキー言わして自滅しちゃえ!」

    格好いいですね。これくらい強くなりたいです。
    傲慢になることに恐れないのも生きる術なのでしょうか。
    そんな風に生きられる美里さんに憧れます。でも妬みはしません(笑)

    ユーザーID:6183594049

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • あははは

    いろいろご苦労あっての今のお幸せ、それが実感できる今を大事になさったらいいと思います。

    ご友人達も、いろいろなご苦労、思いがあると思います。それぞれの立場になって想像したらさやこさんも理解できることもあるでしょう。全部あなたへの妬みだとは思いません。

    とはいえ、今までどおりのお付き合いではうまくいかなくなった時期に入ったと自然な流れとして深く考えずに受け止めて、さやこさんの心地よい新しい人間関係をつくっていけばいいと思います。古い友人で縁の深い人とは切れません、縁が浅ければ所詮それまでです。

    私も人間関係にはすごく敏感で悩みます。でも、学生、社会人、主婦、それぞれのステージで関わる人との時間を大切にする気持ちが、妬みを受けて苦しむ気持ちを少しでも和らげてくれると思います。

    幸も不幸も、行ったり来たり。今たとえ幸せであったとしても、さやこさんの幸せが保証されているわけでもないのです。妬まれてちょっと苦労しておいたほうがいいと思います。

    笑い飛ばしましょう!

    ユーザーID:6928033339

  • 「嫉妬している人は、決して嫉妬していると認めない」

    タイトルの言葉を、以前カウンセラーから言われ、目からうろこでした。私もいろいろな面で嫉妬されたりやっかまれることが多いのですが、突っかかってくる人たちは決して嫉妬と認めませんでした。人間関係の作り方が下手なのかと思って対人関係カウンセラーに行ったら(欧州です)、

    「嫉妬をしている人たちは、自分が嫉妬しているとは決して認めない。なので、あなたの人間関係の作り方が下手なわけではなく、相手が異常心理にあると思うべき」

    とアドバイスされました。それ以外、おかしなことを言ったり態度をしたりする人がいても、「あ、異常心理者、また発見」と可笑しく思えるようになりました。私の思い込みかもしれませんが、それで人生風通しがよくなっているので、トピ主さんもいかがですか?

    ユーザーID:6636108305

  • カウンセリング様

    ありがとうございました!!

    ちょうど今しがた同僚女性に妬み?嫌味?のような攻撃を受けてカッカしていたところです。夫曰く「可哀相な人だと思いな」と言ってまして、頭では分かっていましたが、なかなかそうもいかず。。。

    誰に対しても必ず評価的なコメントの女性なんです。私には特に否定的ですね。彼女は冷やかしに他人のお葬式に出るような人間なので仲良くなりたくもないですが、大人なんだから穏便に会話してくれと思います。

    でも今、カウンセリング様の言葉がスッと胸に収まりました。私がどうかではなく、相手が異常心理なんだと。本当にありがとうございます!
    (主さんすいません。ヨコでした。)

    ユーザーID:2268249884

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧