生活・身近な話題

日本経済が破綻? 今、庶民ができることは?

レス40
お気に入り82

冬の稲妻

話題

 週刊誌を見ていたら、経済通の作家が、「このまま行けば、日本経済は破綻し、アルゼンチンのようになる危険性がある。」という内容のことを書いていました。そういえば、別の作家の本でも日本の「ラテン化」とか「イタリア化」言葉を目にしたことがあります。
 もし、なうなったら、「円」の価値はどうなるのでしょうか? また、日本の銀行・証券会社・生保はどうなるのでしょうか? 外資系の場合はどうでしょうか?
 その時のために、今、庶民ができることは何でしょうか? 経済に強い方、経済破綻前後のアルゼンチンの状況を御存知の方、アドバイスをお願いします。
  

ユーザーID:6272547898

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数40

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 過去のツケが今に

    トピさんの心配ごとは私はバブルがはじけた(90年)後93年頃から近い将来(つまり今です)こうなる事は予測してました。個人的には資産について手を打ってきました。週刊誌、新聞等で日本の危機を伝える最大の理由は、国、地方の借金が900兆円ともあるいはそれ以上(GDPの2倍)あることが致命的です。少しくらい景気が良くなっても金利が上げられません。国債の償還手数料が上がるので、もっと国の負担が増えるからです。日本は過去に経済の発展を内外に訴えてきましたが実は「借金の上にある砂上の楼閣」でした。この借金の元をたどれば70年台の前半からスタートしてます。従って「今更ーー」なんですよ(笑)今の政府は企業の収益をあげその法人税で借金を挽回しようしてます。(副作用として格差社会が生じます)これはマネタリズムの考え方です。戦後はケインズ経済(公共投資による経済の活性化を狙っていましたが、これは破綻しました。)報道で「日本に将来性が無い」と言うのはこの理由だけでなく少子高齢化、中国に対する脅威も大きく関係してます。以上を500字以内で書くのは極めて難しいです(笑)今回はこれくらいにーーーーー。

    ユーザーID:6514442431

  • 逃げる

    日本経済が破綻したら、日本から逃げ出せばどうでしょう?
    そのために、脱出先の国で生きていく手段(例えば語学とか技術)をいまから身につけるというのは?
    もちろん、お金も目減りしない方法でキープしておかないとだめですね。

    ユーザーID:8419007868

  • 便乗させてください。住宅購入は吉?

    今、住宅購入は避けたほうがいいでしょうか?
    ローンなしで中古物件を買って、貯蓄がほとんどなくなるのと
    住宅ローンを組んで買うのとどちらがいいのでしょう?

    ユーザーID:7370922987

  • 「和」という無責任

    日本がラテン化する、アルゼンチンのようになる。。。アルゼンチンの人が聞いたら
    なんと思うでしょうね。アルゼンチンはアルゼンチンなりにちゃんとやってますよ。
    バブル以来の日本は、お金の貴賎のものさしだけで価値を計る文化になったのですか?

    かって仕事で札束を抱えたバブル成金日本人が大挙してやってきて威張り散らす醜い姿を
    目の当たりにしました。「こんな貧乏国に嫁に来て、あんた損したね」と言った人もいます。
    バブル崩壊は日本社会の崩壊に他ならなかったと思います。バブルがどんなに大きくても、
    社会に底力があれば経済は必ず再生します。

    日本経済が長く低迷したままなのは、日本人がバブル時代に社会の活力の基本となるモラルや
    エンパシーをすべて捨てたからではないかと思っています。日本が尊んできた「和」さえも、
    他人のいうことは上から目線だと厭い、他人には自分への思いやりばかり要求しているように
    しか見えません。「庶民」と称する国民が自助努力をしないままで他人/他国を貶めることから
    生まれる自分の仮想的価値に安住しようとして来たから今の日本があるのではないですか?

    ユーザーID:3853867684

  • 心配しすぎることは無いですね

    その週刊誌の記事は、アルゼンチン経済と、日本経済の基本的な差を理解しない表層的な記事でしょう。一言で言えばアルゼンチン経済は海外からの借り入れに依存してきたのに対し、日本経済は経常収支が黒字を続け世界最大の債権国というのが一番の違いです

    日本は、国債地方債残高が900兆円ある反面、個人資産は1,400兆円あります。簡単に言えば、日本全体の財産はまだまだ赤字ではないのです

    日本の国内の財政赤字より怖いのは、実は日本が膨大に持っているアメリカ国債なのです。アメリカは財政赤字を垂れ流しており、米国債消化を日本へ押し付けてきており、今や保有が4、500兆円規模になっていると言われています

     日本経済はアメリカ経済と双子の関係で進んでおり、日本が破綻する時はアメリカの破綻する時で、ひいては世界経済の破綻する時でもあります。そのような事態は世界をかけて避けますので、必要以上の心配をすることはありません

    ただ、食料自給率の低い日本が生き延びていくためには、世界の頭脳となり、世界が必要とする先端技術の開発が不可欠なのですが、教育が破綻しつつある今、心配はあるでしょうね。

    ユーザーID:2365448475

  • まあ破綻はないでしょうが、、、

    専門家じゃないですが、アルゼンチンのケースは知りませんけど、よくあるパターンは発展途上国が自国内で資金を調達できずに高利で海外投資家向けに国債等の債権を売り出して、何らかの引き金でその資金が引き上げられ暴落、債務不履行というパターンじゃないでしょうか。

    日本の場合、何百兆円だか知りませんが確かに大量の国債が発行されていますが、大口の購入先は日本国民の個人資産1千兆円以上を預かる銀行などの国内金融機関でしょうから、国の中でお金が循環しているだけで、我々が生きている間は大丈夫じゃないでしょうか?(そんな単純じゃないでしょうが)

    ただ、この大量の国債は国家の財務政策の相当の足かせになっているとは思います。他にも原油価格上昇=穀物相場高騰、高齢化・人口減など、日本に明るい未来はみえてこないのは確かですね。

    日産のゴーンさんの著書にあったけど、このちっぽけで資源のない日本がなんで世界第2位の経済大国になっているのか?「人」が日本の最大の資産でしょうね。「人」を育てていかないと、本当に日本はマズイことになってゆくと思います。

    ユーザーID:3337961509

  • 賢くなること

    日本の経済よりも、アメリカの方がよっぽど危ない状況だったりしますがご存じでしょうか?
    どこの国も、頑張っている面と、ダメな面があると思います。
    ダメな面ばかり誇張して、不安感を煽る・・・
    週刊誌なんて、無責任なことも書き放題。いちいち信じてはいけません。読者の気を引ければ何でもアリということです。

    ネットを利用されている方ならネット上で、経済のことや政治のことを、勉強されては?(私も勉強中です)
    色々なものが見えてきます。
    くだらない煽りを信じて振り回されている場合じゃありません。
    もっと、他に心配しなきゃいけない深刻な問題が沢山あります。
    知るにつれ、怖くなりますが・・・・

    ユーザーID:3315155240

  • 資産をバランスよく分散させることでしょう

    私も日本経済の破綻がすぐに来るとは思いませんが、今後日本経済が明るくなるとも
    思えません。

    人口減少が最大のネックです。これは、国内マーケットを対象とした様々な企業の
    売上が構造的に頭打ちもしくは減少するということですので、新規投資の頭打ち、
    給料の減少、人員カット、ひいては倒産の増加など、今後暗い話ばかりが出てくる
    でしょう。

    東京経済圏にお住みの方は実感はないでしょうが、既に人口減少が進んでいる
    地方経済は本当にひどいです。明るい見通しや話は全く聞かないです。人口減少が
    東京圏でも問題視される時、日本全体が底なし沼に沈んでいると実感されるの
    でしょう。

    この状況に備えて庶民ができるのは、国内(円)に加え、欧米や新興国の通貨や
    優良株式にも分散して投資しておくことだと思います。日本と比較すれば、
    その他の国の経済の方が高い成長が期待できますので。仮に日本株式に投資する
    場合も、多くの資源の権益を持つ総合商社や強い国際競争力を持った製造業等に
    限って投資すべきで、国内市場に依存している小売やサービス業等への投資は
    論外だと思います。

    ユーザーID:2923345881

  • とりあえず資産の分散

    日本円の預金だけでなく、外貨・株・ファンド・純金(今高いけど)などに分散してます。家を買う気はありません。

    ユーザーID:7433395440

  • まあ、可能性はあるけどね

    中南米と日本は70年代奇跡と言われる高成長をし中南米は脱落していきました。一番大きいのは、産業構造(鉱物資源中心か、加工品か)の問題です。
    で、借りているお金以上に貿易で黒字を出せなかったので、為替が弱くなって、返すためのお金を調達しなくてはいけなくて、国債を発行してそれが信頼されずにインフレという流れです。

    日本は、最近だと金利よりも経済成長が高いですし、世界最大の債権国ですし、少子化は進展しますが、90年代からの経験を見ると、人が少なくても成長してるんですよね。30年後に破綻というのは少子化の話が根底にあるのでしょうが、それってあんまり意味のない話です。まあ、高齢者が増えるので、そういう人たちを活用して、若い人の負担を減らすのは大切です。

    アジアでは日本よりも、中国、韓国の方が不安でして。
    中国は北京五輪で建設ラッシュですが、その後に軟着陸できるのか、国内の格差が広がっているが政治的に不安定化しないのか。
    韓国は、日本以上に少子化のペースが速く、産業構造の変化も遅く、急激な高学歴化の反動で就職、結婚できない人も増えています。

    あとは米国がおかしくなる影響の方が心配です。

    ユーザーID:8958219077

  • トピ主さんへの質問です

    ラテン化、イタリア化って悪いことなんですか?

    具体的にどういった状況をラテン化、イタリア化というのかが分かりません。説明してくださると嬉しいのですが。

    ユーザーID:3311947506

  • 受け売りで恐縮ですが

    受け売りで恐縮ですが、
    日本政府は巨額のアメリカ国債を持っているから
    債務総額から債権総額をを差し引けば借金そのものは恐れるほどの額ではない。
    GDPの6割:西欧諸国並である、と経済アナリストの森永卓郎氏は指摘しています。

    詳細は下記リンクのコラムにて
    http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/103/
    http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/94/

    経済は素人なので、証券投資には言及できませんが
    資産形成において預貯金と実物資産(金地金、不動産など)を比較すると
    物価と所得が右肩上がりなら実物資産
    下落傾向なら預貯金が有利と考えられます。

    小生自身は個人レベルのリスクヘッジとして
    一部を預貯金以外の実物資産に切り替えよう、ということで
    細々と(毎月1万円)ではありますが、10年ほど前から金積立てをしています。

    ユーザーID:0811015194

  • 外から見れば日本は無借金国

    まず、良く日本は借金が何百兆円などとマスコミ等で煽り立てられていますが、アルゼンチンやその他の債務超過国とは借金の意味が全然違います。

    外から借りた借金と内から借りた借金の違いです。
    ようするに、サラ金や銀行から借りて返せなくなったのがアルゼンチン。
    日本の場合は、家庭内で夫が妻からおこづかいの前借をして、それが積み重なってとんでもない金額になったのです。
    日本の場合は、借金を返さなくても怖い人達が押しかけてくることも財産を差し押さえられる事も無いのです。

    恐ろしく乱暴な事を言えば、国会で日本の借金をチャラにする決議をすれば日本の抱えている何百兆円の借金は一瞬にして無くなります。
    (まぁ、こんなアホなことはしないでしょうが 笑)
    外国から借りているのでは無く、日本国内の問題ですからどうとでもなるんです。
    だから、いくら非難されても借金が増え続けるのです。

    しかし、外から見ればどこの国からも借りていませんから借金が全然無い国に見えるんです。

    ですから、外国からお金を借りて返せなくなった国と同じになるとは思えません。

    ユーザーID:8296545984

  • 破綻はしないけれど。

     日本国債の殆どは日本人の資産(郵貯、簡保、生保、年金、銀行etc)なので、破綻の可能性は考え難いですが、可能性が高いのはインフレと増税だと思います。国と地方の膨大な借金を考えると、庶民への課税が増えることは間違いなさそうですが、日銀が国債を大量に引き受けることによって引き起こされるかもしれないインフレも心配です。貯蓄がある人はインフレ対策をしておいた方が良いと思います。但し、1400兆円と言われる国民資産、高い技術力と教育水準、潤沢な海外資産、十分に整備されたインフラ等を考慮するれば発展途上国のようになることはまず有り得ません。オランダやイギリスは自ら製造しなくなって経済成長が鈍化しましたが、それでも今も豊かな国であることと同様に。

    ユーザーID:4078491678

  • 外貨投資

    円の価値が有るうちに、外貨を獲得しておきましょう。
    具体的には外貨や外国債権・株式などです。

    全ての資産を円だけで持っていると、
    リスクを分散できないので好ましくないです。


    横レスですが、住宅を買うかどうかは、ローンの金利がどの程度か、
    自分がどの程度の利回りで資産を運用できるか、によります。

    ローン金利<運用利回りなら、今あるお金を運用し、
    住宅はローンで購入した方がいいです。

    ユーザーID:5780237975

  • 勉強すること

    まじめな話ちゃんとした知識を身につけるほど、安上がりで効果の高い(いくらにでもふくらませることができる)対策はありません。
    まず、そのような言葉だけに踊らされることはないと思います。(簡単に説明するため、多くある問題から特徴ある1つだけを取り出して、レッテルを貼ることは、よくありますが、レッテルだけで判断すると間違いのもと)

    個人としては、別に目新たらしいことなく、地道に貯蓄を増やすこと、海外通貨の資産も持つこと、いろいろな種類の資産は分散させておくことでしょうか。
    ま、今の日本はゆでがえるですよね。こんな言葉に踊らされるより、いまの45歳以下の人がいまだに退職金をあてにしてる人がいたら、そのほうが心配です。

    ちなみに、いまのアルゼンチンは好調ですよ。ラテン化とか、イタリア化が何を意味してるのか、不明ですが、国全体のことなら70〜90年代のイギリスを参考にするといいと思ってます。

    ユーザーID:4701916840

  • いろんな意味で不安要素が多い

    サブプライムローン問題がこのまま拡大すれば、アメリカ経済はバブル崩壊に陥る可能性が大です。報道を見てもアメリカの金融界は相当に焦っているようで、世界中からお金をかき集めて対処しようとしているみたいですが、おそらくうまくいかないでしょう。そうなった場合、不況が世界中に飛び火するのは確実です。なにしろアメリカの消費はケタ違いに大きいですからね。とくに日本はアメリカなしでは生きていけない国ですから、確実に巻き添えを食います。それじゃあ我々に何ができるかというと、あんまりないんです。株も不動産も先行き不透明だし、海外投資にもそれなりのリスクがあります。できることといえば、余計なものを買わずに身辺をなるべく身軽にすること、ローンを含めて大きな借金をしないことです。事実、このところ金(ゴールド)の価格はずっと上がっています。金あまりなのに、お金の使いどころがあまりないという奇妙な状況なんです。あと世界的な食料不足に備えて田舎に移り住んで、自給自足をめざすのも手かもしれないって・・銭金じゃないんだから。でも本当に食料不足がおきる可能性もありますよね。

    ユーザーID:3860673779

  • 理解できます

    私も同じ記事を読みました。私は世界的に商売を個人でやっていますが確かに日本経済は危険だと思います。日本には2週間おきに訪問しますが日本ほど経済が底辺で動いている国は先進国リストの中ではめずらしいですね。これを解消するには政府が一段となって解消する事が必須ですが、現状の政治状況にも問題があり日本経済をよい方向へ持っていくにはかなり難しいですね。従って著者は適切な記事を書いていると思います。
    解消方法は国民が一丸となって政治を動かす力を出す必要があります。過去に他国でも同じような状況になった国が沢山ありましたが、国民が一丸となり正しい政治ができるような選挙を行い正しい人を選択して解消はされています。

    ユーザーID:6321408537

  • ふぉわふぉわさんへ

     日本の「ラテン化」「イタリア化」について、わかっている範囲でお答えします。
     「ラテン化」は、残念ながら出典がわからなくなってしまいましたので、私の記憶では、「国債のデフォルト」があったり、「ケセラケラの気質」になったりすることだったようです。
     「イタリア化」は、約10年前に出版された本によると、「経済が弱体化した上に膨大な財政赤字を抱えていたために、インフレに見舞わられて自国通貨の価値が下落し、先進国中最悪の国家財政というレッテルを貼られててしまう。(中略)そして、富める者と貧しい者がますます二極化する。」という内容のことが書かれていました。

    ユーザーID:6272547898

  • 中南米(補足)

    中南米の話をもうちょっと書いておくと、まずは海外から借り入れた資金で投資をしていたところ、基幹輸出産業の鉱物資源の値下がりに見舞われて外貨が稼げず借金の返済計画が履行できなくなった。
    で、借金を返さないといけないので、その資金(外貨)を何とかしないといけなくて、国内と海外から資金を集める必要が生まれ、国債を高い金利で発行して外貨を集めた。
    外貨預金を凍結するとかしたので外貨が逃げました。

    この結果、外国からの借り入れが国内からの借り入れに変化した。外債から内妻へのトランスファー。

    ところが、高い金利をつけた上に、インフレ分も保証する金利システムをとった。しかも、ドルにリンクする固定相場だったので、貿易赤字がたまると通貨への信用がなくなり為替が一気に変動し、国内でも高いインフレが発生した。あとは、悪循環の繰り返し。
    金融政策への信頼も低かったです。

    中南米の問題は、外国からの巨額の借入と、それを返すための貿易黒字を実現できなかったこと。その分を無理な国債発行で調達しようとしたことです。

    あと税の徴収がきちんと行われておらず、税金をきちんと払っていない人が多いのも問題でした。

    ユーザーID:8958219077

  • 大丈夫

    そういった予測はここ17年色んな所でささやかれていますが、全般的に日本経済は回復過程で銀行や保険会社も10年前に比べると比較にならないほど状況改善しています。日本経済は世界第二位の大きさでアルゼンチン経済の30倍以上の規模になります。そう簡単に日本経済が破綻することはありませんし、海外資本が突然日本から引き上げるということも実質的に難しいので円の貨幣価値もそれほど劇的には変わらないと思います。

    しかし、国の財政赤字が膨れ上がっていること、またこれから高齢化社会が進行して労働力が減っていく(+高齢者福祉等の公的支出が増えること)ことなどが重なって、大きな経済成長は望めないし、またいつかどこかで国民の税金負担が増えていくのは避けられませんし、あと数十年はそういった緩やかな下り坂経済時代になっても不思議ではありません。

    でも、アメリカや欧州(ドイツ以外)も短期的にはもっと傾斜の激しい下り坂に面してますから、相対的な日本の位置はそう悪くありません。個人的には老後の蓄えをきちんとして、インフレ対策なども怠らないことでしょう。

    ユーザーID:6082624692

  • 「経済に強い方」の信頼度

    「人間、完全に合理的ではありえないので面白い」
    僕はそう考えています。

    年頭、どこのメディアでも「日本経済、2008年はどうなる?」的な予想をしてますね。
    どこぞのエコノミストや評論家が年末の株価を予想したり、経営者が為替の行く先を当てずっぽうで予想する。

    もしお持ちなら、2007年頭の新聞に載った2007年末の予想を見てみましょう。
    「経済に強そうな人」の予想が、場外馬券場の予想屋のレベルと似たり寄ったりだってことが分かります。

    一見「らしい」予想だって信頼には足らない。
    大体、ちょっとアタマが良いくらいで信頼に足る予想が出来るなら、とっくの昔から出来てます。

    でも、その予想を皆が信頼するとしたら、その時点で予想前と皆の行動が変わり、予想が意味を成さなくなる可能性がある。

    なので、やるべきことは「もっともらしい予想を立てる」ではなく、「あったら困る事態に備える」でしょう。
    これなら、アタマの程度に関係なく出来ますからね。

    ユーザーID:6953359720

  • 日本にインフレはおこるか?

    仮に将来は円の信用が下がりインフレが起こるとみんなが思うとしましょう。もしくは財政破綻する可能性が高いと思ってるとします。

    すると、リスクがあるわけですから国債の金利は上がらないといけません。でも上がってないんですよね。これは将来のインフレリスクを市場が考えていないということです。

    10年前の本を出されていますが、この10年の長期金利をみると、その本のように考えている人が少ないってことになります。

    トピ主のだしている中南米なんてのは、インフレリスクがあるので、そのままだと国債を買ってもらえないために、高い金利をつけた上に、インフレが起こったらその分を補填して返すって形で発行していました。
    それが、インフレを加速させる要因にもなりましたが、そうしないと国債を買ってもらえない状況でした。これって日本に当てはまります?

    なお、中南米のインフレリスクってのは、貿易黒字が確保できないのでドルに対して通貨価値を維持できず、通貨価値が目減りすると考えられていたからです。この点でも日本にはあてはまりません。

    なお、消費税は先進国中最低水準で、法人税も抜け道多いので、財政に余力はありますね。

    ユーザーID:8958219077

  • 借金をなくせ

    よく株などをする人がいますが、まず住宅ローンなど借金をなくすことを最優先すべきです。
    そして、預金を1000万円してまだ余ったらそのお金でリスクのある投資をしましょう。

    ユーザーID:2240918001

  • 資産とは?負債とは?

    2回目です。国と地方の負債が900兆円で一方個人資産は1400兆円で、だから破綻しないと言う意見がりますが、実はこれは何の関係もありません。個人資産で国の借金を穴埋めするとでも言ったら資産家は海外へ逃げ出すでしょう。(私も含めてーー)現在通貨は110-115¥/$ですが購買力平価は240円くらいです。つまり実力は半分です。今後これが低下していくので1400兆円は実力ーーすぐに1/3〜1/4に下がるでしょう。では何故こんなアンバランスになったかですが、過去の税制にあります。もっと税金(所得税、消費税など全て)を上げて(例えば消費税20%くらい)個人資産を積み上げるべきでなかった、そうすれば国の借金は増えなかった。何故税が上げれなかったかは過去の国政選挙(直近97年)を見れば明らかです。今でも本来消費税を上げなければならないのに上げると選挙に勝てません。全てが選挙に関連しますーーよって先送りになり借金は貯まるばかりです。よって日本円で持っていても1400兆円など400兆円くらいしか価値が無いと見てます。よって外貨をバランス良く持つのが良いです。

    ユーザーID:6514442431

  • まだ若いけど

    まだ25歳ですが、主人と将来は海外に住むために勉強しています。二年前から海外株式でかなりの利益を得ましたし、外貨や国債も購入しています。私も主人も経済学部出身なので、早いうちから株式を購入してました。日本の将来は用なりません。しかし、日本は世界でも国の援助は手厚いと思います。福利厚生は整っているので、若いうちは日本にいて、50歳くらいになったら日本を出るつもりです。

    ユーザーID:8156893497

  • レスありがとうございます。外債と純金積立を検討中

     たくさんのレスありがとうございます。今は、過剰の心配は不要ですが、あまり楽観もしていられない状況だという気がしてきました。
     そこで、レスを参考に、外債と純金(またはプラチナ)積立を検討しています。どちらも価格変動があり、タイミングが大切なので、結局は自分で勉強しなくてはいけませんね。

    ユーザーID:6272547898

  • 政治家の国民だまし

    政治家の国民だましと,不勉強なメディアのせいです.

    同じところをリンクされている方がいますが,一つの参考として,ここをお読みになると「自分が次に何を知るべきか」がおわかりになると思います.

    http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/

    消費税を10%以上にする必要がないかもしれません.

    ユーザーID:6032098196

  • ああ庶民

    日本国債が仮に海外で売りに出されるとして、今の利率でも
    あっという間に完売するようだったら、見直すかもしれない。
    「リスク回避の円買い」という言葉も案外「嘘」じゃないんだなと。

    今後物価が上がり(子供の大学の学費、今年2割も上がる!どうせ負け組中退歓迎)
    高齢者の預金の取り崩し等が始まり、団塊の世代の引退が本格的になり、
    その世代の退職金があまり預金や国債に回らず、投資や生活費の補填に回ったら・・
    年金支払いだってキツさが本格的になり、どうにもこうにも・・・

    日本企業の一部は最強だけれど、今後も外資に見習い、役員や株主重視が進むだろう。
    庶民ができることといったら、無駄をはぶくこと、投資をすることぐらい。
    我が家の無駄は・・・いっぱいあるのでやめときます(笑)。

    私個人の無駄省きとしては、
    投資で小金ができ、エステのはしごをしようと思っていたのをやめました。
    自宅の風呂でセルフエステの道を歩んでいます。
    夫のスーツは上質なのを新調しました。機嫌良く働いてもらおうという魂胆。

    健康と体力の維持も庶民こそ必要でしょう。

    ユーザーID:6894989490

  • 資産運用と財政再建

    二度目です。
    破綻とかいう非現実的な話は別として資産運用を考えると、マクロの視点で考えるなら、預貯金を減らしていくべきのような気がします。他でも出ている経済の得意な某紙のサイトの中では、下記コラムに注目しました。

    http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm

    この執筆者によると、家計が貯蓄する一方で企業が金を借りない状況下では、政府部門が赤字になることで経済がまともに機能するようです。家計が株式や債券に投資し預貯金を減らし、企業が借り入れする状況になってやっと財政再建に取り組める、という理屈ですね。本来、日本ほど預金金利が低ければもっと預貯金から資金が流出しそうなものが現状まだまだそうなっていないために、財政再建が困難になっている???

    個人的に思うのは、上場企業で利益のでているところはもっと配当を増やすべきだと思いますね。

    ユーザーID:5436709354

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧