宇宙人はいますか、UFOは実在しますか

レス52
お気に入り45
トピ主のみ4

異星人

学ぶ

私は、地球外知的生命ETは実在の可能性が高いと思っています。銀河系内の数千億もの恒星とその周りを回る数兆もの惑星を考えると、地球だけが特別だなんて信じられません。でも、数兆もの惑星のことを考えると、宇宙人が特に地球を選んでやって来るなんてことも信じられません。ありふれた惑星である地球に何しにやってくるんでしょうか。マルコーニが電波で信号を発してから100年しか経っていません。つまり100光年以内の宇宙人しか地球に文明があることを知らないはずです。だからUFOが地球に来たことは無いと信じています。皆さんはどう思われますか?

ユーザーID:0432354980

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数52

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いると思います

    ていうか、地球人も宇宙人の一種だもん。

    私は今から三十年以上前に、近所の原っぱで二十人くらいの子供と一緒に
    UFOらしきものを見たけど、別に襲われたわけでもないし、
    その後は一度も見てません。

    まあ、いてもいいし、いなくてもいいかなって感じです。

    ユーザーID:2436223204

  • 宇宙人もUFOもいると信じて真面目に考える

    まず、高度に発達した文明をもってすれば、どういう条件の惑星で生命が発生・存続するか解明できて、そういう惑星を探知することは可能でしょう。それで地球は既にみつかっているでしょう。

    次に、何十か何百光年かなたからどうやってやってくるかですが、まず最低限光速に近い速度で進む必要があります。生身の体では慣性力か時間の経過かいずれかに耐え切れないでしょうから、遠隔操作か、人工頭脳かでコントロールしているんじゃないでしょうか。

    大きな疑問は、何年か何十年かの間光速に近い速度を維持する推進力をどうやって発生させているかですね。例えば陽子と反陽子をぶつけると質量が全てエネルギーに変わるといいますね。それを一部推進力にあて一部反陽子の再生産にあてる?

    いやそれよりも、そこまでして何しに来るのか?それがわからん。

    ユーザーID:6424806131

  • 宇宙人が地球人と交流を持とうとしない疑問

    以前は半信半疑でしたが、現在私は、
    UFO(と呼ばれる飛行物体)は第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが開発した円盤形戦闘機という説を支持しています。
    これは20年以上も前に、某氏が著書で明らかにした説ですが、その本を読んだ時は半信半疑でした。

    現在、ドイツ軍のマークの入ったUFO写真をネットで見かけることもあり、たぶん本当なんだろうな、と思っています。

    といってもUFOナチス・ドイツ製説を論理的・科学的に証明することはできません。しかし「宇宙人はなぜはるばる太陽系までやってきて、地球という文明が発達している星を発見したのに、そこに住む文化的生命体(つまり地球人)と交流を持とうとしないのか?」

    という疑問は強く感じます。その理由を考えると、やはり
    「UFOの搭乗者たちは、地球人をよく知っているから」
    という結論におもむかざるを得ません。
    UFOそのものは、彼らが引き起こした数々の事件(ワシントンDC上空乱舞事件など)からも、実在すると思いますが、UFOに宇宙人が乗って遠く宇宙のどこかからやってきた、という説には、私は強く否定的です。

    ユーザーID:2939141816

  • いますよ、宇宙人は(笑)。

    月には、
    異星人の宇宙ステーションがあるらしいから。
    で、地球を見張っているらしいです。
    ビートたけしのテレビでやってました。

    月着陸のあの有名な宇宙映像はウソらしいし。

    私、スピリチュアルの江○さんよりも
    信じています。

    ユーザーID:8622479107

  • 存在すると考える方が自然かなと思います。

    私たち人類の科学レベルを基準に考えると、「私たちの存在を知られるだけの時間が経過していない」となるように思いますが、私たち人類の科学レベルは、まだまだ発展途上と思えますし、何か(通信)電波以外の手段で発見されているのかもしれないと思います。

    例えば、私たち人類の科学者達が初めているようですが、恒星とその惑星の位置や重さの関係を調べることで、生命体が存在する可能性を推測してますよね。そのような方法で調査対象の絞り込みが行われたとしたら、確率は高いかも。

    で、ありふれた地球ですが、高度な文明を持つ地球外生命体(がいるとして)、生命の起源とか、原始時代を研究するという意味では、(観察できる生きた標本)として有意義なのかも(苦笑)

    ユーザーID:6341990257

  • 連中の文明の進み具合によるかも

    遠い星の彼方の住人の文明の進み具合によりけりでしょうね。
    仮に惑星Xの住人の文明レベルが地球の西暦1000年程度なら、電波、光波による通信手段は持ち合わせていないでしょう。現代レベルなら、ようやく月程度まで往復可能な交通手段を得た程度でしょう。

    相手の星の文化が平安時代程度のレベルでしたら、さぞ雅な生活を謳歌しているかも知れません。

    また宇宙はかなりなスピードで広がりつつあるらしいので、超高速な移動手段をもってしても、異星人間の交易は非常に困難、いや無理ではないでしょうか。つまりUFOが完成したとしても地球に来ることは不可能だと思います。

    ユーザーID:9595179009

  • トピ主です。

    これまでに太陽系外惑星が200個以上発見されているそうですね。他の恒星系の惑星からも太陽系が観測されているかもしれませんね。政府は12月18日の閣議で、「UFOの存在を確認していない」という答弁書を決定したそうですね。やっぱりみんな心のどこかでは、地球外知的生命存在の可能性を信じ始めているのでしょうか。それなら地球外知的生命の探査(SETI)にお金を出してもよさそうな気がしますが。SETIは今までにどんな成果をあげているんでしょうか。情報お持ちの方いらっしゃいませんか。それらしい信号は捕らえたのでしょうか。地球に来たかどうかは別としても、宇宙船の動力源は何なのでしょうね。ダイリチウムじゃないですよね。(スタートレックの見過ぎですね)物理的に可能でないと、ただの空想科学小説になってしまいますね。

    ユーザーID:0432354980

  • 無人かステルスモードで

    宇宙人は絶対いると思います。
    でもUFOに宇宙人は乗っていないと思います。

    UFOって、目に見えるヤツですよね?

    私が宇宙人なら無人探査船としてのUFOなら見えてもかまいませんが、
    よその星に初めて行くときには、
    打ち落とされたらイヤなのでステルスモードを使用します。

    ユーザーID:1698454881

  • 笑えた

    私はもっと細かくて、「地球のような環境でなければ生命は存在しない」のもあり得ないと思ってます。
    たまたま地球で生きているものが、そういう環境に適応してるだけだもん。
    あと、「今の文明が高度」も思い込んでいるだけで過去の地球の生物(人間とは限らない)が、
    今の人間からみたらびっくりするような発明をしてたけど、利用されないか、
    地球環境の変動で適用されなくなったからそのうち滅びたとか思ってます。
    「科学」は既にある事実から結果を導きだしてるだけで、未来は予測できてませんから、
    万能とか思いこんでる人の気持ちはわからない。
    でもUFOが何のためにくるのかは、わからないですね。おっしゃるとおりだ。
    昔地球にいたことがあって、環境の変化で脱出したけど、帰ってこようと画策してるとか。
    妄想ばかり膨らみますが。

    ユーザーID:7292275521

  • UFO

    いると思いますよ。
    だって色々と証拠写真とかあるし、この広い宇宙の中では決して不思議ではありません。

    私は人類に似た生き物がどこかにいると信じているし、いてもおかしいと思いません。

    我々だってここまで色々な技術は発展したし、他の惑星なりで起こっても不思議じゃないですよね。


    私もいつかはUFOを目撃するのかな〜?

    ユーザーID:0159245855

  • いる可能性はあるが、地球に来るかな?

    地球に生物がいるのですから、宇宙に生物がいてもおかしくありません。それが知的生命体であっても不思議はないでしょう。

    ただ、二種類の問題があって、
    1)同じ時点で存在しているのか?
    2)会うことはあるのか?

    1)については恒星もたくさんありますし、どこかに同時点で知的生命体がいるかもしれません。

    となると問題は2)です。
    仮に地球に来たとして、どうやって、何のためにが重要です。
    宇宙空間を光速で移動して近い恒星までで4年ちょっとです。
    近いように見えますが、太陽系を脱出できる第3宇宙速度が16.7 km/sで、これだと7万2千年かかります。(笑)

    まあ、それよりも速いスピードでくるとは思いますが、それだけのコスト(時間)を払って、地球に来る意味があるんでしょうか?

    いそうだから見に行ってみようと思える距離ではないと思います。
    あら、いなかった!ではすまないですしね。

    あと、移動の際の速度の維持については、一回だせば慣性ですすむので、それほど問題ないかと思います。
    でも、地球に下りるので微調整とか、地球の大気の中をフラフラ飛ぶとか、帰る時にまた加速するのは大変でしょうけどね。

    ユーザーID:8735988618

  • 色即是空

    コロンブスがアメリカ大陸を発見するまで、ヨーロッパの人にとっては、「アメリカ大陸」は存在すらしませんでした。
    だって、そんな大陸があること知らなかったのですから。
    では、アメリカ大陸は、コロンブスが発見するまで、存在しなかったかといえば、NO!ですよね。
    ちゃんと、人間が居て、そこで生活し、文化を築いていたわけです。
    でも、ヨーロッパの人にはそんな大陸が存在することすら知らなかったわけです。
    しかも、元々あった大陸を「発見」と言い切ってしまい、その後、ヨーロッパの文化にも新大陸や新世界
    として影響を与えたわけですから、面白いですよね。
    トピ主さんには、この言葉を贈りましょう「色即是空 空即是色」。

    ユーザーID:5436531741

  • 宇宙人はいるがUFO(宇宙人の乗り物)はいない

    宇宙に地球人以外の知的生命体が存在する→限りなく100%
    その知的生命体が地球にやってきている(その乗り物がUFO)→限りなく0%

    というのが、ちょっとでも理系の学問をかじったことのある人にとっては普通の見解ではないでしょうか。


    「○○という星に知的生命体が存在する可能性がある」という科学的根拠のある話題と、
    「UFOを見た」とか「宇宙人に連れ去られた」とか「政府は宇宙人と交信している」とかいう単なるオカルト話が、
    一緒に語られることが多いのが悲しいです。


    真面目に研究している人たちもたくさんいるのですから、例えばテレビ番組を作るにしても、
    面白おかしく妙な演出を加えずに、事実だけを伝えるようにしてほしいと思うのです。
    それだけでも十分に宇宙は面白いのですから。

    ユーザーID:5647697910

  • トピ主さんに全く同意します

    普通に考えれば、この瞬間(宇宙は広すぎて確認できませんが)だけを考えても、どこか知的生命体がいると思いますし、過去も含めれば、地球だけという方が不自然です。
    理由はトピ主さんと同じです。

    さらに、トピ主さんの書かれたとおり、地球に来たか?といえば、それも同様にないと思います。少なくとも地球に来るくらい(地球の現代文明、技術に比べれば)高度に発達したものをもった生命体が、いわゆるUFO報道のようなチラ見せだけで、何もしないことはありえないと思います。

    以上、3次元の世界に限った話ですが、地球外の知的生命体がいるのは当たり前。
    地球には"たぶん"来てないと私は思います。
    まあ、昨年の政治家たちの話は別にして。

    ユーザーID:8114205644

  • 僕らも宇宙人♪

    あなたが信じていればきっと宇宙人は存在する!そうですねぇ、地球なんかに宇宙人こないですよね。そんなに発展してないし。他の星にはきっとすっごい技術をもった宇宙人、いると思いますよ。気が向いたら地球に寄ってくれますよ。それまで気長に待ちましょう!

    ユーザーID:5713555057

  • UFOって

    未確認飛行物体のことで、宇宙人の乗り物っていう意味ではないですよ。
    まぁ、宇宙人の乗り物も未確認飛行物体の一部ではあるでしょうけど。

    それはさておき、宇宙人はいるでしょう。
    まめいかさんが言うとおり、地球人も宇宙人だから。

    で、宇宙人の乗り物が地球まで来たかという点については、
    まだ来ていないのではないかと想像します。

    例えば、その宇宙人の技術力が地球レベルでは異星にたどり着くのは無理なわけで、もっと高度なものが必要だと思うのですが、まだ異星にたどり着く技術レベルまで到達していないのではないかと思うのです。
    もし達成してて、地球に生命体がいるとわかれば、太陽系内にうじゃうじゃやってきそうな気がします。

    ユーザーID:3305924316

  • 直観的にはいると思います

    宇宙人がいるという証拠はないでしょうが、いないという証拠がない限り、いると思います。
    広い宇宙にいないはずはないし、生命というものは一定の条件が整えばごく普通に発生する気がします。
    生命は宇宙のあちこちに存在していて、進化しているものもいるはずです。

    宇宙人が地球に来たかどうかについてですが、
    太古からの地球上の生命の進化は緩やかにコントロールないしプログラムされている気もします。
    この世界のクリエーター?みたいな宇宙人がいるのではないでしょうか。
    もちろん勝手に想像して思っているだけですが。

    ユーザーID:4139836490

  • 居ても出会えない

    タイトル通りです。人は自分の尺度で考えますが、宇宙規模で考えた時に人類が生存してる時間は「限りなく無に近いほんの一瞬」それも何時の時代か判らない一瞬。
    数百〜数万光年の宇宙空間に居ると期待したい知的生命体が、宇宙空間の中で無に等しい大きさの地球に、それも今の地球に出会う可能性は天文学的な壮大な世界に起こる可能性だとしても限りなく希薄な奇跡でしょう。
     人類は夢を見る。芸術に心を踊らせる能力を備えています。遠くに生きたい夢が、遠くから来ていると期待する気持ちを作り出しています。空想の世界。

    UFO。未確認飛行物体。「何だか判らないけど飛行してる」ものを指す言葉です。これを宇宙人の乗り物と仮定するのは人類が備えた夢心。我々が目にする映像は何時も幼稚な映像。これを宇宙空間の彼方から来た宇宙人の乗り物と断定するなど無理が有る。軍隊が撮影したUFOはUFOと分類してるだけ。不思議だなーと苦悩するのは良いけど、判らないから「宇宙人の乗り物と断定する」のは幼稚です。
    宇宙人が人間の形態をしてると期待してるのも空想です。ヒョットするとウィルスかもしれない。地球上に存在しない生物の可能性もある。

    ユーザーID:9756828849

  • いると思います。。。

    地球以外の星にも、『知的生命体』は必ずいると信じています。。。
    その中には、『UFO』を飛ばすほど、科学が進歩している人々もいるでしょう。。。
    が、しかし、テレビなどでよく見る、「『UFO』写真」等は、
    ほとんどが、ニセモノなのでは・・・
    と思っています。。。

    気が遠くなるほどの距離を航行し、
    地球の大気圏をくぐりぬけてくるには、
    あまりにもチャチな気がするので。。。

    この無限に広がる宇宙の中で、
    ものを考える能力をもつのが、地球人だけ、
    と考えるほうが不合理だと思いますね。。。

    ユーザーID:4805445287

  • UFOを誤解しないで!

    宇宙人はいるでしょうどう考えたって、この宇宙のどこかに。
    宇宙に知的生命体が存在しないのならば、我々地球人も存在してはいけないことになりますからね。

    日本では何故か、UFO=宇宙人の乗り物というように定義されていますが、
    UFOは未確認飛行物体の頭文字をとったもので、宇宙人の乗り物という意味ではありません。
    あくまでも、ぱっと見て正体がすぐに分からない空を飛んでいる物体という意味です。
    ですから良く調べれば自然現象だったり、何かの見間違いだったりというのが大半です。

    ユーザーID:2965609304

  • 宇宙人

    宇宙は広いですから、どこかに宇宙人はいると思います。
    けれど、UFOはいないと思いますね。地球に来れる程の距離で地球に似た星って見つかってないですもんね。
    例え光速で移動しても、地球に来るまでに何千年、何百万年、何億年かかるかわからないし。
    第一、人みたいに科学が発達してるのかどうかも分からないですし。
    UFOはあり得ないです。

    テレビや雑誌で取り上げられてる空飛ぶ円盤。あれは100%偽者です(断言)。

    ユーザーID:6846373013

  • いる

    我々の銀河内にいるかどうかは分かりませんが、無限に大きい宇宙のどっか他の星にも他の生命体がいるでしょうね。UFOはあくまで「未確認飛行物体」なので、それをすぐ宇宙人の乗り物に結びつけることはできないでしょう。

    ユーザーID:5840966930

  • 必然か、偶然か

    学生時代に同級生がセミナーで「地球規模の惑星では月に行くような知的生物が、必ず生じるか」と質問して、大論争になりました。

    現在の知識では次のようになるでしょう
     生命の誕生:バクテリアのような生物は誕生するー必然
     知的生命:多くの偶然が必要、地球がバクテリアだけの惑星である可能性も否定できない
     例えば、9億年前-6億年前の間、今と正反対の現象で地球が全部凍った時期もあった。大隕石が恐竜にとどめを刺さなければ、今は知的恐竜の時代かも

    地球外知的生物の地球飛来は、光の速度以上の宇宙船でなければほぼ不可能ですから、ないと考える方が論理的。我々が他の惑星に到達するには、宇宙船のエネルギーと食料を差し置いても、人工重力、宇宙線(原子が光速近い速度でぶつかる)の防御、閉空間での精神状態、等々、課題が山積です。空飛ぶ円盤がこれらの問題を解決して、はるか彼方からやって来れるとは思えません。

    地球のような星を宇宙で探すのは、サハラ砂漠に落ちている真珠を探すのより難しいでしょう。宇宙船地球号はそれほど貴重な星です

    なお、未確認飛行物体UFOの意味では「わからないもの」ですから、存在します。

    ユーザーID:1913840698

  • おもしろいですね

    私は、宇宙人、と言うか、
    地球外知的生命体はいると信じていますが、
    UFOは半信半疑です。

    トピ主さんもスタートレックを御存知のようですが、
    基本的に、文明レベルに著しく差がある場合は、
    「不干渉」が原則のようです。
    遅れている文明が、進んでいる文明を受け入れられなかったり、
    これまでの文明が完全に破壊されたり、あるいは、
    新しい武器を得て、暴走したり、など、
    レベル差による危険なことがあるから、と言うことらしいです。
    特に好戦的な人たちの場合は、武器に対する危険はぬぐえないですね。

    今の地球人は、はっきり言って、好戦的な人に入ると思いますので、
    交易を結ぶ価値に値しない、と、様子見されているのかもしれませんね。

    ちなみに、私は、
    「人間が想像できる科学は実現できる」と言う俗説を信じているので、
    そのうちに光速を越える移動手段が発明される、
    と、信じています。
    なお、移動が光速に近づけば近づくほど、時間の進みが遅くなる、
    という理論を御存知でしょうか?(特殊相対性理論)
    その理論を応用すれば、長距離の移動は、光速程度でも可能です。

    ユーザーID:1065043218

  • どちらも信じますが・・

     宇宙人もUFOの存在も信じます。でも宇宙人がUFOに乗って地球に来るというのはにわかには信じられません。
     UFOというのはそもそも未確認飛行物体のことであり必ずしも宇宙人の乗り物というわけではありません。大半は解明されれば「なんだ・・」というようなものだと思います。
     宇宙人につきましてはどのレベルを生物でなく人と呼べるかによりますが地球以外にも何かしらの生物はいると思います。(もちろん人間以上に知能の発達した生物もいるかもしれません) 
     むしろ地球人こそ数十年後には他の惑星で生物を発見し彼らから宇宙人と呼ばれる側になるのでは・・と思います。

    ユーザーID:1498240587

  • 太陽系にはいるかも知れない、銀河系にはいないかも知れない

    太陽系にはいないと思う
    いたら既に発見していると思うから
    でももしかしたら、いるかも知れない

    銀河系にはいると思う
    広いからどこかにはいると思う
    でももしかしたら、いないかも知れない

    宇宙のどこかにはきっといる

    ユーザーID:8971480279

  • 横ですが異星人の文明ってどんなだろう

    横ですが、もし異星人が実在するとしたらどんな家に住んで、どんな町があって、どんな仕組みの社会なんだろうって子供のころから思っていました。ありえないとは思いますが、宇宙人にさらわれてその星を見たことのある人がいたらぜひ教えてほしいです。

    ユーザーID:6214978721

  • ごく合理的な考え方て・・・

    地球もそこに住んでいる人間も特別な存在ではない・・と考えて、”地球外知性ET”はありえると考えるのはごく合理的です。だからといって、ETがあるなどとは云えません。見たことが無いのですから。あるかもしれないけれど分からないとしか云いようがないではないですか。そこのところを、”あると思う”などと云ってしまうのだったら、無責任(面白半分)・論理の飛躍・あるいは擬似宗教のどれかであるといわざるを得ません。
     仮にETがあると仮定して考えてみるのは良いことだと思います。ちゃんと考えるなら、頭の訓練にもなります。そのような考察はいろいろ出来るでしょうが、その中でも私が気に入っているのは、ETも地球の人間を超える進化を遂げておらず、時間と空間の制約を乗り越えられないというものです。或いは、進化しすぎて、今地球の人間が向かっている滅亡の過程を経験してしまって、今は居ないのかもしれません。私たち人間も、将来遭遇するかもしれない”地球外知性”を知る前に滅亡してしまうのかもしれません。というよりも、その可能性の方が高いのではないでしょうか?

    ユーザーID:7714018945

  • 宇宙人いる?

    どなたかが書かれているように地球人も
    宇宙人の一部ですね。
    宇宙人はどこかに存在はすると思いますが、

    地球から一番近い恒星系が4光年あまり
    かかりますね、理論的に光速は難しいので
    仮に0.5光速としても8年以上かかります。
    燃料、食料はどうするのでしょう。
    ワープは物理的にあり得ませんし、
    その期間をかけて行く理由は何でしょうか、
    帰ってくるのにまた同じ期間が必要ですし、
    往復16年かけて何をしにいくのか、
    その間に地球の情勢も変わりますし、
    同じ事が他恒星系の宇宙人にも
    当てはまると思いますので
    宇宙人は地球に来ていないと思います。

    UFOのあの動きは物理的にあり得ません。
    重力制御とか言う方もいますが、
    重力は引力、質量ですから
    制御は出来ないと思います。

    そしてあの急に移動する機体の中で
    どうして生物が操縦出来るのでしょう。

    ユーザーID:0351887400

  • 知的生命体と見なされていないとか

    UFOに宇宙人が乗っているとして、地球人と交流を計ろうとしないのは、地球人が知的生命体と見なされていないのではないかと思っています。
    それに、宇宙人が我々が想像できるような形状をしているとも思えませんし。
    ○○島に珍しい生き物がいると観察をする人や人気があるとツアーとかありますが、その生物と知的交流をしようとはあまりしませんよね。
    NHKで良く見る動物の世界のごとく「こちらのアリは大変興味深い行動をします・・・」みたいに、アリ塚からカメラを入れて覗いているようなもんかも知れないと思ってます。

    ユーザーID:4578864083

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧