おみくじの言葉の意味

レス8
(トピ主0
お気に入り3

生活・身近な話題

オレンジ

新年明けましておめでとうございます!

今日、おみくじをひいたのですが、『ふしんごとよろづよし』と『洗うとは悪きを改むるなり としをふるとはそのこうをつむなり』言葉の意味がわからないのでどなたか教えて戴けませんでしょうか?

ユーザーID:0058738312

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とりあえず・・・

    ワープロでちょっと漢字変換してみれば少しは見当がつくんじゃないですか?

    私もあまり詳しくないですが、こんな意味かな、と自分なりに少し手前勝手に(都合のいいように)解釈してみました。

    最初は、「普請事万良し」、たとえば家を建てるような大きなものごとを始めてよい、ということでしょう。
    次は、少し意訳すれば「心を綺麗に洗って悪い習慣を断ちましょう」、といったところでしょう。
    最後は、「歳を経るとはその功を積むなり」、年齢を重ねるというのは人格や徳を磨くことです、という感じですかね。
    (間違いや誤解はお許しを)

    それよりも・・・。
    思いっきりヨコですけど、こういう言葉の意味もよう理解できないようなおみくじって、何かの効き目があるんですか? 自分で意味もロクにとれない、しかも新年早々他人任せみたいなことをしなきゃ解決できないようなものに、果たしてご利益なんかあるものなんでしょうかねぇ?
    いきなりお小言で申し訳ないけれど、まずはそういうところからあらためることをお考えになってみてはいかがですか? 「洗うは悪しきをあらためる」って、つまりそういう戒めかと思いますけど。

    ユーザーID:7046787358

  • 同感。確かにわかりにくい

    ぶーのんさんのお小言はもっともですが、確かにおみくじの内容は現代人にとって難解すぎます。内容だけでなく字体まで読みにくいときている。おみくじである以上、そこに書いてある意味がわかってこそ役に立つわけで、いちいち辞書を引かなければわからないような昔風の難解な表現を使う必要などないはずです。しいて言えば、そのほうがありがたみを感じるというぐらいでしょうか。それならそれで、おみくじ売り場のところに解説の看板でも立てておけばいいのにね。

    ユーザーID:9651956795

  • 昔ながら☆。

    おみくじの印刷って、昔ながらの寡占事業だと、TVの特番で見たことあります。
    昔から、一手に引き受けて印刷していて・・版も古いの。

    長らくずっと変わらず愛されてきたものなので・・個人的には今のスタイルがいいなぁ―。

    ちょいと古文調で、和歌にも似てる文体ではあるんだけど、“その方が伝わる”ことが多いんですよ。
    「はて?」と首をひねって、よくよく読み込んでみると、表面的な意味だけじゃなく、掛け言葉的になっていたり、暗喩が含まれていたり・・。
    何度か噛み締めると、腑に落ちるし、印象深い。

    日本語の深みと滋味に触れる、よい機会ではないでしょうか??

    ユーザーID:5814088303

  • 私なりの解釈です 1

    1.『ふしんごとよろづよし』
    私は最初「ふしん=不振」だと思いました。
    それが「よろづ(=すべて、万事)よし(良し)」ということで、
    『これまで振るわなかった事(うまくいかなかった事)が全部うまくいく』
    ということかなと解釈しました。

    ただ、ぶーのんさんの「普請」説も説得力があり…
    私にはどちら正しいのか分かりません。
    『転居』や『事業』の項目でそう書いてあったのなら、
    「普請」が正しいのではないかと思います。

    「ふしん」という言葉は他にもありますし、
    前後の文脈によって意味が変わってくると思います。
    一度辞書を引いてみてはいかがでしょうか。


    長くなってしまったので、続きます。

    ユーザーID:2656232474

  • 私なりのかいしゃくです 2

    2.『洗うとは悪きを改むるなり』
    直訳すると『洗うということは、悪いものを改めることである』。

    『悪き』が何を指すのか分からないので、
    推測は置いておいてそのまま訳してみました。
    どの項目(待人、病気など)の言葉で、
    前後の文はどうなっているのか分からないことには
    判断できませんでした。
    癖、習慣、健康上の何か、人間関係などいくらでも考えられるので。


    3.『としをふるとはそのこうをつむなり』
    「としをふる=年をとる、年齢を重ねる」とは
    「こうをつむ=経験・年功を積む」ことであるということで、
    『漫然と年を重ねるのではなく、年齢に見合った経験と力を身に付けなさい』
    と意訳するのが良いような気がします。


    個人的に、『洗うとは悪きを改むるなり としをふるとはそのこうをつむなり』の前に、
    『洗うを怠らずとしをふるべし』のような文があればしっくり来るのですが…。

    何の専門知識もなく書いていますので、
    間違っていたら申し訳ありません。
    良い1年になるといいですね!

    ユーザーID:2656232474

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 古風な言い回しの風情にこそ

    2度目です。

    オレンジ(トピ主)さま、しんちゃん堂さま、まずは新年早々のお小言失礼しました。

    でもねぇ、おみくじってば、そういう古風な表現でこそ、と思ってしまいますけどどうですか。
    「失せ物」が「失くした物」、「待ち人」が「待っている人」、のように書かれていたら、かえってありがたみも効き目も何もなくなっちゃう気がします。
    とくに、あまりよろしくないご託宣のとき、露骨にバッサリやられちゃったらイヤですよね。
    直截な表現をせず遠回しに、奥床しさを感じさせる方が、“らしい”雰囲気が出せるのでしょう。

    それに、“ひらがな”で書いてあると難しいことも柔らかく感じます。もしかしたら外国の方にも配慮しているのかもしれません。漢字は難しいけどひらがなならわかる、という方もいるでしょうしね(意味が取れるかは別ですが)。

    要は、身もフタもないですが、たかが紙切れ1枚(失礼)でオタオタするな、ということです。・・・なんて書き方をしたらそれこそツッコまれるのかな(笑)。

    ユーザーID:7046787358

  • トピ主さんは高校生?

    まぁまぁ、新年からお小言もないでしょう。
    お若い方でしたら仕方ないのかなぁ、と軽く流しておきましょうよ。
    トピ主さんが高校生なら、古典の先生に聞いてみたら、親切に教えてくれるのではないかしら。

    また、辞書をひいて、いろんな言葉をあてはめながら考えることもよい勉強になりますよ。
    安易に人にきくのは手っ取り早くていいけれど、自分で考えることは、これからの人生でもっとも大切なことなので、考える力を養ってくださいね。

    ユーザーID:3465540776

  • わかりやすいものばかりにする必要はないと思う

    世の中、わかりづらいことがあっても良いんじゃないでしょうか。
    すべてのことをわかりやすく変えていったら、
    一般の人はますます物を知らなくなりますよね。
    その余った脳の部分で何か有益なことができれば良いのですが。

    この言葉は何だろうって思って、調べたり人に聞いたりして
    古い言葉も覚えていくというものではないでしょうか。
    古い言葉って趣がありますし、それを理解できるのは
    英語が理解できること以上に自分は嬉しいし
    あの言葉遣いも含めてお正月の雰囲気を味わっています。

    トピの内容とはまったくはずれてしまってますね。
    横でした。

    ユーザーID:6266053213

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧