• ホーム
  • 健康
  • 子宮全摘、するかしないか悩んでいます。

子宮全摘、するかしないか悩んでいます。

レス16
(トピ主3
お気に入り5

心や体の悩み

スナッフルビット

もうすぐ35歳になる、既婚女性です。
直径10センチのものと4センチのもの、二つの子宮筋腫(筋層内)があり、昨日、お医者さんと具体的な手術の話をしてきました。

以下の状況から、全摘出するのが良いようです。

1.子宮温存を方針に手術開始するのは可能だが、サイズと位置から言って、結局全摘出にせざるを得ない可能性が高い。

2.温存成功しても、妊娠に耐えうる子宮には戻らない。妊娠したら裂けてしまう、弱い子宮になる可能性が高い。

3.前に結婚していた間に、5回の流産、死産を経験し、その際に、卵子に染色体の問題があるので、今後もし妊娠しても、同じ結果になる可能性が93%
と言われている。
また、現在の夫は無精子症なので、私たち二人が自分たちの(=生物学上の)子供を持つことは不可能。

子宮を残すことに、身体的なメリットはない気がしています。
でも、全摘出した人の喪失感などを見聞きすると、ある「だけ」でもあったほうが良いのか...。

アドバイスをお願いします。

ユーザーID:2395284854

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も悩みました

    こんにちは。
    私も35才のときにトピ主さんのように子宮全摘した方がいいと言われましたが、独身ですのでとても悩んで子宮を残しました。
    多分、トピ主さんより筋腫は大きかったと思いますし、同じ時期に入院していた人も同じぐらい大きかったのに残す方を選択して、その後妊娠元気な子供がいらっしゃいます。
    あれから10年たって、私は未だに独身で、再発しててまた手術を勧められていますが、子宮を取ってしまうという事は考えていません。
    探せばいくらでも病院はあります。
    病院をかえてみるとかはしてみましたか?
    トピ主さんへのアドバイスにはなっていなくてごめんなさい。
    今は新しい治療法も色々出来ているので私はそれにチャレンジしてみようかとも考えています。保険適用外はきついですが。

    ユーザーID:6048995985

  • デメリットは?

    子供を産まないなら子宮を置いておく身体的メリットはないかもしれませんが、もし現在、貧血など辛い症状がないなら、温存してもデメリットはありません。私は貧血がひどくて取りましたけど、医師も「我慢できる症状なら子宮筋腫は治療しなくてもいいんです。」と言っていました。筋腫の種類にもよるのかもしれませんが。

    子宮を失うことへの感じ方は人それぞれらしいです。私は全く落ち込んだりせず、体調がよくなって嬉しいだけでした。トピ主さんがどう感じるかは、ご自分で心の中を探っていただくしかないと思います。

    個人的には、産む予定のない子宮をなくすことより、歯が一本入れ歯になる方が、重大だと思っています。(歯が一本入れ歯になるだけで、何でも食べられる食生活を失うので体調に影響するんだそうです。)

    ユーザーID:8816701986

  • 状況は違いますが

    トピ主さん

    私は子宮ではなく、20代前半に両方の卵巣に良性の腫瘍が出来、手術を受けました。2個の卵巣のうち、0.5個の卵巣が残りました。
    その頃の主流のオペ方法だったのでしょうが、その後30代で結婚し、子供を授かる治療で専門の病院に行った際、34歳にして早発閉経といわれる状況になっていることが分かりました。
    探せば良い組織は必ずあるのだから、むやみに取るべきではない・・・。という事を、ふたつの病院で言われました。
    ショックでした。

    子宮の場合、手術後の症状はまた違うと思いますが、医師や病院の方針も色々なので、腫瘍を専門とされている他の病院、医師にセカンドオピニオンを求められてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3153620905

  • 残した場合のデメリットは確認しましたか

    私は、5年以上前に子宮を全摘しました。子宮筋腫による出血のため貧血状態が続いたためです。手術は、もちろん短期的にみれば肉体的・精神的にダメージがありますが、長期的にみれば、貧血から解放され、健康な生活を送ることができるようになったので、良かったと思っています。

    子宮については、残した場合のデメリットが大きくないのであれば、例え、ある「だけ」でも残した方が良いと思います。しかし、子宮を残した場合、子宮筋腫が再発して、数年後に、再度、手術することになり、その再手術の際には全摘を選ばれるケースも見聞きしています。残した場合のデメリットをお医者様に確認してはいかがでしょうか。必要であれば、セカンド・オピニオンを他の医師に求めてみてください。

    ユーザーID:9648080434

  • 妹が全摘しました。

    彼女の場合は33歳でした。

    妊娠も流産も筋腫以外の病気でも全くナシの独身でした。

    卵巣が残っていますので、女性としては全く同じ、7年経過した今も少し痩せたかなーと思う位で、相変わらず綺麗です。卵巣が無くなればホルモンバランスの関係で、30代だと術後問題が生じるのは通常らしいですが、そうでなければ、生理と貧血等が無くなる以外、元気なのが普通と聞きます。

    結婚した旦那様は健康でしたが、子供よりも彼女が一番でしたので、今も夫婦二人で仲睦まじいです。

    結婚には現実を受け入れて、お互いにベストの道を運ぶのが良いのではと。子宮全摘出には反対派が多いとは存じますが、悪いものを取ってスッキリと思ってる人、生理に関する問題が消えて万歳、生活の質の向上の人も何人か知っています。

    あるアメリカの先生に、子宮は子供を入れる臓器以外、生物学上無いと言われた事もありました。

    将来の再発を考えたり、子供が何が何でも欲しいのか等、冷静に考慮すれば答えが出ると思います。

    ユーザーID:7539643189

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • >ツキさんへ

    ご自分の体験を教えて下さって、ありがとうございました。

    私は赤ちゃんを産むことが(子宮以外の理由で)無理だと知ってから何年も経っている者なので、そういう意味でのショックはもうないのですが、ツキさんが最初に選択を迫られたときは、どんなにショックだったかと思います。

    再発なさったけれど、ツキさんは「子宮は残す」ことに決めてらっしゃるのですね。

    先生に、手術以外の治療はどうかと尋ねてみましたが、私の年齢から考えて、(副作用を考慮すると)勧めることがどうしてもできないという答えでした。

    実は私はオーストラリアの田舎に住んでいて、色々な先生を回るということが困難です。
    今かかっているのは街の大病院ですが、隣の街へは車で6時間走らないと行けません...。

    ユーザーID:2395284854

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • >取った人 さんへ

    私も貧血が辛すぎるために、放っておくのを止めました。
    妊娠しようと頑張っていた頃に、小さな筋腫があるのは判っていたのですが、ここ半年ほどで急激に大きくなり、貧血の症状がひどくなって。

    もともと子宮以外の理由で子供を産めないのもあって、実のところ私も、目に見えない子宮より、健康な生活のほうが欲しいと思っています。

    ただ、うちの母が50代なかばでやはり筋腫で全摘出をして、その後ずっと
    「女でなくなった気がする」と悔やみ、未だ立ち直っていないので、心配になり、このトピを立ててしまいました。

    (私が「全摘を勧められた」と話したら、「辛いからその話題はしたくない」と言うほどです....それ以外のことでは、わが母ながら思いやり深い、落ち着いたひとなのに...それほど心の傷になっているのだと思います)

    ユーザーID:4048042427

  • >にゃんこ さん

    にゃんこさんは、卵巣の腫瘍だったのですね。

    >医師や病院の方針も色々なので

    そうですね...。
    ツキさんへのレスでも書いたのですが、医療事情が厳しい(病院自体があまりない)ところに住んでいるせいもあって、一人の婦人科医にしか診てもらっていません。

    このお医者さんと話した限りでは、
    ★最初から子宮自体を取るのが一番
    ★温存は目指せるけど結局全摘出になりそう
    ★温存できても「使用できない」子宮になる
    と、あまり選択の余地がない感じですが、別のお医者さんは別の意見があるかもしれないですよね。

    時間的にも経済的にも、別のお医者さんに診てもらうのはなかなか大変なのですが、にゃんこさんの体験を伺って、その価値はあると思いました。

    ユーザーID:4048042427

  • 子宮=女 だからですか?

    私も33歳のときに全摘したのですが、手術の決断をするにあたって「喪失感」というものを考えたことさえありませんでした。

    つまり、私の場合は子宮がなくなって悲しいとか、落胆しているとか、その類の感情がありません。医師にも驚かれるほど大きかった筋腫がなくなったおかげで痛みや不快感ともおさらばし、ついでといっては何ですが、当然、生理もなくなり、かえって快適です。

    「何に対しての喪失感」なのかよく分からないのですが、卵巣はそのままなので薬を飲む必要もないし、何よりも、「性」という点において何の変化も感じません。

    全摘してから十年以上になりますが、後悔の「コ」の字も浮かばないのです。(笑) 

    まぁ、私のような例もあるということで…。


    その喪失感というものは、子どもが持てなくなることへの落胆と同時に、子宮が女性であることの証というか、シンボルのようにとられられているからかなぁ、と

    必然的に子どもはあきらめなくてはならなくなりましたが、そういう人生もありだろうと結構すんなり納得し、

    ユーザーID:1358755088

  • 健康=HAPPY

    私は約2年前に全摘をしました。たった5ミリの筋腫でしたが場所が悪くて開腹手術となりました。術後3週間後に仕事を開始しました。今思えば少し早過ぎてもう少し休養が必要だったかなと思います。術後は健康になったと実感出来ます!貧血も随分良くなってフラフラしないし生理に悩むことももうないしね。その時は未婚でしたが1人だと精神的に色々な事を考え過ぎてしまう性質なので落ち込んだり考えすぎる事によって胃に激痛が走ったり3回ほど救急車のお世話になりました。もう今ではそんな事はありませんけど。こんな私でも結婚出来たし今は昔の事は極力思い出さないようにしています。でも時々街で赤ちゃんを見かけるとフッと考えてしまうけど健康になれた交換条件って思うようにしています。

    ユーザーID:0488014181

  • あきらめるのはまだ早いです

    子宮内が筋腫だらけになってしまった友人が腹腔鏡手術で筋腫をとりました。普通だと開腹手術しかないといわれる量(術後計ったら400gくらいあったそうです)を細かく粉砕しながら吸引して、最小限のダメージですんだそうです。

    低ホルモンの治療を受けている友人もいます。その先生はなるべく切らない主義で、定期的に様子をみながらホルモン投与しています。

    手術をして臓器を切ると、その後の臓器癒着の問題があります。今は癒着防止シートというものがあるのでだいぶ防げるようですが、100%ではないと思います。私は学生のときの腸の手術が原因で、卵管が癒着してしまい、自然妊娠できない体になってしまいました。
    それが検査でわかったのは3年前ですが、本当にショックでした。子供を作る気はなかったのですが、本来機能するものがダメになっているということは非常にショックでした。臓器を取るということは、そういうリスクもあります。

    オーストラリアにお住まいとのことで医者探しが大変だと思いますが、ネットで検索してこれは!と思う先生がいたら、ダメもとでメールを出してみるのもいいかもしれないです。

    ユーザーID:4101728690

  • >junko さんへ

    子宮を残すデメリットは...
    お医者さんには、再発の可能性を言われました。
    再手術をする女性は多いと。

    自分では「生理があること」がデメリットだと思います。
    生理痛やPMSは、筋腫がなくなれば現在よりは軽減するとは思うのですが、
    若い頃からキツイほうだったので、意義もなく(妊娠の可能性もないのに)この先も毎月痛い目にあうのはデメリットです。

    また、赤ちゃんが欲しくて努力していた期間があまりにも長かったためか、未だに生理が来ると「妊娠していない」ことにがっくりしてしまうのです。
    妊娠してるわけないのに!
    激しく落ち込んだりするわけではありませんが、生理が来ることで、赤ちゃんを産めないことを毎月確認させられているような感覚があります。

    生理がなくなれば、定期的にがっくりすることもなくなるし、精神的に良いかなと思います。妙な話ですが。

    独り語りなレスになってしまい済みません。
    でも、考えをまとめるのに、皆さんのレスを読むのがすごく助けになっているのを実感しています。
    ありがとうございます!

    ユーザーID:4048042427

  • >Jude さん

    妹さんの経験談をありがとうございました。

    Judeさんと妹さんは、アメリカにお住まいで、妹さんの手術もアメリカでのことなのでしょうか。
    私も(といいますか)オーストラリア在住で、手術もこちらで受けます。

    >あるアメリカの先生に、子宮は子供を入れる臓器以外、生物学上無いと言われた事もありました。

    私の先生も、
    「卵巣に手をつけるわけではないので、ホルモンの状態も今と変わらない。
    子宮摘出と盲腸摘出の違いは、患者さんの心の問題がついて来るか来ないかだけ。」
    と言っていました。

    こんなものだと思っていましたが、にゃんこさんのレスを読むと、
    「日本のお医者さんに比べてドライなのかも」という気がしました。

    ユーザーID:4048042427

  • 私はカナダでした・・・

    前に投稿してしまいましたけど・・・私もトロントから車で6時間のド田舎暮らしです。病院はなくて(specialist)が中々いないんですよね。
    病院に通ってた時は片道6時間かけて行きましたよ。こっちの先生は人にもよるけどドライっていうか余計な事は殆ど言わないだけ。逆に言えば日本人は妙に思いやりがありすぎるってこと・・・?!私も日本を離れて長いのでもうよくわかりませんが・・・覚えているのはこっちの点滴って手の甲だからいったいなーってことでした。精神的に頑張ってください!

    ユーザーID:0950702672

  • >コンビニさんにお聞きしたいのですが...

    >「何に対しての喪失感」なのかよく分からないのですが、卵巣はそのままなので薬を飲む必要もないし、何よりも、「性」という点において何の変化も感じません。

    子宮の喪失感は、
    「赤ちゃんを産むために必要な道具だったのに」というのと
    「女性の象徴」の二つがあると思います。

    私は前者はもう関係ないので、もし後から悔やむとしたら後者のほうだと思うのですが、現時点では「象徴」についてはピンと来ません。
    子宮がなくても私はどこから見てもオンナですし。

    実は、切実に気になっているのですが、

    >「性」という点において何の変化も感じません。
    というのは、夫婦生活についても(手術後回復すれば)、全く元のように戻るということでしょうか?

    「取った人」さんへのレスで「喪失感」に苦しむ母のことに触れましたが、
    彼女が「女でなくなったようだ」というのは、もしかして精神的なことでなくて肉体的なことかも?と心配なんです。
    本人には訊けないので、先輩であるコンビニさんに教えて頂ければすごく助かるのですが。

    もし良ければお願いします。

    ユーザーID:2395284854

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • >cocoberry さん

    独りで大変だったでしょう...。
    胃まで痛められたのですね。私も顔に似合わず(お見せできませんが 笑)クヨクヨする性質なので、共感してしまいます。

    cocoberryさんも、治療の為に大移動してらしたんですね。
    婦人科へ行くのにGPを通さないといけない時間の無駄、いろいろな検査を一箇所で済ませられない煩わしさ、「評判の名医」を探してかかるのがほぼ不可能な情けなさ...。
    ここでの田舎暮らしは性に合っていますが、医療事情だけは本当に恨めしいです。
    将来、政治家になって何とかしてやろうかと時々思うほど。

    腹腔鏡は出来ないのか尋ねましたが、「大きすぎるから開腹」の一言。
    しかも、「なるべく(傷の目立たない)横切りにするけど、大きすぎて無理だったら縦に切るから了承してね」だそうです。

    全摘か温存かは、まだ決断できていませんが、とにかく筋腫を取ればこの貧血地獄とはおさらばできるのだし、どっちにしても前向きに考えたいと思います。
    頑張ります。

    ユーザーID:2395284854

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧