• ホーム
  • 働く
  • 33歳、アメリカで何をすべきか迷っています。

33歳、アメリカで何をすべきか迷っています。

レス16
(トピ主1
お気に入り17

キャリア・職場

はっぱ

結婚してアメリカ滞在1年になる今年33歳になる女性です。
日本では高校卒業後、主に事務職をしてきて28歳の時、カナダに2年間ワーホリ、語学留学を経て再び日本に戻り貿易会社に勤めていました。カナダに行く前まで英語には全く縁がなかったのですが、カナダから帰国後、とにかく英語に関わる仕事に就きたいと思い、当時、就職先に選択したのが貿易会社でした。

アメリカに来て英語はどんな仕事も必要。と思った時、自分が将来どんな職業に就きたいのかと改めて考えるようになりました。と同時にアメリカに来てから日本にいた時と比べ、学歴学歴とよく耳にするようになり、大学進学もしくは何かしらの修了証等取るべきかとも考えるようになりました。ただ、まだ今の英語力に十分な自信がなく、春からカレッジに行く予定です。ESLを取る必要はないのですが、専攻が今の所、ビジネス、ホスピタリティ&ツアーイズムなど漠然としていますが、興味を引いたものです。

年齢や将来の出産のことを考えると今は大学に行くより、仕事になるべく早く就く方がいいのかとも思います。是非みなさんのご意見をアドバイスをお願いします。

ユーザーID:3057125566

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アメリカでは

    学歴重視です。経験がたくさんあっても大学卒ではないと雇ってくれない会社がたくさんあります。その上英語力に自信がないんじゃいきなり就職は無理だと思います。日系の会社なら別ですが、、
    幸いこちらは年齢制限もありませんし、まずは大学に行ってみてから決めても良いのでは?

    ユーザーID:9529648092

  • 2足のわらじは?

    もしも可能であれば、働きながら通学というのはどうでしょう?

    わたしも日本では専門学校卒でしたので、アメリカに渡ってからフルタイムで働きつつ、大学の夜間のクラスを取っていました。
    通っている間に仕事を変え、仕事をパートタイムに、大学をフルタイムとして(かなり無理した挙句)、3年半で大学を卒業しました。

    わたしの印象ではアメリカの大学って、かなり広い年齢層に門戸を開いているので、クラスのスケジュールによっては可能だと思いますよ。

    また、この時期自分なりに頑張ったことが後の人生の自信につながりました。

    はっぱさんも、頑張ってください!

    ユーザーID:0121251728

  • 働きながらの通学に一票!

    私もカティさんと同じく働きながら学校にパートタイムで通うに1票です。私自身は日本の短大を卒業後、結婚、出産を経てアメリカの大学を3年かけて卒業し、その後プロフェッショナル・スクールに行きました。

    大学の学部程度であれば十分働きながら通えますし、職場によっては学費の援助をしてくれるところも多いですよ!

    専攻に関しては苦手でないのであればビジネス学部の中から専攻を選ぶことをお勧めします。Hospitality、Tourism系は収入増に直結しない上に就職先が限定されてしまう可能性が大です。ビジネスなら普通の会社にも入れるしホスピタリティー系のビジネスにも入れます。

    さらにはプロフェッショナル・スクールに入る際に準備段階で読んでいた本ではプロフェッショナル・スクールではホスピタリティ、ツアリズム専攻者を嫌う傾向がある、とのことです。きちんとした歴史とプログラムのあるそうした専攻を持つ学校が大変少ないから、とのことです。ですのでそちら系で有名な大学に行くので無いのでしたらば、ビジネスを絶対にお勧めします。

    ユーザーID:9406088229

  • 2足のわらじ

    私も2足のわらじをお勧めします。
    私も33歳で大学に通い始めました。
    昼間はフルタイムで事務職に就き、夕方から始まる夜学へ通って38歳で卒業。
    39歳で希望の企業へ就職しました。
    就職活動にはBoston Career Forumを活用されるといいでしょう。
    新卒として効率よく就職活動ができます。
    やはり年齢上、時間がないので、業務経験と勉学両方を平行した方が、卒業後の就職に有利ではないでしょうか。
    アメリカでもやはり若い人のほうが就職に有利です。
    ESLをとる必要がないというのは朗報ですね。
    ある程度英語力がおありになる証拠。
    私は1セミスター4ヶ月をESLに費やす羽目になりました。
    自信をもって計画をおたてになればいいと思います。
    なお、私は38歳で第一子も出産しています。
    卒業前の出産となり、出産前後1セミスター休学することになりましたが、やってできないことは何もありません。
    成せば成る、成さねば成らぬ、何事も。
    応援してます。

    ユーザーID:7966988581

  • 私の場合

    アメリカに住んで9年目になります。以前日本では貿易関係で働いていたので、こちらで日系の会社で勤めていましたが、あまりしっくりこなくて今は医療関係の仕事をしようと思い、学校に戻りました。現在32なので、すべて終わるまではあと何年かはかかると思いますが、仕事をするより知識を身に付けていこうと思い。とぴさんもいけるチャンスがある時に行ったほうがいいのではないかな、と感じます。確かに経験も大事ですが学歴がある事で、給料、ポジションなども違ってきますので。

    ユーザーID:8793328611

  • ぜひ大学へ行かれることをお勧めします。

    私も26歳で結婚のため渡米、日本では専門学校を出て数年の社会経験があるだけでしたので、こちらでのキャリアを伸ばそうとしたら学位が必要と思い州立大学で学士号をとりました。アメリカにある日系の会社だけでなく米系企業でホワイトカラーの仕事をしようと思ったらアメリカの大学で学位をとっていることは確かにアドバンテージになると思います。ご興味がビジネスということですので、ビジネスの学位なら非常に有利だと思いますよ。

    わたしは言語学で非常につぶしの利かない分野でしたが。それでも、面接時にはいろいろなことを訊かれ、言語学でもとってよかったと痛感しています。アメリカの4年制の大学にはいって卒業できたということはそれなりに自分で勉強・調査・レポート書き・グループ学習(ビジネスのディグリーはこれが多いです)でコミュニケーションができる技量がある、ということを証明することができますので企業側も(ある程度)安心するのです。

    ということでご自分への投資ということでぜひ大学へ行かれることをお勧めします。因みに私がこちらで大学を卒業したのは34歳になっていましたが、絶対に行ってよかったとおもいます。

    ユーザーID:4721488242

  • ありがとうございました。

    みなさん、アドバイス&温かいお言葉を頂きましてどうもありがとうございました。米国に来てから、私なりに仕事、大学について色々調べてきたのですが、みなさんからの情報を見て、私自身もっと情報を集めて計画性を持って行動しなければならないと改めて思いました。

    実は10代の頃から産婦人科にかかることが多かったのですが、生理痛が昔からひどいのと、手術まではしていませんが、麻酔をして血をかぎ出す(表現が悪く申し訳ありません)などしたことがありまして、妊娠出来ない身体ではないと思うのですが、そういったこともありまして、出産のこと/私自身の将来のことを考えるとすぐに働くべきか、大学に行くべきかで迷っていました。

    hanaさま:アドバイスを頂きましてありがとうございました。大学に行くことを前向きに検討してみようと思います。

    カティさま:カティさまの経験を読み、私も頑張ばなければ。と思いました。もし差し支えなければ教えて頂きたいのですが、パ−トでお仕事されていた時は、将来、おやりになりたいと思う仕事と関連のある仕事を選ばれたのですか?

    在米14年さま:Hospitality..についての
    続きます

    ユーザーID:3057125566

  • 続きです。

    アドバイス、どうもありがとうございました。こんな具体的なことは無知でしたので有難いです。専攻について自分で何を学びたいのかもう一度各々よく見てみようと思います。

    ぽけちゃんさま:具体的なぽけちゃんさまの経験を頂きまして大変ありがとうございました。同じ年代から大学を始められ、就職、ご出産との内容を見て励みになりました。出産はまだ未知の世界ですが、せめて子供が赤ちゃんのうちに学業を終えることが出来れば。。と思います。

    ちとせさま:ちとせさまとは同い年になるのでしょうか?実は私も昨年、短期間での契約で日系の貿易会社に勤めました。短期間だったので何とも言えませんが、今後、日系の企業で働くことがあっても、いずれは米国の企業で働いてみたいと思いました。今までの職歴とは畑違いの仕事をすることも視野に入れてみたいと考えています。

    瑤子さま:アドバイスを頂きましてありがとうございました。私にとって大学に行く今のタイミングはとても大切だと思いました。高校を卒業した時は、進学は出来ない状況でしたのでこのチャンスを生かしたいと思います。

    参考までに一つ知りたいのですが、高卒で就職/大卒では、給料& 

    ユーザーID:3668049947

  • 続きです:2

    ポジション等に違いが出てくると思うのですが、高卒では昇格するにもやはり簡単ではない、もしくは何かの能力がない限り、昇格等難しいですよね?みなさんのご意見を見て学歴がやはり重要なのは改めて思ったのですが、日本にいるある知り合いに何も今更大学なんて行かなくてもいいのではないか?

    経験を積んで徐々に昇格して行けばいいのではないか?と言われたことがあり、その方は海外で10年近く働いたこともあり、今は定年され、個人でビジネスをされているのですが、現役の時は社長までされてました。(世界中に支店のある某日系企業です。)その方は米国の企業には勤めたことはありません。

    私は私なので、その方の意見に左右される必要はないと思うのですが、高卒、大卒についてこんなに考えるようになったのも、米国に来てからなので、学歴の重要さについて痛感させられます。

    ユーザーID:3668049947

  • やはり技術を身につけること!

    アメリカでは(日本も同じですが)高齢者が多くなり、医療関係の仕事が将来人手不足なることが予想されています。 医者とは言いません、看護師、リハビリ、介護、薬品取り扱いの仕事はライセンスも必要ですし簡単ではありませんが、今からなら十分間に合います。医療関係であれば全米どこへ引っ越そうともまず就職難はないし、定年もなし、保険もカバーされるはずです。 あまりイージーな職種では将来不安ですよ。

    ユーザーID:7856497388

  • 二度目のレスです

    「今更行かなくっても、、」と言う意見はとても日本的な考え方ですね。アメリカのいい所は日本のように年齢にこだわらない所だと思います。
    私が大学に行ってた頃はいろんな人がいましたよ。昼間働いて夜間の授業をとってる人、子供のいる人、単に勉強好きな人など色々です。だからいつになっても始めるのは決して遅くはないと思います。
    大学に行きたくても行けない人もいますし、行く機会があるのならば行って損はないと思いますが?

    ユーザーID:9529648092

  • Small business

    トピ主さんに労働ビザについての問題が何もないのであれば、起業(Small business)は考えられませんか?私は在米日系企業で働いたことがないので、そこで社長になるのがどれだけ普通(あるいは強運な人?)か分かりません。ただ米国でサラリー(=年収契約であって、時給ではありません)を取る仕事、特にホワイトカラーの職種は学歴がないと雇われるのは難しいでしょう。そうでない職種からホワイトカラーへの昇格については、いったん学校へ戻って次の学位をとった後という例はあります。

    では米国人はどうしているかというと、起業の例をよく耳にします。何かのお店を持つ、Handymanとして何でもお金を稼げることはする(この場合レジュメにするのに困ります)、あるいは19歳で既に人を雇って屋根葺きをしていた人もいます。中にはそうしたbusinessがかなり大きな会社になったり、高額で売れたという話も耳にします。が、こうしてある程度の年齢になった人に、20〜30年前でなくて今だとしたらどうするかという質問をすると、まず上の学位をとるという答えが返ってきます。やっぱり、ガラスの天井で苦労しているようです。

    ユーザーID:9580643544

  • 専攻について

    引き続きアドバイスを頂きましてどうも有難うございました。

    みなさんにお聞きしたいのですが、みなさんはどのようにして専攻をお決めになりましたか?大学に行くと決心はしたのですが、沢山ある専攻の中から一つに絞ることがまだ出来ません。色々考えたあげく、アカウンティング、医療関係(看護師)二つ共、全く違った職業ですが、関心を持ちました。

    keiosさま:春からカレッジに行く予定ですが、あれこれ考えてアカウンティング、もしくは医療関係で専攻を決めようかと考えています。将来のことをよく踏まえた上で何の職業に就きたいか決めたいと思います。

    hanaさま:二度目のレスを頂きまして有難うございました。仕事を始めるか、大学に行くかで迷っていましたが、パートで仕事をしながら、大学に行くことに決心しました。hanaさんがおしゃる通り、今、大学に行く機会が巡ってきたのに、これを逃したくはないと思いました。アドバイスを頂きまして本当に有難うございました。

    続きます。

    ユーザーID:3668049947

  • 続きです。

    在米十ウン年さま:Small businessについて今まで考えたことはありませんでした。でもまず、私は第一に学歴が必要だとみなさんの意見も読ませて頂いて痛感しましたので、まず勉学に励みたいと思います。ご意見を頂きましてとても参考になりました。どうも有難うございます。

    ユーザーID:3668049947

  • 2度目です

    2度目の投稿です。私もメジャーを決める時に随分悩みました。とぴさんのようにアカウンティングが医療にしようか考えた事がありましたが、医療関係にしたのは、私の周りに医療の人が多くていろんなベネフィットを聞いていたので。。。あと、そこで長く働くことが耐えれるか、というのは、医療はやはり病院関係になるので、患者さんをケアすることをためらわない(人を触るのが苦手な私はそれ以外の医療関係のメジャーにしました)、アカウンティングだったらオフィスの雰囲気、地道な作業が好きか、ってことを考えてみたらいかがでしょうか。いずれもどちらも大学をでれば同じくらい良い給料で稼げるので、後は環境がどれだけ自分に合いそうかな、ってことだと思います。あと、医療はケミストリー、バイオロジーなどが必要なので、興味があるかないかで、学校の勉強にもやる気の差がでてくると思います。いろいろ悩むと思いますが、
    一生の事なので、じっくり考えていくことをお勧めします。

    ユーザーID:4829934654

  • トピ主です。

    ちとせさま、2度目のレスを頂きまして有難うございました。
    最後のレスをしてからのことなんですが、主人の友人で介護のビジネスを起業するというアメリカ人の男性、日本で看護師をしている友人らから医療について聞くことが出来ました。たまたまMBAホルダーの方とも話す機会がありまして、色々為になりました。
    ちとせさまのおしゃること、とても身に沁みました。アカウンティングを考えたのは日本でのオフィスでの仕事歴が長かったこと、そうですね、地道な作業、数字を追う作業等、単純な理由ではありますが、私にとって一番馴染みやすい専攻ではないかと思ったのです。今後共、専攻についてよく考えてみたいと思います。アドバイスを頂きましてどうも有難うございました。

    私事ですが22日から約1カ月間、日本に戻ります。その間PCのない環境なので、アメリカに戻る時までレスを見ることが出来ないかも知れませんが、今後もみなさんのアドバイス、ご意見等頂けたら有難いです。どうぞ宜しくお願い致します。

    ユーザーID:3668049947

レス求!トピ一覧