司書への転職

レス8
(トピ主1
お気に入り25

キャリア・職場

かや

 現在の仕事につこけて、るいるいっとそのままこけたままでいる、かやと申します。お休みをいただいて、静養したせいか、体の調子も心の調子も随分回復してきました。
 しかし、いつまでもお休みしているわけにもいかず、現在の仕事を続けるかどうか悩んでいます。
 一応、今は「まだ辞めない」ということで、お休みを続けていますが、お休みの間に、司書の採用試験の勉強も始めました。が、しかし、普通の公務員と違って、司書は募集をかける自治体じたいが少なく、どんな試験問題が出るかの情報もありません。
 そこで小町の皆様、司書へと転職をなされた、先輩方、お知恵をお貸しください。司書の採用試験は、どのような方法で勉強すればよろしいのでしょうか?
今はとにかく図書館に通い、図書館関係の本を読みまくっていますが、「こんなものが出たよ〜」とか、「こんな勉強はしといた方がいいよ〜」とかの情報を、私に教えてください。
 後、「こんな風な転職方法もあるよ」というのでもけっこうです。よろしくお願いします。なお、司書の採用が厳しいのは、重々承知しておりますので、その点の突っ込みは、ご遠慮ください〜。

ユーザーID:1244417104

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 司書の仕事

    自治体からの公共図書館への配置は狭き門と言うより希少になってきてるんじゃないかな。司書として働きたいのなら、TRCからの公共図書館への派遣、大学図書館の臨時採用が多いですね。どちらも大抵時給制だけど公共図書館の方が安いかな。ちなみに「われわれの館」って言うサイトを見て下さい。現状の募集がわかります。公共も大学も委託の場合、大半がカウンターレファレンスの仕事です。書誌関連や、電子媒体、受け入れなどの業務はダイレクトの募集が多いですね。大学(学校)職員から図書館の仕事に配置と言う方が色んな面で良いですよ。頑張って。

    ユーザーID:7515799547

  • 図書館職員ではないですが

    こんにちは。図書館職員ではないのですが、司書資格取得者です。
    司書の採用試験の勉強中とのことですが、司書資格はお持ちではないのでしょうか?。
    もし、お持ちでなく司書に本気でなりたいとお考えであれば、是非これを機に、取得されてはいかがでしょうか?。司書は自治体だけでなく、大学や企業の図書館の司書という道もあります。そちらで採用試験などの際の面接にアピールになるかと思いますよ。

    また、すぐに正職員という道でなく、アルバイトをされてみるのはいかがでしょうか?。
    特に自治体の図書館ですと(残念な事ですが)コネ採用が多いので、アルバイトをしている時に正職員の空きが出来たら潜り込めるかもしれませんし、他の図書館での採用試験での面接等のときにも図書館勤務経験としてアピールになるかと思いますよ。
    アルバイトでしたら、直に図書館へ問い合わせされれば、意外と採用してもらいやすいと聞いた事もありますしね。

    狭き門の職種ですが、頑張ってください。

    ユーザーID:4074031143

  • とりあえず、顔つなぎ

    以前住んでいた市の図書館には「図書館ボランティア」という制度がありました。
    私だったら、とりあえず、顔つなぎのため登録して「使えるヤツ」という印象をあたえつつ活動します。
    活動しつつ情報収集に励みます。
    いずれにしても、市の広報をよく読むことです。最近では市役所のサイトでも見られるようですよ。
    頑張って!

    ユーザーID:4713971641

  • 現役の図書館司書です(その1)

    私は図書館へ転職したわけではなく、
    新卒で図書館に入ったので(ちなみに一応正職員です)、
    あまり参考にはならないかもしれませんが、以下自分の経験から少し。
    トピ主さんが「20代」で「司書有資格者」という前提でお話します。
    (それ以外の場合、公共図書館への正規就職はまず不可能です)

    まずは「図書館職員採用試験問題集・解説」でしょうか。
    日本図書館協会から発行されている、唯一の司書採用試験対策問題集です(多分)。
    これは本来は国立大学法人の図書館職員採用試験対策用なのですが、
    公立図書館志望の方にもお勧めです。
    ただ、現在は多分版元品切れだと思いますので、
    中古で入手するか、大きな書店の店頭在庫を地道に探すしかないと思います。
    それから、大学時代に司書資格を取得したのでしたら、
    大学時代に使用したテキストや配布資料類は非常に重宝します。
    これらと、最新版の「図書館ハンドブック」をとにかく徹底的に読み込むことです。

    ユーザーID:6580183061

  • 現役の図書館司書です(その2)

    採用情報の収集に関しては(これはもうご存知かもしれませんが)、われわれの館【http://www5b.biglobe.ne.jp/~wir/】にとてもお世話になりました。
    このホームページでも一部司書採用試験の過去問が公開されている他、受験者の経験談・現役司書や司書を目指す人たちの為の掲示板など有益なコンテンツがたくさんあります。

    あとは面接対策ですが、とにかくよく新聞を読んでおくことです。図書館に絡めた時事関係の質問・小論文は意外に多いです。
    それから、受験する図書館や自治体の特徴や沿革についても、一通りは事前に調べておくことをお勧めします。とある公立図書館の面接で、志望動機よりまず先に「当館の開館年をご存知ですか?」と質問されて絶句したことがあります。
    あと私は面接まで進んだ図書館は、すべて面接前に一般利用者として下見に行きました。

    ところで、病気療養されていたようですが、図書館の仕事は、想像以上に肉体労働が多いです。
    面接の際に多分そこを突っ込まれると思いますので、そのへんは考えておいた方がいいかもしれません。

    ユーザーID:6580183061

  • 追記。

    「図書館職員採用試験問題集・解説」ですが、一昨年リニューアル版が刊行されてるみたいですね。まだ入手可能のようです。

    ユーザーID:6580183061

  • 司書ではないですが

    資格職で公務員をやってるものです。
    >どんな試験問題が出るかの情報もありません
    本当ですか?
    私は司書という資格には何の縁もないものですが、ちょっとネットで調べれば
    図書館司書に限定した就職情報サイトもありましたし、
    すでに済んだ今年度の司書試験についての情報が残っている自治体もありましたよ。
    専門試験の例題を公開しているところもありますし、試験科目のみしか公開していなくても、科目名さえわかれば必要な書籍等はわかると思います。
    司書資格はお持ちですよね?当時の教科書・資料などもまだまだ役に立つと思います。
    ちなみに私は専門試験よりも一般教養に重点をおいて勉強していました。
    私の場合は元々国試有りの資格なので、専門試験についてはそれに準じたものであろうと予測できたこと、また同じ資格の受験生同士では差がつきにくいと思ったからです。
    また自治体によっては司書という職種そのものがないところ(一般事務からの配置)もあるので、受けたい自治体がある程度決まっているなら、司書が職種として存在しているかどうかだけでも人事委員会に問い合わせておくと良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:3012315262

  • ありがとうございます。

     たくさんのアドバイスを、ありがとうございました。短い時間に、色んな方がアドバイスをしてくださったようで、うれしかったです。(お返事が遅れてすいませんでした。)
    私は司書も司書教諭も持っているのですが、就職先が少ないということで、学生時代に、別の職種に就くことに決めたのです。今思えば、この道を行くべきだったな、と思っています。
     三十代を過ぎていますので、難しいとは思っていましたが、派遣で行く方法、臨時で行く方法などもあるのですね。
     また、実際に試験を受けた方のアドバイスは、参考にさせていただきます。厳しいご意見も、経験から出た言葉なので、大変ありがたかったです。皆様も、お体に気をつけて、お仕事をされてください。

    ユーザーID:1244417104

レス求!トピ一覧