父がいなくなってしまいました

レス18
(トピ主2
お気に入り16

家族・友人・人間関係

いつも元気で長生きするとばかり思っていた父があっけなく逝ってしまいました。
遅刻なんて日常茶飯事だったのに、医師の宣告通り遅れることなく。

父の病状を聞いた時初めての妊娠が分かったばかりで
状態は相当不安定、なかなか病院に行けませんでした。
やっと会いに行ったその日の夜父は亡くなりました。

最期に会った父は意識が朦朧としているのにも関わらず
私の存在を理解し、握った手を握り返してきました。

その前に父と話したのは電話で、しかも喧嘩をしました。
父は頑固で我侭で喧嘩はしょっちゅうの親子でしたが
今回もまた何もなかったように電話が掛かってくると思っていました。

本当はお腹の子供を案じたというより
現実を目の当たりにしてそれを受け容れなければならなくなるのを恐れ
それで行くのが遅れたのです。
もっと早く行っていればと後悔でおかしくなりそうです。
仲直りすることも、あんなに待ち望んでいた初孫が出来た報告もできなかった。

気をしっかり持たないといけないのに生きていくのもしんどいです。
どうかこんなばかな私に何か言葉をください。

ユーザーID:8720875821

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫

    何も言わなくても天国のお父様はわかっていらっしゃいますよ。
    親子なんですもん。
    お父様の願いは一つ、みんなが幸せでいる事です。
    強く生きていってください。

    私も親が居ません、でも夫と子供と猫達と一生懸命生きていきます。

    ユーザーID:6760309007

  • 乗り越えてくださいね

    読んでいて、胸が苦しくなりました。
    きっと、仲の良い親子だったのでしょうね。

    涼さんのお父さんは今、私達のいる場所とは違うところにいるだけなんです。
    そこで涼さんの気持ちも、赤ちゃんが出来た事も、みんな知っていますよ。喜んでいますよ。
    そこには私達もすぐに行くんですよ。そっちでは、時の経つのはあっという間らしいですから、きっと涼さんがそちらに行かれるまでの間なんて、お父さんにとってはほんのひと時に過ぎません。
    あちらでお父さんは、涼さんがこれから生まれる新しい命と共に強く楽しく人生を歩んでいかれる事を望んでいます。
    いつまでもくよくよしている事こそ、お父さんは望まないんじゃないかな。

    人を慰めるのには陳腐な言葉ですが、私はこの「死後の世界」を、結構本気で信じています。
    どこかに実在としてあるわけではなく、誰かが必ずそこにいた事、その人の気持ちは、残される人に残るものだという意味で。
    ついでに、私がした恥ずかしい事もなにもかも、あっちの人にはお見通しなんです(汗。

    お父様のご冥福をお祈りします。
    涼さん、お体大切に。

    ユーザーID:1339077744

  • お父様はわかってくれてますよ。

    トピ主さんへ
    お父様の件、お悔やみもうしあげます。
    私も早くに父を亡くしているので、お気持ち察するにあまります。
    しかし、もう少し落ち着かれてからでよいので、起こった出来事を前向きに考えてみてください。
    トピ主さんが病院になかなか行けなかったことで、お父様は、トピ主さんに会えるまで頑張ろうという気持ちでいらっしゃったかもしれませんよ。人によりますが、病状によってはお医者様の宣告より早く悪化する事も考えられますもの。お父様が握り返してくださった手の温もり、これまで育てて下さった事に対する感謝を忘れずにいることが、なによりの親孝行になるはずですよ。
    元気な赤ちゃんが生まれることをお祈りしていますね。頑張ってください☆

    ユーザーID:7593988555

  • お父様はきっとわかって下さってます

    涼さん、

    お父様のこと、本当に残念でしたね。
    きっとお父様、涼さんに最後に一目もう一度あうまでは、と、
    がんばって待っててくださったのでしょうね。
    涼さんの存在を理解し、しっかり手を握り返して下さったお父様。
    あなたのお気持ちも、それから赤ちゃんのこともきっとわかって
    下さっていると思います。
    これからはきっと涼さんと赤ちゃんを見守っててくださっていると
    思います。
    私は海外に住んでおり、父の急逝の折には間に合わず、
    かろうじて葬儀に出席しました。
    あんなに元気だった父が、人一倍元気で健康な父があっと言う間に
    いなくなるなんて、考えてもみませんでした。
    孫の顔を見せることはできませんでしたが、
    きっと全てをわかっていて、今でも応援してくれているんだろうなぁ、
    と感じています。
    お父様もきっと、かわいい娘と孫を応援してくれてますよ。
    どうぞ健やかなマタニティーライフをお過ごしください。
    そして、元気な赤ちゃんを連れてお父様に報告して差し上げて
    くださいね。

    ユーザーID:6088944326

  • 同じ経験者です。


    涼さん、お父様を亡くされたんですね・・お悔やみ申し上げます。

    いつもは拝見させたいただいているだけなのですが、涼さんの心中を思うと居たたまれなくなってしまいレスさせて頂きます。

    というのも私も同じ経験があるからです
    私の母の病気は若年性の認知症で最終的には死に至る病気だということを医師から先刻されていました。
    けれど当時の私は、家族が面会に行っても誰だか理解できず逃げようとしたり日に日に弱っていく母の姿を受け入れられず、会いに行ったのは2ヶ月に一回2時間だけでした。
    母が亡くなる一年前に婚約したことも、どうせわからないから・・・と報告しませんでした。
    母は私の結婚式当日に危篤状態になりましたが、式の後すぐ新婚旅行に行った私が帰ってくるのを待っていてくれたかのように無くなりました。

    それからは涼さんと同じ様に後悔の日々でした、もっと会いに行って結婚の報告もすれば良かったと・・・

    続きます

    ユーザーID:2930867133

  • 続きです


    けれど時が過ぎるにつれ、私は当時の自分をありのまま受け入れることが出来るようになり、母にした自分の行動と結果から学び人との関りを大事にしようとする自分が居ます。
    『後悔先に立たず』・・・良い言葉ですが
    何か経験をしないとこの言葉を心の片隅に留めておくのは難しいのではないでしょうか?
    あまりにも大きな後悔でしたが、涼さんのこれからの人生、周りの人との関りを大切に生きていく事を通して少しずつ自分を受け入れていきませんか?

    お父様は、きっと何もかもわかっていて天国から笑顔で涼さんやお子さんを見守ってくれていると思います。

    >最期に会った父は意識が朦朧としているのにも関わらず
    私の存在を理解し、握った手を握り返してきました。

    これがお父様の答えだと思いますよ。

    ユーザーID:2930867133

  • 大丈夫ですよ

    お父さんはきっとわかってくれます。
    私も母方の祖母にできるだけのことをと思っていたけれど
    病院先が遠くて思っていたよりいけず、
    退院後は母の兄夫婦の元に祖母を帰してしまったので
    更に遠くなって親の車でしか会えなくなりました。
    本当にできるだけのことをしてあげれなくて後悔しています。

    トピ主さんはこれから後悔しないように、
    お母さんの将来の介護、お父さんのお墓参りを
    できるかぎりされたらいいかと思います。
    お父さんの分もお母さんに親孝行してみてください^^
    まめに実家に帰り、お焼香をあげてみてください。

    ユーザーID:3599693765

  • いっしょに泣きましょう。

    3年前、私も最愛の父を亡くしました。骨髄性白血病、しかし闘病生活は短く、あっという間に思えました。
     
     貴方のお父様は最期の時に、愛する娘の手を握り締めることが出来たのですもの、幸福だった思います。

     私は父の最期に立ち会えませんでした。数日間のほとんど徹夜の看病で憔悴し、小康状態と見て自宅へ寝に帰ったわずかの間です。

     今でも時々、深夜に目を覚まし、暗闇の中で父に詫びます。

     「父さん、ごめんよ。」
     
     
     さあ気を取り直し、しっかりと生きましょう。お母さんがめそめそしてたらお腹の赤ちゃんに障りますよ。 

     健康な可愛い赤ちゃんを連れて、お父様に報告に行く日を胸に描いてください。そしてどうしても泣きたくなったら、ご主人の胸で思いきり泣きましょう。涙がすべてを洗い流してくれるまで。

     貴方と同じ思いの、或る息子より。

    ユーザーID:3137882579

  • 辛いですね

    お父様のことお悔やみ申し上げます。

    「気をしっかりもたないと・・・」ということですが
    悲しいときは泣いていいのですよ。
    ”悲しい”と誰かに訴えてもいいのですよ。 
    それはこの場でも構いません。皆が聞いてくれます。

    「私の存在を理解し、握った手を握り返してきました」とのこと。
    お孫さんの顔を見せてあげられなかったのは残念ですが
    仲直りはできたと思いますよ。
    握り返してくれた手のぬくもり、手の力はきっと忘れないでしょう。

    これから先は、まず無事に出産してご家族が仲良く暮らしていくのが
    何よりの供養だと思います。

    ユーザーID:7785855231

  • 涼さんおはようございます☆

    ご出産おめでとうございます!
    元気に健やかにとお祈りしています。


    私もそうでしたが、親の死も当然子供の都合にあわせてはくれないものですよね。
    ですからいつも、残された家族には、いくつかの悔いが残るものだろうと思います。


    お孫さんを見せてあげられなかった、は私も同じでしたよ。
    子の親になって何度涙したことか。。。星の数ほど泣いたものです・・・。
    喧嘩別れ?みたいになってしまった、と思われているかも知れませんが
    そんなことはないと思いますよ。

    いつも通りのパターンだったのでしょう?・・・・?
    まさか、最後になるなんて神のみぞ知るです!

    これからはお父さまと心の中で会話していくことはいかがですか?
    お孫さんも一緒にネ・・・ああでもないこうでもないと
    会話ができますようにと、お祈りしています!

    ユーザーID:4754450256

  • 辛いですよね

    お父様はトピ主さんと喧嘩をしたことは気にしていないと思いますよ。お父様の心の中にあったのは直前の喧嘩なんかじゃなくて、トピ主さんが赤ちゃんの頃からの愛しい姿や一緒に過ごしたかけがえのない時だったと思います。お父様はトピ主さんが会いに行くまで待っていて下さったんですよね。そしてちゃんとトピ主さんの手を握り返してくれた。

    トピ主さんのお腹には赤ちゃんがいるんですよね。赤ちゃんが生まれたら分かると思います。親にとって子供というのが無条件でどんなに愛しい存在か。お父様はトピ主さんの全てを許し愛していたと思います。

    心の中でお父様に今の思いをお話したり、手紙を書いたりしてはどうでしょうか。トピ主さんの心が少しずつ落ち着いていくことを願っています。

    ユーザーID:3430768247

  • 悲しいですね

    初めての妊娠で不安なところに、悲しい別れを経験され、とても
    つらい思いをなさっていることと思います。
    トピ主さんのつらさが伝わり、涙が出ました。

    トピ主さんのお父様を思う気持ちは、きっとお父様本人に届いていると
    思います。そして、お父様自身はそんなに悲しまないでほしい、と思って
    いらっしゃるのではないでしょうか。

    最近、「ラブリー・ボーン」という本を読みました。犯罪の犠牲に
    なって亡くなった少女が、天国から残された家族を見守っていくという
    お話です。なくなった少女の視点がとても温かく、このように
    故人が見守ってくれているなら、どんなに良いだろうと思いました。
    私は作者の世界観に共感しましたし、それ以来亡くなった祖父母によく
    思いを馳せるようになりました。始まりがショッキングなお話なので、
    気持ちが落ち着かれたときに読まれるほうが良いかもしれませんが…

    今はただ、おなかの中の命を大切に、お父様に対する感謝の念を持ち
    続けられることが一番の供養ではないかと思います。
    いつかきっと楽になる日が来ます。どうかあまり悲しみすぎませんよう。

    ユーザーID:8355751578

  • ありがとうございます

    10日10:08 ニッカさん まで拝見しました。
    みなさんトピに目を留めてくださりありがとうございました。

    父の死から数日、夫とお腹の子供のために早く通常の生活に戻らねばと思いながらも
    一向に心の整理はつかず、どうしたらいいか分からず投稿したのですが
    みなさんの言葉の数々に胸が一杯になり、涙が溢れました。
    本当に感謝いたします。

    両親は離婚しており、母の元にいる姉妹もあてに出来ないため
    本来なら私が全てを担わければならなかったのですが
    他家に嫁いだ私を気遣って、父の親戚が様々な面倒を引き受けてくれました。
    妊娠中とはいえ娘がいながら周囲に負担を掛けたのは私の不甲斐なさ故で
    もちろんよく思う人ばかりではないですし、自己嫌悪で余計に参っていました。

    この日本のどこかに、私と同じように悲しみを乗り越えようと頑張っている方が
    いらっしゃるのだと思うだけでも心強いです。

    何も親孝行出来なかった、だから夫に了解を得て父を連れて帰ってきました。
    これからはずっと一緒です。毎日いろんなこと話しかけています。
    でも遅すぎました。

    ユーザーID:8720875821

  • お気持ちお察しいたします(1)

     トピ主さんと同じような経験をしたものです。当時私は25歳、厳格すぎる父に反発してその力だけで生きてきたような人間でした。激務の父はあと8ヶ月で定年。これで最後とばかりに働くいて休日出勤が多かった父とはまともな会話もありませんでした。
     
     休日出勤をした父が、職場で倒れたと聞いた時は信じられませんでした。集中治療室に入って朦朧としている父。あんなに反発して大嫌いだったはずなのに、私は涙が止まりませんでした。呼びかけると、必死で私の手を握って父も涙を流していました。そして10日後、あっけなく亡くなりました。恥ずかしいことに私は、父が倒れて初めて父の偉大さやありがたさを知ったのです。「孝行したい時に親はなし」ですね。

     親戚に「私は父が突然亡くなってたくさん後悔をして辛い。このことがトラウマになってしまいそうだ」といったところ、怒られました。「親は子供が元気で育ってくれるだけで嬉しいんだから、あなたの気持ちはきっとお父さんに伝わっているから、そうやって後ろ向きになってはいけないよ」と。それでも沢山お墓の前で泣きました。「ごめんね」ばかり言っていました。本当に辛かったです。
     

    ユーザーID:6418377665

  • お気持ちお察しします(2)

     それから、仕事も辞めてしまいました。私はベビー用品の売り場で働いていたのですが、孫のためにおもちゃや洋服を買いにくる父と同じような年代の男性を見るのが辛くて・・。それから、父と同じ仕事につきたいという願望もあったんです。それで悩んでいたら、父が夢に出てきて「自分の思った道を進めばいい」と言ったんです!はっきりと覚えています。それから私は気持ちが楽になりました。親戚が言ってくれたように、私の後悔している気持ちとかが伝わっていたんだな、と思って。

     こんな私ですが、なんとか立ち直って頑張っています。忘れることはないですが、やっぱり時間が解決してくれますね。トピ主さんのお気持ちはきっとお父様に伝わっています。

     長文失礼いたしました。

    ユーザーID:6418377665

  • ゆっくりと・・・

    おつらいですよね。
    何をしていても、何処にいても、涙がこみ上げてきますよね。
    悲しさ、悔しさ、いろんな想いが重なって。

    ゆっくりでいいです。
    時間の流れと共に、心穏やかになれる日は必ず来ますから。

    私も父を亡くして、8年。
    ようやく、自分の幼い頃のアルバムを開けるようになりました。
    七五三のお祝い、少し大きめの着物を着た私の手を握りうれしそうに微笑む父の顔。今でも、胸が熱くなりますが、気持ちはほんわりと温かいです。

    帰ってこられたお父さんの元へお花一輪飾ってあげましょう。
    一輪のお花がお父さんには一面のお花畑のように映るそうです。
    毎日お父さんに話しかけながら、少しずつ心の整理していきましょう。少しずつ。
    ゆっくりと・・・

    ユーザーID:0898715774

  • 私は欧州在住です。父が危篤状態に陥ったと連絡があったとき、親の死に目に会えないかもしれないのは覚悟の上で日本を離れたのだから・・・と、自分に言い聞かせました。でも結局、父は意識不明のまま数週間持ちこたえてくれ、おかげで私は父の最期に立ち会えました。

    不思議なもので、父が亡くなってからのほうが、父の気配を近くに感じます。魂は欧州までもひとっ飛びなのでしょう。親って本当にありがたいですね。ずっとずっと見守ってくれていると信じています。

    ユーザーID:9788845681

  • 引き続きのレスありがとうございます

    同じ様な思いを乗り越えられた方々のお話を聞くことがとても励みになっています。

    私も仕事や遊び優先で家庭を顧みない父にずっと反発していました。
    今思えば父も若かったのでしょうね。
    だから還暦を過ぎ急に娘にそばにいてほしがるようになった父の急変ぶりに
    戸惑いがあり、その気持ちに充分に応えてあげれませんでした。

    父の親戚はお腹の子は生まれ変わりだねと喜んでくれています。
    だから安心しなさい、必ず守ってくれるからと。
    今は叔父や叔母の存在が心の支えです。父との唯一の繋がりだから。

    母・姉妹との関係には困難な問題が色々あるのですが、
    ああこんな時父だけは心の底から私の心配をしてくれていたな、と思い出します。

    今までスピリチュアルなことに全く興味がなかったですし
    今もそういったことに縋るつもりはないですが
    紅さんのようなお話を聞くとどんな形でもいいから父と会いたいと思ってしまいます。

    最期の言葉を聞けなかったので、夢の中でもいいから何か言ってほしい。
    お説教でもいいんです。

    ユーザーID:8720875821

レス求!トピ一覧