パソコンは消耗品ですか

レス39
(トピ主0
お気に入り29

生活・身近な話題

パソコン音痴

先日、購入して2年半のノートパソコンが突然壊れました。インターネットを閲覧中に突然ブチッと電源が落ちてしまいました。

その後、メーカーのサービスセンターに問い合わせ等をして対応しましたが、結局、修理センター行きとなりました。

センターからの連絡では、マザーボードが壊れており、取替えが必要で、5万円かかるとのことでした。16万円で買ったパソコンが2年半で壊れ、修理に5万円かかる、とは、とてもビックリです。このようなことが頻繁に起きたら、とても付いていけません。

インターネットが普及し、生活必需アイテムになってきている今日、大変、疑問に思いました。

たまたま私の購入したパソコンが不良品だったのでしょうか。このようなことが当たり前なのでしょうか。

皆さんの経験やお考えをお聞かせください。

ユーザーID:8376615408

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 間違いでは無いですが・・・

    パソコンは消耗品。
    間違いでは無いですが、2年半でマザーボードが壊れるのは少し早すぎます。
    ノートパソコンと言う事なので、おそらく熱のせいなのでは?っと予想してみます。
    放熱の事をあまり気にせずに長時間起動したりしてませんか?
    ストーブの傍やこたつの上で起動したまま放置したりしてませんか?
    無理なことをすればその分壊れるのも早くなって当然です。
    扱い方に問題が無ければ、元々そのパソコンが長期間扱うには向いてなかったんでしょうね・・・

    ノートパソコンは持ってないので詳しくはわかりませんが、デスクトップ型の大きい形のマザーボードであれば、上手く使えば毎日起動していても倍の5年はもってくれますよ。

    ユーザーID:4303777514

  • 半分消耗品のようなものですね

    PC歴25年です。
    今のPCは消耗品とも言えますが、ダメになった部分を取り替えながらも使い続けることが可能です。
    マザーボードが「お釈迦」になった、とのことですよね?
    マザーボーhは交換可能ですよ。但し、費用は結構しますけどね。
    ショップによって修理代金の開きはあります。
    また、この際だから、最新式のPCに買い換えてしまう、という考えもまりますが、今のPCのDOS-V Windowsはパーツさえあれば自作機も製作可能なのです。
    ですが、インターネットを快適に利用したり、動画をみたりするには、最新式のPCへ交換してしまうのが良いかと思います。
    ちなみに、私のPCはWindowsですが、パーツを交換したり、ソフトウエアを入れ替えたりして5年くらい使い続けています。

    ユーザーID:8297644076

  • 壊れる前提で考えた方が

    機械物は全て壊れます。
    いつ壊れるかというのは、個体差、使用頻度等によって
    変わってきますが、必ず壊れます。
    会計(税務)上で言いますと、PCの耐用年数は4年です。
    その点で考えれば若干壊れるのが早かったかなという感はありますが。
     最近の大手量販店では5年保証は当たり前にオプション選択出来るように
    なっています。
    そういう保証制度を使って、金銭的負担を軽減しましょう。
    また、外付けHDDを購入して万一の為のバックアップを取りましょう。
     余談ですが、私は壊れる前提でPCを3台持っています。
    壊れると仕事と生活に支障をきたしますから。

    ユーザーID:0247706543

  • 消耗品です

    ノートパソコンで2年半は早いと思いますが、ハズレを引いたらそんなもんでしょう。

    技術のない普通のヒトなら3〜5年くらいで更新しないと
    処理能力の陳腐化もありますので
    快適に使い続ける、というわけにはなかなかいかないようです。

    当時16万円の機種ならば、5万円かけて直すよりは、
    8〜10万円くらいの現行機種に更新した方が快適かと思います。

    ユーザーID:9534717761

  • ありがち

     私の実感としては、約10年前、国内PCメーカーが海外に生産拠点を移し、同時に価格競争が激化した頃から、明らかに故障率が高くなったように感じます。基板・液晶画面等の故障が多かったように思います。
     本体価格が下がった分だけ故障率が上がって差引0、といったところでしょうか。
     自衛策としては、
    ・(購入の段階で選択可能なら)複数年の引き取り修理サービスを選んでおく
    ・データのバックアップを定期的に実行する
    ・予備機を持つ
    位しか思い付きません。
     

    ユーザーID:3283210505

  • お答えします

    消耗品です。

    ってか、電化製品は総じて「消耗品」でしょ?

    ユーザーID:7419275613

  • そんなものです

    パソコンは3年もてば良い方です。まあ、パソコンに詳しい人ならノートではなくデスクトップパソコンを選んで修理費用を安くすることも出来ますよ。
    後は、購入時点で3年保証のオプションをつけるとかどうでしょう?

    3年落ちの中古パソコンなら5万円で買えたりしますよ。

    ユーザーID:0875215728

  • 2年半なら保障期間ではないですか?

    トピさんのパソコン使用頻度や環境(パソコンのスペックではなくて、コードの取りつなぎ状況のこと)で寿命はぜんぜん違ってきます。でも、パソコンは消耗品ですよ。1日中付けっぱなしだとしたらそんなもんでしょう。あと、静電気や、設置場所の湿度、本体ファン周辺の通気(埃)、コンセント部の埃、電源コードの接続(束ねたり)してませんか?パソコンはテレビや掃除機、冷蔵庫と違ってとてもデリケートです。嘆く前にこのあたりを万全にしておきましょう。パソコンに限らず、機械なんていつかは壊れるもの。

    それより気になったことが・・・パソコンのメーカーはどこですか?
    私のパソコンも故障したとき、引き取りに来た運送やさんが「ここの(メーカーの)対応は親切でしょ。ソ○ーや東○とは違いますよ。」と言われそのときは確かにカスタマーセンター感じは悪くはないといった感じで、修理が終わり金額を聞いたとき「マザーボードの簡単な修理でできましたので無料で修理させていただきました」と! ほんと「ヒ○チ」にしてよかったと思いましたよ。トピさんと同じマザーボードの修理でしたので参考になればと思いました。見積もってみたら同ですか?

    ユーザーID:8138154800

  • デスクトップ愛用派ですが

     私は去年の秋に4年使ったデスクトップパソコンが壊れました。正しくはディスプレイが…ですが。でもOSも新しいのがでたし、と思って買い換えました。 その際、お店のおにーさん「これなら5年は使えますよ」と言ってました。
     …5年!?? と思いましたがそんなもんらしいです。もうちょっともって欲しいんだけどなぁ〜。多機能になり、性能も上がる、値段も上がる。で、壊れやすくなって修理代も高くなり…きびしいですよね(笑)。でも私はこの時「パソコンは消耗品」だと再認識しました。
     ハードそのものが大丈夫でも、OSが古くなったら出来なくなることも沢山出てきますし。当たり外れもありますし、パソコンはリスクが大きい?。安いものでいいんですけどねぇ。。まぁお値段以上に使い倒してますけど。
     3年持たないのはがっくりきますね。私なら「ハズレだったか…」と諦めます。。。

    ユーザーID:6401083110

  • 大変高額な消耗品だと思う

    仕事(SE)柄、故障したパソコンとの付き合いは多いです。
    結構な頻度で壊れますね。使用頻度(稼働時間)も高いんですけど。

    ノートPCは故障すると大抵マザーボードを好感する羽目になるので、修理代はお高いです。
    最近は電気店でも長期(3年とか)保証を付けられたりするので、次からは入ってみてはどうでしょうか。

    経験上から言うと、PCのハードディスクの寿命は5年です。長くて10年かなぁ。職場の人は最低でも年に1回は最低限必要なデータのバックアップをします。

    10年使えばOSも更新されているので、PCに対応しなくなってしまう事もありますしねぇ。10年が限界かなぁ、と思います。

    あと、メーカーは製造から5、6年以降は部品を確保しなくなるので、これ以降壊れると修理出来ない可能性も出てきます。

    ユーザーID:3655041865

  • 修理で無く交換なんです。

    パソコンに限らず修理に要する時間を早くする為に丸ごと『交換』します。
    昭和の時代にこれらの基板を修理していました。
    小生はこういう商品を修理して使用してます。(メインは新品です)
    メイン基板はそれほど壊れませんが電源関係の部品で放熱が不足すると昇天するのが有ります。
    友人に言わせると『綿埃』が放熱を阻害している時が多いとの事。
    詳細は分かりませんが、電源が落ちただけなら『電源回路基板』を交換すれば直ると思います。
    (ただメイン基板に電源回路が入っているのは無理)
    このような商品もオークションに平気出ています。

    ユーザーID:4826928761

  • 2年半は早いですが・・・

    2年半で故障は早いですね。しかし可能性はあります。数百ある電子部品の一つが壊れてもパソコンとして機能しなくなります。現在の集積度の高いマザーボードなどの基板は修理不能なので交換になります。マザーボードは液晶画面に並ぶ高価な部品ですから修理費は高いです。
    私は「保証延長サービス」を契約しますので5年間無料サービスです。
    既に2回無償で修理しました。パソコンメーカーの修理明細は有償ですが、その費用は保証延長サービスが負担してくれます。
    パソコンはメーカーの通販サイトで購入すると安価です。保証延長サービスもありますので買い替え時に検討して下さい。会社で使うHP業務用パソコンは16万円の半額で購入します。

    ユーザーID:5590857057

  • もっと短期間に2回こわれました。

    母のバイオは一年足らずでマザーボードが壊れましたよ。

    ほとんど机に置きっぱなしで使用時間もそんなに多くなかったのに...。購入後数週間でOSが起動しなくなったりして変だなとは感じていましたが、そのうちに青い画面に英語の文字がば〜っと出て、英語が読めない母は必死でそのセンテンスをメモして、遠方の私に送ってきました。

    私のパソコンはデルのノートでしたが、最初の設定時にHDDからピーッと異様な音が出てその後ときどき、例の青い画面がでるようになり、一年でHDDが壊れ有償で修理となりました。パソコンは壊れるものと覚悟しておいた方がいいと思います。壊れないで長期間使用できているのは、むしろラッキーなのではないでしょうか?

    メーカーというよりもそれぞれの個体間で「出来不出来の具合」のばらつきがあるような気がします。ところで母のバイオは1回修理に出して戻ってきたのですが、またおかしくなって再修理で合計2回分で10万近く出費が必要だったらしいです。バイオの会社の製品だけは私は絶対買いませんし、人にも「やめなさいよ」と言っちゃってます。

    ユーザーID:8541737323

  • 消耗品ですが。。

    2年半でマザーボードがダメになったのであれば、、運が悪かった可能性はあります。(つまりは、不良品)

    でも、2年半だと保証は切れてますよね。

    販売店での5年保証とかの契約をしてませんか?
    (大型量販店がよくやっているやつ)
    しているなら、それを使うべきです。

    ユーザーID:0524846713

  • 消耗品です

    とにかく、ハズレを引くと厄介です。
    今はFUJITSU使ってますが、S*NYのは、5ヶ月間で修理に3回も出しました!
    ただ、消耗品ということが前提なので、オプションでの修理保証はつけてもらっています。(5年間)

    普通のメーカーさんのは1年から3年が保証期間ですから、保証書は大事にとっておいてくださいね。
    少しは安くなるはずですから。

    ユーザーID:5230590838

  • PCはもろい!!と思ってます

    私も夫もPC販売、修理窓口などの仕事をしていましたが、PCは「すぐ壊れるもの」と認識しております。とくにノートは2年過ぎたら危ないと思ってます。
    今までノートパソコンは3年以上使ったことがないですね。
    使用頻度や環境にもよるし、昔よりはマシになっているとは思いますが。
    なので我が家ではこまめにバックアップをとり、3年経つ前に売りはらい、新品に買い換えています。

    自分でメンテナンスする知識がないのなら、購入時に長期保証サービスに入るのをおすすめします。

    ユーザーID:0544968923

  • 消耗品だと思います

    皆様のレスの通り、すべての家電品は消耗品だと思います。
    しかしパソコンはその中でも寿命が短い方かなとも思います。
    パーツではハードディスクが特にそう感じます。
    トピ主さんの修理されたマザーボードは多少当たり外れがある様に思います。
    例えばその年にそのパソコンに使用したものがたまたま故障が多いなど。

    またパソコンは熱に弱いので使用環境や使い方により発生する故障もあるかと思います。

    ユーザーID:2814540280

  • 保守サービスに入っておけばよかったですね

    通常パソコンの保証期間は1年ですが、その後は有償の保守サービスをメーカーなり販売店なりが用意しているはずです。そのようなサービスに加入していれば、一定の費用はかかりますが、追加出費はなしで修理交換してもらえます。

    修理代5万円といってもほとんどはエンジニアの人件費だと思います。
    通常大企業は1人のエンジニアを維持するために、1日7,8万円のコストを掛けていますから(これは給料だけではなく社会保険の企業負担分や教育訓練費や人事システム、建物の維持費などの費用全てを含んだコストです)、修理に何時間か人を使うとどうしても数万円くらいのお金をもらわないと割りに合わなくなるのです。

    私の場合、MachintoshのノートPC 2台を4年ごとくらいに買い替えながら使っていますが、修理に出すはめになったのはこの15年で2回くらいです。費用はやはり5万円くらいだったと思います。

    それなりの人に直してもらわないといけない複雑な製品は修理代も高くつきます。
    最初から保守サービスに加入しておくか、壊れたら運がなかったと思ってあきらめて修理代を払うか、どちらかではないでしょうか。

    ユーザーID:7133809814

  • マザーボードの故障とは・・・

    そういえばパソコンじゃないけどうちの洗濯機
    買ってからすぐに調子が悪くなってだましだまし使ってたけど、
    とうとう修理を依頼したら、基盤の故障だといわれましたね。
    最初に調子が悪くなったときに修理を依頼すれば無料だったはず・・・
    基盤ってパソコンならマザーボードですよね?あれ?違う?

    私が最初に買ったパソコンは2年でお釈迦でした。
    でもたぶんハードディスクだったと思う。
    次に買ったのは5年現役でしたけど、
    なんか調子が悪くなったので買い換えました。
    それもハードディスクだと思う。
    ハードディスクの交換でも良かったんだろうけど、
    ほかにCDドライブも壊れたし、もういいかなと。
    娘のパソコンも5年弱だけどこのごろハードディスクの不具合で起動しないことがしばしばです。
    マザーボードがいかれたことは一度も無いなあ。
    だれかがハードディスク2年説ってのを唱えてたけど今は技術が進んで壊れにくくなったかな?
    インターネット閲覧ぐらいしかしないなら、今のやつじゃなくてXP搭載の安いやつ買ったらどうでしょう。

    ユーザーID:6039099959

  • 私も同じような経験有りです。

    最初に購入した割とお高いめのパソコンが、
    2年くらいでトピ主さまのPCと同じように
    使用中に電源が落ちたり電源を入れられなくなりました。
    しばらく電源を入れずに放置していたら、
    起動は出来るがやはり途中で落ちてしまう…。
    修理に出したら、CPUを交換するので8万円かかるとのことで、
    すぐ壊れるものを高額修理してもまた壊れるだけじゃないかと、
    安値のPCを購入し直しました。
    しかし、家の者が、
    修理せずに戻ってきたPCの電源パーツを試しに付け替えてみたところ、普通に起動して、
    その後4年間動いていました
    さすがに苦情を言ったら、メーカーの修理工房の担当者から電話があり、
    CPUを入れ替えて電源を入れたら起動したので、
    CPUの故障かと思ったとの説明。
    それは、CPU云々じゃなく、しばらく電源を入れなかったから起動しただけですよ(伝えておいた筈ですが)。
    (続く)

    ユーザーID:4906960835

  • 私も同じような経験有りです。2

    そんな検査の仕方ってあり?としばらく憤っておりましたが、
    PCは精密すぎて、故障箇所を調べるのは、
    実際のところ無理なんでしょうね。
    だから、怪しいところをごっそり入れ替えて、
    動いたらそこが壊れていたんだと言う事になるのでしょう。
    そして、ごっそり入れ替えた部品全てが修理費用に加算される、と…。
    最初に購入したPCがそれだったので、
    次はちゃんと5年間保証に入りました。
    どうせ壊れるのだからと、性能の良いものに拘るのも止めました。
    次のPCも、3度修理に出しましたが、
    (それぞれ数万円の修理費見積もりでしたが)保証金額内だったので、
    修理費は支払わずに済んだし、
    安価PCなだけに作りが(他よりは)単純なのか、
    修理から早く戻って来ました(笑)。
    この経験で、私の中ではPCは消耗品だと言う認識になりました。
    余り性能にこだわらなくなりましたねー。

    ユーザーID:5324218752

  • 世の中にあるすべてものは「消耗品」

    「消耗品」か「消耗品でないか」というのはよくわかりません。
    なぜなら、ここでいう「消耗品」の定義がわからないからです。
    私は、世の中にあるすべてものは「消耗品」と思っています。
    永遠不変のものなどありえないので・・・

    しかし一般的に言うなら・・・
    使い捨てにするもの=「消耗品」
    修理等をしてさらに使えるもの=「消耗品でない」
    ということになります。

    今回は修理して使う事ができるので「消耗品でない」となるのではないでしょうか!ただ修理代が高いという難があります。

    私は、Gメーカーに修理を頼んだら、「マザーボードはもう入手困難で、作る気もない、市販品をどこかのパソコンショップで取り付けてもらったほうが早いですよ。」と言われてしまいました。買ってからたった2年しかたっていないのに!メーカーから死の宣告!を受けました。

    家電品については、公正取引委員会がその補修部品の最低保有期間を製造打切後何年間と定めていますが、パソコンについてはその定めがないのです。

    お上もパソコンについては完全に見放しており、壊れたら別のパソコンを買え!という見解でしょうか。

    ユーザーID:3986847324

  • 運不運の問題です

    マザーボードの故障は比較的少ないケースですね。トピ主さんはやや不運だったといえます。一方,HDDはもっと頻繁に故障すると言われています。

    消耗品,というのは通常HDDに対して言われることですが,その他の部品も精密な弱電部品ですので,静電気などでも破損する可能性があります。
    取扱説明書のとおりに使用していれば故障の確率を低くできるとは思うのですが・・・。

    なお,どこのメーカーが壊れやすいかという点については,私の場合2年半無事に使えている旧東通工はむしろマシな方という印象です。会社で大量導入した某社(名誉のため伏せますが)はなんと1/3が不良品。一般に信頼性が今ひとつといわれる通販で伸びた外資系は同じく会社で大量導入もほぼ無事。あまり世間の評価とは一致しません。

    さて,世間一般として消耗品に長期補償はかけませんよね。私も含めパソコンに長期補償をかけるのは消耗品ではない証拠とも言えます。
    故障の率は高いですけれどね。

    ユーザーID:9599036949

  • 総合的にみて10年は持たないと思います。

    2年半は短いとは思いますが、ノートPCは特に寿命が短いです。
    薄型になればなるほど、さらに短いです。
    原因は排熱、それとホコリ(これも結局排熱に関係しますが)

    マザーボードの故障の主な原因は、高熱によるコンデンサの液漏れです。

    物理的に消耗品かはわかりませんが、論理的には消耗品に近いと思います
    OS面からの話しになりますが、丁度10年前に発売したWindows98のサポートはとっくに打ち切られてるという面から考えても、メンテナンス無しでは5・6年が関の山かと思います。

    ユーザーID:7021724364

  • 気持ちは分かります

    でもPCって消耗品なんですよね〜。
    私もPC詳しくないので夫に良く聞きますが(SEなので)「1年経つともう古い」って言われます。
    トピ主さんのPCの症状はひどいようにも思いますが夫は「そういうのも良くあることだよ」と言います。

    PCに長けている人はメーカー物は買わないそうです。
    自分で組み立ててソフトをインストールして修理やメンテナンスも全部自分でするそうです。
    何故ならその方が壊れにくくて安いし、必要なところだけ直せばいいからとのこと。
    メーカーは直すのが面倒なのですぐに全部取り替えるって言うらしいです。
    トピ主さんのPCも自分で直せればおそらく半額もかからないのでは?と思います。
    とはいえ、こればっかりは詳しくないと出来ないですからね〜。
    今回は止むを得ないのかもしれません。
    もしPCを買い換えるようなら今度は5年保証みたいのに加入しておくといいと思います。

    ユーザーID:6915334446

  • 消耗品とまではいかなかいけど

    最近のパソコンは近いでしょうね。
    会社の経理上も耐用年数は4年ですし。
    それにノートはデスクトップより弱い気がします。
    我が家のデスクトップはどれも10年選手でしたが、ノートは5年も持たなかった気がします。

    ユーザーID:9321857609

  • パソコンは、消耗品です。

    パソコンは、消耗品です。
    20年も30年も同じパソコンを使い続ける人の方が少ないのでは
    ないかと思います。
    例えば、今から20年前の1988年頃といえば、16bitPC全盛期
    8bitPCも、まだまだ十分使われていましたが、今も、同じPCを
    使い続けている人の方が少数ではないでしょうか。

    ユーザーID:3128153798

  • そういう質問はパソコン大魔神様にした方が良いですよ

    拝見させていただきましたが、こういった質問は、発言小町よりも
    パソコン大魔神 で インターネットで検索して
    パソコン大魔神 の回答を隅から隅まで読むか
    質問して、お布施をする(任意)した方が
    よくわかると思いますよ。
    とりあえず、グーグルとかで「パソコン大魔神」を検索して
    いちど目を通してみてください。
    新たな世界が見えてくると思います。

    ユーザーID:0045101092

  • 消耗品とはいえ痛い。

    使用頻度が高く、毎日持ち歩くため、そもそも3年で壊れるだろうとは覚悟していました。
    しかし、3年どころか2年で3回壊れ、マザーボード等取り替えても、結局、原因不明。
    3年保証には入っていたものの、修理に出して設定しなおして…を何度も繰り返さなければならないことで、仕事に非常に支障が出ました。

    最近では、生活必需アイテムだからこそ、予備機も必要なのかな、と諦めの境地です。

    トピ主さん、ご自宅だけで使用されるのであれば、デスクトップの方が持ちますし、修理代も安いですよ。
    あとは機械類が得意でなければ、お金を出して保証期間の延長をするなど自衛したほうがいいです。

    ユーザーID:5125013365

  • 消耗品でしょうね。

    私も何度かパソコンが壊れています。
    家電は全般的に消耗品といえるかもしれませんが、パソコンは最も壊れやすい部類にはいると
    思います。
    比較してテレビは結構古い機種(10年以上)でも壊れにくいですからね。
    ただ、仮に壊れなかったとしてもソフトやネット環境、周辺機器が進化するので
    5年前のパソコンは使いづらくなりますから、そういう意味でも寿命は短い機器といえるような
    気がします。

    ユーザーID:7200480202

レス求!トピ一覧