娘の夢と、夫と兄の仲

レス21
(トピ主0
お気に入り15

家族・友人・人間関係

snowwhite

地方在住の30代後半の共稼ぎ主婦です。中学生の娘が1人います。
合わせると年間900万円くらいの収入です。今のところ親子3人の生活には十分です。
娘にはある楽器の習い事をさせていたのですが、先生から、本格的に一流の音楽家に師事してその道を目指してはどうかと言われています。娘も、プロに挑戦したいと思っているようです。(その道がとんでもなく難しいのは承知しています)

もし本格的にやろうとすると、月に20万以上は必要になるようです。普通ならそんなお金はないとなるところですが、兄が正月に遊びに来たとき、娘がその話を兄にしたようです。兄は神奈川で開業医をしており、経済的にはかなり余裕があります。娘(姪)には甘く、「だったら俺が全部出していい」と言っています。

娘の夢は応援してあげたいのですが、問題は夫です。兄との仲は悪くはないのですが、昔から学歴や収入などで兄に(一方的に)コンプレックスを感じているようで、今回の話にもいい顔をしません。私も、仲はいいのですが、別家計の兄に頼りきることに躊躇があります。両親は他界しているので、介護や相続の問題はありません。

ぜひご意見下さい。

ユーザーID:8291618295

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 娘に借金を背負わせるようなもの

    お兄さんは姪に返してもらうつもりはないでしょうが、やはり心情的に借りを作ってしまいます。お兄さんに家族がいれば「昔、お金の世話してやったのに」と遠い将来に言われないとも限りません。プロになれればいいけれど「あそこまでしてやったのに、鳴かず飛ばず・・・」とか・・・。(兄には家族がなく血縁はトピ主家族だけと言うなら、援助してもらってもいいかもしれません)

    まだ中学生に娘にお金の価値も怖さもわかるわけありません。もしどうしても兄の援助が必要なら娘の為に出してもらうのではなく、あくまでも両親が借りる形にしましょう。でも今は夫婦だけでやれるところまでやればいいと思います。大学でも出てプロ一歩手前くらいになった時にお金以外(人脈)でバックアップしてもらうという方法もあります。

    ユーザーID:2065408986

  • 例え仲が良くても難しい

    例えご主人とお兄さんの仲が良好だとしても、援助はまた別問題だと思いますよ。
    まともな大人であれば人からの援助など受け取らないのが常識だと教わってきていますからね。
    援助なしじゃできない生活は分不相応だというのが身についているはずです。

    娘さんが後に自身の力で援助分を返済するあてがないのならば
    気軽に大金を援助してもらうのは誰にとってもいいことではないと思います。

    ユーザーID:5514562405

  • 挑戦させてあげて下さい

    先生が本格的に学んだ方が良いと仰っているなら、娘さんにはかなり見込みがあるのでしょうね。御本人が本気でプロを目指すのなら、ここは是非挑戦させてあげて欲しいと思います。

    ただ仲の良い兄妹間とはいえ金銭の遣り取りは慎重にしなければなりませんよね…
    全て負担して貰うのではなく、将来的に全額返済するということにしてはいかがでしょうか。節約も大変になるでしょうけど、ご夫婦共に働いてらっしゃるのでしたら不可能ではないと思います。

    旦那様はトピ主さんと娘さんのお二人で説得して下さい。娘さんの決意が固ければ、きっと受け入れてくれますよ。
    頑張って!

    ユーザーID:6285605796

  • お嬢さんの覚悟の程による

    お嬢さんは今若くして人生の岐路に立ってます。よくよく話し合ってください。私だったらお嬢さんの覚悟の程を聞きます。これからの生活をすべてその楽器に捧げる覚悟はあるか?つまり、他のお友達がショッピングだ飲み会だデートだと楽しく遊びまわっているときにもレッスンレッスン・・・という生活に耐えられるのか?そして伯父とはいえ人に援助してもらうからには途中で「嫌になっちゃった」というわけにはいかないよ?などなど。オーバーなくらい厳しい話をします。
    トコトン話し合って、お嬢さんがの決意が固いようでしたら、お嬢さんと一緒になってご主人とご主人のお兄様に頭を下げてお願いします。
    甘い憧れならともかく、確固たる情熱なのであれば、つまらない見栄で妨害するのはかわいそうだと思うからです。

    ユーザーID:9550103744

  • もう少し待って

    芸術の道を目指すというのはかなりお金のかかることです。
    普通の進学などと同等には考えられないものですから、
    彼女が20代になっても援助は続くと考えられた方がいいでしょう。
    将来、留学したいと言うかもしれない、
    一流の楽器がほしいと言うかもしれない、
    お兄さんに頼るのはその時まで待ちませんか?
    もし彼女の才能が本当に芽生えたとき、
    改めて話し合われたらいかがでしょうか。
    年収900万なら、まだ頑張れると思います。
    学校に関しては奨学金などもいろいろありますし、
    五嶋みどりさんのお母さんもお腹を空かせながら頑張ったようですよ!

    ユーザーID:7594056944

  • 娘に選ばせる

    娘さんの未来を決めることなので娘さんに選ばせましょう。
    その時にどれほどのお金が必要かを説明し
    「将来はプロになって叔父さんに返金する位の覚悟があるか」
    それを確認します。

    それでも「やる」と言うなら自分で父親を説得させます。
    その位出来なければこれから進む必要はありません。

    トピ主さん夫婦も何時、援助が打ち切られるかも知れません。
    しっかり節約して貯蓄しておきましょう。

    ユーザーID:8174634895

  • 小金持ちの心理

    自分にも姪がいますが、姪への愛情は無償の愛に近いです。
    毎年3,4百万かかったとしても、音大卒業までなら3,4千万円。
    ある程度の経済力のある人間であれば、大した額ではありません。

    支援に見合った感謝さえ忘れなければOK。
    卑屈になる必要もありません。
    最大限頑張ることが最高の報いです。

    ユーザーID:1120352193

  • お兄様独断で問題ないの?

    タイトルの通りです。
    経済的に余裕はあっても義姉さまも応援すると言ってくれているのでしょうか?
    いちばん肝心な人の気持ちがかかれていません。

    お兄様は独身ですか?

    勝手に向こうは大丈夫なんて思い込むのはあとあと迷惑をかけることにもなりかねません。

    自分たちで出来る限りの事をしてみてからでも良いのではないですか?
    お嬢様がものになりそうならそのときにお借りれば良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:2506124148

  • 他人の財布はアテにしない

    いくら兄でも、お金の事は他人と同じ。
    もちろん、きちんと借用書を書いての借金だったら話は違ってきますが。

    あなたがた親の甲斐性でやってあげる事ができないのなら、諦めるしかないと思います。
    音楽(芸事全般)で食べていけるようになる為には、かなりの金額を要します。
    月20万という事ですが、東京の音大などに進学すれば、月20万では済みませんし、海外の先生の元で勉強しようと思えば、それどころではありません。
    年収900万なら月20万は出せなくもないはずです。
    娘の為に、たとえ貧乏してでも・・・・という気はないのでしょうね。
    月20万を捻出できないようでは、無理じゃないですか。
    捻出できるけど、兄にお世話になるという考えなら、ちょっとそれはどうなの・・・と思います。

    「プロ」といっても、色々ありますよね。
    たとえばピアノ。
    一流ピアニストとしてプロでやっていくのと「ご近所のピアノの先生」では、違いますし。

    ユーザーID:6212725857

  • じょじょに…

    開業医でお金持ちのお義兄さん…その方は、音楽愛好家なんですか?そうでないとしたら、たとえば私立医学部への道に対する援助のようにお考えになっているのかもしれません。「勉強好きな姪+お金の援助=医師」のような非常に確実な投資をイメージしておられるかも。これだと、援助してもらう側の不安や心の揺れは、わからないし、あとで感情的な行き違いも生まれてくるかもしれません。また、彼の奥様や子供たちの気持ちも考慮しないといけませんよね。

    音楽にはお金がかかりますから、親身になってくれる良いスポンサーがいるにこしたことはないのですが。お嬢様の心身の成長と技術の伸びに合わせて、慎重に徐々にすり合わせていくしかないと思います。

    たとえば、お嬢様は今後たびたび上京して、レッスンを受けることになるのではと思いますが、その際、叔父様の家に寄宿して通うとか…そのあたりから感情のすり合わせを行われてはいかがでしょうか(この段階で、叔父様のご家族に受け入れてもらえないとか、お嬢様の側で遠慮してレッスンに励めないとかだと、今後もトラブルが出てくると思うのです)。

    ユーザーID:8500736997

  • 援助を受けるということはその恩と義理を背負って生きること

    親からの援助であればそんなに重い者ではないでしょうけれど、父親と不仲な伯父となれば どれほどのものを背負っていかなければならないのか それをどこまで理解して覚悟できるのかというところでしょうね。
    娘さんはどこまで分かってますか?
    他人に出資してもらうということは 自分の意思だけで物事を決定できなくなるということです。
    当然 結果も出さなければならないでしょう。

    お金を出してもらえるから好きなことをしたい では無理です。
    修行僧のように職人のように すべてを投げ打ってでもそれに捧げる覚悟っていると思いますよ。

    もし伯父の世話になるのでしたら 娘ごと伯父の家に預けて任せてしまうという手もあります。
    金を出すのですから 口出しする権利はあるでしょう。
    住み込みの家事手伝いでも伯父孝行でもさせましょう。

    ユーザーID:9866787787

  • 長く続く援助は疑問

    兄とはトピ主さんの実兄ですか?
    でも、結婚されていれば、いくら収入が良くても義姉さんの了解がいるのではありませんか?
    楽器購入など1回ぐらいの援助ならともかく、長く続く教育資金の援助は、兄の家庭に対する気遣いもいるのではありませんか。
    1人っ子なら、出来る限りご夫婦で頑張られたらどうでしょうか。

    ユーザーID:9442715743

  • あてにならない

    眉唾物だろう。叔父には親のような責任が負わないのだから、疑ってかかるべきだろう。

    ユーザーID:9504173606

  • お父さんのプライドは?

    どなたもお父さんの心情についてコメントしていませんね。実兄から実妹への援助と、義兄から義弟への援助とでは大違いですよ。

    例えばお兄さんのところには子供がなく、またできる可能性もないので、普段から姪御(娘)さんを実の娘のように可愛がっていて、養女にするなんて話まである、というならともかく、わたしがお父さんの立場だったら相当へこむだろうなぁ。

    「借りる」と言ったって、返すあてがあるくらいなら、自分で負担できるでしょう。「娘に返さす」って?私の個人的な考えとしては、こういうのは返してもらうことをあてにしたり「投資」のつもりでやることじゃなくって、(娘の成長以外に)見返りをまったく期待しない無償の愛情でやるものじゃないのかな?(だから「養女」なんて話が実際にあれば筋が通りますね)「形だけ借りることにして」なんていうのは、金銭についていい加減なことになるので論外です。

    うちは7歳の娘をロシア人のピアノの先生に習わせていますが、月平均6万円ぐらいかなぁ。

    ユーザーID:1887673334

  • あと十年継続して援助してもらえるのかな?

     詳しい背景がないので,何とも言えませんが,娘さんが一人前になるまであと10〜15年間違いなく継続して援助してもらえるのでしょうか?
     例えば,お兄さんは開業医だそうですがお兄さんのお子さんが医者になりたいと言ったとき,私立の大学などでは卒業までに一億円近い授業料が必要になる場合もあります。また、これは失礼な想像ですが、途中でお兄さんが何らかの理由で仕事ができなくなるなどのことも万が一にはあると思います。
     これは例えばの話しですが,お兄さん家族にお金が必要になったとき,途中までやって娘さんに「援助がもらえなくなったから、これで勉強はさせてあげられないから」って言えるのかなあ?
     娘さんの学校の成績などはどうですか?私だったら楽器と両立してきちんと勉強することを約束させて、国立の音大などを狙わせます。で、その間に一生懸命働いて、娘さんの留学費用ぐらいは貯金するかと思います。
     

    ユーザーID:8826594160

  • プライドと責任

    夢を叶えてやりたいと親心は解りますが、根本の家庭の経済力と照らし合わせて自分たちで娘さんの夢に向かうのが親としての思考だと思います。先ず父親のプライドを傷つけてまでも娘さんは夢を叶えたいでしょうか?

    妻としてそこまでの仕打ち(←あえて書きます)は家庭の姿では無いと思います。まだ中学生なら世間のことも感情も未熟な面が多々あると思います。しかしプロに成りたいと今思う気持ちも本気でしょうが、将来その「援助」が彼女の「負担」になる危険もあります。実親の応援なら例え夢半ばでやぶれても人生経験の過程として成長のプラスになるけど外からの金銭援助は揉め事の原因を作るだけだと思います。まだ数年はご自分たちの経済力で努力して、今後才能が本物で本人の努力も落ちなければ奨学金や特待生としてのチャンスを掴む!という方法もあります。プロになる前にこれらの機関(奨学金など)で競争に勝って精進するのも技術面だけでなく本人の人間性の成長の為に通ってもいい道だと思います。

    芸術家にする前に先ず、人としての在り方考え方を家庭で教育することがその親の務めです。芸術家は公共の場に出るのですから。きつい書き方でごめんなさい。

    ユーザーID:5151434627

  • もう少し話を詰めた方がいいのでは

    りすこさんのおっしゃるようにお嬢さんの覚悟をもっとしっかり確認する必要がありますね。ものになるかならないかわからないこと、ならない場合でもやけにならないで自分で生きて行くことが必要なことなど。

    お兄さんにはご家族がいらっしゃらないのでしょうか?すでにご指摘がありますが、義姉さんがいればその意志の確認も必要ですね。
    そもそもお兄さんの「全部出してもいい」もどこまで本気でおっしゃったのか、疑問に思います。

    それから、、トピ主さんはご主人がお兄さんにコンプレックスを持っていることを重視していらっしゃいますが、例えコンプレックスがなくても、一人娘にかかるお金をお兄さんにお願いするのをためらわない親はいないと思います。
    そこは考えないで、親としてどうしたら最善かをご夫婦で考えられた方がいいのでは?

    我が家は二人子供がいますが、とある理系の大学で学費は月30万弱です。年収はトピ主さん宅よりもう少し上ですが(年齢も結構上なので)。一人娘さんならご夫婦でなんとかするというお考えはありませんか?お兄さまには東京で下宿させてもらうとか、楽器の出費等何かの時にはお願いするとか…。

    ユーザーID:8927213344

  • 話を詰めて、お兄さんに基金、財団を作ってもらう。

     お兄さんの家族、娘さんの決心、先生とも相談して、今後10年、20年どういう計画でやっていくのか、すべてクリアにしてから、お兄さんに財団や基金と言うものを作ってもらうというのはどうでしょう。明朗会計にして、才能ある芸術家を援助するという基金。
    フィギュアスケートの伊藤みどりさんの家庭はレッスンを支えられるほどではなかったので、コーチが、ウィンタースポーツに理解のある大企業の社長に援助をお願いしたという話を読んだことがあります。先生に勧められるほどの才能があるなら、あきらめるのはもったいない気がします。

    ユーザーID:5299259332

  • ご親族に音楽関係者はいらっしゃいますか?1

    もしいらっしゃったら、是非お話を聞いてみてください。ご両親の「音楽家」という職業に対するビジョンをはっきりさせることが大切だと思います。

    プロって何でしょう?
    残念ながら、日本の大学ではあまり音楽家としての人生の歩み方はあまり教えてくれません(例えばフランスでは、芸術学部の生徒には芸術家としての経済と法律の授業があります)。
    ソリスト、オケ奏者、室内楽、オペラの伴奏、ソリストの伴奏、大学の講師、音楽学校の講師、個人講師。演奏者としても自分でコンサートを開くのか、スポンサーがつくのか…どこからがプロなのか。一般的には「ソリスト」=「プロ」の認識が高いように思われます。

    音楽家は3代で大成すると言われます。1代で大成させるには、質の高いレッスン、楽器、本人の努力、情報収集、先生とのコネクションを作る、コンクールや受験、海外の音楽祭の講習…よりよくしようと思えばキリがありません。音楽って難しいです。本当に。叔父様は医者のように音楽家も投資と努力しだいでプロになれる、と考えていらっしゃるかもしれません。しかしお金はあくまで手段の一つです。

    ユーザーID:7033899329

  • 私はいわゆる2代目の音楽家で、我が家は父が叔母=父の妹(独身)に、数百万お金を借りていたそうです。
    私は私立の音大を出て留学しましたが、父も叔母もこのお金については私にまったく言及しませんでした(母が最近、私にぽろっとこぼしたことで発覚)。言わなかったことが父なりのプライドだったのでしょう。トピ主様は、夫君のプライドを考えたことがありますか?父親としての立場を考えてみてはいかがですか?

    私の家族は、とにかくお金に関しては一切触れないことで、私を音楽に集中させてくれました。父は公務員で、母は個人講師の、ごく普通の家庭です。

    トピ主様もお子様が中学生ですと、これから家族3人4脚の戦いが始まるころだと思います。頑張って下さい。
    すばらしい音楽家が生まれることを祈っています。

    ユーザーID:7033899329

  • 先ずは、国公立音楽高校を目指しては?

    音楽家の中では、お金持ちの親戚に援助してもらった人はかなりいます。それが嫌なら、支出を減らして、尚且つ、娘さんが音楽を学べる環境を作ってあげて下さい。

    娘さんが中学何年か分かりませんが、恐らく、娘さんの先生が、自分の先生に師事させたいのだろうと思います。金銭的に大変そうなら、国公立の音楽高校を目指す、という方法もあります。まあ、東京芸大付属は、中学生からの準備では大変かもしれませんが、公立の音楽高校に行けば、ソルフェージュ・理論・聴音等の副科が学校の授業にありますので、そのレッスン料が不要になります。後、高校でレッスンもあります。まあ、夏休みなどは、払う事が多いですが、それでも、かなり金銭的に楽になりますよ。

    愛知県や京都府は、音楽関係者なら誰でも知っている公立音楽高校があります。それ以外の場所でも、質の高い公立音楽高校はかなりあります。国公立音楽高校から、国公立芸術大学に進学すれば、経費はかなり抑えられますので、先生も交えて、良く話し合われて下さいね。

    ユーザーID:5569345142

レス求!トピ一覧