話の途中で自分で内容が解らなくなる?

レス10
(トピ主0
お気に入り20

キャリア・職場

こう

はじめまして。人に物事を説明する時に話の内容がまとまらない、途中で自分自らが内容を解らなくなるというか相手にうまく伝わらないんで困っています。なお、私用で友達等と会って話している時はちゃんと内容もある程度はまとめて話せてるので、職場でそれが良く感じられまして、直したいんですがこういう方いらっしゃいますでしょうか?
後、何かいいアドバイス等ありましたら宜しくお願いします。

ユーザーID:8618257462

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • コツは一文を短く、接続詞を正しく使う

    短い投稿文を読んだ感想ですが>なお、…から始まる一文は長すぎて要旨が不明瞭になっています。
    少なくとも「友人との会話は問題なく職場だけでの問題」という内容と「直したい」という内容は
    文を分けたほうが読みやすいと思います。職場での会話もこのようになっていませんか?
    以下ご参考までに細かな点で読みにくかった点を記載します。

    >職場でそれが良く感じられまして

    最初に読んだ時には「職場でも友達と話しているようにまとめて話せることがよいと思って」という意味かと思いました。
    トピ主さんの言いたかったことは多分「職場で話が伝わらないことが頻繁に起こって」の意味ですよね。

    >直したいんですがこういう方いらっしゃいますでしょうか?

    「直したいんですが」の後に続くのは「どうすればいいか」などの言葉でしょう。会話の際には助詞などから次にどういう言葉が来るか予想しながら聞きます。予想に反する言葉が続くとうまく頭に入らない場合があります。

    書き言葉と話し言葉は違いますが同じようなことが起こっているのではと想像します。1文を短く切るように心掛けることを
    お勧めします。

    ユーザーID:4320436718

  • 私もそう!!

    物事を説明するときなど本当に自分で嫌になります。
    いくつか要点があると話が前後し、あれ?本題何だっけ?・・情けないけど、自分の脳は絶対どこか足りないと本気で思ったりもします。お気持ちがよくわかります!

    また私は人との会話や読書等でも、感覚というか大雑把に捕らえる所が有るので、当然それに対する理解力は浅くなりがち、こんな点も関係あるかもしれません。頭で映像化する努力など、普段と違った脳の使い方をすれば少しは鍛えられるかな〜と思い、このトピを読んで、苦手ですが頑張ってみようかなと思いました。

    私は専業主婦ですが、「話下手コンプレックス」でお友達とのお茶もちょっぴり苦手なんです。自分に自信も持てません。
    きっと「楽しく伝えたい」「コレとコレ言わなきゃ」「ヘンな言い方してないかな」など、苦手意識があるからこそ余計におかしくなるのでしょう。下手なくせに出しゃばって後悔したことも沢山あります。今は無理せず焦らず話すことが大切だと思っています。

    お仕事されているトピ主様と立場は違いますが、焦らず落ち着いて、というのが40過ぎてやっと出た答えです。お互いがんばりましょうね!

    ユーザーID:3556449824

  • 同じです

    私は普通の会話の時も途中でこんぐらがることがありますが・・・。
    仕事の時は、話す前にメモ帳に伝えなくてはならない点を書き置いて、覚えた後に(重要な時は見ながら)話します。
    あと、結論から先に伝え、そこに至るまでの経緯を説明するというやりかたも有効かと思います。
    自分にあった方法があると思うので、いろいろ工夫してみてくださいね。

    ユーザーID:1320429136

  • 受験生なみのアドバイスですが

     新聞の第1面、下から10センチの部分にあるコラムを読んで、要約してみることをお勧めします。できれば毎日、半年も続ければコツがわかると思います。
     おそらく要約力不足ではないかと思われますので。
     私はこみいった話をする際、伝えたい内容と自分の意見をメモに箇条書きにしてますよ。

     ちなみにトピックの文意は

     人に物事を説明する際
      1友人には自分の言いたい事が伝わっている。
      2職場では伝わらないことが頻繁にある。

     自分と同じような状況の方はいらっしゃるでしょうか。
     2の状況を治したいのだが、何かいいアイディアはないでしょうか。

     と解釈しましたが、これでいいですか?
     『。』の数をケチらず、ひとつの内容にはひとつの『。』を使うのも大事です。トピ主さんは、複数の内容をひとつの文章に折りこむので、話がややこしくなってるんですよ。

    ユーザーID:3443829559

  • TACさんのおっしゃるとおり

    トピックスの文章がすでに解りにくいです。

    文章を短くし、言いたい事をいくつも1文に連ねずにひとつに絞る。
    その中で主語と述語をはっきりさせる。

    あと、本を読んでますか?
    簡単な子供向けの本等を音読みしてみると良いと思います。

    私はドイツに住んでいますが、日本語はとても難しいと思います。
    英語やドイツ語では主語と述語がはっきりしており、接続詞も限られています。
    日本語はたくさんの接続詞と助詞のお陰で文章が色んな方向に勝手に行ってしまいやすいです。

    言葉をきちんと操るにはやはり読み書きはとても大切です。

    ユーザーID:1021983012

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 書いた文章なら簡単ですが

    ダーッと気持ちのままに書いて、その後に声に出して読んで見ましょう。「。」までの距離が遠くないですか?息継ぎのしどころを作るように「。」を入れていきます。
    話の中身が少し変わったかな?と思うところでハイ、改行です。

    一行、開けてみるのもいいですよ。話の区切りはここです〜、と協調。

    ただし、「話し方」となると難しいですよね。「うまく伝わらないかも」と思うと非常に焦りますし、「イライラされてる?」なんて思ったらパニックですね〜。

    まず「全部いっぺんに伝えようとしない」というのがいいのかも?でも相手の方が「それから?」と続きを聞いてくれないと困るんだけど。

    「ひとつは○○、ふたつめに△△、みっつめに■■で、結局はホニャララだったんです」とかはダメでしょうか。

    ユーザーID:7328124406

  • 昔・・・

    こんにちは、トピ主さん。20代の頃、私も自分で自分の言いたい事がわからなくなり、話をしている相手にも伝わらない事が多くありました。

    今思うと、その原因は
    「人は自分の言いたい事をある程度わかってくれるだろう」もしくは
    「ココまで話しているんだからわかっているはず」という
    思い込みがずーっとあったからだと思います。なんでこんなに話しているのに伝わらないんだ!(涙)等思ってましたね(笑)

    今、仕事で年下の子達と業務の話をしていると「経験として蓄積されたベース」を元に予想して、彼らがなにを言いたいのか「探る」ことはできますが、起承転結ナシ、誰が、どうして、なにを、どうしたいのか?
    を順番に話さないので、簡単なハナシがややこしくなる事が多いです。

    そして、私も友人と話す時には、目的のある話ではなく「楽しい話」「嬉しい話」「ただ聞いて欲しい話」だったので、言いたい事が伝わる云々で悩む事はありませんでした。

    訓練で治ります。他人は自分と同じ思考は持っていないんだ!という視点から話を始めると良いと私は思います。

    ユーザーID:1920225401

  • 私もあります!

    トピ主さんとは逆で、仕事の時は要領よく話す事が出来ます。
    私用で友達と話す時に、トピ主さんと同じ現象がおこる事があります。

    おそらく仕事では、「まず○○についてですが」「次に○○は・・・」「これは○○ですか」などと、一つ一つ内容を確認しながら話すので、混乱しないのだと思います。

    友達と話す時は、あれもこれも話したい。という気持ちがでて、
    事柄をまとめずに話し始めるので、途中で、何を一番言いたかったのか分からなくなるんです。
    なので、「ごめん、何を話したいのか分からなくなってきた〜」って言ってしまいます。

    ユーザーID:0475270531

  • 起承転結

    起承転結、という言葉がありますが、会話における起承転結もけっこう大切です。
    会話の中で起承転結を咄嗟につけるのがむかずかしいなら「起・転・結」くらいでもかまいません。会話の上手な人の話の流れをよく観察していればわかりますが、たいてい「起・転・結」の繰り返し。

    トピ主さんはおそらく「結(相手に伝えたいこと)」の前に「補足説明」をあれこれ割り込ませてしまうのではないかと察します。
    たとえば、
    起 → 承 → 起・承の補足 → 起・承の補足の付け足し → さらに付随事項 → 転 → 転をさらに細かく → 言い忘れてた承の予備知識に戻る → 転が重複 → あれれ???
    といった感じ。丁寧なのは悪いことではないですが、これでは相手に伝わりにくいですよね。

    補足説明などは後になってもかまわないので、一番伝えたいこと(結)を急ぎましょう。起・転・結が難しいなら、いっそ話の根幹を簡潔に「起・結」だけにして、承やら転など一切合切を補足として「結」の後に持ってきた方が良いと思います。

    ユーザーID:4647129569

  • 同じです。

    私の場合、働いていないので友人や夫に話す時になります。
    話してる途中に訳がわからなくなってしまって、結局言いたい事と違う事になってしまう事もあります。
    夫には「何が言いたいのか分からない」といつも呆れられています。
    ちゃんと話せるようになりたいです。

    ユーザーID:8905864351

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧