現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アダルトチルドレンである事を誰かに話しましたか?

マグカップ
2008年1月15日 1:15

私は義母に真実を話して、逆に辛くなってしまいました。

義母は良い人で、仲良くさせて頂いております。
しかし、普通(より良い)の家庭環境で育ってきた義母に理解してもらうのは
やっぱり難しいようでした。

それは仕方ない事と分かっているのですが
最近ふとした事で
「アダルトチルドレン」の事や「DV」の事等話題に出されて
辛くなってきました。

もっとちゃんと話せば分かってくれるかな、と思いますが
これ以上、実母の事を悪く言うのは、私自身も辛いです。

どなたか、他のレスで「理解してもらえない二次被害」と書かれていましたが
その通りだと思いました。

中途半端に話してしまった私が悪いのですが
これから子供が出来ると、迷惑を掛けてしまうであろう義母には
分かってもらえたらな、と思い話しました。
義母も中途半端に理解してしまってる感じで
「もっと楽しくいかないと」
みたいな感じの事も言われてしまい、逆に傷付いたりしています。

確かにその通りなんですけどね。
普段は楽しく過ごしているのですが、ふとした事で思い出してしまうんですよね。

ユーザーID:5984711965  


お気に入り登録数:41
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:51本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
二次被害というか、、。
指揮者
2008年1月15日 12:29

お姑さんっておいくつですか?
そもそもお姑さん世代のひとに、
「アダルトチルドレン」って理解してもらえましたか?

私はトピ主さんと同世代と思いますが、
私自身にも認識がありません。
定義を知りません。

トピを読むと、
幼い頃のあなたには、
すごいご苦労があったのだろうと推察されます。
今幸せになりよかったことと思います。

これは、なかなか他人には理解してもらいにくいことでしょう。
姑に打ち明けたとしても、あなたの話し方によっては、
息子は難しい女性と結婚したのだなと、
かえって不安にさせるかも知れません。

今、あなたがニコニコしていることが大事ですよ。
今は結婚してこんなに幸せになったと、
あなたが幸せに暮らし続けることが、
お姑さんにとっても幸せなんですから。

ユーザーID:5645122347
理解しても貰う事は、無理です。
まあこ
2008年1月15日 12:30

私も親から酷い虐待を受けて育ちました。
ほとんど人に話した事はありません。

人に理解して貰う事は無理です。
これが私が出した結論です。
今も苦しい生活を送っていますが、難しい事です。

人は自分が経験していない事を理解出来ない事が多いのものです。
例えば愛する人が亡くなった、これは比較的他の人にも理解し易い事なのです。
ほとんどの人が「愛されて育った」経験をあるからです。

「愛されずに育った」それを理解出来る人はいません。
親が子供を愛さない、親から虐待を受けて育った、それを信じない、
信じられない人がいるのが、世間です。

私はカウンセリングを受けています。自分で自分を癒すしかありません。
それを他人に期待し、求めてたら、もっと傷つく事になります。
それはあなたを最大限に理解しようとしているパートナーに対してです。
寄り添って、そばにいてくれるだけで満足しなければなりません。

カウンセリングを受けてみませんか?少し、前へ進める筈です。
私は「私と話をする為に」、カウンセリング受けています。

ユーザーID:1485255831
何を理解してもらいたいのか?
なにぬ
2008年1月15日 16:45

トピ主さんは、何について理解してもらいたいのでしょうか?アダルトチルドレンだと特に理解して対応を取らなければならない事などないと思いますけど。
単に、実親とはあまりうまく行っていないと言うだけではダメなのでしょうか?

ユーザーID:8867635549
目が覚めた
虹のむこう
2008年1月15日 18:00

私は逆に、自分がアダルトチルドレンかもしれないという苦しさを親しい友達に告白した時に「自分の苦しさを親のせいにするのはやめなよ。もう大人なんだし、自分の人生を生きるのは自分。自分を支えるのは自分。親のせいにしたって良くはならない」とはっきり言われ、目が覚めました。
自分の弱さや自分の悪いところをなんでもかんでも親のせいにして、親が悪いからこうなったんだと思うことで逃げていた自分に気づきました。アダルトチルドレンという自分にとって都合のいい言葉を知って飛びつき、その言葉にすがりついて楽をしようとしていた自分に気がついたのです。

今はもう、親のせいだとは思っていません。確かに親は私に対して強圧的でしたが、親の言ってたことを思い出せばやはり私にとって耳の痛いこととはいえ世間的には正しいことだったのです。

考え方ひとつでこんなにも楽になれるのだと知りました。逃げることで楽になるのではなく、立ち向かうことで楽になりました。

ユーザーID:3530839944
理解を得るのは難しい
先妻の子供
2008年1月15日 20:17

むしろ「親なんだから」「家族なんだから」といった
家族神話や母性神話にとりつかれている方にとっては
認めたくない事実を突きつけられるわけですから
そういった問題はなかったことにしてしまいたいでしょう
問題がある、となれば問題解決の為に
自分達が動かなくてはなりません
知っていて放置したとなれば責任問題ですからね

中には
「過去のことをいつまでも引きずらないで、前向きに」と
言う方もいると思いますが
これも被害者にとっては
過去のことではなく今現在のことでもあるわけですから
引きずらざるを得ない心理も理解できない(したくない)のでしょう

ACの問題は性犯罪被害者と同じで
周囲の無理解でさらに傷つけられるので
安易に話すことはためらわれますが
すでに話されていて
「AC]や「DV」の話題を持ち出されるのが辛いのであれば
その通り話してみてはいかがですか?

余談ですが
虐待を躾と思ってしまった人は虐待の連鎖にはまりますが
虐待を受けた自覚のある人はむしろ良い親になれるようですよ

ユーザーID:8812947789
夫だけです
うー
2008年1月15日 20:28

「分かってもらえたら」の渇望って強烈でとても苦しいですよね…。

『話せばわかるって幻想』とする養老孟司氏の『バカの壁』という本は全然違う分野ですが興味深く、私には有効でした。よかったら手に取ってみてくださいませ。
フラッシュバックが起こるような内容もなく偏屈ジジイの能書きですから、おそらく安心して読んでいただけるかと思います。気楽にさくっとどうぞ。


「理解してもらえない二次被害」ですか・・・トピ主さんはカウンセリングなどは?

私は鬱がきっかけで病院へ5年、心理療法も受けてます。臨床心理士さんに傾聴していただいているお陰か、その辺は解消されつつあります。でも、専門家を前にしても少し感じたときがあったかな〜、そんなとき『バカの壁』が役立ちました。(笑)


トピ主さんのお辛い経験が少しでも和らげばと願っています。

ユーザーID:1412491046
理解してもらう携帯からの書き込み
はなはな
2008年1月15日 23:11

のは、難しいと思います。私も多分アダルトチルドレンです。
私も母の事で友達に話をした事がありましたが、結局は『仲良くしなさい。親子なんだから』とこんな感じの返答でした。
やっぱり同じ身になってみないとわからないと思います。
なので私は、相談するのはやめました。

ユーザーID:4810048837
物事の良い面を取り上げてみる (これからの事ですよ)
みどり
2008年1月15日 23:41

過去の事や、それにまつわる思いは、やはり専門家の力を借りてみては?
お義母さまは専門家ではありませんし、やはり難しいのではないでしょうか。

自分を丸ごと理解してもらうというスタンスよりは、
うまくお付き合いしていかなければならないお相手として考えた方が
お気が楽になりませんか?

カウンセラーにかかる以外のもう一つのご提案は、
これから起こる先のこと、未来のことは、
できるだけ良い面に光を当ててみたら如何でしょうか?

「もっと楽しくいかないと」と言われると、なんだか辛くなるお気持はわかります。
けれどそれはそれで置いておいて(辛くなる気持は取りあえず否定せず)「でも確かに楽しい気持ちでいた方が良いか!」と考えてみる‥です。

同じ場面でも人によって、良し悪しの受け止め方って違いますよね?ADかどうかに関わらず(ADにある傾向があるかもしれませんが)誰だって違うものです。

瞬間的にネガティブに考えた事こそ、もしかしたら良い面もあるかもしれないなぁと考えるだけです。

今お幸せで良かったですね。その幸せを大切になさってくださいね。

ユーザーID:8434897125
素晴らしい>虹のむこうさんへ
--
2008年1月16日 0:02

横ですが。虹のむこうさん素晴らしいですね!
あなたみたいな目覚めというものが、本当の意味での自分磨きや自分探しなんだと思います。


自分の全てを受け入れて自己解決する。
これが簡単なようで難しい。

トピ主さんも「アダルトチルドレン」という言葉に逃げないで自己解決出来るようがんばって!

ユーザーID:8476055436
体験してない人には分かりづらい話題
私にはよく分かります
2008年1月16日 0:37

今まで友達や学校の先生、恋人などいろいろな人に話をしてみました(自分がACということではなく、親との問題についてです)。が、本当に自分の気持ちを理解してくれた人は皆無でした。それどころか変に同情されたり渇を入れられ、虚しくなるばかりでしたのでもう他人に言うのは止めました。

夫にだけは話しています。夫も似たような体験をしていたのと、2人で子供を育てていくからには知っておいてもらいたいと思ったからです。義母もうすうす気づいてはいるようですが、かわいそうな親子ぐらいにしか思ってません。

話すと何か解決策が見えることもありますが、素人に話す時は期待しない方がいいです。自分が話してすっきりした、ぐらいに留めておくのが一番です。
答えが欲しいなら体験した人やプロのカウンセラーなどにまかせた方がいいと思います。

ちなみに、私は小町でもみなさんがお勧めされていた「毒になる親」という本がとても参考になりました。
ACで苦しんでいるなら、読んでみてください。

ユーザーID:8977861934
コメントありがとうございます。
マグカップ(トピ主)
2008年1月16日 1:47

皆様、コメントありがとうございます。

指揮者さん。
おっしゃる通り、私はニコニコしていている事が大切ですね。
出来る限り笑顔を心がけて、主人と結婚出来て本当に良かったと義母にも伝えております。
そして、アダルトチルドレンと言う名称で話したのではなく
私が何故、里帰り出産をしないのか
(里帰り出産をしない事に対して「マグカップちゃん、それは間違ってるよ、親孝行しないと」と言われたのがきっかけでした)
本当は私も実母に頼りたいのですが、たまに実家に帰っても2〜3時間一緒に居るのが限界なので
そんな長期間、実母と一緒に居るのは、私の精神状態的に無理である事を伝えたくて
子供の頃から現在に至るまでの経緯を簡単にですが、お話しました。

だけどこのままだと、本当に難しい女性と結婚したと思われてしまうかもしれませんね。
もう余りこの話はしないでおこうと思うのですが、どうしても
「マグカップちゃんは考えすぎ」みたいな事を言われると
さらっと流す事が出来ず、涙してしまう事があるのです。

ユーザーID:5984711965
コメントありがとうございます。
マグカップ(トピ主)
2008年1月16日 1:53

まあこさん。
>人は自分が経験していない事を理解出来ない事が多いのものです。
>親が子供を愛さない、親から虐待を受けて育った、それを信じない、
>信じられない人がいるのが、世間です。

今回義母に話しをして、改めてそう思いました。
主人には時間をかけて話をし、私の事を理解しようと思う気持ちも手伝ってか
理解してもらう事が出来ました。
しかし、義母はやっぱり母目線で物事を考えてしまうようです。
「更年期障害じゃなかったの?」や
「マグカップちゃんも母親になれば分かる事があると思うよ」と言われ
思わず
「例え更年期障害や母親になって辛い時期が来たとしても
 だからと何をしても許される訳じゃないんです」
と言ってしまいました。

>他人に期待し、求めてたら、もっと傷つく事になります。
本当にその通りです。
主人だけでも理解してくれた事に十分感謝し、義母には話すべきではなかったと正直後悔しております。
実母に対して、冷たい娘、そう思われて仕方ないと割り切るべきでした。

ユーザーID:5984711965
なにぬさん。・
マグカップ(トピ主)
2008年1月16日 2:19

>単に、実親とはあまりうまく行っていないと言うだけではダメなのでしょうか?
おっしゃる通りです。
多少私が悪者になっても、そうするべきでした。

私が義母に理解してもらいたかったのは
本当は実母と仲良くしたい。
だけど実母と話ているとすぐに私の心が濁ってしまう。
私や兄を押さえつけ、子供らしくない大人の顔色ばかりを伺う子供時代を過ごし
昔だけならまだしも
大人になった今現在も、自分のストレスのはけ口として、私達に言葉の暴力を投げ続け辛い思いをしているということ。
本当は家族3人で(父は他界しております)ごはんを食べ、普通にテレビを見て「また来るね」と言い実家を後にしたいのに
いつも私が泣いたり、兄が怒ったりして、自分の家に帰る車の中で泣いてしまう事。
主人と結婚し、主人の家族では当たり前のそんな光景が、実母とだとどうしても実現できない。

と書き出してみると、なかなか難しいですね。
これでは義母が理解出来ないのも、仕方ないと思いました。

ただ義母には「大変やったんやね」そう言ってもらいたかっただけだと思います。

ユーザーID:5984711965
すぐには、無理じゃない?
莉華
2008年1月16日 7:13

夫が、いわゆる「アダルトチルドレン」です。
そう言っていました。

でも、申し訳ないのですが、私は全然わかりませんでした。

何しろ、周囲にまったくそういう話を聞いたことがなかったし、
(言ってないだけの可能性もあるのですが。)
とにかく馴染みがなくて、
実感がわかなかったんです。


>もっとちゃんと話せば分かってくれるかな、と思いますが

そうだと思いますよ。
ちゃんと、っていうか、
少しずつ細かく話してくれたり、
「こういう時に、自分の親が××して嫌だった」とか言ってくれると、
だんだんわかると思います。


ただ、もしお義母さんが、
「母親として」、
トピ主さんの実母さんに共感できるような内容があった場合は、
間接的にお義母さんにもNoを突きつけることに・・・
今は落ち着いていても若い時は…ということも有り得ます。
その辺はどうなんでしょう。

ユーザーID:9638466636
体験を理解してもらうのは難しい。
ピロリ菌
2008年1月16日 9:05

 トピ主さんお疲れ様です。いろいろと苦労をされたようですね。でもご自身の体験を身内とはいえ、お姑さんに正しく理解してもらうのは難しいと思います。
 お姑さんの人柄を文面から見るとむしろトピ主さんを理解しようとして話題に出しているのかなと思います。もちろんこのようなことはどのように対応するのが正しいということがないので裏目に出てしまうことが多々あります。
 ただどんな親子、夫婦、兄弟、職場、学校でも相手のことを自分が期待するように理解してもらうのはできません。特にACのように現在目に見えないものはなおさらです。トピ主さんもお姑さんのことを普通(より良い)家庭環境に育ったと書かれていますがお姑さんの体験された苦労を全て理解することは不可能でしょう。別にこれは相手のことを理解する気持ちがないとかいう問題ではありません。誰だってそうなんです。 
 さいわい、トピ主さんは現在は虐待などに悩んでいるわけではく、お姑さんもよいお人柄のようです。お姑さんの言われる「もっと楽しくいかないと」がこの場は一番の心遣いだと思います。(私でも他に言葉は見つかりません)
 お幸せに・・
 
 

ユーザーID:8765506626
姑の立場です
ゆみこ
2008年1月16日 11:00

息子のお嫁さんは、裕福な家庭で何不自由なく育った人ですが
お母さんが感情のコントロールができなくて
暴力をふるったこともあったようです。
(最近息子から打ち明けられました)

いつだったか「うちの娘は私の理想どおりに育ってくれました」と
お母さんが自慢げに話されたのを聞いて
違和感をおぼえたことを思い出しました。
子供をどれだけコントロールして育ててきたのだろうと・・・。


実家にはほとんど行っていないようですし
親との接触を避けているようすがうかがえます。

親の愛情を充分に感じることのないまま大人になったお嫁さんが
かわいそうでたまりません。
私自身はもっと甘えてほしいのですが
他人に甘えることも不得手そうです。

会うたびに心のなかで
「もっと子供のときに愛されたかったね、つらかったね」と
抱きしめてあげたいといつも思います。

ユーザーID:0813016419
虹のむこうさん、−−さんへ
のんたんといっしょ
2008年1月16日 13:25

>逃げることで楽になるのではなく、立ち向かうことで楽になりました。
>トピ主さんも「アダルトチルドレン」という言葉に逃げないで自己解決出来るようがんばって!

これは「家族問題のために合理的な人間関係を築けなくなった人」(AC)に投げかけられる、典型的な批判の文句ですね。
「アダルトチルドレン」とは「逃げている人」ではなく、「不当な重荷からは逃げる」という当たり前のことができなくなってしまった人のことです。
上のような言葉は、不幸な心癖から脱してよい人間関係を築きたいと模索している彼らを傷つけ、立ち上がる気力を失わせてしまうかもしれません。気をつけてくださいね。


トピ主さん
上のようにAC概念は、当事者以外にはとても理解しづらく、場合によっては道徳的に間違っているようにさえ受け取られる考え方です。
「自己責任」という社会的な通念に、まっこうから対立するからです。
(だから自助グループという形が発展してきたのはご存知ですよね)
誰かに聞いてもらう必要はあると思いますが、かなり慎重に。
お義母さまはちょっと難しいかな。旦那様一人だけにでも、わかってもらえるといいですね!

ユーザーID:0955962844
経験して実感
ロット
2008年1月16日 16:01

私の実家で、ご飯を食べていたとき、お酒によった父親が私に手を上げそうになり「お父さんそれはっ、、」って夫が慌てて止めました。とってもビックリしてました。お酒に寄った父親が何の理由も無く娘に手を上げるなんて初めて見たんでしょうね・・って、当たり前なんですけど。

それまでは、実家に帰りたがらない私を見て、親に反発しているワガママな娘に見えてたんでしょうね。でも、何度か私の実家に行く度に、経験して実感してるようで、私がどうして嫌がるのか、少し理解したようです「なんで嫌がるんだよ〜」から「義理立てて帰ろうよ」に変わりました・・

ただ、子供のときにそれをやられることがどれだけの恐怖と寂しさか、本当の辛さは経験した人でないとわからないと思います。「それは間違ってるよ、親孝行しないと」なんて正論言われちゃ、辛くなりますよね。私が悪いのかなって、また、自分を責めてしまう、本当は違うのに。未経験なことを理解共感するのは、想像力が必要ですよね。難しいことだと思います。相手の気持ちになって、って、、よく言うけど、そんなこと出来る人いるのかな。。。

ユーザーID:1913402070
ACである事
毒になりたくない
2008年1月16日 17:02

横になりますが、ゆみこさんへ
あなたの言葉を読んで涙が出ました。
とても優しい言葉をありがとうございます。
自分に言われたわけでは無いのだけど、嬉しくて。
 
トピ主さんへ
私はACです。
他人に理解して貰うのは至難の業だと思います。
まあこさんと同じ意見になりますね。

実家へ行きたがらない(行っても5分で帰る)私を見て
夫はかなり不思議そうですが、詳しく説明していません。
私は親を半分捨てました。
葬儀などの場以外で一緒に過ごす事は5分程(最大15分)です。
それで私の心の安定を保持しています。

トピ主さんに「毒になる親」をお勧めします。

ユーザーID:6063967001
小町があってよかった!
私もAC
2008年1月17日 1:24

 私もACです。長年のカウンセリング、関連書籍の読書でかなり救われましたが、母が死ぬまでこの重い気持ちは続くんだろうなと思います。「私は親不孝な娘ということにしておけばいいじゃん」というスタンスです。

 結婚するときに親友に話しましたが、わからないんですよね。少し2次被害のようなことは言われましたが、「気が重くなるようなこと言っちゃって申し訳なかったかな。」とは思います。今でも付き合っています。

 愛情ある家庭ですくすく育った人にはわからない、無理です。ACについてとことん調べたカウンセラーなら別ですが。本人たちも、何て言っていいかわからない。力づけようと思って、「昔のことじゃない、やっぱり親じゃない」と言うと逆効果。2次被害ということもわからないんだから、言わないほうがいいなと思います。今は小町もあるし、同じ体験をしたサポート
グループもある。ACに逃げるんじゃなく、ACを自覚して苦しんで苦しんで自然に忘れられる、受け入れられる、心の平安にたどりつくんだと思います。その道は個人差があります。言える相手には「やっぱり親だからと言えるような家庭で育ちたかったですぅ〜。」て言うかな。

ユーザーID:4133880105
 
現在位置は
です