米国の脂身の少なすぎる肉。。。

レス32
(トピ主2
お気に入り9

生活・身近な話題

ばななこ

米国西海岸に住み始めたばかりの主婦です。
料理は好きな方のですが困ったことが一つ。

こちらで売っている肉は一般的に脂身が少なすぎです!!
健康志向だかなんだかしりませんが、これでもか!というくらい脂身が取り除いてある(涙)。肉の旨みの半分は脂身ですよね!?
豚ロースなんて脂身なしで調理するとすぐにパサパサ!脂身のある肉といったらベーコンくらい?(その割におデブさん多いのはなぜ?)

豚の挽肉や、薄切り肉も手に入りにくいですよね。
三枚肉の薄切りや角煮用の豚肉とか夢に出てきます本当に。どうしたらよいのでしょう?日本食マーケットはありますが遠いです。

ユーザーID:4638057929

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 肉が「主食」だから

    TVで、日本の霜降り和牛を食べたアメリカ人が「おいしいけど、しつこい」といって、脂身の少ないアメリカ牛をおいしそうにぱくついているのを見ました。

    いわく、日本では「肉は主菜(おかず)」という扱いですが、アメリカやオーストラリアなど「肉文化」の地域では、「肉は主食(ご飯にあたる)」という扱いだから、だそうです。

    日本で言えば、霜降り和牛はパエリアだのチャーハンだのピラフだのにあたり、脂身の少ない肉が白米にあたるんだとか。
    日本でも毎日脂ぎった米を食べていたら飽きます。あっさりした白米でお茶漬けさらさら、を食べたくなるでしょう。
    それと同じ、だそうです。

    海外に住んだことはないのですが、まぁ住めば都。いろいろな意見が出ると思いますが、トライして、海外生活をエンジョイしてくださいね♪

    ユーザーID:6437851956

  • 大変ですね

    お肉を食べる楽しみ半減!というところでしょうか?
    脂身のある肉が売ってないってのもオドロキです。

    対策。苦肉の策ですが、ラードを入れてはどうですか?豚の脂ですし、きっとおいしくなると思います。

    ちなみに私はかつて中国料理店で働いていたのですが、点心の餡には必ずラードを使っていました。コクが違います。段違いです。不健康だと言われるかもしれませんが、沢山食べなければいいのです。

    一度お試しください。

    ユーザーID:9355371582

  • 探す場所を変える

    ご近所の韓国・中国系スーパーを探してみてはいかがでしょう?
    日系スーパーよりも数が多いしお肉も脂身が多いですよ。
    カレー用牛肉は韓国スーパーのリブ切り落としを使っています。
    しゃぶしゃぶ用の薄切り肉もありましたが焼肉用の5mm厚の豚バラ肉を
    しょうが焼きにするのがこの頃のお気に入りです。
    …近所のスーパーの肉(特に鶏肉)があまりに美味しくないので鶏肉はファーム、
    豚肉・牛肉は部位によって肉屋と韓国スーパーを使い分けています。
    コスコの豚ヒレ肉もおいしいです。

    ユーザーID:8378201695

  • 慣れの問題

    ○○Beaf 、○○Pork 等と
    名前の付いた肉を
    召し上がっていらっしゃいますか?

    肉本来の旨味があるので
    「アメリカの肉も、美味しいじゃない!」
    と言うことになると思います。

    半冷凍して表面が硬くなった肉を
    自宅でスライスなさることを
    お勧めいたします。
    スライサーも、お安く入手出来ますよ。

    ユーザーID:2261019950

  • 和牛のような味はないですね

    私も以前カナダにいたのでわかります。
    スーパーの肉屋さんで「スキヤキ・スライス」とお願いすると薄切りにしてくれました。
    それでも日本の薄切りには程遠い厚さでしたが…。
    ニュースペーパーのように薄くして、とお願いしても同じでした。
    たまにスライス上手な人に当たるとラッキーという感じですかね。

    解決策になるかわかりませんが、牛肉を買う時に、脂のかたまりを少しもらってきて
    その脂で焼くと少しは美味しくなるかなぁと思います。
    ただ、和牛の脂で焼く程味はないかもしれませんが…。

    ユーザーID:1472992775

  • 慣れました

    初めの頃は脂身が恋しかったですけど、今は赤身肉のおいしさに慣れました。それにこっちの脂身って日本のようにとろける感じじゃなくて、ほんとに「脂」でまずい!
    私は脂が恋しくなったら、全部ベーコンで代用してます。
    何でもベーコンを加えるだけでおいしいですよ。

    外国人の夫も、脂身は太ると言って食べません。でも太ってます。
    コーラやお菓子の方がよっぽど太ると思うんですけどね・・・。

    ユーザーID:2479319533

  • 韓国系のお店へ

    東海岸、DCエリアに住んでいましたが、韓国人が経営している大手スーパーなどには、結構油ののったお肉が売られていました。

    日本食品なども扱っていて、結構割安だったと思います。韓国、日本人向けの生鮮野菜もかなりの種類がそろっていました。

    赤身ばかりの牛肉をジューシーにするには、食用油に一晩漬け込んでおくといいですよ。
    お試しあれ!

    ユーザーID:5843814803

  • 私も米国在住

    私も渡米したばかりの頃はトピ主さんと同じ様に思っていました。
    お肉売り場で、よーく見てみてください。
    結構脂の乗ったお肉ありますよ。そして骨なしもね。
    慣れてくると見えてきますよ。
    脂ののり具合とか、やわらかそうなのはどれか・・・とか。

    薄切り肉はスライサー(ハムなどを切る器械)を使って自分で作っています。
    かたまり肉を買って少し凍らせてから切ります。

    まあ、日本みたいに食べやすく処理してあるほうがやっぱりいいですけどね〜。

    ユーザーID:8570142477

  • COSTCO

    私も脂がのった肉が好きです。トピ主さんと同じ、アメリカの肉ってパサパサ〜!って思います。 で、私が買うのは COSTCOで売ってる豚の塊。これかなり脂が乗っており、角煮とかにも使えますよ。リブでも骨がないやつ。
    お試しを〜! 

    ユーザーID:0362847132

  • 日本人の方が、脂好きでは?

    毎日ハンバーガーを食べるのに、脂が入っていたら、しつこいですよ。

    >肉の旨みの半分は脂身ですよね!?

    今では、日本人の方が、そういう嗜好があるかもしれません。
    霜降り牛も、トロ鮪も。
    「たまに食べる肉」ですから、それでいいのでしょうね。

    西海岸で日本と同じ料理を作るとぱさぱさになるでしょうが、
    そちらの材料を生かした肉料理があるはずなので、
    それを練習したらどうでしょう?

    あとは、
    中華街・・・

    ユーザーID:3845658589

  • そうですね

    西海岸在住です。
    料理方法が違うから、日本で買えるような薄切り肉や、ばら肉みたいな物は、普通のスーパーでは売っていませんね。
    脂身の少ない肉は、マリネしてから焼いたり、煮込んだりすると美味しいと思います。

    角煮に使うような、豚肉は中国系スーパー、焼肉用のカルビなど(焼肉屋さんで出てくるくらいの厚さのスライス)は韓国系スーパーで売っていますけれど、お近くにありませんか?

    友人では、スライサーを持っていて、自分でしゃぶしゃぶ用のお肉を切る人もいますけれど。。。

    鶏肉もたいてい皮が付いていないし、でも骨は付いていたりして、「骨なし皮付き」が欲しい時もありますね。
    あと、ひき肉にもよく骨が入っていて、最初はびっくりしました。

    でも、我が家はもうずいぶん慣れてしまって、たまに帰国して日本でサシがたっぷりのお肉など頂くと、こってりしすぎに感じてしまいます。
    というか、家では、ほとんどお肉は食べなくなりました。

    ユーザーID:9927419982

  • ヨコですが・・・

    そうなの?
    いいなあ!!

    私は日本の脂ぎった霜降りが苦手です。
    パサパサでもあっさりの脂身なしなら食べれるのに、
    日本はそれは味気ないとされるんで・・・・。

    でも、アメリカにいたときなんか脂ぎった肉ばっかりだったけれど・・・。
    うんざりでした〜。何もかもジューシーで匂いだけで参ってしまってました。
    住んでいる地域の違いなのかな?

    ユーザーID:0792492336

  • ありがとうございました

    ラードですね!なるほど、今度探してみます。
    中華のマーケットなら近くにあるので、そちらも今度トライしてみます。アジア系のマーケットの方が
    脂の乗ったお肉を売っているようですね?とても意外です。何故なのでしょう?

    米国人が霜降り牛をあまり好まないというのは私も聞いたことがあります。
    でもここまでどの肉も脂身ないとは本当に意外でした。豚肉なんて脂身が一番おいしいと思うのに!
    脂身のほとんどない分厚いロース肉なんてどうやって調理するのでしょうか?真ん中に火が通るころには
    パサパサだと思うのですが。

    ユーザーID:4638057929

  • わかりますわかります!お気持ち。

    こんにちは。私も在米主婦です。

    参考になるかどうかわかりませんが、いろいろなケースを。

    ◎スライサーを買う。日本人の知人が、こちらでお肉のスライサーを買ったところ、かたまりのお肉がうまく薄切りできたそうです。

    極上のスライサーだと、冷凍肉でなくても、薄く切れるとか。

    ◎スーパーのデリセクションで、そのスーパーで売っているお肉を薄く切ってもらう。可能な場合もあります。

    ◎近所の日本人が、その遠くの日本食マーケットに行くとき、頼んで買ってきてもらう。

    ◎中国系か韓国系のスーパーに行ってみる。たいがい、3枚肉や薄切り肉が売っていると思いますが。


    とにかく、手に入るときは、大量に仕入れて、きっちりラップにくるんで冷凍保存することをおすすめします。

    ユーザーID:2716259066

  • 嗜好の違い?

    私は沖縄生まれの沖縄育ちなので、和牛のような肉をほとんど、食べた事がありませんでした。
    (食えるようになったのは、復帰後の10年後かな?)
    最近は和牛肉が増えましたが、それまではアメリカ輸入の牛肉ばかりでした。

    どちらがいいか、と言われれば、アメリカ牛が好きなんです。
    脂身の少ない、赤肉がね。
    これで、A1ソースやレモンを搾れば、それなりに食べられます。

    ユーザーID:7398171836

  • オージービーフ食べてます

    豪州在住です。
    こちらも基本的には脂は取ってあることが多いですね。
    Extra trimなんてのもあります(いらんことを!)。最近、いい卸業者を見つけたので、直接買おうと目論んでます(キロ単位だけど)。

    上でも仰ってる方がおられますが、豚や牛の薄切りは韓国・中国系のお店で手に入りやすいです。(豚バラスライスは韓国のサムギョプサル用、牛スライスは中国の火鍋用)もしくは、シュニッツェル用の肉なんかは比較的薄いですね。

    私はすじの多い部分を買って煮込みにしたり(ゼラチンがとろっと柔らかくなって幾分まし)、ほんの少しの重曹で下ごしらえをしたりすることで、気を紛らわしてます。柔らかくなるだけでも結構違いますよ。あと、苦手じゃなければラム肉なんか、脂肪除去率が低いように思います。日本食料品店がお近くにないとのことですが、宅配サービスのあるオンラインショップなどはありませんか?

    トピずれかもしれませんが、許せないのが皮なしの鶏肉。たまに皮が付いてる!と思うと骨までしっかり付いてる。あんなにピロピロ剥がさなくったって!と一人精肉コーナーで憤ってます。皮が旨いのに…!

    ユーザーID:9987049770

  • 食べないから

    アメリカには Surgeon General という職があります。Attorney General が司法長官と訳されていますから医療長官みたいなものでしょうか。だいぶ前に「牛肉は体に悪いから食うな」と言った事が
    あります。脂身は血栓を作って脳梗塞などになると言われているので、ばっさばっさと
    切り取らないと買う人が居ないからでしょう。

    ユーザーID:7722018370

  • お肉のプロの所へ

    アメリカでの食料品買出しは当然スーパーマーケットが主流かと思うのですが、『お肉屋さん』はありませんか? 

    私は豪州(シドニー)に住んでいるのですが、市内各所にある駅の周辺等には小さなお店が何十軒か並んでいることが多く、その中にはお肉屋さん、八百屋さん、ニューズエイジェント(新聞・雑誌)が必ずあるかも...。

    わが家では行きつけのお店があるので、お肉をスーパーで買うことはほどんどありません。和牛(Wagyu Beef)も近年はグルメな高級食材として人気があるので、普通のスーパーでは絶対に手に入りませんが、お肉屋さんでなら買える、という感じです。『新鮮でおいしい肉はButcherで』というこだわりを持った人も多いような気がします。

    お肉屋さんだと、ショーケースにはなくても頼めば欲しい部分をさっと切ってくれるし、切れはしの脂身くらいならタダでくれます。ハムなんかだと試食ができたりもして、料理にこだわる人には強い味方ですよ。うちは最近、そこのお肉屋さん特製の和牛のサラミに目覚めました。あと、イタリア系の多い地域なら食の質や幅が断然違うと思います。

    ユーザーID:1902767646

  • パサパサ対策

    トピ主さんのレスを読んで思いだしました。
    フランスではパサパサ肉を補うために肉汁を使ったソースをかけるんだそうです。
    焼いてパサパサになった後でも、ソースを作ってかければ美味しいですよ!

    ユーザーID:2479319533

  • 西欧在住です

    同じような悩みを経験しました。
    日本の霜降り肉はそれなりの飼育をされている(飼育過程でマッサージしてもらっていたり、ビールやお酒なども与えたり)ので手間がすごく掛かっています。
    反対に、何も手をかけずに育てると脂身と肉の部分がはっきりと分かれた身になるようです。その分が値段の差にも出ているのでしょうね。

    私は肉のミンチ機Bとスライサーを買い、ひき肉や薄切り肉も自宅でやっちゃいます。肉のかたまりを買ってきて、自分の好きな薄さにスライスできるのでとても便利。
    ハムや、生ハム、サラミのかたまりも思うようにスライスできるので新鮮さが逃げないうちに食べることができます。
    ブッチャーなどで扱っているような巨大な機械ではなく、家庭用のものが売っていると思いますよ。

    ユーザーID:8049803851

  • アメリカの赤身肉はおいしいと思って食べています。

    アメリカに暮らして25年、お肉に関してはあまり不自由を感じていません。日本のお肉は脂身があるからおいしいけど、アメリカのお肉は脂身が無いのにおいしい、と思っています。

    ただし、お料理の仕方に工夫は要ります。肉じゃがなんてのは残念ながら無理。

    でも、ステーキだとかローストビーフ(冷めてから薄くスライス、でなく、温かいうちに厚く切ってグレービーなどをかけて食べるタイプ)は家族が目を輝かせますよ。お肉屋さんで選ぶときはいつも真剣勝負です。「お肉」で味が決まるからです。

    ローストビーフは、ベーコンをかぶせてひもで縛り、野菜をいっぱい周りに置いてオーブンへ。中まで火を通すといってもウェルダンにはしません。ジューシーでおいしいですよ。

    しゃぶしゃぶは、いつもテンダーロインを買って自分でスライス。少々厚くても、火がすっかり通るまでクックしてもやわらかくておいしいです。

    ひき肉は、豚も牛も自分でフードプロセッサーで作ります。歯ざわりが大切な料理のときは包丁で丁寧に切って作ります。全部終わる頃は手がこわばってしまうぐらいになりますがおいしいものを食べたい一心で。

    ユーザーID:6940530835

  • 続きです。

    カレーなどの煮込み料理は、肉だけ先に圧力鍋で煮込むとやわらかくておいしいです。ショートリブという部位を使うと、カレーでもビーフシチューでもプロが作ったか?と思うぐらいおいしくなります。

    牛の脂身は「スエット」という名前で大きな塊で売られています。安いですから一つ買ってきて、手ごろなサイズに切り分けてフリーザーに入れておき、すき焼きや牛丼のときに使います。

    豚も、塊で買います。できるだけ脂身の多いものを探し、脂の多いところ少ないところを使い分けます。焼きそばやお好み焼きには脂身の多いところをスライスして使ってます。

    余談ながら、鶏も、皮付き骨付きを買って自分で骨をはずして使っています。私は主にモモを使います。はずした骨は捨てず、フリーザーに入れてためて置き、ある程度たまったら全部まとめてスープにします。和風、中華風ならしょうがを、洋風に使うのなら月桂樹の葉を入れて1時間ほどクツクツと。いいスープが取れます。

    毎日のことで大変でしょうが、いろいろ楽しみながら工夫して見てください。がんばってくださいね。

    ユーザーID:6940530835

  • あらら

    米国東部の片田舎に駐在中です。
    西海岸の方がはるかに日本食材が手に入りやすいと思っていましたが、どうやら違うようですね。
    私は近くのごく普通のマーケットで、パック入り肉を買って食べています。ひき肉は鳥も、豚も、勿論牛もあります。

    私は日本よりおいしいと思っています。夫も同意見です。

    トンカツをよく作りますが、肉は柔らかくておいしいです。

    牛肉も、日本ほど脂ぎっていなくて、サッパリとしていて好きです。

    確か、前任者の方も「日本の肉の方がはるかにおいしい」と言っていたようですが、私たちは断然アメリカの肉派です。

    好みの問題もあるかもしれませんね。

    とはいえ、薄切りの肉は日本食材店もしくは韓国食材店で手に入れています。
    1度、アメリカのお肉屋さんに薄切りを頼みましたが、薄切りの習慣がないせいか、微妙な薄さなので諦めました。

    豊富な日本食材を求めて、近いところで片道1時間30分、更には片道5時間掛けて行くこともあります。
    …トピ主さんのところは、もっと遠いですか?

    ユーザーID:4418167886

  • 僕はどちらかと言えばトピ主さんに反対

    逆ですよ。
    確かに日本の牛肉は美味しいですけど
    あれは「肉のうま味」では無いと思います。

    肉のうま味の大半は脂身だと言う人は大勢いますけど、
    日本の霜降り系のお肉は「脂身の味」しかしません。

    肉を食べる以上味わうのは「肉」であって「脂身」である必要はないので、
    僕は逆に日本のお肉よりアメリカの赤身の方が
    肉の味としてはずっと美味しいと思います。

    ステーキにすると分かりやすいですよ。
    ステーキにした霜降り和牛は脂身の味が肉の味に勝ってしまい、肉本来の味が楽しめません。
    逆にアメリカの赤身をステーキにすると確かに堅いですけど、
    良くかみしめると肉本来の味が出てくるので大変美味しいです。

    別に健康志向でやっているのではなくて、
    アメリカは昔から肉の味が楽しめる赤身を食べるのが好きなんですよ。

    ユーザーID:6157425041

  • 私は逆に、赤身のおいしさを覚えました

    私の母も、脂身の多い肉を使います。牛とゴボウの炊き込みご飯
    肉じゃがなどでも、百グラム千円超の物しか使わない。

    米駐在中に、これを食べ慣れた姪が来た際、行きつけのスーパー
    マーケットで買った、薄切りリブアイでしゃぶしゃぶをしたら
    「このお肉おいしいね〜!」と驚いていました。

    日本に比べれば、牛肉が「激安」なので、牛肉はグルメ系スーパー
    マーケットで買っていました。

    ご近所にないですか?
    地元のお金持ちが行く、昔からある、あまり巨大ではないが良い物
    ばかり置いてあるグルメなスーパーマーケット。

    こういう店だと、棚に並ぶパック詰めの肉(チェーン店でパック詰めを
    買っていませんか?)以外、対面販売コーナーがあります。
    そして専門のブッチャーがいて薄切りもしてもらえます(中には下手な
    人もいる)

    一度、ここに並ぶ「(dry)aged prime beef」を覗いてみては?
    塊肉の外見はすごいですが、ここは全て切り落とされます。
    リブアイだと、比較的日本の肉に近い食感ですが、私は肉本来の赤身の味が
    おいしい、ニューヨークストリップが好きです。

    ユーザーID:5773933719

  • 私も

    ぱす太さんやT2さんと同じです。アメリカ東部のド田舎にいましたが、肉に関して不自由は感じませんでしたし、日本のものよりまずいとも思いませんでした。

    純和食をつくろうとすると薄切り肉があったらなーと思いましたが、スライサーを買う余裕もなく、近くにアジア系の食材店もなくあきらめていました。第一、薄切り肉じゃないとできない料理をしないといけない理由もないですし。

    鶏はMacy'sさんのおっしゃるように、自分で1羽を部位ごとにわけ、さばきました。順序さえ覚えてしまえば、骨やパーツごとにわけるのは簡単ですし、そのほうが安上がりなんですよね。

    ユーザーID:2968097930

  • アメリカの赤身なつかしい!食べたい!

    私は西海岸に住んでいたので、皆さんも提案されている韓国・中国系のマーケットで、ある程度の脂身のある肉は買えました。でも、アメリカ牛の赤身は大好きでした。日本のステーキは重くてあまりたくさん食べられないけど、アメリカのステーキは「お肉!」という感じで、おいしくいただいていましたよ。トピ主さんの近所にあるかどうかわかりませんが、「Outback」というステーキハウスで食べるステーキが最高でした。(日本にも「Outback」はあるようですが、今、アメリカ牛の輸入は厳しいし、どうしているんだろう…。)

    それはともかく、薄切り肉が必要なときは、リブアイやプライムリブなどを薄切りにしてもらうのはどうでしょうか?和牛のように脂身でのやわらかさはないけど、薄く切ってさっと調理すれば固くならないのではないでしょうか。

    あと、ひき肉は、フードプロセッサーを使ってつくっては?アメリカのほうが、フードプロッセサーも安いし、いろいろ使えるのでいい機会かもしれません。

    ユーザーID:9835991798

  • 友人に聞いて見ました

     トピ主様は、「肉じゃが」とか「豚の角煮」とか作りたいのでは?と思いレスします。
     友人も「しゃぶしゃぶ」の為に「霜降り」を探したそうです。見つけるのは大変だったけど見つかったそうです。

     米国のスーパーは、オーガニック等の高級店ほどリーンな肉が多いそうです。そこで、庶民向けの安売り店を探してみてはいかがでしょう。

     友人は「チラシ」の紙質の悪い店に行った時にあったそうで、薄切りにしてもらったと言っていました。米国には「霜降り」も「ばら肉=リブ」もあるそうで和食に適した食材もあっていいですね。英国はありません。すべて赤身です。洋食では赤身の方がいいのですけれどね。

     場所が危険でない、大きい庶民向けスーパーがねらい目だそうです。

    ユーザーID:0928059549

  • ありがとうございます!

    たくさんのご助言をいただいてとても嬉しいです。
    料理に工夫をする、赤身の肉の美味しさを理解する、という努力をしてみたいと思います。

    たしかに私はこちらに来ても肉じゃがや豚の角煮のような日本食を作ろうと苦心してきました。でも皆さんのお返事を読んでいて、こちらの食べ物、料理、調理法に慣れるという発想の転換が必要なのかなと思い始めました。郷に入っては、という感じですね。

    スライサーやフードプロッセサーも探してみたいと思います。挽肉や薄切り肉を自分で用意するなんて思ってもみませんでした。海外に住むには柔軟さが必要なんですね。こちらにはまあまあ適応しているほうだと思うのですが、食べ物は日本食に頼りがちです。疲れたりストレスがあると特に。

    ベーコンで肉じゃが作ったらまずいですかね?(笑)

    ユーザーID:4638057929

  • 洋風肉じゃが ベーコンじたて(笑)

    いいのです! それで!

    ただし、全く日本風の肉じゃがにするのではなく、どちらかというと
    「ジャーマンポテト・醤油味」みたいな意識で作ると、結構いけると
    思います。
    ベーコンはいろいろな種類があるので、この場合はスモーク臭の少ない
    物が合うのでは?

    純和風に作ること自体、無理がある物を無理矢理、力ずくで純和風に
    持って行こうとすると「なんじゃこりゃ!」になってしまいかすが
    「○○の和風じたて」程度にとどめるのがコツでしょうか?

    帰国して数年ですが、私は逆に日本のスーパーで売っているベーコンの
    スモークが物足りないです。

    色々工夫して、頑張ってね!

    ユーザーID:5773933719

レス求!トピ一覧