最近気になる言葉遣い

レス393
(トピ主0
お気に入り237

生活・身近な話題

ロニー

皆さんこんにちは。
最近に耳にする言葉で凄く気になったのでトピを立ててみました。

レストランなど並ぶときに店員が「お名前様を頂けますか?」と聞いていて、びっくりしました。
そこだけでなくその他にも「お名前様」という単語を色んなところで聞くようになった気がします。
最近の流行なのでしょうか?
私は明らかにおかしい日本語だと思うのですが。
もしこれが流行だとしたら、日本語の崩壊を非常に危惧してしまいます。
さらに、と言うかそもそも、聞いてて相当腹が立ちます。

みなさんはどう思いますか?

ユーザーID:0052369388

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数393

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うん、うん、思います

    日本語崩壊・・・ほんと最近の言葉って気になります。
    お名前に<様>つけてどーするんだよって突っ込みたくなります。
    本人は丁寧に言ってるつもりでも、謙譲語と尊敬語がごっちゃになったり、聞いていて嘆かわしいと思うこともしばしば・・・
    あと、ボキャブラリーが少ないのか、最近の若いタレントが頻繁に「ほんとですかあ〜」って返事をするのもすごく耳障りです。
    例えば、司会者に容姿を褒められた時に「ほんとですかあ〜」、グルメレポートでこれ美味しいよって言われても「ほんとですかあ〜」・・・ほかに表現ないのか!ってイラッとします。
    あと、最近見てないから分らないけど、SM○○・SMA○でゲストに料理を勧める時に必ず「いただいてみてください」「いただいちゃってください」って言うのを聞いていて、それは「召し上がってください」だろーがっ!って毎回怒ってました。
    本人はともかくスタッフで注意する人はいないのか!!ってね。

    ユーザーID:4295813031

  • 仕方ないことだと

    言葉は生きているものですから、変化していくのは
    仕方のないことだと思います。
    例えば「お前」なども、昔と今とではニュアンスが違いますし。

    今は馴染みが無くとも、それが定着してしまえば
    それが「正しい日本語」となってしまうのですから、
    「おかしい」とは言えないと思っています。

    ユーザーID:1588806926

  • ありました

    20年ほど前にデパート勤務でしたけど、その時も普通に言ってましたよ。そう指導されましたし。

    ユーザーID:2224809184

  • 貴方のご立腹はごもっともです、が。

     では「ご立腹ごもっともです。」タイトルに使ったこの言い回しはどうですか?

    この短いフレーズには「ご(御)」が2回も出てきてちょっと丁寧すぎる気がします。「立腹ごもっともです。」あるいは「ご立腹もっともです。」の方がすっきりしているし、日本語としても正しいでしょう。

    しかしメーカーのサービスセンターのクレーム受付担当者が、烈火のごとく怒っている顧客に対して電話口で謝るとしたら、「ご立腹ごもっともです。」と言う方が自然です。更に「裁判に!」とまでエスカレートした顧客に対しては「ご立腹の段、誠にごもっとも様でございます。」とまで言うかもしれません。ここで「立腹ごもっともです」と言えば、更にご立腹するでしょう。

     日本語は難しいです。丁寧語や尊敬語等は場面場面で、丁寧さの必要な度合いが違ってきます。特に例に挙げた営業の場面や顧客の対する場面では、企業の売上げや利益、場合によっては会社の存亡にまで関わる場合もあります。
     
     「お名前様」は確かに丁寧過剰さですが、ここは営業トークの場面です。他店との競争での差別化のための一種の接待用語でしょうね。過剰に反応する程ではないと思います。

    ユーザーID:1176451814

  • あります!

    私が最近気になって仕方ないのは、
    テレビ番組でゲストを紹介するときなんかに
    よく使われるのですが、
    「今日は○○さんが来ていただきました。」という言い方です。
    テレビ局のアナウンサーが平気で言います。
    「今日は○○さんに来ていただきました。」が正しいですよね?
    すごく気になります。
    みなさんはどうでしょうか?

    ユーザーID:3234191849

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • へぇ〜!

    お…お名前様ですか??

    それはまだいわれたことないですが
    いわれたらびっくりですね。
    思わずその場で
    『お名前様?!』とつっこんでしまうかも。

    そのレストランも一度 先輩がいえば
    『あぁこういわなきゃいけないんだ』と
    広まったのかもしれませんね。
    それにしても私ならたとえ先輩が使っていても
    『そりゃ変でしょ』と普通に常識的な言葉を
    使い続けますが。

    一度いわれてみたいなぁ。
    『ここではお名前様っていうんですか?』と
    意地悪いっちゃいそう。(笑)

    ユーザーID:8009901684

  • 「下回る寒さ」って

    全国放送のテレビニュースで、「今日も平年を下回る寒さ」っていうのを何度も聴きました。寒さが下回る、ならば暖かいのか?いや寒いと言いたいらしい。それなら「平年を下回る気温」でしょう。
    論理を無視した表現を平気で言う、感覚で伝わればそれで良しとして深く考えていない。
    トピ主さんの聞いた「お名前様」というのは幸いにしてまだ聞いたことはないのですが、敬語の論理というのが全く理解できてないとそういう信じられない表現になってしまうのでしょう。
    おかしな日本語表現が多くなってきた原因は、論理性の軽視と日本語体験の希薄化にあると思います。小学生から英語教えるなんて愚行は止めて母国語をしっかりやりなさい、と言いたい。

    ユーザーID:9676328058

  • 良く使いますが…

    「申し訳ございません。」って使いますよね。

    例えば…
    道が混んでいて、時間通りに着けなった。
    先方に頭を下げながら、
    「申し訳ございません。道が混んでおりまして」

    普通ですよね?

    でも、「申す」は「言う」
    「ございません」は「ありません」
    つまり「申し訳ございません」は「言い訳がありません」
    でも「道が混んでおりまして」は、先方にとっては言い訳にしか聴こえません。
    でも違和感なく使えますよね。

    言葉って難しい…

    ユーザーID:3656254190

  • なんでも「お」

    長澤まさみが「CM」で「お写真」と言ったとき,なんで「お写真」なの?
    何にでも「お」をつけて丁寧を装えばそれで世の中がうまく進むということなの?
    思わずテレビに向かってツッコミ入れてしまいました。

    あと,家庭内でいうのはいっこうにかまわないのですが,
    「子供にできるだけのことをしてあげたい」という親。
    他人に向って言うなら「してやりたい」だろう!

    半世紀生きてしまった私はもう化石なんでしょうか?

    ユーザーID:6983716737

  • 「お名前様」は未だ聞いたことがありませんが、

    最近小町でしばしば見かけるようになった、「ご教授ください」が気になります。
    まるっきり意味が違う訳でもないけれど、通常「教授」と言えば大学教授の事ですし、「教える」意味で遣うにしても「“先生”が“生徒“に教える」事を指すのですから、掲示板の相談文では「ご教示ください」を遣うのが望ましいでしょう。

    他にはやたらと遣われている「発覚」も気になっています。
    web国語辞典で確認すると、

    はっかく 0 【発覚】
    (名)スル
    隠していた罪・たくらみなどが人に知られること。
    「不正融資が―する」

    です。
    「入籍」や「おめでた」に「発覚」を平気で遣う、マスコミの言語感覚が理解できません。

    ユーザーID:2944377649

  • 気になる呼び方

    私は、最近の子持ちの方が自分のお子さんを「姫」「王子」と呼ぶのがとっても気になります。さすがに町中でそう呼んでいる場面は見かけませんが、ブログでは反乱しています。
    もしや王族???って思います。

    ユーザーID:5035359861

  • ハンバーグさま グラタンさま

    ファミレスなどでの、「ご注文のお品はすべてお揃いでしょうか」が気になります。
    バスツアーなどでの、「皆様、お揃いでしょうか」はわかります。
    “お品がお揃い”って・・・おかしくありませんか。

    ユーザーID:6851160320

  • お買い上げ〜!

    今他のトピでも話題の(笑)、ほっこり系ブログでよく見かける「〜をお買い上げしてきました」とか「〜をお買い上げ!」って。「お買い上げ」って自分に対して使っていい言葉なんですか。
    見ていていつも違和感を感じていました。正しくはどうなんでしょうか。

    ユーザーID:7284535981

  • 小町語!?

     時に見掛ける「夫さん」「彼氏さん」・・・。何でも「さん」を付ければいいというものではないのですが。

     実は後者については適当な表現を思い付かないのですが,前者の場合,少なくとも以前であれば誰も躊躇うことなく「御主人」と言うところですね。それが「夫が主で妻が従とはけしからぬ」のような考え方が台頭して,さりとてどう表現すればよいのか判然とせず,という背景があるのでしょうが,いくら何でも思慮に欠け過ぎると思っております。

     他に「俺」の乱用(目上の相手と話す時や公式の場で使うのは不適当と思われる)でしょうか。或いは,あの「吾亦紅」の歌詞で非常に耳障りに感じるのですが,(母)親に向かって普通「あなた」と呼びかけるか,という思いもあります。

    ユーザーID:6875606942

  • 相手の親の呼び方

    友達と話しているとき、
    「○○(私の名前)のおじさん、おばさん」という言葉が引っかかります。
    友達は私の父・母のことを指しているのですが、自分ににとっての両親か
    おじ・おばか、たまに迷います。
    相手の両親には、「誰々さんのお父さん、お母さん」。
    「誰々さんのおじさん、おばさん」は、相手の親の兄弟・姉妹(の妻・夫)をいう時にしてほしいです。

    ユーザーID:5802808723

  • 聞いたことないですが

    トピ主さん、

    >レストランなど並ぶときに店員が「お名前様を頂けますか?」と聞いていて

    わたしは聞いたことないですが、状況から察するに、並んでいる客の順番、人数のリストを作っているのではないでしょうか。「○○様」と名前を記入する欄があって、そこに記入する名前を教えてくれといっているのだと思われます。そうすると、そういう記入欄に記入する名前のことを「お名前様」といっているだけで、「どちら様」というべきところを「お名前様」といっているのではないですね。新しいシステムの中で、新しい言葉を使っているだけではないですか。レストランで「お名前は?」と聞くのも変ですし。言語はおおまかにいって、語彙と文法からなっています。状況の変化に対応してなじみのない語彙が使われたからといって、日本語がくずれることはありません。

    ユーザーID:8934068305

  • 日本語を壊す西洋言語学者

     「母語」という表現を聞かれたことがおありでしょうか。これは欧米系の言語学者或いは文学者の「母『国』語というのはおかしい。言語の習得に『国』は関係ない。現に,例えば英語では"mother tongue"であって,"country"などは何処にも出てこない」という主張に依拠したものです。私も,それを聞かされた直後は「その通りだ」と思った次第です(若気の至り)。

     しかし,よくよく考えてみれば,これこそ西洋被れの典型でしょう。西洋の言葉に表れない概念だからといって日本語にあって悪いという法は何処にもないのです。第一,そういう向きの言い分が正当であるならば「母舌」としなければ道理に合わない話です(英語では上記の通りであって"mother language"とは言わない)。

     更におかしいのは,そうしたお歴々は,母「国」語はおかしいと声高に言いながら,外国語,の方は平気で使っている,ということです。"foreign language","langue etrangere","Fremdsprache",…の何処に「国」が出てくるのか説明して貰いたいものです。

    ユーザーID:6875606942

  • 全然、大丈夫って?

    わたしは「全然」という言葉の使い方が気になってます

    「全然、大丈夫」「全然、オッケー」とか言うのを聞きますが
    「全然」って否定のときに使う言葉ですよね
    「全然だめだった」とか「全然できなかった」という風に使うべきで
    可能なことに「全然」と言う言葉はおかしい

    あとアナウンサーが「やらさしていただきます」と言ってるのを
    聞いたことがありますが「やる」と「させる」が同じ意味で
    二重になってないですか
    単に「させていただきます」の方がすっきりすると思いました

    言葉が変わっていくのは仕方ないことなんでしょうね

    例えば、先日節分がありました。
    節分とは今では二十四節気の立春の前日のことを意味しています。
    が、もともとは季節の変わり目をさす言葉で、節分は年4回あったそうです

    でも、私は日本語について興味があるので このトピ、お気に入りです
    もっといろんな例が知りたいです
    って便乗して ごめんなさい

    ユーザーID:2920369922

  • 横レス失礼 ぺけポン様

     確かに現時点では「全然+否定形」が主流で、肯定が来るのは間違いのように見えます。しかしそれは使用頻度が違うからです。もともと、日本語では「全然」は「まったく」と同義に使用していたのです。英語で言えば「absolutely」とか「very」のようにです。

     例としては森鴎外や夏目漱石の小説、また坪内逍遥や正宗白鳥の例もあります。今、記憶している例を一つだけ挙げます。

     漱石の「坊ちゃん」で松山赴任後の主人公が生徒たちの悪戯に辟易して言うせりふで、確か「一体、生徒が全然悪いです」という一節があります。このように明治期から恐らく昭和初期までは 全然は、否定肯定にかかわらず使用されていました。しかし戦後になって、肯定には続けない習慣が出てきました。そしてそちらの方が多数派になったのです。

     だから誤りとはいえないのです。習慣が変化したと言う方がいいでしょう。プロのアナウンサーが使用しないのも、誤りだからではなく多数派に合わせていると解釈すべきでしょうね。肯定を使いたがる少数派も受け入れてあげましょう。彼等には明治の文豪達が味方についてますから。

    ユーザーID:1176451814

  • 通りすがりの旅人様

    「一体、生徒が全然悪いです」
    という使い方を明治時代にしていたとはしりませんでした
    教えてくださってありがとうございます

    ただ自分自身、全然という言葉は否定に続けてつかっており
    辞書にもそうあったので・・・

    ということは最近になって明治期の使い方にもどったということですね
    そんな例もあるのですね
    言葉っておもしろいですね

    ちなみに私は言葉おじさんのファンです
    先日言葉おじさんが、「おれ」は今では男が使う言葉だが、江戸時代には女も使っていたと言っていました

    ユーザーID:2920369922

  • >ぺけぽんさま

    「おれ」という一人称、私の住む地方(北陸です)では、今でも男女問わず遣います。
    「わし」も同様です。
    どちらも女性で遣う方は高齢者だけですけど。
    昔の言葉遣いが方言として残ったのでしょうね。
    言葉って本当に面白いですね。

    トピ主さん、ヨコレスすみませんでした。

    ユーザーID:4639786819

  • ご主人様、ですね

    この間デパートの呼び出しで、『○○市からお越しの○○様、入り口でご主人様がお待ちです』というのがありました。えー、ご主人様ってメイド喫茶(お帰りなさいませご主人様)じゃないんだから、と思っていたらCMでも使っていてちょっとびっくり。直せ!とは言いませんがどうも気になる今日この頃。

    ユーザーID:6865095433

  • お母さん、お父さん

    若い世代の方に多いのですが
    会話の中で「私のお母さんが…、お父さんが…」と言う人が増えてきたように思います。
    「何がおかしいの?」と思う方も多いのかもしれません。

    他人に対しては「私の母が、父が」と言うように育てられた私にとって今、テレビなどで芸能人がこれを連発するととても耳障りです。
    あるアイドルが「『ママ、パパ』じゃなくて『お父さん、お母さん』」って言ってます。」と胸を張って言っていたのを見てがっくりしました。

    しかし誰かいはく「言葉は生き物」らしく変化するものらしいのです。
    だから仕方がないのかな〜〜〜〜
    うーーーん でも気になる

    ユーザーID:4673045499

  • あはは・・・

    最近、ネットで「あはは・・・」というのを頻繁に見かけます。
    文法のまちがい、などではありませんが、
    やたらあちこちで見かけるので気になっています。
    中にはハンドルネームが「あはは・・」なんていうのもありました。
    流行ってるのでしょうか?

    使い方としては、面白くて「あはは・・・」なのではなくて
    思い込みの激しい文章や、勘違いした文章などに対する返事として
    「あはは・・・」と書かれているようです。

    少し以前のことですが「今、○○が××」という文章が流行っていて
    そのような文章を見るたびに、「またコレか」と思っていましたが、
    「あはは・・・」についても同様に思うことが多いです。

    他に「うふふ」も「うひゃひゃ」もあるのに、皆さん決まって「あはは」なのはなぜなんでしょう。
    うんざりしてしまいます。

    追伸
    マリモン様、方言について教えてくださってありがとうございます。
    ほんとうに、言葉っておもしろいです〜

    ユーザーID:2920369922

  • バブルへGO!!

    昨年、「バブルへGO!!」という日本映画が公開されました。

    簡単にいうと広末涼子が2007年からバブル期の1990年に
    タイムトラベルをして、その時代の阿部寛と一緒に活躍を
    するという内容でした。

    そして映画の中の台詞のやりとりで大笑いしました。

    1.阿部寛が「ティラミス」をわざわざ食べに連れて行ってあげた場面で。
    阿部:「どうだ、食べたことないだろ?」
    広末:「ティラミスでしょ」と言いながら、パクつく。
    広末:「(この味)やばいよ、やばいよぉ」
    阿部:「どうした? なんか、変なのか?」

    私自身も若者が肯定的意味合いで「やばい」と使っているのを初めて
    聞いたときは面食らいました。

    2.別の場面で。
    広末:「これって、あり得なくない」
    阿部:「あり得るんだか、あり得ないなんだか、どっちなんだ!」

    いやぁ、このときの阿部チャンの気持ちわかります。

    ユーザーID:0117788376

  • ご○○できます(できません)

    もう、そこら中のお店や銀行や駅に氾濫しています。
    ご利用できます。ご購入できません。
    割とあらたまった文書や新聞紙上の大きな広告にまであるのでがっくり。
    「ご○○」ときたら「になれます(になれません)」では。

    ところで、受け入れられないさんの「バブルへGO!!」のようなことは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にもありましたね。
    主人公が自分の親が十代だった頃の時代へ行って、何かきかれたときに「heavy」(気がすすまない、難しい)と答えて「何が重いの?」ときき返されていました。
    言葉はたしかに時代とともに変わっていくのですね。

    ユーザーID:2880335542

  • お迷子のお子様

    とある遊園地では
    「お迷子のお子様がいらっしゃいます〜」
    と園内放送していて、ものすごく違和感を感じました。
    お迷子って。ねぇ?
    何でもかんでもとにかく丁寧にすればOKという風潮が蔓延するのは気持ち悪いですね。

    ユーザーID:4014356339

  • 気になる言葉遣い、ありますね・・・。

     私の夫は昔から国語が大の苦手で、私は昔から国語が大好きです。その影響で私は大学で国文科に在籍していたほどで、昨今のおかしな日本語には首を傾げる事が多々あります。

     ここ最近私は芸能人だけではなく、夫の間違った言葉遣いやおかしな日本語の言い回しがとても気になります。例えば「ら抜き言葉」。「食べれる」「見れる」・・・。夫は平気でこれらを使います。我が家には幼い子供がおり、夫の真似をして間違った日本語や言葉を覚えて欲しくないので、夫が「ら抜き言葉」を使った時は必ず注意しています。「食べれる」とか「見れる」とか、私には違和感がありすぎてどうしても気になります。

     また、夫は何でも「やばい」を使います。「このお笑い芸人やばい(『面白い』の意味)」「この料理やばい(『美味しい』の意味)」など。夫が「やばい」と言った時は必ず「何がやばいの?『やばい』じゃ全然意味が伝わってこないよ」と言っています。とにかく語彙が貧困なので、我が夫ながらガッカリしてしまう時もあります。

     いちいちうるさい妻だと思われているかもしれませんが、我が子の言葉の教育のために毎回必ず注意しています。

    ユーザーID:2593004940

  • なんでもかんでも「ヴ」

    自分でトピ立てようかと思うくらい気になっているのが「ヴ」です。
    小町でも「アドヴァイスお願いします」とか「ヴァケーション」などと使っている人がいますがどうもひっかかるんです。読みにくいというか、自分までわざわざ下唇を意識して読んでしまうというか、疲れます。

    Vは英語の発音的には「ブ」より「ヴ」なんでしょうけど、日本語で書いている時には「アドバイス」「バケーション」でしょう。「ヴ」にこだわっている人は声に出すときも「ヴ」読みをしているのでしょうか?

    それを言ったらテレビはテレヴィ?サービスはサーヴィス?ボランティアはヴォランティア?
    fに「フ」以外のカタカナが無くて「フレーム」「フリー」としか表記できないのはもどかしい?

    「ヴ」派の皆様、よろしければ「ヴ」にこだわる理由、fもできれば「フ」ではない表記がしたいのかを教えて下さい。

    ※ちなみに、以前イタリアンレストランのデザートメニューに「3種のヴェリーの〜」というのがありました。なんじゃそりゃ。もちろん普通にいちごやらブルーベリーを使ったデザートが出てきました。なんでもヴを使えばいいってもんじゃないだろ!

    ユーザーID:3435876407

  • 店員さんの言葉遣い

    時計ショップで店員さんが、商品を指して「このコ」と言っていました・・・身内や友達同士の会話なら好きにしていいけど、
    お客さん相手にこの言葉遣いは気持ち悪いです。

    あと定番ですが、「ほう」「なります」。例えば
    「お釣りのほう、○○円になります」という言い回し。
    生協の宅配員さんも「玉子になります、牛乳になります」と言いながら商品を渡してくれます。なんでこういう変な言葉遣いを気に入って、すぐに取り入れるんでしょうね?これを聞くのが苦痛で、最近は居留守を使ってます。
    「大丈夫ですか?」も頻繁に聞きます。接客に使う言葉ではないと思います。
    あとよく聞く言葉で「イラっとする」という言葉も嫌いです。

    ユーザーID:5366409669

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧