父の余命は1年足らず でも・・・

レス14
お気に入り9
トピ主のみ4

あめんぼ

ひと

 父が病院で余命宣告されました。
 私自身確かにショックは受けましたが、心から悲しめないと言うか
同苦できないのです。
 我ながら自分の人格に失望です。

 父母は不仲で、母は親戚では飽きたらず近所中に父の悪口を
言いふらすような人です。

 私にも幼い頃から父の不平不満をぶちまけ続け、家にいるのが苦痛で
精神的にも参りそうでした。それで早々と結婚し家を出ました。

 でも父のことは好きなのです。母の不満の半分以上
は母自身のワガママだし夫婦なんて合わせ鏡と言いますよね。
 お互い様なのに一方的に陰で悪口を触れ回る母が嫌いです。

 大好きな父の命が消えそうなのに、心のどこかで
「これで、母の愚痴から解放される・・・。あの不満に満ちた
 母の醜い顔を見なくてすむ。母と縁を切れるかも。」
と思ってしまうのです。

 私は本当に父に対しても母に対しても親不孝です。
 いざと言う時、後悔すると思います。だけど、今は頻繁に顔を見に行って
父を少しでも楽しい気分にしてあげる事で精一杯です。
 同じような方・・・なんていませんよね。
 

ユーザーID:0127333541

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスありがとうございました

     ゆゆさん、親不孝じゃないと言ってくださりありがとうございます。
     喉につかえていたものがふっと軽くなったような気がしました。
     母達にもそれぞれ言い分はあるのでしょうが、冷たい言葉は聞きたくない
    ですよね。
     私もゆゆさんのようにがんばります。

     宝さん、今のところ父は自分で何でもでき、とても余命宣告された人のよう
    にみえません。出来る限り親孝行したいと思います。
     宝さんは御両親とも亡くされたんですね。辛い体験を話していただき
    ありがとうございました。

     たーちゃんさん、私の母も泣いたり後悔したりするのでしょうか。
     頑張って親孝行したいと思います。

     薄情な娘さん、わたしもトピを立てるのを随分迷いました。
     あまりにもひどい自分をさらけ出すのが怖いのと、
    キツク責められたら逃げ道がなくなってどうなってしまうだろう・・・
    と思いました。
     でも、皆さんの温かいレスで少しほっとしました。もちろん、お怒りの方も
    おられるとは思いますが。
     私もいつまでも呪縛から解放されないでしょう。ありがとうございました。

    ユーザーID:0127333541

  • レスありがとうございました

     ベンさん、自己嫌悪の必要は無いといってくださり、ありがとうございます。
     もし、父や母が亡くなったら私はもうアルバム等過去のものは
    開かないと思います。後悔や悲しみに耐える力がなさそうだからです。
     本当に情けなく思います。

     KAさん、わたしのことを御存知なのかと思いました。
     仰るとおり、私は幼い頃からずっと心に蓋をしてきました。今もです。 
     悲しい事があっても「これはたいした事ではない。誰にでもよくある事だ。
    気にしていたら辛いだけ損だ」と自分に言い聞かせてきました。
     それでも耐え切れずに小学生の頃死のうとした事もありました。
     私はずっと現実から逃げてきたのです。そうするしか自分をまともな状態に
    保つ方法が無かったのです。

     家族のだれも、私の中にこんな気持ちがあるとは思っていないでしょう。
     その結果が今の状態だと指摘していただいて、本当にその通りだと思いました。
     このまま、蓋をしたまま生きていくことはいけないのでしょうか。

    ユーザーID:0127333541

  • レスありがとうございました。締めさせていただきます。

     KAさん、再びのレスありがとうございます。
     はじめて自分の事を人に聞いていただきました。
     ごちゃごちゃになっていたものを、ひとつずつ整理していただいて
    今はかなりすっきりしたと思います。

     子どもの頃、ある人から「父親の幸せは、良い娘に育ち、その娘が幸せでい
    る事」と聞きました。
     それから、一生懸命そういう娘になろうとしてきました。
     父は「あめんぼのことは何にも心配ない。良い夫に恵まれ、
    きちんと幸せな家庭を築いているから」と言ってくれます。
     この点だけは、親孝行できたと思っています。

     心の蓋は外した方がが良いのか、外せるのか今はまだわかりません。
     でも、いずれ答えが出せるような気がします。
     本当に救われたような気持ちです。ありがとうございました。

     ぴょこさま、確かに生き延びるための力かもしれません。
     今は私もそう思えるようになってきました。
     悔いの無い様、一日一日を大切にしたいと思います。
     ありがとうございました。優しいお言葉が胸にしみました。

    ユーザーID:0127333541

  • 守口さん、ありがとうございます

     すみません。締めた後に守口さんのレスが反映されましたので
    御礼が遅れました。

     私も全く同感です・・・。残念な事ですが。
     でも、父がいなくなったら、私は母と会う事は無いと思います。
     これも悲しい事ではありますが、私にはどうしようもない事です。
     レスありがとうございました。
     

    ユーザーID:0127333541

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧