おばあちゃんの知恵袋・・・・のような 実例を教えてください

レス8
お気に入り20

わん

話題

本にも載っていない、載っているけどあまり浸透していない話を
ここで教えてくださ〜い!

まず私からですが・・・

やけどや コブが出来たら、砂糖水がすごく効果的です。

私はこれで私や子供のやけどやコブをいつも治しています。
やけどをしても、砂糖水を塗れば、すぐ痛みが引くし、
あっという間に治ります。
砂糖水が乾いたら、また塗ります。
これだけでOKです。

こぶも同様です。
すぐこぶが引きます

理由はどうしてなのか、わかりませんが、
子供が通っている幼稚園の園長から教えてもらいました。

幼稚園でも実践している治療法?です。


その他、家事・育児・仕事・対人関係などなど・・・
どんなジャンルでもいいので
「これ、いいよ〜 おすすめ!」という話題・情報がありましたら、
レスしてください!!
お待ちしております!(^^)!

ユーザーID:0282808415

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もつれた糸

    もつれた糸を解くとき「い〜と〜も〜つれ、ほ〜ど〜け。」と言いながら解くと大抵の場合は解けます。

    ユーザーID:2766733856

  • 知ってる人いますか?

    「あずきを飲むと、生理が遅れる」

    これ、去年、念願の沖縄旅行に行く時に、ばっちり予定日になってしまい、
    せっかくの沖縄!海には入りたい!でも、婦人科に相談するほどの内容でもない。
    薬で遅らせるのも何となく嫌。と思っていた時に、母が教えてくれました。
    「亡くなったばあちゃんが言っていた事で、本当かどうかも分からないんだけど、
    小豆を5粒ほど飲むと、生理が遅れるらしいよ。」って。
    母も中学の修学旅行の時に、生理が重なりそうだったので、予定日3日前(?だったかな?)
    に飲んだら、実際遅れたそうで、無事、修学旅行を楽しめたそうです。

    私もダメ元で、旅行に行く2日前から毎日5粒ずつ(生のまま)飲んだところ、
    みごとに遅れました!
    最終日には生理が来ても問題ないので、最終日は飲まずにいたら、その翌日に生理がやってきました。

    ただ、私も母も、たまたま遅れただけかもしれないので、何とも言えないのですが、
    他の方でこのような事を聞いたことのある人いたら、詳しく聞いてみたいです。

    ちなみに私の周りには一人もいませんでした。

    ユーザーID:3543603121

  • 本当に困ったときには…

     数年前に会社が解散になったとき、解雇された仲間内の中で誓い合った言葉です。

     「溺れても藁は掴むな!」

     “弱り目に祟り目”“泣き面に蜂”の防止策です。
     おばあちゃんの知恵と言えるかどうか判りませんが、弱ってきたところに甘い話があると判断力を失いやすいものです。
     “そんなことにだけはなるなよ”とみんなで励ましあった言葉でした。

    ユーザーID:8523771424

  • 曾野綾子さんの小説からですが。

    出かけようとするとき、ばったり近所の人などに出会って「どちらにお出かけ?」と訊かれたら・・・毎回「郵便局まで」と答えるといいそうです。そもそも他人に行き先を訊くなんて失礼な行為。「病院」と答えれば、「あの人、悪い病気みたいよ」銀行と答えれば「ずいぶん貯めこんでるらしい」と噂されかねない。「郵便局」がいちばん無難な答えだと。是非はともかくとして、印象に残りました。

    ユーザーID:6555518146

  • 納得!

    昔の知恵、ではないかも知れないけど、親戚の叔母さんに言われて心に残っている言葉があります。

    「子ども叱るな、来た道だもの。
     年寄り叱るな、行く道だもの」

    子供を叱りたくなったとき、義父母や実父母にちょっとイラ立ったときに思い出すと、少し心が収まります。

    あと、全く別ですが、
    目がすごく痒くなった時は、熱いお湯(触れないぐらい熱いの)でガーゼを絞り、温シップすると収まります。(やけどしない程度に冷まして当てます)
    亡くなった祖母に教えてもらいました。

    ユーザーID:5425768557

  • かゆみには塩

    ヤマイモやサトイモを剥くと手がかゆくなる事がありますが、あるとき義母に「かゆくなったら塩でもむといい」と教えてもらいました。

    それきり忘れていましたが、主婦湿疹がひどくなり、かゆみで夜中に目がさめてしまったとき、ふと思い出したのです。
    試しに漬物塩で手を洗ってみたら、かゆみがおさまったのです。
    もちろん、十分な洗い流しは必要です。

    何か根拠があるのかもわかりませんし、
    誰にでも有効かもわかりません。
    少なくとも私は塩のおかげでステロイド剤の使用が減りました。
    ただし、ひび割れがあるとすごーくしみますのでお覚悟あれ。

    ユーザーID:2474848412

  • 料理は適当に作る!

    若い頃は計量カップなんか無い時代ですもの。まぁ、試行錯誤した長年の主婦の勘所とも言えますが。どんなモノでも目分量。確かにその方が美味しい…。

    お米を炊く時の水の量は、お米を平らにした後、手の平をそれにくっつけて、腕を真直ぐにする。手の甲の終り部分位が水準。

    未だにこれをやってますが、グッドです。
    お米何合で水何杯、は、した事有りません。
    (覚えられんし…。)

    ユーザーID:6065568274

  • トピ主です

    色々へぇ〜と思う話があって、ためになります!

    1くしゃみが出そうで出ない時は、明るいものを見る。(太陽とか、電気)

    2怪我をしたときは、怪我した箇所を乾かしてはいけない。
     絆創膏などで覆い、浸出液が出たほうが治りが早い。

    3ゆで卵は、沸騰したお湯に生卵をいれ、7〜8分茹でると、殻が綺麗にむける。
     なお、卵は茹でる直前まで、冷蔵後に入れておく。
     

    ユーザーID:3175534062

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧