妊娠・出産・育児

子供に対して「お母さんはね」ではなく「私」というお母さん方

レス51
お気に入り23

cocoa

子供

私は5年程彼の実家の近くで同棲しており
近々結婚予定の女性です。

近頃とっても気になることがあります。
それは、彼のお母さんや義理のお姉さんが
それぞれの子供に対して自分のことを「私」と呼ぶことです。
くだらない事かも知れませんが、
「お母さんはね・・」という母の元で育った私としては、
子に対して自己中心的な少し冷たい印象を受けるのです。
かといって彼の家族とは気兼ねなく何でも話し合える関係で、
特に人間性に不満があるというわけでもありません。

私は九州出身なのですが、
現在都内に住んでおります。
地域性が関係しているのでしょうか?
もしくは子供達が皆男の子というのは関係ありませんか?
単なる性格の問題でしょうか。
考えても誰に聞いても納得のいく解答が出ず
なんだか腑に落ちないのですが。。

ユーザーID:8558731795

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数51

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 冷たいと感じるのは

    私を私と呼んで「自己中心的な冷たい印象」を受ける理由は何でしょうか。
    おそらくそれはトピ主さんのお母さんが自分のことを「お母さん」と呼んでいたからでしょう。
    もし「私」と呼ぶお母さんに育てられていたら「冷たい」と受け取ったでしょうか?

    ユーザーID:3437776425

  • 私は逆・・・

    義母が息子(私の夫)と話すとき、「お母さんはね・・・」といいます。

    息子、もう30歳ですよ!
    同居していると義母も私も立場は「お母さん」なので
    子ども(義母からみると孫)が混乱するかな・・・と思い、私自身は子どもに対して「お母さんは・・・」と言うのはやめました。

    私の感覚では自分の事をいつまでも「お母さん」と言う家庭って
    親離れ・子離れが出来ていないように感じます。

    ユーザーID:1636181145

  • 「私」派です

    私の母は自分のことを「お母さん」ではなく「私」と言う人でした。
    私ももし子供を持てば、「私」という母親になるでしょう。

    自分のアイデンティティを「子供の母」であることに求めるか、或いは掛け値なしの自分自身に求めるかの違いではないかと思います。

    ユーザーID:0528285552

  • あなたの考えが大袈裟すぎて、こちらがびっくり

    「子に対して自己中心的な少し冷たい印象を受けるのです」ってどうしてそこまで飛躍してしまうのでしょうかね?いい年をして「お母さんがさあ〜」って言う方が子離れできていないように聞こえますが?

    私は、子供がまだ自我の確立ができていなかった頃は、自称して「お母さん」と言っていました。
    子供が成長して思春期をむかえる頃には「私」と言い始めました。親を客観視することを学んで欲しかったからです。子供の自立は我が親を客観視するところから始まると思っています。いつまでも親にべったりでは困ります。

    というのは私の持論ですけど、これを聞いてトピ主さんはどう思いましたか?
    そんなの一個人の主観に過ぎないと思ったでしょう?
    同じ事です、あなたも自分の主観を主張しすぎ。大袈裟でびっくりしました。

    ユーザーID:1073120381

  • 価値観の違いでしょう

    私は、子供に向かって役割で呼ぶ人が苦手です。
    私の親もそうでしたが、子供の頃にお願いをして「私」というようにしてもらいました。
    父は深く考えない人なので未だに「父さんは」といいますが。
    多分価値観の違いなのでご理解頂けないと思いますが、変に感じるんです。
    更に変なのは、自分の親を「おじいちゃん」などと子供の視点にあわせた呼び方で呼ぶことです。
    背筋がぞわぞわ〜っとしたものです。今は「そういう人もいる」と思うようになったのでなんとも感じないですが、
    幼心に「気持ち悪いな、なんでかな」と思いました。
    なので、私は子供に対して自分のことを「お母さん」とはいいません。
    理由は簡単。変だからです。でも、変でない人もいる。それで良いと思います。
    色々考えてしまうと「お母さん」とはいえないんですよね。たまに「自分が大切だから・親の自覚や責任が薄い」などと
    いわれると流石にそれは偏見だろうと苦笑してしまいます。親としての自覚が薄かったり、自分ありきだから「私」なのではなく、
    親としての有り方や子供のことを考えた結果、「私」なのです。その方が温かく、人間対人間の関係を感じます。

    ユーザーID:9750107499

  • 冷たく感じますか?

    こんにちは。
    関東出身在住、30代の主婦です。

    私の母も、夫の母も、会話の中での一人称は「私」です。
    ついでに私の祖母も自分の事を「私」と言います。
    (例:「お母さんにもお茶ちょうだい」や「おばあちゃんにもお茶ちょうだい」ではなく、2人とも「私にもお茶ちょうだい」)
    家族仲は普通です。男の兄弟もおりますが、女の子だけでも同じだったろうと思います。

    私自身はというと、現在3歳の娘に対しては「お母さんはね」と話し掛けておりますが、小学生くらいになったら「私はね」と変えるかも知れません。
    (もしかしたら中学生からかも判りませんが、子供が大きくなったらきっと変えるだろうと思います)

    ひとつの例としてご参考になったらと思い、投稿しました。

    ユーザーID:2372530725

  • どっちもあり。

     少なくとも、彼のお母さんと彼は、もう大人同士ですから、
    なんの不思議もないです。
     私の母親も「私は」で話します。
    考えなんかを話すときはそうなります。
    「かあさんねえ、」となることもありますが。
    久々に電話してきたときなどですね。

     個人的には、別に冷たい感じはしないです。
    母と子という立場で話すより、一対一の人間同士として話す、
    という感覚が強いのかもしれないですね。
     
     子供が小さくてもそういうことを意識して接する人も
    いるかもしれないですね。

    ユーザーID:3153920127

  • ステキなお義母さまですね

    日本にもそんなステキな(自分を大事にされる)女性がいる事を知り,うれしくなり出てきました。日本に居た時私の周りの人たちもテレビドラマでも
    、皆子供が生まれた途端に自分の事を「お母さん」と言い、夫も妻を呼ぶのに「お母さん」に変わってしまい、私はとても不自然なものを感じていました。確かに子に対しては親であるでしょうが、親であると同時に一人の人間ー女性であるわけで、夫婦間においても同じではないでしょうか。
    私なら自分を持ったステキな女性だなーと思いますが。

    ユーザーID:7437441887

  • 私の両親もそうです

    私も九州人ですが、私の両親も私達きょうだいに対しては自分のことを「私は〜」、「俺は〜」と
    言っていました。父は他界しましたが、母は今でもそうです。私は両親が自分のことを「お母さん」、
    「お父さん」と言うのを聞いたことがありません。ですから、親が自分を「お母さん」、「お父さん」
    と呼ぶ呼び方の方に違和感を感じてしまいます。

    ユーザーID:4365313647

  • 私は私

    むしろ、いつまでも「お母さんはね」と言い続ける母親の方に違和感があります。
    私は子供がもうすぐ二十歳ですが、意識して「私はね」というようにしています。その方が子供を一人前として対等に扱っている感じがするからです。自己中心的に聞こえる人がいるなんて、驚きました。
    母親が母親以外のことをするのも自己中心的ですか?

    私の母が「お母さんは」と言うのを、私は一度も聞いた事がありません。自分が母に言われるのを想像すると、何だか重い気がします。

    ユーザーID:5095376107

  • 私の母は・・・・。

    お母さん派でしたが、私が結婚した頃から「私は・・・。」
    になりました。
    仲良しの叔母も、「うちのおじさんがね」から「主人が」
    に変わりました。
    対等になれたようで(大人になったみたいで)なんか嬉しいなぁって
    ひそかに思っています。

    ユーザーID:5738853424

  • ウチの母も

    自分のことを「お母さんは・・・」とは言わず、「私」と言ってました。自分が子どもの頃は特になんとも思ってなかったんですが、自分が結婚して母親になってみると、私自身は子どもに対して、「ママは・・」っていってしまうんですよね。

    実家に帰ったときに「なんで私、って言ってたの?」と疑問に思い、母に聞いてみましたが、母も意識せずに言ってたようで「そうだった???」と笑われました。
    でも思い返してみるに、割と、子どもべったりの母ではなく、自立した関係だったかもしれないです。
    もちろんたくさん甘えさせてくれたし、たくさん愛してくれましたよ。
    でも、こちらが望んでいないのに、必要以上に、手をかけることはなかった気がします。そして私にはそれがとても心地よい親子関係です。
    私も母の真似をして「ママはね・・」ではなく「私は・・」と言いたいきもするのですが、なんとなく言いそびれちゃいますね

    ユーザーID:9463775353

  • 一人称を私という両親と、両親からは○○さんと呼ばれて育った私

    『私』という両親の元で育った私は、子供が小学校低学年ぐらいならともかく、充分に個人としての人格がはっきりしている年齢(中学生ぐらい)になっても、『お母さん』と自称している方を見ると、いつまでも子供扱いして、別個の人格として認めてあげないのかしら?と感じます。そんなつもりで『お母さんはね』と言っているのではないのでしょうけれど。
    まさに価値観のちがいですね。
    優しさ、親しみやすさはたしかに感じますもの。かといって、それが『私』派の親御さんに不足しているなどとは感じませんけどね。

    一人称を『私』という両親と、両親から○○さんと呼ばれて育った私は、トピ主さんからしたら、他人行儀でよそよそしく、冷たいと感じるのでしょうね。私にしてみたら、一個人として小さい頃から尊重されていたのだと、両親に感謝しています。充分に愛情を受けて育ててもらいましたよ。

    育った環境のちがいって本当に大きいですね。

    ユーザーID:9504411985

  • 東京じゃ普通

    東京だと息子が結婚するくらいの大人の場合は
    「お母さんはね」とならないと思います。
    働いている人も多いし。

    だから地域性じゃないかな?
    両親が九州出身ですが、関東とは全く違いますね。
    どちらが常識という事も無いのでしょうが
    母曰く、地方のほうが親子がべったりしていて親戚縁者の付き合いが
    濃厚で、「自分」でいる割合が少ない気がするということです。

    私の場合は息子がまだ小学生なので
    「ママはね」ですが、中学生になったらやめようと思います。

    ユーザーID:7491347531

  • 私という場合もあります

    基本的に「ママはね・・」と言うのですが、
    子供も大きくなってきたことだし、「私はね」と言いますね。
    現在子供は小学生です。

    私は都会からいまは九州の某県にいますが、
    こっちの女性も「私は」と言う人、いますよ〜?

    冷たいかなぁ。
    逆に、子供には子供の意見があり、親には親の意見があるって事を
    明確かつ、客観的にしていて良い場合もありますよ。
    お母さんはね、と言うのはどうも「親子間だけのおしつけがましさ」
    というのが前面に出てることが多いような気がするんですが・・・。

    まあ、色んな考え方の家庭がありますし、
    「私」だから冷たいとか地域の問題ではないような気がします。
    成程ね〜、くらいでいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2397149359

  • 子離れの一環

    我が実親は 我々子供が二十歳を過ぎたら
    名前は呼び捨てにせず ○○さんに 変更されました。

    一人の大人として扱うという趣旨からです。

    いつまでも 「自分が産んだから」という視点だけで子供扱いしないという親はいると思いますよ。

    一般的に見て 彼のおご実家は問題ないと思いますよ。

    ユーザーID:6707818211

  • 単なる習慣だと思う。

    私も、自分の子供と話す時は「私」を使います。私の母も、「私」を使います。単なる習慣だと思います。東京出身ですが、東京出身者が皆そうではないと思います。また、私は姉と私の二人姉妹、私の子どもは娘と息子なので、性別も関係ないと思います。

    「冷たい」と感じる人は結構いるかもしれませんね。この小町でも、自分の娘や息子のことを「彼女」「彼」と書くと、冷たく感じる、他人行儀だと書かれるのを何度も見ています。私の実家では、家族を指すのに、彼とか彼女などの代名詞を使うのも普通なので、最初にそういう意見を読んだ時は驚きました。私の実家は、別に他人行儀ではなく、普通の家族だと思っています。

    ユーザーID:5564491436

  • 「私」「俺」

    関東在住で2人の小学生の息子がいます。
    夫婦共「私」「俺」を使用しています。
    夫の親(息子2人、東海在住)も私の親(娘3人、北国在住)も同様です。

    ユーザーID:2461185268

  • そんなこといったらうちの母なんて

    私に対して父のことを呼ぶときは「主人は〜」ですよ(笑)
    「お父さんは〜」なんて昔から言ったことないです。

    もちろん自分のことを「お母さんは〜」なんていいません。「私」です。
    父親だって自分のことは「オレ」です。

    でもそれに違和感を覚える人いるんですね。
    昔の知り合いにも「え〜信じられない」と驚いている人いましたが
    まぁ普通にあることではないかと。

    ただし私のことは「お姉ちゃん」と呼んでいたので
    そちらのほうがイヤでした。妹は名前で呼ばれていたのに私の名前は呼ぶに値しないのかって。
    人それぞれですね。

    ユーザーID:4754069137

  • 私の母も「お母さん」派ですが

    私の母は自分のことを今も「お母さん」と言います。
    一方、義母は「私」と言います。

    私はむしろ、実母の方に違和感があります。
    だって私はもう30代。
    この歳で言われると正直言ってさすがに「重い」です。
    いつまでも子どもだと思っているんでしょうが・・・。

    自分のことを「私」と言うお母さん、素敵だと思います。
    私もそういうお母さんになりたいです。

    ユーザーID:7628947009

  • なるほど

    そう感じる方もおられるのだということ、面白いです。
    こういうことは生育環境から受ける影響が大きいのでしょうか。

    私は60歳で孫も二人おりますが、自分のことは子にも孫にも「私」です。「母さん」や「おばあちゃん」と言うことはありません。「私」以外の言い方は、自分ではないようでなじみません。
    むしろ「お母さん」で子に対する方には自分という芯がぼんやりしているように感じます。

    ユーザーID:3069848076

  • 別に冷たくはないと思う

    うちの母も「私が」、そして父もときどき「オレが」といいますよ。
    性格の問題ではなく、単なる個人の好みの違いという気がします。
    そんな両親に育てられた私は、子供が成人したあとも「お母さんはね」と自分のことを呼ぶ家庭のほうが違和感があるかなあ。

    でももっと違和感があるのは自分の子供を「ちゃん」や「君」づけで呼ぶ親です。
    私たちきょうだいは両親から常に名前の呼び捨てで呼ばれていたのでそう思うのでしょう。
    でも別にそれが普通ではないと思ったことはありませんよ。
    そういう家族もいるのだなあ...と思うだけです。

    ユーザーID:2300151383

  • 無意識で切換?

    家では自分のことを「お母さん」と言っていました。
    最近「私は〜」と言っている時もあります。
    気が付いてみると小学生の子相手には「お母さん」100%のようです。
    高校生の子相手のとき「私」と言ってる時もあるようです。無意識なのか話の内容からなのか現在混在中です。きっと子どもがみんな大人になったら100%「私」と言うようになるのかなと思いました。

    ユーザーID:4665610679

  • トピ主です

    ゼロポイント様、え・・・様、あいらびっと様、奥様、母である私は私の一部様、える様、あおい様、トラジ様、Wisteria様、ダイヤ様、みちこ様、きもも様、別個の人格様。
    皆様私のくだらない疑問にお付き合い下さり、どうも有難うございました。

    皆様のレスを何度も読み返させて頂き、私個人の主観によるものだという事が分かり、驚くとともに反省いたしました。
    確かに、自己中心的な印象を受けるというのは言いすぎでしたよね。
    特に一人称を「私」という家庭で育たれた方には申し訳ありませんでした。

    よくよく考えてみると、私の母も「私」という時もあり、それでも帰省した際には「お母さんはね」という話し方をされると、普段は母のことを冷たくあしらっている私でも(クールな長女を演じています)、とても和やかな気持ちになり、安堵感が湧き上がるんです。
    環境の違いというのは大きいものですね。
    皆様のおかげで、懐疑的な気持ちが癒えました。
    どうも有難うございました。

    ユーザーID:8558731795

  • 私も大げさだと思います

    あまり考えたことも無かったけど、私の両親も、「私」でした。一度も違和感を持ったことはありませんでした。

    それより何より分からないのは、たった一言の言葉だけで、「自己中心的」とか判断してしまうことです。

    自分の身の回りで使われなかった言葉遣いで「違和感」を感じたまでは分かるのですが、自己中心的だとか「人格」に関わることは、その言葉の使い方や行動や振る舞い全般など、全体のことで判断するものではないですか?自分になじみがないたった一言の言葉で人を判断するトピ主さんに、少し疑問を持ちました。

    ユーザーID:4976414788

  • では「ママ」は?

    自分の夫の母親(義母)が夫に向かって「ママは○○じゃなくて××が食べたいわー」とか言ってても大丈夫ですか?


    私は「ママ」も「お母さん」も好印象はありません。
    いい年した自分の息子の母親であることを強調するのは逆に子離れができていない、依存的な印象があります。

    もちろん自分の配偶者のことを指して「お父さんは何が食べたいの?」という言い方は気になりませんが、自分のことをいつまでも「お母さん、ママ」というのは幼く感じます。

    当方関東出身在住です。

    ユーザーID:9116245959

  • わたくし(わたし)というのは

    わたくし(わたし)というのは本来は目上のひとに対して、あるいはせいぜい同輩に対して、へりくだって使う言葉ですね(謙譲語)。子どもに対してわたくし(わたし)というのは不自然です。子どもに対してわたくしという言い方がされるとすれば、非常に新しい使い方ではないかと思います。わたしの場合どうだったかというと、およそ母親が自分のことを主語にたててわたしに話しをしたことはなかったような気がします。「お母さんはね」というのも、「わたしはね」というのも聞いた記憶がありません。それはそれで、不思議ではありますが。

    ユーザーID:0781222480

  • 不思議でした

    私がまだ小さかった頃、母はいつも自分のことを「お母さん」と言っていました。「おかあさんはね...」と言うのが当たり前だと思っていた私は、ある日母が誰かと話をしている時に「私の...」と言う言い方をしているのをはじめて見て、お母さんもひとりの女の人なんだーとびっくりした記憶があって、今も忘れられません。
    ずっと幼心に、お母さんは、お母さんという種類の人だと思っていたんです。でも普段はずっと「おかあさん」と自分のことを言うので、とても不思議でした。何故「わたし」って言ってはいけないのかなと思っていましたが、母にそれを質問したり、直接言う事はありませんでした。
    やはり、母であっても「私」を使う事はとても自然で素敵なことだと思います。
    彼のお母さんは彼のことをどう言いますか?私が気になるとしたら、自分の長男を「おにいちゃん」長女を「おねえちゃん」と呼ぶお母さんですね。へんな感じがするからです。

    ユーザーID:8796499504

  • 若松しず子の「小公子」では

    ちょっと気になったので、明治も早い時期の若松シズ子の「小公子」の訳を見て見ました。セドリックのお母さんが、セドリックに対して、「おまえとわたしは・・・」といっている箇所があります。「お母さんは」といっている箇所があるかどうかは解りません。調べる情熱がないです。ちなみに「お母さん」というのは本来は幼児語です。「小公子」では、「おっかさん」だったり、「かあさま」だったり「おかあさま」だったりして安定していません。

    ユーザーID:0781222480

  • 初めて気がつきました!

    トピ主さんの指摘にはじめは「?みんな自分を『お母さん』って読んでるんじゃないの?私もそうよ」と思いましたが、その後のレスを読むにつれて気付きました。
    夫は、子ともに対し自分のことを「お父さん」と言ってない!
    下の子はまだ幼児なので時々「お父さんにちょうだい」などと言いますが、基本は「おれ」ですね。
    でも、子供と自立した関係を築いた云々のリッパな人ではなくて、ごくごく普通の甘いお父さんです(笑)

    そういえば義母も自分のことを「お母さん」と言っているのは聞いたことがありませんが、母の鑑のような素敵なお母さんです。
    自分を「ママ」と呼んでいても自由奔放な方もいますし、色々ですね。
    とても面白いトピでした。

    ユーザーID:1554424346

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧