ガンを宣告された同僚に

レス44
お気に入り57

あるむ

ひと

小町のみなさんこんにちは。私は30代の独身OLです。

同期入社のA子(同い年・独身)が、先日ガンを宣告されました。早期ではなく、かなり進行していて、手術も出来ない場所だそうです。
毎日のように他愛もないおしゃべりを楽しみ、色んな相談にも乗ってくれ、とても頼りにしていた彼女がなぜ・・・。
聞いた時は、彼女が淡々と話していたので、必死に堪えていましたが、別れて1人になった後、トイレに直行して泣いてしまいました。涙が止まりませんでした。
ああ、私は彼女が好きだったんだな・・と思いました。(変な意味じゃないです)

私には何の力もなく、おこがましいのかもしれません。
仕事の出来る彼女には助けてもらう事の多かった私です。
私も、彼女に何かをしたい。何でもいいから力になりたいのです。
私には何が出来るのでしょうか? 何かアドバイスをお願いします。
(取り乱していて乱文すみません)

ユーザーID:4869955457

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いろいろ葛藤があったあとだと思うので

    普通にしていて欲しい、気を使わないでもらいたい。希望を信じてて欲しい、ですかね。

    ユーザーID:2377061360

  • 本人が一番混乱していると思います。

    私も、親しい身内が1月にがんを宣告されました。

    >彼女が淡々と話していたので

    そうですね。
    でも、たぶん本人が一番混乱していると思います。
    少なくとも、周囲の人よりはずっと考えていると思うんです。

    何も言わずに見守っているのが「できること」かもしれません。

    ユーザーID:9614988867

  • 友達でいてほしい。

    私だったら友達でいて欲しいです。

    お友達の方が治ること祈っています。

    ユーザーID:8377438035

  • まずは普通に接してあげて

    出来るだけ普通に接してあげて、さりげなく配慮を見せてあげるのがよいのでは?

    もし逆の立場だったら?
    一番ショックを受けているのは自分なのに、友達が自分のことを考えて泣いたりしているのを見れば「私ってやっぱりそれほど重症?」という現実を改めて突きつけられているようでショックなのでは?
    一応、出勤して来ているなら普通に接してあげるのが一番の思いやりだと思います。

    あまりに普通に接すれば、彼女は「私が病気なこと全然気にならないのかしら?冷たいのね。」と思うかもしれないけど、さりげない時に気遣いを見せれば「ああ、普通にふるまってくれているけど本当は私のこと心配してくれているのね」とあたたかい気持ちがすると思います。

    ユーザーID:8070500262

  • 今までのままで

    がん医療の現場で働くものです。
    友人ががんになるとなんと声をかけていいのか分からなくなり、周りの人がどんどん離れていってしまうという声をよく聞きます。
    それと同時に、新聞にこの治療がいいとのっていたとか、ここの病院がいいと知人がよいと知人が言っていたとか、という情報も山のように来るので、親切心で言ってくれていると分かっていて聞きたくないという声もよく聞きます。
    今までどおりというのは一番難しいのかもしれないですが、「必要な時はいつでもそばにいるよ」という姿勢が一番なのでは?

    ユーザーID:6422393818

  • 明るくね

    わたしもガン患者です。ただし、幸いなことに、早期でした。
    ガンは、早期とそうでないとで、気持ちがまったく違うと思うので
    「共感」なんておこがましくてできませんが、
    それでもあえてわたしが何か意見を言うとすれば
    やっぱり「明るく」「優しいまなざしで」彼女を支えてあげて欲しい。
    彼女の容態が許す限り、これまで通りに接してあげてほしいです。
    「これが効くらしいよ」といった情報は、必要ないと思います。
    それよりも、トピ主さんとお話ししている間は、彼女が自分の病気のことを
    少しだけ忘れていられる・・・そんなふうだといいなと思います。

    優しいトピ主さんみたいな同僚をもって、彼女もきっと
    心強いことでしょう。

    ユーザーID:8369119062

  • お気の毒です

    ご友人はまだお若いのに気の毒な事です。
    でもドライに考えると、文面から見る限りガンは既にレベル4(末期)に差し掛かっているものと思います。
    手術し難い場所、と言う事でしょうから、膵臓ガンでしょうか。

    その若さでは正直言って余命は数ヶ月から半年単位と思われます。
    アッと言う間に入院される事になると思います。
    悲しい事ですが、どうしようもない運命なのです。

    従い入院されたら出来る丈頻繁にお見舞いをしてあげる事です。
    食べられるのであれば何を食べても良いですから、ケーキでもフルーツでも、ご友人が好きなものをドンドン持って行きましょう。
    そして、お見舞いの時にはーーーー。出来る丈明るく平静を装ってお見舞いして上げる事です。
    申し訳ないですが、それ以上にあなたがして上げられる事を思いつきません。

    ユーザーID:6405359493

  • 私もがん患者「今まで通り、普通に」接してあげてください。

    私も30代の癌患者です。

    今、本人は苦しい程の痛みを感じています。
    私も癌患者で、再発はしていないません。
    他の方もおっしゃっていましたが、再発していない患者に
    再発している患者の方の気持ちを推し量る事さえ、おこがましいのです。
    それ程の辛い気持ちを彼女は感じています。

    「今まで通り普通に接する事」
    彼女が話したいと思えば、話をし、今まで通り他愛の無い
    話をしてあげてください。
    これはどんな病気の人にも言える事ですが、病人扱いされたくありません。
    普通にいつも通りに接してあげてください。

    病気のアドバイスは一切入りません。
    彼女から聞かれ、助けを求められた時には、力を貸してあげてください。
    怪しげな、代替療法等の紹介は近いし間柄の人であっても控えてください。

    私は、癌患者ですが、友人にも一切話していません。
    それは、相手に負担をかけた無い事と、普通に接して欲しいからです。
    あえて、彼女があなたに話したのはどうしてなのか戸惑います。
    あなたには知って欲しいと思ったのかも知れません。
    彼女の話を耳を傾ける、それしかあなたには出来ません。

    ユーザーID:9503293123

  • トピ主です

    皆様のレス、ありがたく思います。
    少し時間が経って、気持ちも落ち着いてきた所です。
    昨日、昼休みにお化粧を直しながら、彼女がポツリと
    「まだ、あまり実感がないのよ」と呟いていました。
    どこも悪い所はなさそうに見えるし、普通に出勤出来ているので、
    私も信じられない思いが拭えません。

    合う抗がん剤が見つかれば、ガンを抑えつつ普通の暮らしが出来る可能性もゼロではないそうなので、私も希望を持っていたいと思います。

    >ぱっぽ様
    >もも様
    >メグ様
    >身内が宣告されました様
    簡単なようでいて本当に難しいものだと思います。
    押し付けがましくなく、必要時にさりげない気遣いをしてあげられたら
    と思います。
    確かに私が彼女の立場なら、泣かれたりショックを露にされると傷ついてしまうと思います。「大丈夫、きっと治るって信じようよ!」って笑顔で
    言われる方が嬉しいですね。

    >身内が宣告されました様、その後お身内の方はいかがでしょうか。 

    ユーザーID:4869955457

  • トピ主です2

    >Lisa様
    >tokumay様
    やってしまいました・・・。
    レスを頂く前に、ネットで色々調べていて、避けた方がいい食べ物とか彼女にメールしてしまいました!
    確かに、ヨーグルトを避けた方がいいと書いているサイトもあれば、免疫力を高めるので摂った方がいいというサイトもあり、情報が入り乱れて
    混乱させてしまうかもしれませんね。
    笑う事が良いそうなので、明るく楽しい気分になってくれる事で免疫力UPを狙います!
    tokumay様、お体の具合はどうですか?
    早期との事、本当に幸いでしたね。ご全快をお祈りします。

    ユーザーID:4869955457

  • トピ主です3

    >アポロ11号様

    余命は宣告されていないと彼女が言ってましたが
    (余命を言われると立ち直れない、とも・・)
    ステージについては分かりません。私も聞けなかったので・・・。
    身内の方なら知っているかもしれませんが・・・。
    やはり末期なのでしょうか。

    いずれ入院する事になると思います。
    もちろん、お見舞いには頻繁に行くつもりです。
    今年、私も彼女も厄年なのですが、私はまだ厄払いに行ってないので、
    近々、神社へ行った時に病気平癒と心の平安を願ってお参りしようと思います。

    ユーザーID:4869955457

  • いつも通りで

    自分のことに置き換えたら、胸が痛みました。
    言葉にできないくらいお辛い状況でしょうね。

    で、考えてみました。
    ご覧になっていたかわかりませんが、ドラマの「木更津キャッツアイ」みたいに、
    やっぱり普通に接するのが一番じゃないでしょうか?
    普通にご飯食べて、普通にワイワイ楽しいことやって…・。

    あとは、小林聡美さんが出演されていた「神はサイコロを振らない」みたいに、
    彼女の残りの人生を輝かせるために、思い出をいっぱい作ろうと、
    青春ごっこみたいな爆笑しちゃうような何かをするのも、いいかもしれません。
    ドラマの中では、状況を詳しく説明する場がないので、簡潔に書きますと、
    秋葉原のメイドカフェのカッコウをしたり、東京タワーで思い出を語ったり
    ラーメン?食べたりといった感じでしたが。

    書いてて思ったんですが、いっぱい笑い転げちゃうことをすると
    「いい人生だったな」って思ってもらえるかもしれませんね。

    人間には奇跡が起こることだってあるし、気持ちで病がちょっと変わることもあります。
    どうかミラクルがちょっとでも起きますように。。。

    ユーザーID:1400923066

  • 話を聞く、取り乱してもひかない

    末期ガンを患った父を9ヶ月見ましたが、私は何もできない娘でした。
    ご本人はとてもおつらいと思います。不安と恐怖で気が狂うほどの思いも味わっておられると思います。
    話を聞いてあげてください。
    気持ちを取り乱しても静かに温かく見守ってあげてください。
    病気が良くなるよう、心より祈っています。

    ユーザーID:1850328310

  • 逆の立場です

    1年前に病気がわかり、手術不能、セカンドオピニオンでは余命2年くらいと言われました。
    親友と思っていた人に打ち明けたところ
    「今はがんは治る病気」「私はがん患者をたくさん見てきているから何でも知っている」「あなたのことをこんなに心配しているのよ」と大騒ぎです。
    私の症例は治ることはありませんし、治療法もわずかです。
    残された時間を今まで以上に生きがいとしていたサークル活動に打ち込もうとしたけれど
    「今は治すことが先よ!」と、先手を打たれ一方的に長期欠席を届けだされてしまいました。
    他の仲間に病気を伝える気は全くなかったので結局そこには行けないうちに治療が始まり
    抗癌剤の副作用で体調を崩し、多分今後も参加することはできないでしょう。
    頻繁に連絡をよこし心配されることに追い詰められてしまいます。普通にしてほしいです。
    治療が奏功し今のところ病気とうまく共存できていますが、私の死を前提に騒がれているような親切攻勢に辟易します。
    無知な知ったかぶりも泣かれるのも騒がれるのも支配されるのもはっきり言って迷惑。
    何事もなかった時のように付き合ってもらえることが望みです。

    ユーザーID:3927861631

  • これまでも、これからも。

    私は友達をがんで亡くしました。

    最初に体の具合が悪いことを相談され、私が病院を紹介したこともあって、彼女は「がんだった。でも、うじうじなんかしてないよ。頑張ってやっていく」って明るく前向きに報告してくれました。

    それから約3年間、私と彼女は、病気がわかる前と変わりなく育児の合間をぬってランチしたり、おしゃべりしたり、本当に心でつながった友人として最高に楽しい時間をすごせたと思います。

    でも彼女が亡くなったと知らされた時は信じられませんでした。最後にご主人が「笑顔さんにきてもらおうか?」と聞いてくれたようですが、彼女は「笑顔はみんなわかってるから」と・・・そこまで私のことを信頼していてくれたのかな〜私は何もしてあげられなかったのに、と今でも後悔の念はありますが、一緒にいて自然に過ごしていたのがお互いに気持ちよかったのです。

    どうかあるむさんもお友達と今までと同じように過ごして下さい。さりげなくお友達を気遣って、お友達が笑顔でいる時はあるむさんも笑顔でいて下さい。

    ユーザーID:4557942262

  • それも言わない方が・・・

    >「大丈夫きっと治るって信じようよ!」って笑顔で言われる方が嬉しいですね。

    うーん、本当にうれしいだろうか。

    病状本当は悪いんですよね。
    仮に善意であっても根拠の無いことを笑顔で言われるのって傷つくかもと思う。
    貴女に号令かけてもらわなくても、治ると一番信じたいのは本人だろうし。

    気の利いたことを言ってあげようと思わなくても普通に接することで十分、貴女の気持ちは伝わると思います。

    変に励まそうとか力になってあげようとか力んだら、相手に負担になるし、「人の不幸というイベントでお祭り騒ぎしてはしゃいでいる」「いい人になりたがっている」みたいな印象になったら気の毒。

    貴女が大変な善意の人だということはよくわかるので、彼女は貴女の言動で傷ついても「あるむは善意なのだし、それで私が傷ついているのを知れば気の毒だわ。」と考える努力をして、不快感を表に出さず逆に「ありがとう」と感謝の表情を見せるかもしれません。
    本人はよいことをしているつもりで、実は病人を傷つけ反対に気を使わせることにならぬように、何もしないのが一番いいかも。

    ユーザーID:8070500262

  • 今までと同じように

    私は、2年前、がんではありませんが難病指定された病になりました。じょじょに歩けなくなり、数回の入院、手術を繰り返し、今は車イス生活です。
    はじめての入院や手術の時、友人Aは大きく騒いで、かえって患者の私が友人の動揺した気持ちをおさめるのが大変でした。一通り騒ぎ、好きなように泣いてまわりに伝えまくり(私はごく身近な友人にしか伝えなかったのに)、退院祝いを開き(私は、体調が一定ではないから、と辞退したのですが)、そのあとの入院のたびに、「なんと言っていいかわからない、かわいそうなタンクトップ…」と泣きメールを送ってくるばかり、一年後はメールもこなくなり、…という具合です。
    この友人の言動は、「ストレス」のみでした。
    とぴさんには、こんな友人のような人にはなってほしくないです。いつもと同じペースで行動してほしいです。

    ユーザーID:6677691233

  • 再びです。友人を無くしています。 だから誰も言えないのです。

    >「大丈夫きっと治るって信じようよ!」

    これは本当困ります。
    先が無いのは本人が何よりわかっているのです。
    何も言わずいてください。お願いします。
    舞い上がって、「頑張れ、可哀想、きっと良くなる」繰り返し言われたら、げっそりします。
    「自分をやっとの思いで受け入れ、死を受け入れて行く」末期のがん患者は気持ちはそれだけす。
    それは、誰が変わってあげる事も出来ないのです。

    あなたが彼女の恋人であっても、余程の事が無い限り、あなたの言葉は届きません。
    あなたは、何も言わずに「普通に」彼女の話を聞き、彼女の傍にいるだけです。
    これが嫌だから、誰にも言わないのです。

    実は私の友人に話した事によって友人関係が無くなました。
    たぶん、微妙な温度差が違っていたのだと思います。

    落語にでも連れて行ってあげてください。
    楽しいところへでも連れて行ってあげてください。
    彼女があなたに打ち明けた理由がわかりません。
    彼女は辛い気持ちを、もっと辛くさせている様な気がします。

    頻繁にお見舞いに行くのも迷惑です。
    相手が望んだ時だけ、行ってあげてください。

    ユーザーID:9503293123

  • 再び。友人を無くしています。 だから誰も言えないのです。2

    それから、私も厄年で癌になりましたが、そういう事もあるかとも自嘲的に
    思っていました。
    まさか、彼女に厄年だから、癌になったと言う(言った)訳じゃありませんよね。
    お参りに言ったとか、、、。

    彼女は既にそう考えています。
    お願いだから止めてください。
    そんな迷信云々を言える(笑える)程度の状況ではないのです。
    私なら、そんな事言われたら、縁を切るかも知れません。

    厳しい事を言いますが、トピ主さんはの好意はわかるのですが、
    行動全てが頓珍漢で彼女を苦しめ、あなたを苦しめそうです。
    私と私の友人と同じ様なケースを辿りそうで不安です。

    あなたがどうしても彼女に何かしてあげたいのなら、相手が望んだ時だけにしてあげてください。
    とにかく癌であると言う状態から、彼女を少しでも引き離し、普通の生活をさせてあげられる様に
    協力してあげてください。

    ●●●どんな病人もあなたと同じ「普通の生活」を望んでいるのです。●●●

    ユーザーID:2880673251

  • トピ主です4

    こんばんは。たくさんのレス、本当にありがとうございます。
    まとめてのレスでごめんなさい。

    皆様のレスを読みながら、涙が出てしまいました。語彙が乏しく、文章力も無いので、なんと言えばいいのか・・言葉が見つかりません。

    ただ、皆様のレスに一貫してありましたように、彼女との何気ない日常を、出来る限りいつも通りにに過ごしたいと思っています。
    彼女はもともと開けっぴろげな所があり、病気についても割と話してくれるので、私もあまり身構えずに普段の会話が出来るようになりました。
    普段、パジャマではなく小汚いスウェットを着て寝ているけど、入院ともなるとそうはいかないだろう、寝巻きを買わなくては、などと心配していたので「ユ○クロのルームウェアが可愛くて安いからいいんじゃないかな?」とか・・・。そこから脱線して違う話になったりしてます。

    本当に、

    ユーザーID:4869955457

  • 私も同じ立場です。

     友人がやはり癌で ついこの間、転移もみつかりました。
    私も何をしてよいかわからず、(私の場合は 海外在住で相手も日本人ではありません)友達に 何か私にできることある?って聞いたら ”時々会ってほしい。”といわれました。 最初は私も 動揺してしまい、とにかく良いほうに考えてね。ってずっと言ってました。でも 本人曰く、良いほうに考えすぎると、結果が悪かったときに余計に落ち込むから...と言われ、それもそうだな。と....
     今はこちらからは病気の話はせずに とにかく相手が話したいことに耳を傾けています。 これぐらいしかできないんですよね。 ちなみに私もまだ友人が癌だということ 信じられない気持ちでいっぱいなんです。 トピ主さんがこのトピをたててくれたおかげで 私も参考にさせていただいています。 

    ユーザーID:5895784840

  • 追伸です

    希望は信じてて欲しいけど口には出さないで欲しいです。「大丈夫、治るよ」と言われると「いやー、無理かもしれない」と頭に浮かぶので。
    希望を信じてくれてれば暗い友の顔を見なくて済むので。

    ユーザーID:2377061360

  • きりん様へ

    >「大丈夫きっと治るって信じようよ!」

    彼女には言っておりません。
    私が彼女の立場だったらと仮定した場合、私は弱虫なので現実を直視できない可能性が十分にあります。
    気休めでもいいから「誰か治ると言って!」という心境になるのでは、と思ったので、自分だったら・・・と書いたのです。

    先走って1度余計な事をしてしまいましが、もう落ち着いていますし、舞い上がってなどいません。頑張れとも1度も言っていません。
    たくさんのレスを頂き、私に出来る事はいつも通りに過ごすこと、それしかないと分かったので本当にご心配頂いているような事はしておりません。

    厄年の件ですが、確かにお参りには行きましたが、彼女には伝えていませんし、「厄年だから〜」などと言ってはいません。
    そこまで非常識ではありません。頓珍漢も何も、話をする以外、本当に何もしていません。

    ユーザーID:4869955457

  • あの〜

    すみません、2度目です。きりん様の危惧はすごーくよくわかります。

    >気休めでもいいから「誰か治ると言って!」という心境になるのでは、と思ったので、自分だったら・・・と書いた
    これがまったく分かってないな〜と感じます。当事者にとって気休めなんてありえないんですよ。
    しょせんひとごとなのよね、それって。
    医師が「治る」と言ってくれるならともかく、専門知識のない人間の(お気楽な)励まし(のつもり)が一番つらい、ってことがなぜここまでのレスでお分かりにならないのかしら?

    この一言であなたが流した涙に、私はかわいそうな人を思いやって泣いているの、という上から目線を感じました。
    私も言われましたよ 「あなたのことを思って毎晩星に祈ってます」

    そうね、泣いているトピ主さんや星に祈る彼女は傍から見ると優しく思いやりのあるヒロインね。
    そして付け加えられるの。
    「(トピ主さんは)こんなにあなたのことを思っているのにそれを受け入れられないあなたはなんという人間なのだ!」
    って。

    「いい人」に利用される自分。
    「病気」になると、本当に孤独を感じます。

    ユーザーID:4164184853

  • きつい事を言いましたが、、。

    多くの癌患者さんを見送っている立場で申し上げました。
    再発患者が、どんなに厳しい状況かは、聞かなくてもある程度想像出来ます。
    自分もいづれ、召される日が来る事も覚悟していますし、癌の事も熟知せざるおえない
    状況にあるからです。

    友人として気を使わせて申し訳ない、だから、私は今後も誰にも言うつもりはありません。
    心苦しいからです、そして、友人を無くすと言う大きな失敗は、
    癌になった事よりも、私の大きな心の傷になっています。
    そう考えると、なぜ彼女がトピ主さんに打ち明けたのか、不思議になりました。
    再発したら、覚悟して、極力一人で静かに立ち向かうつもりでいます。
    同じ病気の友人には、少しだけ心を分かって貰えると信じています。

    病人より、実際、傍で支えなくてはならない、恋人、親、友人の方が苦しいと言う事も
    知っています。
    トピさんにはきつい事を申し上げましたが、彼女の為に色々とありがとうございます。
    苦しいでしょうが、どうか頑張ってください。
    あなたの大切な人ですものね。
    私にも病気をある程度理解し、大切に思ってくれる友人はいます。宝です。

    ユーザーID:9503293123

  • 自分の感じたままに

    お友達大変ですね。

    私は癌ではありませんが、治りにくい病を患っています。この病気が発覚して生死の境をさまよったとき、友達や知人は色々な反応を見せました。病気についてネガティブな発言をする者もいれば、あくまでもポジティブに考える者、病気発覚前と同じように、まるで病気なんて存在しないように振舞う者、色々いました。
    でも、一番私の心に響いたのは、自分の感じたことを素直に私にぶつけてくれた友人でした。
    病気を患っている本人は、言葉にすると難しいのですが現実を直視しながらも、まるで他人事のように感じていることがあります。私もそうでしたが、そうやって耐えられない現実をかわしているのです。
    明るそうに見えてもやはり、相当堪えていると思います。

    どうか何かできるか、何をしたら言いかなんて深く考えないでください。あなたがそばにいるだけで、どうってことのない日常を過ごすことがすごく大切だったりします。

    ユーザーID:5447871626

  • 横ですが当事者様

    当事者様のレス読ませていただきましたが・・
    私はトピ主様は上から目線で書かれているのではないと思います。
    当事者様のお友達とトピ主様を重ね合せてそこまで攻撃する必要ってあるんですか?
    トピ主様は仲が良いお友達の癌の宣告でショックを受け悲しまれているようにしか感じません。

    トピ主様、どうぞお友達がつらいときは支えてあげて下さいね。

    ユーザーID:0735193520

  • 「わたしに出来ることは、何もないと思え」

    親しい友人がガン宣告を受けました。
    友人は、手術が決まってから初めて連絡をくれました。正直、そのときの電話ではパニックになってしまいました。
    友人は「ごめん、こんなこと言って。ひよこに甘えてるんだろうね」と
    言っていました。「ガンはなった人にしかわからないと思う」と友人は断言しつつ「話して気が楽になった、ありがとう」と最後に言ってくれました。

    わたしもひどく混乱しましたが、決して友人には悟られないよう自分からの連絡は控えました。

    友人のために何かしたいって衝動に駆られてしまうけれど(何もしないと自分が落ち着かない・・)結局自分自身の気休めに過ぎないんですよね。

    とにかく、友人からの連絡待ち。「何かあったら、話したい時はいつでも電話して」(遠方のため)と伝えていました。

    連絡があれば、ひたすらに話を聞く。「そうよね、うんうん」

    友人といつも通りに接するって、自分の中ですごく葛藤がありました。だからトピ主さんも同じく苦しいと思います。その苦しみを紛らわすために友人のためと称して何やかんやすることはないと思います。

    ただただ、受け止めるだけ。

    ユーザーID:5667965505

  • トピ主

    きりん様

    正直に申し上げます。
    お辛い経験を経て、心を砕き言葉を尽くして教えて下さろうとした事、実は重くて受け止め切れず、あんな暴言じみたレスを返してしまいました。どうか許してください。
    皆様のレスを読みながら、読んでいるのに、実は頭に入ってこない状態でした。正直、意味の分からない箇所もありました。
    自分でトピを立てておきながら、私は徐々に逃げ出したい気持ちで一杯になっていたのです。

    ガンを打ち明けられた事。
    私には何をやっても何を言っても、どうする事も出来ない事。薄々分かっていながら、私は追い立てられるように何かをしないではいられなかったのです。
    それは「彼女が心配で、彼女を失うのが怖くてたまらない自分」のためでした。心の平安を得たかったのは私自身でした。

    お見舞いも励ましも、「あなたが心配な私」を満たすための押し付けになり得るという事、極端な話、心配するのは私の勝手なわけです。
    ですが、それが彼女に余計な気遣いを強いたり、負担を掛ける結果であってはならないと思います。

    ユーザーID:4869955457

  • トピ主2

    私は怖かったのです。彼女はもっと怖い思いをしているだろうに、私は自分の事で精一杯だったのです。

    彼女がメールをくれました。来週から入院が決まったことと、誰かに聞いて欲しかったから話したけど悪いことをした、私のことでブルーな気持ちにさせてごめんね、とありました。
    彼女は、「癌」という言葉を聞いた途端に私の唇がブルブル震え始めたことにすぐに気付いたそうです。
    自分では平常心を装っていたつもりでした。涙を堪えるのに必死で、そこまで気が回りませんでした。
    彼女はずっと普通どおりに接してくれていましたが、彼女の方が逆に私に気遣ってくれていたんです。
    それに気付かなかった私は本当に自惚れていました。私こそ、彼女を気遣って普通に過ごしているつもりでしたから。

    私に出来る事は何もありません。ただ、ずっと友達で居たいです。

    ご不快になられた方が居たら申し訳ありません。読んでくださってありがとうございました。

    ユーザーID:4869955457

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧