文章が上手くなりたい!

レス48
(トピ主12
お気に入り54

趣味・教育・教養

ぽんぽこ

はじめまして。ぽんぽこと申します
小町読んでると皆さん文章お上手だなあ、って関心します
私は文章を書くのが下手で、なんとか上手くなりたいなあ、と
考えております
特に論文をうまく書くコツとか
勉強法とかありましたら
教えていただけませんか

よろしくおねがいします!

ユーザーID:0796100402

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本を読む。文章を書く。

    シンプルですが、何事も上手になるには、「慣れ」しかないと思います。
    なので、文章を上手に書きたかったら、書く事が大事かと。

    あとは、これもよく言われる事ですが、
    本でも雑誌でもいいので、文章を読むこと。
    これが不思議で、
    「文章が上手になりたいな」と思ってからプロの書いたものを読むと、
    今までとは違った視線で、物を読むことができます。

    表現の仕方。
    言葉の選び方。
    話の持って行き方。
    話題の選び方。

    話の内容はもとより、もっと細かいテクニックに目がいくようになるのです。
    「読み手」から、同じ「書き手」として、
    視点が変わったのでしょうね。

    「書き手」としての視点が出来てくると、
    本だけじゃなくって、テレビCMや中吊り。ニュースのテロップなどにも目が行きます。

    シンプルイズベスト。
    ちりも積もればマウンテン。

    がんばって!

    ユーザーID:8069868019

  • とにかく・・・・

    たくさん書く
    たくさん読む

    これしかないと思います

    論文であれば、お手本を写してみるっていうのもいい手だと思います
    何回も書き写すうちに言い回しとかは自分のものにできるようになります

    ちなみに書くときは鉛筆で手書きで書くと
    更にうまく書けるようになる気がします

    ユーザーID:6992279942

  • 人に読ませる前提で何か書く

    タイトルのことを、数をこなせば誰でも上達しますよ。

    話の導入があって、本題があって、裏付けや別の視点等を取り込んで、最後に結論や今後の課題など。
    これはあくまで一例。美味しい○○ラーメン、なんて題であってもこの流れでいけます。
    論文は決まったパターンがありますから、好きな分野のものを探して読んでみても良いでしょう。

    もう一つ別のパターンを。下記の四つが揃えば論文を書けますよ。
    「それは何か」「それの何がいいか」「それの何がよくないか」「ではどうすればいいか」
    これも○○ラーメンに当てはめられますよね。

    個人的な経験で言えば、ニュースを紹介するウェブサイトを何年も続けるうちに、
    自分の言葉で解説や考えなどを書けるようになっていきました。
    仕事でいきなり論文を書くように言われて出したとき、その経験が役に立ちましたよ。

    長ったらしくなったのは私の癖なので許してね。
    でもこの術を知っておくと、文章量を稼ぎたいときに便利なんです。

    ユーザーID:8533141926

  • うまく書こうと思わない。

    文章も絵も、「うまく書こう」と気負ったら、その時点でダメなんじゃないか?? って気が、かなりします。

    「うまく書きたい」気持ちは、要するに“欲”であり“雑念”。
    それは、仕上がったものに出てしまい、読み手に伝わる。(と感じてます、個人的に‥)

    結果、“純度が下がる”と申しましょうか、“雑味がありキレが足りない、何が要点なんだか分かりにくい散漫な文章”って印象になりがち・・なように思う。


    シンプルなものこそが、合理的で美しい☆☆んではないかな―??

    「うまく書こうとしたもの」より「分かりやすく・気配りされた文章」が、はるかに好感持てますし、それが基本かな、と。

    ユーザーID:8690685359

  • ももんが様、レスありがとうございます!

    >「文章が上手になりたいな」と思ってからプロの書いたものを読むと、
    今までとは違った視線で、物を読むことができます

    >話の内容はもとより、もっと細かいテクニックに目がいくようになるのです

    なるほど、と思いました
    話の内容だけでなく、表現方法や言葉の選び方などの
    細かいテクニックにも気をつけて読んでみようと思いました
    うまい文章を書く人というのは
    「もっともぴったりくる言葉を選ぶ能力」に長けた人、とも言えますね

    >ちりも積もればマウンテン
    そうですね、確かに文章力というのはちりのように小さなことを
    積み上げていく作業だともいえますね
    根気、根気でしょうか

    >がんばって!

    ありがとうございます

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 学ぶランキング

    その他も見る
  • しろりん様、レスありがとうございます

    >何回も書き写すうちに言い回しとかは自分のものにできるようになります

    反復練習が大事、ということですね
    わたしの場合、「たくさん書く」はクリアしてると思うので
    「たくさん読む」ことを心がけて、
    気にいった文章は書き写しておこうと思います
    言葉や言い回しを自分のものにして
    自分の思ったことを言葉で自由自在に表現できたら素敵だなあ、って思います。

    手書きはちょっと無理かも
    パソコンなかった時代の作家さんや
    現在でも原稿用紙に手書きしている作家さんって
    恐ろしく頭の切れる人たちなんだなあ、って思います

    頭の悪い私でも、文章を書こうという気になったのは
    パソコンがあるからです
    パソコンは私にとっては考える道具なのです

    でも、確かに手書きすると集中力がつくような気がしますね
    ときどきは、やってきます

    ありがとうございました

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • ゆきあがり様、レスありがとうございます

    >話の導入があって、本題があって、裏付けや別の視点等を取り込んで、最後に結論や今後の課題など

    この中の「裏づけ」の説明に随分悩まされています。

    具体的に私が書きたいと思っているものは
    「古代史研究」の論文です

    神話や伝説、信仰、現存する文化財、遺跡などから
    私なりに推測した古代史像を説明したいと思っているのですが
    AからダイレクトにBに導くことができるというような例は少なく
    Dを説明するために、A→B→C→D
    と回りくどく説明する必要が生じるために、
    煩雑な文章になってしまいます

    ゆきあがりさんのニュースを紹介するウェブサイト、読んでみたいです

    そのような解説文などを読んでみるのも勉強になるかもしれませんね

    ありがとうございました

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • るーさん、レスありがとうございます

    >「うまく書きたい」気持ちは、要するに“欲”であり“雑念”。
    それは、仕上がったものに出てしまい、読み手に伝わる

    るーさんのおっしゃってること、わかるような気がします
    私も絵を見たり、詩や文章を読むとき、また音楽を聴くときなどにも
    同じように感じることがあるからです

    「伝えたい」という気持ちが伝わってくるのは好感が持てるのですが
    「どうだ、すごいだろう!」みたいに感じるものは
    どんなにテクニックが優れていても興ざめしてしまいます

    かといって、テクニックがくだらないものかというと
    そうではないと思います

    おそらく「どうだ、すごいだろう!」と感じてしまうのは
    テクニックが修練されていないせいだろうと思います

    文章をうまく書きたいと思ってる私、
    たしかにまだまだ未熟です

    貴重なアドバイスをありがとうございました

    ユーザーID:3859167260

  • 樋口裕一氏の著書をどうぞ

    文章を書きときに「上手く上手く」と意識するとかえって何も書けなくなります。

    樋口氏は、受験や就職などで必須となってきている「小論文」を重点に教えている方で、新書などの著書が多くあります。参考にされてみては?

    ユーザーID:9757598697

  • 読物の日本語と論文の日本語は違います

    日本語に関わって20年、タレント本から研究者向け専門書まで種々様々な本を読み、一応プロとして生計を立てております。

    まず理解していただきたいのは、掲示板等で「読みやすい」「上手」とされる読物の日本語と、研究論文の日本語は違うということです。

    研究論文では、まず何よりも正確さと論旨の明確さが求められます。複数の解釈ができるようではいけないのです。
    「××は○○である。その理由は△△である。しかし一方□□でもある。これは◇◇だからで…」というような、読物としての読みやすさ、面白さなど無視したような文章でいいのです。もちろん中には、論文に要求される明確さ、正確さを満たした上で、なおかつ読みやすく面白い文章を書ける先生もいらっしゃいますが。

    論文をうまく書くコツは、まず主張とその根拠を明確にすることです。
    言いたいこと総てを箇条書きで書き出してみて、「主張」と「根拠」に分けて印をつけます。さらに、「主張」どうして対立する場合はそれも印します。
    その後、箇条書きの各文を、「故に」「しかし」「何故なら」でつないでいくのです。
    「論文」ならば、これで書けるはずです。

    ユーザーID:0326881712

  • テーマがぶれないこと

    2回目です。
    古代史の論文ということで、また出てきてしまいました。
    私も10数年前苦労しました。
    でも、自分で決めたテーマに沿って、根拠となるものを探していく作業は、その後の人生でもとても役に立ちますよ。

    最近昔の論文を読み返してみたら、
    テーマがぶれてて読みにくくてびっくり!
    さすがに自分で書いたので、
    書こうとしている意図は分かるんですけどね〜。

    なので老婆心ながら申せば、
    >Dを説明するために、A→B→C→D
    と回りくどく説明する必要が生じるために、

    この作業中も、テーマを念頭に書くのです。
    書く必要の無いことは、ばっさり切り捨てる。
    テーマを匂わせるように書くことができたら、最高です。

    がんばれ!

    ユーザーID:8069868019

  • ぶーのん様、日本語小町様 レスありがとうございます!

    ぶーのん様、レスありがとうございます
    樋口裕一さん、呼んでみます
    皆様、他にもお勧めの本などありましたら教えて下さい
    よろしくお願いします

    日本語小町様、レスありがとうございます
    >複数の解釈ができるようではいけないのです
    確かにそうですね 
    明確にたったとつの答えだけが導かれているかどうか
    をこころがけて文章を書こうと思います

    >論文に要求される明確さ、正確さを満たした上で、なおかつ読みやすく面白い文章を書ける先生もいらっしゃいますが

    私はできたらそうなりたいです
    織田正吉氏や梅原猛氏があこがれです

    >箇条書きで書き出してみて、「主張」と「根拠」に分けて印をつけます。さらに、「主張」どうして対立する場合はそれも印します。
     
    具体的なアドバイスをありがとうございます
    早速やってみましたがうまくいきました!

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • ももんがさん、レスありがとうございます

    >古代史の論文ということで、また出てきてしまいました

    ということは、ももんがさんも古代史ファンですか?
    古代史、ロマンがありますよね〜

    >自分で決めたテーマに沿って、根拠となるものを探していく作業は、その後の人生でもとても役に立ちますよ

    私もそう思います
    こんなことして何になるんだろう、と思ったこともあるけど
    正しくものを見るというトレーニングになってるなあ、と
    最近思っています

    >作業中も、テーマを念頭に書くのです。
    書く必要の無いことは、ばっさり切り捨てる

    たしかに、書き出すとどんどん話が横道にそれていってしまうことも
    無駄をそぎ落としたシンプルな文章が美しい、ということですね

    皆様、すばらしいアドバイスを本当にありがとうございます
    引き続き、どんなことでも結構ですので
    レスよろしくお願いします

    ユーザーID:3859167260

  • 伝えたいことがあること。

    ○伝えたいことがある。これが前提です。文章をうまく書くという以前に、自分が伝えたいことがあるのか。伝えたいことに内容があるか。文章は、技巧でなく、まず中身です。

    ○よい文章をたくさん読むこと。読んで、その文章の構成を吟味すること。

    ○言葉の意味を知ること。つまり辞書を引くこと。「関心します」じゃ、困惑します。

    ユーザーID:9092753009

  • 直感

    ヌシさん、此の表題文法的に一寸おかしくないですか。 「文章が上手くなりたい」って・・・???

    かと言って、私自身何処が不自然に思われるのか良く理解出来ていないのですが、、、  勘弁えー。

    ユーザーID:7597834081

  • 本を書いてますが

    物語も論文も、基本的には同じです。つまり起承転結が明瞭なことが読み易さを促します。初歩的な部分からいきますと、最初から頑張ってどんどん書いていくスタンスはお勧めではありません。主題がずれたり、前半が膨れ上がり尻切れになる危惧もあります。梗概まではいかなくとも、ポイントになる論説をまず書いてみて、それを体系付けて繋げていくことも良いかも知れません。AからDへ展開するならば、そのひとつずつをまず作ってみる。流れへ乗せるための接続詞や、文章を挿入し違和感ないか考える。そして章毎のボリュームを考え、削ったり増やしたりしながら、インパクトや訴えたい事実を浮き上がらせる。
    起承転結ある文章は、ある種数学的論理展開と同じです。途中でその都度の説明を多くすると読みにくい場合がありますので、気をつけて下さい。

    ユーザーID:5390538836

  • よいセンスですね

    「もっともぴったりくる言葉を選ぶ」って、実にぴったりくる表現じゃないですか!センスいいと思いました(笑)

    論文ならるーさんのおっしゃる「分かりやすく・気配りされた文章」に尽きると思います。
    説明が長くなるときほど、分割して1文を短くすると、読み手の頭にも入りやすくなります。

    あと、ぽんぽこさんには常識的に思えるような専門用語を使うときには、一言説明を入れてくれるとうれしいですね。
    まったくの素人がそれを読んだときにも分かりやすくて、参考にできるからです。

    ユーザーID:8860625725

  • 参考にしてください

    文章の書き方については、他の方が良いアドバイスをされていらっしゃいますね。

    私は研究職で企業に勤務しています。論文や報告書(技術に限らず)は、指導をする機会があります。その時に、気になる傾向がいくつかありますので、ご参考になればと思います。

    (1)常体(〜である)に敬体(〜です、ます)が混じる
    論文は通常「常体」なのですが、意外にできない人がいます。理系で昔から国語が嫌いという人の割合が多いせいかもしれません。Wordの「文章校正」機能でもチェックできます。

    (2)一文が長い
    とにかく一文が長い人が多いですね。日本語は述語が最後に来ますので、あまり長い文章は読んでいて疲れます。「〜と〜の可能性があり、〜という観点から考えると〜であるが、・・・・・〜と結論するのは難しい」なんていう【超】長文は、読む気を失います。正確に説明をしようと思って力が入りすぎるのかも知れません。適切な長さの文章で構成してください。

    加えてトピ主様、句点(。)は、ウェブ上でも打ったほうがいいですよ。

    ユーザーID:5183688719

  • ヨコ。

    ヨコですが・・案山子さんの疑問について。

    タイトルの違和感は、

     「演奏がうまくなりたい」←○。
     「音楽がうまくなりたい」←どっか違和感。

    ってことじゃないですかねぇ??
    (一見どっちも名詞のようでいて、“演奏”の方は「〜する」って使用法が可能だけど、“音楽”は違う)

    “文章”って単語の場合も、「文章する」とは使わない(使えない)ので・・
    「文章表現が上手くなりたい」「上手な文章が書きたい」etc.になるのかな。


    音読してみると、文章の瑕疵は、よく分かる。
    “なんか引っかかる”感覚をおぼえる箇所は、“文法的にどこか変”なことが多い。
    まず“リズムよくキレイに流れている状態”が、正しく整った文章の証☆(だと思う)。

    上手な文章って、
    【単語の選択や、文末の表現といった“細かいところ”に神経がゆき届き、配慮された文章】
    だと、私的には思っています。

    ユーザーID:8690685359

  • たくさんのレス、ありがとうございます!1

    suzume様、レスありがとうございます。
    >よい文章をたくさん読むこと。読んで、その文章の構成を吟味すること。
    確かにそうですね。私は今まで文章を読むだけで、その文章の構成まで吟味していなかったことに気付きました。
    それと「関心します」じゃ読む人を困らせますね。
    辞書をひくとともに書いた文章をしっかりチェックする癖をつけたいと思います。

    案山子様、レスありがとうございます。
    実は私も「文章が上手くなりたい!」って文法がおかしくないかなあ、
    と思いました。
    「上手い文章が書けるようになりたい」または
    「文章を上手く書けるようになりたい」
    のほうが、いいのだろうか、と考えました。
    でも「ピアノが上手くなりたい」などとは普通に使いますよね。
    正しくは「ピアノをひくのが上手くなりたい」だとは思うんですが。
    で、文法はおかしいかもしれないけれどキャッチコピーとしては
    「文章が上手くなりたい」がインパクトがあっていいだろう、
    と思ったのですが、どうでしょう。

    ユーザーID:3859167260

  • たくさんのレス、ありがとうございます!2

    しょうせつか様、レスありがとうございます。

    >最初から頑張ってどんどん書いていくスタンスはお勧めではありません。
    とアドバイスいただきましたが、まさしく私はそういうスタンスで書いていました。
    けれど、皆さんのアドバイスで、それではいけないのだということが
    よくわかりました。

    >途中でその都度の説明を多くすると読みにくい場合があります。
    またしても、私の文章はそうなっています。
    別の章を設けて書くなどすれば、読み易い文章になるでしょうか。


    けい様、レスありがとうございます。

    >説明が長くなるときほど、分割して1文を短くすると、読み手の頭にも入りやすくなります。

    私の好きな作家さんの中には「おそろしく長い文章を書き、それでいてわかりやすい」という人がいますが、普通は無理ですね。
    短い文章を心がけたいと思います。
    あと、しろうとなので専門用語はほとんど知らないのですが
    専門用語と知らずに使っていることがあるかもしれません。
    注意したいです。

    ユーザーID:3859167260

  • たくさんのレス、ありがとうございます!3

    エース様、レスありがとうございます。

    >〜と〜の可能性があり、〜という観点から考えると〜であるが、・・・・・〜と結論するのは難しい。

    という例文、とてもわかりやすくて、しかもインパクトがありました。

    句点(。)
    【超】長文
    という表記の仕方もわかりやすくていいですね。

    ちょっとした心くばりで、「こんなにも読みやすくなるのか」と
    目からウロコでした。

    句点(。)は小町の500文字の字数制限から、打たない癖がついていました。
    今後、打つように気をつけます。

    ユーザーID:3859167260

  • 案山子様、るーさん様 

    タイトルの件、今思いついたんですが
    「文章力をつけたい!」のほうがいいでしょうか。

    ほんとうに、タイトルにまで文章力のなさがあらわれてますね。

    ユーザーID:3859167260

  • むしろ

    横レスですが、
    私も、文章が上手くなりたい、と思ってる一人として申し上げるならば、トピのタイトルを見た瞬間、すごい論文を書ける人じゃないかな、という印象を受けました。決して、皮肉じゃありません。
    レスのタイトルどおり、むしろ、トピ主さんに自分の書いた文章を添削してもらいたいと思ってレスしてます。
    皆さんのレスにあるようなことは、たぶん承知のうえで、(レスされた方、すいません、当方の勝手な思い込みですので悪しからず。自分も参考にさせていただきました。)さらに上を目指しておられるような印象を受けました。
    こまめにレスへのコメントされておられる内容を見させていただいても、きちっとした文章が書ける方だとお見受けします。
    横レスで失礼しました。

    ユーザーID:5817989612

  • 声を出して読む。写す

    10年以上、雑誌の記者をしています。キオスクやコンビニで皆さんよく見かける雑誌です。
    私が若い頃、上司に言われたのは「良いと思った記事を声を出して読め」、それから「書き写せ」でした。
    声を出して読むと言葉の選び方やリズムが段々と身に付いてきます。また、手書きで写すのは時間がかかって大変ですが、確かに有効でした。大手新聞記者の先輩は「見てきたように書きなさい」とアドバイスをしてくれました。
    これらはマスメディア向けの分かりやすい文章の書き方なので、論文の場合は気をつけるポイントがまた違いますよね。
    偶然、私の家族が学者で彼らの文章を見る機会が多いのですが、マスメディアの文章より論理的でクリアな感じがします。例えば、トピ主さんが好きな学者の方の論文のAbstractのみを声に出して読んだり、書き写してみたりするのはいかがでしょうか。
    また、基本的なことですが、漢字や「てにをは」の間違いに注意するのも大事だと思います。インターネットの文章には結構、間違いが多く、それだけで文章が稚拙に見えてしまいます。

    ユーザーID:6565677197

  • 手紙

     今はネットの時代ですが、自分宛の手紙=日記(ブログ)も良いと思います。人の文章をよく読む事も大切なようです。
    昔の作家はよく「書簡=手紙」を残しましたし、書簡そのものが小説になっている物もあったそうで、中学の先生が「うまい文章を書くには、手紙を書きなさい。作家はみんな手紙が上手いから練習になりますよ。」と仰っていました。
     筆不精だった私には、目からウロコでした。宜しければお試し下さい。

    ユーザーID:5112944128

  • それには「小町」投稿がうってつけ!

    「小町」に投稿する際文字制限が有ります。
    書きたい事・言いたい事沢山有ります。
    でも文字数制限が有ります。
    文章を作っているとどうしても文字数がオーバーになります。
    その時この文章は削れない。
    ここは少し表現を変えたら文字数が減らせる。
    まわりくどい表現をもう少し短くして見る。
    そうして何度か文章を修正してゆくうちに自然とまとまりの有る良い文に変化します。

    考えなく書いていると文字数は際限なく増えます。
    書いては修正その繰り返しの中でおのずとまとまりの良い読み易い文章に作り変えられて行きます。
    まずは沢山の文字を読み沢山の文章を作る事から始めて見ませんか?
    その手始めとして小町への投稿はその意味でも打って付の機会です。
    興味の有るトピを見つけたらそれを制限以内の文字数で挑戦しまよう。
    因みに私は制限文字数500字にぴたりと収まると快感です。

    ユーザーID:1741880038

  • 文章を「わかりやすく」書きたいのです

    うまく書こうと思ってはいけない。分りやすい文章がいい文章である。
    文章は技巧でなく、中身である。

    などの意見を頂いています。

    「書きたい内容」については主に古代史についてのことで、多数あります。

    そして、それを「わかりやすく書くにはどうしたらいいか」について
    悩んでいるのであって、「文学的にすぐれた文章を書きたい」などと考えているわけではないことをご理解ください。

    私が「文章がうまくなりたい」などと抽象的にトピに書いたので
    誤解をさせてしまったと反省しています。
    申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る
  • 私も下手

    ですから皆さんのアドバイスは非常に参考になりますし、反省する点も多いです。

    ちなみに私はテレビのアナウンサーの言葉や表現方法などで、ステキだなと思うものはその都度メモるようにしてます。

    それから分からない言葉、あるいは聞いたことのない言葉を耳にしたら、すぐに辞書で確認して、1週間以内に自分のボキャブラリーにして使い、完全に自分のものにするという手法ですが、これは山口百恵さんや久米宏さんもトライしているそうです。結構力がつきますよ。

    お互いに頑張りましょう。

    ユーザーID:4299895602

  • たくさんのレス、ありがとうございます!4

    事務屋様、レスありがとうございます。

    申し訳ないです。私はすごい論文を書ける人間ではありません。
    書きたいネタはたくさんあるのですが、長文になってくると
    やはりまとめるのが難しく、七転八倒しております。
    事務屋様、皆様、長文を書く場合、どのような工夫をしていらっしゃいますか?


    ひとみ様、レスありがとうございます。

    「見てきたように書きなさい」という言葉は胸に響きます。
    私は学者ではなく素人ですから
    「読み物」として楽しめるような「論文」を書きたいと思っています。
    で、そのために「紀行文」を挟むことを考え、書いてみるのですが
    思いのほか、自分が「見ていない」ことに気付かされます。
    「見てきたように書く」というのは、観察眼を持つ、ということなのでしょうね。

    ひとみ様は、取材のとき、どのような工夫をなさっておられますか?

    ユーザーID:0796100402

  • トピ主のコメント(12件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧