• ホーム
  • 口コミ
  • 富士山初心者!いろいろアドバイスをお願いします。

富士山初心者!いろいろアドバイスをお願いします。

レス48
(トピ主8
お気に入り42

旅行・国内外の地域情報

始めまして。

夏に富士山の登山を友達と企画しています。
いろいろなホームページを見たところ、ツアーとかあるけど、自分のペースで登れないことがあると書いてありました。ゆっくり登りたいので五合目まではバスなどで行き、そこからは友達と自分達のペースで登ろうと思っています。

ただ、お互い2連休取るのが精一杯な環境です。
ちょっとこのスケジュールではきついでしょうか?
経験者の方、どのぐらいのペースで山頂までたどり着きましたか?帰りはどのくらいかかりましたか?

女二人でツアーに入らずに登りきれるでしょうか?登山道は分かりやすいと書いてありましたが、迷ったりはしませんよね?

周りに登山経験者がいないので、お話を聞かせてください!

ユーザーID:8243128329

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 超スローで

    2回登りましたが、どちらもツアーではありません。

    バスで五合目まで行き、お昼ご飯を食べてから登山開始。夕方に7合目着。カレーを食べてのんびり一泊。そこで御来光を拝んで、朝ご飯を食べてから再び頂上に向けて登山開始。お昼前に登頂。お昼ご飯を食べてゆっくり下山。夕方には麓について、温泉で一風呂浴びてから新幹線で帰宅しました。スローペースだったので高山病にもならず、体調も良好のまま終えることが出来ました。

    別部隊で登った男友達は頂上で御来光を拝むためにハイペースだったらしくボロボロになり、二度と登らないと言っていました。また、登山道でぐったりしている人をあちこちで見かけましたので、余裕を持って登った方が良い思い出になると思います。

    道に迷うことはまずないと思いますが、最近はとても混んでいるらしいので、尚更余裕のあるスケジュールを組んだ方がよいでしょう。

    ユーザーID:5581868334

  • 富士山登山、経験しましたよ。

    数年前ですが、富士山の登山いたしました。
    2連休とのことですが、どちらにおすまいでしょうか?
    遠方からの2連休での登山は体力的にツライかもしれませんが、私は当時中国地方から仕事が終わってから車で行き、昼前には5合目から登山開始しました。
    夕刻には8合目?9合目?(記憶が曖昧です)に着き小屋で仮眠をし、夜中に頂上を目指し登山を再開し、無事に頂上でご来光を拝むことができました。
    ご来光を拝むのであれば早朝には登頂完了しているので、お鉢まわりをして下山したとしても、昼過ぎには5合目まではおりることは出来ると思います。
    (ちなみに私は体力的にもひ弱ですが、無理せず登れました)

    なので、2連休でも登山は可能だと思います。


    また、富士山の登山といっても登山道によって“登りやすい”“難しい”があるようですので、ご自身の体力等を考慮し検討した方がいいと思います。
    また、ピーク時には途中仮眠する小屋や頂上直前の登山道が混雑するので、夏休みの土日は避けた方が賢明かもしれません。


    富士山、本当に良かったですよ。
    無事に登頂できることを願っています。頑張って下さいね!

    ユーザーID:2765991475

  • まずはショップに相談でしょうね

    手軽かもしれませんが、このような手段で誰彼構わず漠然とアドバイスを求めるくらいの初心者ならば、やはりまずはお近くのショップに行って相談することです。スポーツ用品店ではなく、アウトドア、登山専門店で。

    観光地かレジャーランドのような富士山ですが、3700mを超える高山です。夏でも明け方には東京の冬より寒くなりますし、森林が無い為に日中は直射日光をモロに受けます。3000mを超えれば高山病の危険もあります。足場の悪いガレ場続きでは慣れない人は捻挫もするかもしれません。まずそれ以前に靴擦れで歩けなくなるでしょう。

    足場の悪い急斜面は階段とは比べようもありません。2500mの5合目からでも1200m以上、ビルの1階分が3mだとすれば400階より高く登りつづける(更に下る)ということです。

    比較的短いルートでも登りで4〜5時間、それ以上でしょう。深夜スタートの真っ暗な中の夜間登山が一般的です。頂上直下の明け方は疲労もあって極寒です。

    でも大勢の方が一昼夜で往復しています。不可能ではありませんので是非適切な方にアドバイスをもらって、しっかり準備して挑戦してください。

    ユーザーID:1635572180

  • 一度だけの経験ですが…

    もう10年も前になりますが、
    一生に一度は富士山頂に登ろう!
    と仲間5人で計画して一度だけ登りました。
    確か8月の中旬だったと思います。
    ご来光を見る為に夕方の6時頃から登り始めて、
    運動音痴で殆ど登山経験の無い私は、
    休み休み9時間近く掛けて登りきりました。
    疲労でかなり朦朧としていたので時間は覚えていませんが
    帰りは4時間位だったような…
    早い人はス走りを転がるように走っていました。
    でも筋肉の無い私の体には登るより帰りの方が辛かったです。
    仲間で分担してお水やコンロを持っていったので
    帰り途中で食べたカップ麺の味は忘れられないものになりました。

    道に迷う事はまず無いですね。
    なんたって、物凄く多くの方が登っていますから
    ぞろぞろと進めない場所もあったくらいです。

    8月ですが、頂上は物凄く寒いです。
    長袖の薄手のセーターと風を通さないヤッケは必須です。
    軍手、多めのティッシュとペットボトルに凍ったお水
    飴やチョコにおにぎりなんかもあると嬉しいアイテムでした。
    夜から登るなら頭に付ける懐中電灯もあるといいですよ。
    帰宅後は爆睡でした。

    ユーザーID:5937587672

  • 大丈夫だと思います

    体力の無い35歳です。
    徹夜登山しました。すし詰めの山小屋ではどうせ眠れないと思い…

    5合目を夕方5時くらいに出発。夏の土日なら登山渋滞だと思いますので迷うことは無いでしょう。そして渋滞しているので早く登ることも出来ないからハイペースで登ることがまず不可能。休憩はかなりの回数取らざるを得なかったです。これが良かったのか、山は時々登ってますけど、個人的には富士山の登山は登りはすごく楽でした。
    9時間くらいかかったでしょうか。

    ご来光を見て急いで下山。これが!二度と「下りたくない」ほど辛かった!翌日から1週間は経験したことの無い筋肉痛に苦しみました。富士山は下山が辛いとは本当だったんだ。。。
    なので、下りもダラダラと5時間くらいかけて降りれば大丈夫だと思います。
    尚、上記の経験は天候に恵まれてこそです。雨の富士登山はラクショーとはいかないと思います。。。
    私は軽い高山病になって少し頭が痛かったです。5合目で2時間くらいブラブラしていれば防げたのではと思っています。(着いてすぐ登ってしまったので)

    ユーザーID:3017458014

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • やっぱりスローがお勧め

    「徹夜で登り山頂でご来光」というパターンはとても辛く必ず「二度と登るもんか」と思ってしまいます。
    だから私もシマシマさんの行程をお勧めします。

    ご自宅を朝出発し、5合目まで行って昼食。
    昼に登り始めれば6時過ぎには7〜8合目に到着すると思います。
    山小屋に到着後は夕食を食べて、下界の美しい夜景を眺めながらビールでも一杯。
    但し、標高3000mを超える場所で酒を飲むとアルコールが異常に回りますし、水も充分にないので喉がカラカラになって何度も目を覚ます羽目になりますのでご注意を。
    あと、カップラーメンもカレーも確か1000円ぐらいしたような気がするのでこちらも覚悟しておいて下さい。

    翌朝は、まだ薄暗いうちから外に出てご来光を仰ぎます。
    綺麗なご来光を仰げるか否かはその方の普段の行い次第というか運次第。
    満足したら山頂へと向かいます。山頂まで登ったら神社にお参りをしてひと休み。
    そのまま下山しても良いし、時間と体力が余っていればお鉢廻りをして下さい。
    下りは登りほど時間は掛かりません。でも砂利道なので埃っぽいし太腿が相当疲れます。
    (続く)

    ユーザーID:2754140877

  • やっぱりスローがお勧め2

    (続きです)
    五合目に着いたらバス他の交通機関を使って帰宅。
    強行軍といえば強行軍ですが、一番無理のない行程だと思います。
    本当は富士吉田あたりの旅館や温泉に一泊して壮大な富士を眺めながら風呂にでもつかると申し分ないのですが。

    注意事項を何点か記しますと、
    ゆっくりと同じペースで定期的に休憩(「5分間座って休憩」程度)を入れるのが最も疲れず快適に富士登山が楽しめる方法です。
    週末の山小屋はごった返してほとんど雑魚寝状態なので。2連休取るのは難しいとのことでしたが一日平日を入れるのがよろしいかと思います。
    あと水があまりないので登山の途中で高価な水を買うか500mlのペットボトルを数本お持ちになると良いと思います。
    服装は、晴れていれば半そででもOKですが、曇ったり雨が降ると大変です。雨具、防寒着など装備には十分お気をつけ下さい。

    富士登山は感動や達成感や色々なものを味わえます。是非是非計画を実行して下さい。

    ユーザーID:2754140877

  • 一度は登ってみるべし

    2回登りました。ツアーでなくても大丈夫です。

    1回目は富士吉田口から登りました。とっても混んでいました。確か午後3:00頃から登り始め8合目で山小屋で仮眠。夜中の1:30頃に叩き起こされて山頂を目指す。って感じでした。同じ様なパターンで行くなら懐中電灯(出来れば頭につけるカンテラ)があると日没後は助かります。山頂付近は超寒い(特に日の出を待っているときは)ので防寒の準備は必須。水や食料はお金さえあれば売っているのでさほど心配ありません(高いけれどね)。山小屋も沢山あるし、携帯も通じます。因みに何処もトイレは有料制です。

    2回目は須走口から。比較的空いていたのでのんびり登りました。8合目に宿泊。日の出を待ってから山頂を目指しました。日の出後はぐんぐん暖かくなるので楽チンです。いずれにせよ山歩きに慣れていないのでしたら今から階段で足を鍛えておくと良いかもしれませんね。山頂には郵便局があるのでそこから葉書を出すのも良い思いでになると思いますよ。

    帰りは須走口から3時間程度だったかな。一足で2〜3M位ずって降りる感じです。

    楽しい山行になると良いですね。

    ユーザーID:0270290177

  • 通行人Aさんに1票

    1度レスさせていただきましたが、再びレスで「通行人Aさん」に同感です。
    私も疑問点を解消できる登山に詳しい方に、きちんと話を聞いた方がいいと思います。

    「体力的にひ弱でしたが、無理せず登山できました」と書きましたが、事前に富士登山を目標に近場の山で数回登山し、また体力をつけるためにジョギングをやりました。

    物質的なものにしても精神的なものにしても、事前の準備は大切でしょう。
    その準備の度合いによって、楽しくなるかただしんどいだけなのか決まると思います。
    ガイドブックには簡単に登れるように書いていますが、山の天候は厳しく、雨や雷、暴風や寒さ対策etc…といった細かい疑問を一つ一つ解決していくことが大切だと思います。

    通行人Aさんが言うように、登山の経験者が身近にいないようであれば、登山ショップの方に話をきちんと聞くということは非常に有効なことだと思います。


    私は登って本当に良かったと思ってますし、機会があればまた登りたいと思っております。
    (山を甘くみてはいけませんが)頑張って、そして楽しんで登って下さい!

    ユーザーID:2765991475

  • 検索して

    一度『あっぱれ富士登山』で検索してください。
    富士登山の参考になると思います。

    ユーザーID:9894201837

  • あまり期待しないでね

    山としては楽しくないところです。
    一本道をただ登るだけだし、
    シーズン中は、とにかく! 人が多い。

    山小屋があまりやってない頃に、
    登山経験者に連れられて登るのがいちばんだと思いますよ。

    ちなみにワタクシは5合目から2時間ちょっとでした。

    ユーザーID:0576864558

  • 昨年のお盆に登りました。(決して参考にはしないで下さい。)

    トピ主さん こんにちは。
    こんな私でも無事に登頂出来ましたので、安心して下さい。
    私は、夫(登頂3回経験者)が突然富士山に登りたいと言い出し、「良いけど、大変じゃない?」と聞いたら、夫は「子供だって年寄りだって登っているから大丈夫だよ。」と言うので、その言葉に騙され登頂する事にしました。
    とりあえず靴は少し良い物を買おうと決め、前日に夫と靴を買いました・・・。
    そして、友人に「明日一緒に富士山登らない?」とメールをして断られました・・・。
    その友人が驚いて山登りグッズを一揃え貸してくれましたが「富士山に登るのにこんなに荷物って必要なの?」と思いました・・・。
    前日に慌てて荷物を準備し、ご来光を見るつもりなので、ウチの可愛いぬいぐるみにもご来光を拝ませてあげようと、荷物にぬいぐるみを詰めました・・・。

    バスで5合目まで行き、19:30から登頂開始。途中花火大会や流星群も見えてご機嫌。ぬいぐるみを出して一緒に記念撮影。
    ここら辺までは良かったですが、その後は地獄でした・・・。
    5合目に戻ってきたのは翌日の15:30です。

    準備不足で、お恥ずかしい限りです。

    ユーザーID:7846372903

  • これはあった方がいい。

    登山ペースに関しては他の方がアドバイスされているので持ち物のアドバイスを。

    1 カイロ 毛糸の帽子(9合目から凄い寒さで夜はみぞれも降っていました)
    2 マスク(砂埃がひどく鼻の中は真っ黒になります)
    3 ティッシュ(途中で売っていなかったので)
    4 杖 (売店で売っている木の杖は長すぎて女性は使いづらいです、あらかじめ登山用を用意したほうがいいです)
    5 シーツ(山小屋の布団は必ずとも清潔ではありません、)
    6 頭痛薬(高山病のとき)
    7 サングラス

    去年登りました、下山した時はもうこりごりと思いましたが、またいつか登りたいですね。

    ユーザーID:6620422999

  • レスありがとうございます。

    私は今海外の大学に留学中で、夏休みの6月下旬〜9月のいつかを予定しています。友達は接客業なので、平日で最高2連休しか休みが取れなくて・・。登山渋滞は避けられそうですね。友達は京都、私は名古屋からの旅です。

    平日は山小屋が空いているみたいでよかったです。夏休みに入っちゃうとまた別なのかな。山小屋以外にホテルとかロッジみたいなところがあったらいいのになー。

    実際、富士登山を甘く見ていたので、いろんなホームページを見て、そんなに荷物いるのかい!?と驚きました。もって行くといいもの情報ありがとうございます!

    高山病が一番恐れていることですが、ゆっくりペースなら大丈夫みたいですね。お昼ぐらいに五合目からスタートして8合目あたりで仮眠して頂上目指すってのが一番体力的に楽みたいですね。五合目で1、2時間過ごすっていうのもキーなんですね。

    あっぱれ富士登山見ました。詳しくいろいろ書いてあって参考になります。

    もしよろしければ、引き続き富士登山経験者の方たちからのスケジュールとか感動したこととか、これだけは!っていう持ち物や行く場所を教えてもらえるとうれしいです!!

    ユーザーID:8243128329

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • オススメのもの

    “これだけはっ!”かどうかは分かりませんが、5合目売店に日本の旗がついた杖を売っています。登山していく途中に山小屋があり、その杖に焼印を押してもらえます。(有料ですが…)
    各々の山小屋によってその焼印のデザインが違っていて、「○合目」とはいっています。
    山小屋が多いため、全ての小屋で焼印を押してもらうと金銭的に厳しいので、私は各合目の高さで一つ押してもらうようにしました。
    頂上は神社だったかな?で押してもらえます。(頂上だけは特別に違う焼印なんですよ)
    …まぁ、どなたかが言っていたように、長くて登山杖としての使い勝手は悪いですが、記念にはなると思いますよ。
    旗の部分に登山した後にコメントを書いてもいいですし…


    また、富士山の山頂といっても一番の高いところは、売店などがあるところから離れたところです。
    本当の頂上に行きたいのであれば、そちらにも行かれたらいいと思います。
    私は、疲労と寒さでそこまで行く気力は残っておらず、行きませんでしたけど…


    あとはベタに頂上からハガキを送ることかな。一緒に行く友人に分からないよう内緒で送ってあげたら喜ぶと思いますよ。

    ユーザーID:2765991475

  • 高山病対策 大切です!

    去年の9月に富士山に登りました。(26才 女性)
    空気、薄かった!その中で私が『やってて良かった〜』って思ったのは、体力づくり(主に下半身)と酸素を沢山吸い込む呼吸方法と「食べる酸素」というタブレット。

    <体力づくり>
    事前に6月ごろから体力づくりでジムに通い始めました。
    階段を上がるマシンがあるので、それで足の筋肉を鍛えましたよ。

    <酸素>
    酸素を沢山取り込む呼吸方法を知らなかったら高山病になってたと思います・・。知ってて良かった。
    私は7合目を越える頃から空気の薄さを実感し始めました。そこで酸素をたくさん吸い込める呼吸方法を実践することで楽になりました。
    「富士登山」などで検索するといろんなサイトが出てきます。その中で高山病対策の呼吸方法を勉強し、覚えていきました。
    頂上付近では、本当に苦しくて「ゼェ、ゼェ」いいながら、約10〜15歩登ったら止まって、酸素を沢山取り込む・・・の繰り返しでした。

    <タブレット>
    気分転換と自己暗示になりました。効くか効かないかは分からないけど、私は食べると楽になりました。
    次回登るときも持ってきたいです。

    ユーザーID:8155434674

  • 無題

    >>山小屋以外にホテルとかロッジみたいなところがあったらいいのになー

     単なる願望でしょうが、そういう下界と同じ感覚で登る人間が多いので事故が多い山が富士山です。

     3000メートルの高峰、それも単独峰という極めて珍しいタイプの山ですので、”比較的”容易な夏場でも天候の変化によっては、暴風雨に見舞われ、生命の危険を伴うことは忘れずに。ですので、天気図を読める能力は必要です。また、高山病は死に至る危険もある症状です。
     後、絶対に登山計画書の提出(富士山なら登山口に投函ポストがあります)、ビバークの用意、天候情報を入手するためのラジオ、行動食や連絡手段の準備(無線)も必要です。
     天候については、登山日程の数日前から天気図の変化に注目しておくのが良いでしょう。

    ユーザーID:6741756350

  • 炭水化物!

    10年程前に一度登った経験があります。
    記憶があやふやですが、登り始めたのは確か夜の8時頃。食事時にはぶつからないので、持参した食べ物はお菓子類のみでしたが、やはりエネルギーの消耗が激しいのか、途中でむしょうにおにぎりが食べたくなりました。パンでも良いかも知れません。とにかく炭水化物が欲しかったです。

    メンバーの中に登山経験者がいて、彼が先頭に立ちしょっちゅう後ろを振り返っては懐中電灯で道を照らしてくれたんです。とても助かりましたが、本当は自分で用意するべきだと反省しました。

    山頂付近ではやはり酸素が薄いためか、心臓がズキンズキンと痛かったです。足も重く1歩進んでは休憩し・・・の繰り返しでした。大げさと笑われるかも知れませんが、酸素スプレーも持って行った方が良いかも。途中の自販機でも売っていますが、場所が場所だけに高いです。

    服装はTシャツにトレーナー、ウインドブレーカー風のジャンパーにビニールのカッパを重ねました(手には軍手)が、これでも暑いということはなかったです。

    くれぐれも体調には気をつけて下さいね!ご健闘を祈ります!!

    ユーザーID:4991719426

  • トピ主です。

    友達と相談したのですが、夜に二人だけで暗い中登るのは怖いと彼女が言っているので、朝早くに5合目を出発して夕方には五合目に帰ってきているという予定を立ててみたのですが、この予定だとどうでしょうか?

    河口湖の登山口から登ろうかなと思っています。

    ユーザーID:8243128329

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • その方がお勧めかと

    ご来光目当ての方は、一泊するか徹夜登山になりますが、それを諦めて早朝発の日帰りにする方がラクだそうです。

    一番利用者が多いのは河口湖口だと思いますが、まず登りで迷う事はありません。が、下りは間違ったところに降りてしまう可能性はあります。

    登山・・・と言ってもトレッキング程度で良いのですが、それも経験が無ければ2−3回低山に登っておきましょう。自分の体力とか、疲れ具合などを把握しておくと、本番で役に立つと思います。最も危険なのは体力の限界まで登ってしまうことですから。

    気になるのは、早朝に登り始めるバスツアーがあるかどうかですね。

    あと、どちらから来られるかによって最初に書かれた2泊の日程が可能かわかると思うのですが・・・。

    ユーザーID:5616319213

  • 引き続きレスありがとうございます!

    またまたトピ主です!情報ありがとうございます!

    携帯酸素、食べる酸素(そんな素敵なものが売ってるんですね!)は絶対購入します!体力に自信ないので、せめて酸素をたくさん持っていかねば。炭水化物も用意していきます。

    はがきいいですね!実家とか友達に送るれるように書いてもっていきます。杖も財布と相談しつつ手に入れれるといいな。山小屋のホームページを何個かみたのですが、かなり富士山価格ですね。面白い経験になりそうです。

    むさん>登山計画書というのは知りませんでした。冬の登山だけではなくて夏もいるのですか?もしよろしければ詳しくお聞かせください。

    ちなみに、携帯が富士山で使えるといろいろなサイトに書いてあったので、携帯をもっていく予定です。ケータイを富士山で使ったことあるかたいらっしゃいますか?

    南海の黒豹さん> この計画が初心者向と聞いて安心です。下山の時注意します。出発地ですが、前のレスに書きましたが、多分名古屋から出発です。実は交通手段について考えることをすっかり忘れていたので、また調べようと思います。ツアー以外では普通のバスは出てないのでしょうか?

    ユーザーID:8243128329

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • きついようですが…

    2度目の書き込みです。

    残念ながらトピ主さんが富士登山されることに反対です。

    「早朝出発で日帰りで大丈夫でしょうか?」

    そんなことは人に確認することではなく、あなた自身の経験と体力であなた自身が判断しなければならないことです。

    日帰りだと荷物が少ないとでも思ってますか?登りで疲労した脚に下りがどれだけ過酷かもご存知ありませんよね。疲労で膝を痛めたらどれだけ辛いか、その足をかばえば間違いなく反対も痛めます。1歩歩くのも辛い状態で、それでも誰も助けてはくれません。

    途中で疲れたからといって、あなたは何時に下り始めれば確実に夕方までに戻れると考えて、どこにその根拠があるのですか?

    もし、日暮れまでに戻れなかったら野宿ですか?

    もし、途中で高山病でどちらかが歩けなくなったら、救助が来るまで寒い中ツェルトも寝袋もなしに要救助者を放置ですか?

    たとえ街中でも朝から日暮れまで歩けますか?

    そもそも最初から「自分のペースで歩きたい…」とありますが、登山経験の無い(そう見受けております)あなたが「自分のペース」と時間配分をどう作るというのですか?

    (続けます)

    ユーザーID:1635572180

  • きついようですが…(続き)

    あなたにはまだその計画が妥当かどうかの判断は無意味です。

    まず、6月までに専門家に話を聞いて、十分なトレーニングを積んだうえでどのくらいのペースで登れるかご自身が理解することが必要最低限度かつ、最重要課題です。

    なんならご近所のビルで朝から5kg程度の荷物を背負って400階分の階段を往復してみてはいかが?(さすがにこれは冗談ですが)

    確かに多くの人があなたと同じように気軽に出かけて、無事に登りきって帰ってきています。あくまでもそれは幸運だっただけです。あなたにも同じ幸運が訪れるかどうかはわかりません。登山の途中には何があるかはまったく予測できません。何があっても対応できるだけの準備と経験を積むことが登山の難しさであり楽しさなのです。

    それなくしてレジャーランドのつもりで行けば、最悪の結果を導く危険も大きいのです。

    具体的な計画は6月に立ててください。まずはそれまでのトレーニングの仕方、計画について考えることが先決です。

    あなたの場合は登山に対する危険の認識が低すぎるのも問題です。

    そういう意味で、適切な人に相談して十分に準備してくださいと書きました。

    ユーザーID:1635572180

  • 二度目の書き込みです。お役に立てると良いですが。

    私も河口湖方面から登りました。ものすごい人ごみで幅の狭い岩肌を蟻の様に連なって登りました。
    運動していない私が登り切る事が出来たのは、この列の中迂回する道がないので、ひたすら登るしかなかったから。
    それに、真っ暗の中カンテラの灯りだけで山頂が見えないので、その高さの感覚が分らず、とにかく真夜中のハムスターの様に動くしかなかったからです。
    本当にきつかったのは夜明けからです。7合目の山小屋で2時間寝て、ご来光と同時に登りだしました。
    山頂を見上げるとストレスです。いくら歩いても全然近づいていかないのです。
    心臓がついていけなくて、本当に20メートル毎に5分休みました。
    それでも高山病になりませんでした。スローペースだったし予防で酸素吸っていたからかな?
    須走口から下山でしたがスティック借りていて正解でした。スティックなかったら降りられませんでした。

    それから必需品ですが、日差しがきついので帽子とサングラスと防塵マスク。トイレの後に手を拭くウェットティッシュ。顔洗える所もないですよ。飴と水。速乾性の下着。背中の浮いた登山用ザック。ちゃんとした登山靴。雨用グッズかな〜。

    ユーザーID:7846372903

  • 8回登りました

    ここ数年登っています。いつもこんな予定です。

    8時  新宿からバスで河口湖口へ。食事。
    13時  登山開始
    17〜18時 7合目の山小屋に到着、夕食、就寝
    翌日4時半 山小屋からご来光を拝んだ後出発
    11時 頂上到着、お鉢めぐり
    13時 下山開始
    16時 5合目到着
    その後河口湖駅までバスで移動。温泉へ寄ってから帰宅。

    私は登るのが遅いので、登りだけで10時間かかります(歩いている時間だけ)。トピ主さんの早朝出て夕方下山というスケジュールは、私には絶対無理です。
    それと、以前友人が8合目の山小屋でひどい高山病になりました。できたら7合目の山小屋で1泊して体を慣らしてから、頂上を目指したほうが良いと思います。
    あとこれは余談ですが、山小屋もいろいろあって、夕飯にカレーが出るところ、ハンバーグが出るところ、豚汁が飲み放題のところなどがあるので、それも選ぶ基準です。

    mixiで富士登山のコミュニティなどもありますので、そちらで質問されるともっと詳しい情報が集まると思いますよ。

    ユーザーID:7799575410

  • 慎重にやれば大丈夫ですよ

    富士山には、よく初心者を連れて登ったり、調査のために登っています。
    さて、私も日帰り登山がお勧めです。理由は、宿で仮眠すると頭痛や気分が悪くなる人が経験的に多いこと、山に居る時間が少ないので天候の変化が少ないこと、暗い道は危ないことからです。
    名古屋からなら、富士宮口が近くて空いているのでお勧めです。河口湖だと+1.5時間です。前日は、一般のホテルに宿泊されることをお勧めします。朝4時ごろ出ます。平日ならマイカーがお勧めですが、お盆頃は規制があります。バスは出ていたかもしれません(富士急バスや市のHP参照)、タクシーはいつでもいます。
    無事に登山する秘訣は、曇りや雨ならスッパリあきらめること(途中でも。遭難の危険がありますし、寒くて楽しくありません。)、ゆっくり登ること、頂上に着いていなくても12時、遅くても13時には引き返すことです(明るいうちに下山できます)。

    あまり深刻になる必要はありませんが、靴・雨具などの装備の購入や、経験者にお話を聞いておくとよいと思います。
    なお、携帯は頂上で使えることが多いです。

    ユーザーID:7983305615

  • また、またまたトピ主です!

    レスありがとうございます!

    反対ですか、残念ですね〜。でも、実は通行人Aさんはすでに私を助けてらっしゃいますよ〜。

    富士山の近所に住んでいないので、最初はっきり言って富士登山のイメージもあまりわきませんでした。最近はいろんなサイトの写真や小町の経験者の方たちの話を聞いてイメージを膨らませています。甘いと思われて当然です。
    でも、小町で経験談を聞いたり、厳しい意見を聞くと、「あーこれについても考えなきゃいけなかったな〜。」とか気づけて、とてもありがたいんです。意識改革ができるんですよね〜。

    通行人Aさんが言っていた問題、確かに考えなければいけませんね。

    私は海外のサーフィンのメッカといわれる町に住んでいるので、富士登山専門家に話を聞いたり、物資を買うなどの本格的な行動は7月以降になると思います。練習の山登りも登る山がないので、7月以降じゃないと無理です。それまでは、ネットでの情報収集しか手段がありません。小町はいろいろなタイプの富士登山の話が聞けて参考になるのでありがたいです。続く

    ユーザーID:8243128329

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • また、またまたトピ主です! 2

    続きです。

    ということで、トレーニングももっぱらジムとプールです。でも基礎体力をつけるのにはちょうどいいかなと思います。


    まだ半年ぐらいあるので、ゆっくり情報収集しています。

    ということで、まだまだ経験談お待ちしてます。
    楽しかったこととか、これは辛かったとか。もってって良かったもの。山小屋のカレーの味など、富士登山に関することはなんでも書き込んでください!

    ユーザーID:8243128329

  • トピ主のコメント(8件)全て見る
  • 富士山

    当方26歳女 富士山27回登頂経験です。
    富士山は日本一の山です。
    体力がないとのことですが日帰りは厳しいと考えたほうがいいでしょう。
    登りだけではないです。
    下山だっとあります。
    朝6時に登りはじめて12時13時ぐらいには頂上につき1時間休憩しても14時から下山開始だとしても5合目につくのは16時17時台ですよね。
    だいぶ暗いですよ…
    まして高山病が酷くなった場合は高度をさげなければなおらないので下山する勇気も必要になります。

    登山の時期ですが7月下旬〜8月中旬が混んではいますがいいとおもいます。

    酸素や水などは値ははりますが山小屋で買えますが雨具や防寒対策をきちんとやったほうがいいです。

    河口湖口はNO1ルートで1番賑わうので交通手段あると思います。

    日本一の山本当に感動しますよ!
    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:0811776439

  • 余裕のない日程は事故のもと

     予備日のない余裕のない日程のために、ベテランでも事故に遭う例は枚挙に暇がありません。「このやっと取れた休みを逃さず、なんとしてもピークを踏まなければ」「何日まで、何時までに絶対に下山しなければ」という精神的余裕のなさが、道を踏み外しての転倒、滑落事故であったり、道迷いからのリカバリーを冷静にできずに進退窮まる地形に突っ込むといった事故につながりやすいのです。
     無理だと思ったときに引き返す、登頂を断念できる精神的余裕は絶対に必要です。
     後、通行人Aさんの言う通り、二人とも初心者の場合、事故時の判断をどうしますか?アマチュア無線(要免許)などの通報手段は準備できますか?
     ツエルト、コンロ(最低でもアルコール燃料の簡易タイプのもの)、コッヘル、当該の山の地形図、コンパス、水、非常時の携帯食はどんな低山を登る際にも必携です。
     登山計画書は、山行ルート、日程、パーティの人数、連絡先が最低限必要です。これは山域を管轄する警察と共に、自分の親族や友人などに「○日までに帰還の連絡がなければ、救助行動をおこしてほしい」と伝えて渡しておきます。
     安全な山行をお祈りします。

    ユーザーID:8752504323

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧