見過ごしそうな美しい瞬間を拾って

レス66
(トピ主11
お気に入り104

男性から発信するトピ

もとぴ

レス

レス数66

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も私も!

    少し前なんですが、電車の中から虹が見えました。
    でも他のお客さんはあまり気付いていないようだったので、
    1人でニコニコして変な人と思われたかもしれません。
    誰かと分かち合いたい気持ち、よくわかります。私の場合は
    「そうだ、写メで送ろう」と思いついたまでは良かったのですが、
    その時にはもう虹が薄れかかって結局写真にはとれず、残念。
    でも街中には珍しく七色くっきり見える大きな虹だったんですよ。

    あと、私も総武線で初めて富士山が見えた時は感動しました。
    昔の江戸っ子にとっては富士山が見える場所=江戸の名所で、
    駿河から来た人も「名所」に案内して笑われたそうです。
    おかしいけど、なんか気持ちわかるなー。だってホントきれい
    なんだもん。あの小っちゃさが逆にいい(笑)

    トピ主さん、良いトピをありがとう。

    ユーザーID:2786713570

  • 同じ電車ですね!

    私も総武線で通っています。富士山が見えるのは、本八幡〜小岩間でしょう?冬はとてもクリアに見えますよね?私も楽しみにしていますよ。

    好きな景色は、同じ電車で、中川と荒川を渡るとき。北側の方に、遠く高速道路中央環状線の白い立橋が見える景色。夕焼けのときが特にきれいです。

    あと、これからの季節は人の家の庭に花が咲き始めるのが楽しみです。今は梅とか。あとサザンカの生垣の中にメジロが隠れているのを見つけたときは、立ち止まって覗き込んでいます。不審者???

    ユーザーID:4975626021

  • 冬の裸木は、綺麗だな。

    寒い〜!!でも、たまには車に乗らずに歩こうかな…。

    色とりどりの枯れ葉が、足元でカサリ、カサリと踏み締められます。

    ふいに頭を上げると、何の葉もない裸木。

    冬の凛とした、水色の空を突くような背の高い木。
    滑らかな枝の作りに、感心しました。
    花も実もないけど、綺麗だな。

    こんなに背が高い木だったんだ…。

    車の通勤中には、気がつかなかった、美しさに『はっ』としました。

    寒いのは嫌いですが、冬は味わい深いですね。

    ユーザーID:7797329534

  • 雪が舞い降りる音

    たいへん共感を覚えました。こんなトピを小町で見かけるとは思ってもみなかった。

    自分は水面に映りこむ景色が好きです。風がつくる穏やかな波のせいで景色が揺らいで本当に美しく儚いです。
    水溜りとか、稼動していない噴水とか、見つけると覗き込みます。

    春の光はやわらかく、まだ若い木々の葉が光を受けて反射し、一年中で一番美しいと思います。
    太陽の光って毎日毎日違うんですよね。人間が勝手に昨日と同じ今日が来て、明日も太陽が
    今日と同じように昇ると思い込んでいるだけ。自然は毎日姿を変えている。

    自分は池袋から恵比寿まで山手線で通っています。
    山手線はビルの間を縫うように進むので、すれ違うビルの窓ガラスに自分の乗っている電車と
    自分の姿が映りこむのです。客観的に朝のラッシュ時の通勤電車に乗る自分の姿を見られるなんて
    すごく楽しいな、って思ってしまいます。まるで別の人生を歩んでいる自分がそこに映っているみたいです。

    トピ主さんのおっしゃるような瞬間に気を配れるって素晴らしいですね。
    自分は写真におさめるようにしていますが、本当に瞬間なので逃すことが多いです。

    ユーザーID:6990976378

  • 虹!

    市街地へ出る電線に乗っていたとき、家並みの上に大きな虹がかかっていました。「あ、虹!」と思って周りを見回してみましたが、7〜8人ほどの他の乗客は、寝てるか携帯をいじっているかで窓の外を見ておらず、気がつかなかったようです。そのうち電車はカーブにさしかかり、川を渡って市街地に入り、ビルも増えだし、虹は見えなくなってしまいました。他の車両(といっても3両編成)の人は気がついたかなぁ?

    実は私は虹を見つけるのが得意です。空高くに現れる短い虹などもよく見つけます。でも気がついている人は少なそうだし、一緒にいる人に教えても「目が悪くて見えない」といわれることもしばしばです・・・。

    また、家からみえる小山も、ある条件のそろった夕方、夕日をバックにとても美しく見えるときがあります。それを発見したときもうれしいです。

    東京に住んでいたときは、トピ主さんと同じくふと見える富士山が大好きで「富士山スポット」をよく探していました。「日本人」を感じるときでもありました!

    ユーザーID:1190061794

  • 男性発ランキング

    その他も見る
  • スタイルフリーのCMのような

    穏やかに晴れた春の日。
    少し前に新築した家の、小さな庭に面した南側の廊下には、ぽかぽかと暖かな日が差し込んでいました。
    ふと、廊下のまだ新しく白い木目の上を撫でるように、真っ白いレースのカーテンが春の風に揺れ、木目の上のレース模様の影も揺れました。
    その光景が、なんとも平和で静かでこの上なく美しく、また、この宝石のような瞬間もただ過ぎ行くのだと思うと、その儚さに私は思わず涙ぐんでしまいました。

    いま流れている、アサヒビールのスタイルフリーのCM(堺雅人と井川遥のやつ!)で春の風に膨らむカーテンを見るたび、あのときの感動に似た思いを感じます。
    あのCM大好き!

    ユーザーID:2603497143

  • レジ待ちの幸福

     なんて素敵なトピなんでしょう。(うっとり)
     いつも利用するスーパーでレジを待っていたときのこと、レジ直前の商品棚(買い忘れ最終チェック用?)に「ソイジョイ」がありました。縦長の商品ケースで、大人の胸から腰くらいの高さにかけて、横3列、縦5段くらいに「ソイジョイ」が差し込んであります。ところが、その腰くらいの高さの部分だけ、売れているのです。特定の種類というわけでもなく、手に取りにくい高さの商品だけがなぜ売れているのかと首をひねりました。
     ひらめきました。以下、想像… 親子連れがレジを待っていると、子供が退屈して、自分の顔の高さにある「ソイジョイ」を取って、「お母さん、これ買って」。お母さん「これ1本でおとなしくしていてくれるなら、ま、いっか」 こんな親子が何組もこのレジを通過していったに違いない。
     現場を見たわけでもないのに、こんな想像をしたとたん、それだけでほほえましい幸せな気分になってしまいました。

    ユーザーID:2867814102

  • トピ主です、ありがとう! 1

    共感していただけてとてもうれしいです! みなさんありがとうございます。虹には納得。引き続き募集中です。

    そういえば、帰りが遅い日に夜空を見上げて月が浮かんでいると和みます。雲間にでていたり、満月だったり、思ったより星が出ていたり。田舎に帰ると同じ夜空でも星が増えたりして。

    >ラテラテさん

    虹、いいですよね。はかないところも魅力です。いいと思った景色をそのままカメラに収めるのって難しいですよね。うまく撮れるとうれしさひとしお。

    >momo2さん

    同じ電車ですね。ちょっとずれますが、その区間、今は市川の再開発の進み具合も楽しみなんです。鉄骨騒ぎには本当にびっくりしました。花の種類は詳しくないですが、関東は桜も多くて春が楽しみですよね。新緑も好きです。

    >りんご飴さん

    歩くと景色が目に入ってきて楽しめますよね。車を運転していると景色に気をそらされるわけにいはいかないですし。枯葉を踏みしめるような、落ち着いた散歩道。今度の週末はそんなところを歩いてみたくなりました。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です、ありがとう! 2

    >眺めのいい部屋さん

    共感していただける人がいて、コメントしてもらえて、本当にうれしいです。水面の表情はそんなにも豊かなんですね。楽しみが増えそうです。映っている姿に新鮮な一面を発見できそうです。

    >ななっこさん

    虹を見つけるのが得意っていいですね。ななっこさんは虹に好かれてるんでしょうか。一緒にいる人はもったいないことしちゃいましたね。

    みなさんに感動を分けてもらえてうれしいです。わたしも思い出したら、また書きますね。続きも楽しみになってきました。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 空の表情

    私は空が好きなんです。毎日のように見上げています。

    青空が特に好きです。
    空をバックにした木の眺めも大好きです。
    今の季節だと雪をかぶった木々が青空に本当に美しく映えます。
    青空の日は深呼吸して空気の匂いを体に取り込むと、しあわせを感じます。

    夕暮れの空も大好きです。雲の表情で毎日違った夕暮れが見られますよね。
    その赤みがかった空をバックに、家々が濃いシルエットを作っている風景が、切り絵のようで大好きです。
    日が落ちて、裾に赤みを残した空が藍色に染まってくると、一日が終わったほっとした気持ちに包まれます。

    そうして月の明るい夜、窓を開けて湿った空気の匂いをかぐのも楽しみです。

    空は子どもの頃と変わらないので、懐かしいような空の表情は、両親にただただ守られて生きていた頃の自分に戻してくれる気がします。
    今、自分が子どもを守っている時代、一緒に色んな表情の空を見ていきたいなと思います。

    ユーザーID:1731085638

  • ほのぼのトピ大好き

    なんだか読んでるだけで癒されるトピですね。


    さて私の見た美しい瞬間ですが、昼間降ってた雨が夕方になって晴れたみたいな雲の多い日は夕焼けがとても綺麗になりますよね。

    以前空が一面ピンク色に染まったことがあったんです。それはもうこの世のものとは思えない位美しくてボーっとしてしまうほど。
    急いで家に帰ってカメラを持ち出して写そうと思ったんですけど、私の持ってる素人カメラじゃちっとも綺麗に撮れず。結局夕焼けが終わるまでマンションの廊下で1人空を眺めてました。
    他にも紫になったりオレンジになったりとても綺麗。だから雲の多い日は夕焼けが楽しみです。

    ユーザーID:2360853039

  • 冬のある日

    冬のとても寒い日に駐車場の黒い柵にふと目をやった時のこと。
    まっ黒に塗られた鉄の柵の1本1本にまっ白な毛糸のようなものがきれいに絡んでいます。
    誰かのいたずらにしては変だし手が込みすぎてるし、思わず近くに寄ってよく見ると、雪が強い風で柵の鉄棒に一方向から吹き付けられ、1本の線状になって固まったそれが一度風がやんでほんの少し溶けてゆるんでヘビのように棒に絡みつき、それがまた冷えて固まったらしいものでした。
    ホントに偶然が重ならなければできないみごとな装飾でした。

    ユーザーID:7004420710

  • 富士山

    私が住んでいる団地の最上階(12階)から見る、冬の空気が透き通った日に朝日を浴びでいる真っ白な富士山、夕日の中に浮かび上がる黒い富士山(残念ながら赤富士ではありません)。私の自宅は、東京の北部埼玉県との県境です。こんな所から見ることができて、そのスケールの大きさと綺麗さにいつも感動します。富士山が噴火をしたら東京まで火山弾が飛んでくるというのはあながち嘘ではなさそうな気がします。

    ユーザーID:0165422504

  • 素敵なトピ感謝です!

    風や光や空のようす・・・みなさん見ていらっしゃるんですね。読んでいてほっとしました。

    いま、私が見逃したくないのは、息子(2才)の表情。
    現実には日々の生活のどたばたで見過ごしまくりなのですが・・・
    笑顔や眠るときの顔はもちろん。親には最高に困るいたずらや散らかしをやっている最中でさえ、産まれてきた世界への驚き・挑戦に満ちたそれは美しい表情をしているんです。

    それを見つける余裕もなく怒ってしまったり、忙しいと言ってはテレビにお守りをさせっぱなしだったり、全然ちゃんと見ていないので反省!
    あっという間に過ぎ去って、二度と帰ってこない幼い時代。
    さあ、パソコンにばかり向かってないでしっかり見て!・・・といいつつ、あまり素敵なトピなので参加させていただきました。

    ユーザーID:1863644873

  • ありま〜す!

    私は朝の通勤時、新宿線で船堀〜東大島間(真下は荒川)が至福の時です。南西には富士山、太陽燦燦の荒川にはたくさんの水鳥たちが集まり、ほのぼのしてます。おしくも北側にいるときには筑波山が見えますよ。男山・女山もくっきりです。ギュウギュウの満員電車の中、心で「にたっ」とにやけてます(笑)。
    最近は夫婦で野鳥をよく見に行きます。余裕の無い独身時代には気付かなかった(目にも入らなかった)野鳥たちが今はとても可愛く癒されます。自然の美しさと野鳥たち・・・今はのどかな田舎に住むのが夢です。まさに、隣の芝生は青く見えるですかね(笑)。

    ユーザーID:7623313027

  • せつめいべたですが

    雪がやんだ晴天の朝
    ベランダの雨どいを雪がとけた水が伝って流れます。
    太陽の反射をうけて、流れる水のゆらぎ模様が
    雨どいと家の壁のほんの何センチかの隙間にゆらゆら映ります。

    壁にできた横に細長いスクリーンをみていたら
    最近の自分の心のしぼみが戻る気がしました。

    ユーザーID:9049645445

  • 新幹線の車窓から花火が‥‥‥

    仕事の関係で、上越新幹線をよく利用します。

    有名な長岡の花火ではありませんが、東京への帰路、熊谷のあたりでしょうか、車窓に流れる夜景をぼんやりと見ていたら、ちょっと離れたところで打ち上げ花火が‥‥‥。
    ちょっと離れた‥‥‥という位置関係が絶妙だったのでしょう。
    かんざしの髪飾りのような、おもちゃのような‥‥‥小さなまん丸の、色とりどりの光の玉が次々に現れて、思いっきり感動してしまいました。
    この感動を隣の人にもおすそ分け‥‥‥と隣を見ると、高校生か大学生くらいの小柄な女性が、シートの上に正座して一心不乱に読書中。
    結局、声をかけ損ねて、自分だけの宝物になってしまいました。

    あと、乾燥した晴天が続く真冬の東京。
    日没直後の空の色が大好きです。

    ユーザーID:4245557270

  • 謎の声

    以前に、ある病院に向かって歩いていた時のことです。少し離れた木の方から「トーガラシ、トーガラシ」という声が聞こえてきました。何かと思って良く見てみるのですが声の主は見付からず、「トーガラシ」という声だけが聞こえてきます。もう一度良く見てみると、木に止まっているカラスが「トーガラシ」と言っているのです。私は面白くてずっと見ていたのですが、通りかかる人達は何事もないように通り過ぎて行きます。あまりにも無関心なので、今思い返してみて夢だったのかしらと思うくらいです。でも私にとっては日常の中で出会った「はっとした」非常に面白い体験でした。

    ユーザーID:9009777230

  • 冬の朝

    冬の朝、散歩道で・・・

    名も無い雑草に付いた、凍った朝露が溶ける瞬間・・・

    朝日に照らされて、キラキラ虹色に輝きます・・・

    子供の頃大切にしていた、宝石箱を思い出しました・・・

    ユーザーID:9646787512

  • 月の影

    素敵なトピですね〜。出先なのに思わず参加したくなりました!私は首都圏の田舎在住です。ある晩、家の裏の田んぼから和室の畳へと移る影が、月光によるものだと気づき感動しました!街灯のない方向からだったので。外に出ると、地面に自分の影も!当たり前のことなのに気づいてなかったのです。「こうこう(携帯で変換できない)たる月の光」を実感した夜でした。
    因みに、富士山は朝晩見ることができますが、いつもその美しさに感動します。なぜ飽きないんでしょうね?

    ユーザーID:1767118595

  • 空を見るのが好きです

    年末に甥が東京に帰るのを見送りに家族で出かけた時に久しぶりに寄った
    駅の前にハトがたくさん居たのを嬉しそうに追いかけるわが子と同じぐらいの子達が可愛くてほのぼのとしましたね

    その帰りに寄ったデパートのフードコ−トで見た空がとてもキレイでした
    曇った天気だなぁ…と思ってたら切れ切れに雲の隙間が出来て、そこから太陽の光がキラキラと降りてきて…主人と思わず写真を撮ってしまうぐらいに美しかったです。だけど他の人は誰も気にしてなったのが残念でした
    どこかで聞いた「天使のエスカレーター」だね。と主人と話しました


    親バカぶり炸裂ですが
    家の子がグズル時によく「あ、見て!お月様」とか「あ!雲が面白い形してるよ?」とか言って誤魔化して二人でよく話してます
    もう直ぐ3歳になる子供が「ママ。ママ」と私を呼ぶので「なに?」と聞くと、嬉しそうに空を指差してニッコリ笑いました。なんだろ?って見ると降って来そうなほど大きくてキレイな満月がありました

    それと 頑固おじさんが書かれてたレジですが、もしかしたら私かも…と思いましたよ!我が子とレジでその通りのやり取りしてまますよ(笑)

    ユーザーID:3263711277

  • 冬の夜空

    ♂です。
    今年のお正月、田舎(群馬)で同窓会があり
    会場まで徒歩で20分位の場所ですので、歩きました。
    夕方の6時位ですが、ふと、空を見上げると満天の星と
    「ミルキーウェイ:天の川」
    が見えました。

    都会では絶対見えません。
    感動しました。

    ユーザーID:2457654190

  • 美しい夕焼け・・・。

    季節によって微妙に時間が異なりますが、首都高環状線からの夕焼け。
    具体的に言うと、葛西JCから小菅JCに向かって荒川の中洲に延びる光の直線。
    北に向かって走リ続けると、左手に夕焼け、薄暮の中の都会のきらめき。
    青・白・紫・オレンジとそのグラデーションの様は神様によって創られたとしか思えません。
    対する右手には漆黒の迫る闇・・・。
    なんて美しい瞬間なんだ、と思わず息を呑みます。

    ユーザーID:4315522599

  • 本当に共感できるトピですね。
    私は実家にいても、東京一人暮らしでも、嫁ぎ先でも、月を見るのが好きです。
    たとえば昔こんな事が。
    帰宅途中バスで変な人に何かされてめちゃくちゃ不機嫌になりました。
    でも、バスを降りたとき満月が煌々としているのを見上げたら
    往来にいるにもかかわらず口を横にに〜ってひっぱった上機嫌の表情になっていました。
    田舎の風景の月、ビルの合間から見る月。
    細くてもまん丸でも、気分上々になれます。

    あと、実家が富士山のお膝元だったので富士山も大好きな風景です。

    ユーザーID:6055798211

  • 気がつかなった…

    トピ主さんの総武線は実家に住んでいたときで,す〜たんたんさんの新宿線は現在使用していますが
    どちらの時も富士山には気がつかなったわん。(しょぼん)今度から目を凝らして見まーす。

    毎朝新中川を渡るのですが,晴れている日は日光が川面に映えてキラキラとても綺麗です。
    (海鳥が羽を休みに橋の街灯にとまって,たまーに糞を落とすのでヒヤヒヤしながらですが)
    橋からはTDLの花火も見えます。夏は真綿みたいな入道雲かな。

    ユーザーID:3433401250

  • 冬の月

    こんばんは。
    心をざぶざぶ洗うようなトピですね。

    私は冬の月が好きです。
    それも、満月や三日月や細い月ではなく、半月前後の、大根の輪切りに失敗したような形の月が好きです。

    鋭利な刃物のように白く光る月で、自分の中のいろいろなものを削いでいきたい。
    まあ、真っ先に腹回りの肉を削ぎたいところですが、それだと美しくもなんともないので、もっと精神的なものを。
    余計なものをキレイに削ぎ落として、本当に大切なものだけを残したい。
    そんな気持ちで冬の月を見上げています。

    ユーザーID:6491923380

  • 仕事中に

    夕方
    一息入れようと思って、背後の窓を振り返ったら
    桃色に染まった雲を背景に飛行機が飛んでいました。
    きれいだったな〜。

    最近では、
    通勤途中に大きな日蓮上人の銅像があるのですが
    信号待ちで何気なくその日蓮さんを見上げたら、
    頭のてっぺんにカラスが止まってました…。

    日蓮さん、髷結ったのかと思っちゃった。

    ユーザーID:6530612845

  • 木の枝からたくさんの宝石が降って来た。

    田舎住まいです。 家の周りはたくさんの木に囲まれています。

    2年ほど前の冬のある日。 その前の日は晩に雪とみぞれが降る、とても寒い夜でした。

    翌朝、目覚めると昨夜の天気はまるで嘘のようないいお天気。 太陽の光がいつも以上に輝いて見える朝でした。 
    ふと気がつくと、こんなにいいお天気なのに、雨の降るような音が聞こえてきました。

    外に出てみると、昨夜の雪で凍った木の枝が太陽の光で溶け始め、そのしずくが雨のようにぽとぽと落ちていたのです。
    まだ凍てつく木の枝からこぼれ落ちる、沢山のしずく。 それらが太陽の光に照らされてキラキラ輝いて、まるで空から宝石が降ってきたみたいでした。 氷の透明ほどの白と空の青、そして眩しいほどの太陽の光。 涙が出るほど美しかったです。

    夫はまだ寝ていたので、見ていたのは私一人。 
    午後には雪もすっかり溶けてしまい、いつもの裸の木々にもどっていました。  

    ユーザーID:4225155308

  • おじいさんと風船

    映画「アメリカン・ビューティー」で登場人物の男の子が風に舞うビニール袋をビデオに撮ってたシーンのことを思い出しました。それと似た感覚ですよね。

    近所の道で身なりの良いおじいさんが風船をひとつ持って浮かせながら歩いてるのを見たとき、
    孫とか知り合いの子供にこれから持っていってあげるのかなとか
    それとも孫が「おじいちゃんにも風船あげる」って言ってくれたのかなとか
    想像して幸せな気分になったことがあります。

    こういうとき人生って美しいわぁとしみじみ思います。

    ユーザーID:2395953524

  • 大したものではないですが

    雨の予感のする曇り空。
    遠くから湿った空気が流れていて
    しっとりしたようなどんよりしたような気配が漂っている景色が好きです。
    植物も人間も、来るべき雨の気配を察したかのように
    なんとなくソワソワしていて、見ているだけでドキドキします。
    緊張感と希望と諦めとが充満している空気感が
    途轍もなく貴重なもののように思えます。
    ビルに囲まれていても、野山に於いても、
    その瞬間が大好きです。

    ユーザーID:1345815999

  • 素敵なトピですね。

    皆さんの詩的な表現に写真をみているような気持ちになります。
    「『俳句』も逃したくない一瞬を切り取って表わしたもので、
    表現は違えど写真と一緒なんだよ」
    と昔知人に教わったことをなんだか想い出しました。
    ホントか嘘かわかりませんが、人は亡くなって天に召されたときに皆異口同音に
    「やっぱり地球は美しかった」と言うという話を聞いたことがあります。
    本当に見過ごしそうな日々日常生活の色んなところに美しさがちりばめられているんでしょうね。
    私は最近は子どもでもお年寄りでも知人でも道行く見知らぬ人でも
    「人の顔」の美しさに惹かれます。
    ああ、みんな美しいなって。

    ユーザーID:0154622312

  • トピ主です、ありがとう! 3

    共感してもらえる方がこんなに増えてうれしいです! 仕事の疲れがとれそうです。

    >サンシジュウニさん

    陽のあたる場所っていいですよね。冬でも窓際でお日様にあたってるととけそうです。その上に春先で穏やかな風にカーテンが揺れる・・・。忙しいと過ぎ去っていきそうな瞬間に、平和を感じるなんて素敵ですね。すばらしい。

    >頑固おじ さん

    それは幸せな脳トレをしているのかも。同じシーンで「わがままな子供」にフォーカスしちゃう人もいるだろうけど、同じ想像なら楽しいほうがいいですよね。

    >聖子さん

    地面を見るより、空を見たほうが幸せだと聞いたことがあるような。わたしも透き通るような青空の日は気分がいいです。空気のにおいか〜、きっと季節による違いとかいろいろ感じることがあるんでしょうね。

    >みかさん

    夕焼けが撮れなくて残念でしたね。うまく撮れたらきっと撮影にはまりますよ。「雲の多い日の夕焼けがきれい」と気づいてなかったので、ぜひチェックしてみなくては。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 薔薇色の富士山

    東京の激混み地下鉄通勤の為、必要以上に朝早く通勤しています。
    天気のいい冬の朝、マンションのドアを開けて、まず目に入るのは
    朝日で薔薇色に染まった富士山。仕事に行きたくない気分も
    「取り敢えず今日一日がんばるか!」という気分にさせてくれます。
    富士山を薔薇色に染めてくれた朝日は、私が住むマンション群をも
    薔薇色に染めてくれます。白い息を吐きながら薔薇色の時間に囲まれて
    通勤していると気持ちがほぐれてきます。

    そして帰り道。ふと空を見上げると都会の空にも星が少し見えます。
    オリオン座の三ツ星を発見。今日もがんばった自分へのプレゼント。

    もうすぐ桜咲く春。私の住むマンションは本当に桜が多い。
    マンション内の通りは、その名も「さくら通り」。桜並木が続きます。
    桜が咲く季節はこの世の物とは思えない程、美しい。
    道も桜の花びらで一面桜色。
    海外でも生活しましたが自分の日本人を揺さぶられる風景です。

    ユーザーID:8151046702

  • トピ主です、ありがとう! 4

    >モナコさん

    自然のいたずらってありますよね〜。樹氷とかツララとか。子供の頃は霜柱もしゃがんでじっくりみてました。溶けるまでの期間限定。

    >最上階さん

    富士山って意外なところから見えたりするんですね。「富士見」という地名は案外多くて、いずれもかつて富士山の名所だったとか。関東にきてから富士山のよさを実感してます。

    >ゆりさん

    表情!! 子供は成長してどんどん変わるからなおさらですね。家族や仲間、いい表情をいっぱい見たいなぁ。納得。

    >す〜たんたんさん

    満員電車でチェックできるってすごい! わたしのいつもの通勤はそんなに込まないので、たまに満員電車に乗ると姿勢制御だけでいっぱいいっぱいです。自然を楽しむ余裕を作らなくては・・・。

    >こよみ2008さん

    きらきら映ってる、あのゆらゆら加減が心に響くんですよね〜。オーケストラの指揮者の人が壁にゆっくりと光で指揮してるような感じですよね?

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 冬の朝日!

    心和む素晴らしいトピですね。
    私も参加させてください。

    冬は空気が澄んで、空の青さがなんともいえません。
    朝の通勤時は、息が白くなり、その白い息越しにみる青空だけで、
    十分幸せを感じられます。
    そんな中、冬の優しい朝日に自分自身包まれつつ、
    横断歩道を渡りながら、
    通勤時の人や車、ビルや道路を朝日が照らしている光景を見ると、
    なんともいえない幸せを感じます。
    今日も一日頑張るぞーと、さけびたくなりますね。

    ユーザーID:3536075274

  • ベランダで幸せ発見

    我が家のベランダから見える富士山は、春と秋の夕日が沈む方角にあります。ここは神奈川県西部なので、嬉しいことにかなり大きく見えます。夕焼けはもちろん素晴らしいですが、私が好きなのは冬の早朝と真夜中の富士山。

    よく晴れた冬の朝、朝一番の日の光を浴びて雪の積もった山肌が紅色に染まる瞬間。下界はまだ薄暗いのに富士山だけが青い空に眩しく浮かび上がってえも言われずきれいです。こんなにきれいなのにこんな時間だからきっと多くの人はこれ見てないんだろうな…なんだかもったいない、と思ったりします…

    もう一つは冬の月夜の富士山。これもよく晴れた冬の夜、冴え冴えとした満月がほぼ真上から照らすとき、雪の富士は月光を浴びて真夜中でもくっきりとその姿が見えます。そんな夜は温かい上着を着込んで温かい飲み物を入れたカップを手で包み込み 凍えそうに寒いマンションのベランダでしばらくうっとりと至福の時を過ごす私です。

    それとベランダの植木鉢の四季折々の変化ですねぇ
    この季節は、チューリップの芽が出ているのを発見するのがとっても楽しみです。ささやかだけど…(笑)

    ユーザーID:8968109713

  • トピ主です、ありがとう! 5

    >Perrineさん

    派手じゃない、ちょっとしたきれいさってなんであんなに心に染みてくるんでしょうね。宝物のおすそ分けをしていただきありがとうございます。

    >雛子さん

    自分だけに聞こえる「トーガラシ」。他の人は、耳には届いていても脳みそが無視しちゃったんでしょうね。カラスの鳴き声ってどんなだったか。次に会ったら少し観察してみよう。

    >にゃんころもちさん

    雑草が虹色でキラキラ、すごいですね〜。冬は寒いけど、その寒さがいい仕事してるんですね。

    >るなさん

    月の光だけに包まれる夜、そういう夜もいいですね〜。さらに月光の影ですよね。いいなぁ。

    >フレッツ?フラッツ?さん

    子供がいるといろいろ楽しそうですね〜。子供目線でいろんなものを見てるし。

    >norotinさん

    空気がきれいで高い場所って星が濃いですよね〜。ずっと前に見たきりです。

    >おばさん

    夜の首都高に意外な景色があるんですね〜。光が入り乱れて動くさまがいいんでしょうね〜。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です、ありがとう! 6

    レスを書いてて、あらためてコメントの多さに感謝してます。うれしいですね〜。いろいろと発見がありました。ありがとうございます。まだまだ募集してます!

    >e-stoneさん

    月はポイント高いんですね〜。天気や位置だけでなく、三日月とか満月とか、形も変わっちゃって楽しみですよね。

    >びぎさん

    まだまだチャンスはありますよ。これから富士山を堪能してみてくださいね。わたしも海鳥を探してみます。

    >エアプランツさん

    わたしは乱視が入ってて月のふちが鋭利に見えなくなって久しく、月はもっと柔らかい印象です。人によっていろいろな感じ方があって面白いですよね。鋭いと思って見ると、また何か見えてくるかな?

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • モノレ-ルから見える富士山

    こんにちは、

    良いトピックですね。 ありがとうございます。

    私は、羽田空港に行く途中にモノレールから見える富士山が大好きです。今の季節は真っ白な雄大な富士山が見えます。 今年は雪も多いので特に綺麗に見えます。

    日没寸前に大きく見える太陽の脇に見える富士山もとても綺麗です。
    モノレールが地上に出ているわずかな時間ですが、とても気に入りました。

    それと景色ではないのですが、地下街にあった噴水をじーっと見ている子供の姿に何かほほ笑ましいものを感じました。 水が作る色々な形が、子供の感性に合ったのでしょうか? 

    傍で見ていてとても良い気持ちになれました。

    ユーザーID:2000169984

  • 山肌

    山がわりと近くに見えるところに住んでいます。

    ふだんは山肌はぼんやりとしか見えないのですが、どういう加減か、ときどき空気が虫眼鏡の役割をするみたいに、山肌の様子がくっきりと見える日があるんですよね。
    そういう日は「おおーっ!」って思います(笑)

    ユーザーID:1731085638

  • 月の夜に・・・

    まだ実家(田舎です)に住んでいたときのこと。
    うちの周りは田んぼ&遠くに林ばかり、
    電柱の電燈もぽつん・・・ぽつん・・・という程度です。
    普通なら、電燈の下でしか影はできません。

    けど、満月の夜。部活で遅くなり、暗くなってからの帰り道。
    自分と一緒に、ずーっと影も帰ってきました。
    銀色のお月様が照らしてくれてできた影です。
    遠くの林は黒い影絵になり、冬の空気は澄み渡り、
    そしてお月様の銀色の光のシャワーが、
    目に見えるすべてのものに振りそそいでいました。

    その美しさに、なんともいえず感動したものです。
    年を経た今は、あのときに「幸せ」と「平和」というものを感じていたのだろう、とわかります。 

    ユーザーID:0896611228

  • 神々の黄昏

    大きく空が開ける場所、雲の合間から降りた光のカーテン。
    神々しいまでの光景。
    見るたびに「神々の黄昏」という言葉が浮かびます。

    夕方、西の空が桃色、茜色から徐々に紺色、群青色に刻々と変化してゆく。
    その中に輝く一番星。

    この季節、凍てつく星空。
    堂々と立つオリオンの三つ星を直線におりてくると、シリウスが妖しい輝きを放っています。

    ユーザーID:6213576850

  • 上空から

    おばさん様、私も同感です。
    今は違う国に住んでいますが、あなたの文でなつかしい情景がありありとよみがえってきました。ありがとう。

    今とても美しいと思うのは、夜の飛行機から見る眼下の街の明りです。ところどころにぽつんと点在する
    厳しい気候の小さな町の様子や、大都市の中心から放射状に伸びる街道のあかり、海の上に忽然と現れる島全体ににあふれるような黄色いあかりなどにひきつけられます。
    照明の落とされた機内からすこし窓のシェードを開けて、見飽きることがありません。

    ユーザーID:9260784376

  • 毎年、毎月。

    秋の御堂筋。

    雲ひとつ無い空の目の覚めるような青と、銀杏並木の鮮やかな黄金色。

    仕事で外出中にもかかわらず、自転車を止めてしばし見惚れてしまいます。
    毎年毎年。飽きないです。

    自宅は奈良ですが、皆様のレスにもあります「月明かり」

    これも、帰り道に、ふと、手のひらを照らす柔らかな光に、帰路を急ぐ足が停まります。
    毎月毎月。飽きないです。

    ユーザーID:6271628973

  • 素敵なトピですね。

     皆さんの感動が伝わるようです。

     田舎に住んでいた頃の事です。初夏に、洗濯物干し場で低い雲の流れを見ながら風に吹かれた時。積雲だったと思います。暖かな空気に乗ったバラの匂いがしてきて、もう直ぐ雨が降るのかなって。高緯度地方なので天気が変わりやすいけど、あのゆったりとした時間の流れ、その中で生きている自分がとっても幸せに思えました。

    ユーザーID:1007036875

  • 思わず感動

    昨年夏に関西から東京へ引越してきた者です。

    元々ランニングが趣味だった為、上京してから週末等に
    皇居ランをする様になりました。

    特に時間は決めずに思い立った時に走っているのですが
    良く晴れた日の晩、桜田門をくぐった皇居外苑から見る
    お月さんの美しいコト!

    特に満月の晩、丸の内周辺のビル群の夜景と共に明るく
    光るその様はかなり幻想的な景色ですよ〜

    ユーザーID:4294608565

  • 見逃さないよう


      毎日毎日 ベランダの手すり先が 視界ゼロになる 

      雪が降るのです

      唸る風がなければ少しホッとするのですが

      でも その風が雪雲を途切れさせ 青空が覗く

      夕方 青空下の厚い雲が 輝きから薄紅色に染まってきます

      白い街を少し入れて 一枚のシャッターが切れます

    ユーザーID:4305930551

  • 風の来た道 

    望まずに異国の地に来て、最初の数ヶ月は住む家もまだ定まらず、海辺の見晴らしのいい民宿暮らしをしていました。
    毎朝家族を送り出してから、言葉を交わす知り合いもない淋しい日々。
    只々ぼうっと大きな窓から海を眺めては、時間の過ぎるのを待っていました。
    最初は目を奪われていた窓の景色でしたが、日常の背景に組み込まれてしまって、いつかそれも見飽きてしまっていた頃でした。

    ある晴れた日突然、それまで穏やかだった風向きが一変。海からの強風が窓を鳴らしはじめたのです。
    思わず外を見ると、おお!風が海から高台の下のほうへ吹き登り、こちらに駆け上がって来る様子が、手に取るように見えるではありませんか。

    風は、はしゃいで遊ぶいたずらっ子達のように、翡翠色の波の頭を満遍なく白く吹きなでて海を渡り、
    陸に上がってからは、新緑の木々の枝をざわざわと麓から順に大きくうねらせ、
    民宿の庭にたどり着くと、芝生の間の乾いた土をさっと舞い上げ、最後に私の部屋の窓を激しく叩いて逃げる。
    それらを飽きずに繰り返すこと数時間。

    風の来る道をあんなにはっきりと見たのは、私の人生で初めてのことでした。

    ユーザーID:0153069863

  • 冬の夜のこと

    夜11時過ぎ
    試験勉強の合間に
    窓を開けると
    しんとした空気の中、夜空にたくさんの星が瞬いていました。
    空気が澄んできらきら、ぴかぴか。あまりの美しさに、しばらくの間声も出ず。冬の星座を口ずさみつつ
    Twinkle twinkle
    little stars‥

    ユーザーID:9570058424

  • もとぴさんに癒されるね

    ひとりひとりレスくださってありがとうございます。

    ユーザーID:9049645445

  • トピ主です、ありがとう! 7

    コメントが増えてきてうれしい限りです。いろんな発見があって楽しいですね。

    >ソラマメジェラートさん

    偉人の銅像にカラスというギャップもいいですね。髷を想像しててほほえましいです。

    >冬の朝さん

    晴れているのにしずくでキラキラ。素敵な光景ですね。ツララもキラキラしてたんだろうなぁ。

    >毛玉さん

    「アメリカン・ビューティー」ってどんな映画でしょうか?情緒的なシーンやきれいな映像があるんだったら見てみたいです。見ているシーンからきれいな想像ができる毛玉さんもいいですね。

    >とりさん

    第一印象で意外な感じがしましたが、からっとした空気より湿りがあるほうが確かに優しそうですね。なるほど。

    >まきさん

    俳句と写真に同じ面があるというのはすごいですね。なんとなくうなずけます。想像力が必要な分、より共感できるかも。

    >Tim Tam さん

    富士山と桜は不思議と響きますよね〜。朝が早いとのことですが、朝が早いと空気も澄んで景色がきれいですよね。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です、ありがとう! 8

    >冬大好きさん

    日の出のあとの光の加減がかわる時間帯っていいですよね。都会にいても自然を身近に感じる瞬間だと思います。夏はもうとっくに日が出てる時間でも、冬はゆっくりですしね。

    >ふじこさん

    ベランダで味わう幸せ。いいですね〜。チューリップですか、子供のころの朝顔の観察日記を思い出しました。また何か育ててみようかな。

    >ひこパパさん

    お気に入りの風景は大事にしたいですね。子供の感性は見習いたいものです。

    >さえこさん

    毎日見ても飽きない風景ってありますよね。同じものを見ているのに人によっても季節によってもいろいろ違って。「おおーっ!」っていう瞬間がいっぱいあるといいですね。

    >さくらんさん

    「幸せ」と「平和」を感じる瞬間。素晴らしい表現ですね。わたしもそれを求めてトピを立てたのかもしれません。お月様の銀色の光のシャワー、月がまばゆいほどに美しかったんだろうなあ。

    >オーロラさん

    圧倒的な美しさの夕暮れ時なんですね。大事にしてください。わたしもいつか見られるかな?

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 月の光

    物心ついた頃から都会暮らしでしたが、3年ほど前から田舎暮らしをはじめました。

    周りは畑や牧草地などがあるところで、電灯も少ないので夜は真っ暗になります。 そしてとっても静か。 夏には蛙の鳴き声だけが聞こえるような場所です。 夜ってこんなに暗いんだってことにあらためて気づきました。 

    私の寝室には小窓があるのですが、ある晩、目が覚めたらその小窓から明るい光が差し込んできていました。 もう明け方かと思い時計を見たらまだ深夜。 なぜこんなに明るいのだろうと思って外を見ると、まんまるのお月様。 そう、月の光だったんです。

    月の光がこんなに明るいなんて、それまで知りませんでした。 むかし、お金のない学生が月の光の下で本を読む、みたいな話をきいて、「月の光で本が読めるわけないじゃない」と思っていましたが、本当にそれくらい明るいんですね。 そして、歌にもありますが、月の光って蒼いんです。 幻想的な蒼。 見慣れた景色も昼間とはまったく違う、別世界のようになります。

    それ以来、満月の夜には外に出て、月夜の美しさを楽しんでいます。   

    ユーザーID:3133262669

  • ありますよ〜

    もうン十年も前のことですが・・・。

     通っていた中学校が川のそばの高台にありました。ある秋の放課後、窓から川のほうを見ると河原の草が夕日に金色に輝いて揺れ、その中をまるで金色のリボンのような川の水面がきらきらと・・・。あまりの美しさにしばし見入ったことを覚えています。この世のものとは思われない美しさ・・・。 いつか、毎日こういう風景を見られる川のほとりに住みたいものだと思いながらかなわずにいます。 いつかきっと・・・、と願いながら暮らしています。

     それから、四季を問わず、早朝の犬の散歩のとき。人のいない公園の木立の中、葉っぱのある季節は柔らかい木漏れ日に、葉の落ちた季節は凍てつくような光に、早く起きてよかった!!と思う毎日です。

    ユーザーID:4856019608

  • トピ主です、ありがとう! 9

    いろいろと気づくこともあって、トピをたててよかったです。みなさんありがとうございます。

    >いくはさん

    飛行機からの夜景もいいですね〜。灯りの一つ一つにドラマがあるんでしょうか。今そんな風にわたしの部屋の窓の明かりを見てる人もいるのかな。

    >ぴろんぷぅさん

    御堂筋には行ったことがないのですが、まっすぐに伸びた街道にすくっと伸びた銀杏が並んでるのを想像しました。そこに落ちる月明かり。楽しみですね。

    >草原さん

    風の匂いで天気の変わり目を知る。なるほど〜。わたしも自然に五感を刺激される環境は好きです。

    >市民ランナーさん

    皇居って一度休日にでかけて昼寝しただけですが落ち着く場所ですよね。もっと人が少ないといいですが贅沢かな。都内は意外と緑がきれいな公園が多いですね。小石川後楽園がお気に入りです。

    >ランタロさん

    週末の風はすごかったですね。少し激しい写真になったかも?

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です、ありがとう! 10

    先日、ビルの窓に映った月が風でゆらゆらしてたのをみつけました。わたしの感動センサーはいくらか感度が上がったようです。みなさんのおかげですね。ありがとうございます。

    >さびしがりさん

    その風はさびしがりさんに何を残していったんでしょうか?退屈さを印象付ける出だしから、淡々と荒々しい風の様子を語られていますが、それは数時間続いたとのこと。何を残したのか答えは求めませんが、わたしにはきれいな映画を見た後のような余韻が残りました。

    >あさきゆめみしさん

    勉強の合間にきれいな瞬間に出会えて、空からのごほうびだったんでしょうか。

    >こよみ2008さん

    こちらこそありがとうございます。わたしの心も膨らんで弾力が出てきたようです。

    >月夜さん

    都会暮らしが長かったとのことですが、田舎のよさも楽しんでいらっしゃるようですね。お月見の晩が楽しみですね。

    >ひかりさん

    すごいですね。川のほとりに金色の風景・・・。光のゆらめきは何か誘われるものがありますね。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 景色ではありませんが・・

    ある夏の日、セミの声を聞きながらあるいていると一匹のセミが私のすぐ頭上を飛んでいきました。それはアブラゼミだったと思います。
    緑生い茂る森の中、真下から見るセミがこんなにも大きくて力強い羽ばたきをするものとはこの年になるまで気づきませんでした。
    君たちの命は短いけれど、一生懸命生きているんだ・・そんな当たり前のことに改めて気づかされました。
    なかなかチャンスはないけれど、他の人にも見せてあげたいです。きっと一生忘れないだろうな。

    ユーザーID:9303217866

  • 日々感じさせてもらっています

    もとぴさん、私もそういいう瞬間を大切にしています。
    そして幸せを感じますね。家から富士山が見えますが、毎日同じでは
    ない、空も雲も風も木も… 自然ってほんとに素晴らしいですよね。
    日々感謝します。

    ユーザーID:9059737875

  • 今年に入って関東で降った雪。思いがけず感動でした。
    白い空からどんどん舞い落ちてくる大きな結晶が、神様からのご褒美のように感じて。
    日々の慌しさでイライラしていた心をすっと軽くしてくれるようで 延々と空を見上げてしまいました
    それから、部屋の窓辺で一緒に雪見していた飼い猫の、目をまぁるく開いて雪を見る透き通った瞳。
    キラキラ輝いていて 何て綺麗なんだろう・・・と思わず涙ぐんでしまいました  (猫バカですね)
    雪にも猫にも癒してもらった素敵な週末でした

    もうすぐ花が咲き乱れる季節がやってきますね
    桜のある景色も綺麗だし、ひっそり道端に咲く草花を見るのも大好きです
    冬は冬の感動がありますが、春が来るのもとても楽しみ
    四季があって良かったな〜と思いますね

    ユーザーID:9950327862

  • 夜空の流星群

    単身赴任で会社から3kmほどのところにアパート住まい。
    おなか周りが気になりだして昨年12月から徒歩通勤をして
    いています。

    夜遅くなって、トボトボと田舎道を歩いて帰宅途中、何やら
    夜空がいつもと違うことに気が付きました。流れ星がやたらに
    多い!立ち止まってそのまま夜空を見上げて固まってしまいま
    した。次から次と大小さまざまに。夜遅かったのですが、妻に
    メールしたらすぐに娘たちと外に出たみたいで、一緒に同じ夜空
    を見ました。とても寒い夜でしたが心が温まりました。
    400kmも離れて同じ空を見上げ、流れ星に感動していました。
    あとで調べたら双子座流星群でした。とても美しい瞬間を拾った
    という私の出来事でした。

    皆さんのほのぼのとした出来事をもっと聞かせていただきたいです。
    このトピ終わらせたくないな・・・。

    ユーザーID:2692643659

  • トピ主です、ありがとう! 11 - 最後

    海外旅行などで見かける非日常の景色もいいですが、日常に見かけるきれいな瞬間も好きです。そんな瞬間をたくさん教えていただきありがとうございました。

    >kosaboさん

    長い間土の中で過ごし、一週間ほど飛び回って一生を終える、セミのそんな話に驚いた覚えがあります。小さな命の尊さに目覚めた瞬間でしょうか。

    >maeさん

    日々感じているということに感心しました。わたしは忙しさに追われてそんな瞬間を感じずに一日を終えてしまうこともありますので。心の余裕が大事なのかな。

    >かかさん

    イライラしているときにそんな場面に出会えてよかったですね。心洗われる瞬間で、わたしだったらホッと肩の力が抜けていきそうです。

    >kanegonさん

    徒歩通勤を楽しく感じられるっていいことですよね。ダイエットのためとはいえ、その時間を苦行と感じると長続きしなさそうです。

    >>みなさんへ

    もっとみなさんのご意見を聞いてみたい気持ちもありますし、続きが見たい人には申し訳ありませんが、ここで締めさせていただきます。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7409975266

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • シメ後にすいません

    どうしても言いたかったんです。

    私の実家は福島のいわきです。
    学生になり上京するまで18年過ごした所です。

    それまで気付かなかったんですが、お盆やお正月に帰った時に、何気無く空を見上げたら、すごいんです。

    真っ暗な空にキラキラの星が、まるで降って来るようで、それこそ無数に瞬いているんです。
    恐らくこれ以上に綺麗に見える所は全国沢山あると思います。

    それに気付かされたのは、都会に住んでいたからでしょうね。

    都会では逆に建物でも、クリスマスでもライティングしないと綺麗に映えないというのは、真逆で皮肉ですね。

    真っ暗にしたら、何もしなくても綺麗なのに…
    でも、空気も汚いからダメか。

    でもでも両方好きです。
    それから、私は葛飾ですが、毎日富士山はチェックします。
    すごく気持ちが穏やかになります。
    私ってやはり日本人って実感です。

    ユーザーID:6826798390

  • 富士山見えると嬉しくなります。

    横須賀線で横浜まで通勤していた頃。
    行き・帰りと天気の良い冬の日に、遠目に富士山が見えた時は嬉しくなりました。
    横須賀線は、横浜駅を北へ進みしばらくすると鶴見川を渡るのですが、
    その後、京浜東北線と東海道本線の軌道を西側へ反れ、2回の高架を経て、
    新川崎駅へ辿りつきます。

    特に、横浜からの夕方の帰り道、新川崎へ向かう2回の高架にて、夕陽の富士山が見えた日には感動をし、「静岡から遠い場所なのに。見えた。日本人でよかった。」と思った事がありました。

    ユーザーID:4538412189

  • 冬の京都にて。

    紅葉がうっすら残る12月初旬の京都。

    昔ちょっと好きだった人と夜の清水寺へ。

    有名な清水の舞台などをみて下に降りていくと、ちょうど舞台の
    下の辺りに池があり、ライトアップされた清水寺が真っ黒な水面
    に逆さまに、でもとても鮮やかに映し出されていました。

    大勢の見物人がいたのに、池の前には2人だけ。

    あまりの美しさに「すっごくキレイ・・・」といったまま黙って
    いると、「これほんまきれいやなあ。俺らしか気づいてへんで。」
    と言う彼としばし見入っていると、次第に人が集まりはじめ、
    あちこちで感嘆の声があがっていました。

    忘れられない美しい景色と2人の思い出でした。

    良かったら今冬、ぜひ見に行ってみてください。

    ユーザーID:6557643591

  • 絶筆。

    はじめまして。風景ではないのですが、ある書の作品展でのこと。その日は書家の奥様がギャラリートークをされていて、私は何気なく聞いていたのですが、終盤、ある作品を前にして「これが主人の最後の作品になりました・・」と。それは絶筆でした。事前にその書を拝見して不安定な線が気にはなったものの、さほどではありませんでした。しかし、最期に懇親の力を振り絞って書いたエピソードを聞いた後に改めて作品を拝見し、ゆれて定まらない線にいったいどんな思いを託したのだろうと思うと涙が出ました。その経験以降、展覧会などで絶筆を拝見すると、しばし時間を忘れて向き合うようになりました。その時間が最近の私の美しい瞬間です。

    ユーザーID:1997715497

  • オレンジ色の一条の光の筋

    もう20年も前のことですが、それは北海道からの帰りに東京-福岡間で生まれて初めて乗った飛行機から見えました。
    夕景色が綺麗だと兄に勧められ、夕方の便に搭乗しました。機が玄界灘に差し掛かる頃、海上には無数の漁火が煌めき、
    中空には無限に延びたオレンジ色の一条の光の筋!

    言葉では言い表せないほどの美しさに圧倒されてしまい、夢でも見ているかのようでした。
    それ以来飛行機好きになってしまいました。

    ユーザーID:2303589592

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧