ベルサイユ宮殿のかんばしきかほり(駄トピ)

レス38
お気に入り41

ビフテキ

口コミ

タイトルとおりなんですが、昨年夏ベルサイユ宮殿に行ったところ、宮殿内ずっといわく言い難いアンモニア(言ってますね、すみません)っぽい香りがしてなりませんでした。
自分だけかなあと思ったけれど、観光している後でで同行者が「なんだか変わったにおいがしない?」と聞いてくるではありませんか。

こりゃほんとに匂ってたんだ、と思いましたが、とにかく、その同行者たちと一体なんのにおいだったんだろうという話になりまして、やっぱり昔からの(トイレがなくて、アチコチで用を足していたアレ?)なごりかなあと、そんな結論になりました。

しかし!ほんとにそんな結論でいいのかしら?あれからじゃ(ルイ〜世の頃)時間が経ちすぎですよね。理由をご存じの方教えて下さい。勿論、そんな臭いしてないよ!という方、バラの匂いがしていた!という方も教えて下さい。

ユーザーID:2695823135

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • パリもそうじゃなかった?

    パリの場合は、地面から例のものがしみこみ、すでに地層と一体化していて、地下を掘ると臭います。
    だから建物の地下にもぐるとそういう臭いがします。
    こわいですねー。

    ユーザーID:2590863607

  • 地層まで@@!

    ボリスさん

    例のアレは地層と一体化しているんですか!
    うーん、歴史を感じます。

    一応何回か地下鉄には乗ったんですが、どんな匂いがしたか覚えていません。

    もう一度行きたいです、フランス!

    ユーザーID:2695823135

  • 夢が壊れてしまう〜

    ベルばらファンの私には衝撃的なトピです

    シャンデリアの光さんざめく宮殿には貴婦人の香水の残り香が漂っていると信じていました

    誰か嘘だと言ってください

    ユーザーID:3073052490

  • フランス臭

    ヴェルサイユ確かに臭います。
    宮殿の外に出ても臭います(こちらの原因は近くに牧場があるから)
    パリの街では普通に(特に夜)その辺でシーッとやっておられる殿方が見受けられます。
    パリでは雨も降っていないのに、地面が濡れていた場合は要注意です。
    パリの街が臭いのにはちゃんと理由があるのに、ヴェルサイユ宮殿が臭いのは本当に謎です。

    ユーザーID:2409263519

  • 華麗なるベルサイユ

    ちゅうたろうさん

    私も一応ベルばらファンです。
    長年の漫画のイメージで、宮殿内は、香水の香りがしているような気がしていましたし、
    バラのはなびらが天井から散っていてもなんら疑問が起きないほどイメージをふくらませて、宮殿を訪問したんですが、館内にはいるうちに変わった匂いが(泣)。。
    なぜなんでしょうね? うーん。

    わっすさん

    やっぱりにおいますか!
    同じ意見の人に、同行者以外で初めてあいました。
    パリは犬の落し物がよくあるから、気をつけてといいますよね。臭ったってああそうかと思いますが、なぜベルサイユは臭うんでしょうね?

    ユーザーID:2695823135

  • うわーん。ほんとに?

    ひー。ショックです。では、アントワネット様が歩いた大理石にもしみこんじゃってるわけ?ドレスのすそも汚れたでしょうねぇ・・・。

    ユーザーID:5130560432

  • においました

    ベルサイユだけでなくてパリの公園とかでも。
    友達と猫のお○っこのにおいじゃないかと話してたんですけど。
    どうなんでしょうね。

    ユーザーID:1151242970

  • 不足・・・

    お詳しい方からレスがあると思いますが、
    学校時代に先生から余談として聞いた話では、
    ルイ14世の時代には、椅子式のおまる型便器が300程度あるだけで
    4000人くらいの人が居た宮殿ではとても、用が足りなかったそうです。
    当然、庭のあちこちで・・・だそうです。
    庶民の家にもトイレはなく、おまる使用で、二階以上の住人は窓やバルコニーからバシャッと。

    当時のヨーロッパで伝染病が大規模に広がった原因、香水発達の必要性、汚物を踏まないで歩くためにハイヒールが広まった一因、となったそうです。

    フランスの歴史に詳しい方、間違っていたら訂正してくださいませ〜!
    なんともはや、夢のないお話でごめんなさい・・・

    ユーザーID:3806202047

  • 聞いたことあります!

    私もベルサイユ宮殿他、宮殿大好きなんですが・・・。

    ベルサイユではその辺で皆さんトイレをしていた、貴婦人のドレスは
    その場でしゃがんで用をたすためにあんなに広がってるって
    聞いたことあります・・・。
    普通に「オホホ」と会話をしながら、用をたしてたらしいでですよ・・・。
    今の感覚では信じられないですよね。
    というか、昔の日本でも考えられないかも・・・。

    あと、フランスで香水が発展したのは入浴の習慣がなく体臭がものすごかったので、隠すためだそうです・・・。

    それなのに恋愛至上主義だったフランスってすごいですよね。
    その前に清潔に気を配ろうよ!と思います。

    ユーザーID:1514705517

  • 花を摘みに行く

    ベルサイユ宮殿って、今も観光客の数に比べてトイレの数が少ないんですよね。
    長い行列になってる事が多い。
    で、こう、物陰で用を足す輩がいるんですね。
    まあそれだけが原因で宮殿中にかほりが満ちているのかどうかはわかりません。

    パリでも地方でも、わ〜素敵〜石畳の旧市街♪ってところはニオイますから、(もちろんそういうところは人目につかず用を足し易いという事もあるけれど)ボリスさんがおっしゃるように積年のほにゃららがしみ込んでいるのかもしれません。

    現代だってカフェやバーが禁煙になろうが、火のついたままのタバコをぽいっと投げ捨てる人たちなのですよね……。

    ユーザーID:7866463947

  • レスありがとうございます

    皆さん、こんな私のくだらない疑問にたくさん答えて下さってありがとうございます。

    ぽっぽさん
    アントワネット様はじめ貴婦人がこぞってにおってたら、イヤですよね。そういえば、最初は宮殿に使用してある大理石が、古くなるとあんな匂いがするのかな、とか思ってたんですが、そんなことないですよね。。

    うにさん
    臭っていましたか!私はパリではあまりよく分らなかったんです。普通の都市ならこのくらいのにおいはあるかな位にしか思っていませんでした。

    irasariさん
    私もそんな話、聞いたことがありますが、irasariさんのように詳しい数字までは知りませんでした。
    私が宮殿で臭いにおどろいたとき、とっさに思い出したのは、高校で習った世界史の教科書にのっていた、ベルサイユ条約の鏡の間の調印式の写真です。
    鏡の間が人でむんむんの写真でしたが、あの時も結構このにおいがしていたんじゃないかと思いました。そう思うと、なんだか調印式に出席した人たちが気の毒に思えました(笑)。

    ユーザーID:2695823135

  • レスありがとうございます

    ちささん

    カソリックは快楽を禁じていたので、入浴をするのも控えていたと聞きましたが、そう思うとみなかなりの臭いを発していたんでしょうね。
    臭いに負けない愛って尊敬です。

    れれさん

    宮殿はトイレが少なかったです(泣)。しかたなく庭の方にあるトイレに走ったクチです。そこでもかなり並んでいました。
    たくさん設置できない理由とかあるのでしょうか。

    ユーザーID:2695823135

  • ギャアア

    >庶民の家にもトイレはなく、おまる使用で、二階以上の住人は窓やバルコニーからバシャッと。

    呆然としますね…
    下に人がいてかかったらどうするのかという心配が…
    バシャッと捨てたものの行方はどうなるのかと…

    あと、宮殿の庭のあちこち…のものもほったらかしなのかとか

    フランスはオシャレなイメージがあったけど、勉強になりました…

    ユーザーID:9627760803

  • 事実は小説よりも・・・

    とある機会におトイレの歴史を調べたことがあるのですが、まさしくirasariさんとちささんの書いてらっしゃる通りで、貴婦人の傘も元々は日除けじゃなくて「窓やバルコニーからバシャッ」から身を守るためのものだったそうです。

    他にもこんなびっくりが・・・
    毎回世界の歴史や暮らしをテーマにしている長寿バラエティ番組でマリーアントワネットとベルサイユの特集をしていた時のこと、
    何と、当時のフランス王室では、赤ちゃんが生まれる時は、親族一同(男性も含めて!)がベッドを取り囲んで出産を”見守り”、赤ちゃんの誕生を祝福する習慣があったのだそうです・・・!!!
    外国から嫁いで来たマリーアントワネットがその時どんな思いだったかは想像を絶するものがあったでしょう、と解説されていました。
    あんまりびっくりしたので忘れることができません。

    ユーザーID:4879658575

  • そういえば

    窓から糞尿を捨てる話、聞いたことがあります。
    確か人通りの少なくなった夜に捨てるとのことだったような気がします。
    朝起きると通りは大変なことに・・・。
    想像しただけで涙が出てきました。
    ベルサイユ宮殿のかんばしきかほりは、今の下水道に問題があるのではないでしょうか?

    ユーザーID:2409263519

  • フランスに住んでいます

    パリではありませんが、道、公園、スーパーの駐車場などで用を足している人を見たことが何度もあります。
    公園なんて子供が遊ぶところなのに、イヌの糞だらけ。
    そしてトラックが来て止まったと思ったら
    男の人が走り出てきて隅の方で・・・。
    小さい公園にトイレはまずありませんし
    あっても使えるモンでは・・・。
    子供に公園でさせている親も何度も見ました。
    絶対的にトイレの数が足りないと思います。
    大きなショッピングセンターでも1ヶ所だけとか。
    で、あんまり人がいないんですよね。
    みんな家に帰ってしてるようです。
    仕事に行っても昼食に家に帰る人が多いのでその時に。
    仏人夫も家まで我慢してます。理由は「汚いから」。
    学校のトイレも汚いらしいです。とほほです。

    なので、昔の匂いが染み付いている、と言うよりも
    現在進行形の香りではないかと思いますよ。

    ユーザーID:4064614456

  • びっくりびっくり。

    くりららさんの出産エピソードはほんとにほんとだったようです。

    王妃(王太子妃)の出産に立会人が大勢いたというのは、生まれた子供は
    (特に王子なら)未来のフランス国王になるわけなので、赤ちゃんの
    すりかえを防ぐという意味もあったようです。

    去年公開された映画「マリー・アントワネット」でも、朝の「お目覚めの
    儀式」から既にたくさんの使用人(着替えたりするので、朝はさすがに
    女性だけだったようですが)が関わるシーンがありました。
    きゅうくつなんてものではなかったでしょうね。はあ…。

    今のヴェルサイユにトイレが少ない理由…どうしてでしょうね。
    そもそもトイレのなかったところだから、下水道設備がなかったとか?
    フランス有数の観光スポットだし、もう少し増やしてほしいですよね。

    ユーザーID:5867683041

  • おふろも入らないのっ?

    ひんぱんじゃないんだろうなぁとは想像してましたが。生涯とおして風呂なし?!  げげ。では、オスカルもアンドレも垢じみてたわけ? がーん!

    ユーザーID:5130560432

  • うーん。

    パリに住んでしばらくしてからベルサイユ観光に行きましたが、かほりには気づきませんでした。長年のパリ生活で鼻が曲がってしまったのでしょうか・・・。違うかほりが混ざってたことにも気づかず、広い庭で「うーん!大自然の香り!」と深呼吸をしてました。

    香水やトイレの話は本当みたいですね。水不足だったのもあるみたいですよ。髪も洗わなかったので、マリーアントワネットも凝った髪型を何日もしていられたそうです。お手伝いさんなどが被っている白くて丸いかわいい帽子はシ○ミを人に移さないためだったとか。
    今もヨーロッパの人々は水不足であまりシャワーを浴びないため、男女問わず香水が大人気だそうです。

    ユーザーID:3057060682

  • ベルサイユ宮殿の謎はわかりませんが。

    フランスでは、飼い主が散歩中の犬猫の糞を始末するという習慣が長年なかったそうです。だから、街中で香って?くるのは、ヒトのものとは限らないかも〜。
    置き去りにされたペットの糞を踏んづけて、転んで怪我をする人も毎年かなりの数に上るし、フランスは臭いと外国にも言われるので、最近は飼い主が片付けるように色々対策がとられているみたいです。でもまだ臭いんですね……。

    くりららさんの『フランス王室出産時の習慣』ですが、立会い出産は単に誕生を祝福するためではなく、本当に王妃が生んだ子なのかを確認するためだったそうですよ。王妃が妊娠を偽装していたり、死産した場合にコッソリ他所から赤ん坊を連れてきたら?別の血統の子供が立太子しては大変!ということで、必ずしも立会人達は好意的ではないし、男性親族どころか一般市民の参観もOKで、本当にじろじろと見られたんだそうです。さらに、初夜も家臣の監視下で…だったとか。

    でも。たとえ本当にアントワネットが生んだのを確認しても、父親が実はフェルゼン様だったりしたら?(笑) そしたら公開出産なんて、意味ないと思うんですけどね〜。

    脱線失礼しました。

    ユーザーID:9210180456

  • 言われてみれば。。。

    匂ったかも知れません^^・・・
    ベルサイユ宮殿も個人的にはそんなに華美かしら?と思いましたけど。

    街の至る所に犬のフン!これは予想以上に凄かったです(笑)
    早朝に各お店のスタッフが、ホースでジャアジャア路上を清掃していました!
    犬のフンの処理が目的だったと思いますが?
    日常的な光景だったような気がします。

    エッフェル塔下の公園も犬のフンだらけで、興ざめでした(苦笑)
    散歩していても、なんというか心が寂しくなってしまうのです。
    もちろん犬もフンも悪いわけではなく、清潔感の面で。
    文化、価値観の違いなのでしょうか。

    ユーザーID:1173334339

  • 下水道・・・

    はて、パリの下水道って、ペストやコレラ蔓延でやっきになって整備して、網の目のように張り巡らされていると聞いたような・・・
    レ・ミゼラブルなどでも登場していたし、マフィア映画でもよく下水道管の中での銃撃戦も見るのに、と
    「パリ 下水道」で検索したら、たくさん出てきました。
    「下水道博物館」なるものまで(笑)

    でも、張り巡らされていると言っても、設置当時は道路に開けたマンホールのような穴に流していたんでしょうね。各家や公共施設にトイレが設置していなくては、無駄なような気がしますが・・・

    パリっ子たちって膀胱炎の人が多いのかしら。

    ユーザーID:3806202047

  • 皆さん ありがとうございます

    ギャアさん

    >バシャッと捨てたものの行方はどうなるのかと…
    そうですよね、行方がきになります。当然歩行者や、道端に、、、。
    こういうのが続いていたのが、スゴイです。

    くりららさん

    アントワネットの出産シーンはベルばらで勉強しました。
    そうそうさんが言われたように、すり替えをふせぐためだったようですが、あんなにとりこんでいる場面で凝視されちゃかなわないですね。

    ままんさん

    今の下水道ですか。そうか、そうかもしれませんよね。宮殿内の匂いはトイレの掃除不徹底、というにおいとはちょっと違って、あいまいな、かつ発酵?したようなにおいだったんです。古い建物のせい?なんて思ってたんですけど、ほかに有名な古い宮殿に行ったことがないので参考になるものがなくて。ありがとうございます。

    ユーザーID:2695823135

  • みなさん ありがとうございます

    在仏さん

    絶対的にトイレが少ない、というオンタイムの情報ありがとうございます。道、公園、スーパーの駐車場などでするって、びっくりです。
    今の日本ではあるのかな。あまり見かけませんが、、。
    トイレごときでも、歴史の流れあり、ですね。

    びっくりびっくりさん
    映画のマリーアントワネット、ごらんになったんですね。まだなので、見なくては。立会出産の目的を私もきいたことがあります。いい方法だったんでしょうが、それにしても、たまりませんね。

    ユーザーID:2695823135

  • 面白いタイトルなのでのぞきにきました

    前にパリに行ったとき、公衆トイレが汚いのにビックリしました。私が住むイギリスも褒めたもんではありませんが、一応パッと見はきれいなところが多いです。パリはトイレの入り口を入ったとたん、出ようとしていたものも引っ込む(!)ほどのところばかりで…
    私も「パリは麗しい」のイメージを持っていて、もちろん街や建物は本当に美しいのですが、それとトイレのギャップが激しいんで、なぜか逆に感心。人間の文明の奥深さを見た思いでした。

    ところで、幕末日本に来た欧米人は、都市の下水システムの発達に驚嘆したそうですよ。特に江戸は世界屈指の人口規模で、庶民がひしめくように暮らしていたのに、どの通りにもちゃんと下水路がある。そして、毎朝近郊の農民がやってきて町民たちの汚物をきれいにさらっていく。もちろん、畑の肥やしにするために。オーガニックですね。そういうわけで、「日本の庶民は貧しいのに、なんと清潔に暮らしていることか!!」となったそうです。

    ユーザーID:8802579869

  • き、きっちゃねー

    千秋先輩とのだめ、そしてベルばらの舞台フランス

    豪華な宮殿と貴婦人の優雅なドレスに日傘にハイヒールに香水
    そそれが‥

    オスカール!嘘だと言ってくれー!

    ユーザーID:6018493187

  • もしかしたら・・

    私も訪れた時に感じました!!

    で、その時はトピ主さんと同じ結論になったのですが、今思い返してみて思うことが・・

    もしかして、美術品に囲まれているからじゃないですか?
    絵画を修復するときは「アンモニア」の類のものを使うらしいですし、
    雛人形をしまうときに防虫剤みたいのいれますよね?あれと同じようなものを使っているのではないでしょうか??

    といっても、専門家なわけではないのでまったくの感ですが・・

    美術館とか行くと似た臭いに遭遇したりするのでもしかしたら!とおもいました。

    ユーザーID:1510133744

  • 「今から投げますよ!」

    排泄物が入ったオマルを持って窓からそう叫ぶのが中世ヨーロッパの礼儀だったとか。
    「ちょっと待ってくれ〜〜〜!!」と叫んで逃げていく・・・
    なんてスリリングな毎日なんでしょう・・・。

    こういった昔のトイレ事情などが楽しく書かれた本があります。
    桐生操さんの「やんごとなき姫君たちのトイレ」を始めとする「やんごとなき姫君たちの〜」シリーズです。

    興味のある方は読んでみたらいかがでしょうか?
    面白いですよ!

    ユーザーID:0005932097

  • アンモニア臭?

    ベルサイユに限らず臭い臭いって.....
    庭の肥料とか動物の臭いは分かると思います。

    内部の場合の悪臭の原因は実は旅行者だったりすることもあります。汗臭い人多いですよ.....。で、換気がよく無いから篭る....。

    ユーザーID:7469623671

  • 映画「パフューム」

    ご覧になりましたか?
    宮殿ではないですが、当時の市民がいかに悪臭にまみれていたかがわかる映画です。
    匂い、いや臭いが漂ってきそうな映画です。

    ユーザーID:0989452637

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧