犬が沢山でてくる、映画、漫画、小説を教えて下さい!

レス59
お気に入り50
トピ主のみ1

ひと

このトピのレス

レス数59

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 映画 「トゥルーへの手紙」

    映像も音楽も本当に素晴らしくて、
    傍らの犬を抱きしめて、自分を取り巻く全てに感謝したくなる映画です。

    見終わってすぐ、隣で寝そべる飼い猫をいきなり抱きしめて鼻を引っ掻かれ、
    日頃の感謝を思い出し、夫の好物の「鯵の南蛮漬け」を作ったら、別れ話か?と騒動になりました。

    幸せに埋没して傲慢になった自分に気付かせてくれる映画です。

    ユーザーID:0109853754

  • イチさんに追加で

    ウィードの父犬(銀)が主犬公の漫画「銀牙〜流れ星銀」もオススメです!

    あとは既出ですが「奇跡の旅」「まっすぐにいこう」大好きです。

    映画「マリリンに逢いたい」も犬がたくさん出たような気がします。

    あと思い出せないのですが「ドン松五郎の冒険」?みたいなタイトルで、ブルテリアのような犬が主犬公の映画も。
    本編は見ていませんが、CMでたくさん犬を見た気がします。

    ユーザーID:8631532700

  • コメディはいかが

    トム・ハンクスの
    「ターナー&フーチ/すてきな相棒」
    潔癖症の刑事と、よだれだらだらのなんともすごい犬の組み合わせが
    笑わせてくれます。

    「K−9 友情に輝く星」
    こちらは立派な麻薬捜査犬とだめ刑事の組み合わせ。

    洋画刑事ものコメディ2本立てはいかが。

    ユーザーID:6073571423

  • 洋画で

    ”Homeward Bound” (三匹荒野を行く、っていう邦題なのかな?)1993年作のディズニー映画。

    ユーザーID:5094047538

  • ウィード

    犬の漫画なら「ウィード」!!!
    色んな犬が出てくるし、感動します。
    犬が死ぬ場面は涙がボロボロ出てきます!
    犬好きなら絶対ハマると思います♪

    ユーザーID:7154440284

  • 月の啓示

    女優、弓川留奈さんが随筆している小説です。
    スターダストプレスという、ヤフーファンクラブの
    中のHPで書かれているのですが、犬が主役みたいです。

    主人公と犬の中身が交換しちゃうみたいですね。
    まだ、3話までしかありませんが、結構面白いです。
    それも、弓川さんはまだ中学生だそうで。

    すごいですね。

    ユーザーID:6717648910

  • こちらこそありがとうございます。

    だめだこりゃさん。
    ・・・映画化したんですかぁ・・・。
    あの話は映画化は良くなさそうですねぇ。
    実写で見てみたい気もしましたが、やはり難しいと思います。
    せっかくの原作が台無しになりそう。

    mmmmさん。
    よかったでしょ?でしょ?
    あのコメントの後、また読み直しちゃいました。
    喜んでいただけて、よかったです。

    ここだけど話、私はどちらかというと猫派で、あまり犬の話
    知らないので、このトピで上がった本、読んでみようと思いました。

    ユーザーID:9163896676

  • 読みました

    wanさんおすすめのD.R.クーンツの「ウォッチャーズ」を読みました
    とてもよかったです 犬はかわいく、そしてほろりときました
    このトピでの紹介を知らなければきっと読まなかったと思います
    過去の小町でもけっこう「書名」の上がっている名作だったのですね
    ありがとうございました

    ユーザーID:7145311343

  • 「パーフェクト・ブルー」

    宮部みゆきさんの「パーフェクト・ブルー」そして続編の「心とろかすような」は、シェパードが主人公です。

    それから、さっき見つけたんですが、毎○新聞でこんな連載が!
    森絵都「君と一緒に生きよう」
    http://mainichi.jp/life/mori/

    ユーザーID:1371113782

  • WANさん、通りがかりさん

    WANさん、ウォッチャーズ いいですよね。
    すごく良くできた小説です。映画もあるようですが、
    原作ファンにはかなりこき下ろされてました。

    通りがかりさん、 それから黒のドーベルマンを使って銀行泥棒をする話があったような、題は忘れました。>>>
    ドーベルマン・ギャングですね。複数のドーベルマンを仕込んで、銀行強盗をさせるという話でした。犬たちが金を奪うのはうまくいったものの、あとで人間のほうが仲間割れだかなにかどんでん返しがあったような気が、、、、。
    また観たい映画ですが、残念ながら本国アメリカでもビデオは廃盤、未DVD化みたいです

    ユーザーID:9026851577

  • たくさんってほどじゃないですが

    犬が出てきて、大好きな小説といったら
    稲見一良さんの「セントメリーのリボン」です。
    ジャンルで言えば、ミステリだろうけど
    読後にその情景が深く心にしみる短編集です。

    作者の方は残念ながらお亡くなりになられていまして、もう新作が読めないのが残念です。

    ユーザーID:3192583135

  • ジェイムス ヘリオットの犬物語

    お勧めです。作者は小説家兼獣医師さんです。獣医師の方はもう息子さんに譲って引退されているそうで、イギリスではベストセラー作家の一人です。
    この方が獣医師の時代に書いたヘリオット先生シリーズの中で犬に関するエピソードを集めたのが「犬物語」です。全編犬愛にあふれています。
    犬愛といいますかおかしな犬たちとその飼い主達との心の交流ですね。みんな変だけど良い人達です。

    ユーザーID:1685290206

  • フルーク

    映画を2本ご紹介しますね。
    まずは「フルーク」。
    犬に生まれ変わってしまった人間の数奇な運命をコミカルに描いた秀作です。
    どんでん返しがあるのでストーリーは詳しく書けませんが、面白いですよ〜。
    今ならアマゾンでも995円で買えるようです。
    それから「ベイブ」。
    主人公は豚ですが、犬に育てられます。農場が舞台なので、他にもいろいろな動物が出てきます。
    基本的に動物がしゃべる映画は好きではないのですが、これら2本にはハマってしまいました。

    ユーザーID:4620229033

  • 戸川 幸夫著 「オーロラの下で」

    戸川 幸夫著 「オーロラの下で」

    20年以上前、小学三年生の時読みました。
    美しいそり犬とオオカミのリーダーの間に生まれたオオカミ犬の成長物語です。
    凄絶なアラスカの自然と、オオカミの家族(?)愛にふるえる程感動したものです。

    戸川先生の描写がまた、かっこいいんだ…。

    ユーザーID:3279895824

  • 作次郎さん

    それは多分、まるさんとまよいねこさんのレスにもありますJack London(ジャック・ロンドン)ではないですか?

    「The call of the wild」を訳すと「野生の呼び声」とか「荒野の呼び声」になるのでしょうか?(私はどちらも読んだことがないのですが内容はもしかして同じで、訳し方の違いでしょうか?)

    トピ主様へのオススメは、ぽちさんと同じく私も「ベンジー」(映画)に一票です(確かシリーズになっていたと思います)。

    ユーザーID:0683228576

  • 南極物語

    シロとクロというのかな、北海道の寒さに強い大型犬が多く登場しますが、
    ある日、船が南極を去る時、犬たちを置き去りにされたストーリーです。
    涙なしでは見られません。

    ユーザーID:9126253939

  • デューク

    江國香織さんの本です。

    泣けます。

    でも、オススメです!!

    ユーザーID:7442285335

  • 清水玲子さんの漫画

    犬が「たくさん」でてくる話ではないですが…。

    清水玲子さんの漫画には、よく心をつくポイントで犬がでてきます。

    その中でも、『WILD CATS2』(白泉社の花とゆめコミックス『WILD CATS1』か、JETSコミックス『WILD CATS 完全版』で読めます)は大好きです。

    「CATS」は猫じゃーん!って思わず…。オススメです!

    あと、犬がメインではないですが、『秘密−トップ・シークレット−』(白泉社JETSコミックス)の2巻の後半の話は、“犬”の心に胸がしめつけられます。

    よかったら、一度読んでみてください。

    ユーザーID:4493944054

  • 教育テレビでやってた海外ドラマ

    “100 Deeds for Eeddie McDowd”(邦題:ワンだー・エディー)
    というドラマがお勧めです。
    シベリアン・ハスキーっぽい主役のワンちゃんの演技が面白いです。

    http://www004.upp.so-net.ne.jp/mop-pot/dog11/dog_no13.htm

    ユーザーID:0808779221

  • 犬好きです!

    映画ですと・・・
    「ドッグ・イン・パラダイス」本当〜に沢山の種類の犬が出てきます。犬好きには垂涎の作ではないかと。

    「奇跡の旅」「三匹荒野を行く」アメリカ人が大好きな帰郷系です。どちらかには猫も登場するのですが、動物と子供の演技には勝てないってホントですね。

    漫画ですと・・・
    「ロダンのココロ」ロダンというラブラドール(多分・・)が主人公です。絵が素朴で、ダンナさんと奥さんとお嬢さんとロダンの、本当になんてことない日々をつづった四コマ漫画なんですが、くすりと笑える心温まる漫画です。

    ユーザーID:1064512921

  • 小説で。

    外国の小説なんですが、「荒野の呼び声」。作者は忘れました。
    犬ぞり達の小説です。20年くらい前に読んだので、内容は覚えていません。
    だれかご存知ないでしょうか。

    ユーザーID:8286548778

  • ジョジョの奇妙な冒険のイギー

    「ジョジョの奇妙な冒険」の第3部に出てくる「イギー」(ボストンテリア)を忘れちゃいけません!(文庫版しか持ってないので文庫版しか分かりませんが、文庫版だと12〜16巻)

    ユーザーID:6371255014

  • いきまーす!

    「星空からきた犬」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(ハウルの動く城の原作者です)
    「動物記」新堂冬樹(短編集なのですが、このうちの2つ目の作品です。涙がでてきます)
    「ライラエル」「アブホーセン」ガース・ニクス(この作品は、古王国記1「サブリエル」2「ライラエル」3「アブホーセン」という3部作です。2と3の主人公にかかわってくるのが犬です。ちなみに1は猫がでてきます)
    「家守綺譚」梨木香歩(たくさん・・・というわけではないんですが、犬が重要です)


    あと、「バルト」というアニメ映画がありました。アラスカを舞台にした作品で、ディズニーだったかな?違うような気が。
    あと、犬の映画といえば「ベンジー」ですね!(年がばれる・・・)

    ユーザーID:1371113782

  • カール!

    エリザベス女王とブレア元首相を演じる俳優のそっくりぶりに驚く映画、「クイーン」。もちろん、犬がテーマの映画ではぜんぜんないのですが(たぶんテーマは「品格」)、女王は犬がお好きですから。ラストで女王が、コーギーたちと首相を従えて庭園を散歩するシーンは、犬好きならぐっときます。

    そして何より、古いテレビドラマ「刑事犬カール」。ビデオが出ているのではないでしょうか。警察犬の訓練士・木ノ内みどりの可憐なこと、名犬カール号のかしこいこと!たまりません。
    子どもの時、リアルで見ていたのですが、昨年だったかな、ケーブルテレビで再び見ることができて、感激しました。木ノ内みどりと、彼女に思いを寄せる、気取り屋で照れ屋の刑事・加納竜(美形!)とのやり取りが、コミカルで甘酸っぱく、子供向けドラマとはいえ、とてもよくできています(続編もありますが、キャストも変わり、退屈)。
    木ノ内みどりが歌うテーマソングもいい。

    ♪立ち止まる時、青春も終わるの
     だからカール、走れ、風のように〜

    木ノ内みどりと、カールが走るシーンが、ふんだんにあるのですが、うっとり、です。

    ユーザーID:5552381459

  • ワイルドハーフ

    漫画ですが、週刊少年ジャンプで連載されていた
    「WILD HALF(ワイルドハーフ)」(浅美 裕子)
    なんてどうでしょうか?

    単行本全17巻、文庫本全10巻。

    ユーザーID:1450453119

  • 昔のTV番組で・・・

    1981年頃に放映されていた日テレ系のTVドラマで
    「炎の犬」が大好きでした。
    再放送をいまだに望んでいますが・・・(泣)

    作家の西村寿行氏原作で、最終回号泣した覚えがあります。
    ランとリュウ(紀州犬)の映像が懐かしくて♪

    ユーザーID:3951528760

  • もうトピ主さん見てらっしゃらないかしら・・・

    ちょっと昔(30年くらい前?)の
    小説ですが

    井上ひさし さんの
    「ドン松五郎の生活」

    面白かったです。
    我輩は猫であるの犬ちゃん版。
    たしか映画にもなったような記憶が・・・

    ユーザーID:7080504660

  • 犬の映画

    犬の映画のサイトです。

    http://www.nextftp.com/dogs/index.html

    犬の種類にも分かれて紹介されてます。

    ユーザーID:4339260161

  • 追加です。

    筒井康隆「愛のひだりがわ」 これは絶対お勧めです。

    CMでソフトバンクのホワイト犬のお父さんにはいつも笑ってしまいます。
    あのシリーズがDVDになればいいなと思っています。

    ユーザーID:9571540986

  • 犬ばかも面白いし、ボンボンもいい

    以下ウィキペディアより抜粋。
    高橋よしひろ
    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
    代表作に『白い戦士ヤマト』『銀牙-流れ星銀-』など。犬を主人公にした作品が多い。
    1973年、第5回手塚賞佳作(『おれのアルプス』、高橋義広名義)。同期受賞者にますむらひろし。初期のペンネームに「高橋義弘」「高宮じゅん」「結城剛」などがある。
    1987年、第32回(昭和61年度)小学館漫画賞受賞(『銀牙-流れ星銀-』)。
    [編集]作品リスト

    白い戦士ヤマト
    男の旅立ち
    青空フィッシング
    翔と大地
    悪たれ巨人
    銀牙 -流れ星 銀-
    甲冑の戦士雅武
    グレートホース
    FANG
    銀牙伝説WEED
    ロンリー・ロン
    ラッシー
    孤島の冒険者

    白い戦士ヤマトは夢中で読みました。
    あとは、銀牙とかを。

    映画でキャッツアンドドッグスも犬は多かった気がしますが。
    高橋先生の漫画は犬を飼う視点の人間が主人公の物と、
    犬が喋る犬目線の物があります。

    ユーザーID:2353747062

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧