消えたい

レス47
お気に入り71

ニココ

ひと

25歳の非常勤職員です。大した資格もなく、だらだら生きてきて後悔と共に、死にたくて仕方ありません。

会社でも無視をされ、母からも子供の頃から無視をされ続け、私に話す時は祖父母の愚痴。そして私を罵る時だけ。しかし弟や妹は、年下は可愛いからと今でも溺愛しています。父はおらずし、祖父母からも疎まれ続けました。友達も恋人もいません。同級生が頑張って充実した生活をしている姿を見ていると、自分がいかに惨めで屑なやつだと感じ死んじゃいたくなります。

ニュースで人が死ぬニュースを見ると、何で私は死なないんだろ、殺されてしまえばいいのに、と思います。

何だかもう何もかもが分かりません。苦しくて辛くて仕方ないです。

ユーザーID:6467045940

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ここにいるよ

    みんなそれなりに寂しいし、辛いこともあります。でも、それが人生です。いい事も楽しい事もこれから君を待っているはずだよ。

    25歳でしょう?少なくとも私は25歳以降の数え切れない位、色々な楽しい事、辛いことも悲しい事もありました。

    きっと、君以上に数では悲しい事も辛い事も経験していると思いますよ。
    いつでも、ここにいるよ。

    辛くなったら、メッセージを残して下さいね。

    ユーザーID:0822969734

  • これからですよ。

    通りすがりの、私ですが、ひと言応援したくて。
    これからですよ!貴女の人生は。

    外へでましょう。お稽古など始めましょう。自分を知らない人ばかりの新しい世界で。因みに私は長年勤めた職場を離れ、今は自分の為に「好きなこと探し」していますよ。人付き合いの苦手な私でしたが今はフラワーアレンジメントで四苦八苦しながらやっています。皆さん誰も馬鹿にもしないしセンスの悪い出来の悪い私でも温かく仲間に入れてくださいますよ。目から鱗でした。笑。

    スイミングスクールなんかも泳げない私は頭が空っぽになり夢中になっています。今はシアワセ!

    あなたの隣にいる人が私であればいいなと思います。

    ユーザーID:2497161150

  • とりあえず

    とりあえず、落ち着きましょう。
    パニクっていては、何も生まれません。
    環境が悪くても皆がんばっています。

    ユーザーID:8325687871

  • ゆっくり自分の世界をつくりませんか?

    こんにちは。

    家族って暖かい存在。そうあればいいんだけど、世の中いろんな家族があります。私も決して自分の親には満足していませんでした。
    自分にとって為にならない、自分の手かせ足かせになるようだったら、疎遠になればいいんです。良心の呵責は不要です。

    今ご家族の方と同居なのでしょうか?幸いお勤めもあるようなので、多少生活レベルが下がっても、独立しましょう。

    そして自分の空間が持てて、精神的に家族に干渉されず落ち着ける環境になったら、今度は交友関係をゆっくり広げましょう。

    趣味はなんでしょう?特になかったら、自分に興味のある事、やってみたい事をちょっと考えて見ましょう。

    SNSのコミュやサークル、カルチャーセンターを利用し人と知り合いましょう。交友関係は自宅と職場を往復するだけでは広がりません。何も動きません。

    種を植えて毎日水をやる。時には雨が降るけれど、時には太陽がさして鉢の土を暖める。すると、ある日土の表面に緑の頭が顔を覗かせてくる。じっくり、じっくり、その成長を待つ。そんな感覚でいいのです。あせらずに自分の世界をつくりませんか?

    ユーザーID:0475326985

  • すぐに相談してください!

    先日うつの人の手記を読む機会がありました。
    才能豊かで、でもトピ主みたいに落ち込み死んでしまいたい、実際死ぬことを考えたそうです。
    でもその方は、環境に恵まれており、賢明なご家族がすぐに精神科への受診をすすめたのです。
    半年もしないでつらい状況に変化がありほぼ改善したそうです。

    当時を振り返り、死んでしまいたいと思ったのは病のせいだと本人も気が付いたとありました。
    そして適切な判断をした家族に感謝していました。

    今あなたが感じていることもひょっとすると病気のせいかもしれませんよ。
    ご自身を大切にしてください。
    病院にいったって大してお金もかかりませんよね?
    体のことを考えたら比べるまでもありませんよ。

    ユーザーID:5331348903

  • ニココさん、元気だして!

    ニココさん、私も死にたいと思ったことがあります。
    私は両親と仲が悪く、両親と離れたくて高卒で就職しました。
    やりたい仕事ではなかったですが、一人で生活するためには
    お金が必要なので営業の仕事を選びました。
    けれど、不景気になってリストラされ、
    次に就職した会社でもリストラされました。
    就職活動をしたけど、どこも雇ってくれるところはなく
    そのとき、死にたいと思いました。
    絶食して死のうと思ったのですが、3日後にお腹がすいて
    泣きながら食事をしました。それが35歳のときです。
    でも、今ではあのとき死ななくてよかった、と思っています。
    どん底の状態って続かないんです。
    少しづつ、運命は変わっていき、ウルトラCを決めたのは40歳のとき。
    もてない私は結婚なんてあきらめてたけど
    ものすごくいい人と結婚することができたのです。
    ニココさんは25歳でまだまだ人生これからです。
    後悔することも多少はあったほうがこれからの励みになるよ。
    そしてたった今から後悔しないように何かを始めてみてほしい。
    ここにレスしてる人、みんなニココさんを愛してるよ。

    ユーザーID:1760454045

  • 私のことかと思いましたよ。

    似てる人だとお友達になりたいです。
    そういう人のサークルやオフ会を探しているのですが
    なかなか見つかっていないし、勇気も出せていません。
    自分だけじゃない、と思えると少しは楽になれるかもとも
    思うのですが。
    けれど私にも誰もいません。友達も親も兄弟も親しくはありません。
    時々私も消えたくなります。
    あなたの気が晴れるようなことは言えませんが、
    私のような人間もこの世の中の片隅で生きています。
    おやつに好物のおかしを用意して、楽しみにしたり
    植木鉢1つ買って花の苗を植えて咲くのを楽しみにしたり
    図書館で感動する本を読んで、すがすがしくなったり
    似ている人とパソコンでチャットしたり
    ささやかなささやかな日々の小さいたのしみをみつけて
    生きています。
    時々やはり泣いてしまいますが。

    ユーザーID:1059880153

  • 私も。

    私もここのところ苦しいです。
    明日朝陽が昇っても、私には明日は来なくていいと思ってしまいます。
    けれど朝陽とともに私にも朝が来て一日が始まってしまいます。

    自分の意思とは別に、自然の中の生命体として朝を迎えてしまいます。
    そして自然てすごいなぁと感心したりします。

    ぼんやり歩いていても信号が赤なら止まります。
    車が近づけば避けます。
    ご飯も食べるし、コーヒーも飲みます。
    本能って生きるように出来てるんだなぁと思います。

    自然とか本能に任せる年数があってもいいと思います。

    ユーザーID:7326162047

  • 横気味になりますけども

    私が見ている現在、
    icemanさんと遠くのともだちさんのレスが
    アップされています。
    お2人のレスを読んでいたら、
    ニココさんへ向けた言葉なのに
    私が泣けてきました。
    お2人共。。すごいです。。。感動しました。

    ねぇねぇニココさん、世の中には
    見ず知らずの人が集う掲示板で、
    こんなにあたたかな言葉を
    掛けてくれる人だっているんです。
    ニココさんが読んでてくれるといいなぁ。

    ユーザーID:6837352035

  • こんなのどうだろ?(1/2)

    ニココさん、

    何かあることをやった時、それをおもしろいと思うかつまらないと思うかは、自分次第なんだよ。
    食べ物を食べた時、おいしいと思うのもおいしくないと思うのも自分。だって、自分の嫌いな食べ物が大好物の人だっているんだよ。
    生きてて、自分の人生が幸せだなと思おうが不幸だなと思おうが、それも自分の勝手。
    全部自分の気持ち次第なんだよ。他の誰も、あなたの気持ちを決めているわけではないんだよ。

    会社の人があなたを無視しようが、親があなたの弟や妹だけを溺愛しようが、関係ないじゃん。
    あなたはあなたで、自分の世界で起こることを楽しみながら、胸を張って堂々と生きていけばいいんだよ。
    今は、小さな小さな世界で、ごく限られた人と出会って、傷つき悩んでいるだけなんだよ。
    世界はもっともっと広いし、もっともっといろいろな人がいるし、これからもっともっとたくさんおもしろいと思えることに出逢える時間が待っているんだよ。
    エッ? もしも、おもしろくなかったら? なあに、自分でおもしろいと思っちゃえばいいんだよ!

    【続きます】

    ユーザーID:1081586167

  • こんなのどうだろ?(2/2)

    【続きです】

    僕は今、一人で雪国に住んでいるけど、毎日の雪掻きを楽しんでます。だって、誰でもいやな雪掻きをいやだと思ったら、本当にいやになっちゃうじゃん。結構おもしろいもんだよ。
    それと、例えば、何分息を止められるかとか、イチゴ狩りでいくつ食べられるかとか、本当にどうでもよいことに挑戦して、自分ギネスを楽しんでます。
    人との関係が煩わしいなと思う時には、一人で山歩きしたりもしています。自然の中で、一人会話しながらのんびり風景を眺めたり花を愛でたりしていると、素直な自分に出会えます。

    まだ25歳じゃん。僕の半分弱じゃん。でもね、去年体力テスト受けたら、何と体力年齢25歳代だって! いっしょにやった30歳代や40歳代の人達よりも若いんだって。この年齢になって勝っちゃった! だから今年は、20歳代の体力に挑戦!

    最初は無理にでもいいから、どんな時でも笑顔でいてごらん。たいへんな時にこそ、笑顔でいるの。そのうち、それが自然と本物になるよ。そうするとね、自信とか勇気が生まれて世界が変わってくるんです。これは僕自身の20歳代頃の経験から言えることです。
    もうじき春だね。

    ユーザーID:1081586167

  • つらいときには声を出して泣きなさい

    トピ主さん、少々うつの気配かもしれないね。
    私も子供のころから父親の暴力がひどくて、30代のころにうつ病にかかったことがあります。これにかかると気分の落ち込みがひどくて感情のコントロールができなくなるんですよ。でもね、絶対に死んじゃダメ。

    いやな過去を思い出したり母親を恨んだところで何の解決にもならない。それに他人の視線を気にすればするほど自分を追い込むことになります。むしろ自分中心にものごとを考えるくせをつけなさい。他人に迷惑をかけない限り、わがままだって自己チューだっていいじゃないですか。この世の中で最後にあなたを助けてくれるのは、他の誰でもない、あなた自身なんですから。

    一日一回は鏡で自分の顔をじっくり見つめなさい。そこには、まぎれもなく今現在のあなた自身が、つらそうな顔をして立っているはず。近ごろ声を出して笑ったり泣いたりしたことないでしょ。涙なんか出ないなんて言わないで、悲しいときやつらいときは声をあげて泣けばいいんです。くだらないことでも、笑うくせをつけなさい。そうすれば少しずつ前に進めると思いますよ。悲しみからは生きる希望は湧いてこないんです。

    ユーザーID:3986819714

  • とおりすがり

    会社で無視をされたり、友達や恋人がいない事と
    あなたの母様や祖父母様から疎まれている事とは全く
    話は別ですよね。

    「自分はいつも被害者!」だと思い続けて損するのは
    自分。嫌いな母様や祖父母様なら、完全に独立して
    社会で友人や恋人を作り、愛す愛される関係を築いては
    どうでしょうか。結婚して、幸せな家庭を築き、母様を
    見返してやればいいのです。

    無視をする会社が悪いのでしたら、転職すれば良いでは
    ありませんか。25歳なのだから幾らでもやり直しも
    人間関係のリセットさえも出来ると思います。
    そしてまだまだ、人生に絶望するには早すぎると思います。

    ユーザーID:9327403132

  • 一人でも生きて。

    トピ主さんは子供のときに、母親から愛されていると感じられなかったのですね。

    私もそうです。私の母は姑を毛嫌いしており、姑に顔立ちや性格が似ている私を目の敵のように扱いました。
    今は親と交流はしていませんし、恋人もいませんが、私は生きています。
    30も過ぎて気ままな一人暮らしですが、今後も結婚などしようとも思いません。
    一人で生きていくつもりです。職を失ったりしていつか野垂れ死ぬようなことになったとしてもそれが私の人生です。

    トピ主さんも25歳、どうせ一人なんだと思うことができるなら、環境は自分の力で変えられますよ。今の状況は、あなたを縛るものが何もないとも言えるのです。苦しい環境で辛抱することも人生経験ですが、居心地のいい場所をさがして渡り歩くのだって前向きなことなんですよ。
    あなたの人生は、あなたがこれから何とでもできるのです。
    応援しています。本当に。

    ユーザーID:1057143956

  • なんでもいい!どうでもいい!

    って、あなたを縛り付けている不の感情から、たまには自分を解放させてあげて。
    死にたいよね、消えたいよね、ガスでも吸って楽に逝けたらどんなにそれが幸せか。

    とってもよく分かります。同じような環境下で育ってきました。
    でも、そういう人って、沢山いるんですって。
    だから自分だけだって思わず、少しずつで良いから「今までの自分」から変わっていきましょうよ。

    実家からは独立したんですか?まだなら是非一人暮らしをしましょうね。
    資格もないって言うなら、どんな資格でもいいから1つ取ってみましょうよ。
    自信につながりますよ。

    まだ25才。やりがいのある仕事を見付けたり、
    ペットを飼って慈しんだり、何か始めましょう。
    死ぬのを待つだけのような人生では勿体無いです。
    人間、遅かれ早かれ死ぬのですから、その間に幸せな気分を味わって下さい。

    ユーザーID:6826289903

  • なんとなく・・・・

    ”何で私は死なないんだろ、・・・・”に対しては、
    なんとなくトピ主さんが生かされているのではないか?と
    感じました。

    割と私の勘は当たりますよ。

    きちんと勤めてもいらっしゃるし、あとは多少自分ひとりで
    できることでも、他人に手伝ってもらうようにすれば
    恋人などもすぐできると思いますよ。

    ユーザーID:9976386752

  • 最後の手段の前に・・・

    ニココさん、こんにちは。
    死んじゃう前に(過激ですね。すみません)、とりあえず下記のことをやってみてください。

    -情報誌(ホット○ッパーみたいなの)を適当に開いて、
    そこに出ている習い事の体験入学にいってみましょう。
    なんでもいいんです。料理でもフラワーアレンジメントでも、乗馬でも、
    興味があってもなくても。

    -休職して(または退職して)、行ったことのない土地の神社・お寺・教会に行き、一週間滞在させてもらいましょう。海外も可。
    「そんなの危ない」「泊めてもらえるわけない」とか考えないで頼みこむ。

    こんなことして何になる?って思うかもしれません。
    でも、違う世界が見られます。人間、アタマでわかっていても、実際に体験してみないと「違う世界がある」ことになかなか気づきません。
    「違う世界がある」ってことは、「あなたを受け入れる、あなたが好きに世界もある」ってことです。 死んじゃったら恥も金も何も無し。
    それなら、ダメ元で上記のことしてみましょ。
    「生きたい」って思う何かに出会えるかもしれません。

    ユーザーID:7216154100

  • ネガティブ気質

    家庭の話についてですが、長女がかわいがられない話は比較的よくある話です。
    通常はそれでも友人関係は築けます。
    次に、「会社で無視される」「友人・恋人」がいない、話を総合して考えると
    負のオーラが醸し出てる方なのかな、と思いました。
    自分が近づきたくない人が「親に罵られて育った」と言っていて、
    醸し出す空気が悪すぎる人でした。当初は家庭の影響かな、と思ったりしましたが、
    前述の通り、そんな人がよくいることに気付き、
    最近の結論は、生まれもって負のオーラを出しているのだなということです。
    つまり、自分のせいでも親のせいでもない、神様が与えた性質だということです。
    顔は美人ですが、誰も積極的に近づこうとはしません。
    話をしても、ネガティブな話ばかり。こちらの話に共感もせず、自分のことばかり言うからです。
    では、どうすれば、となりますが、
    今日も何事もなく朝を迎えられるのが一番の幸せだと気付けることから始めた方がよいです。
    大した病気もなく働けているのも実は恵まれていることなのですよ。
    今は他人の基準で幸福を計るのをやめたほうがよいでしょう。

    ユーザーID:1942646468

  • それでも、生きましょう

    誰も、トピ主さんに愛やぬくもりを与えてくれなくても
    トピ主さんが、愛情や優しさを他の人に、もたらすことが出来ますよ。

    インドは、カーストの国ですが
    死にかけてる下層の人が、道端に転がっていても誰も手助けしませんでした。
    それが年老いた女性で、顔をネズミにかじられていたとしてもです。
    ある女性の出現のおかげで、そうした人達が救われる可能性は高くなりましたが。

    又ある国では、女性は男性に徹底した服従を強いられ
    暴力をふるわれるのは当然、例え殺されたとしても問題にならない、という国があります。
    小さい頃から、暴力、いつ殺されるかわからない死の恐怖の中に生きている人もいます。

    彼らに共通するのは、自由な行動を取れないという点です。

    でもトピ主さんが、もしお体が健康で話すことも問題ないなら
    家を出て、どこか住み込みで働ける所に行かれてはどうでしょう。

    又そこまでしなくても、こんな殺伐とした世の中ですが
    優しく接してくれる人達がいるところは必ずあります。

    どうか、まだ25歳という若さで何もかも諦めないで下さい。
    もっともっと行動してみて下さい。

    ユーザーID:8067784941

  • ゆっくりまわりを見回して

    40代主婦です。20代のときはそんなことを考えたこともありましたよ。
    でもつらいことがあっても、楽しいこと、うれしいことだって、いつかきっとありますよ。
    まず、親元から離れて1人暮らしをしてみたらどうでしょう。
    そして、市や公共でやっている趣味の会などに参加してみたら。ボランティアなどに参加してみるのもいいかもしれません(老人ホームや、子ども関係、教会、町の清掃など、自分でやれそうなところから)。世界が広がりますよ。
    でもあまり思いつめないで、まずは、市などの心の相談窓口でカウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。
    これからの人生、あなたには、いろいろな出会いが待っていますよ!

    ユーザーID:0496135478

  • 自分の居場所を作る

    自分の居場所を作ることが大事だと思います。
    ボランティアやNPOに所属してみると、人の役に立てる
    達成感が得られると思います。
    また、動物を飼ってお世話してみるのもいいかも知れません。
    動物は安らぎになるし、自分が世話をすればつながりも生まれます。
    心を紛らわすものがあれば今よりきっと楽になるはずです。

    ユーザーID:8773911358

  • 私の場合−1

     そうですか死にたいのですか・・・

     私は海外に住んでいるのですが
    自身の会社が潰れてしまい、もはや人生には何の希望もなくなったと考え
    死に取り憑かれてしまった事があります。

     その時は手首も切ってみましたが
    準備が悪かったのか刃先が鈍っていたために中々切れず、何度も切っている
    うちに肉が弾けてめくれ上がり、激痛の為に作業を続ける事が出来ませんで
    した(死ぬかと思いました…)。

     そのため今度は首を吊ってみましたが
    電気コードの強度が足らずに切れてしまい、しこたま尻を床に打ち付け
    目から火花が飛び散り、呻いてしまいました(死ぬ程痛かったです…)。

     また睡眠薬を大量に飲んだのですが
    その後、何故か夢遊状態で丸二日間外を歩き回り、その間は知り合いにもあって食事もした様なのですが、気が付くと家に戻って来て、ベッドの上でいびきをかいて寝ておりました。

     体重が一挙に五キロ以上も落ち
    げっそりと痩せてしまいましたが結局は死ぬ事が出来ませんでした。

    ユーザーID:5987448560

  • 私の場合−2


     やはり死が怖かった。

     自身がこの世の中から消滅してしまう事がどうしても考えられませんでした。

     自身が知っている世の中の様々な出来事や歴史というものは
    自身が生きているからこそ存在しているのであり、自身が生きて来たヒスト
    リーの中で存在しております。

     そのヒストリーが自身の消滅と共に何もかも無くなってしまう。

     所謂ブラックアウトしてしまい、その後は“無”という事です。

     正に走馬灯の様に子供の頃から現在に至るまでの記憶が蘇り
    切なさとたまらない寂しさに凍り付く様な寒さを感じ、ガタガタと震えてし
    まいました。

     自身の様なちっぽけな者の歴史は
    やがて人々の記憶の中から忘れ去られて行き、その時こそ自身の存在がこの
    世の中から無くなってしまうのだと考えたら、死がとても恐ろしくありました。

     凍てつく様な広大な宇宙空間に
    一人で放り出されてしまった様な、恐ろしい程の孤独感を感じてしまいました。

    ユーザーID:5987448560

  • 私の場合−3



     結局その時は死ぬ事が出来ませんでしたが
    しかし「死」というものは遅かれ早かれ誰に於いても訪れるものであり
    逃れる事は出来ませんので、ジタバタしてもしかたがありません。

     またその死のうと思った時から既に数年経ってしまいましたが
    仕事があまりないため生活そのものは苦しい事はありますが、しかし慌てて
    死ななくとも仕事が無くなれば救貧状態になりますので、その時は覚悟をし
    なければなりません。

     しかし現在のところは時間だけは沢山あるため
    一日三時間程度の仕事と、後はフィットネスに毎日通っており、その後は昼
    寝と読書、それとネットをしております。

     こうなって来ると
    あのとき死のうと思ったのは一体何だったのかという気が致しますが
    おそらく鬱に取り憑かれていたのだと考えます。

     死は何れ訪れるもの、死に急ぐ事はありません。

     また寂しい自分を哀れに思い
    回りに対する仕返し的な死であってはなりません。

     その若さであればまだまだ生きてて良かったと思える事は沢山あります。

     一人で悩まずに病院に行かれる事をお勧め致します。

    ユーザーID:5987448560

  • たまらない。。。

    「誰かに殺されたほうが良い」だなんて、
    かわいそうで、本当にたまらない。。。

    ここまで、
    自分を否定するって読んでいても辛いです。
    けれどまだトピ主さんには、
    愛されないという不安による、
    「自分と世間に対するヤケクソ感」に留まっている気もするんです。
    でも本当に弱い人間はね、
    「いざというときには自分だけを守ってしまう」ものなの。
    人を見捨ててでも逃げるものなんです。
    私はトピ主さんにはそうなって欲しくないです。

    私が何より悲しいのは、
    トピ主さんがそういう、
    愛の無いご家庭に育ち、
    いまも苦しんでいるということです。
    でも「苦しい」ということは、
    助かりたいのでしょう?
    この世には愛がある。
    それが人間が生きる場所であり姿だと。

    どうか、
    愛や思いやり、
    心にあの「レンブラントの光」が射す様な一瞬、
    こころがいっぱいになる充実や優しさを知るまで、頑張りましょうよ。

    それが生きる意味だからと、
    社会の底辺で産まれ育ち、
    家もお金も無くひとりで暮らす私も、
    愛を信じて生きていますから。

    ユーザーID:5277518836

  • 自分を大事にしてあげよう!

     ニココさん、こんにちは。25歳ですかあ、お若い!うらやましいです。
    私も30才で死のうかな・と考えていたころがニココさんの年頃だったように思います。そういう頃もあるのかもしれません。
     毎年毎年年賀状でも「相変わらず・・」と書き添えていた頃です。本当に特別書くこともなく過ごしておりました・・。
     今思えば、世の中をよく見ていなかったように思います。世の中が広いということ、いろんないろんな人がいるということ、そのわずかな人を知っているだけであるということ。
     迷いの中にいるのではないですか?思いに束縛されていませんか?
     25歳の年を大事にしてあげてください。ニココさんご自身は自分を褒めたり励ましたり、甘えさせてあげたりしていますか?
     友達や恋人の前に、どうぞご自分をしっかり大事にしてあげてください。
     私も相手をみずに、まず自分を大事にするところから始めましたよ!なんでもいいと思います、お化粧や、入浴や、ウィンドウショッピング、ちょっと贅沢に食事をしてみるとか・・。書店をのぞいたり・・。私はエッセイとか読んで結構影響を受けた覚えがありますよ!楽しみましょ!

    ユーザーID:9972607614

  • ニココさんは生きたいと思っている

    ニココさんは「死にたくて仕方ありません。」とおっしゃってますが
    そうじゃないと思う。

    ただ、「大した資格もなく、だらだら生きてきて後悔」するような
    生き方をしたくない、と思っているだけなんです。

    そしてニココさんの同級生のように頑張って充実した生活をしたい。
    そう思っているのではありませんか。

    ニココさんは頑張って充実した生活をすることはできます。
    今までの自分を捨て、新しい自分に生まれ変わるのです。

    ただし、あせったり、他人と比較したりしないで、
    「自分自身が納得できるかどうか」を考えながら、小さなことから少しづつ始めてみてください。

    時間がかかってもいいのです。

    そしてやりたいと思ったことは途中で諦めずにやり続けましょう。

    諦めたらそれで終わりですが、諦めないかぎり、
    ニココさんはどんどん変わっていけると思います。

    ユーザーID:1760454045

  • わたしも

    消えたいです。

    詳しくは書きませんが、夫に恋人がいることがわかり、お腹にいた子を流産し、抜け殻状態です。

    それでもいつもどおり仕事をし、周りの同僚といつもどおり笑顔で会話し、休憩時間に小町を見たりしています。
    でも本当は次の呼吸もしたくない、今すぐ消えたいです。
    家で一人になると、ずっと消えることばかり考えて涙を流して放心しています。

    だからと言って本当に消える勇気もない。。
    私もこのトピ、参考にしたいです。

    ユーザーID:6061493500

  • 同じケースがあります

    同じケースが私のすぐ身近であります。結論から言ってウツ病と思います(但し、私は医者ではありません)私は前記のプライベートな女性以外に仕事の部下男性にもいました。少なくありません(1〜2%くらいかな)原因は貴女と同じ周囲との人間関係で自信を無くす時です。恒久対策は生活環境を大きく変える(アメリカへ行って成功した例もあるくらいです)ことですが、それが出来るくらいなら日本でも何とか対策が打てるでしょうがーー。環境を何とか変える事を考えてみてください。当面の対策は他のレスにもあるように医者(精神科)に行く事です。薬を色々手配されますが、治りますよ。でも薬の効果が出るのに一ヶ月、そして治ってから薬をやめるのに3ヶ月はかかります(急には絶対止められません。理由は医者が説明します)是非医者に相談することをお勧めします。何かあれば又投稿してください。

    ユーザーID:7973941918

  • 辛かったんだね…

    ニココさん、はじめまして。おチビむしといいます。

    今日初めて小町に来たのですが、あなたのトピを読んで、胸が痛くなりました。
    さぞかし辛い思いをされてきたのですね。

    でもね、『消えたい』『いなくなりたい』なんて思わないで!
    この世には、あなたを必要としている人、そして、あなたがいなくなると悲しむ人がいるんです。

    大丈夫!!
    あなたには、今まで辛い思いをされてきた分、これからはきっといい事がありますよ!

    まだ25歳、人生を諦めるにはちょっと早すぎるよ。
    胸を張って、どーんと構えていこう!

    ユーザーID:3106741004

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧