趣味・教育・教養

茶道の楽しみ

レス11
お気に入り9

小梅

学ぶ

28歳専業主婦の小梅と申します。
今、着付けを習っていますが、着物が着れるようになったら
茶道を習ってみたいと思っています。

抹茶と和菓子が好き、着物を着る習い事がしてみたい、
京都在住なので、和の習い事をしてみたいというのが理由です。

周りに茶道をやっている人がいないので、お聞きしたいのですが、
茶道のここが面白い!という体験談やご感想を教えてください。

ユーザーID:1667935521

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は別の意味でトピをたてようと思ってました。

     茶道ってなんか惹かれるんです。私も生活が落着いたら茶道を習いたいと思います。
    学生の時にやってました。その自分は遊び半分でして、学ぶという本来の目的には程遠かったです。が、今また茶道をやってみたい気になってます。
    暇ができたら、土日のいずれかの休みには自分で楽しむ為に時間をとって続けていこうと考えています。


     何故そこまで惹かれるのかというと、単純な作法?所作?の繰り返しだけど、私の知りたい事、気付かなきゃいけない事が隠されてると思うからです。
     
     例えば仕事でミスをしたりすると思います。落着く事は大事だと思います。なにしろ一つの事をきちっとする、これが大事だと思います。そんな事を教えてくれるのが茶道だと思いますし勉強になることが凝縮されてると思います。しかも答えはすぐには教えてくれません。そこがいいのです。
    じわーっときて、日常生活をも通し連携プレイのごとく気付く?勉強になるというのかそんな感じが茶道にはあるのでそこが茶道の魅力です。上手く言えないのですが。私にとっては茶道はこんな感じです。

    ユーザーID:1290903283

  • 独身時代に習っていました。

    なぜ、習い始めたかと申せば
    花より団子、お稽古中に「お菓子が食べられる」のは
    茶道だけだから・・・という
    少々?不純な動機からでしたが、幸い師匠にも恵まれ
    楽しくきちんとお稽古させて頂けたと思っております。

    茶道を習い始めてから、所作が落ち着いたと思います。
    それ以前は、「自意識過剰」気味で例えば、来客接待の時など
    お茶を出すだけでもぎくしゃくしたりしていたのですが、
    茶道のお手前を習っていくうちに自分を客観視出来るように
    なり、心の持ちようが変わってきたせいだと思います。
    本当に習ってよかったと心から思っています。

    茶道でも、「香道」を取り入れたお稽古や「花月」という
    小さな絵札を使って行うお稽古が楽しくて和やかで好きでした。

    私は、茶道を習ってから、「着付け」を始めました。
    お茶会に出席する時に、自分で着付けて行く事に
    憧れもありましたし、美容院に行く費用も時間も勿体無い気がして
    茶道を習っている友達と、着付けも始めたのです。

    お蔭様で、着付けも「特技」として身につきました。
    これも茶道を習ったお陰だと思っています。

    ユーザーID:6207817935

  • 季節感かな?

    私が茶道をしていたときに楽しみだったのが
    「今日の茶菓子何かな?」と
    季節感を感じる茶菓子で
    とても楽しんでましたね。

    ユーザーID:2498925446

  • 違う自分になれる…かな?

    今は日本にすんでいないのでやっていませんが、こちらにくる直前まで10年ほどお稽古に通っていました。何も続かない私の、唯一長く続いた習い事でした。(華道もあわせて習っていました)

    お稽古中やお茶会のときって、なんだか自分の世界と切り離されて、違う世界に来た感じっていうのかな。普段はがさつで歩くのがすごく早いのですが、お稽古中はテンポが違います。ですので私の場合は、違う自分になるっていうのが、魅力だったかも。あと、静かな中、お釜の中の水が沸騰する音を聞いたり、お香の匂いを嗅ぐと、非常に心が落ち着きました。

    忙しい世の中、ゆっくりすることも大切なので、是非はじめてみてください。でもね、思いのほか沢山お金がかかります。お免状代とか着物代とか。

    ああ、久しぶりにお茶を立てたい!

    ユーザーID:6606886129

  • 10年以上習っています

    小梅さんは、着物が好きなんですね。
    茶道は、着物を着る機会が多いので着付けと共に楽しめますよ。
    茶会でのお手前は、凛とした気持ちになります。

    茶道は、異次元の世界です。
    言葉使い、礼儀作法、非日常的な時間の流れに癒されます。
    お呼ばれも楽しいです。
    季節のあったお道具の取り合わせを見るのも風情がありますよ。

    茶会は、早い時間に終るのでその後、お稽古仲間と食事に出かけることも多いです。(長い時間一緒にいるので仲良くなりやすいよ)
    お稽古仲間と会えるのが楽しから長く続けられるのかも。

    ユーザーID:8549068460

  • 京都で茶道!

    最高にいい環境ですね!

    今は習ってませんが昔熱心な先生についてました。
    お茶は和の芸術の総合的なものを楽しめるのかなと思います。

    茶道で使う、茶碗、棗、茶杓、柄杓、お釜、水差し、菓子器などの道具から
    床にかける軸、飾るもの、お花など、これらの扱いや鑑賞法を学べますよね。
    お茶のお手前のほかに、お客の作法、和室での立ち居振る舞い、挨拶の仕方も。

    私の先生は茶懐石のお稽古にも行かれてましたけど、
    お茶とお菓子だけでなく、懐石料理も入ったお茶になると
    さらにお料理や別の器の楽しみも増えると思います。
    様々な決まりごとがあるようですが、先生の作ってくださったお料理は本当においしかった!

    お庭の入り方や手や口の清め方、茶室、庭、と部屋の中だけじゃないんですよね。

    軸、お花、茶碗などの道具すべて、お菓子や扇子、お庭の植物などなど、そして着物!、
    すべてで季節の移り変わりを感じられる文化があるのは、すごいなぁと思いましたよ。
    一期一会の精神もいいですね。お香のかおりも好きでした。

    京都なら歴史的な茶室に行く機会もありそう。楽しんでください♪

    ユーザーID:5105174361

  • たのしいですよ〜

    茶道たのしいです!

    茶道をしているときは、時の流れ方が違う気がします。
    たくさんの所作があるようで、無駄がない丁寧な動き。

    まだまだひよっこですが、毎週茶道のお稽古にいけること、
    とてもうれしく思ってます。

    ユーザーID:7827516954

  • 面白さというより魅力?

    高校時代に茶道部でした。

    私は茶道の魅力は“心が洗われる”ところだと思います。
    自分の中のモヤモヤっとしたものや醜いものが、
    すーっと浄化されていく気がするんです。

    普段の生活とは違うゆったりとした時間が流れるので、
    巷の喧騒から逃避でき、落ち着くことができます。

    私もまた茶道を習ってみようかなと思いました♪
    トピ主さんも茶道の楽しみが味わえるといいですね!!

    ユーザーID:7982257669

  • よい先生を選んでくださいね

    茶道、とっても楽しいですよ。
    京都にお住まいとのことですから、流派も先生もいろいろと選べる環境ではないかと思うのですが、周囲の方からお話を聞いたりして、自分で「この先生となら楽しくお稽古が続けられそう!」というお師匠さんを見つけてくださいね。先生によって楽しさがまったく違います。

    どの先生もお免状はお持ちでしょうから、基本的な所作は同じように教えてくださると思いますが、一見「どうしてそういう順序じゃないといけないの?」と思うような所作のひとつひとつにも当然意味があります。「昔からそう決まっているから覚えるもの」というような言い方ではなく「この順番でないといけない理由」をきちんと教えてくださる先生がよい先生ではないかと思っています。
    そうやって覚えた所作は、多少のブランクがあってもすぐに体が自然に動くものです。

    あと…下世話な表現ですが、お金持ちの先生(=いいお道具を持っていらっしゃる)がよいと思います。カルチャーセンターなどではとても見られないようなお道具や書画の実物を見るのは、本当によい勉強になりますよ。
    (続きます)

    ユーザーID:6071400306

  • よい先生を選んでくださいね 2

    わたしのお師匠さんは、朝茶事をクラクラするような貴重なお道具で揃えた中、蓋置きだけが宝貝の上下を切り落として筒になったもので
    「先生、これは…?」と尋ねると、
    「これはね、この間オーストラリアに行ったとき、お土産屋さんでナプキンリングとして売っていたの。5ドルだったのよ〜(笑)」。
    たしかに、夏の茶事ですから貝でできたお道具はぴったり!
    高価なお道具で固めないところはまさに「数寄」の心ですし、海外に行ってもお茶のことが片時も頭から離れないことなど、ますます尊敬してしまいました。

    こういうお茶席は、お客として座っているだけでも面白いでしょうけれど、前日からの準備のお手伝いをすると、時間に余裕もありますから、先生が「このお花はね…」「このお軸は…」と説明してくださったり「お水はドコドコの湧き水を取り寄せたんだけど、ちょっとお水だけで飲んでごらんなさい」など、裏方の方が楽しいことが多いかもしれません。…当日は大忙しだったりいたしますが(笑)。

    お茶をたてて飲むばかりでなく、器もお庭もお花も書画も楽しめる、まさに「総合芸術」です。

    ユーザーID:6071400306

  • トピ主です

    みなさま、ありがとうございます。

    いい先生がみつかりまして、来月からお稽古に
    通うことになりました。

    とても楽しみにしております。
    茶道を通じて、いろいろな感性を磨いていければ
    いいなと思っています♪

    ユーザーID:1667935521

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧