怒らない育児

レス64
お気に入り172
トピ主のみ2

タンタン

子供

私の周りに3歳まで叱らない、怒らない育児をやっている方が数人います。
その中の一人の友達の子は今、現在6歳になるところですが、かなりのワガママで善悪の判断がつかないように見えます。たまたま、その子の性質がそうなのか?怒らない育児の方法を間違えたのか?趣旨を勘違いしたのか?育児書自体を読んでいないので分かりかねます。その友達は4歳ぐらいからはかなりきつく叱るようになりましたが、効き目がゼロのようです。

育児というのは長い年月をかけて行うものなので、今の幼児期だけを見ていても失敗、成功の判断は難しいと思います。
そこで、3歳まで怒らない、叱らない育児をしてきて、今現在、小学生高学年以上のお子様をお持ちの方にうかがいます。
怒らない育児をどのように実践して、お子様はどのようになられたかというのを教えて下さい。

そういう方をご存知の方も、ご意見お待ちしてます。

ユーザーID:6882943819

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数64

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ハッピーアドバイスVSその子育ては科学的に間違っています

    トピ主さんの参考になる例は知り合いの範囲にいないので、
    答えにならずに申し訳ないのですが。
    先日、図書館で「その子育ては科学的に間違っています」という本を
    借りて読んでいます。
    「子育てハッピーアドバイス」シリーズも読みましたが、
    その子ども中心主義が過ちであるという趣旨の本みたいです。
    ハッピーアドバイスでは怒らない育児を推奨しているわけでは
    なかったのですが、読み方によってはそう誤解する人もいるかも
    しれませんね。
    「科学的・・」がまだ途中なので結論は出ていませんが、
    3歳までに我慢を教えないと手遅れになるというようなことが
    書いてありました。
    ハッピーアドバイスでは3歳までは思いっきり甘えさせていいと
    いう内容でしたよね。
    どちらを信じるか、迷うところです。
    私も他の方からのレスを参考にさせていただきます。

    ユーザーID:4320918583

  • 学校で苦労したようです。

    3歳まで叱らない育児をしていた知り合いがいます。子供は今高学年です。

    小さい頃は、噛み付きや乱暴が収まらなくて大変でした。

    小学校に入って、友達と上手くいかない、身の回りのことがきちんとできない、等々あって、お母さんはよく叱るようになりました(やさしく言い聞かせてなんとかなるレベルではなかった)。でも急に厳しくされて、精神的に不安定になり、低学年の間はしょっちゅう泣いてばかりでした。

    結局、同じ学校の友人や保護者、先生方とうまくいかず、途中で転校していきました。

    ユーザーID:2405169057

  • 息子の園が実践していました

    叱らない育児ではないので趣旨から外れますが・・・。

    子供の園がモンテッソーリで、怒らない育児は徹底していました。
    でも、1歳児でも悪いことをしたら叱ります。あくまで言い聞かせや表情、しぐさであり、荒い言葉は決してありません。
    幼児は1度では判ってくれませんから、悪いことをするたびに、しつこくしつこく繰り返してです。

    言葉もわからない年齢の子に言い聞かせるんですから、怒る育児より、指導者の忍耐力、精神性、根気が問われます。

    園の先生は幼稚園教諭の免許以外に、その専門教育を受けた人で、更に親向けの専門家講演会、家庭での指導方法についてのレター、毎月の母親向け勉強会など、家庭でも園での教育を生かすためのフォローがたくさんありました。

    年少で癇癪を言って泣き叫ぶ子も、年中、年長になると見違えるように、人の話を聞ける、自立心のあるしっかりしたお子さんになっていましたよ。

    でも、殆んどの躾は園でしていただいたという気持ちです。
    家庭だけだとやっぱり感情に走ってしまうし、専門家の具体的な指導がないと、実践は難しいかなというのが感想です。

    ユーザーID:5742593505

  • 本当にあるんですね

    「○歳までは何を言っても覚えていないっていうから、怒ったり注意しない(方が良いらしいよ)」
    というようなことを、3歳だったか2歳だったか、年齢ははっきり覚えていませんが、1歳半の男の子を育てている友人が言っていました。
    初めて聞いた育児方法なので驚いたものです。
    どんな風になるかは3歳を過ぎてお説教オープンになってからの育て方によるのでしょうが、私もこの話、気になります。

    ユーザーID:7688880273

  • 怒ると叱るは違う

    子供に対して「叱る」ことは必要だと思いますよ。
    「叱る」と「怒る」は同じではないです。

    愛情を以って叱ることは必要だと思いますが、
    感情を露わにして「怒る」ことは子供に悪影響を与えます。

    幼児を持つ親御さんには、
    ここを勘違いしないで頂きたいですね。

    ユーザーID:5408857758

  • 友達は

    上手な「叱らない」を実践してるお母さんと下手な「叱らない」を実践してるお母さんを知っていますが、どちらの子も共通して「聞き分けの良い子」な気がします。おそらく普段からガミガミ言われている子に比べ あまり叱らない親の子は「怒られる=悪いこと」と認識し易いんでしょうね。

    でも上手な「叱らない」お母さんの子は問題なく良い子育てなんでしょうが、タンタンさんの言うように叱られないからワガママし放題の子っていますよね。叱られたことに対しては聞き分けがいいのですが、普段叱られないので、基本的にワガママです。3歳まで叱らない親は子供が幼児になっても児童になってもあまり叱らず、他の子に危害を加えても 公共の場で騒いだりしても叱らない(叱れない?)親だったりするので、一概に「叱らないことが良いこと」みたいに唱えるのもどうかと個人的には思っていますが・・・。

    ユーザーID:4998641339

  • 知り合いがそうやって育ちました

    友達の夫がそうやって育ったそうです。
    とても情緒が安定していて、頭もいいし、エネルギッシュだし、何でも笑い話に出来る機転もあるし。
    お姑さんには「男の子はしからないで育てるのよ」と言われるそうです。
    ほんと、天真爛漫な旦那さんです。うらやましい。
    でもたぶん、そのお姑さんのもともとの性格もあるんじゃないかな。怒らないタイプの人っていますよね。
    べつな知り合いで怒ったことがないというお母さんを知っていますが、「この人なら怒りそうにないな」と思います。

    でも逆パターンもしっています。見るからにいつも怒っている表情、態度のお母さんなのに、声をかけるときは猫なで声、「叱ったことはない」そうです。
    でも、「怒ってるのわかるよ〜」という感じ。 子どもは人の顔色をいつも伺い、でも空気が読めない、という可哀想な状態でした。
    それくらいだったら、いつも怒っていて、子どもがお母さんに「怒りんぼ!」といえるくらいになったほうがいいと思います。

    怒らない育児が大事というより、自分の性格・スタイルにあった育児をがいいんじゃないかと思います。

    ユーザーID:8223533762

  • そもそもの勘違い

    怒らない育児というのは、叱ることを禁止するものではなく、
    叱らなくても子どもにきちんとやらなくてはいけないこと、
    やってはいけないことを覚えさせるように工夫をしよう、
    というものです。

    ですが、トピ主さんのご友人のように、
    叱ること自体がいけないと考える人もいるのであれば、
    怒らない育児といっても育児法自体は十人十色ということであり、
    トピ主さんが望む事例紹介をしてもらっても比較できるものでもなく、
    意味がないということになります。

    それ以前に、他の方に質問されるのであれば、
    少なくとも先にその方針で書かれている育児書等に目を通すぐらいの
    ことはするべきではないでしょうか。

    ユーザーID:6215681854

  • 知っています

    私の同級生の女の子の家がそういう教育方針でした。
    40代で念願の赤ちゃんだったために子供に嫌われたくなくて怒ったりしなかったから幼稚園位のときは他の保護者からかなり批判されるほどの暴れん坊ちゃんでした。

    でも彼女は今普通に働いて礼儀もちゃんとしています。
    彼女は高校の時に母親が他界しました。
    その時から変わったように思います。

    もう1人の同級生の子も兄弟の中で1人女の子だったので怒られたことがない子でした。彼女も小学校の時に親が他界しています。
    でも彼女の印象は明るく前向きで最初から怒られなくても何でも出来る子だったのではないかなと思うほど何でもこなせていました。

    友人の保育関係の講師で子供は叩いたり怒鳴ったりしなくても優しく諭すだけで言うことを聞くようになる、言うことを聞かないのは親との信頼関係が出来ていないからという人がいたと聞きました。
    育児で私は怒らないで育てることが難しいので友人に「その人は何人育てたの?
    」と聞くと「独身で子育て経験ないよ」とのことでした。

    ユーザーID:6139422314

  • 子供による

    頭のいい子は小さい頃から善悪の判断が出来るので叱らない育児ができますが、並以下の子には難しいと思います。
    身近に両方のタイプがいますが、前者は周囲の評判も良く成績は常にトップ。
    現在高2で、部活ではインターハイを、進学では東大を目指しているそうです。
    後者はまだ小学生ですが、親が感情を抑えて忍耐強く、なぜいけないかを説明してもあまり聞いていません。
    同じことを何回も繰り返し、時には親を困らせるのを楽しんでいるかのようです。
    そういう子にはビシッと叱るのも必要なんじゃないかと思いますが。

    ユーザーID:8746134106

  • 友達が実践中

    友達が夫婦で実践しています。
    そういう育児書があるそうですね。

    私が友達の家でみたことを書かせていただきますね。

    友達にその育児書をみせてもらいましたが、本当に、「怒る必要はない」と書いてありました。
    友達は育児書に従い、子供がどんなわがままを言っても、愛してるよ、可愛い、大好きよと抱きしめてます。

    その子は現在2才半。
    他の友達の同じくらいの子供たちに比べてわがままにみえました。
    思い通りにいかないと泣くので、1日ほぼ泣いていました。
    私はその子に突然顔をパチンと叩かれました。
    親はその子を抱きしめて「だめよ〜○○ちゃん、いけないよ〜どうしたの〜」って言っていました。
    私に対しては親である友達が「ごめんね」と。

    その友達の話によると、今は子供はそれが本来あたりまえの状態なので叱る必要はなくただ抱きしめ愛情を与える期間だそうです。

    私の密かな感想は
    「子供ができても私はその育児法は選択しないな」 でしたが…
    実際子育てをなさっているお母様方の意見、私も是非伺いたく興味深いです。

    ユーザーID:9628169731

  • 我が子のお友達にいました

    ご近所さんにいらっしゃいます。お子さんが小学生2人、幼児1人。
    ご夫婦でなにか信念を持って怒らない育児をやっていらっしゃるようで、それは構わないのですが、

    子供達は或る意味社会から浮いていて哀れです。

    自己主張が強い、兄弟仲がとても悪い、あやまらない。大人を小馬鹿にしている。

    ここの一番上の子が最近まで我が子とお友達でした。過去形なのは、高学年になった我が子が、思う所あったのでしょう、自分から距離を置いたからです。

    私はずっと当らず触らずのお付き合いをしておりますが、最近聞いた所によると、ご近所中から避けらていて、近々引っ越しなさるようです。

    ユーザーID:5040702102

  • うちの近所のおぼっちゃんが

    うちの近所のお坊ちゃんがそれでした。親が結構年齢が行ってからのお子様だったのでしょうが
    かわいくてかわいくてしょうがないといった状態でした。本もよく読んで熱心に研究されて
    実践されたのでしょう。ところが、小学校に入るか入らないかの時期には近所の同い年の子供からは
    総スカンをくわされ、親も御せずに、ものすごい内弁慶のように見受けられます。
    道で出会ってもさっと下を向くか、物陰に隠れる、弟に暴力、こちらが声をかけるのを
    ためらうほどの性格というのでしょうか。
    小さい頃は社会性を養うときでもあると思います。怒らないでいてある日突然怒られて、(注意されて)
    本人は相当苦しむはずです。赤ちゃんのうちには見逃して貰えたことでも
    成長と共に整えて(ある程度叱って)あげるのが本人のためのようにも思います。

    ユーザーID:3200926455

  • 友達の子がそうでした

    叱らない3歳まではそうとうやんちゃでした。ADHDではないかと友達は真剣に悩んでました。どこからか、叱るようになったようで、今ではお受験にも合格、明るくて聞き分けのいいかわいい子になってます。
    ただそうなるまではほんとに大変そうで、忍耐忍耐悩みだらけに見えました。
    叱らないしつけは親のキャパにもよるんじゃないかな。
    もし、彼女の忍耐がなかったら、やんちゃなまま我慢の聞かない暴れん坊で大きくなったと思います。

    ユーザーID:5572935160

  • 興味深いトピです

    子育て中の私にとって叱らない育児をめぐる論争、興味深いです。

    まだ結婚したばかりで子どもがいなかった頃、ドイツ人の知人がこんなことを言っていました。「躾は厳しくなっては反省し、緩くなり、緩くなっては反省し厳しくなりと繰り返されている」と。子育ての方法については、なかなか明確な答えが出ないのだなあと当時感じました。

    こういうトピに登場する叱ることを怒ることと履き違えず実践し、大声をあげず冷静に諭して子どもを導くお母さん方に頭が下がります。頭ではわかっているのですが、実際はなかなか……。子どもが二人になってからは危険が切迫することが多く、大声を出さないと子育てが成り立ちません。うちの子らはすばしっこいので、尚更なのでしょうが。

    わが身を振り返り、叱ると怒るを弁え、行動できるお母さんが多く、立派だなあと思います。そういう方はどのようにお育ちになったのか知りたいです。

    叱る叱らない以上に育児は密室の方が気になります。子どもが色々な人に触れ、色々な人との様々な体験することを心がけています。

    ユーザーID:3808232901

  • 一歩間違うと…

    叱らない、怒らない育児って、成功すれば本当に良い子に育つけど
    一歩間違うと大変ですよ、後が。

    私の従姉妹の場合
    一人息子を叱らず、可愛がって褒めて育てました。
    自分が怒られて育てられたからそれはしたくなかったと。
    その息子は、お母さん大好きで、いつもお母さんの味方、家の手伝いもばっちり出来る
    性格も良く本当に良い子になってます(高校3年)
    ただし、かなりのマザコンのよう。

    幼稚園のママ友の一人で叱らない、褒める育児をしていた人の場合。
    やっぱりお母さんの事が大好きで、元気いっぱい。
    悪いことをしても他人に対して迷惑行為に及んでも
    彼女は一生懸命言い聞かせる(説得する)のみで、本気でドカンと怒らない。
    その子は母親の前ではとてもよい子でしたが
    親が見てない所では傍若無人な子でしたね。

    御主人の仕事の都合で小学校はアメリカの学校でしたが、
    1年生になったときに、学校側から
    「キンダーガーデン(幼稚園)に行くように」と言われたそうです。
    小学校は無理だと。
    そりゃそうだろうなぁ、何やっても怒られないから
    怖いモノナシな子になっちゃって当然だろうなぁ、と私は思いましたが。

    ユーザーID:7855829686

  • 2度目です。その子を叱ったところ・・

    ご近所に3人、叱らない育児をされた子供がいると書き込みした者です。
    その一番上の子(A)を間接的にですが叱ったことがあります。
    状況は
    まだうちの子と親しかった頃、家に遊びに来た(他にもう一人Bもいた)のに挨拶なく二人とも黙って帰った。
    うちの子が「お母さん怒ってたよ。」と二人に学校で言った。
    その次の日、偶然道で私とばったり会った二人。
    Bはすぐさま私に近づき
    「昨日はすみませんでした!」ペコリ。
    そしてその子は・・きびすを返し走って家に逃げ帰った。

    びっくりしました。これが同い年なのかと。
    思えばこれがきっかけで、うちの子も見切りをつけたような気がします。

    ユーザーID:5040702102

  • 叱る育児は必要1

    海外在住です。こちらの人はほとんど「怒らない育児」です。でも悪いことをしたら「叱ってます」。子供も良い子だし、これこそ「怒らない育児は良い」と思えます。

    日本で子持ちの友達がたくさんいますが、「叱る」と「怒る」を混同している人が多いように見受けられます。「怒る」は怒りの感情を子供にぶつけることで、「叱る」は子供を諭すことだと思います。よく言われる優しく「だめよ〜」は、叱ったうちに入らないと思います。ただ言ってみただけ。分からせないと「諭した」ことにはなりません。

    3歳まで「叱らなかった」友達の子供は、保育園でワガママ放題になり友達は困ってました。その前にもママ友から注意されてたのに聞かなかったから、その時には助けてくれるママ友もいなかったし、子供にも友達がいませんでした。私も子供と会うと殴られたりして親(友達)も止めてくれなかったので会いませんでした。

    子供が大きくなって会ったら、一見良い子でしたけどすごいママっ子になってました。当然ですよね。ママだけは悪いことをしても叱らないけど、他の人はみんな叱るんですから。信じられるのはママだけになるでしょう。

    ユーザーID:9457299759

  • 叱る育児は必要2

    実は私の妹も叱られたことなく育ちました(母は叱らない育児を知りませんでしたが末子のかわいさに叱れなかったそうです)。30歳になる妹もすごい人見知りでマザコンです。母がとうとう「いい歳をして!」と注意したら(妹には初めて叱ったそうです)、妹は「もう生きていけない」ほどにショックを受けていました。母はそれを見て「かわいそうなことをした」と以後注意してません。
    独り立ちできない妹の将来が心配です。妹は私の言うことを聞きません。妹が信頼しているのは母1人です。

    本当の「怒らない育児」をしている友達がいます。怒鳴ったりしませんが、子供が悪いことをすれば少しきつめの声で止めるまで注意しています。子供はすごく良い子でのびのびとしています。

    「怒らない・叱らない」育児ではなく「怒らない」育児が正しいと思います。親が叱らなくても、周りは子供が常識からはずれていれば叱ります。その時に「親が変」だと思う子供は稀だと思います。「周りが変」だと周りの方を受け付けなくなるでしょう。世間一般常識に馴染めない子供を作らないで下さい。ちゃんと叱って常識を教えてください。

    ユーザーID:9457299759

  • 最近多いですね

    最近叱らない親が本当に増えているので何でそんなに甘いんだろうと思いましたが
    興味ありますさんがおっしゃっている「子育てハッピーアドバイス」の影響でしょうね。
    本の内容は確かにいいことを書いているのですが「一歩間違えるとこれは…」と思うことが多いです。
    たとえば

    ・叱っていい子といけない子がいる
    ・甘やかすと甘えさせるは違う

    読んでいると「なるほど!」と思わせる内容ですが、場合によっては

    「この子は弱いから叱ってはいけない」 「私は甘えさえているんであって甘やかしているんじゃない」

    などと叱らない育児を自分のいい様にとれてしまいます。
    又は

    「この子は甘えが足りない!もっと甘えさせてあげないと!」(結果甘やかしすぎ我侭に)

    という親の思い込みで叱らないケース。
    その内「怒られている=構ってもらっている」とも感じ、騒いだりするのかもしれませんね。

    ちなみに私の夫も義兄も叱られたことがない所為か協調性が全くなく
    人の話を聞けない・自分の意見を曲げることが出来ない人間です。
    義兄はニート、夫は自覚しつつ改善に努力しています。ご参考までに

    ユーザーID:8727731875

  • 叱ってなんぼ

    幼児期の子供はイヌネコと同じですからしつけなければなりません。
    これは親の務めであり責任です。

    そんな当たり前の事が常識ではない時代なんですね。

    叱り方にもコツがあります。
    間 が大事。

    うちの子は実にいい子に育ってます。

    ユーザーID:6531871480

  • セオリー通りにいかないことも子育てには多々あるかと

    「叱らない育児」という一言では語れない問題ではないでしょうか。子供の気質や両親の性格もあるでしょうし、そのときの家庭の雰囲気や兄弟の有無とかでも影響があると思います。私も16歳になる息子には周りの親子と比べると叱らない育児を実践していたタイプでした。叱るような行動を起こす要因をできるだけ遠ざける努力をしていましたし、悪い兆候が現れたら事前にその場から離れたり、壊しそうなものをさりげなく遠くに置くとかで回避していましたので声を荒げたり、手を上げたりという叱り方はしなかったのですがそれができたのは一人っ子で私もそのころ専業主婦。時間的にも精神的にも余裕があったおかげと思います。またのびのび暴れてもいい場所とそうでない場所があることはできるだけ3歳くらいで把握させるのが良いと思うのですが、そういうメリハリをつけるには大きな声や怖い顔や痛みを与えて恐怖で躾するのはやはりNGではないかな?もし怒りのあまり恐怖を与えてしまったときは愛情をたくさん示してフォローするとかも必要だと思います。実際は思う通りにはうまくいかない瞬間も多々ありそれが子育てと思いますよ。子供はロボットじゃないのですからね。

    ユーザーID:4898076899

  • 私は叱らない育児が向かない親です

    いくら親が、叱らない育児をしようと育てても、それが合う子と合わない子はいると思います。
    そして、叱らない育児が向く親とそうでない親もいると思います。
    むしろそちらのほうが重要なのでは?

    叱らない育児というのは、叱る必要がないくらいに子供とコミュニケーションをうまくとることだと理解しているのですが、周囲の方へのご迷惑なども考えると、私にはあっち(周囲)もこっち(子供)も、うまくはできないので、ふつうの(叱る)親の部類に入っていると思っています。
    少なくとも迷惑をかけた方の前では厳しく叱るべきだと思いますし。

    叱らない育児だからといって、叱りたくてうずうずしていてそれを抑えているのでは、何の意味もない。
    叱るべき状況なのに叱らないというのは論外。

    子供って程度の差はあっても、興奮すると普段しないようなことをするし、調子に乗りやすいし、周りの子供に同調してしまいがちで、周囲の方にご迷惑をおかけすることもしばしばあると思うのですが(反省しきり・・・)、周囲の方には誠心誠意お詫びをし、子供に対しても常に臨機応変におだやかににこやかに、などということをどうやったら実践できるのでしょうか?

    ユーザーID:8922746889

  • 知り合いのお子さんが..

    叱らない育児をしているのか確認したことはありませんが、
    私なら叱るのに..という状況でも全く叱らないお母さんと子供がいます。
    魔の2歳半だったのですが、
    私が今まで見た2歳半の子の中で最悪の振る舞いでした。
    だいたい2歳半って大変と聞きますがそういうレベルじゃなかったです。

    大人を心底嫌な気分にさせることを繰り返し、
    それをしてもお母さんは「あらあら〜」と言うだけでした。
    ワガママ放題でお母さんがそばに居ないと暴れだしていました。
    親が苦労するんじゃないかなと思います。

    私が産院のおばあちゃん助産師さんから聞いたのは、
    0歳からしつけをしないといけないということです。
    突然3歳から言っても言うことをきかないといわれました。

    ユーザーID:7327134603

  • 友人が

    怒らない育児を実践していました。
    ちょうどお互いの子供が1歳頃知りあって、よく一緒に遊びました。

    私は結構しかるほうなんですが、彼女は「うちはしからないで、言い聞かせていくつもり」といい、実際子供がいたずらをしても、私ならむちゃくちゃしかる(怒る)ことでも、「だめよ」程度で済んでいました。

    2歳半ごろ。いつものように遊んでいたら、急に彼女が「何やってんの!そんなことしたらだめでしょ!!」といきなりしかり(怒り)出しました。
    えっ!?と驚いて聞いてみると、彼女曰く「やっぱ子供はしかんなきゃダメよ〜。つけあがっちゃう!」とのこと。

    それからはビシバシやっていました。

    ユーザーID:3134097478

  • 我慢領野

    少し前に人にきいたのですが、人には脳に我慢をするためのコントロールをする「我慢領野」というのがあるんだそうです。
    その広さは4、5歳で決まってしまうのだとか。その頃に我慢をせずに育つと領野ができないから、大人になっても我慢できない、切れやすい大人になるんだそうです。

    子供が本来の姿だからとかなんとかいって、社会性もない生き物を社会の中に放り出し迷惑かけても知らん顔、という親はそういう本からでてくるんですね。
    前に読んだモラルハラスメントの夫を育てた義母の子育てででてきましたよ、そういうの。なにをやってもしからない、「全部私たちがわるいのよー〜ちゃんはわるくないのよ〜」と甘やかしたおかげで、自分のことしか考えない自分勝手で他者を平気で傷つける大人ができあがったとか。
    私は子育て経験がないのでえらそうなことはいえませんが、人様に迷惑をかけたときぐらい謝り我慢する子供にはしてほしいですね。

    ユーザーID:7786718132

  • 興味深いトピですね。

     興味深いトピですね。でも子育てというのはどの方法が絶対正しいというものがないから悩みますね。同じように育ててもまっすぐに育つ子もいれば曲がってしまう子もいますね。
     他の人も言われるように「叱る」と「怒る」は違います。私見ですが私は「叱る」だけでなく「怒る」も必要だと思っています。喜怒哀楽は人間の自然な感情、ましてや親子ならば理屈を超えて感情をむき出しにする経験も時には必要だと思っています。
     ところで最近子供に限らず大人にも「叱り方」「叱られ方」の身についていない人が増えているように思えます。「叱る」と「怒る」の区別どころか一足飛びに「キレル」にまでなってしまう人やちょっと語気を荒げて叱ると「あの人がキレた」と受け取る人(本当に注意一つできません)
     やっぱり子供の頃から「叱られ方」「怒られ方」を経験によって学ぶべきだと思います。怒られるようなことを一切しない子供なんているわけありませんから。
     もちろん叱る時も怒る時も愛情は忘れずに!

    ユーザーID:1881026060

  • 反対な感じ

    私の実感からすると、「3歳までに親の毅然とする態度を見せておけば、3歳以降は諭すだけで分かる」という感じですねえ。

    怒る、叱るというより、「毅然としている」というのが大事かな、と。
    じゃないと、舐められるのかな、というのが、経験から学んだ実感。

    育児って、いろんな人がやっているのを見たり本を読んだりしながら、自分と自分の子どもの気質にあった方法を場面ごとに取捨選択していかないといけないな、というのも実感。
    どの育児方法にしろ、自分の子どもの性格をよく分かっていないと、間違った方法になるよね。

    ユーザーID:8882937628

  • たくさんのレスありがとうございます。その1

    たくさんのレスどうもありがとうどざいました。
    海外在住なので、育児書が簡単に手に入らないのでトピをたてさせてもらいました。
    いろんな方がおっしゃっているように怒ることと叱ること、確かに違いますね。曖昧な表現ですみませんでした。
    ただ、私も表現を間違えてしまったように、叱らない育児法を実践している人の中には、怒ると叱るを混同して怒ることも叱ることもしない人がたくさんいるように思います。
    母親というのは、主観的な感情に惑われやすく、子供のかわいさのあまり、まわりが見えなくなって叱るべき時に叱れなくなってしまうのではないか?と思うこともしばしばあります。クレープさんの話から、こういう育児法を行うのは公平な目を持つであろう第三者で、それなりのプロの専門家とアドバイス無しでは実践は難しいのではないかと思いました。
    私自身はというと声を荒げて怒る必要はないと思っています。実際、上の子は聞き分けも良かったせいもあり、注意を含め叱ることはたくさんしましたが、身の危険以外には怒るようなことはあまりありませんでした。
    次に続きます。

    ユーザーID:6882943819

  • たくさんのレスありがとうございます。その2

    トピ本文のの友人は、叱ること自体が悪いことのように思っているようでした。子供は叱られなかったせいか協調性もなく傍若無人で、何事をも限界、リミットがあることを知らずに育ちました。

    でも、物怖じもせず、自己主張もでき、人懐っこいという長所も持っています。一時的に母親が苦労するかもしれませんが、この先、環境や社会、今後の育て方によっては協調性のないところは改善されるかもしれないので、一概に彼女の育児法は間違いではないのか?とも思います。
    そういう思いでこのトピを立てたのですが、やはりこ育児法で苦労されている方は多そうですね。

    多くの方がおっしゃっているように、子供の性格、親の性格で「叱らない育児」合う、合わないがあるのかもしれないですね。
    実際、私の二人の娘達は.1歳半ですが、上の子と明らかに違う性格なので、多分、叱りまくる育児になりそうです。
    叱る、叱らないより、重要なのは、叱った時に子供に理解させることと、愛情なのかもしれませんね。
    momoさんのおっしゃるように子供はロボットじゃない、親も子も人間。育児法に振り回されるのでなく試行錯誤しながら育児に励んでいきたいと思います。

    ユーザーID:6882943819

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧