英語の教本で正しい英語が使われている本をみわけるには?

レス17
お気に入り17

エーゴ

学ぶ

日本で出版されている英語学習のための本(参考書や辞書含む)を、ネイティブの人に見てもらうと驚くほど間違っている英語が使われている本があります。辞書の例文でさえ間違いが見つかります。こういう場合、自分では気がつかず、間違えた分を労力をかけて覚えてしまう恐れもあり、本当に頭にきます。どういう本を選んだら信頼して、英語を学べるのかオススメの本などありましたら教えてください。

また一昔買った本など沢山ありますが、古い本などは、やはり勉強のためには今はあまり良くないのでしょうか?

ユーザーID:2593487475

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 英語の前に…

    「日本で出版されている」とはまた大ざっぱな表現ですが、「日本人が
    書いている」ということでしょうか?
    ネイティブに見せる機会があるんだったら、そのネイティブ氏に相談
    したらいかがですか?

    あなたが何歳か、学生なのか否かは分かりませんが、「昔買った本」と
    いうことは現役の学生ではない、のでしょうか?
    (察してくれ、というのは無理ですよ。)
    もうずいぶん前から、単語や文法の丸暗記よりも実際に「使える英語」に
    重点が置かれるようになっていると思いますよ。
    もちろん、単語の数はある程度は必要ですが。

    中途半端な感情的な表現ではレスがつきにくいと思います。
    何か勧めようにも、英語で何がしたいかが分からないと幅が広すぎて
    答えようがありません。
    英語の前にまずは日本語で、知識のある人から答えを引き出せるような
    コミュニケーションをはかってみてください。

    あ、「正しい英語」の基準もあるなら書いてくださいね。
    アメリカとイギリスとオーストラリアとインドの英語は違いますから。

    ユーザーID:5457223229

  • お役に立てるか、わかりませんが・・・

    お気持ちよく分かります。せっかく時間と労力をかけて勉強しているのに、本が間違っているなんて困りますね。

    私は以前、英語教本の企画・編集の仕事をしていました。
    現在はやめましたが、今も英語関係の仕事をしていて、語学教材は頻繁にチェックします。

    ●信頼の出来る教材、ということであれば、ネイティブの先生が書かれた本がいいと思います。
    ●言葉は生き物ですから、古い教材は使わないほうが安全かと思います。

    日本人の専門家の先生の本でも、いいものがたくさんありますが、ネイティブチェックを受けているかどうかまでは確認が難しいですよね。実際、売れている本であっても内容がイマイチ、というのもたくさんあります。

    <続きます>

    ユーザーID:9736362576

  • お役に立てるか、わかりませんが・・・(続き)

    以下は私からのお薦めの著者です。トピ主さんの、現在の英語レベルや、どういった力を伸ばしたいか(リスニング、語彙力、文法、会話…)が分かりませんので、著者別でお伝えしようと思います。

    ・デイビッド・セイン
    「英語ライティングルールブック」がお薦めです。非常に便利です。
    英語を書く際のルールが、細かいところまで掲載されています。

    ・スティーブ・ソレイシィ
    会話集の本をたくさん出されています。ネイティブが書いているので、安心して使えます。

    ・クリストファー・ベルトン
    イギリスの方のようで、イギリス英語の本や、ハリーポッターを原書で読むシリーズがあります。



    お役に立てば、幸いです。勉強、お互いに頑張りましょうね。

    ユーザーID:9736362576

  • 洋書を推薦

    英語を学習するのであれば洋書をお薦めします。日本語の英語教科書は日本語=英語を前提に解説してあるのでいつまでも混乱してしまいます。常に日本語を中心に英語を当てはめて考える癖を付けたら英語の上達は大幅に遅れ、多分使い物にならない英語となる危険性があります。洋書売り場に行くとレベルに合ったものが沢山ありますので自分に合ったものを探しましょう、辞書は英英辞典を使ってください、英語を第二外国語として学ぶためのいい辞書がありますあくまでも英語は英語で学びましょう、それが結局は早道になります。

    ユーザーID:6640374686

  • 英語か米語か、

    まず、トピ主さんの指摘するネイティブがみて間違っている英語というのは、もしかしたら本当の間違いも多いのかもしれませんが、
    たとえばアメリカ英語で書かれている本を英国人がみてこれはおかしいと指摘している、またはその逆のパターンとかはないですか?(カナダ、オーストラリアなどほかにも英語の国もありますが)。
    たとえば、ハリーポッターの本、確か一番最初の作品だとアメリカでのタイトルとイギリスでのタイトルが違います。
    Harry Potter and the Sorcerer's Stone と Harry Potter and the Philosopher's Ston。はっきり覚えてないですが、確かアメリカだとSORCERERという単語だと子供たちが意味がわからないからアメリカ人がわかりやすい表現に変えたとか。あと映画版でも英国英語で単語などアメリカ人に通じにくい台詞のあるシーンをアメリカ英語とイギリス英語の両方で撮影したそうです。(日本版はどちらのシーンを使っているのかは知りません)。ということもあるので、あながち学習本が間違っているとも言い切れないかもしれません。続きます

    ユーザーID:8938173913

  • 英語か米語か、

    あと、ネイティブといっても、たとえばトピ主さんがおっしゃるネイティブというのが、普通に日本に来て語学学校で語学教師をしている英語圏出身の人たちの場合、必ずしも英語の文法などをきちんと把握しているとは限りません。
    まあ米語と英語の場合、スラングも含めてかなり異なる部分も多いようですね。
    映画などを見ればよくわかりますよ。
    アメリカ人がよく使う Ain´t という表現はイギリス人からは少なくとも私の周りでは聞いたことないですし。

    ユーザーID:8938173913

  • 英語わたしも勉強してます。

    英語圏の人がつかうテキストを使うといいのでは?

    古い本でも、文法についてはほとんど変わっていないので使えるかと思います。
    もちろん本にもよりますが。
    私は大学受験で使った文法書などは保管してます。
    英頻のようなものは捨てたかな。あまり実用性がないので。
    口語なんかは新しいもののほうがいいかもしれませんね。

    ユーザーID:3025792117

  • ネイティブといっても

    ネイティブといっても、語学教師でない限り(語学教師であってもかも)、100%文法や用法を知っている人は少ないのではないでしょうか。ですので、ネイティブが言っていることが、正しいとは言い切れません。

    ユーザーID:0772527726

  • 本から学ばなければ

    これ「日本で出版されてる」ものへの不信感ですよね。

    英語国で出版されているものを使うか、本に頼らないことですね。

    ユーザーID:9656353935

  • あまり具体的ではありませんが

    英語教師です。英語の参考書等の仕事もしています。まず押さえなければいけないのが、ネイティブが間違っていると断言しても、そのまま鵜呑みにしてはいけないということです。個人個人の語感というものは幅があり、教育レベルの高い人の中でも意見が分かれることが少なくありません。小町でも日本語の間違いに関する話題がよく出ますが、これを見るとその辺りが実感できると思います。さらに書き/話し言葉の別や、TPO的な問題もあり一刀両断できない場合も多いです。

    古いものは確かにひどいものもありますが、最近の辞書や参考書では、予算が許す限り複数のネイティブにチェックさせて最大公約数的な表現を採るのが普通です。また「コーパス」と呼ばれる、実際に社会で用いられた言語のデータを活用して、汎用的な表現かどうかチェックすることも一般化しています(大体前書きや帯でうたっています)。さらにネイティブの間で賛否が分かれる表現は特記したりもします。それでも特に口語表現の世界には「絶対」はありませんので、あとは根気よく自分で多くの英語に直接触れて、繰り返し出会う表現をチェックして覚えていくしかないでしょう。

    ユーザーID:0665651909

  • 他の方々が書かれたように

    たとえそれが大学教授であっても、いち外国人の言ったことを鵜呑みにするのは危険です。 

    その言葉の意味する微妙なニュアンスを理解せずに、おかしな悪擦れした、”生きた英語” を身に付けることは、恥ずかしいことであると思います。  

    もし初心者であれば、基本を大切にすることが大事と思います。 違いが分かるようになるまでは、くれぐれも、教科書英語を頭から否定したようなテキストを使われませんように。

    何年も前の同じようなトピで、ある方が 辞書は正しいよ と書かれていましたが、全く同感です。

    ユーザーID:6217621106

  • トピ主です

    色々、ご意見ありがとうございます。私は現在夫の仕事の都合で海外に住んでいる主婦で、英語が好きで独学で勉強しています。こちらで知り合ったアメリカ人にK談社のパワーイングリッシュシリーズの米語イディオム600という本を見てもらったところ、ほとんどのページに、意味が通じない表現が使われているといわれました。彼女によると、短い会話文の中にできるだけ多くのイディオムを使おうとしているため、とても不自然な文になっているという事でした。

    たとえば、あなたっておしゃれね、という文では実際そういわれたらINSULTと感じると指摘されました。(本は廃棄してしまったため、文は忘れてしまいましたが、SHOERACEとかかいてあったような?)そういう文を一生懸命暗記して使ったら、労力のむだ&相手を不快にさせてしまいますよね。

    大手の出版社でアメリカ人の書いた本でも信頼できないのだとひどくがっかりしました。(出版社にレターでも書けばよかったのですが)
    あと、私が好きだった松本道弘氏や松本亭氏の本、研究社アメリカ口語教本などは、古いので、現在はあまり参考にならないのかどうか知りたいです。

    ユーザーID:2593487475

  • トピ主です

    色々、ご意見ありがとうございます。私は現在夫の仕事の都合で海外に住んでいる主婦で、英語が好きで独学で勉強しています。こちらで知り合ったアメリカ人にK談社のパワーイングリッシュシリーズの米語イディオム600という本を見てもらったところ、ほとんどのページに、意味が通じない表現が使われているといわれました。彼女によると、短い会話文の中にできるだけ多くのイディオムを使おうとしているため、とても不自然な文になっているという事でした。たとえば、あなたっておしゃれね、という文では実際そういわれたらINSULTと感じると指摘されました。(本は廃棄してしまったため、文は忘れてしまいましたが、SHOERACEとかかいてあったような?)そういう文を一生懸命暗記して使ったら、労力のむだ&相手を不快にさせてしまいますよね。大手の出版社でアメリカ人の書いた本でも信頼できないのだとひどくがっかりしました。(出版社にレターでも書けばよかったのですが)
    あと、私が好きだった松本道弘氏や松本亭氏の本、研究社アメリカ口語教本などは、古いので、現在はあまり参考にならないのかどうか知りたいです。

    ユーザーID:2593487475

  • とりあえず

    米語の極端に口語的(colloquial)表現は、流行もあり内輪的要素も強いので場面を選びます。よそでは通じなかったり、ボビー・オロゴンさんの日本語(芸?)のように聞こえてしまう危険性があります。まずジャンル選択が重要です。
    スラング/ローカル色を抑えた会話本は各レベルで多く出ています。また前書か裏表紙、出版社のサイトに本の特色や想定読者層、編集方針が記されていますので、これも参考にしましょう。最終的にはくだけた表現は実地でpick up(聞き覚える)するほかないので、まずは自分の知っている英語で会話を組み立てればよいと思います。

    例えば「おしゃれ」というのもstylish, dressed-upなど、書き言葉でも使うような語いでとりあえず会話は成立します。それから徐々に具体的な状況の中で習得した、くだけた表現を混ぜていけばよいのでは。

    また口語は生き物なので、挙げられている教材よりは、やはり内外を問わず新しいものの方がよいと思います。まずはネット上で探してみてください(ユーザーのコメント等もあるかもしれません)。ところで件の例文、正確に知りたいです。どなたかお持ちの方。

    ユーザーID:5881202892

  • 失敗から会話が生まれることもあります

    私も日本で英語を勉強していた頃はそうでしたが、「完璧」にこだわってしまうんですよね。でも、海外で暮らしていると必ずしも完璧でなくてもいいと感じます。ネイティブの人だって、外国人の私達が完璧な英語を話すなんて予想してません。多少間違ってもワハハと笑い飛ばしてくれます。そこから「なにがおかしいの?」と聞けば会話が生まれます。

    日本でだって外国人が地図を指して「トーキョータワー・行く・したい」と言っても、東京タワーに行きたいんだなって分かります。
    日本語を習ってる人の教本を見ても、こんなの今どき言わないよって表現もたくさんあります。

    日本人の英単語力はすごいです。ネイティブに難しい単語(普通の受験英語)を聞いたらそれを知らなかったこともあります。私達だって全部の漢字や単語を覚えてはいませんよね。
    ある程度話せるようになれば正しい文法を覚えた方がいいでしょうけど、初心者の段階ではあまり文法に捕らわれず、まずは話すことが大事だと思います。

    ユーザーID:3819909748

  • 海外在住なのですね。

    > 英語が好きで独学で勉強しています。

    勉強の目的は「英会話」でしょうか?

    ネイティブに見せたのは、日本の本でもちょっと特殊なようですね。
    大学入試向けでしょうか?
    会話のための本ではなさそうだし、もしかしたら古いのかな?
    それだけで「日本で出版されている本」に不信感を持つのは極端な気がします。
    最近は学校でも口頭でのコミュニケーションに重点を置いていますよ。

    お住まいの国は英語圏ではないのでしょうか。
    英語の本が手に入る書店はありますか?
    知り合いのネイティブに聞くのがいちばんですが、そういった書店も
    見てみたらどうですか?
    言葉は生き物なので、参考書はあまり古くはない方がいいと思います。
    英語のネイティブが英語で書いた本に挑戦してはいかがでしょう。

    せっかく海外にお住まいなら、会話の学校に通ってみるというのも
    いいと思います。
    目的が読み書きオンリーなら本だけでもいいでしょうが、会話には
    やはり人と話すのがいちばんでしょう。

    英語を勉強する目的が決まっているなら書くと、少し具体的なレスが
    つくと思いますよ。

    ユーザーID:9721167563

  • あまり気にしなくてもいいのでは

    初級レベルで著しい間違いがあるのは問題だと思いますが、トピ主さんのおっしゃるようなレベルだったら、あまり気にしなくてもいいんじゃないかと思います。

    教材には多かれ少なかれ、母語話者が編集したものでも、あれ?こんな言い方するのかなと思う表現はあると思います。当然そういうのが少ないのにこしたことはないですが。でも、そういうのも含めて、より多くの英語(教材も生の英語も含めて)に接し、その中で使わない表現は淘汰していくというほうが重要なんじゃないかと思います。

    英語のように、沢山の地域で使われている言葉ならなおさらだと思います。間違いで相手を不快にさせることも心配されているようですが、普通は相手がネイティブじゃない場合は、そんなに間違いにこだわらないんじゃないでしょうか。高いレベルを目指している場合でも、最終的には、そういう間違いを経てないと、たどり着けないと思います。

    ユーザーID:9337125257

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧