あなたを激しく「啓蒙してくれた本」

レス13
(トピ主0
お気に入り79

趣味・教育・教養

ひいらぎ

先日、小町に載っていた片付け(捨てる)の本に啓蒙され、足の踏み場も無い、
物、物、また物の家が少しずつ綺麗になっていきました。
今まで何をしても、綺麗にならなかったに、捨てたら、捨てられたら、家が少しずつですが、綺麗になりました。

他のトピにも書いたのですが、整体の本を2冊買った事で下半身デブが解消され、足が細くなり、
今まで歩く事さえ出来なかったスカートが履ける様になり、履けなかったブーツも履け、
ジーンズが緩くなりました。

お料理、お掃除、美容、考え方、生き方、学習、その他、何でも構いません。
この一冊で本当に変わったと言える様な、あなたを激しく「啓蒙してくれた本」が
あったら題名と共に教えてください。

ユーザーID:7079718157

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • はい。

    「7つの習慣」と「ミュータントメッセージ」かな。読んでから生きていくのが楽しくなり、いろいろと楽になりました。他にも読んだ人いるかな。。。

    ユーザーID:9373012058

  • あなたは絶対!!運がいい

    浅見帆帆子さん

    思い通りに生きている友人達が、
    うらやましくてうらやましくてしょうがなかった頃
    出会いました。

    ユーザーID:9313653753

  • 何でもいい、ということなので。

    まずはマンガ。「日出ずる処の天子」山岸涼子
    聖徳太子がコンプレックスに悩む姿にとても感銘を受けました。

    「絢爛たる暗号」織田正吉
    百人一首は文学ではなくクロスワードパズルであるとする。
    作者は百人一首を味わうのではなく、観察することによって
    自説にたどりついたとする。
    「観察眼」を養うのにうってつけの本。

    「QED六歌仙の暗号」 高田崇史
    推理小説です。主人公タタルが謎の殺人事件を解明する中で、六歌仙にまつわる歴史の謎をも解き明かされる。
    小説として面白いだけでなく、一般的な歴史観に「喝」を入れてくれる。

    「隠された十字架」梅原猛
    法隆寺の中門の中央にはなぜ柱があるのか。
    久世観音の光背はなぜ頭に釘で打ち込まれているのか。
    歴史の謎解きとしておもしろいだけでなく、
    常識とされているものが、いかにもろい理論から成り立っているのかを教えてくれる。

    ヌシ様、下半身デブが解消され、足が細くなるという整体の本、
    タイトル教えてください!

    ユーザーID:3773234615

  • アメリカの心

    全米を動かした75のメッセージ

    是非、読んでみてください。今でも、心のバイブルです。

    ユーザーID:6449238688

  • 末永く続く明日のために

    ひいらぎ様、始めまして。

    私の場合は日本教文社のアーヴィン・ラズロ著「カオス・ポイント」(持続可能な世界のための選択)です。

    最近、地球温暖化に代表される国家を超えた問題(移民、テロ、金融不安等)が多く指摘されるようになりましたが、これらの個人が対応するには大きすぎる問題について、結局は国家も個人の集合体であり、個人が変わらなければ国家も変わりようがないということを深く認識させてくれた本です。

    個人のレベルで今の生活スタイル、ものの考え方をもっとグローバルな視点から見つめ直し行動に移さないと地球温暖化の影響が無視できなくなる前に世界は混沌の時代を迎えてしまうのではないか?と気づかせてくれた一冊です。

    ぜひお勧めします。

    ユーザーID:9423016674

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私に力をくれた本

    「アタマにくる一言へのとっさの対応術」
    言葉の暴力を受けた時どうしていいか分からず相手の思うままに操られたり傷つけられたりする状態から自分を守れるようになった。

    「 ブラックメール―他人に心をあやつられない方法 」
    モラの被害者だと思っていた自分が状況が変われば加害者になっていた事に気づかせてくれて悪循環から抜け出すきっかけをくれた。

    「2日で人生が変わる『箱』の法則」
    衝撃的だった。自分の何気ない考え方・行動が見事に整理され書き出されていた。身の回りの人間関係から戦争までこの本で見事に説明されていると思う。

    「人を動かす」
    自分に何が足りなかったかを再認識させてくれた本。1937年初版だそうだが古さは感じなかった。誰もが自分が正しいと思っているのだから相手を責めるのは無意味だというのは目から鱗だった。

    「新・良妻賢母のすすめ」
    正しい事をする事が大事だと思っていた私にとってはこういう考え方もあるのかという発見があった。少なくともウチの夫に対してやってみたら効果があったので今後も参考にしていくつもり。

    ユーザーID:3959962262

  • 三浦綾子さんの

    「愛することと信じること」(たぶんこれであっていると思いますが間違っていたらごめんなさい)です。結婚する前に人に薦められて読みました。筆者はクリスチャンですので、異論はあろうかと思いますが、これのおかげで今年銀婚式まできました。結婚を控えた友達にも勧めました。

    ユーザーID:7933644514

  • 「”女の子”は学校がつくる」

    子どもが赤ちゃん時代に育児雑誌に紹介されていたアメリカの社会学者が書いた本「”女の子”は学校がつくる」です。

    特にフェミニズム物ではなく、女子校出身・共学出身の女性の生涯収入や学歴を比較し、どのような教育が女子の自立に役立つのかデータを元に分析した本。
    これまでの定説をひっくり返すような内容でした。
    教育方針が一発で決まりました。

    現在、娘は中高一貫の進学校に通っています。

    ユーザーID:7664554275

  • 啓蒙って言えるかな?

    「愛されなかった時どう生きるか」
    20年前まだ20代の時、タイトルにひかれて手にしました。
    今も出版されていますね。全面的にうなずくことはできませんが、
    『恋人、配偶者にすべてを求めてはならない。』というあたり、
    若く未熟だった(今もですがね)私には、かなりインパクト大でした。
    今も夫に怒りを覚えた時、このフレーズで自分をなだめます。

    >読書する人さん
    「新・良妻賢母のすすめ」
    は新聞広告が気になりひやかし半分で買いました。が、読みきれません!
    実践できるなんて、すごい度量ですね。尊敬します。
    私はムリ。そこまでしないと大事にされないなら、もういいです!って感じでした。

    ユーザーID:8738821102

  • 物理学

    アインシュタインの「物理学はいかに創られたか」。小柴昌俊先生も影響を受けたようで、さすが名著と思いました。

    ユーザーID:5355317393

  • 月並みですが・・・

    20代前半、就職や行き方に迷っていたとき読んだ
    太宰治の「人間失格」です。
    今まで何の根拠もなく自分に自信を持っていたこと、
    自我が強く周りを認めていなかったこと、主人公と
    自分がすごく重なって今のままではやばい!と焦りました。
    その後就職活動で苦労しましたが、あの本の主人公のような
    人生の落伍者にはならない、と歯を食いしばって頑張れた
    気がします。

    ユーザーID:1653334148

  • 千葉敦子さんの本

    千葉敦子さんは、乳がんで1987年に亡くなったフリーランスジャーナリストです。
    自分を厳しく律し、まだまだ男性優位のジャーナリズム界で、いろいろなものと戦い、
    乳がんとも戦い、死の直前までその才能を遺憾なく発揮されていました。

    私は彼女の著書はすべて持っているのですが、特に

    「良く死ぬことは、良く生きることだ」
    「死への準備」日記」
    「寄りかかっては生きられない」

    この3冊にはとても感銘を受けました。
    あと、千葉さんが亡くなった後に刊行された「若いあなたへ」という本の中に収録された、
    日本の女子高校生に向けたメッセージにも大変感銘を受けました。
    彼女の力強いメッセージに頭をガツンと殴られた気がし、人生への向き合い方が変わった気がします。
    今でも時々読み返しています。

    ユーザーID:9502789472

  • また出てきました

    「新・良妻賢母のすすめ」はおそらくキリスト教の「一家の頭は夫、妻はそれに付き従うもの」という考え方が
    色濃く流れているように思うのでなじまない人もいると思います。

    そういう人には「ベストパートナーになるために」(この本だと男は火星人・女は金星人)や
    「男と女が95%わかりあえるスターリング・メソッド」(男は犬・女はその飼い主、または女は管理者・男は部下)の方が読みやすいでしょう。

    私は同性の友達と付き合うのと同様の努力をしても異性であるパートナーに対しては
    全く見当はずれであるという事を知れただけでも収穫があったと思いました。
    その結果私が相手の欲しい物を与えられるようになったので相手も私に対して良くしてくれるようになりました。
    (このあたりのカラクリは「人を動かす」に書いてあったと思います。)

    未婚で「本当にこの人と付き合ってていいの?」と悩んでいる人には
    「そんな彼なら捨てちゃえば」や「大事にされない女たち」が男性の本音を知るきっかけになると思います。
    男性の使うトリックを見抜けるようになれば自分を大事にしてくれる人を選ぶ助けになると思います。

    ユーザーID:3959962262

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧