• ホーム
  • 健康
  • 膣炎治療の抗生物質で、免疫力がボロボロです

膣炎治療の抗生物質で、免疫力がボロボロです

レス43
(トピ主2
お気に入り86

心や体の悩み

tomo

昨春から細菌性膣炎にかかっています。
二つの婦人科に行きました。

A医院…飲み薬を出した。洗浄してパウダー状の膣剤を入れた。
B医院…飲み薬はなしで、錠剤の膣剤を入れた。

ですが、一向によくならずに約一年がたとうとしています。

膣炎自体も大変に苦痛なのですが、さらに気になるのは、治療のための飲み薬と膣剤(共に抗生物質)によって、体の抵抗力・免疫力が明らかに落ちてしまったと思われることです。

生卵(新鮮なもの)やお刺身を食べると必ずおなかをこわすようになりました。
そして、ものすごく風邪をひきやすくなりました。疲れたな…と思ったらもう発熱してる。高熱が引いても微熱が続き、治ったかなと思ったらまたひきます。

膣炎の膣剤はやめて、民間療法(ビオフェルミン挿入やアシドフィリス菌のサプリを飲むとか)を試していますが改善しません。体を冷やさないようにしたり発酵食品をとるように努めていますがどうにもダメです。他の病気を疑って内科、婦人科で検査しましたが、弱っている以外は特定の疾病は見当たりません。

抗生物質って、人によってこんなにダメージになるのでしょうか? 何かいい対策はありますか?

ユーザーID:1500152511

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もう一度、原因を調べなおしてもらっては?

    ほぼ一年になるんですね。さぞおつらい事とお察し申し上げます。

    医師ではありませんので、診断・治療的なことは何も書けませんが、
    1抗生剤を処方しても改善されない、
    2奏功しないまま1年間も持続投与、
    という2点が非常に気にかかります。

    細菌性膣炎として診断された当初は、確かに細菌が起因菌だったのかもしれませんが、
    抗生剤が奏功しないまま慢性化している点から考えると、起因菌が薬剤耐性化したか、
    初発時の起因菌は排除されたけれど、細菌以外の他の原因で炎症が持続しているか、
    どちらかだと思われます。

    また、効果のない抗生剤を慢性的に持続投与することは、腸管内や膣内の常在細菌叢に
    不必要な打撃を与え続けるだけで、かえって耐性菌を蔓延させたり、日和見感染を誘発
    したりするので細菌学的には推奨されません。

    一旦、抗生剤の投与を止めて、再度、真菌やウイルスや原虫も対象に含めた微生物学的検査
    や血清学的検査を実施してもらって、本当に細菌性なのか、そうだったとして感受性のある
    薬剤はどれなのか、をきちんと調べてもらった方が良いと思います。

    お大事に。

    ユーザーID:9541287533

  • おいおい・・・

    問題は抗生物質ではなく(もちろん飲み続けるのは問題ですが、今回の場合)
    1年も膣炎を放置していることです。
    病院へ行って、ある程度経って良くならなければ再診せねばなりませんよ!
    全員が全員一度医者にかかって全快するわけではありません。
    詳しいことを知らずに言いますが、婦人科系の病気は長引かせると不妊につながることもあるようですし
    すぐにでももう一度病院へ行ってください。
    そして必ず1年ほど経過していることを伝えてください!!

    ユーザーID:5186324602

  • そうなんですよ・・

    毒と薬は紙一重です。
    抗生物質は確かに悪い菌もやっつけてくれますが、体に有益ないい菌も含め
    すべて殺してしまうのです。だから腸内環境が著しく荒れてしまいます。
    生ものなどに(お刺身やフルーツなどでも)
    対応する善玉菌なども不在になってしまうわけです。
    今の症状を薬で緩和させつつ、なぜそうなったか、最初のきっかけはなんだったのか
    を考え、そして今の体の現状を調べて、今、あなたに本当に必要なことのチョイスを
    ご自身でして下さい。そして根本の原因を探らないと、そしてそのことにご自身で気づかない限り、
    本当の治癒には至らないのではないかと思います。

    体内での細菌が増殖してしまうのであれば、体液が酸性に傾いていると思いますので
    そのあたりのケアに気を使うのもいいかもしれません。
    医者にかかることも大切です。ですが、自分のことを人に任せきりにしないで、
    もっとお知りになることをおすすめします。もちろん餅は餅屋です。
    でも自分のプロって本来自分なんですよ。

    早く良くなりますようお祈りしています。

    ユーザーID:4248832884

  • 気になる

    まぁ腸内細菌も抗生物質で死ぬかもしれませんからそれでお腹を下しやすくなるとかはあるでしょうね。

    それはそうとA病院とB病院、病院を移したって事なんでしょうか?
    なんか気になる。

    ユーザーID:6492302878

  • 頑張って!

     お辛いでしょうね。
     あの・・・失礼ですが、ふくよかさんですか? ふくよかさんだと繰り返す、繰り返し安いと聞いたことがあります。実は私も繰り返してしまって。すぐに治療すればすぐ治ったのでしょうが、今回、そのうち治るとほうっておいたら、治療が長引いてしまいました。
     外からどんなにいい薬を投与しても、やはり痩せて自分で直していく姿勢が大事だと思います(といいつつ、万年ダイエッターですが)
     後、トピ主さんは、あまりドクターと信頼関係を築けていないのでは? 私の場合は、20年近く同じ先生で、太ったやせたも全部分かっていてくれるので、すごく安心できるのです。まずは、信頼できる先生との出会いをお勧めします。
     あ、トピ主さんがふくよかさんでなかったらごめんなさいね。
     私に比べれば、トピ主さんは色々と努力されていて立派だと思いました。
     頑張って下さい。

    ユーザーID:4447168127

  • 民間療法

    ヨーグルトはガンジタの場合ではなかったでしょうか。
    細菌性はエキナセアの煎じ液で膣内洗浄だったと思います。
    洗いすぎは良くなく、週2回くらい。
    数カ月以上、長期的に続けること。
    効果の程は知りません。

    ユーザーID:5240120054

  • 真菌ではなくて細菌?

    抗生物質で消化器系にダメージが出やすい人はいますが、
    その前に、

    ・「真菌性」ではなくて「細菌性」ですか?
     (カンジダ膣炎の治療をしているなら、
      真菌用抗生物質は細菌用より副作用がでやすいことがあります。)

     一般的な膣炎は、膣の自浄作用などもあり、治療すれば治りやすいです。一年も続いていること自体、細菌用の抗生物質が適当でない可能性もあります。
     
     それと、泌尿器系も絡んでいるとすると、膀胱炎や腎盂腎炎(→風邪ですぐに全身症状が出ます)を合併している可能性がありますので、泌尿器科も受診してみてはどうでしょう。

    ユーザーID:9820012289

  • 想像ですが・・・

    逆な気がします。
    抵抗力や免疫力が落ちているので膣炎になっているのだと思います。
    疲れている時や免疫力がなくなると膣炎になります。
    で、免疫力が非常に低下しているから調子が悪くなりやすい。
    専門家ではないですが、薬のせいっていうのは多分違います。
    生活習慣と食生活を見直してみましたか?
    ストレスかかってませんか?

    ユーザーID:2736925658

  • 病院で相談されては?

    抗生物質で免疫力が落ちるかどうか分かりませんが、逆に免疫力が落ちているために膣炎になられたという可能性もありますし。。。
    自己判断で(中途半端に)薬をやめると良くないと思います(特に抗生物質)。おなかを壊しやすくなった、風邪を引きやすくなったことも含めて主治医の先生に相談された方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:0755913997

  • 内科にかかられたらどうですか

    普段の体調からどこがどのように悪くなっているのか、内科で受診されることをお薦めいたします。治療薬やその影響に問題があると判断されれば、内科の先生から婦人科の方に問い合わせなりしていただけるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7053403859

  • 体力、免疫力が落ちているのでは?

    体力及び免疫力が落ちているので、体調が悪いのではないでしょうか?
    体力、免疫力の低下が先で、抗生剤の影響があると言うのが正しいと思います。

    総合病院で、ちょっと高めの人間ドック診断をお勧めします。

    ユーザーID:5292608573

  • 漢方薬はどうですか(医師の処方の)?

    こんにちは。
    大変つらい思いをされてますね。

    漢方薬はどうでしょうか?
    私も卵管炎からの骨盤腹膜炎が癖になっていましたが
    漢方薬を医師に処方していただき、毎日飲んでいたら
    上記の病気になっていません。
    それまでは何度も入院していました。
    合う合わないがあると思いますが
    試してみるといいかもしれません。

    あとは早寝早起き、冷やさないことでしょうか。
    お大事にしてくださいね。

    ユーザーID:8600395544

  • 抗生物質のせいではないのでは?

    抗生物質は万能ではないです。

    読んでいてまず思ったのは、トピ主さんが抗生剤云々以前の問題として、そもそも免疫が落ちている状態なのでは?ということです。

    細菌性膣炎は疲れている時や体調が悪い時(つまり抵抗力=免疫が落ちている時)になりやすいようですよ。
    そういう時は抗生剤や膣錠の効きも芳しくないようです。

    おなかを壊すのも、風邪を引きやすいのも、抗生剤のせいではなく、トピ主さんのもともとの抵抗力の低下のせいではないでしょうか?

    何か隠れた病気がないか精査されてはどうでしょうか?

    ユーザーID:0515057190

  • ストレスは?

    数年に渡って、
    私も「雑菌」による膣炎を繰り返していました。
    数え切れないくらい通院しました。

    一軒目の婦人科: 通院による膣剤投与、洗浄
     →塗り薬処方(抗生物質)

    二件目の婦人科: 通院による膣剤投与
     →塗り薬処方(湿疹・かぶれ)

    両方とも飲み薬は処方されませんでした。
    一軒目の婦人科では 症状を伝えても「大丈夫!」ばかりで
    我慢しきれずに、再び病院へ行くと「またですね」と言われ
    徐々に 医師に不信感を覚えたので 病院を変えました。

    二件目の婦人科では 二度の訪問で完治しました。
    私には こちらの婦人科の方が合っていたみたいです。
    ”洗浄なし””塗り薬は湿疹用””膣剤も違っていたのかも”
    医師曰く「あまり綺麗にしすぎてはいけない」そうです。
    確かに一軒目は 毎日の通院だったりしました。

    私が 今していることは
    ビフィズス菌のサプリを飲むことと
    トイレの時の拭き方に気をつけています。

    婦人科探しも憂鬱になるかも知れませんが、
    もし ご自分で婦人科に対して不信があるのなら
    別の病院に行ってみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:6184242622

  • いわゆる菌交代症では

    内服の抗生物質の副作用として、菌交代症というものがあります。
    抗生物質は菌を殺す薬ですから、腸内細菌も殺してしまいます。
    それによって下痢を繰り返すというのは服用中の正常な副作用なので心配はありません。
    治療が完了し、抗生物質の投与が終われば次第に腸内細菌は元の状態に戻り
    下痢も治まります。

    また、抗生物質服用中はヨーグルトなど乳酸菌を食べても、乳酸菌自体が抗生物質に殺されるため
    効果はありません。
    膣剤をやめてヨーグルトを食べても改善しない、というのは当然のことなのです。

    一方、膣剤に関しては消化器官に影響を与えないため、下痢の原因にはなりません。
    あまりにも下痢症状が辛いなら医師に言って薬を変えてもらうか
    膣剤だけにしてもらうという方法があると思います。
    もっとも、抗生物質投与中は下痢の症状が出るなら生ものはやめた方が良いかもしれませんね。

    それよりも1年にもわたる長期投与とのこと。薬剤耐性菌が発生しないかそちらの方が心配です。
    抗生物質は自分の意志で中断したりせず、必ず医師の判断に従ってくださいね。

    ユーザーID:5524496482

  • 鍼が効きました

    tomoさんのように長くは患わなかったですが(3ヶ月ほど)、治らなくて困りました。そこで鍼治療を受けたところ、約2週間で良くなりました。誰にでも絶対効くという保証はないですが、試してみる価値はあると思います。

    ユーザーID:3736488328

  • 私の場合には、漢方薬が合いました

    私も昨年は近所の内科で処方された抗生物質の風邪薬で下痢が治らずに、別の内科で治療しました。後のほうの内科では、漢方薬での治療です。夕方下半身が冷えた時に飲むカプセルの錠剤と別に粉薬を朝昼夕3回、食前に服用しています。

    私の場合、更年期による冷え性もあるので、体を冷やさないように気を付けています。5分間体操や骨盤体操を無理しないようにやってます。

    抗生物質の薬は、体が弱っている方には向いてない事もあるので、体の芯が温まるには漢方薬が良かったです。
    ご自分に合った漢方薬が見つかると良いですね。どうぞお大切に。

    ユーザーID:7970565071

  • 抗生物質

    お困りの様子お気の毒です。抗生物質をとる場合、大抵一週間、多くて2週間だけでないでしょうか。それ以上は危険なので(免疫性が落ちる)医師の指示がある筈と思うのですが。それに一年以上膣炎が治らないのもおかしいですね。もしかしたら相手の方にも問題があるのでは?やはり納得の行くまで医者をかえてみる方がいいと思います。当分のあいだ生ものはさけ良質のビタミン剤などをとったり充分な睡眠をとるよう心がけたりして体の抵抗力をつける事をおすすめします。

    ユーザーID:3090319088

  • 自己流は良くないですよ

    他の方も書かれていらっしゃいますが免疫力が落ちているのは、抗生物質のせいと言い切れるでしょうか。
    私は体調が良くないとか、風邪を引いて抗生物質を飲んでいると
    膣炎(カンジダ症)になります。
    だからトピ主さんのおっしゃていることが、よくわからないのです。
    カンジダになると通院して、洗浄し、薬を挿入し(何かわかりませんが)
    塗り薬をもらいます。(抗真菌剤)
    かゆみが長待ても最低1週間は塗り続けろということで
    2週間ぐらいはせっせと塗っています。
    なので、トピ主さんのおっしゃる膣炎とはちがうのかなあ。
    (複数の婦人科に行きましたが、
    いずれも抗生剤などの飲み薬はもらったことはありません)
    とにかく、まずは膣炎を治すために
    これまでの経緯を話して、
    徹底的に医者の指示に従ったらどうですか。
    民間療法は良くないですよ。
    抗生物質が原因との発想をまず変えてみましょう。

    ユーザーID:8970906889

  • くすり負け

    私も抗生物質の飲み続け(1ヶ月ほど)で膣の入り口が赤く腫れ、排泄時にしみ、下着のこすれでも痛くなり、産婦人科へ行きました。

    抗生物質にもいろいろありますが、私の場合ミノマイシンという抗生物質がダメでした。
    細菌性のあせもの治療だったのですが、抗生物質を止めればあせもがぶり返すので、産婦人科で貰った塗り薬でしのぎながら抗生物質を服用しました。

    きっとトピ主さんは悪循環なんだと思います。
    おそらく抵抗力の低下が原因で膣炎に→抗生物質の服用→さらに無防備な状態になる→膣炎が治りにくい・・・という感じなのではないでしょうか?
    膣炎の治療に、なんとか抗生物質を使わないor最小限の抗生物質にできないか、相談されてはいかがですか?

    あと、薬負けしやすい人と割りと平気な人がいると思います。

    日常生活で出来ることとしては、睡眠をしっかり取るのと、にんにくを食べるのがオススメです。
    産後から日常的ににんにくを使った料理を食べるようになり、随分風邪をひかなくなりました。
    今では毎週にんにくを買っています。

    お大事になさってくださいね。

    ユーザーID:7194914779

  • 皆さん、ありがとうございます

    トピ主です。

    皆さん、レスありがとうございます。大感謝です…。(涙)
    とってもとっても参考になりました。

    二つの病院にかかったのは、A病院で良くならなかったので、セカンドオピニオンと思ってB病院にも行ったのです。
    じつは、あと二つ別な病院にも行ってみました。

    すべての医師に共通していた姿勢は(表現のトーンに差はありますが)、「細菌性膣炎で命に別条はないから、気にしたってしょうがない。再発する時は何度でもする」というもの。クオリティ・オブ・ライフが著しく下がるということにはほとんど気遣いがありませんでした。(女性医師さん含む)ちなみに私はヤセです。

    確かに皆さんがおっしゃる通り、この1年半くらい、「激ストレス〜膣炎〜抵抗力落ちまくり」の連鎖というか負のスパイラルに陥っているようです。ストレスはだいぶ軽減したつもりでしたが、そうでもないのかもしれません。

    まず、
    ●人間ドックに行ってみる。総合病院で全体的に精密検査をしてもらう。
    ●鍼や漢方薬を試す。

    というところから試してみたいと思います。めげずにガンバリます。

    ユーザーID:1500152511

  • こんな方法ですが試してみては

    数年前、おりものが多く、婦人科で治療をすれば一時的には治るのですが、すぐ再発を繰り返すということが何年も続いていました。
    あるサイトに頑固なおりものを治す方法が載っていたので試してみたところ、本当にびっくりするくらい効果がありました。

    それは夜寝る時にパンツを着用しないというだけの事です。

    以前にも似たような悩みのトピがあり、其の体験をレスしましたが、その後この方法が効いたかどうかは定かではありません。
    でも試してみる価値はあると思います。(お金が掛かりませんから)
    少なくとも一週間ぐらいは続けてみてください。

    ユーザーID:8612676750

  • 早く病院へ

    抗生物質を入れたのは1年前に一度だけですか?
    それ以後、膣炎はよくなっていない?
    のならば、早く病院へ。

    今現在1年間も抗生物質を飲み続けているのならば、
    同じ薬をずっと飲み続けることによって
    問題が発生することがあります。

    病院を変えて、大学病院などに紹介状を書いてもらい
    検査と治療をお勧めします。

    ユーザーID:0971306112

  • 病院の治療はどのくらい続けたんですか?

    1年も膣炎が治らないというのは、1年病院に通院して治療をきちっと続けたのに直らないということですか?
    それとも病院にはそれぞれ1〜2回行ったきりで勝手に治療を打ち切り、そのあと自己流であれこれ試しながら1年ですか?

    1年通院しているのに直らないなら先生に良く相談して、場合によってはセカンドオピニオンを求めたほうがいいかも。
    病院には1〜2回行ったきりで勝手に治療を打ち切ったのなら、それはまずいような・・・
    きちんと治りきるまでお薬使わなきゃぁ。

    私も2年に1回くらいカンジタ膣炎になることがあるんですよ。
    一度罹ると再発しやすいらしいですね。
    冷やさない、清潔にする、疲れを溜めない、乳酸菌を摂る、砂糖を控える、エキナセアを摂る、風邪引いて病院で抗生物質が出るときは抗生物質飲むとカンジタになりやすい旨相談して薬の内容を考えてもらう、など工夫して生活しています。
    カンジタになりそうかも?と思ったら特に気をつけ、サプリは多めに摂ったりします。

    それでも再発してしまったら、民間療法ではなくちゃんと薬で治します。
    10日〜2週間くらいしっかり薬を使います。

    ユーザーID:5445759774

  • 健康なのに極端な冷え性です・・・

    最近体調は良い方ですが、過っては極度の冷え性で冬になると【膀胱炎〜別名しょうかち】に良く罹りました。あれもとても辛いです。冷え性なのに伊達の薄着、スカートが短い、タイツは足が太く見えるのでストッキングにハイヒール。こんな風だったから夏の冷房でも膀胱炎になってました。

    それでそろそろ年も考えて通勤・普段着共にパンツスタイルに変えソックスでペチャンコ靴に変えました。そして真夏以外はいつもタイツなどを穿き特に下半身を温めてます。綿素材の下着は身体には良いのですが冬場は案外身体が冷えます。だから肌着とセーターなどの間にもう一枚保温力のある袖なしタイプの肌着を着ています。

    それと常に首から背中を冷やさない様にベストを着る事が多いです。冬の食事は火の通ったもの・葛(くず)や片栗を使った料理など身体を温める食事が大事です。そしてエネルギーの出る自分の好きな料理を沢山食べて身体の内から元気回復を目指しましょう。身体に抵抗力を付け薬に頼らない体力をつけましょう。

    ネギ・ショウガ・ニラ・ニンニクなど料理の脇役も使いましょう。身体が痩せていても健康な人は沢山居ます。自分の健康は自分で守るという気概で是非頑張って!

    ユーザーID:2143377562

  • 治った〜!

    二度目です。今日、私はカンジダですが、完治しました。今回はかかってから医者に行くまでタイムラグがあったので、ちょっと時間がかかりましたが、今日、完治しました。
    実は私も思っていたのですが、トピ主さんは1年間通院をしていたにもかかわらず、治っていない、と言うことでしょうか? それとも1回通院し薬を貰っただけで治療を止めてしまわれたのでしょうか? 薬を飲みきったら再度受診し、治ったかどうか検査を受けないと。良くなっていなかったら医者を変えるのではなく、治療を続けること。治療は治るまでです。そのためには医者を信頼する、信頼できる医者と出会う・探すことです。
    医者に行くまでの時間が長いほど、治療にも時間がかかるような気がします。
    お大事に。

    ユーザーID:3205800430

  • 生理のとき

    ぜひ布ナプキンを試してみて下さい。
    私は子どもの布オムツから知って使い始めましたが、すごく快適です。こんなに違うのか〜と実感しました。以前は昔の人はナプキンが無くて不便で可哀想に思ってましたが、違いました。今の方がストレスに感じると思います。それからは、肌に直接身につけるものは綿のものやシルクのパジャマなどにしてリラックスするようにしています。
    小町でも布ナプキンで検索かければ出てくると思います。
    お大事に。

    ユーザーID:9653902882

  • トピ主です。

    皆さん、引き続き、レスをありがとうございます。
    参考になる意見ばかりで、PCの前で「ふむふむ…」と頷くことしきりです。

    病院は、昨年にA病院に4か月、B病院に3か月ほどかかりました。
    抗生物質は、その間、断続的ですが継続して使用していました。
    秋になり、サード、フォース・オピニオンを求めて(もっとウマの合うお医者さんを求めて)二つの病院に一度ずつ行きました。
    今年に入ってからは行っていません。
    3番目の医院では「どこに行っても同じだ」と言われ、、4番目の医院では「妊婦の方が大変だよ」みたいなことを言われました。
    凹んで気力が萎えて、もう病院はいいや…という気分になりました。

    「さとこ」さんが書かれたように、確かに体質的には若干、薬には弱いようです。
    「冷え性」さんと同じく、冷えがちですね。

    エキナセアはニンニクは、サブリで取り入れてみようと思います。
    就寝時にパンツをはかないというのは…すごい! 死角のアイデアでした。
    布ナプキンは検討してみます。(不精者の私に続けられるか!?)
    心して、基礎体力というか心身全体を底上げしていくしかないようですね

    ユーザーID:1500152511

  • 最後の一匹まで叩きましょう

    薬が効果を現すには、ある程度の血中濃度を保つ必要があり、ましてや抗生物質は菌を退治する殺虫剤のようなものですから、うすーく撒くようなことをすれば、かえって菌を慣れさせ、鍛えてしまいます。ですから用量を守らなかったり、断続的に使うのはとてもいけないことなのです。

    抗生剤を使い、菌がある程度減ってくるとまず症状が消えますが、まだ体の中に菌が残っているため、ここで止めてはまたぶり返します。トピ主さんは抗生物質をすごく悪いものとお考えのようなので、いつも早めに薬を打ち切ってしまうのではありませんか?おなかをこわし易いのなら、先生に言えば抗生剤に耐性のある整腸剤(名前の最後にRがついています)を出して下さると思います。

    一年も不快な思いをしていればストレスが大変なものでしょう。今度こそ、最後の一匹まで徹底的に退治するつもりで、集中的に抗生剤を使われることをお勧めします。抗生物質を止めても免疫力の低下が改善しないという事実が、免疫力の低下と抗生物質が無関係なことを物語っているように思います。

    ユーザーID:4480210043

  • 体力が落ちているのでは?

    私も3〜4年ほど膣炎に悩まされました。今も疲れたりすると悪化します。
    ひどかった時は、大小様々な病院でドクターショッピングを繰り返し、
    検査をうけたり、抗生剤をたくさん飲まされましたが、結局むだでした。

    ネットやら図書館やらでもいろいろ調べて、サプリとか健康食品とか、色々試しました。

    今は小康状態です。
    色々試して実感したのですが、ごく単純な軽い病気が悪化するのは、体が弱ってるんだと思います。
    抗生剤によって体内菌のバランスが一時崩れて、それがダラダラ長引くのは体力が落ちているのではないかと思います。

    規則正しい生活(3食きちんと取るなど)と適度な運動を心がけてください。
    それから気づかないうちに冷え性になっていませんか?
    とりあえずお腹を暖めてみてください。

    ここからはおまけです。
    私は鍼灸や漢方薬の助けも借りました。漢方薬は病院で保険薬を処方してもらいました。
    でも、薬で全て治るという訳でもなくて、基本は自分の体力のようです。

    くれぐれもお大事に。

    ユーザーID:6064732641

レス求!トピ一覧