「かわいそう」という言葉には、悪い意味しかないのでしょうか?

レス45
お気に入り23
トピ主のみ3

ビーダ

学ぶ

このトピのレス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 誰の言葉だったか忘れたのですが

     「かわいそうとは、惚れたってことよ」というのがありました。男の人がある女の人のことを話題にのぼらせて、「あの人を見てるとかわいそうで。・。・だから助けてやりたいんだ。・。・」などと第三者に言ってる場合、それは確実に「彼女に惚れてしまった」と白状したも同然らしいです。羨ましい。

    ユーザーID:7754863926

  • 友人に「かわいそう」を連発する人がいます

    私自身は、「かわいそう」という感情を持つ事はいけないことではないけれど、他の方も仰るように、それを言葉に出すならば、
    他の言葉を選ぶと思います。
    どなたかが仰っていた「子供向けの言葉」という説も、
    頷けました。
    子供には言いますよね。
    でも、大人になると「可哀想」には色々な意味合いを含むので、その場にあった大人の表現が必要なのでは?
    文章なら「心が痛む」「気の毒に思う」だし、
    会話なら、「大変だったね」とか「残念だったね」でしょうね。

    実は、私の友人で一人、
    何に対しても「かわいそうに」と言う人が居ます。
    私が「今月は仕事が忙しくててんてこまいだったわ〜。」と言うと
    「かわいそうに。」
    「風邪引いちゃってね〜」
    「かわいそうに〜。」

    本人はいたって悪気があって言っている訳ではないのと、
    たまに他にも言葉の使い方が違うなと思うことがある人なので、
    普段は私もさしては気になりませんが、
    ごくたまに「うーんどうなのかしら?こういう場合、友達として何かの折に教えてあげるべきなのかな?」
    と思うことはあります。
    ちなみに私は彼女が同じ状況の場合は、
    「大変だったね。」と言います。

    ユーザーID:7062308579

  • 辛さの再確認はしたくない

     目の前にいない人、話している人との話題の中の人。
       例:ニュースに出て来る被害者等。

     話し相手。
       例:あなたは虐待されてる生活なんて可哀そう。

     
     解決になる手助けやアドヴァイスが出来れば、そちらを言います。
     

     苦しい真っ只中にいるとき、人に「可哀そう」と言われると、本人自身が一番解っている辛い状況を再確認させられるから、より辛くなるかも知れません。ですから、言いません。

    ユーザーID:5729361322

  • 漢字の意味を考える。

    可哀想(可哀相):哀しい(切ない)と思うことができる。

    相手の状況に哀れみを感じたら出てくる言葉だと、私は思います。
    なので、「上目線」「見下し」という捉え方も出てくるのかと。

    言われて嬉しかったと思うのは、「同情された」=「私の今の心境を理解してくれた」と、相手が自分と同じ目線に立ってくれたと思えるからかもしれませんね。

    「かわいそう」は人によって受け取り方の違う、難しい言葉だと思います。

    ユーザーID:0958537344

  • 悪い意味しかないかと言われたらNOです。

    その状況によると思います。その人を助ける時にこどもとか大人でも使うことがあると思います。変じゃないです。同情心を全て悪とするのは、世の中には自分の善悪で物事が全て片付くという未熟さが伺えます。

    同情心や人の痛みに共感できる心は大切では?それがなければ、人が人を助けることも寄り添うこともできないのではないでしょうか?

    でも深い意味で「かわいそうな人」と他人が誰かを決めてしまうのはNGです。日本語は言葉が一つでも、その場のシュチュエーションで七変化する言葉もあると思います。

    ユーザーID:0323381756

  • 本当の意味と実際の使われ方にズレがある場合も

    辞書でひくと、こうあります。

    > かわいそう=気の毒なさま。同情を誘うさま。


    意味にある「気の毒」と「同情」を調べると、

    > 気の毒=相手の苦痛や困難なさまを見て、かわいそうに思う・こと
    ※他にも意味がありましたが、かわいそうに関連するのは↑です。
    ※もともとは「自分の気持ちの毒になる」という意味。

    > 同情=他人の苦しみ・悲しみ・不幸などを同じように感じ、
    > 思いやり・いたわりの心をもつこと。かわいそうに思うこと。

    本来は、優しい気持ちを表す言葉です。

    では、どういう時によく使われているか考えてみると、
    ・弱者に対して
     (例:貧しい国の人はかわいそう、子供を叩くのはかわいそう)
    ・本人が相手とは無関係な、第三者的な立場にいる時
     (例:この本の主人公はかわいそうだ)
    ・本人が相手より優位だと思っている時
     (例:「あの子、結婚できなくてかわいそうね」)
    が多いと思われます。

    感情として「かわいそうだと思う」気持ちを抱くことは何ら問題ありません。
    ただ、具体的な行動は伴わない言葉ゆえ、相手に同情の意を表する時は、
    状況にあわせて他の言葉を使うのが得策でしょうね。

    ユーザーID:6680083302

  • 基本的には子どもが使う言葉

    基本的には子どもが使う言葉、または子どもに対して使う言葉、子どもに教える言葉だと思っています。

    自分が手を差し伸べてあげれば救われるかもしれない、そういう気持を喚起するのが「かわいそう」だと思います。
    「そんなことしたらかわいそうでしょ、やめなよ」とか子どもがよく使いますよね。
    テレビを見ててスポーツ選手が転んでしまって「かわいそう」と子どもの前なら言うこともあります。「頑張ってる人を笑ってはいけない」と伝えるためです。

    でも基本的にかわいそうという言葉は、人を見下した上で成立する言葉です。
    「うそ」とか「ルール」等と同じように、大人になってくると世の中そう単純ではなく、大事かもしれないけど通用しない、と気がついてくる言葉だと思います。

    「かわいそう」は改善する余地がある、一時的なもの、ちょっと助ければ同じところにこれる、そういう時に使う言葉です。

     どうしようもないときに使う言葉ではありません。

     自分は高見から「かわいそう」で何もしない。それがどれだけ酷い言葉か、想像つきませんか。

    ユーザーID:1967850427

  • 代わりの言葉は

    「気の毒に」、会話なら「お気の毒に」ではないでしょうか?
    「それはお気の毒でしたね」とかはよく使う言葉ではないでしょうか?

    ユーザーID:0413263989

  • トピ主です

    トピ主です。
    言われた方の状態と気持ち次第では、というご意見、ありがとうございます。
    そうですね。私が先に挙げた「こんな場合に使ったとしたら?」の例についても、
    「今後好転しないことが確定している」とは思っていない事例のつもりだったので、
    ぱっぽさんのご意見、なるほど!と思いました。

    書き方が(言葉だけで放置するという意味はなかったのですが)悪かったので
    「言葉だけ、感想だけでは意味がない」とお気を悪くされた方もいらっしゃって
    申し訳なかったですが…

    これまでは、たまたま、自分が「かわいそう」という言葉に出会った事例が、
    どうにもならないことについてではなかったから、わからなかったのかもしれません。

    でもどちらにせよ、聞いた方の心理状態に大きく関わるのは確かですし、
    気をつけなければいけないですね。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:4982243501

  • 受け手の気持ち次第なんじゃないでしょうか?

    「かわいそう」と言われて嫌かそうじゃないかは言葉の意味というより
    言われた方が同情して欲しいのか、そうじゃないのかの違いではないでしょうか。

    ユーザーID:3188073203

  • ありがたく思うときとそうでないとき

    他人に「かわいそうに」と言われて「ありがとう、そう思ってくれて」と思えるのは思ってくれること自体にパワーを持つとき、かなと思います。確定的なマイナスの状況で今後も変わる見込みのない事柄に関しては「かわいそうかどうかはわたしの気持ちしだいだろう。わたしは気持ちを持ち直して生きてるんだから安易に感想を述べないで欲しい」と思います。
    たとえば難民に関してはたやすいことではないけれどみんなが協力すれば助けることも可能なのでわたしには「かわいそう」も可です。個々がそう思うから助ける大きな力が生まれるのだと思うので。逆にわたしの体がどこか機能しなくなり治らないのが確定したとき「かわいそう」と言われるととても突き放された他人事に聞こえるような気がします。その時のかわいそうはしょせん他人の感想でしかないと感じるからです。

    ユーザーID:7223458392

  • トピ主です(3)

    トピ主です。何度もすみません。

    「かわいそう」と言われていやな気持ちにならなかったのは何だろう?ということについては
    体調が悪い時に背中をさすってもらって…と書かれた方と共感していましたが、
    「依存的心理」という分析にも、なるほどと思いました。

    はみだしっ子には「安易な同情に対する反発」の表現が多かったと思いますが、
    そんな中に「同情って、優しいんだもの…」みたいな表現がぽつっとあったせいで余計に印象に残ったような気がしていました。
    でもうろ覚えなので、何か別のマンガと混同しているかもしれません。
    (違うとしたら何のマンガだったのかな…どちらにしても、あまり見られない表現だったので、その文だけが印象に残ってしまいました)

    想像していなかった方向の意見も多く、ショックでしたが、
    逆にこんな短い文章でも色々と読み取れる可能性があると実感しました。
    言葉は奥が深いです。

    私のつたない文章に「厳しい意見を下さった方」「寄り添おうとして下さった方」を始め、たくさんのご意見本当にどうもありがとうございました。

    ユーザーID:3340963950

  • トピ主です(2)

    続きです。

    冷たいと書かれた方もいらっしゃいましたが、
    確かに、例を挙げたときは、「言葉の上だけ(国語の時間に例文を作ったような感覚)」で書いてしまい、実際に苦しんでいる人の姿を想像できていませんでした。
    友達が大失恋したら…こんな簡単に文章で対応を書けないですね。
    ご不快に感じられた方も多かったと思います。おわびいたします。

    なかなかレギュラーになれない子について、友達がコーチに「〜がかわいそうだ!」と抗議したというお話がありました。もちろん本当の事はわかりませんが、
    「がんばってるのに、むくわれないのは不公平だ!もっとちゃんと私の友達を見てよ、コーチ!」という気持ちからではないだろうか?」と私は思いました。だからこそ「うちの子はちゃんとあなたのがんばりを見てますよ」と伝えたくなったのでは…

    でも、マーブルチョコさんも書かれたように「言葉は刃物にも」なるのですよね。
    もしもお友達が本当に思って言われたことだったとしても、傷付かれたのですものね…

    ユーザーID:3340963950

  • トピ主です

    トピ主です。書き込みが遅くなってすみません。
    たくさん書き込んで頂いてありがとうございます。

    「ネコの目」さんが書いて下さったように、「ちょっとした(でも時々ふと考えていた)疑問」でした。
    トピの中で例を挙げた場面について、
    「こんなとき、どう対応すればいいかわからないから正解を知りたい」というのではなく、
    ことばについての疑問です。
    でも改めてトピを読み直してみると「ことばだけで解決したい」ようにも読めますね。すみません。

    「この場合なら相手に対して使っていいですか」というより、
    どちらかというと、自分が「かわいそう」と言われたとき、ほっとしたというか、マイナスな感情がなかったので、この感情は何だろう?一般的には「かわいそうなんて言われたくない!」の方がよく聞くのに?
    幅広い意味があるのか?と知りたくなったのです。

    なぜ代わりの言葉を?というのは、今書いた感情に名前があるのか、
    または、私には思いつかないけれど、そんな日本の美しい言葉があったのか!
    という言葉がもしかしてあって、それをご存知の方がいらっしゃるかもしれないと思って書きました。

    ユーザーID:3340963950

  • 小学生の時偏見や先入観を学ぶ授業で「かわいそう」って言葉も対象になるって聞いてそれから「かわそう」って使っていません。

    ユーザーID:1569682653

  • 厳しい意見が多いですね。

    先ずは濡れている犬を拭く事!飢餓に苦しむ子供達には募金を!実は相手の気持に寄り添っていない!と意見されている方のいう事も
    全く分からない訳ではないのですが、今回のトピ主さんの内容からは、そこまで厳しく意見を言う必要はないかと思います。

    確かに「かわいそうに」という言葉が使われる時には、上から目線と感じられる場面もあると思うのですが、それとは違い、
    世の中で起こる不幸な出来事を見聞きした時、素直な感情として「かわいそうに…」と思ってしまう事ってありますよね。
    たぶん、トピ主さんはちょっとした疑問としてこのトピを立てただけではないかと思うのですけどね。

    ユーザーID:8626347569

  • 難しいですよね

    「情けは人の為ならず。巡り巡って我が身に帰る」素敵な言葉ですよね〜。
    まあそれはさておき。
    同情という感情は、罪悪感を核にした優越感を、良心というオブラートで包んだもの。
    いつぞやドラマで『同情するなら金をくれ』って叫んだ女の子がいましたが(犬付きで)まさにそれでしょう。
    作り話や妄想だったら心の洗濯にもなりますが、その気持ちを行動で示さなければ結局「かわいそう」と思った私はいい人。という自己満足で終わるだけです。
    「かわいそう」と思うのが駄目なのじゃなくて、思うだけが駄目なんだと思います。

    ユーザーID:1436882221

  • 情けは人のためならず

    情けというのは他人のためだけではなく、人がみんな情けをかけるとこころがけていれば、自分も情けをかけてもらえるものだだから、時にはお互い助け合いましょう、許しあいましょう、というような意味だったと思います。でも「かわいそう」というだけでは、「情け」にはならないと思います。テレビですっごくひどかったり、惨めだったりする状況をみて、思わず「かわいそう」と涙してしまうこともありますが、それは自分では「なさけ」ではなく、自分の感情の発露に過ぎないと思っています。

    ユーザーID:2715464753

  • 代替案?

    可哀想という言葉は好きではありません。
    子供が早生まれだったため、姑に「かわいそうに」と言われ、とても不愉快でした。
    それ以来、可哀想という言葉には敏感になってしまいました。
    誰かから何かをされて、ひどい目に遭った人や動物に対してなら「可哀想」もアリだと思います。
    私が相手の気持ちになってよく言う言葉は・・・で思い出したのが「切ない」ですかねぇ・・・。
    ケガをして泣いている子供にもよく「切ないねー痛かったねー」とか言ってました。

    大失恋した友達って、可哀想なんですか?
    励ますとか慰めるのはわかりますが、可哀想って・・・???
    恋人に死なれてしまったのなら「可哀想」もわかりますが、そうじゃないのなら可哀想ってそぐわないと思います。

    ユーザーID:6916689700

  • 何でも「かわいそう」は浅薄で不快

    何でも「かわいそう」で片付けてしまうのは安易です。
    安易に表現するあたり、結局相手の立場を全然わかっていないことを露呈しています。
    それで言われたほうは腹が立つのです。
    もし他の言葉が浮かばないんだとしたら、ちょっと思慮が足りなさ過ぎます。
    これは、トピ主さんがいくら「そんなつもりで言ったんじゃない」って自己弁護しても意味が無いです。
    言葉を受ける相手が喜ばないなら、そんな言葉はかけてもしょうがなのだから。

    雨に濡れた子犬のことを「かわいそう」というのは差し支えないでしょう。犬は言葉を解しませんから。でも、実際その犬に何か手を差し伸べていますか?
    ひどい失恋をした友人にはもっと別の言葉がかけられるでしょう。
    「大変だったね」とか「辛かったね」とか。
    飢餓に苦しむ子どものことを「かわいそう」と表現して終われるのは、所詮テレビや活字が切り取った部分を安全な場所で見ているだけだから。

    当事者はそんな余裕のある状況にいません。
    先進国でテレビを見ている人が彼らをかわいそうがったって、彼らの生活の何の役にも立ちません。それより援助する方が喜ばれるでしょう。

    ユーザーID:2259452937

  • トピ主さんは同情されたい人なのかな

    >(三原順さんの「はみだしっ子」でも「同情って、やさしいもの…」っていうような表現があった気がします)

    いえ、はみだしっ子は、「相手と同じところまで落ちてやる気もないくせに」と反発するほうが多かったですよ。

    それはおいといて。

    別トピで大変大変と言って怒られ、大大反省と言ってたしなめられ…と、どうしても同情を引こうとするほうに走ってしまうトピ主さんがいらっしゃいましたが、もしかして、こちらのトピ主さんも同情されると嬉しいひとなのかな、と思いました。

    時々、私はかわいそうなのと言って同情を引き、甘えるのが大好きな方に会いますが、皆も自分のように甘えたいんだと考えている人が多く、不思議に感じます。実際はそういう人は少数派で、自立した人なら普通「かわいそう」扱いすると不快に感じます。

    たぶん、そういう感覚の違いなのかな。
    トピ主さんがもし、自分が不幸なときに「かわいそう」と同情されたいと思っていたら、自分をおとしめてでも人にかまってほしいという依存的心理がないか、自分を振り返ってみたほうがいいです。

    ユーザーID:6867289344

  • 言葉ってむずかしい

    第一子を死産した時「かわいそう」と言われました。
    相手の方は温かく優しい態度でしたが「かわいそう」という言葉に違和感を覚えました。「私ってかわいそう?」と。
     別の人から「残念だったね」と言われた時は嬉しかったです。
    “残念”という言葉が私の気持ちに合っていたからだと思います。

    現在4才の子がいますが、その子は先天異常で生まれて手術を受けました。その後も重度のアトピー・喘息・食物アレルギー(一時期は食べる物がないという位悲惨な状況でした)・ADHDの診断などで一年くらい毎日死ぬことばかり考えていました。

    そんな酷い状況の私でも、知人や親戚から「かわいそう」とか「どうしてこの子ばかり?」とか言われるのがイヤでした。
    その時の私は、毎日分刻みで 自分と子供が生きることに必死でしたから、同情してくれた人に感謝する余裕がなかったのです。相手の同情の気持ちが重く感じるというか・・・(失礼)

    なのでトピ主さんからみて悲惨な状況だったとしても「かわいそう」という言葉はその人の受け取り方によりますので避けられたほうが良いと思います。
    言葉がなくても伝わると思いますよ。

    ユーザーID:4707011764

  • その状態が相手にとって負なのだと勝手に判断している

    かわいそう、という感情を抱くということは、その状態が相手にとって負であるとトピ主さんは考えているんですよね。
    それが失礼なことだとみなさん言っているのですよ。
    少なくとも目上の方や親しくない方に言う言葉ではないですし、仮に負の状態だったとしても、赤の他人が事情も知らず、何の手助けにもならないのに安易に同情なんてすべきではないです。

    その状態で満足なのかもしれないし、精一杯努力した結果なのかもしれないし、避けたくても避けられないどうしようもない状況なのかもしれない。
    つまりは想像の域を出ないということです。
    言わばうわべだけの状況判断しかできていないのに、一方的に負なのだと判断するのは、相手の尊厳を無視した行為だと思います。
    お金持ちがきれいな手で小銭を恵んでやっているような、そんな感じがします。

    ユーザーID:6490444771

  • そもそも

    「かわいそう」というのは目上の人が目下の立場の人間に使う言葉(あるいは持つ感情)
    なのではないでしょうか。

    だから、相手に「かわいそう」という言葉を使う=相手を目下として扱う、
    ってことになっちゃうんじゃないかと思うのですが。

    「相手を目下として扱う」→「私の方が立場が上」→「私はあの人よりマシ」
    みたいな連想もありそうですね。

    「かわいそう」という言葉や同情・共感する気持ちが悪いのではなく、
    使い方を間違えると良くないってことだと思いますよ。

    ユーザーID:0273186910

  • 私の場合

    難民の子をすべて救うことはできないですが、何人かの足しになれば…と募金しています。

    ちゃんと活動報告をしているところだと、自分のお金で何人分のワクチンが買えたとか、学校の壁が30cmできたとかがわかり、励みになります。

    私が今支援しているところは、フォスタープランと、カレーズの会です。

    プラン・ジャパン(世界各国で家族単位の自立支援)
    http://www.plan-japan.org/home/

    カレーズの会(アフガニスタンで診療所建設・運営)
    http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/karez/

    ワクチンなどはわずかなお金で買えるので、達成感ありますよ!
    カレーズの会では、お金でなくても、使用済み切手を集めて送ってもいいそうです。

    とりあえず、何を言うか悩んでいても何にもならないので、ぜひ国際支援してみませんか?

    私は、世界の困っている子どもを救うNGOやNPOで、活動内容のしっかりしているところは他にないか、知りたいです。

    ユーザーID:6266001821

  • 『代わりになる言葉』など、無いのです。

    『かわいそう』という言葉、使い方が難しい。
    一歩間違えれば見下すことになりかねない、確かにそうです。

    でも、『かわいそう』という言葉を使うことがもっとも適切な
    シーンというのは確かにある、その時に『かわいそう』というのは
    見下すことでも間違いでもない。
    ただ、明らかに『かわいそう』という言葉が不適切な場合もある。
    その場合には別の言葉を使うべきではあると。

    語彙の数と、そのTPOをわきまえる、この2点こそが重要だと思います。

    ユーザーID:5645633325

  • よく言われる立場です

    複雑な環境下で育ち、様々な問題を背負ったまま現在に至るので、それを知った相手からはよく言われます。
    かわいそうに、と。

    私にとってはあまり有難い(励まされる等、良い意味で受け取れるような)言葉ではありません。
    何故か…?
    その言葉が、経験したことのない立場故のものだと身に積まされてきたからです。

    勿論、言う側に他意はないのだろうというのは重々承知しています。
    言わばこれは、自分の心の問題なんです。

    私の場合だけかもしれませんが、同じような辛い思いを経験したことのある人からは「かわいそうに」と言われたことは殆どありません。
    辛かったね、頑張ったね等共感の言葉が多く、仮にかわいそうにと言っても、後に共感の言葉が続いてきます。

    かわいそうと言われることに対して、私はそこに一枚の壁を感じるんです。
    まるで、悲しい映画や本の感想を言われているような…。
    そしてそこに「かわいそうな立場にいない相手」を感じて、自分の立場がかわいそうなんだと再認識させられてしまう…複雑な感情です。

    ユーザーID:6678251682

  • 難しい問題ですよね。

    【直接】はイヤ。

    ひどい失恋をした友人に「かわいそうに」とは言わない。
    飢餓状態の発展途上国の子どもに「かわいそうね」とは言わない。

    【直接】でも例外的に言うこともある。

    雨に濡れた捨て犬に「かわいそうに、捨てられちゃったの?」とか。でも、言うだけじゃなくて、撫でたり、なにか食べ物あげちゃったりするかな。

    泣いてる自分の赤ちゃんに「かわいそうに、おなかすいてたんだね〜今ミルクあげるよ〜」とか。

    ≪共感する、気持ちわかるよ、等では言い表せないときに、
    相手の悲惨すぎる状態に対して自分の無力さを感じるときにも
    「かわいそうに」と抱きしめる事しかできないときがあるような気がするのですが≫

    悲惨すぎるときは、「かわいそう」という言葉も浮かばないかな、、、。
    絶句というか。

    ユーザーID:6173242557

  • 思うのはいいけど口に出すのは

    これは私の個人的な意見ですが
    「かわいそう」と思う気持ち自体はいいと思うのです。
    でもそれを言葉に出してしまってはいけないのではないでしょうか。
    相手が言葉もわからぬ子犬とかならまだいいかもしれませんが
    人に使うのは、言われた人の気持ちを考えるとダメだと思います。
    代わりの言葉は同じ意の言葉ではなく、励ます言葉や力になるよと言ったような言葉を
    ケースバイケースで選んだ方がいいのではないでしょうか。
    「かわいそう」とか「お気の毒」とか言う言葉だけで済ますのは
    しょせん他人事で、本当は寄り添う気持ちなどないんだと思います。
    本当に寄り添う気持ちがあるのなら行動するでしょうし
    失恋や身内の死などデリケート事柄では、おいそれとそんな言葉使えないと思います。

    ユーザーID:9678350797

  • 日本語の落とし穴

    英語ではそういう場合「かわいそう」だとは言いません。障害を持った外国人が日本に来た時、みんなにそう言われてやはりショックだったそうです。
    日本語は主語を省略できるので見落としがちですが、主語は「あなたは」です。「あなたは かわいそう ね」と言われても、言われた方はどうすればいいのでしょう?トピ主さんは「わたしは あなたが かわいそう だと思います」という同情の意味として使いたいと言っていますが、主語を省略してしまえばどちらの意味にも取れます。

    共感する言葉が見つからないということは、相手の気持ちが分からないからだと思います。そんな時に何を言っても伝わるはずがありません。
    私なら雨に濡れた犬は「寒かったね」と言って乾かしてあげたり引き取ってあげたりします。自分も雨に濡れたことがあるから。でも飢餓状態の子供の気持ちは分かりません。何も言わず援助をするか、逆に楽しい話などをして気を紛らわせたりすると思います。「(あなたは飢餓状態で)かわいそう」と言ったところで何になりますか?それは同情を示したという自己満足でしかないと思います。

    ユーザーID:0898979484

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧