面白い外国語の表現・単語

レス95
(トピ主4
お気に入り150

旅行・国内外の地域情報

シャクヤク

海外で見聞きした「?」な日本語を読んでいるうちに
私もトピを立てさせて頂くことにしました。

仕事上、私はいろいろな国へ行っておりますが、
現地の言葉、または、表現で日本語からすると面白いものがたくさんあります。
たとえは台湾で「牙医」(ただし医は昔の難しい医)という看板があり、
苦笑してしまいました。現地人に聞くと歯医者の看板とのこと。
中国語、台湾語は文字を見ると大抵意味が想像できるのですが、
最初これは象牙の修理かと思ってしまいました。現地の台湾人と大爆笑でした。

また、仏語でQu'est ce que c'est que ca? という表現があるのですが、
これも発音(ケスクセクサ?)が「ケツ臭(くせ)、臭(くさ)。」
フランス人たちと大笑い。
しかも昼食中に。

皆さんはどんな面白い表現をお聞きに、また,ご覧になりましたか?

ユーザーID:9450861220

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数95

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たくさんありすぎ!

    つい笑っちゃう外国語ってありますね〜!

    中国語を日本漢字の意味で考えてしまうと、
    おもしろいことになっちゃうもの、本当に多いですよ。

    スナック菓子=「膨化食品」 ←太りそうで手が出ません!(笑)
    スーパーマーケット=「超級市場」 ←何でも売ってそうですね。

    いかがでしょうか?!

    ユーザーID:0810573674

  • 表現というかダジャレなのですが

    『日本語で“誠実な政治家”って何て言うか知ってる?』
    と、スペイン語圏の人に聞かれたので
    『え?知らない、何て言うの?』と聞き返すと
    『Ni quito ni pongo(ニキトニポンゴ)だよ〜(後爆笑)』

    ちなみに意味は『足しもしなければ取り(盗り)もしない』
    つまり横領もしなければ袖の下も渡さない誠実な人って意味です。
    スペイン語を上手く日本語に引っ掛けていて思わずウマイ!って感心しちゃいました。

    おまけで
    『不景気って日本語でなんて言うか知ってる?』
    『??』
    『Ta cara la azucar(タカララアスカル)』
    意味:砂糖が値上がりしたわよね〜(そしてまた爆笑)

    もう一丁!
    え?もういい?

    すみません、ちょっとズレてましたよね。
    ちなみに他にも色んなバージョンがあります。

    ユーザーID:7058460357

  • 私がおもしろかったのは

    英会話の先生が話してくれたんですが、ある女性が

    「I am えーと えーと ビンボー(貧乏)なんです」と日本語と英語交じりで話し、びっくりしたそうです

    ビンボー=bimbo=ちょっと頭の足りないセクシーな女性
    という意味になるそうで。

    ユーザーID:4589883056

  • 既出かもしれませんが・・・

    広東語では・・・

    手袋=バッグ、汽車=自動車、火車=電車、汽車
    手堤電話=携帯電話 等等

    想像力を豊富にさせてくれる単語がありますよ

    ユーザーID:3552596712

  • 有心

    私も広東語からですが、

    気遣い、心遣いがあることを「有心」と言います。

    面白いところでは、エレベーター・エスカレーターが「電梯」、ヘアドライヤーが「熱風筒」などです。

    「およそ」を意味するのに「前後」ではなく、「東西」を使うのも、その発想が分かるような分からないような、です。

    余談ですが、もともと日本語にもある表現ですが、「砂糖とミルクを入れて混ぜる」と言うときに「攪拌」を使うところが、大げさというより、やはり漢語の国なんだなーと感じました。

    「深い印象」が「深刻的印象」で、この場合、深刻はシンコクな問題とは関係なく、文字通り「深く刻む」という意味ですね。

    広東語の漢字表記を見ていると、おもしろい発見がたくさんあります。

    ユーザーID:8244660705

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 美容整形の看板から

    一昨年、上海に行った時にバスから見た、美容整形(だと思う)の看板
     隆鼻術(術は中国語書体)
    はわかったけど、それから類推すると
     隆乳術
    ってバストを大きくする手術かな?一緒にいた友人に教えたら、彼女は大笑い。ストーレートな表現と思いました。

    中国在住 様、正しいでしょうか。同じ看板に書いてあった二重まぶたにする手術名を忘れたので、どう言うかご存知でしたら、お願いします。

    ユーザーID:6482294752

  • ギリシアにて

    ギリシア語では、お酒も飲める大衆食堂のことを、
    TAVERNA(タヴェルナ)。

    ・・・食べるな? そんな〜、食べたいんだよ〜。

    ちなみに、フランス語では、同じ語が
    TAVERNE (タヴェルヌ)になります。

    ・・・食べるん? 食べるってば。

    ユーザーID:1053435477

  • 「学んだものは全て先生にお返ししました」

    文篇:
    タイトルの文は「我把学好的東西都還給老師了」という中国語の直訳です。
    これで、「全部忘れてしまいました」の意味になります。
    例えば昔かじった語学などについて「もう何にも覚えていないんです」と言いたいときに使います。

    単語篇:
    「曖昧」は、ほとんど男女関係について使われます。
    日本語の「曖昧」なら他の事柄についても使えますよね。
    ですから、男女関係以外の事柄に使うとヘンな誤解を招く恐れがあります。

    「種草苺」は「キスマークをつける」です。
    種は植えるという動詞、草苺は名詞でそのままイチゴ。
    直訳は「イチゴを植える」です。

    ユーザーID:2065588720

  • 黒い病気

    と直訳して嫉妬と意味です。(svartsjukスバットフューク)言い得てるなあと感心したスウェーデン語です。

    ユーザーID:5911471571

  • 「顔が厚い」転じて「顔が多い」

     「厚顔無恥」をスペイン語では「多くの顔を持つ(tener muchas caras[テネール ムーチャス カーラス])」と表現します。また,ドイツ語では「二日酔い」を「雄猫を飼っている(einen Kater haben[アイネン カーター ハーベン])」と言うのです。今のところ思い付いたのはそんなところですが,探せばまだ出てくることでしょう。

    ユーザーID:0171891576

  • 外来語の訳

    中国在住さんが「超級市場(スーパーマーケット)」をあげていらっしゃいますが、特に西洋から来た外来語を見ると、漢字の国だなあ、と思うこと多いですよね。他に、「カルチャーセンター」は「文化中心」、「コンビニエンスストア」は「便利商店」とか。そのままといえばそのままなんですけどね。

    ところでわたしは台湾の生活にどっぷり浸かってしまっているのですが、「牙医」を見て「象牙」を連想とは、思いもよりませんでした(笑)。

    ユーザーID:3440785940

  • ハンガリー語

    「Sotalan(ショータラン)=塩足らん 」はTVCMで有名になりましたが、他にも面白い偶然の一致がいろいろあります。

    バカ:下級歩兵(かつて軍隊にいた友人曰く「歩兵はバカだから…」)
    ブタ:バカ
    ウソダ:プール
    ソバ:部屋

    「〜へ」という方向をあらわす接尾辞 ba/beがあるのですが、
    Bankba megyek (銀行へ行きます)というのを聞くとどうしても
    「銀行ば行くとです・・・」という「ヒロシです」口調が思い浮かんでしまって。(笑)

    ユーザーID:0008892105

  • あほ!

    アラビア語のエジプト方言ですが。
    「彼はどこ?」、「アホ!」。
    あそこ、あっちが、「アホ!」になります。
    ちなみに、「彼女はどこ?」の場合は、「アヘ!」。
    こっちの方が何かいや・・・と思った私です。
    また、泣くというのが、「バカー」になることがあって、これも場合によってはやばいです(笑)。

    ちなみに、スペイン語では、アホはにんにくでしたっけ?

    ユーザーID:4807340149

  • 本当にいろいろありますね。

    ギリシャの(Taverna)タヴェルナ、ありますね。わたしもはじめてギリシャに行ったときのこと思いました。
    中国語と日本語の漢字による微妙な表現の違い、ほんとうに面白いですよね。日本の「切手」など中国人に漢字で書いたら、「ええっ、手を切る?それ何?」って言われましたもの。他に日本発で韓国に回った表現で「新聞」。中国では「新聞」はニュースという意味ですよね?
    中国語素人さんの「隆鼻術」と「隆乳術」、爆笑しました。本当にバスト大きくする手術、中国語で何と言うのでしょう?
    先日初めて出会った方で、「初めまして。わたしチチと申します。よろしく」って言われて心の中で笑ってしまいました。いけないですよね。チチ=乳。ちょっとまずい名前かなって。
    スペイン語で乾杯は、「チンチン」。この言葉出るたびに、「日本語では、、、、よって日本人の前では、、、、」と説明しております。あるとき、30代の女性がグラスを掲げて日本人のビジネスマン相手に大きな声で「チンチン!」日本語では、、、、と後で教えてあげたら顔を真っ赤にされました。前もって言ってれば教えといてあげたのに。
    引き続き面白い表現お知らせ下さい。

    ユーザーID:0859098338

  • アホをもうひとつ

    チェコ語で、やあ(会った時)、じゃあ(別れる時)の掛け声が
    アホィ
    イはほとんど聞こえないので、アホ!と聞こえます。プラハ空港で出国する時にチェコ人同士が別れる時に聞きました。

    チンチン!は有名ですが(あるスペイン男性が知っててやったそうで)、数字の5をチ○コではなかったかと。

    外国単語を日本語に置き換えるとおかしな単語になることも。オランダでは
    スケベニンゲン
    と言う地名があるそうです。マジメニンゲンがあったかどうか。日本の「近畿」も、kinky。Kinki (キンキイ) University (ユニヴァーシティ) は変態大学?カナダの友人の話です、近畿大学の関係者の方々、ごめんなさい。

    ユーザーID:6482294752

  • にんにくソースのビーフステーキ

    スペイン語で牛肉はカバ、にんにくがアホ、スパークリングワインがカバ。
    すごく美味しそうな組み合わせなのに「バカ、アホ、カバ」

    そういえば、イタリア語で男性器のことを「カッツォ」と言う。
    「I am」に当たるのが「イォソノ」なので……

    イソノカツオ君は、とんでもない意味に。
    名乗れませんな(笑)

    ユーザーID:1870676942

  • ドイツ語で

    ”イッヒ フンバルトデル ウンチ” と 聞こえる表現があるそうです。
    以前 テレビでやっていたのですが 肝心な解説(答え)の場面で 
    兄にチャンネルを変えられてしまい 未だに これが何を意味するのか分からずじまいで・・・。  

    どなたかご存知の方 お教え下さい。お願いします。
         

    ユーザーID:3124536161

  • 中国語(スラング多し)です。

    11路=11番バスという普通の意味以外に、「徒歩で」の意味アリ(2本の足を、11という数字に見立てている)
    恐竜=ブス(きっつー!)
    去見毛沢東=毛沢東に会いに行く、つまり死ぬこと(この方に会うには死ななきゃならないので)
    老布什&小布什=ブッシュ親子(姓のブッシュに老or小を付け加えて親子を区別・・・安易なネーミング〜)
    老婆=かーちゃん(「妻」のくだけた言い方。そう呼ばれても、日本語の老婆って意味じゃないから怒っちゃダメ)
    娘=おっかあ(中国の田舎弁では「娘」と書いてママの意味!)
    小弟弟=日本語では「ムスコ」と称されるもの

    Mollyさん
    およそは「東西」でなくて、もしや「左右」では?北京語では「東西=モノ、物品」、「左右=およそ」なんです。広東語では違うのかしら?

    中国語素人さん
    二重瞼の手術は「双眼皮手術」です。二重瞼の手術をするという動詞なら、「割双眼皮手術」か「做双眼皮手術」ですね。
    ちなみに中国語素人さんの言う「隆乳術」を「飛機場(=飛行場、つまり日本語でいう滑走路。壁おんな)」の女性が受けると、「波覇(山おんな)」に生まれ変わります。

    ユーザーID:0585148694

  • 助平人間!?

     表現ではなく、地名なんですが・・・。

     有名なのですが、オランダのハーグの近郊に、「スケベニンゲン」Scheveningenという名の町があります。実はオランダ語での発音は「スヘフェニンヘン」と言うそうですが、現地でスケベニンゲンと言っても通じるそうです。

     そして、東京銀座に、「スケベニンゲン」というレストランがあります。ここのオーナーはスケベニンゲン市の市長さんから命名の許可を得ているそうです。面白いですね。

    ユーザーID:2343058094

  • 英語の表現から

    No2---生理現象の「大」の意味です。
    ちなみに映画「オースティン・パワーズ」の悪役の手下に
    No2っていう呼び名の人が出てきます。

    私が好きなのは「cat that got the cream」っていう表現です。
    満足気な様子のことを言うんですが、猫がクリームを手に入れて
    「ウシシシ・・・」とやってるところを想像してしまいます。

    ユーザーID:7153362871

  • ルオー語

    かなりマイナーですが、ルオーというのは東アフリカ・ビクトリア湖畔に住む人たち(俗に部族、と言われるが私はこの表現が好きではありません)です。
    女の子のことを「ニャーコ」、男の子のことを「オメーラ」…だったと思います。早く早く、は「ピヨピヨ」で。

    ユーザーID:6270013113

  • ハンガリー語って日本語に似てるのかな?

    Almaさんのレス見てハンガリー人の友達に聞いてみました。
    ハンガリー語 = 日本語
    Katona (カトナ。カタナみたい)= 兵士。関連語ですよね。
    Ho = 火
    So = 塩
    Viz = 水
    動詞語幹の
    Ettem = いって
    文法はもっと似てる、先祖はたぶん一緒だったんじゃないのと言ってました。

    ロシア語でイクラは日本語でもイクラ。寿司のイクラです。老婆の悪い言い方も日本語もロシア語もババ。日本語のほうがちょっと伸びてババーかな?失礼。
    そういえば大学(米国)のとき学部長が始めて日本へ行く前にちょっと日本語習って着いてから日本人の大学の先生の奥様に向かって「初めまして。いくらですか?(いかがですか、というつもりだった)」って言ってましたね。

    ユーザーID:9450861220

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • Guess what!

    こんにちは。

    私が面白いなーと思うのは、ドアに書いてある『押』『引』の中国語です。

    『押』は、『推』。

    『推』と書かれたドアを押すとき、いつも『心を読まれているんじゃないか?』と、ちょっと不安になります、、、。

    ユーザーID:8655175072

  • プーさんへ

    すみません。香港出身の人に確かめたら「およそ」は「左右」でした。もともとサバイバル程度だった広東語は、香港を離れて20年近くになるので、忘却のかなたに近いです。誤りを教えてくださり、ありがとうございます。

    広東語でも「東西」を「物」にも使いますが、「口」と「野」を左右にくっつけて1文字にした「イェ」という言葉の方を良く使います。食べ物、飲み物、買い物は、それぞれ食イェ、飲イェ、買イェといった感じです。

    トピずれですが、北京語にない言葉(漢字)が広東語には多いので、香港の人たちは、友人や家族へのメールを広東語で打てず、北京語の発音(ピンイン)も苦手なので、北京語でも入力できず、英語でやっている人が結構たくさんいます。母語が話し言葉だけで、書き言葉でないというのも、なんか不便のようです。

    話は変わって、シンガポールの病院のトイレで見た「採尿の仕方」の説明文では、トイレの便器は「小便池」でした。こんな表現、他では見たことがありませんが、意味はよく分かります。(もっとエレガントな言葉が紹介できたら良かったのですが。)

    ユーザーID:8244660705

  • 確かトンガ語で

    「おはよう」

    が、

    「マロレレイ、キヘ、ポンギポンギ」

    だったような。ハワイを含むポリネシア圏の言葉って、語感がけっこうイケテると思います。

    ユーザーID:6736625350

  • 次のバッター・・・・・

    「次のバッターは投手のオチンコ・・・オチンコでーす」

    場内に響き渡るアナウンサーの発表の声。 一昔前、メジャー・リーグの投手におりました、オチンコ投手。 

    後、同じ投手で「オメーラ」もおりました。 アイリッシュ系の選手でした。 他にも、赤面する名前の二、三思いつきますが、本欄では掲載されないでしょう。 止めときます。

    ユーザーID:0802670722

  • 毒入りギフト事件!

    皆さんいろいろな言葉にお詳しいですね。私のはよく言われるものかもしれませんが、

    ドイツ語のGift([名]「毒」!)(ドイツ語と英語のちゃんぽんで会話している場合、どっちの意味?言葉のロシアンルーレット!)
    フランス語のamer([形]「苦い」!)

    です。ところで今回不思議に思って改めて辞書を見てみたら、英語のgiftとドイツ語のGiftはもともと同源の語だが、ドイツ語では本来「贈り物」の意味の語が、一種の婉曲表現として「毒」の意味に転じていったという説明がちゃんとありました。同時に、仏/英のpoison(「毒」)という語も、もともとはフランス語の「飲み物」の意味から転じたということも書いてありました(小学館プログレッシブ独和辞典)。だから他の例のような、偶然の一致、他人のそら似のようなものではなかったのですね。しかし贈り物や飲み物にいつの間にか毒が混入しているとは...ちなみに同じ辞書の用例にein blondes Gift ((話))「魅惑的なブロンド娘」とありました。はぁ〜?

    ユーザーID:8901572531

  • 私は英語を話してますか?

    在米ですが「Am I speaking English?」という表現が頭から離れません。直訳は「私は英語を話してますか?」ですが、実際には「私の言う事を聴きなさい。」とかなり強い意味が有ると思います。

    私のアメリカ人の生徒のお母さんが、一緒に来ていたその生徒の友達が何度注意しても静かにしなかったので、この表現を使った所、その子はイキナリ泣き出しました。中学生男子を泣かせたのですから、かなりキツイ表現だと思います。

    ユーザーID:2606884450

  • エッセイより

    どれも手元に無くて内容はうろ覚え、しかもちょっと「下」のことなんですが・・・。
    1米原万里のエッセイより。モスクワ一等地なんだけど、その地名を聞いて、日本大使館はそこに居を構えるのを固辞したらしいという話。他にもベトナム人(だったっけ?)が日本で鳩(だっけ?)を見て放った言葉、親善会で日本人がロシア人の前で踊りを披露して、「ホイホイ」という掛け声をかけた時、ロシア人が抱腹絶倒した話など、そっち系の話が盛りだくさん。
    2椎名誠もエッセイ。実際訪れた場所だけど、インドネシアのとある山の名前を「この地名を大声で言うのは憚られる」と言ってたような・・・。
    3元客室乗務員が書いた本。初めての国際線フライト到着地がソウル・金浦(当時)だったとして、「ああ、記念すべき国際線初フライト先が、この発音が微妙なとこって・・・」とぼやっきー。
    あえてその言葉、意味は記載してませんので、当該エッセイを読んでくださいね!

    ユーザーID:3758436915

  • 赤上げて、白上げて

    英語の略語系で。
    ○aka(/a.k.a./AKA) = also known as(またの名を、別名)(発音は「アカ」と言う人と、ベタに「エイケイエー」言う人があるようです)。
    ○BM=BMWといきたいところですが、bowel movement(便通、便)。BMはその他にもたくさん略語がありそうなので区別が大変そう。妄想ですが、日本語でも店の隠語か何かで「店長、BMにお乗りのお客様がいらっしゃいました(=トイレに行きます)」なんて使ったら面白いかも。
    ほかにもっと面白いのがありそうですがとりあえず...

    ユーザーID:4730228914

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧