現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ポスドクの彼との結婚は…

れれこ
2008年3月6日 7:47

人生経験のある皆様のご意見を伺いたく思い投稿します。
2年前から双方結婚を念頭にいれ、遠距離恋愛をしている男性からの連絡が途絶えがちです。彼はポスドクで、最近「就職に失敗したから別の道を探る」というメールをもらいました。それまで、連絡は私の方から入れ、彼が受身であることが多かったのですが、それはポスドクの多忙さと彼の性格ゆえと納得していました。今よくふりかえれば、彼が自分の将来に不安を感じ今ひとつ積極的になれなかったのかもしれません。私としては、仕事で失敗しても彼への気持ちは変らないと思っていました。しかしながら、最近、毎週お仕事でご一緒している方から、熱烈なアプローチをいただいていて、私の気持ちが揺らいでいます。
実際問題自分の仕事のため、彼に会いに行くこともままならない、彼に遠くからこれ以上将来のことを尋ねても逆に追い詰めてしまう、もし、彼がひとりで再出発したいと思うなら、それはそっとしておくのが優しさなのではないか、とも思ったからです。私は31歳フリーの仕事をしていて、彼も別の男性も40歳、現実的な問題として家族を持つことを切実に考える年代だと思います。

ユーザーID:0908634960  


お気に入り登録数:36
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:40本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
彼とあなたの価値観の問題です
雄猫
2008年3月6日 12:13

私は博士号取得後、やはり研究職の道をめざしたものの、
30代後半で完全に転職です。今は大手商社勤務です。

彼は40で研究職をあきらめて就職、でしょうか。
そこそこの収入の得られる職が見つかるといいのですが。

彼はトピ主さんの方が稼ぎが良くてもDVに走らない人でしょうか。
トピ主さんは、彼の稼ぎが少なくても、自分でがんばっていこうと
思う人でしょうか?彼が年収400万でも愚痴をこぼさずに
いられますか?

ユーザーID:3992323248
白紙に
通りすがり
2008年3月6日 12:44

「就職に失敗したから別の道を探る」これが、主さん以外の人と付きあう
という意味なら、主さんのほうでも白紙に戻して自由に相手を捜してはいかがでしょう、
これが博士と違う専攻分野に進むという意味でも、そんなに待ってはいられませんから
ではお互い白紙に、と言えばいいのではないでしょうか。

ユーザーID:9116236468
時間のロス
就職難
2008年3月6日 13:29

40歳という年齢で、ポスドクの契約が切れ、あらたな職を見つけるという彼は、現在大変心理的に追い詰められた状態でしょう。
安定的な職をみつけることは、結構大変かもしれません。
彼には、かわいそうだけど、遠距離ということだし、あなたも31才という年齢から、近くの彼のほうが現実的なのでは
ないでしょうか?
ポスドクから転職ができなくて、高学歴フリーターとまで言われる厳しい現実もあります。
才能があっても、なかなか安定できない彼を待つにしては、あなたの時間的ロスのほうが大きいような感じがします。
もし、あなたが、彼の近くに転居でき、仕事を続けられることができるのでしたら、彼を支えるのも一案でしょう。
また、彼があなたの近くに転居でき仕事を探すことができればまだいいかもしれません。
両方無理だとしたら、別れも視野にいれて将来を考えた方が無難な気がします。
31才だったら、2人以外の若い人にも目を向けたらいいかもしれません。

ユーザーID:5504904729
先へ
ポスドク経験者
2008年3月6日 14:26

先に行くべきです。

ポスドクは社会的立場を確保するまで結婚を待つなどと言っていたらいつになるかわからないので、この相手はどうしても逃したくないと思ったら、なりふり構わず、職が決まらないままでも求愛し、養ってもらう状態で結婚することもします。でも彼はそうはしないのですよね。

トピ主さんの方も、どうしても一緒になりたかったら将来について質問せずにはいられないはずです。就職がどうなるか以前に、私と結婚しないのかと。でもそれはしないのですよね。

就職未定の人とは結婚できないというスタンスでいる限り、ポスドクとの付き合いはどうしても賭けになります。家族をもつことが現実的で切実な問題だというのなら、やってられない賭けでしょう。

ユーザーID:9937606911
自分の気持ちに正直になりましょう
理系研究職
2008年3月6日 14:43

米国で理系の研究職に従事しています。途中にお休みを入れたわけでもなく40歳でポスドクは将来は厳しいと思います。
例えば、バイオの実験分野だと、ポスドク期間が長くポジション争いが激しいですが、他分野に潰しがきく学問でもないので、苦労している方を見かけることもあります。一般に文系はもっと大変そうな話を聞きます。仰るとおり、少なくとも定職を得るまでは集中したいという人もいます。

そんな事情よりも、トピ主様がアプローチをしてくれる彼を本当に好きだと思えるのであれば、そちらを選んでもいいのではないでしょうか?

研究者の妻は孤独な場合が多いですし、純粋に彼を応援したい気持ちや、どうしても彼が好きという気持ちが、結婚生活をやっていくためには必要だと思います。同情や責任感などで結婚しても上手くいかないでしょう。

「そっとしておく」と「いつまでも待ち続ける」、どちらが優しさなのかという事よりも、ご自身の気持ちに正直になって選択することをお薦めしたいです。

ユーザーID:7419356977
40歳ポストドク、大変ですね
りあ
2008年3月6日 15:00

まず第一はれれこさんの気持ちだと思います。
ポストドクの彼と同じ職場の彼、どちらが好きかで決めれば・・・と思います。

参考になるかどうか・・・
私のことを話させてください。

私が28歳(私は当時総合職)、彼が32歳の時に結婚しました。
結婚したのは海外でのポストドクの仕事に彼が就けたからです。
それまで研究歴を続けるため大学の研究生(生活費はアルバイト)でした。
ポストドク期間は2年間ということでしたので、私は日本で仕事を続けながら待つつもりでしたが、
色々あって結婚して退職して彼について行きました。
ポストドクの収入は低く、企業から派遣されている人の生活から見ればとても質素でした。

結局2年間でなく、延長延長で9年間米国にいました。
結婚してよかったと思います。
2年間は待てても、9年は・・・
9年目に日本企業の面接を受け就職しました。
就職したのは子供が生まれたことで、ポストドクという不安定な生活に終止符を打ちたかったのです。
面接は5社ほど受けました。
やっと受かった1社に管理職として入社して現在に至っています。

ユーザーID:5620377994
身内にいます。
匿名
2008年3月6日 16:49

親戚にポスドクいます。そろそろ任期切れで出世どころか次の職が全く不明と年末身内の噂で耳に入りましたが今どうなったか知りません。彼らはムリして出来婚して、"産めばなんとでもなる"で二人目も産んでますが、行き当たりばったりな人達の事なので今はよくても先はどうかは知りません。妻がフルタイムで仕事し、夫子供を養う、夫は職種が常に不安定な生活でその苦労を好きで選んだのか、ただ焦って結婚したい為に出来に持ち込んだのかは知りません。私達はそういう彼らに対して違和感あるので少しずつ避けてます。

焦りからの結婚だけはわざわざ自分から苦労する人生は長い一生考えて安易にしない方がいいです。私も焦りから農家で田舎の元彼と結婚を考えましたが、とうていこの人とでは何のメリットも幸せもないし、むしろ離婚するか、我慢して悲惨な結婚生活を送るのではと想像して、別れました。
その直後に出会った主人と結婚して今幸せです。

思うのですが結婚は生活や現実で義家やら取り巻く環境が色々絡むものなので、トピ主さんにはスムーズに結婚に行ける相手をよく見て選んで行かれるのがいいと思います。

ユーザーID:7857282242
自己完結してるのに
minmin
2008年3月6日 16:50


>現実的な問題として家族を持つことを切実
に考えるのは貴方もそうだと思うし、彼が積極的ではない・受身な私ならあんまり遠距離恋愛してる感じではなく双方結婚を視野に入れた交際相手が一応いるだけ、だったのでは?
文章の感じではあまり恋愛感情があったようには取れません。

>31歳フリーの仕事をしてて、自分の仕事のため、彼に会いに行くこともままな
>らない
フリーで仕事優先なら遠くの転職探しの彼よりも近くで貴方に合わせる融通のきく人にすればいいと思います。それが少々後ろめたいから「そっとしておく方が」とか言っているだけでしょう。

ユーザーID:2099586100
きれい事はいらない。
きなこ
2008年3月6日 19:11

今の彼より、いい条件の男が見つかったから、別れる。

婚約しているわけではないので、普通の事です。

ポスドクの彼だから、特別どうという事はありません。

トピ主さんの気持ちは決まっているようですし、背中を押してくれるレスばかりが集まるでしょう。

ユーザーID:0922458505
トピ主です。
れれこ
2008年3月7日 7:21

トピ主のれれこです。皆様アドバイスありがとうございました。
>>価値観の問題(雄猫様)
私は今まで自分のキャリア優先できましたので、配偶者の収入は全く気になりません。ポスドクほどではないですが、シビアな業界にいますので、そういう意味では、彼とは同志愛みたいなものもあったと思います。ただお互い「共倒れ」になるのは避けたい、たとえそれが「愛のため」であっても、全く建設的でないと思っています…

>>白紙に(とおりすがり様、就職難様)
彼の最後のメッセージはそういう意味にも読めます。私も自由に転居ができるようになるには、もう少し実績を積み上げなくてはならず、もし、彼が「あと三年待って」という具体的な期間を知らせてくれたら、どんなに気持ちが楽になったかもしれません。

>>先へ(ポスドク経験者)
おっしゃるとおりです。彼の煮え切らない態度がそれまで少々気になっていました。別の男性からのアプローチをいただいて、「本当に彼は私を手に入れたいと思っているのだろうか?」と今まで信じてきたことに疑問を感じてしまったのが、この迷いの原因です。

ユーザーID:4437773676
自分に素直に
メープル
2008年3月7日 7:45

自分の将来に何が一番大事かを考えて、彼ともう一度話し合うといいのでは。。。双方結婚を念頭にいれてつき合っているのなら、れれこさんは遠慮する必要はないんじゃないかと思うのですが。。。

ユーザーID:9078062774
トピ主です。2
れれこ
2008年3月7日 8:02

>>気持ちに正直に…(理系研究者様、ポスドク経験者様、りあ様)
ご体験者からのアドバイスありがとうございます。就職が決まった例を伺って安心しました。彼に気持ちがそんなにないのに、私の気持ちが残っているからこんなに悩むのです。アプローチいただいている男性は、仕事をしている私をよくわかっていますし、家庭的な方なのです。結婚相手の「条件」としては良い、だけれども、気持ちが・・・。

>>きれいごとは(匿名様、きなこ様)
仰せのとおり、現実的に結婚相手を考えるのでしたら、もう答えは出ています。私も恋愛至上主義ではありません。

>>後ろめたいから(minmin様)
ご指摘のとおりです。自分のキャリアを優先させ彼が大変な時期に何もできない、そして、悲しいことに、彼が私をどうしても必要としてくれていない、それが現実です。
このトピックのタイトルを「結婚において、自分のキャリアを優先させるか愛をとるか?」あるいは「女は愛された方が幸せか?」とするか最後まで悩みました。ポスドクの置かれた状況はご体験者でないとわからないと思いましたので、「ポスドク」とつけさせていただきました。

ユーザーID:4437773676
ご自分の気持ちを大切に。
パフ
2008年3月7日 16:48

れれこさん、こんにちは。
わたしもあなたと同じ年齢のときに大学助手の男性(30代)と付き合っていました。エリート中のエリートだったはずの彼の場合もなかなか大学研究職のポジションが決まらず、精神的に追い込まれていました。年齢のこともあって、結婚の話もふたりでよくしていましたが、なかなか進展せず・・・という感じで、結局、結婚よりも海外での研究を選んだ彼とはきっぱり別れました。

その一年後、わたしは別の男性とめぐり合い、めでたく結婚。現在、仕事と結婚生活を両立しながら、とても幸せに暮らしています。元彼のことは全く後悔していません。もちろん、別れた直後は泣き暮らしましたけれども。結局、自分の気持ちに従うことが一番良いように思います。わたしも元彼と付き合っているときに、心の底で「この人とは、将来が見えないな」と思っていたのです。彼とあのままズルズル付き合っていたら・・・と思うとコワイです。
どうぞ、れれこさんにとって、いい方向性に向かわれますように。

ユーザーID:3303293247
れれこさんはどっちの彼が好きなの?
トモコ
2008年3月7日 17:46

結婚は現実だから、経済的な問題は避けて通れないとは思います。
でも、安定しているからという理由だけで結婚を決めて後悔しないでしょうか?

今安定していても、長い人生何が起こるか分からないと思うんです。
新しい彼だって、病気や事故で働けなくなったり、会社が傾いて解雇されるかもしれません。
そうなっても支えていけますか?

れれこさんと同年代の女性で、ポスドクしています。お付き合いしている彼も同年代でポスドクです。
確かに将来に不安がないとは言えませんが、それは会社員でも同じこと。
自分に何かあったとき踏ん張れるか、彼に何かあったとき私が支えられるか、少なくとも今の時点でYESと言い切れるだけの愛情がなくっちゃ、結婚生活やっていけないですよ。

ユーザーID:1126681476
結婚する相手とはスムーズに行くものです。
匿名
2008年3月8日 13:43

二度目です。デキのポスドク身内は反対されるとでも思ったか、永く付き合ってもデキで初めて紹介というぐらい、胎児がいないと動けない、胎児で周りに有無を言わすみたいで、必然こういう人もいるんだと思いました。彼らの正式な披露宴はありませんでした。


逆に、私の次期女社長の友人が幼馴染の大学助教(ギリギリ任期職制前の助教授)のご主人とずいぶん経って再会して、助教に正式就任後結婚して、立派な披露宴して、今は子持ちで別居生活してるので、こういう人もいます。


最終決定として、私だったら、ポスドクの彼とは熱心に職安できちんと将来の為職探してるか?、お互いの親の交際紹介はどうか?、別居結婚はどうか?とか会って正面から二人でとことん話し合ってみて、トピ主さんが仕事するも、彼も甘えず職探す、皆に交際紹介するアクションしてくれる方に確実なら選びますが、ムリなら(もう一人の男性も結婚ほど惹かれないなら)別の人を一から探します。私は元彼より、主人の方が結婚話はとんとん拍子でした。主人もケガで結婚後失業も再就職したので、彼も熱心に職安行って活動すればどこかにあると思います。長い一生の事慎重に。

ユーザーID:7857282242
悲劇
石原
2008年3月8日 17:08

40歳でポスドクではその道の才能は残念ながらないのだと思います。
私の知り合いでポスドクからの転職が出来ず、自殺した方もいるくらいです。
夢を目指すのは大事ですが自分の能力を見切ることも必要だと思います。

ユーザーID:7731645513
トピ主です。
れれこ
2008年3月10日 0:07

レスありがとうございました。トピ主のれれこです。
>>将来のことを話し合い…(メープル様)
私からはあと2・3年したら彼のそばに行ける、と伝えてあります。彼を養える分だけの稼ぎがあることは、彼もよくわかっています。ですから、彼の先行きが見えないときに、私から「今すぐ結婚するのしないの?」と問うことは、彼の将来の選択にも制限をつけてしまうように思えたのです。
>>気持ちを大切に(パフ様)
ご体験談をありがとうございます。自分の将来のメドはたっているのですが、彼が次の仕事を見つけてくるまでは、二人の将来の話は進展しないように思えました。が、けじめとして、せめて別れるか否かは、話あった方がいいかと思いました。
>>どちらが好きか(トモコ様)
今まで散々仕事仕事でやってきたので、今さら配偶者の経済状況について要求できる分際でもなく、私にとって結婚は家族と精神的な支えを得るためのものです。二人の男性は全く個性が異なるので、天秤にかけることは難しいのですが、私自身の成長と出会ったタイミングもあると思います。あとは彼の気持ち次第だと思いますので、話しあってみます。ありがとうございました。

ユーザーID:4437773676
切ないですね
そまり
2008年3月10日 10:02

私も博士号取得後、海外で数年ポスドクしたのち日本の大学で運良く就職できて現在に至っています。
40歳でポスドクだと日本ではもう准教授(助教授)でないと就職は難しいと思います。
彼にいきなり准教授になるほどの業績があるなら問題ないのですが、
そうでなければ海外でポスドクや民間会社を渡り歩きながらの生活しか研究職を続けることは不可能だと思います。
切ないとは思いますが、このような現実に耐える事が出来るなら、
彼との結婚を前向きに考えてもいいのではないでしょうか。
彼が研究職を諦め、れれこさんのために他の職種で仕事を始めるというならまた別ですが。

博士号を持っているのはエリートでも何でもなくて、エリート予備軍くらいの位置づけです。
例えば甲子園に出た野球のエリート達が全員プロになれるのではないし、
たとえプロ野球に入っても2軍で終わる人も沢山います。
れれこさんが、何をなげうっても一緒になりたい、と思うくらい彼のことを愛しているのでなければ、
現実的にご自分の将来を考えた方が幸せになれるのではと思います。

ユーザーID:5971194746
問題を切り離したら
jyumoku
2008年3月10日 10:48

彼が就職しなければならないという問題とあなたの結婚問題を切り離して考えてはどうでしょうか。

彼はとにかく、アカデミックか企業かわからないが、結婚するしないにかかわらず、就職しなければならない。

あなたは、彼の職がどうなろうとも、誰かと結婚したいと考えている。それが誰なのか、を決めてみては。彼が失業したとしても彼と結婚したいのか、それとも彼の収入を見て、結婚を決めるか、

収入も考えるのならば、彼が就職するまで少しの間、待つしかないでしょう。彼が就職の努力さえしていないのならば、結婚の見込みはない。その場合は、アプローチをしている人かあるいはまた別の人と恋愛するかは、自由でしょう。

ユーザーID:7733403915
すみません訂正です
匿名
2008年3月10日 13:06

(誤)逆に、私の次期女社長の友人が幼馴染の大学助教(ギリギリ任期職制前の助教授)のご主人とずいぶん経って再会して、助教に正式就任後結婚して


(正)逆に、私の次期女社長の友人が幼馴染の大学準教授(ギリギリ任期職制前の当時の肩書きの助教授)のご主人とずいぶん経って再会して、準教授に正式就任後結婚して


ついでに彼女は6年前に結婚しましたが、彼女のご主人で旧制度でギリギリ順調に36歳で定職の準教授になれたらしく、以後の人達は大学数が減って来たり、制度が変わって厳しいらしいです。また、彼女は次期女社長でそのまま実家と会社に留まり、ご主人は地方の大学勤務で単身赴任の形なので、サラリーマンの単身赴任世帯と同じ生活をしています。

ユーザーID:7857282242
 
現在位置は
です