親との関係・接し方

レス3
(トピ主1
お気に入り3

家族・友人・人間関係

きょろ

 20代女性です。両親と兄・弟がおり、私は一人暮らしをしています。

 先日、母とお酒を飲んでいた時、母から「お父さんがあなたを憂さ晴らしの対象だったと言っていて、びっくりした」と言われました。

 子供の頃の父は「暴君+男性優位」の人でした。私は、よく理解できない父の怒りにいつもびくびくしていました(勿論、私が悪いがための叱責もありました)。
 母は私を可愛がってくれました。でも、明らかな順位がありました。まず兄・弟、私は最後でした。
 母にとって私は(特に大きくなってからは)愚痴をこぼせる唯一の相手だったようです。文頭の発言も、愚痴の流れから出たものでした。母は、私に話してすっきりしたかったのかもしれません。でも、言われる私の気持ちは考えなかった。母は、他の兄弟にはこんな話はきっとしないでしょう。

 一人暮らしをしてから、両親と普通に話せるようになってきました。この関係を維持したいのに、数日経った今も引きずっています。次に両親と話すとき、普通に話せるか、不安です。
 身近な人に話せず、こちらに投稿しました。どうかご助言よろしくお願いします。

ユーザーID:3945176252

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 深い母の思い

    お母様もそうとうお父様に対してストレスが溜まっているご様子。

    お父様の方針で「男性優位の家庭」だったのですから兄・弟・貴女の順位が出来上がっていたのです。だからお母様もそういうふうに子を可愛がるしかなかった。「男性優位の家庭」ということは当然お母様も何らかの差別を受けていたはずですし、その意味では辛いことが多々あったと思われます。

    でも、そうした環境の中で女の子である貴女を愛してくれたお母様です。お母様が貴女を優先したならばお父様から反発を受けたに違いありません。そういうことって考えたことはありますか?お母様から聞いたこと「お父さんがあなたを憂さ晴らしで・・」とは確かにショックな言葉です。

    でも、お母様はお酒を一緒に酌み交わす娘の貴女と一緒にお父様へのストレスや愚痴を共有したかったのだと思います。「わたしも貴女もさんざんイヤな思いをさせられたのよ」と言いたかったのです。母として女性としてもっと深く貴女と心を通わせたかったのです。貴女にとっては父親ですから、ショックな話ではありましたが、お母様の心理から言えば、貴女だけはいつもお母様の味方でいてほしい。そんな願いが隠されていたのでしょう。

    ユーザーID:3368889177

  • ありがとうございます。トピ主です。

     望田さん、レスありがとうございます。

     仰るとおり、母はとても苦労をしたと思います。小町で見かける婚家との軋轢は一通り経験したのではと想像します。

     「父が私を憂さ晴らしの対象に…」との発言自体は、特に驚きませんでした。ただ、「母が私にそれを言ってどうする」と思いました。私がどんな気持ちになるか考えないのか、そう思ったとき、「他の兄弟には絶対言わないだろうな。可愛がるのは兄弟。負担を与えるのはいつも私」と…。僻んでいたんですね。

     「男性優位」の家庭で、女の子である私を可愛がることの難しさ…。考えたことがありませんでした。そんな中で私を可愛がってくれた事に感謝するとともに、制限付きでしか可愛がられなかったと寂しくも感じてしまいます。子供ですね。「女性として、母の味方」より「子供として」可愛がって欲しい…。
     いい年をして、情けないです。

     母に、飲みに行った事のお礼のメールを送りました。また飲みに行こうと書いたら、「楽しみにしている」という返事が来ました。

     気持ちを柔らかく持って、大人になりたいです。ありがとうございました。

    ユーザーID:3945176252

  • 許す必要があるのか?と思います 

    私はトピ主さんのご相談内容をみて、お母様の発言を許す必要があるのか?と思いました。
    お母様とお父様の関係や男性優位のことなど、すべてみゆうさんには責任のない話です。
    そんな父親を選んだのも、お母様であり、愚痴をこぼすのが大切にしてきた兄弟ではなく、娘さんであるところなど、自分の人生と感情のコントトールもできていないご様子。
    さらにひどいセリフを言われた娘の気持ちも考えず、簡単に傷つける言葉を発する。
    未熟な母親であり、きょろ様が数日後までダメージを引きずるほどの毒親なのです。

    幼少の頃より感じられた父親への恐怖心。男女差別を受けてきた理不尽感。
    それを助長していたのは父親もそうですが、母親もそうであったこと。
    さらに成人した今も娘を傷つける発言を続けること。

    今一度考えてみる必要があると思います。
    たとえ母親が可愛がってくれたとしても、きちんと子供として兄弟と対等に愛を注がなかった親を助けよう、救おうとしてがんばっても、もともと差別されてきた関係にひび割れが生じ、確実にトピ主さんをむしばんでいくと思うので、どうか無理をして体を壊さないようにしてくださいね。

    ユーザーID:9837952062

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧