現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

大人になって感想が変わったアニメ・小説・漫画

くるは
2008年3月7日 19:26

タイトルの通り、子供の時と大人の時で感想が変わった!
と言うアニメや本はありますか?

私の場合は火垂るの墓です。
小さい頃見たときは清太に冷たく当たり、挙句の果てに追い出したおばさんは
なんて意地悪なんだろう!とおばさんが大嫌いでした。
ですが最近になって見ると、14歳にもなって家の手伝いもロクにせずに
妹と遊んでばかりいたらおばさんに嫌な顔されても仕方ない。
おばさんも大人気ないけど清太もちょっとなあ・・・。と思いました。

こんな感じで、皆様の感想も聞かせてください!

ユーザーID:5471742054  


お気に入り登録数:332
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:173本
最初へ 前へ 1 2 3 4 5 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(1)

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
星の瞳のシルエット
ぴこ
2008年3月7日 23:59

小学校高学年〜中学生の頃某少女マンガ雑誌に連載されていて大好きでした。
当時は、子供っぽくてワガママな真理子が大嫌いだったのですが
大人になってまた機会があり、懐かしい気持ちで読み返してみると
「香澄ってどうなの?結局自分が良い子でいたいだけでは?
傷つけたくないと言いながら自分が傷つきたくないだけじゃん、
それでいて結局美味しいところは総取り?
なんかぐじぐじしてる割にあざとい・・真理子より嫌いかも」
と、当時とは正反対の感想を持ってしまいました。
あんなに「香澄ちゃん頑張って!真理子なんかに負けるな!」と
応援していたのに(笑)

それからトピ主さんの書いていらっしゃる清太も、
全く同じことを思ってました。
あの時代の14歳としては、ちょっと甘すぎのような・・・
当時は、中学を出てすぐに他の家に住み込みで下働きとかも
決して珍しいことではなかったと思います。
偉い軍人さんの息子さんだったみたいなので、お坊ちゃま気分が抜けないのかなと思ったり。
もう少し、清太に才覚と我慢強さがあれば二人とも死なずに済んだと思います。

ユーザーID:5448317558
アルプスの少女ハイジ
のりたまごはん
2008年3月8日 0:35

小さい頃見たときはハイジをいじめるロッテンマイヤーさんが憎くてしょうがなかったけど、今見ると、過保護ではあるけどクララのことを第一に考えゼーゼマン家に尽くす立派な執事だな、って思えるようになりました。

逆に、ハイジがわがままだなって思うようになったり。
でも、最終回は何度見ても感動します。

ユーザーID:6645585610
魔女の宅急便携帯からの書き込み
ままペンギン
2008年3月8日 1:05

です。
赤ちゃんのおしゃぶりをとどけてあげたキキにオソノさんがコーヒーを淹れて
あげるシーン。
床におちたスプーンを拾い上げて「ふう」と息をつくあのシーンです。

あー、そうそう、そうなのよ。
その頃ってそのちょっとした動作が苦しいの。
わかるわー!

と同意している私がいました。
現在、私には2才の娘がいます。

経験によって見えるものが全然違うということを実感したできごとでした。

ユーザーID:9235271442
超時空要塞マクロス、かな?
pHコントロール
2008年3月8日 1:30

放送当時主人公にまとわり着く(当時はそう思ってました)リン・ミンメイはキライでした。主人公のことを理解している早瀬主任を選んでそうだよね〜と思っていました。

でも再放送を見たとき、早瀬主任の「女のズルさ」に気づいてしまいました。謙遜の裏に見る自己アピール。
大好きな主人公から選ばれなかったミンメイ。けれど自分の責務は果たしながら恨み言も言わない、ミンメイを好きになりました。

う〜ん、謙遜しすぎる人は苦手なんだと気づいた瞬間でもありました。

ユーザーID:8738497536
あります!
nanan
2008年3月8日 2:21

私は銀河鉄道999のメーテルがものすごく好きで理想の女性でした。
今は・・・なんて鬱陶しい女なんだろうと思ってしまいます。

きれいで儚げ、とっても大人の女性だと思っていたんですけどね。

あと「となりのトトロ」はメイを必死で探すおばあちゃんに感情移入してしまい、見ていられなくなりました。

ユーザーID:2698902941
アルプスの少女ハイジ
癒しの手
2008年3月8日 6:38

 確かに、子供の頃見ていたときと、大人になってから見たのとでは印象が変わる作品がありますね。

 私の場合は「アルプスの少女ハイジ」です。
リアルタイムで見ていたときはそんなことは感じなかったのですが、大人になってからビデオ全巻をレンタルして毎晩通しで見て気づいたことは、ハイジが時間の経過と共に「どんどんおじいさんに似てくる」ということでした。
「言い出したら絶対引かない」「自分の考えを貫く」頑固な面などかな...。まあ、高畑・宮崎アニメ特有の設定が現れているのかもしれないんですけれど。

ユーザーID:1388466719
「風と共に去りぬ」のメラニー
すみまる
2008年3月8日 9:03

 高校生で読んだとき、スカーレットの恋愛シーンばかりに目が行ってました。でも、年を重ねてから読むと、一番弱弱しいキャラだと軽んじてたメラニーに一番強さと魅力を感じました。メラニーには誰もが心を開いてましたよね。子どもの頃はそこに気づかなかったです。

ユーザーID:8416291771
タッチ
つべ
2008年3月8日 13:45

【学生時代】
「南ちゃんはすごいなあ、可愛いしスタイルはいいし何でもこなせる。
お母さんがいなくても明るくてモテモテ、理想の女の子だね!」

【大人になってから】
「本当はずっと達也が好きだったのに、和也と一緒にいて騒がれて
いい気になっていながらあっさりそれかよ。
いろんな男から言い寄られるけど、その歳であしらい方が上手すぎないか?」

・・・新体操経験者としては
「いくら器用でもそんな短期間で入賞できるなんておかしい」とも。

ユーザーID:2828017612
ありますあります!
aiko
2008年3月8日 13:48

子供の時に読んだ小説と漫画であります!!
小説は太宰治さんの「人間失格」漫画は「ベルサイユのばら」です。なーんか年齢バレバレですが(笑)

「人間失格」は小学生か中学生の時すごくおもしろくなくて苦痛で一冊やっとこさ読みました。でも、社会人になって読んでみるとすごーーーーーーーく主人公の心情が手に取るようにわかるのです。おもしろくて一気に読みました。

「ベルサイユのばら」は小学生の頃、綺麗なマリーアントワネットとオスカルに思い入れオスカルがアンドレとくっつく意味がわからなかったのですが、大人になって再度読むとアンドレ程素敵な男性はいないじゃないですかー!!自分自身のアンドレ様は何処にいるの?って思って探してましたよ(笑)

ユーザーID:0499012767
感想が変わった登場人物ですよね、それなら
うー
2008年3月8日 16:21

風と共に去りぬのレッド・バトラーです。

むかしこの映画を見たときには、にやけたやつでいい感じを持たなかった。
でも大人になって再度見たら、なんて男らしく、懐の大きい、愛情に溢れた人なんだろうと。 あー、スカーレット、遅かったわ、気づくのが…

ユーザーID:4245505810
おなじ!
ふぁ
2008年3月8日 17:48

火垂るの墓、私も全く同じように感じました。小学校のときに見て号泣したのに、大学になってみてからは冷静に見てしまいました…
戦争中、大人も食べ物にも精神的にも余裕がないのに、親戚の14歳にもなる子がただ遊んでたら腹が立ちますよね。14歳の男の子なら力仕事だってやってほしいでしょうしね。

他に私が感じたのは「赤毛のアン」です。レイチェル・リンド夫人が失礼なことを言って、それに切れてひどい言葉を返したアン、マリラに謝りに行かされます。小学生のとき読んだときは、「リンド夫人が悪いのに何でアンが謝らなきゃいけないの!」と怒っていました。
でも、アン自身が言っているように、どっちが悪いとかじゃなくて「どんな状況でも楽しんでしまう」方が賢いんですよね。今ならそう思えます。(アンも実際ひどいことを言い返しているわけですしね)

大人になると考えって変わるもんですね〜。

ユーザーID:2127534251
サザエさん
tomo
2008年3月8日 19:06

 舟さんが専業主婦なのに、サザエさんは何故専業主婦なんだろう。家に仕事がそんなにあるのかなあ・・・時代が違うとは言え。マスオさんも、あんなに偉そうなお舅さんがいては(大阪からお母さんが訪問した事ありましたか?)・・・自分が核家族の主婦になってサザエさんを見た時、疲れてしまいました。ノリスケさんの一家の暮らしが自然に思えました。しかも、家族揃って夕飯を食べてるなんて(夕食時間何時なんだ?)・・・ストーリーよりも突っ込みどころ満載で私は、心のゆがんだ大人になっていました。ちょっと悲しかった。

ユーザーID:1861949601
風と共に去りぬ
とんとん
2008年3月8日 19:42

小説ではなく映画の方なのですが、初めて見たのは中学生の時でした。
その時は、スカーレットってただのヒステリーでわがままな女の人にしか見えなくて、映画の最後まで好きになれませんでした。私が男だったら絶対メラニーの方を選ぶと思いました。

ところが、20代後半で再度見たときに、スカーレットの強さや激しさが実は優しさでもあるんだということがわかりました。大人になって自分も痛い経験をいっぱい積んだ後で見ると、やっとスカーレットの圧倒的な魅力に気付かされました。

ユーザーID:1468716774
こんなのかな
ハロルド
2008年3月9日 5:54

昔70年代に「闘将ダイモス」ってアニメがありましてこれが当時では珍しく巨大ロボットが主体でなくヒーローとヒロインの恋物語という設定でした。当時は私は幼かったので「へー、こんなに2人とも一途になれるものなのか」と感動したのですが今HPなどで改めて見てみると何てくさい話だな位にしか感じないんですな。

こういうタイプの感想は昔感動したアニメや映画に多いです。昭和30年代「鉄人28号」に凝って毎日その絵を描いたりしたのですが今更保存していた本などで見ると雑な絵だなとしか感じません。全然感動しなくなりましたね。戦争映画などで昔はスマートな米軍が勝つのを期待したりしたのですが最近では日本軍の側に勝って欲しいと思うようになりました。

ユーザーID:9172297692
ベルばら、氷点
花粉デビュー
2008年3月9日 12:08

私が高校生の頃、一番影響を受けたのが
「氷点」(小説)なのですが、当時は意地悪な
母親が憎らしくてたまりませんでした。
でも、10数年たって読み返したら、
母親が「世間知らずのお嬢さん」で、
意地悪と言うより子供っぽいだけではないか、
と思えるようになりました。
こっちが母親の年齢より上になったからでしょうね。

それから、2,3年前初めてアニメの
「ベルサイユのばら」を見たのですが、最初の
イメージでは王妃マリーアントワネットは
「悲劇の人」だったのですが、見たら単なる
「わがままで見栄っ張りの女の子」でした。
まあ嫁いだときが14,5歳ですから
人間的に出来てなくても仕方ないのですが。

しかし、あんな愛憎まみえるドラマ(アニメ)を
当時の小学生はどんな印象で見ていたのでしょうか?

ユーザーID:7915820079
変わって、しかもまだまだ変わる。(横レス)
これみつ
2008年3月9日 15:48

約25年ほど前から好きで定期的に読んでますが、
源氏物語の中で好きな登場人物(女性)と言われたら。

学生の時は「紫の上」でしたが、「朧月夜」⇒「朝顔」⇒「花散る里」と変わっていきました。
ただの浮気性なのか、気が多いだけなのかは分かりませんが、

これからも変わるでしょう。

ユーザーID:8419110104
アルプスの少女ハイジ
HAIDI
2008年3月9日 23:12

火垂るの墓は私もそう思います〜〜。清太がもう少し我慢したら、
妹は死なずに済んだかなって・・・。

そして、私はアルプスの少女ハイジのロッテンマイヤーさん。
子供のころは「なんて意地悪な人なんだ」って思ったけど、
改めて見ると、由緒あるゼーゼマン家を守り、クララの事も
彼女なりに一生懸命考えている。確かに厳しいけど、「良家のしつけ」
と言う意味では正しいかなと言う気もしました。
それに、クララがハイジの家に逗留いている時、あの山道を
毎日クララの為に登って来るのはけな気だと思います。

ユーザーID:6401551472
最近見返すようになって…
しあん
2008年3月10日 15:22

最近急速に「ガンダム」のシャア・アズナブルがNGくんになってしまいました…。

ファンの人、すみません…。
でも何回見ても、「こいつムカつく!」と思えるようになり。
極めつけはララァのことを指したと思われる「私の母親になってくれたかも知れない女性」発言で。
…マザコン疑惑が…。

あれほど嫌いだったアムロの方が大人にみえてしまう…。

セイラさんが、Z以降シャアをあれほど毛嫌いした理由がなんとなくわかる。
女性を使い捨てにしおって。プンプン。

逆に評価を上げたのはのりたまごはんさまと一緒で「ハイジ」のロッテンマイヤーさん。実に立派に職責を果たそうとしている。
と、同時にデーテおばさんも、それまで独身・女手ひとつで必死に姪を育てようとしていた事実は評価してあげるべきかなと。

ユーザーID:7245245999
古くてごめん
ぱっぽ
2008年3月10日 17:31

古ーいんですけど。でも当時はすごいブームだった「愛と誠」。その中の秀才、岩清水くん。誠の影に隠れて貧弱非力やられ役だったけど今考えると誠より岩清水くんのほうが絶対将来有望でエリートまちがいなしだし一途な思いもすごいし。今のわたしだったら誠より岩清水くん選んじゃうなと思います。
蛇足ながら西条秀貴が誠役を映画でやったことあったな・・・。ああ、古い。

ユーザーID:4975469139
アニメのセーラ
小公女星羅
2008年3月10日 17:46

アニメ「小公女セーラ」です。
子どもの頃は、「辛い目にあってもけなげでなんて素敵な子なんだ」と思っていましたが、大人になってから見ると、いい子すぎて鼻につくというか…「そんなことしてたら、モーリーとジェームズにまた叱られるのに!!」とやきもきするというか…。
素直に楽しめない自分に愕然としました。
子どもの頃は、地味でさえないとおもっていたベッキーが、大人になってから見ると、とてもとてもいい子だと思いました。

あとは、私も「火垂るの墓」です。
あの時代に、「みなしご二人預かってやって(byおばさん)」確かに、おばさんの思いは複雑だったと思います。
お金持ちの清太の家なので、「焼け出されたら置いてあげる」というのは、両親が死ななかったら、というのが前提だったんでしょうね。
おばさんだって、きっと根は悪い人じゃなかったんだと思います。
時代が悪かったんだなあ〜と思いつつ、やっぱり泣いてしまうんですけどね…。

ユーザーID:1226968580
私も、小公女セーラ
ワッフル
2008年3月10日 19:47

原作の愛好家なので
アニメ版とのあまりの違いが悲しいです。
子供の頃は喜んで観てたんですけどね。

大人になって改めて見直してみたら
アニメ版の苛めはひどすぎる!
それにセーラも聖人君子ではなく
本当はもう少し、人間らしい少女なんです。
原作ではミンチン先生に言うことははっきり言うし
一度は絶望の中、大事なお人形を叩きつける場面もあるんです。
結末も180度違いますよね。

原作に忠実に作ってほしかったのと思う作品です。
主題歌とか絵の可愛さはすごく好きです。
セーラの容姿もイメージ通りでした。

ユーザーID:2056722774
マリラ
みみ
2008年3月10日 19:53

赤毛のアンのアニメを見たのはかなり小さい頃だったので、マリラを意地悪なおばさんだと思ってました。
ある程度の歳になってから見てみたら、全然意地悪じゃなくてむしろ愛情溢れるすてきなおばさんでした。厳しいけれど、それもみんなアンを思ってのことだし、言っていることは正しいし。

ハイジのロッテンマイヤーさんもそうですね。ハイジに対しては確かに厳しすぎたけど、クララのことは本当に心配してるし、もともとハイジはフランクフルトで暮らすには破天荒すぎますからね…。
ただデーテおばさんの評価はむしろ悪くなりました。あの人、ハイジをフランクフルトへやる際にクララの死を願うような発言してるんですよね。「そんな病弱なお嬢さんだったらこの先どうなるか分からないし、そうしたらハイジにどんな幸運がやってくるか想像もつかないわ!」みたいに。要するに、ハイジがゼーゼマン家に気に入られたらクララ亡き後ゼーゼマン家の養女になって大金持ち!を期待してるんですよね。

ユーザーID:2286193766
ドラえもん
ああ
2008年3月10日 19:55

努力せずにすぐドラえもんに頼る、のび太。
大人になって見たら、すごくイライラしました。

ユーザーID:9332705747
ありますが(汗)
うげ
2008年3月10日 19:57

あまり書くと人格疑われそうですが・・・

1キャンディ・キャンディ
小学生の頃、同級生とかなーり盛り上がっていたのに
20歳過ぎて冷静になって思うのはキャンディって
人が良過ぎて私にとっては若干イラっとくるタイプかなぁ、と。
2フランダースの犬
どうでもいいが、ネロも人良過ぎ!命落としたのでは元も子もないよー。
好きなコの父親だろうが何だろうが何でも我慢してちゃダメだって。
3母を訪ねて三千里
これはマルコのせいではないが、マルコと母がよくもまぁと言うくらい
ことごとくすれ違うのを見て・・・マルコ運悪すぎだって。

とこんな風な大人になってしまいましたよ。反省。

ユーザーID:2666123138
タッチ
素子
2008年3月10日 20:13

既に出ていますが「タッチ」ですね。

中学生だった当時は、南ちゃんは「容姿端麗、勉強も出来て、器用で良い子」と思っていて羨ましく、新田くんの妹の由加ちゃんは「南と達也の間を邪魔をする、うるさい、うざい子」と見ていましたが。

今になって見れば、無意識なんだろうけど、男の子を手玉にとって操っているし、出しゃばりだし、自己中だし(「南を甲子園へ連れて行って」って....)。同性から見たら、すごく嫌な女だな〜と思います。アニメのあの話し方も、今聞くと癇にさわります(日高のり子さん、ごめんなさい)。
逆に由加ちゃんについては、性格も手先も不器用だけど、努力家でまっすぐで可愛いなと好感を持てる様になりました。

ユーザーID:9184989032
銀河鉄道999
くりくり
2008年3月10日 21:54

子供ん時は、鉄郎の立場で旅してる気分で見てました。
メーテルって何者なんだろう、機械の体もらえるのかなーと。

映画版で、いきなりカッコいいお兄さんって設定になった鉄郎には全然感情移入できず、ほとほと困りました。

大人になってから、メーテルの目線で見てみると…

ブッサイクな小学生と長旅なんて絶対イヤだが
映画版は美味しいシチュエーションだなーと…

去年、超年下の彼氏と別れたときも
「私はあなたの青春の幻影…」と自分に酔いしれてました。
彼は世代的に知らないと思うんで言わなかったけど。

ユーザーID:1465986270
一休さん
もうちょっと
2008年3月10日 22:16

昔みた一休さん:小さいのに頭がいいなぁ。(ちょっとした憧れと関心)

今みる一休さん:屁理屈小僧。周りの大人は注意せんのか(呆れ)

ユーザーID:0778084584
リングにかけろ
支那虎
2008年3月10日 22:19

小学6年生の頃、本気で読んでいました。
私もボクシングを始めようかとさえ思っていました。

20代になったある日、兄の部屋で『リンかけ』を発見!
再読したところ…。

く、くだらない…。

ギャラクティカ・マグナム〜 とか
ギャラクティカ・ファントム〜 とか
カイザーナックル!! とか
パンチ一つで相手が体育館の窓ガラスを突き破って外に飛んでいってしまうし…。
きりがないからこの辺で止めておきますが、全然ボクシングじゃないよ。
こんなのを一生懸命読んでいた自分が情けなくなりました。
35歳・女。

ユーザーID:0855925455
私も、ベルバラで!
まるさん。
2008年3月10日 22:51

子供の頃、アニメを見て激ハマりしました
オスカルもアンドレも大好きでした
その後、漫画も何度も読みました


そして、大人になり最近DVD版で再びアニメを見ると…
アニメ版のあまりのアンドレのヘナチョコぶりにびっくり!
駄目なアンドレだな〜と思いました
物語後半になっても落馬して、オスカルに助けてもらったり、失敗ばっかりだし
声も併せて、能天気なキャラクターだな、と
(いや、声はとてもあっているのですが)

そして、それ以外の脇をかためる男性キャラクター
フェルゼン、アランの男らしいこと!胸板の厚いこと!
本当に、アンドレでいいのか、オスカル!?と思いました


漫画のアンドレはかっこいいです

ユーザーID:4067045601
風と共に去りぬ
メラニー
2008年3月10日 22:55

昔はスカーレットの現実的、行動的なところに憧れていましたが、今は、彼女は、繊細で不器用な人だと思います。
メラニー。昔は「優しい人、懐の深い人」という印象でしたが、いまは、メラニーにもまた、スカーレットに手の届かないものをみて憧れていたんだな、と思うように。
そう思うようになってから、メラニーの最後のシーンを読むと、涙です。あれは、片思いの友情の話でもあったんだ、と思います。

あと、少女のときはなぜかアシュレが好きだったのですが、大人になってやっとレットのすばらしさがわかりました。
でも一番の男前はスカーレットです、やっぱり。

ユーザーID:5478855330
ドラゴンボールの悟空とチチ
ハレルヤ
2008年3月10日 23:48

子供の頃はチチってヒステリーで文句ばっかりで
悟空かわいそうと思っていました。

しかし大人になってから見てみると悟空は
いくら世界の平和を守ってるといっても
修行や戦闘で1年中家を空けてる、
子供も一緒に危ない所つれてっちゃう、
金銭収入ゼロ、よく死んじゃうなど
かなり疲れる夫のような気がしてきました。

チチは怒鳴りながらも最後まで添遂げて
本当に悟空のこと好きだったんだろうなと
思うようになりましたね。

ユーザーID:5826145307
ふしぎ遊戯
とっとこ
2008年3月11日 0:18

今UHFで再放送しているので、久々にみました。
・・・が受け付けなくなっている自分にショックです。
学生時代は楽しんでみていたのですが、主人公の夕城美朱。
ありえないって。
こんな子いたら正直「あなた本当に人間の心もってるの?」って逆に疑っちゃいます。
昔は本郷唯はあまり好きではなかったんですが、いまだと感情移入できるのは彼女ですね。

あと、火垂るの墓も他の人と同じ意見ですが、14歳であの時代だったらもう少し大人になってもいいと思うのにって。
子供の頃は、おばさんが酷い人だと思っていたんだけど、そうでもないなぁ〜って思いましたね。

ユーザーID:3800301583
母の愛に泣いた
すいっくす
2008年3月11日 0:28

私は漂流教室です。

梅図先生の絵は、小学校のとき読んで
うなされるくらい嫌だったんですが
(呪われている気がして本に触るのも嫌だった(笑)、
大人になって漂流教室読んだら泣きました。

未来に飛ばされちゃう直前の朝に、
お母さんと主人公が口げんかするんですよね。
気持ちがすれちがったまま二度と会えなくて、
でもお母さんは息子のために必死で狂人と思われて・・・。

気持ち悪いSF→母の愛、
自分にとってこんな感想の変わったマンガもないな〜。

ユーザーID:3266520489
ドラえもん
ヒラメ
2008年3月11日 1:30

私もドラえもんです。

あれは、『復讐』というか、『のびたのドラえもんを使った仕返し漫画』だと思っています。

なので、子供たちが見るのもあまり好きではありませんでした。

ユーザーID:4062292817
全く同じです!!
モネ
2008年3月11日 10:40

トピ主さーん!!全く同じです。そう。火垂るの墓の清太に、怒りのようなものさえ感じました。

せっちゃんのことを考えるなら、どんなに辛く当たられても耐えるべきだったのでは?と。
そして、辛く当たられる理由があったと思います。
せっちゃんを自分でみる。迷惑はかけられない、、という気持ちもわからなくもないですが、それこそ、親1人子1人の家族で、収入はないのに、子供をみたい(みなければいけない)ので、働かない。。といっているように思えます。

しかし、以前、松嶋菜々子さんがおばさん役でドラマをやっていたときに、清太の父親が海軍のお偉いさまで、清太も、エリート?海軍学校に通っていた。。という設定を見て、戦時中の軍人さんのプライドのようなものもあったのかなあ。。そういう教育を受けていたのかな。。と思いました。

でも、貯金が少しばかりあったって、子供2人で働かずに食べていけるはずがないですよね。考えが浅はかすぎるっと思いました。

ユーザーID:8125290611
ドラえもん!携帯からの書き込み
なすびっち
2008年3月11日 10:47

のび太のママは 「のびちゃん宿題すんだの!」
「のびちゃん 何ですかこのテストの点数は!」と叱ってばっかり。
のび太にドラえもんがいなかったらグレるよ。
ドラえもんに面倒見させ過ぎ!
スネ夫のママ「うちのスネちゃまはホント優秀で オッホッホ!」褒める事は良いことだけど ちょっと甘やかしすぎ。
だから裏で悪い事をしたり嘘をつくのかな
ジャイアンのママは 悪い事したら叱りお店の手伝いもさせている。ジャイアンは妹に優しい。

なんとなく ジャイアンのママが一番いいお母さんな様な気がします。

ユーザーID:0157453378
私も風と共に去りぬです
Alii
2008年3月11日 10:54

初めて映画を見たときは、スカーレットのわがままっぷりと美しさに圧倒されっぱなしでした
本を読んでアシュレーの優しさに惚れつつ、レットの傲慢っぷりに嫌悪し
メラニーの弱さやスカーレットの目的のためなら手段を選ばないやり方に共感できませんでした
大人になり、レットの優しさ、懐の深さを理解できるようになり
スカーレットの嫌われながらも守るべきものを守るたくましさを見つけ
メラニーの体は弱くても周囲を敵から守ろうとするところ
スカーレットを最後まで守ろうとする優しさに気づいて涙しちゃいました

続編では納得いかない箇所もありましたが、最後は納得いった結末だったので
ちょっと安心しましたが・・・
レットみたいな男性いたら今だったらよさがわかるのにな〜

ユーザーID:0851213346
星の瞳・・・
すなほ
2008年3月11日 11:27

ぴこさんみたいに香澄を毛嫌いし始めたワケではないのですが、
真理子への感情移入が著しくなった、というかキライな登場人物が減ってきましたね。
おケイも私の中では嫌われどころですが、彼女の言い分さえも理解しつつあります。
沙紀の意地っ張りやおせっかいもやりすぎじゃないかと思うところもあります。

彼らのそれぞれの良し悪しが、中和されて見る事が出来たというべきか。

大人になっても印象が変わらないのは、久住くんかな・・・。

ユーザーID:2625520506
続き・・・
すなほ
2008年3月11日 11:28

同じようなシチュエーションで、「大人になって」と言うわけではないのですが、
最近のパチンコ広告の影響でまた「冬のソナタ」をレンタルして見直して確信したのですが、
ユジンの優柔不断ぶりや、何もしなくても男の方からアレコレしてくれる(嫉妬?)に
前以上に辟易を感じました。

ミニョンが深入りしてきて、人間関係イザコザしている最中は、
何を考えているのか、ただボーっとしてるだけ。コレ好感度ある女の行動か?

サンヒョクがユジンに愛されて無かったと思っていたなら
なんでなおさら一緒にいられないと決め付けるんだ??

なんだかご都合主義なのではと感じてきましたよ。(嫉妬?(笑))

バカに思えるチェリンみたいな過ちを、
皆さん必ずしもしてなかったわけではないでしょうか?
憎むべき敵役のチェリンが、そんなに悪い事をしている様に見えないのは
私だけでしょうか?

本能なのか、どうして人間って主人公=贔屓してしまうんでしょうね。

ユーザーID:2625520506
私も火垂るの墓
ふらら
2008年3月11日 11:44

火垂るの墓を2度目に見たときにトピ主さんのように思いました。食料が少ない時に孤児を二人面倒を見るのも楽ではないし、
子供たち、ちょっとかわいげがないぞ・・・ 自炊はじめちゃうし。あの時に自炊しないで、「おばさん、ごめんなさい。」って言っていたらもうすこし待遇がちがったのかなぁ。

同居させてもらっているという感謝の気持ちって14歳ぐらいだったらあってもいいんじゃないか。 二人だけの生活で、もうだめだっていう時におばさんの所に戻るチャンスはあったんじゃないか・・・と思ってしまう。

(この映画、知っている人いるのでしょうか?)
お留守番中にテレビで見た映画でSame Time, Next Yearという男の人と女の人が毎年毎年同じ場所で同じ時間に会うという映画に中学生だった私は、すっごく感動してしまったのですが、大人になって見た時には、「不倫じゃん・・・」でした。感動よ再び!という思いで見たのでがっかりしてしまいました。もう一度見るとまた違う感想なのかもしれないので、どこかで探してみようかしら。 ちょっと楽しみであったりします。

ユーザーID:8342112331
子どもに冷たくなってない?携帯からの書き込み
子ども
2008年3月11日 13:26

蛍の墓、私は小さい時の方が、清太?もっと手伝いしないと怒られるよ〜と思ってましたが。
大人になって、清太以上に動けない人もいる現実、昔の子どもは思いきり遊ぶのが当たり前だった中、清太なりによく頑張ったのでは。今の子どもの方が踊らされてるだけで清太と同じく認められてないような気もします。動けなくて弱い人は死んでいっても仕方ないようなレスが多い社会になっていることの方が怖いです。
助ける気持ちは無いの〜?大人になったのですよね?

ユーザーID:8756939533
キャンディ・キャンディ
EVE
2008年3月11日 14:19

今にして思うとキャンディ、結構無茶苦茶です(笑)

セント・ポール学院でイライザの偽手紙に騙された時。
女の子やシスターからの呼び出しと偽られたならともかく、テリィに呼び出されたと思って会う気満々で深夜の馬小屋に行ったんですから言い訳の余地無しですよね。バレてないだけで散々規則破りもしてたんで退学は妥当かな?と。

病院の夜勤を無断でサボった時。
いくら何でも拙いでしょー! 患者さんの命にかかわりますよ。この子は看護師になってはいけないんじゃないかな?と思います。

大おじ様に対して「勝手だ、自分を好きに扱ってる」みたいな文句を散々言ってましたが、大金持ちの養女にしてもらって美味しい部分は甘受して、当時の裕福な家庭ではわりと当たり前の「親の決めた学校に入る。親の決めた相手と結婚する」といった義務にあたる部分は拒否。キャンディの方が勝手ですよね?(苦笑)

ユーザーID:2635874855
これも古いんですけど
ぱっぽ
2008年3月11日 14:28

「巨人の星」のあきこねーちゃん。子供のころは怖いお父さんに耐えながら飛雄馬の世話を焼くけなげで優しいお姉さんと思っていましたが大人になってから考えるとちょっと歯がゆい。
あんな暴力的な父ちゃんにひっぱたかれて飛ばされるままになってシクシク泣いているなんて・・・。「飛雄馬、ねーちゃんが腕を押さえているからあなたは足よ」とか姉弟2人して協力してあんなお膳ひっくり返す親父こらしめてやればいいのに、と思ってしまう。だいたいねーちゃん中学も行かせてもらえてなかったのでは。とんでもない親父だ。

ユーザーID:4975469139
生徒諸君!
春桜
2008年3月11日 15:05

中学生のときは主人公の北城尚子(でしたっけ?)に感情移入できて、
金持ち・頭良し・スポーツ万能で誰もがナッキーを好きになって
うらやましくあこがれの女の子でした。

今読み返すと・・。

「何でも好き勝手にできるのは金持ちやからちゃうん?」
「どんだけ自分中心に世の中動かしとんねん!」
しまいにふたりの男を愛してしまって、苦しみもがいてるところは・・
「・・・・・。単に二股やん。そんな大袈裟に苦しまなくても・・」

そのころちょっとひねくれた感じに思えた初音ちゃんが、
今では一番かわいいと思うし、中学生らしい子だなと思います。

ナッキーファンの皆さんごめんなさい。

ユーザーID:5082631810
ライ麦畑でつかまえて
ぴの
2008年3月11日 15:39

中学の時は、とにかく好きでした。
どこが好きだったのかもう昔の話なので思い出せないのですが…

大人になってからまた読み返してみたら、んー…?面白いかな?というのが正直な感想です。むしろ主人公の癖のある言葉のほうが気になって仕方ありませんでした。

ユーザーID:9566090820
菩提樹
もも〜ちゃん
2008年3月11日 15:49

主人公の麻美は、孤児になったのに逆行に打ち勝ちながらがんばってるなあ、すごいなあ、と思ったのが18の時。 10数年経った今では、「結構わがままで、ふらふらしてる女の子」と言う印象に変わりました。 

ポリアンナは逆で、昔キライだったんですよ、あの子。 いかにも素直ないい子!って言うのが嘘っぽくってイヤだったんですけど、今思えば結構けなげかも、、、、などと思います。

氷点の啓三も、初めて読んだときはいかにも真面目で優秀な人、と思いましたが、最近ではただのスケベ親父では?とか思います。 もし陽子がブスだったら、または問題児だったら、あるいは男の子だったら、同じように可愛がらなかったでしょうねえ。。。

ユーザーID:8511467436
清太、ロッテンマイヤーさん、そしてヤン。
ナオコ
2008年3月11日 16:58

私も火垂るの墓の清太くんです!
ホント、もう少しうまくできないかなぁ!ってやきもきしてしまいます。
コチラのレスにあるように、お坊ちゃん育ちだったのかなぁ。
もっと年がいってれば、節子のためにプライドもなにも捨てて・・・って考えたのかなぁ。

それと、ロッテンマイヤーさんも!
少し前までTVで放送していたので見ましたが
ゼンゼン嫌なおばさんじゃなかったです。
むしろクララの事を考え、家の事を考え。
ちょっと素直じゃないところとか、好感持ってしまいました。
山道往復とか、根性あるし。

加えて、
銀河英雄伝説のヤン・ウェンリー

中学生の時にアニメから入ったんですが
のらりくらり、才能があるのにそれを生かそうとしない人に見えたんです。
ラインハルトのような分かりやすい人の方が好きでした。
今では一言一言、かみしめております。
矛盾と葛藤を抱えていたんですね。

ユーザーID:7594061419
小公女セーラ
2008年3月11日 17:39

私もアニメの小公女セーラです。

あの時代に一文無しになって、良くて児童養護施設。
普通に叩き出されていれば浮浪児になるしか無かった所を、
義理で学院に置いて貰って居るのだから働くのは当り前だろう!

買い物が上手く出来なかったら叱られるのは当たり前。
下働きなんだから、生徒と一緒に遊べないのも当たり前。
いつまでお嬢様気分で悲劇に酔ってるんだか、と見てて非常にイライラしました。
あなたがそれに不満を持つなら、その状態が当たり前のベッキーの立場はどうなっちゃうのよ、とか。

確かにセーラを支持する大人たちは優しい人ではありませんが、
それも可愛がられる努力をしない自分の責任じゃないのかな。

同じ理由で清太さんにもイライラします。
心が狭いのかな。

ユーザーID:8426128601
トピ主です
くるは(トピ主)
2008年3月11日 17:41

皆様たくさんの回答ありがとうございます!

共感しながら読ませていただきました。
こうしてみると大人の感情と子供の感情って本当に違うものですね・・・。
私が例に挙げた火垂るの墓にも共感してくださった方が多くて少し嬉しかったり(笑)

よければまだまだ皆様の楽しい感想をお聞かせください♪

ユーザーID:5471742054
思います
YUKARI
2008年3月11日 18:44

 「火垂の墓」は見たときもう大人だったので、トピ主さんと同じこと思ってましたよ。でも周りはみーんな泣いてたのでいえませんでした。
でも同じこと考えてる人多くてほっとしたりして。
 おばさんだって自分の子供は働いているのに(清太より年下の子も学校に行って働いている時代ですよね)学校がなくなったから家にいるからって寝っ転がって本を読んでたらムカッとしますよー。

 で、本来のトピについてですが私は「フランダースの犬」かなあ。
子供の頃はネロが可哀相で泣いてましたが、大人になってからじっくり見るとネロには何回か生きるチャンスがあるんです。
 きこりのおじさんの家に行くこともできたし、お金を拾ったんだからアロアのおばさんの好意を受ける権利は当然あったのに。
それほど傷心しきっていたのかもしれませんがじれったかったです。
 あと「赤毛のアン」は、ものすっごくおしゃべりの娘を持ってから見たらマリラおばさんの「あんたは5分でいいから黙っておれないものかね」ってセリフが身にしみました。(笑)
 でもアンに対する愛情は昔以上に感じるようになりました。 

ユーザーID:9437477489
キャンディキャンディや小公女セーラなど
ゆり
2008年3月11日 18:52

私は小学校低学年の時から、キャンディキャンディや小公女セーラなどが、理不尽ないじめに合ってもそれを耐え、最後はいじめた相手を許し仲良くなる、というアニメを見るのが大嫌いでした。
(誰か私と同じ感想を持った人はいませんか?こんなことを言うと誰とも話しが合わないんです)
どうして大嫌いだったかというと、子供ながらに(7,8歳で)
「いじめられたらやり返せ!ほっぺを叩かれたら叩き返せ!!」って思っていたからなんです。
だからいじめられるけなげな主人公がおつむが弱く見えてバカらしく、とっても歯がゆかったんです。

でもこの年になり(35歳)、いじめにじっと耐えて、最後には相手を許すというまでの行為が(なかなか普通の人はできないと思い)心が強くなくてはこんなことはできないと学びました。
これは大人になってから気付いた最大の発見でした。

今の私は義姉のいびりに我慢して3年、今更になって仲良さ風を取り繕い出だした義姉と、これからどうやって付き合っていくか、過去の義姉を許せるか(多分許せなくて悩むだろう)が自分の課題になってます。
本当の強さが欲しいっ!

ユーザーID:2853761239
星の王子様
のんたんといっしょ
2008年3月11日 21:49

小学生のときは、王子様が「花」にふりまわされる状況が理解不能で、ぜんぜん面白くありませんでした。
「ハァ?そんな奴ほっとけば?」てもんでした。

大人になって、それがある種の「男女」の形であることに気づいてからは…読むたび胸が痛くなります。
今では一番好きな「恋愛小説」です。

ユーザーID:0462032705
ジブリ作品は殊に変わりますね。
一児のパパ
2008年3月11日 22:32

連続投稿、失礼いたします。
ジブリ系の作品は大人も子供も楽しめるため、世代により印象は殊に変わってきますよね。

登場人物で言えば、いわゆる敵役の面々などに対する印象がまさにそうで
『未来少年コナン』のレプカや『天空の城ラピュタ』のムスカなんか、
中年になってから観ると「文明に裏打ちされた秩序を志向するそれなりに立派な男」にも思えます。
逆に、コナンやパズー、シータら主人公たちに、無邪気さゆえの愚かさ、あるいは残酷ささえも感じたりもします。

あくまで個人的な感想ですが「年を経た」ことそのものによる価値観の相違というよりも、
私にとっては「親になった」ということが随分と視点を変えたような気がします。
また、「ハイ、ここで泣いてください」とか「どうだビックリしただろ」とか言わんばかりの演出にも
制作者たちの思惑が手に取るように感じられ辟易することも多くなりました。

なんか、ちょっと損した気分。

ユーザーID:9155227987
サザエさん携帯からの書き込み
ダメ子
2008年3月11日 22:47

お父さんいくらカツオがイタズラばかりするからって疑い過ぎ。しかも違うと気付けば謝らない回も見た事あります。
ひどい。

ユーザーID:4451933460
グラップラー刃牙
ナノカ
2008年3月12日 3:30

死んでいる母親を背負った刃牙が、母親の亡骸と楽しそうに会話しながら商店街を歩いてるところです。
初めて読んだ時は、母親の死に顔がリアルすぎて「気持ち悪いな」としか思いませんでした。
しかし20歳を超えてから読み直してみると、母の愛に飢えていた少年がようやく愛してもらった瞬間にそれを失い、過酷な状況から現実逃避しながらもまだ必死に母との愛を深めようとしているシーンだと気付き、考えを改められました。

ユーザーID:6902986114
私もタッチ携帯からの書き込み
くしゃみ
2008年3月12日 8:08

私もタッチの南です。
昔は可愛くて、優しくて、理想的な女の子だと思ってました。
でも、最近は嫌いになりました。
「南を甲子園に連れていって」…好きでもない男によく図々しく言えるなぁと思います。和也に対する思わせ振りな態度は、まさに女の敵って感じです。
原田くんも苦手です。昔はいいやつだと思ってましたが…。人のことに口出しばかりして、お節介な男だなぁ、それもなんかかっこつけたセリフが多いし。
タッチ自体が苦手になりました。歳ですかね。

ユーザーID:0842808698
ドラえもん
Luna
2008年3月12日 10:51

自分が親になってから思いました。

ドラえもん、のび太を甘やかし過ぎ。
もともと不器用なのび太なのに、あんなになにもかにも手伝って
助けてやってたら
ますます一人じゃなにも出来ない子になっちゃう。
転んだら自分で起き上がる事を覚えさせなければならないのです。

まぁ、「子どもの夢」ですからいいんですけど。

ユーザーID:0645959964
私もアルプスの少女ハイジです
れいんぼう
2008年3月12日 11:07

子供を持ってからロッテンマイヤーさんの見方が変わりました。

昔はハイジに辛く当たって何て意地悪な人なんだろうと大っ嫌いでした。
でも、今はただただクララの事を思って自分の仕事に忠実な真面目な方なんだなーと。
クララが心配で、毎日山に登る彼女には頭が下がりました。

すごく記憶に残っているのは、クララとクララのおばあさま、ハイジが夕食時、
グラスをスプーンで楽器代わりに叩いて楽しむ場面です。
ロッテンマイヤーさんはすごく怒りますよね。
今、自分の子供が同じことしたら私も絶対に怒るだろうなぁ(苦笑)

ユーザーID:4083605295
デーテおばさん携帯からの書き込み
幼子持ち主婦
2008年3月12日 11:13

アルプスの少女ハイジ、子供の頃読んだ時には単に怒りっぽい小意地の悪いおばさんの印象でしたが。
女手一つで姪っ子(ハイジ)を一生懸命育ててたのは当時二十代?
幼子を抱え仕事もままならず娘らしく男性とお付き合いもできず。。。
そりゃ精魂尽き果て生きてるおじいちゃんに預けに行くのは当然でしょー。

ユーザーID:5252115399
まるさん。さんへ
三十路っ子
2008年3月12日 13:30

私も同じです!同感です!
大人になって改めて思いました。
「ベルばら」のアニメのアンドレ、あんまりにもへなちょこで
女々しくて(?)びっくりしましたよ。

まだ18歳の時にオスカルに命を救われた時に(ルイ15世の怒りを買った時)、「おまえに命をかける」と誓っていましたが、「迷惑をかけている」としか思えなかった・・・かけるものが違うよ〜!

あと、小学生の時にやっていたNHKアニメの「名犬ジョリイ」。
犬好きだったので欠かさず見ておりました。
子供の頃は、「野犬」と言われて人から命を狙われていたジョリィを連れて、母親探しの旅を始めた主人公のセバスチャン。
ジョリィを奪って高く売ろうとする大人たちに騙されそうになりながら、何とか母親に再会できましたが・・・

大学生になった時に再放送を見たのですが、そもそも騙されそうになるきっかけの言葉のほとんどが
「うちで美味しい物をご馳走するから、おいで」
いくら旅をしていてお腹は空くかもしれないけれど、
意地汚くないか?と思った私って、冷たいかしら?(笑)

ユーザーID:1149339405
タッチ
ニコ
2008年3月12日 13:38

昔は断然たっちゃん派で、かっちゃんが死んだあとのたっちゃんの活躍ぶりが大好きでした。でも、今読むと、かっちゃんの方が、努力家で、必死で南のために頑張って、たっちゃんに負けないようにって努力して素直で素敵な青年だったことに気づきました。それに気づいた後は、タッチが読めない。無念すぎる。悲しすぎる。

南については昔からあのずる賢い感じ(たっちゃんとかっちゃんどっちもキープみたいな)がすごく嫌いだったからな〜。今も変わらず苦手です。

ローマの休日を小学生の頃に見たときは、ハッピーエンドとは言いがたい終り方に納得できなかったけど、今はあの終り方がベストだと思います。ファンタジーから現実に戻る感じが、すごく切なくていいですね〜。

ユーザーID:8696580391
小公女セーラ、 ポリアンナ
ローラ
2008年3月12日 14:09

小公女セーラは、旦那が出かけたあと一人で見るのが日課になってます。
こどもの頃は何とも思わなかったのに、今はじれったくてイライラしちゃう。
いつも怒られてるのに、買い物に行けばピーターとのんきにおしゃべりしてるからまた遅いと叱られるし、ラビニアに意地悪されるのわかってるのに、避けようとする態度がまるでない。
ミンチン先生が来るのにまた生徒とかかわっている・・・とやきもきし、ベッキーとセーラがずっと食事をもらえず、二人で朝早く台所で食べ物を探してた時も、クッキーをみつけたらさっさと食べればいいのに二人で顔を見合わせ笑っている・・・そんな暇があったら早く食べればと思っているとモーリーとジェームスが来てしまう。
ああ何て要領が悪いんだ、といらいら。

ポリアンナは「ああよかったー」のよかった探しや異常に素直で明るいところが高校生のときは嫌いでした。
いいこぶりっこしすぎで腹立つね、などと友達と話していましたが、今みるとこっちの気持ちまで明るくなるようで、とてもいい子だなと思えます。いい子ぶってるだけじゃなく、こんな子どもらしい面もあったんだと思ったり。

ユーザーID:4767278850
さすらいの〜ラスムス ネタばれ
たぬき
2008年3月12日 15:26

リンドグレーンの児童文学です。
子どものころには読んでいなかったのですが(カッレ君は読んだ)
読みたいなと思っていて最近になって読みました。

施設から逃げ出した主人公がさすらいの歌うたいのおじさんとその日暮らしの旅をする。事件があったりして歌うたいのおじさんは主人公には定住できる親が必要だろうと、養子をほしがっているお金持ちの農家に主人公を紹介する。でも主人公は気のあう歌うたいのおじさんと別れられず、去ったおじさんを追いかけて行ってしまう。
子どもの時なら気の合うおじさんと一緒になれて万々歳と素直に思ったと思う。
家計簿をみてため息をつく大人になってしまった私は
「ラスムスあとで後悔するぞ」と思ってしまった。 
あー汚い大人になってしまったなあ。
児童文学はやっぱり対象年齢の時に読むべきなのかなと少し思ってしまいました。

ユーザーID:9142960240
>星の瞳のシルエット
同感
2008年3月12日 18:18

子供の頃から香澄が嫌いだったので、トピの本旨からはずれてしまいますが

>香澄ってどうなの?
ですよね。私は連載を読んで、子供ながらにいつもイライラしてました。「さっさと言えばいいじゃん」って。

だから、正直あの漫画がどうして流行ってるんだろうっていつも不思議に思ってました。

最近では、昼ドラの「砂時計」というのを見ていて、主人公が遠距離恋愛をしていて、誤解が生じてるのに、なかなかはっきり意見を言わずに、物凄くイライラしてました。イライラの方向性が似ていたので、出てきてしまいました

ユーザーID:6987508973
おもひでぽろぽろ
mimi
2008年3月12日 21:53

落ち込んだ時があって、ジブリを久々に見まくって10代の頃と感動が違いました。
なにより大人のタエちゃんと同じ年齢の自分にまずビックリでした。あ〜そんなに時間が経ったのかーっと、大人のタエちゃんの気持ちが良くわかりました。小さい頃の自分を、田舎の暮らしの中で思い出し、これからの自分とも向き合う。そして最後の結婚を決めるところなんかは、結婚した私とも重なり、人生の選択肢を選んだタエちゃんに感動、最後は泣いてしまいました。
10代は昔の時代背景とがか面白くて見てただけで、何にも感じてなかったように思います。成長したなー、私。

あと、宮崎監督とは違う高畑監督の良さを感じました。

ユーザーID:3215357087
ガンダムのブライトさん
えりこ
2008年3月12日 22:52

 子供の時はきつい人って印象が強く嫌いでした。
 アムロを引っ叩いた時点で怖さマックスでしたよ(笑)
 でも今見るとブライトさんカッコいいって思いますし私もいい年して甘えたれなアムロをどつきたくなります。
 今時他人に「殴って何が悪い!(言い切るのがすごい)殴られずに大人になった奴がいるか!」なんていう人いないです。(↑少し台詞が違うかも)
 少なくとも私の周りでは。
 
 今なら言えます。
 火垂るの墓のおばさんもロッテンマイヤーさんも悪い人じゃないんだ〜!
 

ユーザーID:5332274444
天使なんかじゃない
まみりん
2008年3月13日 0:57

学生時代読んでいた頃は、みどりに感情移入してたのですが、
今読むと、、、、あれ? みどりけっこううざくない?っておもっちゃいました。
それに比べてまみりんが超超いいこ!!

ユーザーID:9572839681
私もドラえもん
ダメ太
2008年3月13日 3:20

子供の頃は単純に、ドラえもんすごい!としか見ていませんでした。
が、大人になって見ると、私ものび太にイライラ。
他力本願な上に浅薄で、根性も嫌らしくないですか?というか馬鹿ですよね。
スネ夫の方がよっぽど安心して見ていられます(笑)
のび太のその後は、科学者か何かになってしずかちゃんと結婚という話だったかと思いますが…ありえない!
飛び道具を使ってお風呂を覗きに来るような男子と結婚なんてありえないですから!!

ユーザーID:0216662064
氷点・YAWARA・タッチ
濃い味
2008年3月13日 10:47

「氷点」は昔から考えさせられる本で愛読してましたが、
自分が大人になってから
お母さんの夏枝が、「陽子に意地悪な継母」で未熟な人間みたいな位置づけなのが
納得できなくなりました。
だって自分が育てていた養女が、実は自分の娘を殺した犯人の娘だったなんて分かったら、そりゃー憎しみをいだくのは人間としてしょうがないんじゃないのかな。
しかも、ちゃんと初めは陽子がかわいくて仕方なくて、あふれるような愛情注いでたんですよ。
旦那さんが勝手に浮気されたと誤解しただけなのに、犯人の子を育てさせられて、挙句に陽子に対して冷たい母と思われるなんて残酷すぎです。

あとYAWARAの松田さんのことを好きな胸の大きなカメラマンの女の子。
あの子も、以前は柔ちゃんと松田さんの邪魔をする嫌な子と思っていたけど、大人になってからは、松田さんのことが好きで、アピールしてるだけの普通の女の子だって思うようになりました。アピールの仕方がヘタクソだなあ、とかわいそうだったり…。

タッチの南ちゃんも、昔は憧れのお姉さんだったけど、今は高校生にしてはマセてるなーと思ってしまいます。

ユーザーID:2051325800
全部出てます
しゃとん
2008年3月13日 15:15

まず、赤毛のアン。子供の頃アニメで見たときは、アンの非現実的な夢見る少女的性格と、マリラの冷たい性格が受け入れられませんでしたが、
大人になって原作本を読んで、始めてこの物語が好きになりました。
私も子供が苦手で、現実的で、マリラに似たところがあるだけに、すごく感情移入できました。
そして、アンも、本来の私ならこんな非現実的なことを言う女の子は好きじゃないはずなのに、その性格が魅力的に描写されていて、改めて子供嫌いなはずだったマリラがアンとの理解を深めていく過程に共感できました。

あと、ドラえもん。子供の頃は、ダメ男のび太、ずるいスネオ、いじめっ子ジャイアン…と、各キャラクターの表面しか見ていなかったのですが、今は寧ろ、学校の成績は悪くても実は賢いところもあるのび太、見栄っ張りだけど実は一人になると弱虫なスネオ、乱暴だけど義理堅くて憎めないジャイアン…と、全てのキャラクターに二面性があるところが面白いです。

ユーザーID:3557201681
デーテおばさんに一票
せるふぃ
2008年3月13日 16:57

(昔)ハイジを無理矢理おんじに押し付けた無責任で自分勝手な人。あげく、2人の仲を引き裂くが如くハイジをフランクフルトへ連れて行ってしまう血も涙も無いひどい人。
(今)自分の青春を犠牲にし、相談する人もいなく、一人で働きながら姪っ子の面倒を見てきたがんばりやさん。フランクフルトで働いている間も、おんじに預けた事を後悔し、ハイジの事を考え続け、ゼーゼマン家での受け入れ話を見つけ出す。ハイジをフランクフルトへ連れていく時だって、当時、村でのおんじの噂はまだ芳しくないものだったからハイジの事を考えれば当然だと思える。
あ〜それなのに…。原作でもアニメでもデーテおばんさんはやはり悪役扱い…。その後どうなったかどちらにも描かれていませんが、幸せになっている事を切に願います。

ユーザーID:1881047162
私も天使なんかじゃない!
ケンちゃんが好き!!
2008年3月13日 17:07

このトピを見たときに真っ先に思いました。まさにまみりん様と同意見です!
私も高校の頃読んでいたときは、みどり頑張れ〜みたいに思っていたのですが、あらためて読むとウザイよ。。。
どこがどうってわけじゃないんだけど、仲良くなりたくないタイプ。
あと、私は晃もちょっと好きじゃないです。
マキちゃんのことはそっとしておけばいいのに、15、6のガキが何できると思ってるんだー!
(当時はマキちゃんが嫌いだったけどね。今は好き)

他の登場人物はみんな好きかなー。まみりんは大好き!本当にチョーいい子!!
今では主役カップルが嫌いというマンガになってしまった。。
でも時々読んでます。脇役たちのドラマに涙したくて。

ユーザーID:6555746029
あるある!
小夜香
2008年3月13日 18:13

結構出ている「小公女セーラ」
子供の時は、けなげなセーラに感動していましたが、
今思うと、ミンチン先生の立場とか考えちゃったりして(笑)。

学校の経営がかかってると思うと、
お金のなくなったセーラに優しくする余裕なんか
なかったんだろうなぁ〜とか思います。
元々気が合わなかったみたいだし。

自分がミンチン先生の立場で、
ラストのどんでん返しを知らなかったら、
セーラにどういう接し方をしていたのだろうと思いますね。
さすがにあそこまではやらないだろうけど、
じゃあ、そんな接し方をしてたら正解なんだろう〜って。

それから教科書で読んだ星新一の「繁栄の花」
当時は、地球人を困らせるメール星人が憎らしかったですが、
今読むと、地球人が誠実な対応をしていれば、
防げたことだったんですよね。
あの花は、地球人の心を試していたんだなぁ〜。

ユーザーID:6852484579
サザエさん!
チョコ
2008年3月13日 19:32

マスオさんの家族に対する気遣いを見ていると気の毒になります。
夫も「マスオさんて大変だよなぁ‥」と言っていました。
マスオさんの家族や親戚は全然出て来ないし‥
サザエさんて自己中なのかな?と思えてしまいます。
嫁姑の苦労もないし、義家族に電話も贈り物もしている様子がないし。
あんなに妻側が中心でいいのか?と不思議に思います。

ユーザーID:8672051477
夏目漱石の、
作次郎
2008年3月13日 20:42

「こころ」を10代のころ読んで感動し、愛とは、人生とは、等とみけんにシワ寄せて考えてましたが、あらためて社会人になって読んでみて、「しょーもない事で自殺すな!」で終わってしまった。思考が現実的になるのでしょうか。

ユーザーID:8453651997
横ですが…清太を責めないで欲しいです
ちゅうたろう
2008年3月13日 22:04

蛍の墓の清太がいろいろ言われていていますが、家の手伝いくらいでおばさんのご機嫌とれるならもういくらでも働いたと思います
仕事があって奉公で来てるなら食べるものもらえるけど、疎開ですからね
それにおばさんだって、もう食べるものが無いからとにかく追い出したいっていうのに、下手に働かせて居場所作られても厄介だったでしょう

味噌汁の盛り付けまで差をつけて、画面にでてないとこでも一日中あの調子で意地悪言われていたんじゃないかな、辛抱できるのでしょうか?

一見すると喧嘩して家を出て行ったように見えますが、清太節子兄弟は遅かれ早かれ出て行かざるを得ないことになったはずです
だって大人が本気で追い出そうとしているのですよ
アニメの登場人物とはいえ、つらい思いをした上に小町でたたかれて清太が気の毒です

ユーザーID:5424534260
少年の日の思い出
青魚
2008年3月13日 23:24

国語の教科書にあったヘルマン・ヘッセの小説です。

【あらすじ】エミールという少年が友人の宝物である蝶の標本を出来心から盗んでしまいます。後悔し、返しに行こうとしますが標本はボロボロに砕けてしまっており・・・本当の事を言って謝りますが、少年には「君ってそういう人だったんだね」と冷たく言われてしまいます。

当時は「正直に謝ってるんだから許してあげればいいのに、少年はなんて嫌なやつなんだ」と思っていましたが、今読み返してみると「本当に大切にしていた宝物を壊されたんだから、厭味の一つも言いたくなるわなぁ。まあ自分がいけないんだから責められても当然だよエミール少年よ」です。


【教訓】宝物は他人に見せるな

ユーザーID:0685842399
走れメロス、雨にも負けず
まこ
2008年3月14日 0:14

皆さんの感想、大変面白く読ませてもらってます!

私は「走れメロス」と「雨にも負けず」です。

「走れメロス」を教科書で読んだ子どもの時には、「友だちとの約束を守るのは当たり前のことで、それを淡々と書いただけの物語がなんで名作扱いなんだろう」と思いましたが、数年前に何の気なしに読んでみたら、思わず涙が出ちゃいました。大人になって、世の中きれいごとだけじゃないって分かってくると、「走れメロス」のストレートなメッセージがドーンって来るんですよね。

「雨にも負けず」も同じで、子どもの頃は、単なる「何事にもまじめに一生懸命取り組みましょう」というメッセージなのかな、と思っていて何とも感じませんでした。最近子ども番組(NHKの「にほんごであそぼ」)で放送しているのを見て、やはり涙。名誉や世間の評価などを気にせず、ひたむきに謙虚に一生懸命生きることの難しさを知ると、最後の「そんな人に私はなりたい」の一言がズシーンと来ます。

ユーザーID:7752929010
ワッフルさん!!
もも
2008年3月14日 14:03

私の言いたいことほとんど言ってくれてありがとう!

私も小公女セーラ。
印象が変わった…というのとズレますが原作と違ってイライラします。
インド人のラムダスがセーラの眠っている間にご馳走を用意したりする場面。
原作ではセーラが空腹と疲労でクタクタになって眠って目が覚めたとき魔法が!なのですが、アニメでは病気で寝てて目が覚めたら…になってます。

病人だと知ってて鳥の丸焼きはないだろ!!
とツっこまずにはいられません。

あとアルプスの少女ハイジ。
子供の時はハイジ目線でしか見られないもんだなとしみじみ。
大人になってからはクララのおばあさんの人間の大きさに学ぶところが多いです。

キャンディキャンディ

絶対アンソニー!ラブ!だったけど、テリーの方がイイ男じゃん(笑)になっちゃいました〜。

ユーザーID:9480926277
私も
ぱんじ
2008年3月14日 23:59

「火垂るの墓」の清太を責めるレスにはちょっとびっくりしました。あの歳ならあれが精一杯だろうし、おばさんのある意味シビアなやっかい払いっぷりも合わせて、凄くリアルな悲しさがあるなと思ってるんですけど…。映画、「誰も知らない」に通じる切なさだと思いますけどね。

あと、「フランダースの犬」のネロの自業自得っぷりを指摘してる方がいましたが、原作ではネルロに向かって差し出される救いの手は一切ありません。あのアニメの展開は、短い原作をまる一年分に引き伸ばしたり、あの惨いラストをハッピーエンドに変更するべきか、制作側が最後まで揉めていた結果、ああなってしまったらしいという話です。

ちなみに原作では最後に天使も降りてきません。寄り添って凍死したネルロとパトラシェの遺体を見て、反省して哀れがる町の人々に対して、「ネルロの死に顔は『もう全て遅いんですよ』と言っているようでした」という感じの、突き放した終わり方をします。私はアニメより先に原作を読んで、そのシビアな展開に号泣しました。子供の頃の話ですが。

ユーザーID:3322342264
少しトピずれですが・・・。
フィー
2008年3月15日 20:19

『サイファ』にて。

始めはシヴァの事を
“子供っぽいサイファを庇い、1歩後ろから全体をよーく見ていて思慮深い人”
と思ってましたが、暫くして
サイファからの視点で物語が描かれていて、衝撃を受けました。

作者の策にはまったと言えばそれまでですが、
(見方を変えるとこんな事実が出てくるんだ・・・。今までの自分って視野が狭かったな)と
自分なりに目からうろこでした。
“一方からの意見では、本当の事は見えて来ないんだ”と
3つめの目を開かれた気さえしました。マンガなのに。


『エヴァンゲリオン』にて。

始めはアスカが大嫌いでした。
威張ってて嫌〜な女の子にしか見えなかった。
(現実でも、彼女みたいな子に振り回されてたもんで)
しかし今は寂しがりの裏返しであり、自分の居場所を確保するのに一生懸命だったんだなと少し理解できます。


年を取って自分の許容量が広くなったかな?
登場人物と同じ年頃だった自分が、今では親くらいの世代になったからでしょうか?

ユーザーID:1939577467
少年マンガですが
SUICA
2008年3月15日 23:33

『魁!男塾』です。
小学校当時はこの熱血バトルロマン漫画を真剣に読んでいて、その中のセリフや注釈を大真面目に信じてました。
しかし今ではそのあまりにも「あり得ないだろー」な展開やキャラクター達が面白く、私の中ではすっかりギャグ漫画になってしまっています。
本人達は大真面目に戦っているだけにひとしお、笑いを誘うんですよね。
あと「聖闘士聖矢」も
今読むと、みんな焦った時に流れる汗の角度が同じとか必ず「フッ」と笑うとか突っ込み所満載です。

ユーザーID:6439549166
丘の上の王子様
ぴよ123
2008年3月16日 1:20

小学生の頃、意味も分からずキャンディキャンディが大好きでした。
息子が乳児の頃に再放送を見て、深い話だったんだと思い、再びハマりました。
子供の頃は、丘の上の王子様はアンソニーだと思い込んでいました。

子供の頃はルパン三世って泥棒のくせに、って思ってましたが、
今はあり得なさが、かっこいいと思ってしまいます。

ドラえもんやハイジは今でも大好きです。

ユーザーID:4060532275
宇宙戦艦ヤマト
LEE
2008年3月16日 2:58

子供の頃はめちゃくちゃ感情移入してたし、
ああいう作品を生み出したい!とまで思っていたけれど、
オトナになってみると、、、、

科学的な設定からして、かなり噴飯ものだし、
つっこみどころ満載すぎです。

松本漫画全般に対してですが、
子供の頃はとてもロマンを感じていた筈なのに、
オトナになってからは、
あまりにうそ臭い、理想論的すぎて、視野のせまい、
かっこつけしいで、
ロマンというより独りよがりな自己陶酔といいましょうか、
そんな感想に変わってしまいました。

ユーザーID:9841006799
三国志
LEE
2008年3月16日 3:11

子供のころは、

玄徳=仁徳厚い、優しくたくましい君主
関羽=文武両道に秀で、人格も備わった理想の英雄
張飛=勇猛果敢、あかるく楽しい性格、ちょっとアタマは悪い

こんなイメージで、もっとも好きな登場人物タチでした。

もうすこし成長した頃になると、
張飛より張雲の方が、アタマがよく、強い、というイメージを持つようになりました。

ところが、今では、

玄徳=計算高く、表面はとても温厚で仁徳厚そうだが、何を考えているか本心はみえない怖い人
-->ただの良い人だけでは一国の主、大集団の首長は勤められないから。

関羽=周りが見えてない、視野の狭い人。
張飛=ただの暴力好き。

に変わってきました。

もっとも好きな登場人物は
以前では「敵!大嫌い!」だった、曹操と、
以前から一貫して孔明です。

ただ孔明も、
「なんでも一瞬で見通す天才」→「律儀な人、用意周到な人」
とイメージは変わってきました。

子供のころは、
NHKの、人形劇・三国志の影響が大きかったようです。

ユーザーID:9841006799
日出処の天子を
へげぱち
2008年3月16日 10:45

約20年ぶりに全巻一気読みした感想です。
学生のときの私は「皇子カワイソウ!布都姫なんてもっと早く死んじゃえば良かったのにー!」でした。
なのに今読むと、毛人のふがいなさというか流されっぷりというか、それでいて間人媛への弾劾や、皇子との決別のシーン等などの判った様な語りっぷりにもう腹が立って腹が立って…

お前結局何もしてないじゃんかー!皇子も山背も刀自古もみんな放置だろ!顔はいいオトコに描いてもらってるのに何だお前はー!

…一番好きなキャラクターだったんですけどねえ。初恋の人の駄目っぷりをまざまざと見せられたようで悲しかったっス。

ユーザーID:9599114555
大人になってハイジの設定を調べてみて
ツォータン
2008年3月16日 11:49

『アルプスの少女ハイジ』は好きとか面白いという意外にも、なぜか奥が深いようで気になるアニメでした。
そして私もロッテンマイヤーさんがいちばん気になる人でした。
最近ハイジのことを調べてみて、ロッテンマイヤー女史が「良家の子女」であること、そしてハイジがロッテンマイヤー女史と同格の高い家の出身であることを知り、ようやく「どうしてロッテンマイヤーさんがあれだけハイジに厳しかったのか」が理解できました。
思えば当時の欧州はブルボン王家やらハプスブルグ家が幅を利かせ、ドイツではプロイセン王国が強勢ぶりを発揮してフランクフルトを支配していた時代。
家庭環境がモノをいう時代に生きるロッテンマイヤーさんにとっては、同格の出自である(はず)のあのハイジは見てられなかったんだと思います。

また「ハイジ」というのは通称で、ドイツ語読みの「アーデルハイト」の後半部の略称でもってハイジと呼ばれていたことも知り、別に「ロッテンマイヤーさんに無理矢理名前を変えさせられた」というわけではなかったようですね。今ではいろいろ誤解していたことをロッテンマイヤーさんに謝りたい気分です。

ユーザーID:3700978800
ありますあります
vocket
2008年3月16日 20:29

まず、「星の瞳のシルエット」。
勉強が出来て、スポーツ万能な久住くんに、
イケメンプレイボーイの司、
ちょっと冴えない日野誠くん。
小学校の頃女の子たちと結婚するなら誰?と話したときは、
ダントツ一位は久住くんで、少数派で司という子がいました。
しかし、日野くんと言った人は自分も含めて一人もいませんでした。

しかし大人になった今。
一番いい男だと思うのは日野くんです。
大人しくて目立たないけど、大好きな真理子の喜ぶ顔が見たくて、
彼は一生懸命久住くんとの仲を取り持とうとしたり、
久住くんに失恋して落ち込む真理子を励ましたり。
真理子の身勝手な行動を、最後にはちゃんと優しく受け止めて許したり。
彼はとても大人だし、名前の通り大変誠実な人です。
久住くんや司くんとは、器の大きさがまるで違います。

夫にするならダントツ日野くん。
それが、私とかつての星の瞳ファンの友人たちの共通意見であります。

ユーザーID:5886184999
もう一つ
vocket
2008年3月16日 20:42

「ハイスクール!奇面組」です。
子供の頃は、奇面組のことを本当に「不細工」って思ってました。
というか、刷り込まれてました。

ところが今読み返すと、みんなそんなに不細工でもないと思います。
特に零くん。
実際のイケメンといわれている人で、あんな感じの顔立ちの人を結構見かけます。
亡くなった零くんのお母さんも、彼そっくりの顔立ちで、
一度妹の霧ちゃんが「(両親の顔の)いいところだけもらったんだね」と言われる場面がありましたが、
「帰ってきた奇面組」を見る限り、普通に涼しげな顔立ちの美人だと思いました。

あと、大くん。
眉毛は繋がってますが、かわいい顔立ちだと思います。

ユーザーID:5886184999
私も
ぷぷりん
2008年3月16日 23:27

清太さんは、町内の消防団に入るべきだと思いました(笑)
親戚のおばさんは、比較的いい方だと思います。
自分ちの子供にも満足に食べされてやれないのに、その上二人も預かるなんて、いい人です。

ユーザーID:9050411822
面白いトピですね
今もマンガ好き
2008年3月17日 0:37

ベルサイユのバラ
(昔)マリーアントワネットが可愛そう。あんな冴えない夫と政略結婚させられて、
 好きなフェルゼンとは隠れて会うしかないなんて。

(今)贅沢し放題、お金を使うだけ使っておいて、義務は果たさないわ、夫は裏切るわ
 そりゃ民衆も怒るでしょう。最後は女王らしく毅然としていたみたいだけど、物事
 には取り返しのつかない事があるのよ。

王家の紋章
(昔)キャロルは素敵な男性にモテモテでいいな〜。素直で優しいから愛されるのね。

(今)軽率すぎ。何度さらわれたら気が済むの・・・。神の娘だと思われたく無いなら
 考古学の知識などペラペラ喋らなければ良いのに。メンフィスに何度注意されても
 勝手にうろついて危険な目にあって、そのたびに死人が出ているのに!
 でも、モテモテなのは相変わらずうらやましい。マジで誰か譲ってくれ(この辺が
 切実になってきた)

有閑倶楽部
(昔)お金も行動力もあり、痛快!!
(今)自分で1円も(合法的には)稼いだ事が無いくせに、偉そうな事ばっかり言うな。

ユーザーID:6140987181
クレヨンしんちゃん
たこたこ
2008年3月17日 13:23

 私の場合は、クレヨンしんちゃんです。
自分が子供の頃に見ていたわけではありませんが、
娘が見て、単純に笑って様子を見ると、
受けている印象が違うのかなと思います。
 しんちゃんは、破天荒で小生意気で小憎らしいですが、
大人社会の構図を描いているなあと思う場面が結構あります。
人気のあるアニメって、やはり奥が深いかもしませんね。

それから前にレスされている方がいましたが、「雨にも負けず」です。
最後の「そんな人に私はなりたい」と一文で、
そうなりたかった、でもなりきれなかった思いというものも
織り込まれているのだろうか。と思わずにいられません。

ユーザーID:4889483197
ももさん、ありがとう
ワッフル
2008年3月17日 13:36

「小公女」の原作とアニメの違いという、
トピの主旨と少し違う内容を投稿してしまった私ですが
同意見の方がいて大変嬉しく思いました。

アニメが原作どおりならば、大人になって見返した時に
違和感を覚えることも無かったのでは・・・と思わずにいられません。

ユーザーID:2056722774
ハイジ ドラえもん ドラゴンボール
kei
2008年3月17日 18:45

◎ハイジ
 あんなに幼い頃日曜日が楽しみだったハイジは、大人になってから
 観てみると我儘でトラブルメーカー、けっして反省しない意固地さ。
 ロッテンマイヤーさんが本当に良い人で、お気の毒に思えました。

◎ドラえもん
 映画版はいいんだけど、テレビの方は嫌。のび太は努力もしないで、
 ドラえもん当てにしてばっかりで大ボラふき。しずかちゃんなんて
 女友達いないのか?男の子にちやほやされいい目ばっかり。
 絶対将来のび太とは結婚しようと思わないよ、普通。

◎ドラゴンボール
 これは只今子供が夢中になっているけど、どれほど強くなっても次から
 次へと強い人が出てくるって変。なんでもありって感じ。
 気が!気が!って・・・

大人になるって純粋にその世界に入られなくなって寂しい・・

ユーザーID:4320607338
私も
pipion
2008年3月17日 23:44

フィーさんと同じでエヴァのアスカが苦手でした。でも大人になってみると、アスカはとても感受性が強く、また、弱い自分を隠そうと必死に自己防衛をしていたようにも思います。後、ミサトさんが何かとおせっかいな人だなと思ってましたが、人に対してとても優しく気遣いができる素敵なお姉さんだと思いました。

後、耳をすませば。子供の頃は特に何も思わず見ていましたが、大人になって見ると、お前等中学生なのに何やってるの?何言ってるの?と白けてしまいました。

ユーザーID:0168067303
ドラえもんは思ったより深い
小夜香
2008年3月18日 9:45

ドラえもんの批判が結構出てますが、私は逆ですね〜。
子供の頃は、ただ道具のユニークさだけが面白かったですが
大人になって、昔のコミックを見直すと、節々で、
人間社会の深〜いとこを痛烈に皮肉ってるのを発見し、びっくりします。

例えば、友達がジャイアンに殴られてるのを目撃して、
ジャイアンに「悪いのはどっちだ!」って聞かれたのび太が、その場の空気で、
つい「ジャイアンは悪くない」と言ってしまい、後で落ち込むシーン。
「正義を守るにも、力がいるんだなぁ」とはその時の言葉。
これって、同じようなことが、大人社会、いや、国際問題にもありますよね。
こんな内容をさらっと読ませる藤子先生は偉大だ!

それから、藤子先生関連で「エスパー魔美」

中学生当時は、何の魅力も感じてなかった高畑くんが
大人目線で見ると、ものすごくイイ男じゃないですか!
頭はいいし、洞察力や推理力もある。人情にも熱い。家事も得意。

その魅力に全然気付いてないマミちゃん!
あんなイイ男、めったにいないぞ〜!って言いたくなります(笑)。

ユーザーID:6852484579
vocket 様
すなほ
2008年3月18日 10:56

奇面組。私も零くん、涼しげでいい感じの醤油顔に見えます。
悪くないと思います。。

同出演してるイケメン系の男の子の顔のほうが、古臭くみえますよ。
↑コレは勝手な解釈か(笑)

それに今思うと、零くん名前カッコイイよね。

イラストで思い出しましたが、
よく、主人公自身が自分がイケてないだとか、ライバル系の女の子がヒロインを
「そんなに可愛くないじゃん」とか「友達の方が彼とお似合いじゃない」と揶揄ってまして、
イラストを見る限り、そう大差もないし十二分にカワイイじゃんと矛盾を思った事が
沢山あります。

なんなんだ少女マンガ。

ユーザーID:2625520506
トムとジェリー
ドルーピー
2008年3月18日 12:04

子供の頃は、弱いはずのネズミがネコをやっつけるのが爽快で、
ひたすらジェリーを応援していました。

でも、大人になってみると、
「ああっ、そんなにトムをいじめないで。ジェリー、ヒドイ!!」
とハラハラしてしまうように。

また、子供の頃は考えもしませんでしたが、製作当時のアメリカ文化
なんかに目が行ったり、「面白い100%」だけでは見られなくなった、
というか。

とはいえ、今も大ファンで娘と一緒に楽しんで観ています。

一時期、暴力的シーンが云々と批判されたといううわさを聞いたことがありますが、
あそこまでナンセンスなアニメ、子供はきちんと漫画だと割り切って観ているものだと思いますけどね。

ユーザーID:0549412951
スラムダンク
りた
2008年3月18日 21:00

中学の時主人公の花道より流川君の方が女子には人気ありましたね。
ストーリーでもイケメンでモテ役だったし。
私の場合みんなと逆で
「あんなスカした男のどこがいいんだか」
と思ってました。

でも今読むとバスケをしてる流川君。
普段はスカしてるのにバスケには熱くなってる…。
そのギャップは確かにカッコイイかもと思い直しました。

余談ですが
最後に花道とバシっと手を交わした瞬間、奇跡を見てるような衝撃でした。
感動して泣いてしまいましたわ。
名作だよな〜〜〜〜。

でも一番のお気に入りはバスケには関係ない花道の友人
いつも試合で応援してた水戸君です。
男気を感じるので 笑

ユーザーID:7008187168
ママレード・ボーイ
sona
2008年3月19日 18:41

 周りですごく流行りましたし、私も好きな漫画でした。あの当時は、最後の「お前と生きていくためなら、なんだってやる!」に結構感動してしまったものです。

 しかし、今読むと・・・。仲良く、幸せの絶頂だった恋人同士が、実は兄妹かも!というシチュエーションが、韓国ドラマみたいだなぁと思います。

 要するに、後半のストーリーに乗れなくなってしまいました。年を取ったのかなぁ。でも、あの漫画家さんの画がキレイだと思います。

 「天使なんかじゃない」は、翠が「わたしのサンタクロースは晃だけだよ」と言った時に、「うわ、絶対無理」と思いました。私には言えないセリフです(笑)。

 にもかかわらず愛蔵版を買ってしまったのは、マミリンの「翠、今度こそ幸せになれるよね?」で毎回泣いてしまうからです。マミリン、いい子だなぁ〜。

 

ユーザーID:2827091870
マディソン郡の橋
aria
2008年3月20日 9:01

その当時、涙した、気持ちが分かると中年主婦層から受けていた実話ですが、
私が小説を読んで映画を見たのは新婚当時。
”結局ただの不倫じゃない、美化しすぎ”が感想でした。
13年後、2人の子供の母となった今、しっかり感情移入してます。
母であり妻であり続ける毎日、そのまま年を取り人生を終える前に
女であるこニを再認識しても、新しい人生を選べなかった主婦。
夫と子供が4日間、家を空けることにほっとしたとか、分かるな〜と。
私もふつうに幸せなんですけど。。。

ユーザーID:9396234528
野比のび太
ツォータン
2008年3月20日 10:24

のび太に対して厳しい女性の意見が多いようですが、私(男)の印象は子供の頃と今とはあまり変わっていません。

基本的にのび太は「根っからの善人」として描かれています。
気が弱く、ケンカも弱く、自信もない。
のび太を見て「これはオレだー!」と心の中で叫んだ男の子も多かったことでしょう。
のび太のこの「根っからの善人」さは、登場するすべてのキャラも認識している、という設定でもあるようで、ジャイアンやスネ夫たちが「のび太が○○するなんて珍しい」とビックリするシーンがたびたび描かれたりもしています。
しずかちゃんも幾度となくお風呂を覗かれていますが、きっと「のび太が悪意を持って覗くはずがない」という思いがあるから、嫌いになったりしないのだと思います。

そもそもドラえもんがのび太の所に来たのは、のび太が将来、大きな事をしでかす「はずの人」だからだと読者に予測させるような設定だったわけで、子供の頃ののび太を見て「将来結婚なんてあり得ない」と判断するのはちょっとナンセンスだと思います。

ユーザーID:3700978800
キャンディ
昔はイライザ
2008年3月20日 10:31

クラスの皆がキャンディが大好きだった小学生時代、実は、密かにキャンディには腹が立っていました。
意地悪キャラのイライザやフラニーが、キャンディにキツイ言葉を浴びせようものなら、嬉しくて鼻息荒くなりましたっけ。

ところが、30過ぎて読み直したら、、、

ただ、羨ましくて嫉妬してたんですね。
決して自分の境遇を悲観したり、人を恨んだり、妬んだりしないキャンディ。
イライザやフラニーの事も、昔は仲間感覚でしたが、今は心底、可哀想な人達だと思えます。

心がネガティブだと、やっぱり幸せになれないって実感した昨今、キャンディがいつも幸せになるのは当然なんだって納得させられました。

小学生ながらキャンディの良さを見抜いていた皆さん、心の奇麗な持ち主なのでしょうね。

ユーザーID:2300624133
るろうに剣心!携帯からの書き込み
アニメっ子
2008年3月22日 19:57

志々雄と由美の関係、特に最後志々雄が由美を犠牲にするシーン、子供の頃は理解できなかったんですが、今見るとちょっと感動しちゃいます・・・


あと、昔は左之助が好きでしたが、今は斎藤がかっこいいですね!

ユーザーID:6678658766
サウンド・オブ・ミュージック
おうし座
2008年3月22日 23:55

マリアの素敵な天真爛漫さが大好きでした。
心を開いていくトラップ大佐と子供たちの歌声も大好きでした。
包容力のある修道院長にあこがれていました。

けれど、今は、トラップ大佐といったん婚約した美人のエルザ男爵未亡人に
魅力を覚えるのです。以前は悪役としか思っていなかったのに。

彼女は幸せになりたかった。
子供たちとも打ち解けたかった。
けれど、家庭教師のマリアという女の子には勝てなかったのですね。
いくら自分が美人でも、社交界で優雅に振舞おうとも。
どれだけ悔しかったことでしょう・・・と。
決して悪い人ではなかったのだと。

ユーザーID:0496540595
平成狸合戦 ぽんぽこ
ぷよーる
2008年3月23日 4:03

公開当時中学生でしたが、劇場で観て何の感想も持てなかった「平成狸合戦ぽんぽこ」ですけど、
今思えば子どものためのアニメ映画じゃなかったんだと気づきました。

高畑さんの作品は身近に感じられるお話が多くて、大人になってからはたまに観たくなります。

ユーザーID:3943226011
エースをねらえ!
メモリ
2008年3月23日 14:39

ひろみに憧れて、学生時代はテニス部に入部したくらいです。

いま読み返すと…疑問符が
公立高校にお金持ちの生徒達。
テニスを始めて、たった3年でプロに驚かれる(天才すぎ!)
年齢不詳な登場人物達(笑)

と、憧れた気持ちが現実的な感想にかわりましたが
いまでも好きです。

ユーザーID:5940409854
小公女
みかん
2008年3月23日 16:32

アニメの小公女についてレスした皆さん、ぜひ映画の「リトル・プリンセス」をご覧になってください。

わたし、小公女って話が嫌いだったんですが、これ見て好きになりました。
(原作ファンは見ないほうがいいかも)

映画では、セーラがインドでのびのびと育ったことに焦点を当てています。
父の招集で突然、規律のきびしいイギリスの寄宿学校に預けられて…って話になってます。
外聞と管理が第一のミンチン先生と、自分を信じることと自由が第一のセーラの、対立が面白い。
このセーラは、原作やアニメと違い、ちょっと悪い子で生意気かもしれません。
召使になった後、ミンチン先生が「女性一人で生きていくためには、あなたのように甘えていてはいけない」と言うと、セーラが「自分が王女と信じたら、誰でも王女になれるの」と言い返したりします。
インド人がセーラを助けてくれるのも、同郷のよしみとイタズラっ気、って解釈もステキ。

映画の新解釈でいいなと思ったのは「若草物語」もそうですね。
ベスの死を悼むジョーが、幸せだったあのころを回想して書いた小説って設定なので、甘々の物語がほろ苦く感じます。

ユーザーID:8991878591
ご近所物語
K
2008年3月23日 18:59

小さい頃はご近所物語のバディ子が高飛車で嫌いでした。でも今読み返してみると彼女は彼女なりに良いヤツだったんだなぁと思います。きっと純粋すぎたのかなぁ…。

あとガンダムSEEDのラウ・ル・クルーゼ。彼は敵として認識されてたけど、でもクローンで自分が道具として生まれてきたのに対して、世界に対してどう思うのかな…と考えればやっぱり彼みたいな考えかたをしちゃうなぁと思いました。前はただの悪者だったけど、今はあまりにも彼は可哀想すぎたな…と思います。

ユーザーID:8824575613
ドラえもんとフランダースの犬
パーマン21号
2008年3月23日 19:13

ドラえもんが既にあがっていますが、私の場合はむしろあれだけ便利な道具を手にしても、最終的には必ずしものび太の思い描いた通りにはならなかった、という点が結構深いと感じています。例えば「この科学技術さえ実現すれば将来バラ色!」と思っても、実現して慣れっこになってみると、意外と世界は今と変わらないし生きやすくもならない、ということをうまく表現していると思います。またこれとは別に、ドラえもんが、C.S.ルイスの「ナルニア国物語」にヒントを得た?感じがするところがある、というのも大人になってからの感想です(どこでもドアなど)。
フランダースの犬のストーリーに関しては様々な意見があると思いますが、ネロ少年が見たかったルーベンスの絵(キリストの降架)を大人になってから図版で見た時に、あまりに物語とマッチしているように感じられて心が震えました。これがレンブラントの絵という設定だったら私にはピンとこなかったと思います。ルーベンス独特の限りなく優しく柔らかい筆に包み込まれるように描かれた、キリストと周りの人々の気高い苦しみと愛の表情。物語がこの絵画への最高の変奏曲・オマージュのような気がしたからです。

ユーザーID:0171970298
私も「風と共に去りぬ」
私も自己中
2008年3月23日 21:11

先日BSで映画を見直して、スカーレットとレットは自己中の同類でしかなく、
一緒になっても絶対心の平安は得られない事がわかりました。。

<スカーレット>
 昔:美しく、強い。でもわがまま。
 今:結局自分自身しか愛せない、究極に利己主義&自己中な人。

<レッド>
 昔:強引、勝手だけどかっこいい!スカーレットを心底愛しているのね。。
 今:スカーレットを愛している様に見えるが、やはりスカーレットと同類で
   自分が一番大事の自己中気質。
   
<メラニー>
 昔:病弱だけど優しくて強い人。
 今:優しすぎ、人間でき過ぎててどうも親しみがわかない・・。

<アシュレー>
 昔:印象なし。品が良いジェントルマン?
 今:単なるヘタレ&無力! なんでスカーレットやメラニーはこんな
   弱っちいのが好きなのか。個人的には全く魅力を感じません。

ユーザーID:6591219505
私も風共
nao
2008年3月23日 22:20

私も“風と共に去りぬ”です。大人になって読むと深いですね。

世間では“ラブストーリー”と思われがちですが、そんな単純な括りじゃないんですよね・・・。人の心がとても丹念に描かれていて、登場人物たちの悲哀が作者の経験そのものであるならば、なんてこの人は悲しい人生を送ったんだろうって、思います。

スカーレット。ただ素直に正直に頑張ってるだけなのに、歯を食いしばって誰よりも強く頑張っているのに、嫌われてしまう。正しいと思う道を歩いててきただけなのに、気がつけば孤独。その戸惑いと絶望は想像を絶するものがあります。・・・大人になって自分の身に降りかかってきた時、実感しました。

レット。すご〜〜くスカーレットのことが好きだったんだなぁということを、やっと理解できました/笑。スカーレットがバタバタしている姿が可愛くて、そして寂しかったんだろうなぁと思います。好きな人がすごく苦しんでいることが寂しい、そしてすべて一人で背負おうとしていることが寂しい。この人の報われない愛を思うと切ない。

フォンティン家のおばあ様。自身とスカーレットをソバに例えた彼女の言は、今も私の人生の指針です。

ユーザーID:5627571370
フランダースの犬
ねろ
2008年3月24日 12:46

アニメが好きで、映画も号泣しました。
子供の頃は「何でアロアのお父さんは、ネロと遊んじゃだめって言うんだろう。ネロが貧乏だからって、ヒドイなー」と思っていました。
でも、原作を読んでびっくり。ネロとアロアって16歳か17歳くらいなんですよ。アニメだと子供だけど。
お父さんは年頃の娘に近づく男を警戒していただけだったんですよね。

ネロだって、可哀想だけど、その年なら死ぬ前にもうちょっと何とかできたのでは・・・と思ってしまいます。

ユーザーID:0132225164
ハイジ 母を訪ねて三千里
マンサニージャ
2008年3月24日 17:30

大人になってから見た感想を書きます。

【アルプスの少女ハイジ】
●ロッテンマイヤーさんの熱心な仕事っぷりに感心すると共に、サラリーマンの悲哀も感じます。ハイジ奔放すぎ。クララのおばあ様とゼーゼマンさんも、彼女にしたら上司が勝手なこといいやがって…というところだろうなと。
●おばあ様の決断力が素晴らしい。
ハイジのおじいさんにクララを任せてしまう(そして角を立てずにロッテンマイヤーさんとクララを隔離する)あたりの行動も素早い。
さすが大事業をこなすゼーゼマン氏を育てた母だなと。
●おじいさんがステキ。頑固だけど、すごく素敵な男性ですよね。
ハイジ母が生まれるまでのラブロマンスをぜひ知りたい。

【母を訪ねて三千里】
大人になってからスペインや南米の人々との付き合いが出てきたのですが
マルコと病床の母の再会シーンを見ると、いくら病床とはいえラテンの女性、自分を訪ねて三千里旅してきた愛するわが子との再会があんなに静かに済むわけはなかろうと思えます。
(キスの嵐・神へのうるさいほどの感謝の言葉(絶叫系)は欠かせないかと。)
日本人向けだし仕方ないですが

ユーザーID:4830933432
ぼく地球。
すなほ
2008年3月25日 14:38

ムーンドリーム編の、紫苑と玉欄。

昔は紫苑同様、よいこちゃん演じる玉欄を一方的に毛嫌いしてましたが、
数年後一字一句きちんと読み返したら、自分に対して紫苑が冷たくあたる事に
怒りやもどかしさを感じていた彼に、共感・同情を得る事が出来ましたね。
その時は少し泣けてきました(笑)
玉欄も完全に紫苑をキライキライで生きてきたのではなかったのだから。

昔読んだ漫画、みなさんも探してもっと読み返してみませんか?

ユーザーID:2625520506
「火垂るの墓」について
ヒッチ
2008年3月25日 23:10

別の視点でまた違った発見ということですね。興味深いトピです。

見て泣きましたよ私も。でも、トピ主さんたちと同様の感覚を持っていて、このアニメのことをどうしても好きになれませんでした。
妹の痛々しい死は兄の身勝手な行動に起因しています。非常事態下とはいえ、些細な不満から親戚の保護を拒否し当然のように泥棒を繰り返す彼の行動には感情移入できません。そこには自分達だけよければという悪しき個人主義は垣間見えても、反戦のメッセージは伝わってこないのです。

子供を通じて表現するのは「禁じられた遊び」「ドイツ零年」「ライフ・イズ・ビューティフル」等の名作を挙げるまでもなく昔からの手法ですが、使い方を間違えると本作のように後味の悪さだけが残ってしまいます。

この作品のファンの皆さん気を悪くされたらごめんなさい。少数派の一意見だと聞き流してください。映画っていろんな見方ができるから素晴しいと思います。

ユーザーID:5562804920
巨人の星
topo
2008年3月26日 1:23

巨人の星はまだ出てないですよね?

子供の頃、花形はキザで鼻につく奴!、オズマは何と人間離れした怖い奴!と思い、
飛雄馬に感情移入して観ていたものです。

ところが大人になって久しぶりに見ると印象が変わってました。

花形は金持ちのボンボンなのに、あれだけ野球に打ち込み、ライバルと正々堂々と戦う
男らしい奴になっていました。
オズマは自分の肉体を極限まで高め、究極の勝負をする達人になりました。

不思議です。やはり自分が変わったのでしょうね。

※横ですが、「タイムボカン」については昔も今も、敵役トリオ(マージョ、グロッキー、ワルサー)
の方が好きです。たまには主人公がやられてもよいのではと思ってしまいます。
この傾向は「アンパンマン」でバイキンマンをつい応援してしまう今に通じています。(笑)

ユーザーID:5676806908
ドリトル先生
ポリネシア大好き
2008年3月26日 13:33

最近小学生の子に読み聞かせていて気がつきました。誰かに話したかったのでこの場を拝借します。

動物と言葉を交わすドリトル先生はその温かい人柄と相まってファンタジーの世界の人と判断されていますし、私も夢の家族のお話として子どもの頃に読んだ楽しい記憶がありました。

大人の目から見ると、ドリトル先生本人のスタンスはあくまでも博物学者・医師です。実証主義者、未知への好奇心、この科学者らしさが人種を越え、動物にも植物(!)にも分け隔て無く心を開きます。そして患者や支援が必要な人々に出会ったとき、先生は「私は医師である」ことと葛藤します。いくつかの巻で現れる先生の苦悩は子どもの頃は難しかったのですが、今は大変興味深く読みました。

先生の設定もすばらしいのですが、月と関わりを持つ3作は立派なSFで、作者ロフティングはもっと評価されていいと思います。当時の科学水準でわかっていることに見事に想像力の翼を広げています。宇宙空間は空気が無い等の困難をどのように乗り越えるか、現代から見ればナンセンスですが、苦しむ描写など明細を描いて別の世界を構築することに成功しました。

是非読み継がれて欲しい物語です。

ユーザーID:0350721892
火垂るの墓は
ふぉわふぉわ
2008年3月26日 14:34

原作とアニメではニュアンスが違います。
原作を読むと清太が理解できるかもしれません。ただ涙は出ないかも。

アニメは少しきれいに描き過ぎの感があるのです。子供だって常に純真無垢なわけじゃなく狡猾さや情けなさを持っているのに、その点が十分に描かれてないようでした。
アニメはとにかくお涙頂戴的で、私はアニメ業界の限界を感じました。
こんな理由で私はアニメ見ても涙はでません。

原作だと登場人物の狡さ弱さも書かれており、「ほら子供が可哀想でしょ」というような単純な反戦小説でないことが分かると思います。
私は原作の方が断然好きです。
(元々野坂作品が好きなこともありますが。)

ユーザーID:3615497292
「ハイジ」 と 「風と共に去りぬ」
うしし
2008年3月26日 14:43

べたべたな2作品ですが。

●「ハイジ」 先日、私が急性胃腸炎で水も飲めずに床に臥していた時、たまたま「クララが立つ」回の再放送を見ました。
 クララなりに頑張っているのに、周りから「今日は立てた?」「どうだった?」と言われ続けて可哀想を通り越して辛かったです。
 途中でおじいさんに気持をつぶけるシーンもあるけど、クララの辛さは理解されない。
 まあ、メインは「立てるようになったクララと友情」なんだけどね、確かに。

●「風と共に去りぬ」
 大人になって見てみると、売春宿の女将、が印象に残ります。
 彼女こそ、心からレット・バトラーを愛していた。そして自分の職業を自覚しての控え目な人生。それは今後も変わらない。
 誰にもくみ取って貰えない想い。
 メラニーは天使、スカーレットはワガママ女。といった分かりやすいキャラクター設定ではない。その複雑さに気づくまで
 私も時間がかかりました 凄い難しい役だと思います。
 レットも、アシュレーほど分かりやすくなく、複雑なキャラですよね。

ユーザーID:5602602856
ドラえもん(原作)
ヒース
2008年3月26日 14:59

オトナになって読んだらドラえもんの壊れっぷり(というかF先生の壊れっぷり?)がシュールで
子供の頃に読んだものとはまるで別のマンガのように楽しめました。
なので世間で不評(?)のアニメ新声は「心のこもってない感じ」がツボで意外と気に入ってます。

ユーザーID:8689180487
ドラゴンボールかな〜。
野菜大好き
2008年3月26日 15:17

最近、夫(27歳)と二人でドラゴンボールを見ています。
その中の登場人物の印象が子供の頃と変わりましたね〜。

■チチ■

昔(小学生)‥スパルタママで性格も口調もキツイし、訛ってるのがダサい。いつも悟飯のことばっかり心配してて悟空かわいそう〜。

現在(25歳既婚)‥子供の時からずっと悟空一筋ってすごいな!(尊敬)滅茶苦茶な夫に愛想を尽かさないで、夫不在でもちゃんと家族を守ってる。教育ママなのも、突き詰めると子供の将来のためなんだよなぁ。訛ってるのもなんか今聞くと素朴で可愛いかも(笑)

■悟空■

昔‥とにかく強くて、かっこいい!地球守っていて偉い!いつもニコニコしてて明るくっていいな〜。

現在‥働け〜。(汗)それだけ強ければ肉体労働とかボディガードとか。何も言わずにふらっと家から居なくなるな!チチ不憫すぎでしょ。あと、死んだり生き返ったりどんだけよ。(これは他の人もだけど)頭の中は修行と戦いばっかかい。もうちょっとそれ以外も考えて〜。

続く

ユーザーID:7759451560
ドラゴンボールかな〜。2
野菜大好き
2008年3月26日 15:28

■ベジータ■

昔‥いつもしかめっつらしてて怖い。口調も偉そうだし、態度も威張ってるし。無口で何考えてるか分からない。

現在‥怖くない。口調も態度も良くないけど、これってこの人の個性なのかな。いつも『ま、いっか』で済ます悟空より、打てばきちんと響くタイプ。戦闘以外のことも色々考えていそう。意外に家族サービスもしてくれそうな感じ。

それ以外には蛍の墓ですかね。子供の頃は、清太はただただ可愛そうな子で、おばさんが悪者だと思っていたけど、今見ると『清太もうちょっとなんとかできないかな。』って印象を持ちました。(でも14歳じゃ微妙かな〜?)
  

ユーザーID:7759451560
蜘蛛の糸
すーーさん
2008年3月26日 20:29

最近、なぜか気になって読み直したところ、こんなイメージに変わりました。
タイムリーなトピに便乗させていただきます。

<蜘蛛の糸>
昔:極悪人かん陀多(かんだた)のエゴイズム。
今:御釈迦様の単なるきまぐれ。

<杜子春>
昔:恵まれない杜子春と仙人との心温まる物語。
今:杜子春は3回も放蕩して破産したバカ青年、でも最後はハッピーエンド。

ユーザーID:8515126309
ダース・ベイダー
シーポン
2008年4月2日 23:16

映画ですがいいでしょうか?
スターウォーズのダース・ベイダー。
中学生の頃に第1作目を見たときには単に極悪非道の悪役だったわけですが、
「エピソード1〜3」が出て話が変わりました。
第1作「新たなる希望」を見ても、ダース・ベイダーがルークを殺そうとする
皇帝から息子を守ろうとしているのが分かる!その気持ちを皇帝から隠しつつ、
息子とコミュニケーション取ろうとする不器用な父親。
(レイア姫を拷問したりするけど、彼女が娘だと言うのは知らなかったので
仕方ないのです。)
スターウォーズはルークが主人公ののヒーロー話ではなく、ダース・ベイダーの
一生を描いた映画でした。

ユーザーID:5987508950
にんじん
太陽
2008年4月3日 15:36

子供向けに編集された物でなく、原作に近い物を読むと
感想は全く違うものになると思います。
ピーターパンなども原作に近いものだとまた違った印象を
だったと思います。

火垂るの墓は年代によって見方は変わるでしょうね。
自分の子供を食べさせる為には、甥や姪は切り捨てなければ
生きていけない。こうゆう極限は子供を持つ親なら理解できる
部分だと思います。(綺麗ごとだけでは生きていけないってね)

ユーザーID:1005168364
ガンダムのブライトさん
たけのこ
2008年4月15日 12:44

ダンダムのブライト・ノアの印象が変わりましたね。

幼少の頃は、すごく大人で皆を統率し、すごい人なんだ!と思っていました。アムロやシャアに目を奪われていたんでしょうね。

大人になった今は、ブライトさんの処々の対応に泣きそうになります。特に、南米のジャブロー基地で「ホワイトベースが目立ちすぎるから、逆におとりにしてしまおう」という作戦会議に出席した時。物語の設定では、若干20才かそこらで、まだ少年か?青年か?という狭間の年齢。なのに自分の船を捨て駒にするという判断をしなければならなかった。20才の子供にその判断は厳しすぎると、涙が出そうになりました。

ユーザーID:1128924744
EVEさ〜ん
うしし
2008年4月15日 21:00

EVEさん3月(11日 14:19 )の「キャンディキャンディ」論には、大きくうなづかされます。
私がモヤモヤしてたことを上手にまとめて下さいました!

確かに、「ウイリアムの命令です」と、お伯母様からニールとの婚約を告げられた時
「私は物じゃない、こんな風に簡単にやり取りして欲しくない!」と、ジョルジュに泣きつきますが
え?「大富豪の養女になったことは?」と、子供心にも納得できないものがありますね。

ユーザーID:5602602856
私はふじぎの海のナディア
ひろまさ
2008年5月15日 15:34

放送してるときはナディアと同い年でナディアがジャンにわがままばかりいってるし強情だし大嫌いでした。

でも今みるとナディアの生い立ちなどを考えるしかたないと思うようになりました。そしてナディアがととってもかわいい!と思う様になりました。

それから、ロッテンマイヤーさんについては立派な人だと思います。
自分の仕事をキチンとこなしてる。損な役回りで気の毒。

なんて素敵にジャパネスクの瑠璃姫について昔はモテてうらやましい。
と思ってたけど、今ではわがまますぎる。自分で働いたこともないくせによく親にあんだけ反抗できるよね。と思うようになりました。

ユーザーID:1582558030
タッチ
えす
2008年5月16日 16:07

大人になって、南が初めから達也のことを好きだったことがわかりました。
南は達也の優しさを知っていたんですよね。
達也は和也のために、ダメ兄貴を演じていたんですよね。
和也は全部知ってたけど、それでも南を諦められなかったんですよね。
子どもの頃は何一つわかっていませんでした…
タッチは大人になってから読むマンガだったんだなーと一人で納得して、今さらハマっています。

ユーザーID:7847629441
私もドラゴンボールです
チョコラータ
2008年5月16日 20:56

 大人になって「いわゆるオトナ買い」しちゃいました。おもしろいなあー。私はコミックの方がスキです。白黒で静止画(あたりまえ)なのに、生き生きしてるのは何でだろう。

さて、大人になって一番考えの変わったところは、ミスターサタンを許せるようになったところです。放送当時は、実力不足のお荷物キャラだと思っていたのに(しかもかっこよくない)コミックを読み返したら…子犬と仲良くなった魔人ブウを爆破できない辺りからどんどん「人情キャラ」へ。べジータを助けるあたりなんかは「よくやったーーー!」みたいな(笑)。
あ、でもヤジロベーは特に感想変わらないです(笑)。

ユーザーID:3031640195
いっぱいあります
おばはん
2008年5月17日 0:08

一休さん
幼少時
一休さんて頭いいなぁ〜。
現在
なんて悪知恵の働く子供なんだ!

ガンバの大冒険
幼少時
いまいち、ストーリーが把握できない。面白くない。
現在
これって、こんなにシビアなアニメだったの?究極の選択じゃない?!

他にも「リボンの騎士」やジャングル大帝などがありますが、大人になった目線で見ると手塚アニメは名作と思います。
この前、放送されてた「カリオストロの城」も久しぶりに見て、宮崎アニメのストーリーの奥深さに驚きました。

あと、関係ないのですが、昔のアニメのほうがセンスがいいな、と感じてしまいます。

ユーザーID:3889280600
私もサザエさん
beam
2008年5月17日 16:47

子供の時はサザエさん一家のほのぼのした感じが好きでVを見ていました。漫画本も買うほど好きでした。

大人になってから見たら「家事は女がするもの、男は仕事で外から帰ってきたら家でふんぞりかえって何もしない、お手伝いも女の子がするもの」というような封建時代の男尊女卑な思想があまりにも当たり前に自然に描かれていて、TVを見るのがイヤになりました。原作が書かれた頃の時代がそうだったから仕方ないのでしょうけどね。

ユーザーID:9151165599
魔法使いサリー
2008年5月18日 1:09

今ケーブルで再放送を見ています。
昔はカブがあまり好きではなかったのですが、今見るととってもかわいい!サリーが結構カブのことパシリ扱いしてるのにも、昔は気がつきませんでした。

サリーちゃんは小学生なのに、自動車を運転してるシーンもあって、びっくりです。これも子供のときはまったく疑問に感じてなかったですね。

ユーザーID:1867299344
『アンの愛情』
ふゆ
2008年5月18日 1:34

昔は、ギルバートへの自分の気持ちに気づかないで、プロポーズを断り、ロイと付き合いながらギルバートの相手に嫉妬してるアンに、なんてバカなの、とイライラして憤っていました。

でも、当時の倍近く年を取って、昔を振り返ってみると、自分がアンなどよりはるかにバカだった(自分が見えていなかった)ことをつくづく実感。恥じ入りました。さすがモンゴメリ、若さの愚かさをよく知ってらっしゃる。

モンゴメリ、昔から好きだったけど今はもっと好きです。オルコットは昔からあの説教くささが耐えられなかったのですが、今読んだらどうかなあ。『八人のいとこ』とか、当時一番好きだったチャーリーをなぜ○○した!と怒りに燃えた記憶があります。続若草…もそうでしたが、ヒロインの恋愛の結果にがっかりしませんでしたか? これもいつか感想変わるのかしら。。

ユーザーID:1572701029
エヴァンゲリオン…
みーひょん
2008年5月18日 2:03

リアルタイムで見てたのは中学の時だったかな〜?友達に面白いからって勧められて見たんですが、どうしてあんなに夢中になったのか…。
最近、一気に見直して見て、『なんやねん、コレ…』とボーゼン。
出てくるキャラ全部、大人じゃないんだもん。ビックリしちゃいました。
みーんな、自分の都合、すべて他力本願…。
あんなにヘタレな主人公(シンジくん)にイライラして『大ッキライ!!』って思ってたのに、『みんなに振り回されて可哀想過ぎるやん(涙)』と同情の涙…。
私も大人になったってことでしょうか???

ユーザーID:2382629189
走れメロス
さのすけ
2008年5月18日 10:56

小学生のころ、教科書に載っていた『走れメロス』

これでもかと襲ってくる困難に立ち向かい、約束を守ったメロスに拍手喝采でした。

もう、学生ですらなくなって○十年、「『メロスは激怒した。』って?ふざけるな〜!身の程をわきまえず王様に進言したあげく親友を差し出して、あまつさえ途中で昼寝なんかしやがって〜〜!っていうか、これじゃ『走れメロス』じゃなくて、『耐えろセリヌンティウス』だろうが〜〜〜!」

本に出会う時期って、やっぱり大切ですね♪

ユーザーID:3380137608
漫画ってそんなものだと思いますよ
シルク
2008年5月18日 13:44

夢があるのが漫画の良い所ですし、考えられない事が漫画な訳です。
心底リアリティを追求したら現実過ぎてつまらないですし。
だから多少「え?」って感じる不具合が招じるのかも。

私はどちらかといえばプラス目線で見れるようになった作品がありました。
クレヨンしんちゃんのみさえというキャラクターの気持ちが解るようになった気がします。なので、余計に面白く感じました。
どんなに頑張ってもしんのすけという存在の性格を変える事は出来ない。
いやー、実に、野原家は大変なんだなぁと考える事が出来ました。
だからちょっとしんちゃんの行動に目につく事があるけど、面白いです。

ユーザーID:5945600819
サザエさん携帯からの書き込み
うーん
2008年5月18日 22:40

私もサザエさんなんですが、beamさんとは逆で、磯野家には専業主婦が2人もいる必要があるのかと思ってます。昼間はサザエさんとフネさん、タラちゃんの3人しかいないんだからサザエさんもパートにでも行けばいいのになーと、思ってしまいます。
サザエさんというのは、キャリア思考に女性には古臭い家庭像なんでしょうが、専業主婦を希望する女性には理想の家族なんでしょうね。
ちなみに家庭では威厳のある波平さんは、会社では特に役職に着いてるわけでもなく、冴えないオジサンと二人きり向かい合わせの机に座っている様子からもしかして窓際族なのかなと、サラリーマンの悲哀を勝手に感じてます。

ユーザーID:7633732016
火の鳥とブラックジャック。
mik
2008年5月19日 2:30

小さい頃、連載中のブラックジャックを読んで、内臓がバーン!ってシーンにひぇ〜〜!(泣)となり、そのページを触るのも怖かったです(笑)。
大きくなってから改めて読んで「ええ話や・・・(涙)」とウルウルする話も沢山あって、感動しました。
でもこれ、当然の反応みたいです。秋田書店出版のブラックジャック、初めは”恐怖コミックス”って書いてありますもん。3巻あたり?から”ヒューマン・コミックス”に変わってて、方向変換したんだな、と・・・。

あと、火の鳥。子供の頃は難しくって難しくって。キラキラ光る不死鳥が出てくるお話、という印象。
大学入ってから人に借りて読み、衝撃を受けました。す、すごい、なんて偉大な作品なんだ!!!って。特に未来編のガイア理論みたいな考えが表現されているところなんて、時代を先取りです。だって書かれたのは30代後半のアタシが生まれるより前(1960年代)ですが、ガイア理論が世に出てきたのは1990年代になってから。

すごいな〜〜〜〜、と思います。

ああ、熱く語ってしまった・・・・・・

ユーザーID:6955227400
ベルバラのフェルゼン
さや
2008年5月19日 10:16

子供のころは美しいマリーに愛されているフェルゼンが特別に
素敵な人に見えて好きでした。

が、先日アニメをみる機会があったのですが

オルカルからアントワネットにフェルゼンから注意して
ほしいと言う話があったとき

「アントワネットさまが美しすぎて何もいえなくなるんだ」

はあ?・・・。

アンタね、好きな女が浪費して国庫圧迫して民衆に毛嫌いされて
るんだよ?好きならガツーンとひとこと言ってやれよ?!
アンタさえしっかりしてたらフランス革命なかったかもよ?!

「このへタレが!」

とかちょっと大げさにテレビの前で独り言いっちゃいました。

ユーザーID:0153158744
機動警察パトレイバー
Gkijin
2008年5月19日 11:50

の漫画版の方は面白いですよ。
ロボットものなのに、4巻分位ほとんど戦いをせずに、ずっと隊員間
のギクシャクした関係を描いている部分があるのです。
子供のころはさっぱり理解できなかったのですが、大人になってそういう
人間関係の機微がわかるようになると俄然面白くなります。

この作者の次回作、「じゃじゃ馬グルーミングup」は、エリート進学校の
高校生が牧場の魅力に見せられて、競走馬を育てる牧場の一員となる話なのですが、
まさにこういう人間関係や家族の話がメインになってきています。
とても少年誌に乗のっていたとはおもえない(笑)

ユーザーID:5760019825
マカロニほうれん荘
きんどーちゃん
2008年5月19日 12:58

知らない人が多いかもしれません。

とにかく、当時毎週楽しみで、むさぼるように読んでいました。

最近、読む機会があったのですが、
当時の勢いがまったく蘇らない!!

え?こんなので(失礼!)笑ってたの私っ??
ってかんじ。

笑いのツボがかわったのでしょうか。
時代を感じる漫画でした〜。

ユーザーID:7748186152
東京ラブストーリー!!
グリーン
2008年5月19日 12:58

小学生のとき最終回、リカがハンカチを残して駅を去ったとき号泣で里美が憎かったです。
中学生で再放送を見たときも同じ感想。
でも高校生になって再放送をみたらリカがただの自分勝手に思えてしらけてしまいました。里美のほうがよっぽど現実的だと…。

だけど大人になって真剣に好きな人が現れてからまた再放送を見たときは
リカの気持ちになって泣いてしまいました。
今見たらまた感想が変わるかも?

ユーザーID:5203664104
ティファニーで朝食を
目玉焼き丼
2008年5月19日 13:10

見た限りではまだ出てないので投稿します。

「ティファニーで朝食を」は映画と原作のラストが全く違います。
映画→主人公は本当の幸せとは何かに気づき、恋人と結ばれる
原作→主人公は愛する人を置き去りにアフリカ(?)かどこかへ行ってしまう。

大学生の時は好きな彼と自分の関係を投影し、
「やっぱり愛する人と一緒にいるのが一番よね」
と思っていましたが、
その愛する人と結婚し、子供も生まれた今、
あらゆるものから解き放たれたい、
自由になりたいと思うことがあります。

たとえそれが愛する者からの束縛であっても
解き放たれたい、
全てを失ってもいいから自由になりたい、
そうしなければ得られない自由がある、
ということに気がつきました。

ユーザーID:3934421885
おもひでぽろぽろ
ReBirTh
2008年5月19日 13:11

公開当時は映画館まで観に行きましたが、
つまらないことつまらないこと。

ですが最近になって観直してみると、自分と重なる部分が多くて。

何度も観返したくなります。

ユーザーID:6920365594
「あしたのジョー」かな
のりちゃん
2008年5月19日 18:15

まわりの子達が少女漫画にはまる中、
私は一人「あしたのジョー派」でした。
当時話のあう女の子がいなくて辛かったですねー。

ボクシングなんて見たことなかったけど
あのジョーのサラリとかっこいい所にベタ惚れでした。
初恋と言っても過言ではないかも…。

しかし大人になって再び見てみると、普通のボクシングで
あそこまで殴りあいになるものなのか?と言う事に気づき
冷めました。体が中に浮くほど殴られたり、普通に考えたら
ありえない動きがたくさんあります。ギャグ漫画でもないのに…。

しかもジョーがホセとの戦いのため、最後のリングにあがる際
葉子が泣きながら「私のためにリングに上がらないで」と
訴えるシーンもうるうるしながら見ていましたが、今思うと

「あなた何様!?」

個人的に私はジョーには最後“のりちゃん”と結ばれて欲しかった。
というのも私の名前が“のりこ”なので…。

それなのによりによって西と結ばれてしまうとは…。
子供心に立ち直れなかったのを覚えています。

ユーザーID:9277371807
源氏物語:最低男と最高の悪女
古本屋小町
2008年5月19日 18:56

高校時代の古文の先生は、源氏物語の世界が大好きな、「更級日記の作者かあなたは」という感じの女性でした。現時に描かれた雅の世界がいかに素晴らしいか、熱っぽく語ってくれました。
生徒であったとしては、「テストに出るとこだけ解説してくれればいいから!」という気分でしたが。

大人になって「源氏」をさまざまな現代約バージョンで読み、さらに原文対訳を読んで、「……この話は2サスか?」と思わずにはいられませんでした。

光源氏。自分の若い妻(しかも特に愛しているわけじゃない)と密通した若い男をいびり倒すいやらしさが我慢できません。自分は若い頃、まったく同じ罪を、実の父親に対して(そのぶん罪は重い)犯したくせに。「可愛そうな自分」という幻想に酔い痴れているだけの、最低の男です。

藤壺中宮。権力者の後妻に入り、義理の息子と密通し、その不義の子をまんまと権力者の跡継ぎにしてしまうしたたかさ。2サスなら最高の悪女でしょう。正直、光源氏ごときには扱えない器ですね。

そして今、私の中で「源氏」の最高の男は桐壺帝です。
あの度量、桐壺更衣への純情さ、すてきです。見習え最低息子。

ユーザーID:8965263061
サザエさんのジンロクさん
709
2008年5月19日 19:19

サザエさんのお隣さんのジンロクさんです。

有名小説家の息子、只今浪人中、お姉さんは美人ときたら、

土曜サスペンス劇場なら、オープニングで血だらけの包丁をもって登場し、「有名小説家殺人事件、ニートと厳格な父親の争いの果てに」
なんてタイトルでしょうか?
犯人は美人のお姉さんの「ウキエ」さんですけど。なんちって!

こんな風に考えると、世の中及び自分も含めて荒んでるなと思います。

サザエさん家は、日本の理想だったんだと考えます。
家に一人ぐらい、脱落者(ニート=ジンロクさん)がいたって、
それを許容する社会、家庭を目指していたんと思います。

ジンロクさんが現在に実在したら、
簡単に使うのはなんですが、格差社会の結果、

ジンロクさん家は裕福であっても、世間体から脱落者だから、
家庭内の脱落者は重荷になって、脱落者は攻撃され、脱落者が被害者になるか、その反撃あう。

サザエさんの家は、
浪人生がいない家だらか、自分の家が幸せだとも思わず、
有名小説家がいない家だから、自分の家が不幸だとも思っていません。
サザエさんの町もジンロクさんを排除しません。

ユーザーID:3811378927
私もタッチ
桃太郎
2008年5月19日 21:20

子供の頃は南ちゃんみたいな女の子になりたい!って憧れていましたが、
今見てみると自分のことを名前で呼んでたりして、イタイ子だなーと思います。女友達が少なそうな。

ユーザーID:0511179592
怪盗ルパンです
生どら
2008年5月19日 22:33

ルパン三世ではなくて、原作の小説のルパンです
小学生のときは「なんてかっこいいんだ!」と思って、むさぼるように何度も何度も読んでいましたが、社会人になって久しぶりに読んでみたら、なんとまあ自意識過剰で鼻持ちならない性格が気に障って読み続けられませんでした
変われば変わるもんだなぁと自分で驚きました

ユーザーID:9926580855
「毒」への許容
秋茄子
2008年5月19日 22:39

●タイムボカンシリーズの悪役
普通に主人公達を応援してましたけど、今思うとなんてチャーミングな敵役だろう。エンディングにしたって・・・
「♪俺たち天才♪ウンウン♪あったまいいぞ♪ウンウン♪」
あったま悪そー(笑)なんてチャーミングな歌なんだ!

●名香智子「PARTNER」
なんて分別がなくて身勝手な連中だ → 自分に正直で人間くさい人たちだ

●「花より男子」のつくし
いい子だな → はっきりしろよ!

●「なんて素敵にジャパネスク」の瑠璃姫
我侭で面倒臭くてはた迷惑な女 → 人のためにあれだけ行動できるのはたいしたもんだ。

●「クレヨンしんちゃん」
むかつくガキだ → おもしろい奴

●「大脱走」スティーブン・マックイーン
結局捕まってしまって残念なラスト → 捕まった後、独房の壁相手にいつものようにキャッチボールする様が、まだまだ脱走をあきらめてないのが伺えてワクワクするラスト

●「七人の侍」
侍達の英雄憚だと思ったけど、何度も見ているうちに、地を這って生きている百姓達を賛美するテーマが大前提として存在していることがわかった。

ユーザーID:9338747324
のび太の恐竜
わお
2008年5月19日 23:08

見栄の為に飼い始めた動物が大きくなって手に負えなくなったから
捨ててしまうという話だったことに気がつきました。

ユーザーID:4914726335
はみだしっこ
はるるん
2008年5月20日 1:21

大人になって再読したとき、作者の自己陶酔っぷりが鼻につき、最後までよめませんでした。純粋に話に没頭できなくなるくらい、年いっちゃたのでしょうね。

ユーザーID:6127096693
ベルサイユのバラ
Suzu
2008年5月20日 2:24

子供の頃は普通に楽しんでいましたが、今にして思えば
超エリートのキャリアウーマンが
男社会で恋や仕事に悩む話、とも取れます。
一流企業では部下も従ってくれたものの、
左遷(フランス衛兵隊の隊長)され、現場から
「女なんかに従えるか」と反発されたり。

少しトピの趣旨とはずれますが、「はいからさんが通る」の紅緒が、
せっかく忍と再会できたのに、
「婚約者がいながらそれにあるまじき行為は許せません」とラリサに言って身を引きますよね(それは口実ですが)。
最近になって「つまり忍とラリサは……という意味だったんだな」と気づきました。

ユーザーID:8458458988
同じく、マディソン郡の橋
ミュウ
2008年5月20日 7:07

映画公開当時、とてもいい映画だという評判を聞き、内容も知らず独身の友達同士で観に行きました。
幸せに暮らしてるのにフラッとやってきた人と関係をもってしまう主人公の気持ちに共感できず
会社の先輩の「ただの不倫映画だよね」って言葉に、あ〜そうかもって思ったりしました。

主人公の状況に近い今、気持ちがよくわかります。
また観たいと思う映画です。

ユーザーID:9661433557
幽遊白書携帯からの書き込み
みかみん
2008年5月20日 13:01

当時は何の思いもなく、敵をやっつける漫画と思ってましたが、敵と思われた奴は実はいい人というか可哀想な人ばかりで、心にずぅんときました。
戸愚呂・弟も仙水も純粋で真っ直ぐ過ぎた故に、ああいう道に行ってしまったかというと・・・。
また魔界の扉編での能力者達の御手洗や天沼、幽助達に力を貸した人達は結局、普通の少年でしたよね。
そして、実は幽助が敵と思っていた種族で、段々とそっちよりの性格になっていったり、今まで味方と思っていた機関に敵が操られ人間に悪事を働いていたり、と正義ってたんだろう、と思わせてくれる作品だと思いました。

しかし、今読むと桑原は本当にいい男だなー。努力家で優しくて慕ってくれる友人もいて猫好きで。初登場が14歳とは思えない風貌だけど。

ユーザーID:4969767083
耳をすませば
まやや
2008年5月20日 13:51

どなたかも書いてましたが、耳をすませば。

公開当時、しずくより数個上の年齢だったんですが、彼女の主張がすごくよくわかって、どうしても今じゃなきゃダメなことがあるの!そうそう、そうなんだよね〜!大人ってぜんぜんわかってくれないんだ!
と思ってたんですが、先日テレビ放送をみて、「何バカなこと言ってんのこの子は!」と、しずくのどこにも共感できない自分に驚きました。


あと、Vガンダム。
当時はカテジナさんが本当にただの怖い、おかしい人だと思っていたんですが、今になって見返してみると、なんて悲しい人なんだろうと思えます。
好きになった男は、そばに居てくれるのに自分のことを見ようともしない。あまつさえ、最期は自分の事じゃなく、彼の姉の事を想いながら死んでいく。
可哀想で悲しい女性だな、と思って、今ではカテジナさんが一番好きです。

ユーザーID:6529427519
あしたのジョーきましたね〜
るび
2008年5月20日 20:37

最近アニメをみてるんですが、段平さんのめそめそネガティブ発言の多さにびっくりしています。
おっちゃん、もっと希望を持って生きようよ!

あと、力石って何歳なんですか?? 
少年院に入ってた頃は、少なくとも10代なんですよね。
どう見ても20代後半にしか見えないんですが。。

ユーザーID:3381173920
ナルニアと新井素子
アポストロフィー
2008年5月21日 13:08

面白いですねー。なるほどと思わせられるご意見が多いです。確かに「星の瞳の〜」や「ぼく地球」は、今読んだら日野くんや真理子、玉欄や迅八に共感できそう!

で、私が感想が変わったのは、ナルニアのラストです。ネタバレですが、主人公達が現世では列車事故で命を失いナルニアにて生まれ変わるとのラスト、当時から一抹の引っ掛かりを覚えていましたが、もう今は、子供3人をいっぺんに失ったぺペンシー家のお父さんお母さんが可哀想で悶々としちゃいます。スーザンだって、いくら軽薄になっちゃったからって、兄弟の中で一人だけ生き残っちゃって可哀想・・・

あと、新井素子の初期作品。高校生の頃はなんて面白いんだ!って思ってましたが、今読むとさすがに荒さと若さが目に付き文体も鼻につきますね。でも面白いけど。

あと、ほたるの墓の清太働け!説を批判してる方いらっしゃいますが、こういう話題は過去の作品を現代の枠組みであーだこーだ言うところに楽しみおかしみがあるし、トピ主さん達の視点、私は面白い!と思うんですね。なのでまあ、ちょっと大目に見ていただければ、と思います。

ユーザーID:1772896543
ドラゴンクエスト−アベル伝説−(アニメです)
PAPUWA
2008年5月27日 0:40

バラモスさま〜、バラモスさま〜とがんばって仕えていたムーア。
最後は竜の炎から身を守ろうとしたバラモスに身体をがらんじめにされ、盾にされて亡くなりました。
その時の台詞が
「あんまりだ・・・あんなにお仕えしましたのに・・・・バラモスさまぁ〜!!!!」

小学校4年生→ひ、ひどい・・・
今→サラリーマン・・・・

ユーザーID:5429157260
そうかと思う事がたくさんありますね
なるほど
2008年5月27日 12:39

 このトピおもしろいです。
 ナルニアで私も引っかかっていたのですけど。あの時代、亡くなる子どもは多かったですね。あれは、アスランの優しさではないかと思いました。むしろ、残された家族があの物語を読むのですから。
 事故は、故意か偶然か?日本人的には、偶然の事故に便乗してあの子ども達をナルニアに連れて来て、さらに永遠の王国へ導いた。だから、残った家族は悲嘆に暮れてばかりいないで、頑張って生きていってくれ、というメッセージになるのでは?でないと、アスランに会えない普通の人達は、取り残されてあの戦後を生きないといけないのですから。それはどういう苦行かと思っていました。
 生き抜くという意味では、火垂るは、今でも少し釈然としません。でも、もはや過ぎ去りし事、それをそれとして受け止めざるを得ないのではないかと思います。昔は嫌いでしたし、もはや見ませんが。
 はみだしっこ、今ではあんな生き方は長生きできなくて当たり前だ、と思っています。でも、恥ずかしながら、レスする時の、論旨に応用してディベートに勝ちに行っています。
 生きるということは大変で、大事な事だと思います。

ユーザーID:9838601538
責めて悪かったよ、メロス……
マラソン小町
2008年5月27日 16:10

太宰治の「走れメロス」。

若い頃は「途中で寝るな、根性なし!」と思っていました。
最近、大人になったからというより、初めてハーフマラソンを走ってみて、メロスの気持ちがわかりました。
体力の限界を超えると、辛くて、苦しくて、眠くなって、だんだん走っている自分がばかばかしくなってきちゃうんですよ。メロスと同じように、「どうとも、勝手にするがよい」と言ってひっくり返りたくなりました。あのあたりの描写は、「太宰はマラソン経験者か?」と思うほど、真に迫っていると思います。

ついでに言うと、苦しさを通り越すといわゆるランナーズ・ハイになって気分が高揚してくるのですが、最後のセリヌンティウスとの再会のあたりは、メロスはまさにハイになっていると思われます(笑)

ユーザーID:8965263061
どのレスもおもしろい♪
エリンギ
2008年5月28日 14:18

昔嫌いだったけど見直したというキャラクターは
「キャンディ・キャンディ」のキャンディ:
その明るさがうっとおしくて押し付けがましい→けなげでえらい。なかなかこうできるもんじゃないな
「ベルばら」のアントワネット:
バカかお前は?自分の立場を自覚しろ→愛情溢れる人だったんだな。ただ気の毒。
「クレイマーvs.クレイマー」の妻:
ワガママ→色々あったんだろうな

逆に、昔好きだったけど今はちょっと、というキャラクターは
「源氏物語」の六条御息所:
こういうどうにもならなさってわかる→相手が逃げたくなる気持ちもわかる
桐壺帝:
なんか情けない→尊敬
「キャンディ・キャンディ」のフラニーや「アグネス白書」の朝衣:
苦手部分がまったく同じで共感→コンプレックスで勝手に嫌われても、相手は迷惑だよね
「クレイマーvs.クレイマー」の夫:
いいお父さん→人の話を聞かない感じ

一貫して好きなのが、「生徒諸君」の舞ちゃんや「源氏」の紫の上、朧月夜、一貫して嫌いなのが「生徒諸君」のナッキーです(笑)(キャンディと同じようなキャラなのに、なぜか今でもダメだ)

ユーザーID:1209706016
銀英伝
ふぁんとま
2008年5月30日 21:14

長じるにつれて、「銀河英雄伝説」の一方の主人公ヤン・ウェンリーが嫌いに…と言うか、彼の考え方が嫌になってきました。
国(会社)が敵国(同業他社)と生き残りを賭けた戦いをしている時に、
「僕はそんな事とは無関係でいたいんです。タダで好きなことができると思って入社しただけなんで」
っておい(笑)。

で、自分はタダ(→税金)で好きな勉強しようとした癖に、官舎の清掃業者がいい加減な仕事をしていたら「戦争の負担が社会資本の云々」と戦争の愚かしさについて語る。
だったらもっと必死に仕事しようよ。君にはそのための手段も才能も与えられてるんだからさぁ・・・

現実にこういう奴が居たら、確実に小町でトピ立ってる気が。

「組織」というものを意識しない、したくない、しなくても許される学生だったからこそ好きになれたのかなぁ・・・

ユーザーID:9492807242
う〜ん?
mayu
2008年6月1日 11:14

銀英伝についてですが。

およそ150年くらいでしたっけ?
続いていた戦争ですが。
少なくともヤンのおかげでイゼルローンをとるまでは、いつ果てるともしれないお遊び(政府にとっては)の戦争だったと思います。
戦場で戦う人間にとっては命がけですけどね。

生き残りをかけた戦いではなかったです。
あとになってみれば、確かに生き残りをかけた戦いになってますし、そのときはヤンはヤンにできる精一杯のことをしてます。

政府の、民主主義のために、正義のためにみたいな自己陶酔的な考えのためにいったい同盟のどれだけの人間が死んだのか。
無意味な戦争ですよね。
そんな戦争に無関係でいたいという気持ちはわかりますけど。

なんでそんな政府のやつらの道具になって命がけにならなければならないのか。

私は、ヤンは今も昔も好きです。


すみません。
横レスで、トピズレですね。

まあ、こんな考えもあるってことで。(汗)


昔好きだったけど、嫌いになったキャラ。
う〜ん。

有閑倶楽部でしょうか。
昔はすごく好きだったんですけどね。

ユーザーID:3259374238
馬鹿笑いがとまりません!!!
ワライご飯
2008年6月3日 18:29

このトピ面白すぎて、事務所に人がいる時は読めません。

一人の時 こっそり開き声なく肩を震わせ、顔は真っ赤・悶絶・酸欠になりながら読んでます。

ユーザーID:4775987118
火垂るの墓について
ツライ
2008年6月6日 19:42

火垂るの墓はアニメしか観ていませんが、変わらず泣けますね。やるせないです。清太について厳しい意見が結構あるみたいですが、確かにちょっとお坊ちゃん気質で甘ったれですよね。でも、焼け爛れて見た目ではそれと分からないほどに変わり果てそのまま亡くなってしまった母親を見てしまった直後です、もちろん戦争中ですから家族を亡くした方は数え切れないほどいたことでしょうが、私だったらって考えたらツライです・・・。その喪失感はどれほどだったんでしょう。

おばさんの心ない言葉にも(根は悪い人じゃないんでしょうけど)きっと深く傷ついたことだろうし・・・。盗みを働いたりやり方は間違っていたけど、きっと本当に妹だけは守りたかったんだと思います。段々と堕ちてゆく清太(とそれの犠牲になる小さい節っちゃん)とお金持ちのお嬢様たちの何不自由ない幸せそうな様子の対比が哀しいですね。

人間の心をすさませる戦争・・・絶対よくな〜い!!です!!ヨコでした。

ユーザーID:1983065390
赤毛のアン携帯からの書き込み
てい
2008年6月6日 23:08

子供のころは、予定外の女の子を育てるなんて、マリラ大変。アンは空想ばかりで面白いけど、やんちゃな子供だな〜。大人しいお嬢さんのダイアナとは偉い違いだ、と思ってました。
自分が結婚して、見方が180度変わりました。
アンが来たとき11歳でしたか。第一次反抗期も経験せず、はじめからききわけがよく頭もいい、完成された少女が我が子になるなんて、マリラ羨ましいぞ。
しかも育つと、美人で賢く、声も綺麗ときたもんだ。さらに、育ててくれたマリラとマシュウを実の親のように感謝して愛してくれる、頼もしい娘!
こんなに都合がいい育児って、ないよな〜…
アンみたいな子供だったら私も欲しいわ。
と思うようになりました…

ユーザーID:6434190017
皆様のレスを読んで…
真理子
2008年6月8日 6:24

火垂るの墓
私も、おばさんが苦手でしたが、今思えば本当に食糧難の時代に何にもできないぼっちゃん嬢ちゃんがうちでごろごろ、迷惑ですよね。
このお話は、半分作者の野坂昭如さん自身の経験談で、だけど親戚にひどい扱いをされたことはなく、妹の描写は自分自身が妹を面倒見ないとならないことを厄介に感じていた、その後悔もこめられているようです(ウィキペディア参照ですが)

星の瞳
私は昔から真理子ちゃんが好きでした。ただかわいかったから。香澄ちゃんは、最近になって自己満足に浸った嫌な子だな〜なんて思えてきてしまいました

タッチの南ちゃんは、本当に今から思えば嫌ですね。カッちゃんに勝手に自分の望みを投げつけて、でもカッちゃんあのまま生きていたらふっていたのでしょう。しかも、努力家の弟より努力していなかった兄が幸せになるというすごい話…
H2は、それではあんまりだということで描かれた話と聞きましたが、どうなのでしょうか

どうでもいいけれどYawaraちゃん
昔大好きで、ファーストキスまでされた風祭さんにプロポーズされ、完全無視ってありえない… 松田さんはいい選択だと思いますが

ユーザーID:1073269136
バナナブレッドのプディング
ちゅうたろう
2008年6月9日 18:20

少女漫画ってやっぱり「少女」の読むものなのでしょうか…
大島弓子さんの描く女の子が苦手になりました
なんか自分勝手な理屈で動いて、周りを振り回している不思議ちゃんに見えます
作品そのものまで嫌いな訳でもないのですが、当時はこんな風に生きられたらと憧れていたのに、今ではこれは漫画だから、ありえないから、と割り切って考えられるようになりました

中村うさぎ氏のエッセイを読んで、彼女がゲイの男性と恋愛感情無しの結婚をしてそれがけっこう楽しく暮らしていると知り、
とっさに衣良を思い出したのは私だけでしょうか?

ユーザーID:5424534260
雪の女王
にゃ
2008年6月9日 23:47

子供のころは、悪魔の鏡のかけらが目と心臓に入って雪の女王にさらわれるカイちゃんがかわいそうで、雪の女王が怖くてたまりませんでした。
最近、ふと読み返したら、
カイちゃん、な〜んだ。悪魔の鏡が目と心に入ってるときの行動、これって反抗期だよね。大人になってる証拠だよ。心配ないない。
なんて思ってしまいまして……
ちゃんと約束を守って二人を解放する雪の女王も、いいやつじゃん! と、感心してしまいました。

ところで、アンデルセン童話集って、ハッピーエンドが少ないですね!
大人になって読み直して、まずびっくりしたのはそれでした。
苦労した善人が報われるどころか、そのまま苦労のどん底に叩き落されて死んでいく、みたいな話がいろいろ……アルコール依存症の母親も出てくるし。
子供のころも「赤い靴」など怖い話が多いな〜とは思ったのですが、大人になって読み返すと、毒がありすぎです。
こんなの、子供に読ませていいのか? と思うくらいです。毒と暴力と「人生は最後まで理不尽で思うようにならないものだ」といった話が、こんなに山盛りだったとは、思いませんでした……
グリム童話集は、まだ童話っぽいのに。

ユーザーID:9653634058
初読時は素直に感動していたのに
ブリシンガメン
2008年6月10日 2:30

「母を訪ねて三千里」
連絡がとれなくなった時の父と兄のリアクションがおかしい。
あの母親は半分夫に見切りをつけて出て行ったんじゃないのか……と
寺山修二が書いていて目からウロコが落ちました。
普通、出稼ぎに行った妻の連絡と送金が止まったら心配して探しに行こうとするのは
「夫」で、まだ小さい下の息子じゃない。
大体心配で小さな子は遠くにやれないでしょう。
もしかしたらマルコが探しに行くのを許したのは半分口減らしなんでしょうか?

「ハイジ」
ゼーゼマンってユダヤ系の名前じゃないかな? 
19世紀末のお話みたいだから二次大戦の頃はクララはもうおばあさん。
ご主人や息子がもたもたしてると危ない。早くアメリカに逃げるんだ!

「ベルサイユのばら」
まんがだから全部アントワネットの贅沢のせいになってるけど
財政破綻の原因はルイ14世15世の時代にあるから先々代と先代の放漫経営と過剰な
設備投資のせいでにっちもさっちも行かなくなってる三代目社長のようなもの。
結局洋の東西を問わず悪いことは全部外から入った女のせいにされちゃうんですね。

ユーザーID:2645713309
 
最初へ 前へ 1 2 3 4 5 次へ 最後へ すべて トピ主のみ(1)

現在位置は
です