野鳥に詳しい方、おしえてください。

レス1
(トピ主0
お気に入り1

生活・身近な話題

にゃおん

先日、早朝5時に起きて身支度をしていた時のこと、
まだ外は暗かったので、電気をつけ、カーテンを閉めたまま支度をしていたのですが、
しばらくすると「コツコツ」と窓ガラスをたたく音が。
ぎょっとしてしばらく止まっているとまた音が聞こえています。
夏場にはよく蝉がぶつかることがあるのですが、
冬場は初めてですんごく恐くなり、恐る恐るカーテンを開けてみると
窓にシジュウカラらしき小鳥が何度もぶつかってきていたんです。

こんなこと初めて何が起ったのかわかりませんでした。
窓を開けてもしばらくは逃げようとせず、植木鉢に止まったりしてこちらの様子を見ている感じ。

コレって窓ガラスにうつった自分を敵ダを思ったんですかね?

私は個人的には3
年前に死んだ愛猫が遊びに来たのかと思ったのですが。(笑い)

ユーザーID:5493962435

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数1

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同様のことがありました

    パリでのことですが、冬のさなかに3階のアパートの窓を叩く音が…居間の窓でしたかと思うと、今度はキッチンの窓でも。 それはシジュウカラたちでした。 おなかがすいているのだと思い、ポトフを料理したときに上澄みにできる脂身を小さい陶器にいれて窓のところに置いたところ、鳥たち大喜びで食べていました。 

    それ以来、市販の脂身に木の実などが入っている鳥用のえさを買ってぶらさげたり、ポトフを作ったりしてえさを切らさないようにしていました。
     
    しばらくしてパリをはなれることになり、アパートの次の住人になるカナダ人の女性に“鳥が来るから、できたらえさをやって下さいね”と伝えてきたのですが、どうなったことやら。

    お宅を訪れた鳥たちももしかするとおなかが減っていたのかも。

    ユーザーID:2525939401

レス求!トピ一覧