英語関係の仕事

レス3
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

ゆうな

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 海外と取引している会社

    特別な仕事にみえて、結構ありますよ英語を生かす職場って。
    海外と取引してれば英語は必須。
    上手くいってるときは、書類だけのやりとりでも、
    アクシデントが起きれば、英語が必須となります。
    輸入だと、こちらがお客様なので、
    英語がより必要ということなら、輸出してるとこがおススメです。
    小さな工場の事務と思ったら、英語が飛び交ってたなんてのもありましたよ。

    あとは、本社が海外の会社。
    化粧品会社とか、洋服とか小規模でも結構あります。

    なので、事務募集出してるとこで、
    「英語が話せます」ってアピールすると結構いいかも。
    小さな会社だったりしたら、なおさらね。

    ユーザーID:3563389840

  • 何かプラス英語

    英語でないと通じない相手がいる職場ならば、仕事内容は単なるお茶くみや事務、雑用であっても「英語は必要」な職場、仕事です。

    「英語の仕事」というと、特殊なもののようにとらえられがちですが、仕事(営業なら営業、経理なら経理、など)ができる上での単なるプラスアルファです。

    英語だけのエキスパート(翻訳、通訳、教師など)でない限り、英語「だけ」できてもなんにもならないと思います。
    日本語ができるだけでは何の仕事もなく、他に何が「ウリ」がないとダメなのと一緒です。

    「英語の」とくくらず、やりたい仕事を探して、そこにプラス英語がくっつくとちょっと強みになるのではないでしょうか。

    ユーザーID:5990325106

  • いっぱいありますよ

    ・夫の会社(メーカー)の場合
    日本国内で生産した製品を、海外に輸出もしている。海外には現地採用の営業がいて、本社の海外営業は、その現地営業と工場との受注生産に関しての橋渡しをする。やり取りのほとんどがメールだが、電話での会話、海外出張もある。海外支店がヨーロッパでもアジアでも、やりとりは英語。

    ・友人の会社(健康食品メーカー)
    原材料が海外で作られたもので、製品自体も海外輸出している。
    研究開発の部署や、社員向けに、英文の資料(原材料に関してや、海外の健康食品)の英語→日本語の翻訳をしている。
    それ以外の仕事は、来客があったときのお茶くみや、外国人だった場合は英語で社内見学の通訳をするらしい。

    結構メーカーでは需要があるのでは?
    夫の会社では、入社直後のTOEICのスコアが高いと、海外営業にまわされる率が上がるようです。

    ユーザーID:7648513615

レス求!トピ一覧