前歯の治療について(神経のない歯)

レス2
(トピ主0
お気に入り8

心や体の悩み

rody

私は小さいころ、前歯を一本虫歯によって、神経までなくなってしまいました。それからは毎日歯磨きをきちんとしているせいか、治療するような虫歯はありません。そこで一つ質問なのですが、前歯の神経を抜いてから、約15年が経ちました。少し歯は変色しているものの、我慢できる程度なので歯医者さんからも我慢できるなら、差し歯にせずそのままでよいといわれています。神経の治療もしっかりしてあるから大丈夫とのことなのですが、前に差し歯にしたほうが歯の根っこの部分がもろくないので歯が抜けないという意見を小町で読みました。歯が抜けてしまうと差し歯もできないので、それだけは避けたいのですが…。歯医者さんには根っこを治療をしっかりしてあるのでまだまだ大丈夫と自身満々なのですが、根っこの治療とは何でしょうか???何かを入れているといっていたような気がするのですが…。詳しい方いらっしゃったら意見宜しくお願いします。

ユーザーID:1381317302

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 歯の根の治療

    私は歯の根の治療を受けました。半年ほどかかりました。
    神経のない歯でも根が残っているから差し歯が出来るんです。
    歯茎の奥の方つまり、歯の根の部分に炎症が起きると
    (歯周病)抜けるかもしくは抜いてしまうかしかないそうです。

    つまり差し歯は自分の歯の根を土台にして上に人工の歯を
    つけているわけです。これは取替えはききますが、歯の根は
    取替えはきかないのです。抜けたり抜いたりした場合は
    ブリッジとか入れ歯、もしくはインプラントにして差し歯にするなどの
    処置になるんです。
    私の場合は治療済みの歯だったのですが被せ物の
    かみ合わせがうまくいかずまた年数も立っていたので
    その歯の奥が歯周病になっていたんです。

    治療はその被せ物をとって中を開け、(空洞にして)
    歯の奥の方に何種類もの抗生物質を入れて
    また詰め物をしクラウンを新しく被せたんです。
    これは下の歯でしたが、上はクラウンではなく
    差し歯にしました。歯の根の治療とは抗生物質を入れることです。

    ユーザーID:5009397847

  • トピ主です

    ピノ様 詳しく教えていただきどうもありがとうございます。
    抗生物質を入れていたのですね…。とても勉強になりました。

    私の場合、前歯でくすんできたので少し気になりますが、もう少し自分の歯を信じていずれ差し歯にしようと思います。

    つくづくこの前歯をみるとしっかりはみがきをしておけばよかったと
    思うのですが、小さい頃でなかなか理解できませんでした。
    痛い思いをしてやっと歯を大切にすることができましたけど…。

    インプラントやブリッジにはできればまだしたくないので歯周病にも気をつけて
    歯を磨きたいと思ってます。

    本当にどうもありがとうございました!!!!!

    ユーザーID:9245797250

レス求!トピ一覧