• ホーム
  • 働く
  • 求人情報を載せる際、雇用側ももっと情報開示してほしい

求人情報を載せる際、雇用側ももっと情報開示してほしい

レス31
(トピ主2
お気に入り27

キャリア・職場

ココロン

よく求人情報誌に掲載されている職場は人の出入りが激しかったり、または成長の為に人員を補給する為だったりすると思います。
後者なら問題は無いのですが、前者の場合例え新しい人が入っても単に次々と犠牲者が増えるだけだったりします。
しかも、しょっちゅう掲載されていると知らずに応募したら・・。
私は何回かパート先を変わってきた主婦です。履歴書には何年勤めて何回職場を変わったか事細かに書き会社側に知らせます。
でも企業側は基本的な取り決め以外、実際に雇用されて配属されるまでその職場が問題を多く抱えているのか、問題がごく少ないのか、全くもって未知との遭遇状態。
不公平だと思います。
偶然、いい職場に当ればラッキー。問題アリの職場ならトラブル受けてはい次、ではこっちの履歴書ばかり書く事が増えてしまいますよね。
雇用側も履歴書を作って、今年何人入って何人辞めたか明らかにするべきです。
問題のある人、問題のある職場を放置して何の努力もせず、一人辞めたから次募集すればいいやでは働く場を探しているこっちが大迷惑。
ハローワークや情報誌にパートの悲哀を考えてほしいです。

ユーザーID:3035068000

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無理

    ハローワークは可能だと思います。
    しかしながら、情報誌や新聞の募集広告は字数制限が有ります。
    こ〜んなちっぽけな募集広告で、会社名だけでは「何会社?」
    かすら解らないような広告でも、大枚はたくのです。
    広告だす方にもなってみて下さい。

    ユーザーID:6847149855

  • ごもっともではありますが、

    従業員の構成比や、パート雇用実績およびその定着率について、面接で聞いたらどうでしょう?あとはxちゃんねるとか。

    ユーザーID:8847333803

  • お話とてもわかります

    私も同感です。

    景気によって左右されますが、雇用側(お金を払う立場)が強くなってしまうことは否めません。

    求職者側も、具体的に応募先の会社を調べる方法があればいいのですが・・・(友人が、ネットを駆使しておりました)
    情報誌には、記載内容と異なる部分があったら伝えるよう連絡先を書いてあるものもありますが、これも契約数を減らすと情報誌が成り立たなくなるのかもしれません。

    派遣会社など、契約数にノルマがあって誰でもいいから何処の職場にでも入れる、というところもあるようです。
    公的なハローワークなどでは、より求職者側の立場に立ったきめ細かな情報提供を希望します。

    また、労働者を守る公正な第3者機関が、ある場所もあります。(これはハドーワークで教わりました)
    そういう場所をアピールしていけたらいいと思います。

    ユーザーID:6068395426

  • は?

    自分の理論が全てですか?

    問題の本質は、多面的に見てそこから弾き出される訳ですよね?
    一側面だけ見てアレコレと不満を言ってるだけではねぇ〜

    で、雇用条件に合致する人としない人との不公平感は無いのですか?

    何でもかんでも「不公平」なんてね・・・

    ユーザーID:7177308985

  • お気持ちはわかりますが

    都合の悪いことって言わないで済むならそのままにしませんか?
    人も企業も。
    定着率は質問すればたいていの企業は答えてくれると思います。
    それすらも答えないのであればブラックでしょうね。

    ユーザーID:6692282013

  • 質問すればいいと思う

    求人広告って掲載料が高いんです。だからなるべく小さなスペースで、必要最低限のことしか書かないんです。
    興味ある仕事があったら、電話して問い合わせれば良いと思いますが。そこで質問に答えてくれないような会社はまず注意。とてもよい会社で応募者が多くて採用担当者がいちいち対応できないという場合もありますから、一概には言えませんけどね。
    それから面接の際に聞きたいことをきちんと聞くべき。面接は会社が人を選ぶ機会だけど、逆に応募者が会社を吟味する機会でもあるわけだから、遠慮しないで何でも聞けば良いんです。こんなこと聞いたら、採用されないかも?なんて心配することないです。そのくらいのことで不採用にするような会社は良い会社ではないので、不採用で結構というぐらいの気持ちで。

    ユーザーID:2945597446

  • わかります。

    確かに入ってみないとわからないことってありますよね。
    やはり会社も「うちは定着率が悪いです」とは
    言わないだろうと思いますが、
    あまりにも定着率が悪いようなら、会社側ももっと要因を考えて
    改善していくべきなんですよね。
    とりあえず面接時に、前任者が辞める理由をちらっと聞いてみるのは
    どうでしょう。
    前任者がすでに辞めてしまっていて、大至急次の人を探しているような会社は、何かあるのかな?と思ってしまいますよね。

    私も今の派遣先では、仕事内容が応募したときの条件から
    何度も変わっていて、とりあえず採用しておいて業務が発生したらその都度いろんな仕事をさせるというやり方のようです。
    他のトピ主さんたちのお話を見ていても、無計画・無責任に
    人を採用している会社が結構多いんだなと思いました。

    ユーザーID:5182944152

  • トピ主さんに共感します

    実際は難しいとしても、トピ主さんのお気持ちはとてもよくわかりますし、深い問題だと思います。

    最近、終身雇用がくずれ、能力主義という言葉をダシに簡単に人を使い捨てる企業が問題になっています。

    企業側が人を軽率に扱うのが当たり前になると、世の中はすさみます。改善していかねばならないと思います。

    だいぶ前ですが、急成長した某ホテルチェーンで、障害者にやさしいふりをしたウソの構造設計が発覚したとき、傲慢な謝罪会見で有名になった社長がいましたが、あのホテルは女性を優遇してフロントに使って「温かみのあるサービス」をうたっていました。が、実際は既婚女性は男性より首を切りやすいという理由で、使い捨ての経営をしているのが現実だったそうです。

    いずれにしろ、こういう会社は自分からしっぽはだしません。自分で評判を調べ、うわべの条件に惑わされず慎重に選ぶより他ありません。

    私が思うに、企業のトップが利己的だったり、傲慢な性格だと、会社全体に影響を及ぼしていずれ傾き、社員を不幸にする気がします。それはどこかに漂っていると思いますので、野性的に見ぬくしかありません。

    ユーザーID:3484178794

  • う〜ん

    人が多く辞めていく会社は、問題を問題だと認識していないのでは??

    私も人の出入りが多い会社にいたことがあり、結局転職しましたが、ズバリそれは大体面接で企業を見抜くことが出来ると思います。

    求めるばかりではなく、こちらが会社を見る目も養わなければいけないと思います。

    ユーザーID:1889276749

  • トピ主です

    皆さんご意見をありがとうございます。
    私がこう考えを持ち始めたのはNHKの番組で放送されたある職場のケースを見てからです。
    その番組ですが、
    パートを200人以上雇っているある工場で退職者が相次ぎ、原因を聞いてみると古参パート達のいじめだった。
    一人のパートを教育するのに掛かるお金を計算してみて、その損害の大きさに会社が気付き職場の体質改善に乗り出した。
    という内容でした。
    どの職場にも起こりうる事であり、働く人のあらゆる面での安心を考えるのも企業の役目だなと思ったもので今回投稿してみました。

    ユーザーID:3035068000

  • 会社だけが悪いのか?

    「人の出入りが激しい職場」は会社が一方的に悪いからだと思っているのですか?
    残る人は残ります。甘い考えで入って来て、あっという間に脱落して行く人も沢山います。最近特に「情けない人」が増えましたね。特に「学歴・経歴不問、未経験OK」等と謳っている企業は「本人のやる気」を重視しています。それに着いて来れない人、最近多いですよ。定着率の低さは会社の待遇や労働環境の問題ばかりが原因ではありません。定着出来ない人も多いんです。

    大体、募集広告や会社案内に「ウチは定着率低いです!」なんて書く馬鹿な企業がある訳ないじゃないですか(笑)。「当社の商品は不味いです!」ってPRしているみたいなもんです。
    トピ主さんだって内心「自分は○×だからなー(汗)」と思っていても、採用に関して不利になりそうな事は敢えて書いたり言ったりしないでしょ?それと同じですよ。

    ユーザーID:2328285564

  • どっちもどっちでしょ

    求職者だって、面接時に質問に100%正直になっているわけでないでしょう?それか主観的な回答をしますよね。(例えば人間関係で辞めたのに、“勉強するために辞めました”とか、社内評価は大したことなかったのに、誇大して答えたり)

    てことでどっちもどっちだと思いますね。失敗だと思う会社を選ぶのは、あなたです。もしこれ以上職歴を増やしたくないなら、企業研究を十分にして、面接時で納得いくまで質問するのが、貴女のやるべきことです。そして会社側にも同じことが言えます。

    ユーザーID:9923079806

  • ちょっと問題あるかな?

    ふーむ、悪い案ではないですね。ただ、この案をそのまま運用した場合、一つ大きな問題があるのでは?

    問題がある現場があることを認識した企業側が、改善を図って成功した場合はどうしましょう?
    改善後も人の出入り情報だけが求人市場で流れ続けるとなれば、改善したことを知らされない休職者は当然その企業に行かないでしょうし、求職者が来たとしても他を断られた質の低い人ばかりということにもなりかねません。それに、いくら企業側が「改善しました」とアピールしたとしても、このご時世に誰が聞く耳持ちますかねぇ。

    その点さえしっかりフォロー出来ればそんなに悪い案ではないと思いますよ。

    トピ主さんが「一回でも失敗した企業は、やり直すチャンスなどは一切与えずそのまま淘汰されるべき!」というお考えであれば、原案のままで構わないと思いますけどね。ただ、それでは成功しないでしょうねぇ。労働者側だけ救われればいい、というものでもないでしょうし。実際企業を動かしているのは労働者ですから。

    ユーザーID:0230146864

  • 自分で情報収集も必要

    今は、ネット社会です。
    自営やスモールオフィス以外、ある程度情報を得る事が可能ではないですか?
    定着率が低いからと言って、トピ主さんもその会社に合わないとは
    言えないし、その逆もまたしかりですよ。

    そして、世の中は不公平な事ばかりだと思います。

    ユーザーID:1027443322

  • 面接で聞きませんか?

    その会社の内実を知りたいのなら、面接で聞いてはいかがでしょう。
    相手から一方的な質問攻めの会社もあるかもしれませんが
    ほとんどの場合は質問タイムがあるはず。その時に聞いてみればよいと思います。
    面接とはそういうものだと理解していたのですけどね・・・

    正直な所、トピ主さんは何度もパートを変わっていらっしゃるようですが
    貴方にも問題があるのではないですか?
    個人的にはバイトや職を転々とする事の方が少ない事例だと思うんですけどね?

    ユーザーID:0110483327

  • お気持ちは良くわかりますが

    そもそも求人の仕組みを考えてみて下さい。
    今、求職者は0円であらゆる職種の求人誌を簡単に手に入れる事ができます。 なぜ0円なのでしょう。

    広告主(雇用者)が高いお金を求人誌発行会社に払っているからです。
    求人誌を発行する会社の利益は全て広告主からの広告料です。
    ありがたいお客様なのです。

    これらを考えればおのずと分かる事ではないでしょうか?
    お互いビジネスなんです。

    情報とは、自らアクションを起こさなければ得られないものだと考えた方が間違いないです。

    ユーザーID:6239718785

  • 2次情報かな。

    求職者がまず気にするのは給与と職務内容、会社の業種でしょう。次に勤務地、勤務時間、休み。その後、福利厚生、会社の詳細、トピ主さんのおっしゃる定着率、に行きそうな気がするのです。
    すでに他の方がおっしゃっているように、履歴書、職歴書よりははるかに少ない字数で求人広告をだすなら当然、求職者が一番知りたい情報、会社側が一番求職者によって魅力的と思われる情報を載せるのはある意味、当然だと思うのですが。
    求人の背景や定着率はある程度の規模の会社なら教えてくれるでしょう。
    それが事実かどうかは判断が難しいでしょうし、果たして事実ではなく、そのために退職することになった場合、何らかの補償があるのかと言われるとそれも難しいだろうと思います。
    履歴書や職歴書もあくまでも過去の事実ですから、それが虚偽だとして現在の職務を遂行するのに不適格として退職を求められるかどうかも難しいと思いますし。
    ちなみに、個人事業所や小規模の会社ならおっしゃるような情報は重要ですが、ある程度大きな企業になると配属先によってまるっきり国が違うかのような差がある場合もあるので、判断材料としては微妙です。

    ユーザーID:1850722440

  • そこまでするパート募集って・・・

    あの、トピ主さん。。。そこまで書くんなら社員の話かと思いましたよ。

    パートって、うーん、嫌なら辞めたら?次行ったら?で終わりなんじゃ
    ないでしょうか?そんなに待遇悪いなら低スペック?って感じがすごく
    しちゃうんですが。。。(そんなに職場って選べないもんですか?もし
    技術や技能があっても選べないとしたら、それは市場全体の問題だと
    思うんですが。。。雇用以前の問題なんじゃないでしょうか?)

    社員なら分かりますよ。
    だいたい一生のことですもんね。平均残業時間とか掲載事項に虚偽が
    あればペナルティーとかあってもよさそうですし。

    それよりもパートの地位改善運動でもした方が実利がありそう。長期の
    パート(フルタイム相応労働時間)などは問題の温床ですもんね。。。

    ユーザーID:9758890226

  • 難しいですね。

    毎日のように耳にする格差社会、ワーキングプア。
    今現在夫に守られてそういう憂き目にあっているわけではないけど、嫌な言葉。怖い言葉。
    専門分野を持っていないパートや派遣ってまさしくワーキングプアですよね。(責任その他の問題点はわかってますが)


    パートを辞めたら又次を探せばいい。
    でも出来れば長く勤めたいのです。
    求人誌の限られたスペースといっても、時間や時給の欄のほんの一行でもいいんです。
    例えば半年集計で入社何人、退職何人。それを書くのを必須にする。
    それだけで目安になるし、優良企業はその半年労働者の為に努力したという証明も出来ます。

    でも皆さんの言うように都合の悪い事は隠されるでしょうね。
    とりあえず思ってる事を理解してもらえて良かったです。

    ユーザーID:3035068000

  • 結局悪循環

    応募してくる人にきちんとした情報を提供しない=正直に開示できない社風や恥じるべき点が沢山ある。
    →知らずに新人が入る。
    →こんな会社では働けないと感じて短期間で辞める。
    →新人が育たないから、今居る社員の仕事量が減らず効率が悪くなる。(無駄な残業)
    →やる気が起きない環境で、人間関係も自然に悪くなりがちになる。
    →最終的に業績が上がらない
    ・・以下、繰り返しです。

    反対に業績が安定して社員の定着率が良い会社では反対のサイクルができています。

    よっぽど切羽詰まっていない限り、面接で【この会社って?】と感じる部分があれば・・例え内定をもらっても働かない方がいいと思います。

    あとは私の経験と独断ですが、親から引き継いだ2代目の社長や社長以下、血縁者が役員や役職に就いている会社はオススメできません。人に雇われる苦労や自分の実力で地位を手に入れていない人に、一般社員の辛さなんてわかる筈がありません。
    ヨコレスですみませんが・・会社側に求める事よりも、自分が会社を選ぶくらいの気持ちで探さないと良い職場は見つからないと思います。

    ユーザーID:9450760979

  • 求人誌も商売で載せてるから仕方ありません

    求人誌とは、求職者のためだけでなく、求人者のためのものでもあるのです。なので、求職者が応募を躊躇するような内容を書けるはずがありません。
    その辺は、求人側から広告料を貰って掲載している立場からすれば、当然のことです。
    私は、求人専門広告代理店に身を置いていました。お金を貰っている以上、クライアントに、有利なコピーを書かなければいけない範囲の中で、誇大ではない、事実とは反しない内容のことを書くように務める責任がありました。「楽」「お得」「割に合う」等と、安易にもしくは絶対に書かない、というぐらいでしたけれど。
    実際、お得意様は、3Kの仕事等条件が悪く、社員がすぐやめるので定期的に募集しないといけない企業ばかりでした。求人誌に大きく載せてる企業の多くが、私のいた会社のような所の得意先になってる、似たような会社と言っても多言ではありません。
    求人誌の場合、多くは、広告内容と、実際の募集条件が違っていた場合や採用試験で不当行為を受けた場合のクレームを受け付けています。求人誌会社はそれに基づき、企業に勧告をしますが、悪質性が高かった場合は、以降その企業の募集広告は載せません。

    ユーザーID:3840269278

  • 化かしあい

    誰でも知っている会社で臨時職の採用業務を行っています。
    (私は派遣)

    臨時職でも書類審査・数回に渡る面接を経て「採用」という
    プロセスになりますが、「欲しい人材はどこの企業も欲しい」
    「使えない人材はどこでも難しい」「職に貴賎ありあり」という
    事を体感しました。

    採用されても事件を起こしたり、「会わなかった」と自ら職場を去る方も
    います。

    結局は「雇用先と求人の化かしあい」なのかな…
    と、思いました。

    「今年何人採用され、何人離職した」というベクトルで計算するのは
    難しいと思います。業務の拡大で部署が増えれば「補強」という
    事もありますし、逆に縮小になれば「削除」という事もなります。

    ユーザーID:3729094248

  • トピ主みたいな人って

    使いづらいです。
    離職理由なんていろいろで、人数だけで計れません。
    誰が悪いというわけではないが職場が(または仕事が)合わない人、本当に悪い雰囲気が蔓延する人間関係の職場に問題意識自体がないことに落胆して辞める人、物事においてガマンの限界のハードルが極めて低い人、職場に問題はないが介護のために辞めざるを得なくなった人、配偶者の転勤のために帯同・転居が理由の人、いろいろです。

    給料や交通費、そして有給休暇をもらって、とにかく決まった時間そこにさえいたらお金をもらえるというのはスゴいことです。
    何事においてもベストな職場はまれだし、後はプラスマイナスを考えて勤続するか辞めるかでしょう。

    雇ってくれるところを探しつつ、相手企業に「何人勤めて何人辞めたか出せ」というような論理を振りかざすなら、自分で起業してやってみればいいんですよ。
    それができなくてどこかに勤めるしかないなら、自分に合うところをとことん探しなさいよ。
    人に使われるというのはそういうことです。

    企業にしても、面接だけよくて後はまったく使えなかったという人を辞めさせるのも難しいんですよ。

    ユーザーID:4175600908

  • もっと情報欲しいです

    やっぱり人の居つかない会社って理由ある気がします。
    私もハロワでよく求人出ている会社に面接して採用されて働いているのですが、給料や条件的には申し分ないのですが、どうも面接で仕事説明受けた感じと違うんです。慣れれば難しくないし、そんな忙しい部署でもないから残業もほとんどないとの説明でしたが・・・
    パートなのに、毎日残業・・・しかも残業代は基本的になし。
    昼休憩も1時間あるのですが、みんなパンかじりながら仕事してるし、そんな中でしっかり休憩取るわけにもいかず10分でご飯食べて仕事に戻る毎日・・・残業したくないから、昼休み返上で仕事していると社員の方は言ってました。
    前任のパートの方は3ヶ月で辞めたとか、その前の方は2ヶ月位いたかなとか上司も何で続かないのか首を傾げてましたが・・・
    求人にいい事書きすぎと面接の時もっと実態を教えて欲しい。私も前任者の記録を抜けるか微妙な気持ちで毎日働いています。
    時間に制約があるから、パートで勤務しているのに、今の勤務時間社員並です。(泣)

    ユーザーID:0014828229

  • 時間の無駄です・・社員の負担増やさないで

    半年も持たなかったバイトの履歴は、履歴書に書かなければいいと思うのですが・・。
    面接でその間は知り合いの仕事を手伝っていました〜とか、自宅で内職をしていました〜とか言えばいいんじゃないですか。
    職場に問題があってもコロコロパート先を変えているのが不利だと感じているのでしょう?
    面接で「ここの職場はひどくて・・・」なんて言ったら絶対採用されないですし、ちょっと一緒に働いたら何が問題なのか周囲は気付くと思います。
    それでトピ主さんの働きぶりで評価されることもあるだろうし、パートの履歴をばか正直に書かなかったからって問題になどならないですよ。

    ユーザーID:4315931629

  • 何故そんなに転職?

    ご主人の仕事の関係ですか?採用する側としては履歴書を見た段階で転職が多い人は敬遠しがちでは?というかトピさん発言が強気!「実績が良いなら応募してあげるわ」的ね・・ ちなみにハローワークなら人の出入りが激しい職場はそれとなく教えてくれますよ。まあ考えが甘いパート希望者にガツンと言ってもいますけれど。嫌ならすぐに辞められるのもパートの強みですけれど、あまりに短いのであれば正直に職歴を書かなければ良いと思います。信用はできませんもんね〜

    ユーザーID:4439271151

  • 2回目ですが

    人を採用したり、長く続かせるための企業の努力も必要ですけれど、トピ主さんの書き込みを読む限り、ご自身の職場に対する観察や分析ももっと必要ではないかと感じました。
    それだけ何度も、条件の悪さで辞めてるのだから、こういう業種やこういう職種、こういう職場のパートは、こういう問題があるので避けるのが無難とか、自分自身に向いた、長く続けられそうな仕事が分かると思います。
    私は、テレフォンオペレーターのバイトをしてましたが、やはりストレスが多い仕事や内部の人間関係の面で、やめる人が多く、いつも定期的に募集をしてました。私もすぐにやめたのですが、今思えば、面接の時に、人が続かない匂いがなんとなく漂ってたな、と思います。それでも入ったのは、やっぱり自分の見る目が甘かった、と思います。
    面接の時に、感覚的アンテナをもっと敏感にして、企業の雰囲気を嗅ぎ取らないといけないと思います。それと、事前の噂ってたいてい当たります(ここは要注意企業など)。

    ユーザーID:4073242756

  • 経営側の思惑・・

    利潤追求を行っている求人誌の情報には、経営者の思惑しか掲載されていません。ナニワ金融道を書いた青木雄二氏がある求人誌のインタビューで就職するなら労働組合のある会社でなきゃダメだと発言した所、ポツになったとのことでした。求人誌に掲載している会社で労働組合のある会社は稀ですものね。結局労働者を守ってくれる組織がある職場でないと経営者は、労働者を都合良く使いますよね。利潤追求ですから・・・

    ユーザーID:4325678978

  • 確かにそれはいえる。

    面接で気に入ってもらえたけど理由が実は、
    お局たちの意地悪にも耐えられそうだったから、とか
    使えない社員を切るための交代準備として、とか
    先に教えてくださいよ!っていうことありますよね。

    こちらの過去の退職理由を逐一逐一聞いてくる会社はどうもダメだけど、
    (しつこくない面接官は自分も転職経験ありの場合が多い)
    相手の社内の雰囲気とか前任者のことなどにこだわり過ぎる、のも
    印象が悪いので、ほどほどにした方がいいようです。

    ユーザーID:2986590428

  • 抜け道はいくらでもある

    企業が求人時に離職率を開示することになったとすると、
    派遣社員が急増するでしょうね。

    派遣社員の雇用主は派遣会社です。(一般的に)
    ある派遣社員が、派遣先(企業)を頻繁に変わっていたとしても(実質的に転職しても)
    派遣元も派遣先も退職したことにはならないので、離職率には反映されないと思われるからです。

    また、労働期間を契約で決め、問題なければ都度契約更新という雇用形態も多くなるでしょう。
    もし、入社後にアンマッチが発生しても、契約している以上は
    期間満了までは退職することも、させることも難しくなります。

    もちろん離職率の低い会社は応募が集中すると思われるので、入社するのは至難の業です。
    (もっとも離職率の低い会社は募集自体がほとんどなくなると思います)

    業務もアウトソーシング化され、できるだけ人を雇わない傾向もでてくるかもしれません。
    また、ハローワークや求人情報誌の掲載という方法をとらない企業も出てくると思います。

    抜け道はいくらでもあります。
    やはり企業を見抜く目、情報を収集する努力は必要だと思います。

    ユーザーID:8700099141

レス求!トピ一覧