• ホーム
  • 学ぶ
  • 映画「イングリッシュ ペイシェント」の中のあるシーン

映画「イングリッシュ ペイシェント」の中のあるシーン

レス8
(トピ主0
お気に入り7

趣味・教育・教養

ぴよぴよ

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 皆さんのご意見、ありがとうございました。

    皆さんの「確かに違和感があるシーンですね」という(私と同じような)ご意見と、「あれはあれで良かった」いうご意見、なるほどと思いながら読ませて頂きました。

    現実にぶち当たれば痛い目にあう事もあるーーということですね。
    そして「シリアスな映画だから、全編シリアスでないといけない」という枠に収める考え方でなく、映画はもっと柔軟性をもって観ないといけないな、って思いました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:5740127053

  • 大好きな映画です

    私は、大人でスマートな不倫をしてるように見えるキャサリンだけど実は我を忘れてのめりこんでしまってるってことを言ってるんじゃないかなって思ってました。
    他に無駄なところがない映画なので、私はあれも計算なんだろうと思ってあまり違和感を感じてなかったです。

    ユーザーID:0711370371

  • あれはびっくりしますよね

    大人の恋愛には、ぶざまなことはない、
    お洒落で洗練されているのが大人の恋愛、
    当時大人の恋愛にあこがれていた私にとって、
    あの場面は衝撃的でした。

    現在は、ぶざまさもかっこ悪さも何でもありさ!
    と思っているので、あの女性が実はおっちょこちょい、
    それを匂わせているのではないかと思いました。

    ユーザーID:5474560723

  • 訂正


    泣きっ面に「鉢」じゃあなくて「蜂」ですよー!(汗)

    ユーザーID:2549000472

  • あのシーン好き

    私も最初は少し驚いて何度も見返してしまいました。
    今では好きなシーンです。
    リアリティがあるなと。

    ゴーンとやった時、アルマシーが「あっ!」って表情しますよね。
    それでも追いかけて大丈夫?なんてやらなかったアルマシー。

    あのシーンがシナリオ通りなのか、予想外のハプニングを監督が敢えて使ったのか知りたいところです。
    後者なら監督に大喝采です。

    ユーザーID:7630021256

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • NGにしないで使ったのかと思ってました

    たしかに、違和感のあるシーンでしたよね。
    私は、脚本になかった偶発的な出来事を、「ちょっと面白いからつかってしまえ」というのりなのかとおもってました。

    ユーザーID:1222687419

  • 泣きっ面に鉢

    ってとこじゃあ、ないでしょうか?
    ガツン!と来て、自分のやってる事を思い知らされる。。。

    それから、シリアスな恋ってコメディーな部分ってあるじゃないですか?一生懸命な分、ピエロになってしまうような。(一生懸命な告白で自分を抑えてるつもりでも、あんな事をしでかしちゃういつもなら冷静沈着なキャサリンはどんだけコメディエンヌなんだか。でも、そんな所も彼には可愛いんでしょうけどね)

    イギリス人は特に甘〜いメロドラマみたいなのって嫌いなイメージあるし(ハリウッド映画だったけど)スパイスが入った事で余計に甘さに幅が出るような。追って傷を見てあげられない、何か普通の恋人とはやはり違う関係も浮き彫りにしてるし、巧いなーと思いました。

    確か、屋外映画館じゃあなかったですかね?

    ユーザーID:2549000472

  • あまりよく覚えていませんが

    恋は盲目、を暗示的に言いたかったのかな?なんて想像します。

    確かにちょっと不自然な流れでしたね。

    ユーザーID:7701099385

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧